デザイナーさんの服装について

レス70
(トピ主1
お気に入り116

キャリア・職場

桃の木

外注のWEBデザイナーさんの服装について一般的にはどう思われているのか、質問したくてトピを立てました。

私の勤め先は社員10名弱の小さなIT企業です。WEBデザインを、外注(フリーランスの女性、30代)にお願いしているのですが、この女性が、いつも打ち合わせにラフな服装で着て、それが気になってしまいます。

勤め先は、小さな会社ですが服装には厳しく、クライアント訪問はジャケット必須。スーツがベスト。内勤の日でさえ、いつ来客があってもいいように、シャツ+パンツ、スカート、といった感じで、今時とは思えないルールがあります。(社長が団塊世代の人だからでしょうか)

話が戻りますが、外注のWEBデザイナーさんは、社内打ち合わせの時は、デニムにブーツをインして、トップスもかなりカジュアル、よく言えばオシャレです。バッグも個性的で、一般の会社員には見えません。

社内打ち合わせの時は、まだいいのですが、先日、大手クライアントとの打ち合わせがあり、こちらの会社の担当者が、結構、身だしなみに細かい方で、以前、同僚の女性が、何かの拍子で、ブラの紐が見えてしまったら「あなた、ブラの紐みえているわよ」と、帰り際に注意されたそうです。

そんなクライアントなので、WEBデザイナーさんには事前に「申し訳ないが、非常に服装に厳しい会社なので、スーツで着て下さい」とお願いしたのに、当日、これはスーツとは言えないでしょう!という服装で来ました。

フエルト帽、水玉のジャケット、ウールのタイ、フリルのついたシャツ、ショートパンツに、ニーハイソックス、ぺたんこ靴。

待ち合わせで気が遠くなりました。予想通り打ち合わせの後クライアントから「あのデザイナーは何だ!バカにしているのか!」とクレームが入りました。

私個人としてはこのデザイナーは切りたい気分です。厳しすぎるでしょうか?

ユーザーID:3183684908

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数70

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ありでしょうね

    当然ですがお金を払うのは顧客でありますから、
    前もって言ってあったのにも関わらずその格好で、案の定ってことですからね。
    はっきりその旨を伝えて、少なくてもそのクライアントの案件の場合のみ切るべきです。

    ユーザーID:6257638513

  • 服装だけが問題なら

    正直に「クライアントさんとの打ち合わせの時だけはもう少し大人しい服装にしてほしい。でないと仕事を発注できなくなる」と伝えたらどうでしょうか。
    まあ、ブラひもが見えているのと個性的な服装を同列で語られても・・・と思いますが、大切なクライアントさんが気に入らないなら仕方ないと思いますよ。
    実は私もクリエイターなのですが、同僚の絶対ジーンズしか履かない男性も、さすがに大手クライアントさんと会う時にはロッカーに常備しておいたジャケットを羽織ってましたね。
    どうしても服装を変えないというなら、切られても仕方ないかな。相手は不本意だとは思いますが。

    ユーザーID:5048290904

  • 切って良いと思います

    私も同じような状況で仕事をしていましたが
    クライアントの指示を実行しないなんて事はありえません
    外注デザイナーにとってトピ主の会社はクライアントですよ

    クライアントは気に入らなかったら契約終える権利があります。
    契約書に書いてある手順で契約を終了しさえばいいのです

    ちなみに、普段の打ち合わせの格好に関しては
    デザイナーさんにはありがちな服装だと思いますし
    問題にされるほどではありませんが
    御社、特に社長さんが気にされるようであれば
    初期の契約時に、打ち合わせにはこういう服装で来てくださいと
    予め申し伝えておきましょう。

    今回はクライアントからクレームが来たという事で
    今回の案件から参加させない方向で検討しても
    デザイナー側には文句を言わせる余地はありません
    至急、新しいデザイナーを手配する方向で検討した方が良いと思います。

    ユーザーID:2773751034

  • 切ってよろしいー

    フリーのイラストレーターです。

    >事前に「申し訳ないが、非常に服装に厳しい会社なので、スーツで着て下さい」とお願いした

    きちんと御願いしたのに、クライアントからクレームがついたのですから、彼女に事情を話して切っても構わないと思います。

    特に今回は、彼女の服装のおかげで大事なクライアントを失う可能性もあったわけですし、フリーランスは名前のごとく、なんでも自由にできるからフリーランスと呼ばれているわけではありません。そこの所がわかっていないフリーランスは、他でもミスをしそうです。

    ユーザーID:5353410181

  • とうぜんです

    厳しくありません。
    そのデザイナーからしたら、あなたの会社がクライアントなのでしょう?
    そのクライアントのマイナスになる事を平気でするというのは、絶対ダメに決まっています。
    スーツでと言われれば、地味な格好してくるのが当たり前。
    自己主張するTPOもわからない女ですから切っていいでしょう。

    ユーザーID:0228770061

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 微妙なところですが、、

    業種にもよりますが、水玉ジャケットにショートパンツはすごいですね。
    ひょっとしたら、とぴ主のいつもより地味で無難な服を着て欲しい、というニュアンスが伝わっていなかったのではないでしょうか?
    馬鹿じゃなければ、それくらいわかりますよね。

    デザイナーに限らず、カメラマン、イラストレーターの中にはクライアントの印象に残りやすいようにと、あえて奇抜なめがねをかけたり、打ち合わせにも帽子かぶったまんま、とかいう人もいますけど、それで切られたという話は聞いたことがありません。
    私もクリエイターですが、ファッションや雑貨関係の打ち合わせには「センスのいい、素敵な人だな」となるべく思われるよう、かなり服や持ち物には気を使いますよ。

    あとは、そのデザイナーさんの技量にもよりますよね。とてもセンスがいい、人柄がいい、会社のテイストに合っている、などのメリットがあればあれですけど、誰にお願いしても同じようなものなんでしょうか?
    ファッションだけの問題ならもっと無難な人に変えるというのもありかもしれませんが。。。

    ユーザーID:6477715707

  • そのWEBデザイナーには自分の着たい服を着る権利がある

    グラフィックデザイナーです。
    主さんが切りたいなら切って良いと思います。
    しかし、そのWEBデザイナーには自分の着たい服を切る権利があり、主さんにはそれを強制する権利は無く、あくまで服装の選択は任意であるということをお忘れなく。

    余談ですが、仕事時の服装というのは会社によりかなりのバラツキが有ります。
    私は出版社や、玩具メーカーなどよく出入りしていますが、目を疑うような服装をしてらっしゃる方はたくさんいます。別にそれは人を馬鹿にしているわけではなく、あくまで個人の表現であり、企画開発などオリジナリティーを要求される職場ではむしろそうでなければ生き残れないということでもあります。
    そういう場所には例えジーパンで打ち合わせに行ってもとやかく言う人はいません。
    しかし、顧客に合わせてこちらも服装を変えるかと言えば私の場合を言えばNOです。正直そんなのいちいちつき合っていられませんし、私も自分が着たい服を着たいのです。
    仕事面を考えれば、無難な服装をするのが賢い選択ではありますが、評価はまちまちですし、そういうことを自由にしたいからこそ、フリーランスなのですよ。

    ユーザーID:8409462282

  • ひどい。

    それはひどい!スーツのすの字もない!
    待ち合わせで彼女を発見した時のトピ主さんの気持ちを思うと、私まで倒れそうです。

    WEBデザイナーさんは他にもいます。
    今後も服装について何度も同じ注意をするよりは、
    もっと、TPOをわきまえた格好が出来る人を探した方が早いかもしれませんね。

    ユーザーID:2846349754

  • この人はハズレ

    私は広告代理店に勤めるデザイナーです。
    普段はラフな格好をしていますが
    クライアントや取材先には基本スーツで行きます。

    まず、服装の件は会社の利益に関わる事なのですから
    申し訳ないが、なんて気を使わずに
    こちらのスタッフとして打ち合わせに参加してもらうので
    きちんとした格好をしてきてください。と
    強く言って良いと思います。

    過去一度、外注のカメラマンにお願いした時に
    スーツ着用をお願いしたのにラフな格好で現れたて
    クライアントからクレームが入った事がありました。

    結果、こちらの指示やルールに従 っていただけない方には
    希望通りの仕事をしていただけないと思いましたので、
    その方との契約を切って別の方をお願いする事にしました。

    クリエイターはオシャレな方がいいのですが、
    あくまでもクライアントの望む物を自分のセンスと知識で形にするのが仕事。
    自分のオシャレを誇示したいだけの勘違いさんと
    ビジネスパートナーになるのは難しいです。

    ユーザーID:7919233895

  • 問題なし!

    個性のアピールなのでしょうか。外注という立場で、事前に忠告されても改めないという態度は、私だったら悪意も感じてしまいそうです。それを補って余りある才能と実力の持ち主なら悩むところですが、そうではない場合は切って問題ないと思います。 
    私もフリーランスでデザインを仕事にしています。営業用スーツは持っていませんが、企業で打ち合わせの際は、カジュアルなりにキチンとした印象の服装を心がけています。
    人を切るのは気分が良くないと思いますが、この場合はしかたないと思います。頑張ってください!

    ユーザーID:3901728894

  • おかしいんじゃない?

    あなたの会社が服装に厳しいのはあなたの会社の勝手。
    得意先に行く時にきちんとした格好をする、しないは相手の勝手。
    服装で他人を判断するのはいかがなものか。

    「昨日来たあのハゲはなんだ!ヅラくらいかぶってくるのが礼儀だ!」と怒鳴っているような光景とオーバーラップしました。

    ユーザーID:5627744817

  • 仕事柄

    たまに女性デザイナーさんとの接触がある時がありました。

    彼女らは、それがデザイナーとしてのスタイルと考えるのか、 仰る通りかなり個性的な方が多いです、これは男女問わずにです。

    プライベートではいいのですが、ビジネス上では、そんな方達と対峙すると、少し馬鹿にしてるのか?と感じる時がなくもないですね。

    主さんが、仰るこの方もその典型でしょう。

    ハッキリと会社側から忠告するべきです。

    ユーザーID:9984467899

  • それもあり

    デザイナーさんなので、ある程度の個性やおしゃれもプレゼンテーションのうちですが…
    逆に今回のような場合は「こちらの意図を理解できない」「TPOにふさわしくない」という事でマイナス評価になっても仕方ないです。

    そのデザイナーさんの代わりが他にもいるならば、今回のようなリスクを抱えながらはお付き合いしません。
    他に代えがたい人材ならば、トピ主さんの会社内での打ち合わせで止めておいて、その先のクライアントとの打ち合わせには同席させません。
    どうしても同席が必要なら、申し分ないスーツを買ってあげてでも、お付き合いします。

    ユーザーID:8363186042

  • 切っていい

    うちの会社も時折Webデザインを外注しますが、外注の担当者が打ち合わせの場にラフな格好で来たら追い返します。
    何故なら、Webデザインは知的センスを駆使してやる仕事ですから、自分が人にどのように見られているかを客観視出来ない人には、良いWebデザインは作れないと思うからです(実際そうですし)。

    もちろん普段作業着の私は、打ち合わせの日はスーツに着替えて担当者と会います。

    予めスーツを着るよう伝えてあったのにラフな格好で来るとは、仕事を舐めているとしか思えませんね。

    ユーザーID:8376599837

  • デザイナーです

    デザイン事務所によってピンキリですが自由な所多いですよね。
    私も現役デザイナー兼事務所経営ですが、
    ウチも完全自由です。甚平で来ようとメイド服来て来ようが自由。

    でも、TPOってありますからね。
    特に先方の会社に言われたなら、合わせる必要は絶対的にあります。

    何も言わずに服装を理由に切るのは如何な物かと思いますが、
    しっかり言った上でそれなら、切られても仕方ないかもしれませんね。

    ユーザーID:8781848206

  • いいと思います

    切ってもいいと思いますよ。

    向こうが今時古くさいと思おうが何だろうが事前に言っておいたのにその格好はないでしょう。
    個性的に見えればいいというものではないと思います

    ユーザーID:8196165702

  • アウトでしょう

    他トピでもwebデザイナーの服装の件で盛り上がっていて、そちらでもいくつかレスしましたが。

    そのデザイナーはアウトです。
    TPOが分かっていません。

    いくらオシャレでも場を考えないオシャレは単なるアホです。

    それに奇抜な格好・個性的=オシャレ、でもありません。
    決められた範囲の中で最大限にセンス良く着こなすのが本当のオシャレな人です。

    どんな時にも自分の個性だけを押し通す人は、商業デザイナーとしては大変だと思います。
    芸術家などには向いてると思いますが。
    (著名なデザイナーで個性的な人は多くいますが、そんなのこの業種全体からしてみたらほんの一握りです)

    あなたの会社の社風に合わない(言うことを聞かない、会社は聞いて欲しい)のであれば、切っても仕方ないと思います。
    個性的な人が好きな企業もたくさんありますから、その人も本当に仕事ができるのであれば食いっぱぐれることはないでしょう。
    単なるKYな人ならそのうちどこでも干されそうですが。。。

    少なくともクレームの件はキッチリ釘を刺しておくべきです。
    再度同じことをしたら外れてもらう、と。

    ユーザーID:9103977238

  • 私も無理だけど…

    グラフィックデザイナーを15年程しているものです。
    私も打ち合わせやプレゼンなど、スーツを着用した事はありません。
    大手クライアントなど多数ですが、デザイナー他、一緒に作品を作り上げる皆さんは個性的な服装している方が多いですよ。
    前に新人デザイナーで真面目な黒いスーツ着て来た子がいてかなり浮いていましたが、
    大手クライアントの方に、あの子真面目そうだけどおもしろいデザイン考えられるの?って言われた方もいました。
    いいもの作ってくれれば服装なんて別にいいじゃないっていうクライアントばかりです。
    トピ主さんの言われている、あのデザイナーの服装は何だっていう古いタイプ?の人に出会った事がありません。

    服装で判断されるのは自由ですが、私は仕事は結果が全てだと思っていますので、
    営業ならスーツだとは思いますが、デザイナーが指定された服装を着るなんて考えられません。
    そういうつまらない事にこだわる人達とは仕事したくないですね。
    お互い良い気持ちで仕事が出来ないのなら、良い仕事も良い作品も出来ません。
    切ってあげたらいいんじゃないですか?

    ユーザーID:0821280329

  • 他の外注さんも用意しておくのは?

    残念ながら、それが彼女にとっての最高級フォーマルだったのでしょう…

    服装に限らず、「一般常識のないデザイナー」は一定数います。
    「個性」で通用してきたのでしょうね。
    ただ、それでは通用しないクライアントも多いのも事実。

    外注で使っているデザイナーは彼女だけでしょうか?
    これを機に、外注デザイナーを発掘してみてはいかがでしょうか。

    彼女にしか作れない作風もあると思うので、「切る」まではいかなくていいと思います。
    複数名外注デザイナーを作り、クライアントに合わせて頼む人を変えれば
    余計なストレスを抱えなくていいと思います。
    それで、これは彼女でなくては!という仕事に関してはお願いすればいい。

    ユーザーID:5550367693

  • 言いづらい。

    クライアントからクレームが入るならしかたないと思いますよ。
    桃の木さんの会社が「どうしても彼女の仕事でなければ」というわけでないのであれば…。
    ただ、あたらに外部スタッフを探すってけっこう大変ですけどね、地雷も多いですし。

    社員ならともかく、外注さんには服装まではキツくいえないですよね。
    個性的であれば服のこととかいちいち言われるのが嫌でフリーなのかもしれないですし。
    まぁ、その会社とは合ってないということで。

    でも桃の木さんの会社は、めずらしく堅いんですね。
    やはり社長の年齢が社風に反映されますね。
    うちは夫がIT系で勤めていますが社長は30代半ば、大手通信会社などと打ち合わせするときも
    きちんとしたスーツを着ていってるのは見た事ないです。(ジャケットは着ます)

    ユーザーID:7172545023

  • 厳しすぎません

    私もIT関係で、WEBシステム開発をします。
    業務系やコンテンツ系、いろいろやりますので、外注デザイナーにお願いすることもあります。
    TPOに応じて服装を変えられるのは、社会人の常識です。
    もし、私なら、このデザイナーを切っても問題ないのであれば、切ります。
    でも、かなり実力があり居てほしければ、とりあえず事情は話します。
    わかってくれればいいですが、わかってくれなければやはり切ります。
    顧客満足が第一です。

    ユーザーID:2080542661

  • 切って当然。

    厳しいクライアントとは知らずに個性的な格好をしていたのならまだしも、
    事前に忠告したにも関わらず我を通してきたのですから切って当然です。

    やんわりいっても意味不明でしょうからはっきり
    「あのデザイナーは何だ!バカにしているのか!」とクレームが入ったので。
    と事実を伝えるべきです、そのデザイナーのためにも。

    そもそもそんな外注をつかっているあなたの会社の信用度だって落ちますよ。
    私もWEBデザイナーなので割と個性派ですが、堅いクライアントの所へ行くときはつまらない格好をしています。
    社会人としての基本でしょう。
    クリエイティブ感を出すという自己プロデュースの気持ちはわかりますが、
    それは相手に認められる立場ならできることであり、そうでないのなら単なる非常識です。

    ユーザーID:1950120430

  • あいたたた

    >フエルト帽、水玉のジャケット、ウールのタイ、フリルのついたシャツ、ショートパンツに、ニーハイソックス、ぺたんこ靴。

    おとぎの国の夢子チャンですね。
    たぶんPOPでガーリーなデザインをする方だと思われますが
    あなたの会社が切られる前に切った方がいいと思います。

    でも私もスーツは着られるかなレベルに古いものしかなかったり。
    「シンプルなジャケット」とか「ビジネスカジュアル」あたりのオーダーだと嬉しい。
    と言ってもその人には通じなさそうですけどねえ。

    ユーザーID:8293420516

  • 水玉ジャケットだから、スーツ(笑)。

    「スーツ着用」というのが、
    多分そういう認識なんですね。

    ば○なんですよ。

    デザイナーといっても、
    そういう人間は、
    葬祭でも、
    黒のラメなんか着てきそうですね。

    そういえば、
    同僚のお父様の葬儀に、
    黒のラメ入りミニワンピースにピンヒールみたいなので、
    来た同僚を思い出しました。
    黒だったらいいと思ったのかよって、
    みんなで軽蔑しました。

    ユーザーID:6040725497

  • 切ってもいいと思いますが。。。

    ひとつ確認したいのですが、「スーツで来て下さい」とお願いしたのは打ち合わせのどれくらい前だったのでしょう?

    普段の服装からして、デザイナーさんがスーツを持ってないかもという予想はつきますよね。
    そしてフリーランスですから、普段は外出せず自宅で作業されてるでしょう。忙しい時は寝る間も惜しんで作業したりもしますよね。

    スーツを買いに行ったり、通販で注文するなりして手に入れる時間はあったのかな、とふと疑問に。
    そんな時間がなくて、苦肉の策が「水玉のジャケット」だったのかな、とか思いまして。
    デニムよりは。。。とショートパンツ、唯一持ってたシャツがフリル付き。

    まぁ、かなり好意的に考えてあげればですけど。

    トピ主さんのミスは、そのデザイナーをそのままクライアントに連れて行ったことじゃないですか?
    不適切だと判断したなら、「そんな格好では参加させられません」と帰して、トピ主さんだけ打ち合わせに行った方がましだったと思いますけど。

    ユーザーID:6482791945

  • 何が正解かは関係ない

    ◆発注する側
    ・言った通りの服装にしてこないデザイナーが嫌なら切ればいい。
    ・服装はどうでもいいからその人のデザインの腕をとりたいなら、服装には目をつむればいい。

    ◆デザイナーの側
    ・嫌な服装を押しつけられてまで仕事をもらいたくないなら好きな格好をすればいい。
    ・仕事が欲しいのでしがみつきたいというのなら言われたとおりの格好をすればいい。

    どれが正解かなんてありません。
    双方が好きにすればいいのでは?

    私もデザイナーです。
    私はクライアントに対する礼儀を重んじるのでスーツできちんとした格好で出向きます。
    でも、デザイナー仲間には「服装も自分のデザインのアピール」と考えていてそれを受け入れてくれない顧客の仕事なんか請けてあげない、というスタンスの者もいます。

    どういうデザイナーに発注するかは発注する側の自由。
    どういうクライアントの仕事を引き受けるかもデザイナーの自由。

    ユーザーID:9955639111

  • うーん難しい

    今現在、家業を継いだ為に全く違う職種ですが、昔はグラフィックデザイナーでした。

    私も基本的にアバンギャルド系の個性派な服装ですが、クライアントさんの所に行く時は、コムサのスーツなど、普通でビジネスライクを意識した服装を心掛けてました。

    その代わりベルトの色で遊んだりしてたけど、お会いする時はジャケットのボタン閉めるので見えませんしね。


    今も相変わらず職業不詳な服装ですが、お客さんに会う時はバーバリーを愛用してます。

    これは実際はともかく、フラットな人間性をアピールしたくて選んでます。

    いつでもどこでも自分流の方って、職人気質でクライアントの意思とハマれば良い仕事するんだとは思いますが、逆に言うと切り口がそこしか無い頑なさも感じます。

    そういう方って才能ある方が多いので、個人的には羨ましい気質ではありますが、本人は苦労しますね。

    結論ですが、切っても構わないのでは?服装も含めた上での仕事ならば、その彼女は完璧ではないと言う事になりますから。

    クライアント側が何を求めるかで変わりますもんね。

    ユーザーID:5193448676

  • 会社としてアウトなら切っていいと思います。

    私もデザイン系で、いわゆる世間的な感覚ではないですが、
    それでも客前である事、TPOというものがある事は大前提です。
    クライアントを不愉快にさせる「自由や自己表現」としてのファッションなど、
    その人の自由では無く、社会性の無さととられても仕方の無いものです。
    生き様や表現を押し付けたり頓珍漢なアピールをするのは
    そのwebデザイナーさんにとっても非戦略的だと思います。

    ユーザーID:6790639968

  • そりゃ自由だけど

    着たい服を着る権利がある、って言っている人いますけど、それは当然ですね。
    自由です。本人が嫌だって言うものを着させることは出来ない。

    服装は会社の都合。そんなことは外注のデザイナーには関係ないと。
    着たい服着て何が悪いのと。
    でもその外注のせいで会社にクレームがついた。

    その外注さんを切る権利も会社にあるんですよね。
    だからこの場合、会社にマイナスってことで、切るか切らないか会社側は考えていいのでは?

    外注デザイナーさんは、そういうことも含めて、フリーでやってるんですもんね。
    自分の思い通りにやるのはかまいませんが、その結果がクライアントの不利益になった場合、
    身の処し方についてはクライアントにゆだねるしかないのでは?
    それが自由の代償だと思います。

    ユーザーID:2846349754

  • デザイナーっぽい服装を死守するデザイナー・・・

    なんかその発想がもうね。
    「わたし、その他大勢とは違います」ってことですか?
    それこそ画一的で凡庸なその他大勢の発想では。
    個性は自分の作品で見せてくれればいいのに。

    そのデザイナーさんの成果物とその洋服のチョイスを天秤にかけてみて、
    ブレーンとして残すほどの方でもないなら、
    フェイドアウトでいいと思います。

    フリーランスの方って(私もなんですが)、
    どこかずれている人、多いですよ。
    「TPOなどに振り回されたくないからフリー」という方もいるのでしょうが、
    私はフリーで誰にも守られない立場だからこそ、
    きちんとしないといけないという考えです。
    社会は自分が思うほどゆるくはないし、
    保守的だと思うからです。

    ユーザーID:8751494971

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧