人間万事塞翁が馬  希望をください

レス4
(トピ主0
お気に入り28

妊娠・出産・育児

希望

「人間万事塞翁が馬」ということわざがあります。ご存知のように、幸福と思えることが不幸・凶になることもあり、逆に不幸と思えることが幸福や吉になることもある、つまり幸福や不幸は予測できないという例えです。

私には10ヶ月の難病を持つ娘がおります。
ほぼ毎日通院し、救急へ駆け込んだことも数知れず。今までに受けた手術は6回。
筋肉が弱く1日4時間のリハビリ(寝返りとおすわりが少々できるようになりました)、弱視の矯正のため1日2時間のリハビリ、1日5回の投薬、皮膚疾患もあり外で遊ぶことがほぼできません。
母の笑顔が何よりの薬と思い、いつも笑顔で接しています。ですが、状況によっては辛く、心で何度も涙し、少しの回復を見ては喜び、また悪化し涙するという繰り返しでここまで来ました。

落ち込んだ時はこのことわざを思い出し気持ちを切り替えることがあります。
そこで、語彙力・理解力・想像力の高い小町の皆様にこのことわざを例えて希望を頂きたくトピを立てました。
「この不幸と思われる状況でも、こんな良いことが起こるかもしれないよ。」という明るい未来(近い未来でも遠い未来も)が想像できるようなお言葉を頂ければ大変嬉しいです。実際に起こりそうなこと、また奇跡に近いようなことでも歓迎です。

どうぞよろしくお願い致します。

ユーザーID:2487903110

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 沢山愛してあげてください

    「人間万事塞翁が馬」つまり、事実を一々解釈し、自分にとって良いとか悪いとか判断することそれ自体に、何の意味もなく、何があろうと、ただ事実を事実として見る、受け入れる、解釈判断しない、ということですね。

    愛は今にしかありません。今この瞬間に生き続けることです。先を予測して悲観したり、失うことに対する執着や恐怖で一杯になっている心には愛が宿る隙間もありません。お子さんを見ていれば分かると思います。幼い子供には先の予測も恐怖もありません。だから常に今その瞬間に生きており、そこに愛が宿るのです。その執着の無さ、無頓着さなのです。

    全てを横に置いて無心になってお子さんの顔を見つめる時、そこに愛がやってくるかもしれません。

    愛は時に医学では説明のつかない奇跡を起こします。深いところで響きあう何かが、細胞までも変えてしまうエネルギーになるのでしょうか。しかしまた、奇跡に執着する心には、やはり愛は宿りません。そこが難しいのですが。

    今その瞬間に刻々と無心であり続け、お子さんとの関係に完全に没入し続ける。そこに執着からではない、愛による救済力が生まれるのかもしれません。

    ユーザーID:2885170496

  • 笑いは免疫力を高める!

    トピ主様が笑顔でいる

    お子様も笑う

    免疫力が高まる

    良い方向へ向かう事、違いありません!

    大笑いの方がより効果があるそうですよ。
    「コチョコチョ」と「いないいないばぁ」が効果的かも。

    トピ主様が希望を持っている。奇跡を信じている。

    本当に奇跡が起こる。

    うちの子供たちは、笑いと同じく免疫力を高めるヨーグルトを食べています。
    (ナチュラルキラー細胞を活性化させる乳酸菌が入っているR-1ヨーグルト)

    僕は元気ヨーグルトを食べているから元気!と信じており、
    それが本当だから不思議で奇跡。

    まゆつばと思われるかもしれませんが、
    うちでは信じていなかったジジとババが自分たちも食べ始めたんですよ(笑)

    奇跡は本当におこりますよ。
    だってトピ主様とお子様が出会えた事自体、それがもう奇跡なのだから。

    ユーザーID:8623417886

  • 医師の言葉

    わたくしが、気安くレスしても良いのだろうか?
    と思う気持ちと共に書かせていただきます。
    今は亡き母は、十年癌と戦ってました。
    一人娘の私は三十数回に及ぶ入退院に付き添いました。
    いよいよ最期の入院になった時に、信頼していた医師に
    言われました。あと数ヶ月です。来年の桜は見られません。
    春には娘の小学校の入学式が控えてましたので、母に見せられないんだ。
    ところが、医師の言葉に反し一時退院が許され入学式に母が!
    その後も、何ヶ月か生きることが出来ました。
    母は、癌だと知りながら明るく長期入院の同じ病室の方達と
    笑の絶えない日を送ってました。隣の病室はては同じフロアーの
    患者さん、付き添いの家族の方が皆、母に会いに!診察外で医師達まで。
    私はお母さんから、力を貰い希望がもてた。と何人の方から言われたでしょう。
    そして、いよいよ最期には病院の医師達も母に会いに。最期の時は皆さん号泣されてました。
    医師は言いました。明るくとにかく明るい力強い人は必ず寿命が伸びるし治りも早い。
    長年医師をしていて言えると。明るい気持ちは力なんですね。的をはずれているでしょうが、この話をお伝えしたくレスしました。

    ユーザーID:6374475187

  • 大事なものが見えます

    本当にトピ主さんを、トピ主さんのお嬢さんを大事に思ってくれる人がわかります。
    誰が信用できる人で、誰が信用するほどでもない人なのか。
    人の温かみ、ありがたみが分かります。

    逆説的ですが、それらが分からないと自分の辛さばかりに目が行って暗い日々になります。

    ああ、本当にありがたいな

    そう思えたら、少しだけ世界が明るく見えます。

    ユーザーID:1030009442

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧