電子辞書か紙の辞書か

レス59
(トピ主1
お気に入り59

趣味・教育・教養

昔の乙女

トピを開いてくださりありがとうございます。

我が家には高校生の子供と専門学校の子供がいます。

上の子が高二の時、電子辞書を購入しました。
私は、電子辞書より紙の昔ながらの辞書の方が好きなのですが
夫が何故か電子辞書派で、結構いいものを購入しました。

上の子が必要なくなり、下の子に譲ることになっていますが
私は使って欲しくないのです。

高校でも、紙の辞書を推奨しており、入学説明会でも
学校には紙の辞書を持ってくるように言われました。
しかし、その後、先生は余計な一言をいいました。
「大体の生徒は学校では紙の辞書、家では電子辞書を使っているようです」と。

私が紙の辞書を薦める理由は

1.1つの単語を調べるとその周辺の単語も調べられる。
  英語の場合は単語のいろんな使い方を調べるのにみやすい。
2.電子辞書は目が疲れる。
 

ほとんど、1の理由からです。

夫が電子辞書を使わせたい理由は早く調べられるから時間短縮になるというのです。
そんなに時間短縮になりますか?

私は実際使ってみてそんなに差があると思えません。

皆さんはどちら派ですか。
また、お子さんはどうですか。

ユーザーID:3761485200

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数59

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 電子辞書を使っています(高3)

    入学時に店舗でいろいろ比べて購入しました。

    便利なことはたくさんあります。発音が聴ける、持ち運びやすい(毎日学校へ持参してます)、サクサクと調べられるなど。
    不便もあります。トピ主さんが挙げられた1の理由があまりできないなど。
    でも使うメリットの方が多いかなと思います。

    現代っ子は、思いついたときに面倒なく使えるのが重要ポイントみたいですよ。
    親の私は紙辞書が好きですけど、当の本人が興味を持ってきちんと使えれば、結局どちらでもいいのかなと。家には紙のもありますけど、ほとんど出番が無いですねえ・・・
    目の疲れは、画面は小さいけどゲームをするわけではないので、とくに何も感じないようです。

    ただ、うちはわりと英語が得意なほうで、クラスの子に教えることも多いです。
    得意な子は電子でも紙でも、正直大差無いと思います。
    英語が苦手な子は、とっかかりやすい電子のほうが使ってて楽しく、学習にプラスになるかもね、と言っていました。

    ユーザーID:5929269165

  • 電子辞書派です

    電子辞書派です。

    トピ主さんの1)の理由が大きいです。紙の辞書より周辺の単語も調べられますし、例文も沢山載っています。おまけに、その単語の類語、英英での訳、広辞苑もついてますので、日本語との兼ね合いもチェック出来ます。そして、その単語を登録も出来ます。

    2)にあげられている文字サイズも3種類(大中小)に替えられますので、紙の辞書のほうがかえって疲れます。

    しかし、一番の利点はー

    *軽くて小さいですから、持ち運びに便利で学校は勿論、図書館、遊びに行く時、テレビを見ている時、ベッドに寝転がっている時、旅行に行く時、いつでも調べらます。新しい単語は、一度調べて記憶出来る事は滅多にありませんから、とにかく、知らない単語を見たり聞いたりした時、気になった時、何度もチェックするのが大事です。

    *また、音声付きの電子辞書もありますから、発音を確かめる事が出来ます。(初心者の時は、とても役立ちました)

    一番の難点は、コンピューターと同じで、一生物ではない事です。使用頻度、商品によりますが、5〜8年程で壊れます。安いモノではないので、自分で稼ぐようになってからでもいいかもしれません。

    ユーザーID:4264637432

  • 紙がお薦め。

    電子辞書は、紙の辞典が使えるようになってからが良いと思います。
    理由:紙の辞典は自分の調べたいと思ったこと以上のことが目に入るため、かなりの勉強になる。
       馴れると、電子辞書と同じくらい早いスピードで調べることが出来る。

    以前新聞で読んだ話です。ある大学の教授が、学生に「その単語調べておいて」といって辞典(紙)を渡しました。学生は「先生、今時こんな辞典使っているんですか」と言ったきり固まっている。教授は「・・・何してるんだ?」と最初は思ったものの、その学生は紙の辞典を引くことが出来ないとわかるの、そう時間はかかりませんでした。
    かなりショックな話でした。

    ユーザーID:6196522339

  • 2つ買えばいいのに

    紙の辞書はそんなに高価ではないでしょ?

    一時期、電子辞書ばかりを使っていましたが、最近になって今一度紙の辞書(ただし英英)も買いなおしました(自分用)。
    電子辞書は多機能なので、たとえば綴りが正確に分からないがカタカナでは分かる、ような検索も出来ます。ジャンプ機能も便利です。さらに音声は紙には出来ないことです。
    紙の辞書はトピ主さんも書いているように前後が見える、好きな辞書を購入できる(電子辞書はパッケージ化されているので、必ずしも辞書として好きなものが選べるわけではない)、図説も見ることが出来る、というメリットがあると思います。

    質問なのですが「上の子が電子辞書が不要になった」とはどういう意味でしょうか?辞書って長年同じものを使いたい私にとっては、理由が分からないのですが(紙の辞書は20年以上経過しています)。電子辞書も使い勝手があるので、なるべく同じタイプを使いたいと思っています(ただし故障で新規購入しなければならない場合はある)。紙でも電子でも途中で不要になるような使い方(買い方)は良くないのでは?

    ユーザーID:4425341925

  • 人それぞれ

    予備校英語講師です。

    私はここ10年ほど電子辞書しか使っていません。
    以前は紙辞書を使っていましたが、ページをめくるのに時間がかかってしまいますし、
    ふと英語以外のことを調べようと思った時に、電子辞書はいいです。
    持ち歩きやすい点も電子辞書の方が便利です。

    ただ、人それぞれ好みがありますので、
    生徒やわが子に強制するような問題ではないと思います。


    >1つの単語を調べるとその周辺の単語も調べられる。

    これは電子辞書も同じではないですか?

    >英語の場合は単語のいろんな使い方を調べるのにみやすい。

    電子辞書の例文集や用例集を使われたことはありますか。

    >電子辞書は目が疲れる。

    こちらには同意しますが、辞書を10分も20分もじーと見ることはありません。


    私の住む市では紙辞書を奨励している高校は、進学校でも少なくなってきています。
    時代の流れです。

    蛇足ですが、
    英英辞書が強く奨励されていますが、英英だと全く使いこなせない学生が多数います。

    とにかく勉強の仕方は人それぞれなのです。

    ユーザーID:3971346907

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 断然電子辞書です

    進学校でした。
    課題の量、勉強時間、授業スピードから考えて電子辞書じゃないと、かなり不便でした。
    ただ、紙の辞書も自宅では使っていました。

    ユーザーID:0482774385

  • 英検1級持ちです

    英語の勉強を始めたときから電子辞書派です。

    理由は、(この単語の意味は〜だったと思うけど)というとき、紙の辞書だと引く気が起きません。だって80%それであっていると思っているから。でも電子辞書だと、何度でもサクっと引ける。苦にせず引ける。発音記号だけ知りたいときでも躊躇なく引く。片手をテキストに置いたまま、片手で引ける。紙辞書は両手でないと引けません。

    電子辞書は例文検索も簡単です。知りたい単語や熟語を含む例文が簡単に見つけられます。多用してます。

    さらに、私の電子辞書には英英辞書も入っていてニュアンスも分かります。辞書間のジャンプも用意もです。

    子供達が高校生になったとき、それぞれに高機能の電子辞書を買い与えました。

    ユーザーID:9683993698

  • 紙の辞書派!

    私は紙の辞書派ですね。調べたい文字探すのも紙の辞書の方が早いです。
    印刷物にかかわる仕事してますので辞書は必須です。
    電子辞書も持ってますが、(携帯に便利なので)使う頻度は紙の辞書の方が多いです。
    ただ、私より下の世代(30代)は圧倒的に電子辞書です。
    要は人によって使い易さは違うのではないですか。

    ユーザーID:4712078724

  • 英語教員です

    私も以前は紙の辞書派でしたが、海外出張の際、電子辞書を買いました。
    その便利なこと!
    使ってみて初めて良さがわかりました。

    コンパクトで軽いので、持ち運びが楽です。
    手軽に調べられます。

    先生のおっしゃるのとは逆の使い方が本来の利点です。
    家では紙の辞書、学校では電子辞書、だと思いますね。

    私は40代ですが、目は疲れませんよ。
    ずっと辞書ばかり見ているわけではないですから。

    英語を特に好きな子でもなければ、辞書を引くのは面倒みたいです。
    いろいろな意味を調べるのは確かに便利ですが、かなり根気がいる作業ですね。
    特に今の子供は携帯やらネットやらゲームやらで、即座に答をもらう生活にどっぷり浸っていますから・・・
    怠け者の生徒は、電子辞書すら引きませんよ。
    というか、そもそも辞書というものを持っていません。

    あまり紙の辞書のみにこだわらずとも、両方使い分けたらどうでしょうか。

    ユーザーID:4675457070

  • 紙の辞書は趣味の世界

    トピ主さん、古い電子辞書のイメージもっていませんか?
    複数辞書の同時検索、例文検索、関連項目へのジャンプなど、電子辞書がもたらす力ははかりしれません。それに、スペース、重さ、費用面でもメリットは明らかです。
    早くから使いこなせるようにした方がよいです。学校は買えない生徒や公平さへの配慮だと思いますよ。

    ユーザーID:7486421226

  • 紙をめくっている間に用例を読み終わる

    紙の辞書と電子辞書の端境期に大学時代を過ごしました。
    圧倒的に便利で早いのは電子辞書です。

    1語探すのに紙の辞書では20-30秒、電子辞書では5-10秒です。
    1行に3つ知らない単語が出てきた場合、紙の辞書を使っている生徒は90秒かかるのに、電子辞書の生徒は30秒で済みます。

    紙の辞書派が目当ての文字を探している間に、電子辞書では用例を読み終えてしまいます。同じ勉強時間でも、中身が濃くなるのです。
    テクノロジーは便利に使いましょう。

    ユーザーID:5304912868

  • どちらも派

    子どもはまだ小さいので私の話になりますが、
    自宅では辞書、持ち運ぶ場合は電子辞書という使い方をしています。

    一つに決めなくてもいいのでは?

    ユーザーID:2036687272

  • 両方の良い点を理解させること

    個人的には断然、紙の辞書派ですが、限られた時間で調べるのには電子辞書が便利かもしれません。

    トピ主様がおっしゃるように、紙の辞書では周囲の「一見、余計に思える」情報までとらえることができます。
    言葉は文化で、本=book以上の数多の背景が隠れているものです。

    お子さんが、目的に応じて使い分けができるならベストだと思いますが、
    どちらか一方の選択であれば、紙の辞書です。

    電子辞書の利点としては、版の変更が紙に比べてラクですので、
    新しい単語(例えばIT用語など)については網羅されている率が高いと思います。

    でも、基本は紙の辞書です。言語(英語ですよね?)の特性や歴史的背景、それぞれの単語の語感を身につけるには、紙の辞書のほうが有利です。

    何かいい例文があればよいのですが、基本動詞(make, takeなど)や代名詞の意味・用例の数で比べるだけでもわかるかもしれません。

    ちなみに私は20年ほど前に東外大を卒業しましたが、英米語科の先生のお一人は、COMPREHENSIVEかPROGRESSIVE程度の中辞典は必要、とおっしゃっていました。

    ユーザーID:5671976408

  • 自宅では紙の辞書、レッスンや教室は電子辞書

    在宅の仕事や自宅での勉強の折には紙の辞書を使っています。トピ主様が言われるように、英語の場合紙の辞書のほうが語法が詳しいので。ただし、週一の個人レッスンの際には電子辞書を持って行きます。

    短歌教室では、皆さん60代以上ですが、電子辞書を教室に持っていらっしゃいます。

    なので、私の場合は家庭では紙の辞書、外での教室やレッスンなどの折には持ち運びが便利な電子辞書と分けて使っています。

    ユーザーID:3642415056

  • 私はオンライン辞書派

    電子辞書は持っていませんが、普段はオンライン辞書を使っています。トピ主さんのご意見に反論させていただいてもよろしいでしょうか?

    − 1つの単語を調べるとその周辺の単語も調べられる
    それは、オンラインでもページを前後させれば良いだけのこと。
    逆に、語幹を入れると関連語が出てきたり、語尾が一致する単語も検索できる(サイトの仕様によりますが....)
    − 英語の場合は単語のいろんな使い方を調べるのにみやすい。
    電子辞書には用例は載っていないのでしょうか? オンラインだと、たいてい載っているような気がします。更に、その単語を入れて検索すれば、それこそ生きた用例が目白押し。


    オンライン辞書の良いところは
    −発音を聞ける物が多い また、既にオンライン上にあるので、Google翻訳などでセンテンス全体の発音も聞くのが面倒でない
    −時間短縮
    −複数の無料辞書がある
    −英和-和英、英英、英羅-羅英など、複数の辞書を参考にしやすい
    −持ち運びが楽

    ザッとこんなところでしょうか

    私は、滞在国の語源辞典、類似語−反対語辞典もオンラインを利用しています。

    ユーザーID:0977747976

  • 使い方次第

     英語が少し、日本語が年齢(70歳)相応に解かる私ですが、辞書については「二刀流」で主は紙の辞書です。紙の辞書の利点はトピ主さんが仰るとおりです。ただし、使い方次第です。目的の語やイディオムに猪突猛進、という使い方ではこの利点は活きません。

     電子辞書は、私の場合は調べたり確認したりというより「暇つぶし」に大いに活躍しています。邪道ですが、先日ある会議(実態は小田原評定)で、英語の電子辞書のおかげで退屈しなかったばかりか、2、3の発見もありました。

    ユーザーID:9281984758

  • 1なら電子辞書でも一緒ですよ

    専門学生ですし、受験勉強を必要としていないご家庭なのでしょうか?

    かなりの時間の短縮になりますので、効率よく勉強できるので、受験生には必須アイテムだと思います

    ただ、情報量はすくないです

    大学受験や日常生活には困らないと思いますが、仕事では使う場合は、物足りないことや、載っていない場合もあります

    ユーザーID:1255763739

  • 使う人のやる気でしょ

    我が子たちの高校の推奨は電子辞書です。
    家には紙辞書もあります。
    私は、字が好きなので地図でも新聞でもあらゆる興味のある文字を追いかける習性があります。
    そういう性格の人は紙ベースだろうが電子であろうが差はありません。
    知りたい・知らない単語・言語を追い求めるので、そこに字がある限りいかようにも調べていきます。
    逆に興味のない人には、どちらを使わせようがこちらも差はないと思いますよ。
    知ろうと思わない人には、発展的に調べる事はしませんものね。

    放っておきましょう。
    もう高校生、親がいくら言っても無駄ですよ。
    お子さんが勝手にしますよ。

    ユーザーID:1641838191

  • 高校までは紙でした

    残念ながら、トピ主さんの理由1は電子辞書でもクリアできます。
    さらに、ものによっては、発音(音声ガイド)もあり、紙にはない利点も多くあります。

    私は高校までは紙でした。
    紙ならではの利点は、マーキングや付箋を貼る作業や視覚的な効果で、暗記を補助する点だと思います。
    教科書や参考書との関連ページを書き込んでおいたりできますから、あとから再度引くのに便利でした(電子辞書も、履歴検索はありますがね)。

    ある程度の単語暗記や文法理解が目的のうちは紙、とにかく読む量をこなしたり早く内容把握すること(大学でのディスカッションの資料など)が目的になってきたら電子辞書。
    私自身はそう使い分けました。

    お子さん自身の勉強スタイルによると思います。

    ユーザーID:1668746833

  • 紙がいいけれど・・・

    高校1年の子。中学入学時に姑から電子辞書をもらいました。
    私は断然 紙の辞書です。
    塾や学校へ持ち歩くには 確かに電子辞書は勝手がいいようですし、子どもは気に入っています。
    でも 自宅での勉強で、単語説明が足りないときは「やっぱり紙でしょー♪」と 紙の辞書をひかせていました。
    高校に入って電子辞書を買いなおしましたが、発音も内蔵されていて子どもはすっかり電子辞書派です。
    イディオムなどの慣用句や派生語調べでは紙の辞書を使っているようなので 今はうまく使い分けが出来つつあるところでしょうか。

    ユーザーID:4561868922

  • 紙をめくる刺激が頭を良くします。

    電子辞書は大事なときに電池がなくなる、という辛い経験を留学時にしました。

    紙の辞書では出かけるときに重かったので・・・という理由で使っていましたが、そんな事もあります。

    紙は「めくる」という感覚で右脳に刺激を与えることができますので、紙の辞書のほうを私の生徒には勧めています。
    わざわざ買うのではなく、お持ちなのですから、基本は紙の辞書で、ちょっとしたとき、(ふと調べたくなったとき等)に電子辞書で確認するのが良いかと思います。

    また最近の電子辞書では音声がでるものやTOEICの模擬テストなども入っているものもあるそうです。発音は正しい音で聞くのが一番ですから、同時に両方引くというのもお勧めしたい学習方法です。

    勉強なのですから、時短のために電子辞書を使う、という考えには賛同できません。
    辞書を引く時間も内容を記憶として定着させるため、頭の回転を良くするために必要な時間だと考えています。

    辞書を引くのに時間がかかるようでしたら、その勉強はまだ体得できていない、と感じてください。

    ユーザーID:2944527017

  • 両方ともよい

    私が学生時代は、家では新品の紙辞書、学校では中古の紙辞書を常備していました。
    (理由は、重たくて持って帰れるのがシンドイからです。)
    古文にしても、英語にしても通常は家で予習し、学校では調べることなんて稀ですから。
    学校は、治安?の良い学校ですか。
    電子辞書だと盗まれるのが怖いです。
    (だから、電子辞書が家用なんでしょうかね)

    私は、小学校から紙の国語辞典、漢字辞典利用していましたし、中学の時も紙の英和辞典を使っていましたので、紙辞書も電子辞書も早さはそんなにかわりません。

    私は、紙辞書のほうが記憶の定着率が高いです。
    また、私は紙辞書についている付録?の文学日本史年表(国語)や、発音の仕方(英和)など紙で見ると楽しいです。

    電子辞書は、軽いことと、その他諺辞典、英検、TOEIC対応などの辞書数の豊富さ、なんといっても一番は、英語は音声登録があることではないでしょうか。

    ユーザーID:7439640593

  • 賛否両論ありそうですが

    私は、辞書に関してはアナログ派です。
    理由は主さんと同様です。
    デジタルは点から点へは便利です。一直線に辿り着けます。
    一方でアナログ(紙)辞書は寄り道しながら辿り着くといった感覚です。
    アナログ辞書は絶えず五十音を頭の中で繰り返していませんか。
    これだけでも脳に血液と酸素を送っていることになります。

    ユーザーID:3549101978

  • 私は紙派だが、子どもは電子辞書

    私は紙の辞書が好きなので、分厚い広辞苑や英英辞典を使ってますが、子供には高校から電子辞書を与えています。

    1:電子辞書だって、関連語、周辺語、関連用法はいくらだって調べられます。
      紙の辞書だろうが、電子辞書だろうが、関連語を見ようとする子は見るし、見ようとしない子は全く見ないでしょう。
      紙だろうが電子だろうが、使いこなせる子は使いこなせる、使いこなせない子は使いこなせない、ってことです。

    2:年齢的なものでは? 私もそうですから。笑

    紙の辞書が使えない若者の話が出ていますが、それは、親が教えなかったせいであって、電子辞書のせいではないでしょう。
    うちの子は、どちらの辞書でも難なく使えますから。
    トピ主さんのお子さんだって、今まで紙の辞書だったのですから、紙の辞書は使いこなせますよね?

    あの小ささの中に、何冊分もの容量が入っているというのは、実に便利だと思いますよ。

    スピードに大差はないとおっしゃいますが、我が子と単語調べの速さの比べっこをしてみたら、
    紙の辞書引きにはものすごく自信の合った私ですが、電子辞書の前には全敗でしたわ。

    ユーザーID:4382304301

  • 電子辞書

     英和、和英、英英、広辞苑、漢和…。ただでさえ重い教科書に加え、複数冊の辞書を入れて通学って大変ですよね。
     電子辞書なら全て入っていますし、我が子には電子辞書を与えました。
     日本で紙の辞書が推奨されるのは、経済的な理由もあるであろうし、一律に電子辞書を薦めるわけにはいかない、という側面もあるのでは、と認識しています。
     現在高校生の娘がいますが、小学生の時から電子辞書をフル活用しています(帰国子女なので、電子辞書はある意味相棒でした)。不足分は紙の辞書とインターネットで調べています。
     物によるのかもしれませんが、電子辞書は履歴も残りますし、検索段階で派生語もまとめて目に入ります。ジャンプ機能を使い、新たに出て来た単語を調べる事もできます。
     紙の辞書を否定する訳ではありません。紙の辞書の調べ方を知らないのもまた極端な話ですし。
     ただ、これからの時代を生きて行かねばならない子供達に、最新の機器を否定して何のいい事があるのか、とは思います。むしろどんどん使いこなして欲しいかな。

    ユーザーID:0750864867

  • う〜ん

    高校生なら、紙の辞書がいいかもしれないです。付箋を貼ったり書き込んだり・・・電子辞書でも付箋機能などありますが、パッと見で学習の痕跡が分かりそうなのは紙かな。お目当ての単語にたどり着くまでの経緯も勉強の一つだと思うし。それに、大学受験程度の語なら、普通の辞書でもたいてい載っているでしょ?

    ただ、私は今漢字検定準1級の勉強を始めたところなのですが、電子辞書便利ー!準1級だと日常であまり使わない語なんかもたくさんあるので、意味を調べながら漢字を覚えるのですが、一つの辞書じゃ間に合わないんですよ。電子辞書がなかったときは広辞苑・漢和辞典・その他必要に応じて何冊も辞書を引いてやっとこさ見つかる・・・という状態で、それが面倒で一時勉強をやめてしまったんですが、電子辞書を購入してからはまあサクサク進むこと!

    勉強に飽きた時や暇なときは百人一首で遊んだりもできますし、カラーの図鑑も入っていて、面白いですよ。電子辞書、侮れません。

    学校に紙の辞書を置いておいて、自宅や図書館では電子辞書でもいいんじゃないですか?

    ユーザーID:7960724668

  • (確か)20倍

    辞書という限定ではなく、紙の本と電子書籍を読み比べた場合、
    内容に関して紙の方が20倍頭に残ると、ある番組で大学の先生が仰ってました。
    私の分野の学術論文の場合、全て電子化されていますが、腰を据えて読むときにはやはり印刷します。

    個人的感覚では、紙の辞書の方が語句を探すのに面倒臭い分、
    一度ひいたときに、もう二度とひかずに済むようここで憶えてしまおうと努力する気が起きてきます。

    ユーザーID:2110878973

  • 必要な時もたまにある

    我が家の子供たちの高校時代はすでに電子辞書の時代でした。紙の辞書は買っていません。使ってる友だちもいなかったのではないかと思います。

    でも、昨年娘の大学院の院試の折、入試の要綱に英語は辞書持ち込み可但し電子辞書は不可と言うのがあって、買わなきゃというので慌てて私の高校時代のを送りました。

    これくらいでしょうかね、紙の辞書が必要な場合って・・。

    ユーザーID:7444232331

  • 結局は使い方次第

    どちらも使用していました。ただ高校にあがってからは電子辞書派でした。
    電子辞書のメリットとしては
    ・早い、簡単
    ・音声付(英語)
    ・持ち運びが楽(留学していた際はやはり活躍しました)
    ・液晶がカラーで写真付き。調べていて楽しい(百科事典付きでしたので)

    デメリットは
    ・壊れる(持ち運びできる為うっかり落とすと液晶が…泣)

    ぐらいでしょうか。
    ただ紙辞書の方が記憶に残りやすかった気はします。
    (一度調べた単語にマーカーを引き、二度目調べた時に
     「前にも調べていた!」と思えるような調べ方をしていたからです。)

    トピ主様の理由1は電子辞書でも可能です。
    例文、用例、収録されている辞典のものが全て電子辞書にも入っていますから。
    理由2は単語一つ調べるのに20分30分も画面を見ることはないかと思います。

    結局は本人の調べ方、使い方次第だと思います。
    面倒がって紙辞書すら使わないようになってしまえば、元も子もないですし。
    百科事典付きだと暇な時間にいろいろ調べて楽しんでましたよ〜。

    ユーザーID:2929003695

  • 若いうちは紙推奨

     紙の辞書なら嫌でも目に飛び込んでくる周辺の単語。この情報はバカに出来ません。若いうちは、こういうところからも情報を吸収します。目的の単語のみが出てくる電子辞書にはない大きな強みです。たかが数秒速く目的の語に辿り着ける程度のことなど、アドバンテージになりゃしません。断然紙です。
     ただし、英語にもずいぶん親しみ、辞書も用例や細かいニュアンスについて調べるのに使うだけ、となれば電子辞書がいいかもしれません。情報量が多いですからね。

    ユーザーID:5656054146

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧