転移。。。余命

レス86
(トピ主16
お気に入り453

家族・友人・人間関係

ミルティー

はじめまして。30代後半。。。とある病気と闘い、奇跡を夢見る主婦です。

この1年、手術、抗がん剤、放射線とできる限りのことをしてきたのですが
とうとう、手の打ちようがないところまできてしまいました。

私には、3人の子どもがいます。
特別秀でたところなどない何の変哲もない極々普通の子どもたち。。。
そんな子どもたちですが、私は毎日笑いと夢をたくさんもらってます。

もともと活発な私だったので、はやく病気を治して前みたいに子どもたちと走り回りたい、早く仕事に戻りたい。。。
この1年は、病気だけでなく、当たり前のことが、当たり前にできないもどかしさとの闘いでもありました。

そんな中、とうとう、肺、肝臓に転移し手の施しようのない状態だと宣告されました。
私に残された時間はあと数か月。希望は持ち続けたいだけど、子どもたちに何か残す準備もしなくちゃなぁ。。。
パートナーや親には私の感謝できるだけたくさん伝えたいなぁ。。。
そして、ごめんなさいとも。。。
大好きな大好きな人たち。。。本当はずっとここにいたいです。

こんな私に何かできることはあるのかな?

ユーザーID:5023011547

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数86

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 小町のトピで…

    タイトルは失念してしまいましたが、余命宣告をされたトピ主さんが、

    娘さんが二十歳になるまでの毎年誕生日の為の手紙を書いたそうです。
    恐らくその年齢になると悩むであろう事なども書いたそうです。

    区切りの年齢にはプレゼントも準備したそうです。

    ユーザーID:3456187462

  • メッセージ

    ビデオメッセージ、手紙 子どもや旦那さんにもその歳その歳のバースデーレターを残しておく そんなのが良いと思います。

    ユーザーID:4875442683

  • あなたの笑顔だけでいい

    お辛いでしょうけど、

    ずっと昔、海外の友達の家に行ったらお土産とか気を使うなぁ、全然外国のこと知らないし、って信頼、そして尊敬してる年上の友達に行ったとき、

    行くだけで、向こうはきてくれるだけでいいよ、って返事をしてくれたの、今でも印象に残ってます。
    もう30年近く前のことです。

    きっととぴ主様の笑顔だけでいいと思います。

    ユーザーID:4612725973

  • 自分が満足することが

    かぎりなくドライにコメントを寄せます。

    私はあなた自身ではないし、あなたのご家族でもないただの第三者ですから書けることなのかもしれません。


    あなたに望むことは、
    あなたのご主人やお子さんが将来に亘って「妻は(母は)、満足な人生を送った」と思い続けられるようにしてほしいということです。

    あなたがこれから苦労をしてなにかを子供たちに残したとしましょう。
    その苦労をお子さんたちが思ったとき「母はそれだけ自分たちのことを思ってくれていた」とも感じるでしょうが、
    同時に「母の残されたわずかな時間を自分たちのためでなく、自分自身のために使ってほしかった」と考えるでしょう。

    あなたが人生を十分に楽しんで旅立ったと信じられるとき、残されたものには「悔いることなし」との満足感が残るでしょう。


    「こんなに楽しい人生を送れて本当に良かった。それもこれもみんなあなた達のおかげ、ありがとう。」と最期に言って欲しい。

    ユーザーID:7758725382

  • 三十代。お辛いですね。胸が締め付けられます。

    なんと、お気持ちに添える言葉を伝えたら良いか。
    レスをして良いのか悩みましたが、勇気を出してレスさせて戴きます。
    闘病生活は大変ですよね。
    私の母も肝臓癌で、余命一年と言われて、五年闘病生活を送りました。間近で抗がん剤治療をして苦しんでいました。
    主様も同じ様に頑張っていらっしゃっるのですね。体の苦しみより、愛する人達を残し別れが、どれ程お辛いか、心中、お察し致します。
    特にお子様は、まだ小さいのでしょうか?
    胸が締め付けられます。
    主様のレスを見て、小町の中だけでもお互い顔も知らない仲ですが、友人の一人と思い寄り添わせて欲しいです。本で読んだ事が有りますが、(母の闘病の時)癌で治療をして、もう、手の打ち様がなく、自宅治療を余儀なくされた時、自分の好きな事だけをすると決められた女性の実話です。
    すると、癌が小さくなった、又は、消えた癌細胞もあったそうです。癌は前向きな人は苦手らしく、その方は旅行や今迄出来なかった趣味をして、毎日笑い余命宣告から三年、今も頑張っていらっしゃいます。

    ユーザーID:8506911780

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • なんと申し上げてよいのか

    同じ立場でないのに、なんと申し上げて良いのか難しいですが、
    身近な人の余命と向き合ったことがあります。

    代替療法は試されていますか?食事療法や、漢方など、
    効果のある人には必ず効くと思っているので、
    ミルティーさんもご家族の方と協力し、諦めずに
    色々試して欲しいと思います。

    また、ご自身の状態を知っていらっしゃるのは
    とても良い事(月並みな表現ですが汗)だと思います。
    私の家族の場合、本人だけにずっと告げられないでいたので・・

    ご自身の状態を知った上で、ご家族の方やご友人と
    向き合う時間は、普段の何倍も何十倍も、大切なことを
    伝えることができる、素敵な時間だと思いますから。

    奇跡が起こること、私も心から願っています。

    ユーザーID:7125650777

  • 奇跡が起きることを祈っています

    絶望に近い宣告を受けた貴女の文章が優しさに満ち溢れていることにとても感動しています。

    人間には予測がつかないパワーがあると思います。
    どうぞそれが貴女の命を繋ぎますように心から祈っています。

    ご家族には笑顔をたくさん見せてあげたいと思うでしょうが、無理せず痛いときは「痛い」と、苦しい時は「苦しい」と伝えていいと思います。

    そして、毎日ハグしあったり、容態が落ち着いていたら添い寝して語り合ったりして、貴女のぬくもりを記憶に残してあげて欲しいです。

    ユーザーID:7751210833

  • 心中お察しします。

    トピ主さん、私と同じ年代で、私も子供が3人居ます。
    何と言葉をかけたらよいか、正直なところ、分かりません。
    ただ、ひとつだけ、トピ主さんが旅立つその時までのこと、やるべきこと、しておきたいこと、残したいもの、それは数えきれないほどあるでしょう。
    私は、トピ主さんが、今を生きる毎日の中で、出来ること、したいことをすることが一番だと思います。
    特別に何かをするのではなく、ご自分のお気持ちのままに。
    トピ主さんの全てが、トピ主さんを知る全ての人達の心に生き続けるんです。
    残された時間、精一杯生きて下さい。
    例えそれが病室のベッドであっても、人生を最期まで諦めないで。

    ユーザーID:8010036513

  • 何か残したいですよね

    自分がどうなるというよりも、大事な人にもう会えないというのが、一番つらいと思います。特にお子様やご主人。

    ビデオでタイムカプセルを作られたらどうでしょうか。お子様やご主人がいくつになったら見て下さい、のような。

    ミルティさんがいなくなってしまえば、お子様やご主人はミルティさんと話は出来なくなりますが、ビデオを残せば、話せるかもしれません。

    ユーザーID:9385849681

  • 変われるなら変わりたい

    貴女のお気持ち分かります。私の大切な長男が癌の為他界致しました、後に残った次男も自立してます、貴女と入れ替わってあげたいです。出来る事一杯有ります。お子様方の成長に合わせて御手紙をかかれたり如何ですか。貴女の健やかな日々を祈念致します

    ユーザーID:9317492171

  • 何もお力になれませんが…

     私も同じ世代の母親で、7歳4歳の息子がいます。
     トピ主様のお力にはなれませんが、レスぜずにはいられませんでした。
    1年間ご病気と闘われて、そして現在。何と言っていいのか、わかりません。
     これからの日々が、トピ主様、お子様、ご家族様にとってかけがえのない輝いた日々となりますよう、遠くからですが応援しています。
     どうぞ、ご無理をなされませんように…。

    ユーザーID:2385854048

  • できることはたくさんあります!

    昨年、母を癌で亡くしました。

    転移を告げられたときの絶望感は忘れられません。
    それから、ビデオで母との時間を撮影することにしました。

    ・まだ結婚していない兄弟宛てに、結婚時の祝福メッセージ
    ・同様に、まだ出産していない私宛てに、出産時の祝福メッセージ
    (「いいお母さんになれるよ」とかそういう内容)
    ・今までまとめては聞いたことがなかった妊娠、出産、乳幼児期のエピソード
    ・各子供へ、その子の性格にあわせた励ましのメッセージ
    などなど、色々な場面を想定して、そのときに言いたいであろう言葉を言ってもらい、たくさん録画しました。

    「ビデオの中のお母さんはいつまでも若いままだねー。」
    なんて冗談めかして言い合ったりしました。

    トピ主様も、お子様方が「お母さんにいて欲しかったな」と思われるような場面で見返して励まされるような内容のビデオを残されてはいかがでしょうか?
    どれだけお子様方を愛しておられるかが、お子様方に伝わるように。
    これからもお子様方を見守っておられることを、お子様方が信じられるように。

    少しでも長く素敵な時間を過ごされますよう、お祈り致しております。

    ユーザーID:9414136415

  • 希望をすてないで

    先月、父親が余命半年と宣告されました。すでに手術も放射線もできない状態で、今は抗がん剤治療のみです。でも、家族は希望を捨ててません。様々な民間療法を試しています。病院で治療法がないと言われても、民間療法ならできる事はたくさんあります。家族として、父には最後まで希望を持っていてほしいです。ぜひ、残すことより、少しでも長く一緒にいられる道を探す事にエネルギーを使って下さい。父にもトピ主にも奇跡が起きる事を祈ってます。

    ユーザーID:1994237501

  • 希望はあるから

    私の実姉も二人の小さな子供がいて病に伏しました。
    主治医はできることはすべてしました説明をしてくれて退院しました。
    実姉はこの子供達を置いて逝けないと、入退院を繰り返しましたが主治医も驚くほど快方に向かいました。
    内蔵疾患で激痩せでしたが、希望を捨てずに気持ちを切り替えて闘った結果、今は普通に生活できています。
    諦めないでくださいね。
    祈っています。

    ユーザーID:8376910877

  • 未来郵便

    主様が回復されることを信じます。
    奇跡が起きますように。

    お子さまたちの節目の時、たとえば中学卒業、
    二十歳の誕生日にお手紙を届けるというのがあります。

    主様が回復して家族と仲良く暮らす日々の中、あのとき書いた手紙が突然届くということを信じつつ…

    ユーザーID:2688439485

  • 少しでも側にいてくれれば・・

    何もしなくていいんです、少しでも長く側にいてくれれば・・。
    皆そう思っていると思います。投稿を読んで泣きました。
    お子さんもスクスクと育っている様子。少しでも長く側に
    いてあげてください。それが何よりの贈り物です。

    お大事にして下さい。

    ユーザーID:3614070166

  • 子供達を残してはゆけないと決心して

    闘病を経験した者です。
    先行きが分からない日々を過ごしていましたが、
    幼ない子供が3人居たことと最愛の妻のことを
    考えて、この子達と妻を残して行くことはでき
    ないと病の床で決心しました。

    その暫く後に不思議な夢を見ました。
    亡くなった父母と祖父母の4人が病に伏せる私
    を上から皆で覗き込んでいる夢を見たのです。
    4人は、私を心配そうに覗き込んでいました。

    不思議なことですが、病は、その後に好転した
    のです。私は、自分が望み決心することで、病
    が去って行ったと考えています。

    人間の脳は、人間の身体を管理しています。
    トピ主さんの脳に働き掛けて下さい。
    《私は、生きなければならない!》と決心して
    下さい。
    辛い時は、神様にお祈りしましょう。
    神様は、きっと見守っていて下さると思います。

    ユーザーID:2676245763

  • 何とも言いようがない。軽々しくコメントできない。

    こういうトピに対して、
    軽々しくコメントする人は、
    自分に引き寄せていないというか、
    実感されていないのでは・・?
    というくらい、
    自分の身の上に置くと、
    たまらないですね。

    日々を大事に、
    毎日生きてください。

    ユーザーID:3271210646

  • つらいね・・・私も同じ病気したことあるよ、6年前。なんとかここまで来たけれど。なんて言っていいかわからない。30代か・・・人生って不条理だよね。3人のお子様と密度の濃い時間を過ごしてね。いい言葉がみつからなくて・・・すみません

    ユーザーID:9324093825

  • 何にも言えないな…

    たくさんのしたいことあるよね。子供達と一緒にいたいよね。少しずつでもみらいが進んで下さい。

    ユーザーID:9883132072

  • ビデオレターなど

    お辛い状況ですね。

    私は子供だった立場の者です。ちなみに妹も現在母と同じ病気で闘病中。
    まだ家庭用のムービーなど普及してない頃だったので、母の記録は写真くらいしかありません。
    声とか聞きたいなってよく思います。

    お子さん達と過ごす時間を録画したり、ビデオレターを撮ったりはいかがですか?
    気持ちを残すのって、辛い時間にもなると思います。
    でも残してもらえたら本当に嬉しいと思います。

    ミルティーさんに奇跡が起こる事をお祈り申し上げます。

    ユーザーID:0118513190

  • 私もです

    私も同じような状態です。
    40歳前半で、小学生の子供が一人います。
    6年前に手術をして、5年目の1年前に再発転移が見つかりました。
    その時点で、肺.肝臓.骨.リンパ節…全身に転移してました。
    その1年前にPET-CTをやった時は、全く写らなかったのに…あっという間に広がっていました。

    昨年以来、抗がん剤が効かなくなっては「次はコレ」と引き継ぎつつ投与して、今で3種類目になりました。
    私の場合、能天気なのか「死」を考えるより、今生きていることを感受したい気持ちが強いようで、なかなか「死」に向き合えていないのが現状です。
    漢方や食事など代替療法も勉強しつつ取り入れてます。
    今のところ、良くもならないが悪くもなっていない状態で、普通の主婦の生活を送っています。
    今週の血液検査では腫瘍マーカーも下がっている、とのことでした。

    とはいえ、いつどうなるかわからない状態に変わりはなく…
    私は、何よりも子供のことが心配でしょうがありません。
    少しでも長く成長を見守りたい!

    この辛さは何なのでしょうね。
    でも同じように戦っている人がいるとわかって、少し心が強くなりました。
    がんばろうね。

    ユーザーID:8049975759

  • アドバイス出来るような立場ではありませんが…

    トピ主さんを励ます言葉が見つからず、ごめんなさい。
    お子さんは小さいですか?それとも小学生以上ですか?

    小学生以上なら、家族でコンサートに行く事は可能ですか?
    今はコンサート会場に、車椅子席や着席のみの席が、ステージが見えやすい場所に確保されている場合があります。
    トピ主さんが好きなアーティストか、お子さんが好きなアーティストのコンサートを家族で見に行けたら、どうかな?と思い、レスしました。
    トピ主さんが座ったままでもお子さん達と一緒に笑顔なれる想い出をたくさん作ってほしいと思いました。

    ユーザーID:7091751950

  • 今ある時間を

    平均寿命なるものからすれば、短いかもしれないけど…
    中身の濃さでは負けないような印象を受けました。。

    ママとして、妻として、娘として、友として
    主さんの想いをたくさん遺してあげてください。。

    普通の毎日がどんなに幸せな時間なのか、平凡な幸せがどんなに愛おしいものなのか…



    どうか、主さんの心が穏やかに過ごせますように。。

    ユーザーID:7124415901

  • ・・・

    なんという・・・言葉が見つかりませんね

    私はまだ独身なので、子供の立場・旦那さんの立場で考えさせてもらいました。
    たくさんお話してあげてください。昔話、将来のこと、こんな人になってほしいなど。
    お子さんについては旦那さんは知らないこと(あの時自分がどう感じていたかなど)をお話されたらいいかと思います。
    中高生がいらっしゃるなら、あまり時間がないということを伝えてあげてもいいかもしれません。
    子供は自分が社会人になったら、結婚したら、家を出る時には・・・などと親にしてあげたいことを考えているものです。
    それをさせる機会を与えてあげてほしいと思います。

    旦那さんともお話を。子育てに関して、これからのこと、
    二人の思い出話をしてもいいと思います。二人だけの話をできるのはトピ主さんとだけなので。

    辛いですね。。
    とにかく時間とご自身を大事にしてください。
    あと数カ月とありますが、よくなることもあるかもしれません。生死に関してはデータや科学では予想できないこともよく起こります。

    とにかく一分一秒を大事に・・・。

    ユーザーID:5537019404

  • ある!あるよーーーーー!!!

    久しぶりにレスします

    母を亡くして4年弱の36歳のものです
    30を超えてても母を亡くした辛さ、喪失感はなかなか消えません

    お母さんの思い出をたくさんたくさん作ってください
    元気なうちに、お母さんしか知らないこと、赤ちゃんのときのこと、
    たくさんたくさん話してあげてください

    母は病状が悪化したときにはカテーテルでなかなか話ができなかったので
    今になって聞きたいことがたくさん出てきます
    写真を見ながら、これはいつのときで、どんなときのものだったとか
    今の時代ですから、ビデオとかも撮って

    記憶って悲しいくらい消えていくんです
    声も思い出せない
    今みたいに動画とか撮っておけばよかった
    たくさんの時間を過ごしてあげてください

    ユーザーID:0312090729

  • できることはまだあります

    はじめまして。
    投稿拝見しました。
    大きな不安の中日々をお過ごしのことと存じます。
    免疫療法、食事療法、精神療法、全身温熱療法など、できることはまだたくさんあります。事実、お医者様から見放された方でも完治してお元気に過ごされている方や、余命よりはるかに長く生きていらっしゃる方もいます。
    不安や恐怖を少しでも少なくできるよう、治った方々の体験談を読んだり、お笑いを見たり、楽しいことを少しでもして体が本来持つ生命力が目覚める方向に持っていってください。

    余命など誰にもわかりません。希望をもってご家族とたくさんの愛を分かち合いながら今できることを最大限してくださいませ。

    ユーザーID:7333527134

  • 声と字

    トピ主さん、体の具合はどうですか?
    気持ちよく過ごせる日々が続きますことを祈っております。

    私は10代のときに母が癌のため他界しました。

    そのときは痛みや苦しみから解放された母を思って、ほっとした気持ちでした。
    母が苦しむのを見たくなかったので。

    最近になって、ようやく、母の不在が残念だなあ。と思います。

    今まで見ることのできなかった、闘病日記で、母の字を見たり写真をみて、懐かしんでます。

    娘の立場としては、もし、母からの手紙がたくさんあったら、嬉しいなあと思います。

    それから、ビデオですね。母の声を覚えているのか、実はちょっと違うのか自信がないんです。

    トピ主さんのお子さん達も後になってもお母さんの声を聞けると嬉しいのではないかな。と想像しました。

    でも、奇跡が起きてほしいです。
    これからも、長く、お子さんたちの側にいられることを祈っております。

    最近、癌に勝つジュースというような本を読みました。

    26年前に知ってたら、絶対母に飲んでもらってたと思います。

    ユーザーID:3946693976

  • ぜび映像を

    お辛いなかで、周囲への感謝を書いてらっしゃる。
    トピ主さんは素敵な人生を歩んでこられていますね。

    私は6歳のころに父を亡くしました。

    父と行った場所、父の言った冗談、父と笑ったことなど
    幼いながらに覚えていますが
    40年近く経ったいま、残念ながら、その声が思い出せません。

    当時は家庭用ビデオカメラなどなかった時代なので仕方ないのですが
    ぜひお子さん方のために映像を残してあげてほしいです。


    私は父と6年しか一緒にいられませんでしたが
    それでも、たくさん注いでもらった愛情がいつも支えになりました。
    そして父の私への思いがいまでも続いていると、なぜか確信があります。
    その人がそばにいなくても、届き続ける愛情というのは絶対にあります。

    そのことだけは安心して欲しいと思い、レスしました。

    ユーザーID:5612522190

  • 私も余命組。

    似た境遇の者です。年齢は主さんより10も上なので、辛いお気持ちは私以上だと察します。
    私が今すべきことは、いまこの時を、ただ生きることだと思っています。嘆かず悲しまず恨まず投げ出さず、淡々と、普段通りに。形にならないけど、周りの人の記憶には残ると信じています。記録より記憶、を、命をかけて実践する感覚です。恐らく主さんはわかっていらっしゃると思います。

    具体的に何か残したいのであれば、ビデオとか手紙、いいと思います。何十年も後に読まれたときに、懐かしく微笑んでもらえるような手紙を残したいと私は思っています。泣かれるのはつらいのでね。

    主さん自身が、大切な人たちに会えなくなる寂しさや悲しさは計り知れません。私の場合ですが、その気持ちは、「天国から姿を見れるからいい」と思うことにしています。直接話したりできなくなっても、いつでもそばで見守ることはできると信じています。少し早くこの世を去る分、良いオバケになってやろう、とか真剣に思います(笑)

    自分のことばかり語って、主さんの気持ちに沿うことができなくてごめんなさい。同じ時期に同じ病で闘う者として共に進みましょうね。

    ユーザーID:2964470642

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧