文章の読みやすい小説

レス29
(トピ主4
お気に入り28

趣味・教育・教養

さんちゅん

本を読むのは好きなのですがあまり数は読んでいません。

タイトルのように内容というよりも文章が読みやすい小説を読みたいです。
頭の中に入りやすい文というかスラスラ読めるというか。
そういうのに私の場合あてはまった作家さんを書いてみます。

・赤川次郎・有川浩・小野不由美・桐野夏生・太宰治

少ないですが以上の方です。あまり脈絡はないですが
頭に入ってきやすい文章なんです。

ちなみに上にあげた作家さんの作品をすべて読んでいるわけではありません。
少ないですが他の作家さんの小説も読んでいます。

人それぞれ感じ方が違うと思いますが気軽に教えてくださると嬉しいです。
よろしくお願いします。

ユーザーID:4255195956

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 東野圭吾さん

    この方の小説は読みやすいと感じます。
    話も面白いので、余計スッと入ってきます。

    推理・事件モノでない物語は特に良いです。


    後は・・・
    唯川恵さん
    林真理子さん


    言い回しが多い小説は読んでいて疲れますよね。

    ユーザーID:1116248017

  • 最近読んだ本では

    最近読んだ本では、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年: 村上 春樹著」が読みやすかったです。内容が理解できるという話でなくて、文章が読みやすいのです。そして、物語に緩急がつくようになっていると感じました。1ページあたりの字数と行数、フォントサイズ、それらが読みやすさをサポートしています。この辺は、さすが文芸春秋と思いました。誤解のないように漢字に、ふりがながついているところがあります。

    ユーザーID:8691348960

  • 林 真理子

    が好きです。 なぜかって 主さんのご希望通り文が上手くて読みやすい。

    エッセイは笑えるし、小説の題材もなかなか興味深くて面白い。

    ユーザーID:2036649244

  • 例えば

    桐野夏生、赤川次郎が読めるのであれば、東野圭吾だってそれぞれミステリーでもの凄く売れてる作家のものが読めるでしょう。
    おススメは、高野和明の本屋さん大賞だった『ジェノサイト』。もうカラダが一瞬で冷たくなるようなもの凄い表現の本でした。良かったですよ。

    有川浩が読めるのであれば、江國香織だって読めますし、太宰など歴史文学が読めるのであれば、森鴎外、夏目が読めることは勿論、田山花袋等昭和、大正の作家も読めます。

    あ、村上春樹の今回の作品(色彩……)はとても読み易く、一気に読めました。新野剛志や奥田英朗など新作家等も楽しいでしょう。
    百田尚樹は面倒臭そうで、とても読み易い本です。

    でも、人それぞれは入り込み易い、そうでないものがありますから、自分で選んでみて下さい。
    全部読まなくてもいいのです。30pで面白くなくて止めた本など、私もありますしね!!!

    大好きな作家に出会えるのを待っています。

    ユーザーID:2512147434

  • 三浦綾子の『氷点』

    著者自身が「小学生にもわかるような文章を書こうと考えた」と書かれていたと思います。

    内容としては深いのですが、文章は本当にわかりやすく、読みやすい作品だと思います。

    彼女の作品の殆どが読みやすいです。『ひつじが丘』なども良いかも。

    ユーザーID:8469761715

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 好みとは違いそうですが…

    唯川恵さんは読みやすい、万人受けする文体だと思います。ただ、恋愛小説が多いですが。

    恩田陸さん、東野圭吾さんも読みやすいかな。

    私も、話の内容そのものよりも文体で選ぶ方なので、同じ作家さんの本ばかり持ってます。

    好みが分かれますが、江國香織さんの本が一番好きです。

    ユーザーID:5304280104

  • 司馬遼太郎

    かなり読みやすいと思います

    ユーザーID:1372802201

  • 私も読書好きです!

    本屋さんが大好きで暇がると本屋さんに行きます。
    昔は苦手だったのですが、

    携帯小説から
    入ったと思います。恋空辺りから
    携帯小説から普通の小説を読むようになりました。赤川さん読みやすいですよね。
    良く本がドラマになったり、映画になったりしますよね。

    私のオススメ方法は

    頭を使わずに、スラスラ読みたいなら、
    映画から入ってしまい、本で人物像を膨らませます。一応ストーリーが入ってますのでスラスラ読めます。全く一緒ではないので意外と面白いです。

    後は好きな作家さんを重点しして読みます。前後の作品も一応読みます。

    後は店頭でベストセラーになっている本は一応見て見ます。

    今良く読んでいるのは東野圭吾さんですが、東野圭吾さんの独特の世界がわかると以外にスラスラ入ってきますよ。

    参考になったかわかりませんが、私のオススメ方法です。

    ユーザーID:8744339278

  • 吉田修一

    文章を読んでいるということも忘れて本の中に引き込まれます!

    ユーザーID:6684468738

  • こちらは

    読んだことありますか?

    畠中恵さんの
    しゃばげシリーズです。

    読みやすいので、時間があれば1日も掛からずに読み終わるかと思います。
    横ですが、小野不由美さんはデビュー(私がまだ小学生でした。)から約30年ファンです。最近は余り書かれていなく残念ですね。

    読み難いけど、京極夏彦さんの京極堂シリーズはハマれば面白いです。
    難しい言葉が多く読むのに時間が掛かりますが、好きなキャラクターがいるので、頑張って読んでいます。

    既に読んでいたら、ごめんなさい。

    ユーザーID:7310848554

  • 私のおススメは。

    私も、有川浩さん、小野不由美さんの小説は大好きです。
    友人に言わせると、小野さんの文章は読み易くないそうですが。

    私がほかに読み易いと感じるのは、内容的なものも含めて、

    ・坂木司さん『動物園の鳥』シリーズや『ワーキング・ホリデー』など。
    ・矢崎存美さん『ぶたぶた』さんシリーズ。
    ・米澤穂信さん『氷菓』(古典部シリーズ)など。

    といったところでしょうか。

    夢中になれるような、素敵な作品に巡り合えるといいですね。ニコ。

    ユーザーID:5727692352

  • トピ主です。

    みなさんありがとうございます。おばさんさんまでレスを読みました。

    複数名前のあっがている林真理子さん、東野圭吾さん、唯川恵さん
    の作品をまず読んでみたいと思います。

    自分で選ぼうとすると同じ作家さんばかり選んでしまうので
    このようなトピを立ててみました。


    引き続きレスをお待ちしております。

    ユーザーID:4255195956

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 三浦しをんさん

    何冊か読みました。
    どれも読みやすく、それだけではない、感動や小さな何かを残してくれました。
    なのでお薦めします。

    あと個人的に読みやすいなと思ったのは、
    宮部みゆきさん。
    上橋 菜穂子さん。
    古いけれど、
    向田邦子さん。
    の、あたりがすらすらと読みやすく頭に入りやすかったと思います。

    ユーザーID:7732797329

  • 星新一さんなど

    読みやすい文章というと、私は星新一さんが浮かびました。
    他には、夏目漱石、三島由紀夫、島田雅彦さんなどです。

    感じ方は人それぞれですから、ご参考までに。

    ユーザーID:6471706357

  • 宮本輝

    宮本輝の『錦繍』をお薦めします。
    30年ほど前に発表された、男女の往復書簡体の作品です。
    冒頭から、読みやすく美しい日本語の文章を味わうことができます。

    ユーザーID:4188421507

  • 補足といいますか

    私が読んだことのある作家さんで名前をあげなかった作家さんを書いてみます。
    (読みにくかったといいたいわけではありませんので悪しからず)

    ・江國香里・夏目漱石・松本清張・三浦綾子・宮部みゆき
    ・村上春樹・村上龍・森鴎外・横山秀夫

    図書館で借りることがおおいのですが本棚をみてみたらこのような方たちの
    作品がありました。夏目さんと森さんは高校のころ教科書に作品があったので
    (こころと舞姫)買って読んだことを思い出しました。
    他にも思い出せないだけで読んだ作品はあるかもしれません。

    思ったのですが同じ作家さんでもある作品は読みやすくても別の作品は
    そうは思わなかったということもありそうですね。
    食わず嫌いをせずまず読んでみるというのはとても大事かもしれませんね。

    ユーザーID:4255195956

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 宮部みゆきさん

    「内容というよりも文章が読みやすい小説」ですよね?
    私のおススメは、すでに出ていますが宮部みゆきさんです。

    内容ももちろん面白いですが、文章が非常に読みやすいです。
    物語の難易度と関係なく、です。
    難解な言葉も流行りの言葉もなく、大げさだったりもったいぶった言い回しもないのに、
    人物の心理状態がとてもよくわかるし、情景も浮かぶ。
    更に、読み手が想像することのできる余地もある。
    あれだけ深い内容にもかかわらず、大変読みやすい。
    プロ中のプロだと思います。

    ユーザーID:9222242789

  • 有栖川有栖、村上春樹翻訳のチャンドラー

    は、推理小説の中では文章綺麗で読みやすいと思う。(端整な文章)

    名前上がってる中で、推理系だと坂木司さんは、とっても読みやすかった。

    個人的に、宮部みゆき・東野圭吾・湊かなえが好みに合わない(受け付けない)んで、買わないし・読まない。

    小野不由美がOKなら、恩田陸、長野まゆみもいける・・と思う。

    最新刊の文庫ではじめて買って・読んでみて、「この人、本当〜〜に文章うまい・読ませるなぁー…」と今更ながら感心してるとこなのが、
    山田詠美。
    (無駄なく、味濃く、奥深い文章??)

    ユーザーID:4444905122

  • あさのあつこさん

    あさのあつこさんはどうでしょう。
    子供向けの小説も書いてる作家さんのせいか
    分かりやすいです。
    文章がひとつひとつ短く、
    読みやすいと思います。

    ユーザーID:0234962641

  • レスします

     
    梶村啓二さんですね、私が久しぶりに読みやすいと思った人は。「野いばら」で日経小説大賞を受賞され、最近二冊目の「使者と果実」を刊行されました。

    いずれの作品も文章が素晴らしく達意であるので読みやすい理由です。時代の運命に翻弄されながら悲哀に終わった男女の恋物語が上質な格調ある文体で

    見事に描かれています。

    ユーザーID:3044123873

  • トピ主です

    みなさんありがとうございます。パープルさんまでレスを読みました。

    みなさんのあげていただいた作家さんを自分が読んだことのある方を除いてまとめて書いてみます。(あとで思い出した方も複数いました)

    ・東野圭吾・唯川恵・林真理子・高野和明・新野剛志・奥田英朗
    ・百田尚樹・司馬遼太郎・吉田修一・畠中恵・京極夏彦・坂木司
    ・矢崎存美・米澤穂信・三浦しをん・上橋菜穂子・向田邦子
    ・星真一・三島由紀夫・島田雅彦・宮本輝・有栖川有栖・恩田陸
    ・山田詠美・梶村啓二

    恥ずかしながら名前を知らない作家さんもいました。(無知です)
    百田さんは最近バラエティで見かけておもしろいおじさんやなぁと
    じつは気になっていました。

    たくさん名前をあげていただいてありがとうございます。
    もう一声ありそうな気がするのでレスをお待ちしております。

    ユーザーID:4255195956

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • おすすめ

    今まで挙がった作家さんのうち、赤川次郎、星新一、畠中恵、山田詠美、坂木司、あさのあつこは読みやすかったです。

    逆に、松本清張、宮部みゆき、東野圭吾、小野不由美、恩田陸、乃南アサなどは、私には冗長に思えるところがあって、リーダビリティの点は辛くなります。

    そういう私のおすすめは、岡嶋二人、佐野洋、阿刀田高です。読者にうけるためにいらない部分を捨てますという理性が勝ったタイプだと思っています。
    純文学でよければ、志賀直哉、石川淳が好みですが、こちらは理性よりセンスで勝った人たちかもしれません。

    ユーザーID:9784328359

  • 読みやすい小説

    『ぼくの輝席(キセキ)』阿立有司著が、テンポがいいので読みやすく、初心者向けだと思います。主人公のが男の子が、美少女と小学6年生から中学を卒業するまでの成長していく姿が、マンガみたいな学校生活の物語です。文学的な小説じゃないから、読みやすく楽しく描写も想像しやすいです。

    ユーザーID:3869447888

  • 読書を始めたのは19歳から


    上橋菜穂子さんの精霊の守り人シリーズとかはいかがでしょうか?

    ジャンルが児童文学らしいのですが、大人が読んだ方がより楽しめると
    個人的には思っています。

    私は、読んでドップリはまったクチなので・・・・
    とてもいい作品です。


    あとは、森博嗣さんの スカイ・クロラ(映画になってましたね)とか
    女王の百年密室とかも、なかなか面白かったです。

    それと、もういっちょ
    王道の司馬遼太郎さんの『燃えよ剣』は、一度読んでほしいです

    こんなところです。

    ユーザーID:3541727117

  • 出ていない作家さんでは

    北杜夫、柴田よしき、桐野夏生。
    太宰が読めるなら、北杜夫はその路線だろうと思います。

    ユーザーID:0414298393

  • 読みやすい本のおすすめ

    文章が読みやすい作品とは言っても色々な作品が出版されてますから、アンソロジーを読んで、そこから自分に合う作家を探すのも一つの手だと思います。

    私的には田辺聖子さんや高田郁さんのみをつくし料理帖がお薦めです。
    阿刀田高さんの短編も無駄な表現は一切ないので読みやすいですね。
    最近は恋愛小説へと移行してしまいましたが、石田衣良さんの初期作品や池袋ウエストゲートパークシリーズはエンタメやミステリー要素が程よいと思います。
    文章だけなら朝井リョウさんでしょう。若いからか、そんなに難しい表現が使われてないと思います。

    ちょっと読める力がついてきたなと思ったら、幸田文さん、向田邦子さん、樋口一葉あたりにもいって欲しいなと。言葉が美しいです。
    読みやすい文章の本質は、ただ読めるというだけでなく味わえる文章でもあると思うので。

    ユーザーID:1337739431

  • ぼくたちと駐在さんの700日戦争

    ブログから小説化、映画化するだけあって
    面白かったです

    これも映画化してるけど
    群ようこ 著「かもめ食堂」
    初期の頃の「無印良女シリーズ」も面白いです

    ユーザーID:9451654676

  • 元児童文学作家は大体読みやすい

    宮部みゆき読めない人がいた! 仲間がいて嬉しい。
    この人の物はなぜか読めません。面白いとは聞いているんですが読めた試しがない。江国香織も読みづらい。

    小野不由美と京極夏彦が読めるなら、かなり読める方だと思います。

    お勧め
    あさのあつこ バッテリーシリーズ良いです
    森絵都 DIVE!が好き
    柴田よしき シャープな感じ RICOシリーズが良い
    有川浩 内容は好きではないけど勢いがあって端的なので読みやすい
    大沢在昌 新宿鮫シリーズが入りやすい
    夢枕獏 陰陽師は呆れるほど読みやすい
    北村薫 あっさり風味

    児童文学を書く人は、表現規制が多い中で必死に読みやすく書いているので、大体読みやすいです。獣の奏者の作者も良い。

    読みづらいけど読んでほしいのは高村薫。重く硬筆な、どこまでも余計なものを削ぎ落とした文体です。この重苦しさ、硬さが非常に良い。内容のスケールの大きさ、リアル感もあって、一文一文を味わいながら読んでしまいます。照柿、マークスの山が読みやすくてお勧めです。

    ユーザーID:4175961838

  • ありがとうございました

    たくさんの作家さんをあげていただいてありがとうございます。


    本を読んでいても内容が入ってくる本とさっぱり入らない本が
    あってその違いは文章の読みやすさなのだろうと思い
    このようなトピを立てさせていただきました。

    じっくり読んでいきたいとおもいます。

    これでトピを閉めさせていただきます。ありがとうございました。

    ユーザーID:4255195956

  • トピ主のコメント(4件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧