人生どん底 30代最後に客員研究員

レス56
(トピ主5
お気に入り158

キャリア・職場

どん底

 来月からアメリカにvisiting researcherとして行くことになっている、39歳独身女性です。 
 東京の国立大卒、29で院、35で国立博士、36でテニュアを某国でもらいました。
 途中アメリカにも交換留学したことがあります。(以前アメリカから帰ってきてすべてが楽しくありません)
 
 これは自己評価ですが、私は今まで自分の研究能力を疑ったことは一度もありませんでした。大学院に入ってから3人ほどの先生たちから「才能がある」「着想がいい」と言われていました。また努力家のほうでもあると思っていました。この院時代の業績で、少し就職活動をした後海外の大学にテニュアトラックとして雇われました。
 
 しかしこの大学に入ってからものすごくつらい経験をしました(しています)
 話せば長くなりますが、私だけ上のポジションで入ったからか、最初から従来からいる女性たちが敵対的、あらゆる手段で足をひっぱられました。彼女たちは学内政治も完璧、ともかく完全犯罪でした。

 今の私の状態は能力がない、人間性も最悪との評価で、私のアパートに遊びに来た人はこの3年間で一人以外は誰もいません
 
 去年からは研究時間は他の人は(修士でも)たくさんもらえてますが、私とTAのだけが0でした。今は単純なクイズの添削をAや修士の分もやっています。
 
 この地獄から抜け出したいがために、アメリカの大学の先生にいろいろと連絡をし、やっと一人の先生(かなり有名大学)からvisiting researcherとして認めてもらい、来月から行きます。
 
 しかし1週間に200人分のクイズ添削を断ったために、向こうでの滞在費が110万以上少なくなり、26万円で生活することとなりました。

ユーザーID:1799156710

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数56

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 政治能力も研究能力のうち

    40代前半男性、米国の某所で研究グループを率いています。

    政治能力も研究能力のうちです。研究費をとってこない事には何も出来ません。誰の研究に金が出るかという判断は、誰の研究の方が価値があるかという判断によります。そしてその判断は、研究がまだ始まっていない段階で研究の提案に関してなされるもので、当然の事ながら非常に主観的な物です。主観的な判断に基づいて研究費が誰にわたるかが決まる訳ですから、所謂「ポリティクス」が入ってくるのは当然です。それを上手くこなす能力を含めて研究者の能力です。

    大学院時代は当然の事ながら指導教官の庇護のもとにありますが、その後独立した研究者となったからには、研究費や研究環境を巡って、トピ主さんが描写した様な競争や駆け引きがあるのは当然です。それに対処出来ないのであればこの道を進むのを諦めるしかないのではないでしょうか?

    ところでトピ主さんは、テニュア付きのポジションにありながら自分のグラントは持っていないのですか?

    ユーザーID:1548713125

  • ん?

    〉〜こととなりました

    え、それで?
    何を、お聞きになりたいのでしょうか。

    大変ですね、としか言えなくてすみません。

    ユーザーID:3672021723

  • トピ主 続きです

    いろいろとアパートを探しましたが、その地では低所得者向けアパートしか入れないようです。もうすぐ40だというのに低所得者向けのアパートとは気持ちが暗くなります。

    全部は私が無能だったのが原因です。研究時間0というのは、本当に精神的に辛い経験でした。また業績のある修士や他の博士の授業の採点等TA的業務をこなすたびに自分の無能さを噛みしめる形になりました。

    でも一番辛かったのは、その修士がどこかから先生を呼んで来て、「日本の国立大学(学部)は裏口入学ばかりで、博士もいい加減に与えている」と学内で講演をされたことでした。特に聴衆から「そのようないい加減な大学はそのうち淘汰されるだろう」と言われた瞬間から涙が止まりませんでした。
     
     出身大学の先生は決して無能でなく一生懸命教育してくれました。しかし私がここで全く研究評価されなかったために、先生たちにまで迷惑をかけている。
     
     きっとアメリカへ客員研究員として行っても業績など作れないでしょう。

    ユーザーID:1799156710

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • クイズって試験のことですか?

    学内で完全犯罪とか物騒ですが、虐めでしょうか。

    足を引っ張るひともいるだろうけれど、それを含めて対人関係や集団の中で認められる存在になれると良いですね。

    ユーザーID:6451410724

  • トピ主続きです(2)

     自分の能力不足の言い訳ですが、私は毎学期新しいコースを作らされていましたが、彼女たちはあまり教えなくて、研究に没頭すればいいようになっていました。
     また研究時間の配分を決めるという噂の学内での発表は、私だけチャンスが来ず、私は主に学外で発表してきました。
     また3つも研究のプロポーサルを出したのに、落とされました。
     実は学内で採用されやすいテーマというのがあり、私はそれを先に学外で発表したのですが、私が頼まれてそのプロシーディングをみんなに配布した後その修士が全く同じテーマ学内で発表したために、そのテーマは彼女のものになり彼女はたくさんの研究時間をもらった後表彰されました。
     今や私が無能ということは学内に知れ渡っています。
     もう誰も私の言うことを信じる人はいません。
     私は自分の能力にも将来にも希望が見出せません。 
     これからアメリカに逃げても、スタートが遅すぎるし、日本国外でも国内でも仕事が見つかる気がしません。結婚するにももう遅すぎるのです。 
     私は今後、何を希望にして、どう考えて生きていけばいいのでしょうか。

    ユーザーID:1799156710

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • トピ主さんが何を求めているのかわかりませんが

    研究能力と根回しの能力は別物です。
    どの業界でも、人付き合い、コミュニケーション、ごますりが上手な人のほうが得をします。
    根回しの能力が高いと、必須の能力が多少低くても周りは気にしません。
    しかも、それは基本的に国が変わっても変わりません。
    国柄との相性もありますが…。
    どういう理由で断ったのかわかりませんが、海外の場合は時間が許せるなら、お金の確保は常に頭に入れるようにしたほうがいいですよ。
    とは言っても、普通の人が味わえない体験をしているのは羨ましいです。
    それはいままで、トピ主さんがいろいろ努力してきた結果なんですよね。
    これからいろいろあると思いますが、アメリカで頑張って下さい。

    ユーザーID:0712718836

  • いろいろ

    いろいろ書いていますが、要は、仕事を断ったから、収入が減ったというだけの話ではないですか、当然の結果でしょう

    ユーザーID:2513666661

  • 本当に?

    本当に頭が良いの?と思ってしまう文章ですが、大丈夫ですか〜?


    何が聞きたいのかな?


    文章力をつけましょう(笑)


    読んでいて感じましたが、ちょ〜っと自己評価が高すぎませんか?


    自分に自信を持つのは良い事ですが…。


    素直に周りからの評価を受け止めて努力する事も大切ですよ。


    本当に優秀な方ならいつまでも不遇な扱いを受けるかな?


    分かる人には分かると思うんですが。


    客観的に自分を見れていない気がします。

    ユーザーID:1264174416

  • 辛口ですみません。

    まず「主題」は何ですか?
    何に困っていて、どういうアドバイスを求めているのですか?
    ・お金に困っている事?
    ・友人が居ない事?
    ・将来の展望が見えない事?
    ・日本の大学で受けた(と書いておられる)イジメから立ち直れない事?

    また実際の状況の記述と、ご本人の内面の心情の記述が、
    きちんと分けられないままで、ただダラダラと書いてある印象を受けます。
    更に改行も適切な位置でないため、読みにくくて仕方ありません。

    私も大学に勤務していますが、研究というのは、
    自分だけが納得して、はい終わり、というものではなく、
    優先順位や記述方法などを考え、相手に理解してもらえるように伝えて、
    それがちゃんと理解されて、初めて評価されるものだと思います。

    どうか頑張ってくださいね。

    ユーザーID:1934710300

  • 辛めです

    トピ主様がご自分の研究能力を疑ったことがない、努力家のほうという表現をされていることに非常に驚きました。謙虚さが足りないと思います。それが、言葉で言わなくても周囲の反感を買うことは容易に想像できます。とくに、博士取得後4年でテニュア取得という立場ならです。

    次に、つらい経験についてです。研究者にとり辛いことは研究費がないことと、論文が通らないことだけです。この点はいかがですか?もし、ここに問題がないならば、他の事は我慢して、適当なときに他に移りましょう。
    もし、研究費が不足し、執筆した論文が一流誌に通らないならば、それがトピ主様の限界です。適材適所なところに転職しましょう。

    私からのアドバイスとして、今まで研究を甘く見ていたと感じます。研究とは何かをもう一度考えなおされては如何でしょうか?

    ユーザーID:7505499531

  • 29で院卒? その時点で気づかなかったの?

    私も都内国立大学の修士卒なのですが、普通、修士の時点で、「あの人は研究の最先端に立つ人。この人は地方のマイナー大学ならポストが得られるかもしれない人、この人はせいぜいオーバードクターかな」というのは、研究発表を見てれば分かっちゃいますよね?

    実際、国費で留学してパーマネント・ポストを得るのは、修士時代に誰もが認めた人ばかりですよね。トピ主はアメリカにも留学されていたそうですが、その時、本当に能力がある人ってどんな人なのか、分かりませんでしたか?

    学生時代にその見極めがつかなかったこと自体が、能力の無さを物語っています。私は自分が研究者としては第一線に立てる人間ではないと分かったので、修士を終えた後、民間企業に就職しました。

    私と似たり寄ったりのレベルから研究者として出世した人は一人もいません。今、教授、准教授になっているのは、修士の時点で頭角を現した人ばかりです。

    研究者として、と考えるから仕事がないのであって、帰国して事務や接客業等への就職を考えれば、未来がないなんてことはないのでは? 普通に働きましょうよ。自己評価が高すぎることに気づきましょう。

    ユーザーID:1761745985

  • トピ主です(3)

     そうなんです。文章力からも明らかなように、どちらかというと私は頭が良くないんです。
     
     間違ってこういう学問の世界、大学の世界に来てしまいましたが、もう40にして後に引き返せないのです。
     
     他の分野といってもできることはない。クリーニングや工場といったところでしょうか。
     
     だからこそどうしたらいいのか、また見切りをつけてすべて捨てて、別の世界で出発するということもできるかどうか悩んでいるのです。

    ユーザーID:1799156710

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • グラントについて

     ここは米国ではないので、グラントについてはあまりとやかく言われません。要求されたことはないです。まず第一に某国の言葉が分からないので、その国内のグラント情報というのが全く手に入らないのです。どんなグラントがあるのか全くわかりません。そのため学内に友達を山ほど持っている同僚はどんどん情報が入り、あとほとんど教える時間もないので、グラントに応募して取ってきたようです。
     日本のグラントに応募しようにも「日本国内」という条件があるので、応募できてません。でもこれから夏休みに入るので応募したほうが今後もいいのではないかと思っています。
     テニュアだからグラントがあるというわけではありません。また研究時間もテニュアを取っても取らなくてもここに7年くらいいて、日本で1年でコースワークを終えた修士がほとんど取っていきます。

     まぁこういうのを能力主義、実力主義、成果主義というんでしょうね。
     
     やはり私はこういう足の引っ張りあいによってショックを週に1回は受けてしまうという環境はなじめません。地獄としか言いようがありません。

     

    ユーザーID:1799156710

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • なんというか

    言い方は悪いですが、トピ主さんはただの研究バカタイプのようですね。研究だけしておけば優秀だけど、それ以外の能力が低いだけだと思います。

    学生の時代は単に研究だけしておけばいいでしょうが、研究員として雇われたら他の研究員との競争はあるし、学内で派閥などもあるので政治力というのが重要になってきます。
    そういう職場は結果主義ですから、足を引っ張られたとかは言い訳でしかないです。仲間に引き入れるなり味方を作って対抗するなりの処置をするのは当然のことと思います。
    また、結果を出せてないなら次第にチャンスもすくなることも当たり前のことです。

    トピ主さんって研究だけできたら良いとか思っていませんか?研究をするために根回しや事前交渉などを怠っていたのは自業自得な部分があります。
    個人の力だけが研究者ではありません。組織としての研究者の立場をキープするということにも目を向けましょう。

    総じてトピ主さんは年齢の割には世間知らずで精神的に子供じみています。
    ここからリセットするのですから今度は上手くやるしかないでしょうね。

    ユーザーID:4000725463

  • move on

    トピ主さんに対する偏った見方が3年間もはびこっていたのなら、職場を変えて別の地で頑張ってみるといいんじゃないですか。

    博士取ってからテニュアまでの期間が短いようですが、ポスドクはやりましたか?ポスドクなんて・・って思うかも知れないけど、全然違う国の大学に行って心機一転やり直すのもいいと思いますよ。相性が合わない職場に当たってしまうことだってあります。今の大学の辛い体験から学び、次の研究機関ではポリティックスとネットワーキングも頑張ってみましょう。苦手でも演じるのです。第一印象とハッタリが大切です。それと、研究者なんだから研究時間ゼロじゃダメです。それじゃバカにされます。

    研究者のいいところ(の一つ)って、別の全然違う土地に行くことも可能だということだと思います。

    ユーザーID:9410543071

  • トピ主です

    全部です。全部総合して「将来が辛い」ということです。
     この学内の修士が先に発表した云々は日本の大学時代のいじめではないです。
     今勤務している大学のことです。今勤務している大学内での闘争(私からしたらいじめですが、客観的に見たら私が能力不足なだけ)のことです。

    >まず「主題」は何ですか?
    何に困っていて、どういうアドバイスを求めているのですか?
    ・お金に困っている事?
    ・友人が居ない事?
    ・将来の展望が見えない事?
    ・日本の大学で受けた(と書いておられる)イジメから立ち直れない事?

     あと研究時間の配分0を受けたあと、周囲からこの決定は適所適材だと言われるのですが
     やはり適所適材とはTA的業務を続けるということでしょうか。(つまらない添削を週に200人分するなど)
     
     それとも大学や学問の世界から足を洗って、肉体労働などに転職するということでしょうか。

    ユーザーID:1799156710

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 研究者ではありませんが

    研究者ではないのでわかりませんが、研究者をやっている知人を見ている限り政治能力も必要に思います。
    ノーベル賞でも受賞されればあまり関係無いかもしれませんが、そうでないのなら研究者とてそういう能力が必要です。

    結婚については、無理なんてことは無いと思いますよ。
    アラフォー女性の5人に一人は独身の時代ですし(当然、アラフォーの独身男性も多い)、
    出会いを求めて努力されれば見つかると思いますよ。

    ユーザーID:5720709528

  • 本当に能力があれば

     他の方もおっしゃっていますが、トピ文を読む限り、頭のよろしい方の文章とは思えません。内容もとっ散らかっているし、システムがわかっている人にはわかるけれど、一般の人には、クイズの採点なんて、何のこっちゃ?でしょう。
     私の知り合いに、以前の職場で悪待遇を受けていて、50間際に任期付きのポスドクとして、言葉の通じない国に来て、一年で実績をあげ、そのままテニュアになった方もいらっしゃいます。本当に能力があれば、周りの人が皆いじわる〜なんて言っていないで、黙って他に行くなり、研究して行くのではないですか?
     日本の大学院システムを中傷されて、泣いているだけ?なんで、堂々とそこで反論しないの?日本のノーベル賞科学者の方々、皆日本の大学で博士号とっていますけど?そんなんだから、舐められるんです。
     トピ文を読む限り、先生達から〜と言われて、今は周りの人に〜と思われて、でご自分はご自分の事をどうお思いですか?
     それに、結婚もできない、とありますが、結婚したら、状況は変わって、ばりばり研究ができるとでも?
     どん底から、そこからもう一度やり直したらいかがでしょう。もう、下は無いんだし。

    ユーザーID:7151861021

  • まずは休め!そして少し元気になったらまたがんばれ!!

    どん底さん、よくがんばってますね。

    でも、周りからがんばりを認められない状態が3年も続いたせいで、今のどん底さんはご自分のがんばりを認められないどころか、能力さえ疑ってしまっているようですね。

    自分の能力を信じられないって、研究者の方にとってはいちばん辛い状態でしょうね。

    今のどん底さんに一番必要なのは体と心の休養ではないでしょうか。
    まずは病院に行って薬をもらってでも、ぐっすり寝ること。
    そして少し回復したら、誰かに話を聞いてもらうこと。(発言小町でも可)
    とにかく思いつくまま話して、少しずつ整理していけばいいんです。
    どん底さんは自分で自分の道を切り開いてきた人なんですから、少し休んだら、きっとまたご自分の道を見つけて歩いて行けますよ。

    今のところ「政治能力も能力のうち」「何が言いたいのかわからない」的なレスが多いようですが、どん底さんだって元気な時はいろいろ対人面の努力をしたり、ばりばり論理的に話したりされてきたんですよね、きっと。
    私からすれば、今のどん底さんにきつい返しをする人たちの方が、『人間を分かってない人たちだなあ(苦笑)』と思います。

    ユーザーID:0904955444

  • それは悲しくて悔しいですね。

    大変理不尽な経験をされたようで。かわいそうでしたね。自分の能力を発揮できない、Identityをひねり潰された気分、その上周りの人間が人間性まで疑うような。よく状況はわからないけど。そんな場所は離れて正解でしょう。本当に潰される前に。

    私からの質問はそもそもどうして研究者になろうと思われたのですか?主様が私の友人なら初心に戻ることをお勧めします。年収が下がるのは悲しいし認められてない様で悔しい惨めと思ってらっしゃるのもわかるけど、その程度の貧乏生活、学生時代散々味わって慣れてらっしゃるのでは?私も院生の頃貧乏、不眠、頭が良くないと自己嫌悪。卒業してもビザがすぐおりず、ベビーシッターで9ヶ月生活してた時の惨めさは。本当に悲しかった。でもあの経験で図太くなりました。私は臨床にいきましたが、研究者にもあこがれてました。今でも日夜地道にこつこつとデータを取り、世の為の研究にいそしんでる方たちをとても尊敬してます。かっこよすぎます。まずは初心に戻って純粋に研究者の自己を再確立することをお目指しになったら?結婚はご縁です。主様が又きらきらしてきたら、チャンスもあるでしょう。頑張って!

    ユーザーID:7516446940

  • 帰っておいでよ

    自分の得意方面の研究ができる保証はないけど、どこかの企業で研究員として雇ってもらえるんじゃないかしら。

    井の中の蛙でもいいじゃない?井戸の中を覗いた人をアッと言わせるように頑張ればいいんですよ。

    企業に就職した人は、教授じゃないから才能が無い?いえいえ。違いますよね。

    企業がさまざまな新しい研究・発見・開発をして商品化するからこそ、世界中が発展して人々が快適に暮らせているのでは?

    普段の生活の中に当たり前にあるアレやソレは、誰かが研究・開発して企業がカタチにしたものですよね。

    技術力トップクラスと言われる日本の企業で、些細なものだとしても人の役に立つ具体的な研究をする事は素晴らしいと思います。

    裏口だ何だと嘘八百並べた同僚にいつか「これは私が研究開発したものです」って堂々と実力を見せつけてやればいい。

    とにかく、自分や自分の誇り・自信を取り戻すのが先決です。まだぎりぎり30代、日本なら受入先も多々あるのでは?

    落ち込まず頑張って!

    ユーザーID:5456133201

  • キャリアを誤解していました

    キャリアを誤解していました。29院は、2年留年後博士単位取得退学で、35で論文博士を取得、30から36は海外大学のテニュアトラック、36でテニュア取得でしょうか?

    分野は理系と仮定します。テニュア取得ならば、テニュアなので当面の職は安泰で、Associate Professorに上がる時が次の関門でしょう。ならば、何があっても我慢して教育・研究を続けるしかないでしょう。教育の負担は確かに想像を絶するほど重いですが、今のポジションはそういうポジションです。一年に新しい講義を何個もたちあげることは私も経験しています。

    今は精神的不調なので、少しやすみ、再起されてはいかがでしょうか?

    多くの研究者にとり、今のトピ主様くらい救いがない状況がむしろ普通です。来年のお金の事は常に頭にあり、不安になります。頑張ってください。

    ユーザーID:7505499531

  • まずは

    トピ文を500文字で簡潔に且つ過不足なく、主旨を相手に伝わる文章で書く事からはじめてみては如何でしょう?
    研究結果をレポートするのも発表するのも、また社会生活のコミュニケーションにおいても、そこが肝心で必要な事なのではないでしょうか。
    察するに、評価の悪かった原因がイジメだけのせいではない気がします。

    ユーザーID:3087283506

  • 2回目です。

    私は「先生」と呼ばれる専門職をやってますが、専門職って世界が狭いです。

    例えばスーパーのレジ打ちのバイトならミスをしてしまっても他のスーパーでまたバイトをする事は恐らく可能ですよね。
    専門職はそうは行きません。

    「無能者」と周りに認識されてしまったら同じ世界でやって行くのは非常に難しい…。

    その分高いお給料を頂いてますが、だからこそ日々の自己研鑽、業務以外の周りとのコミュニケーションの取り方やサポートして下さる方への思いやりに気を配らないといけません。

    トピ主さん、今一度自分の人との関わり方を見直して同じ業界でやっていけませんか?

    能力に関しては努力するしかありません。

    そして周りから足を引っ張られるあなたには能力以外にも問題がある気がしてなりません。


    文章力が低い=読んでくれる相手の事を思いやれない…に感じますし。


    あなたには今の業界で失う物はもう何もないのでは?


    心を入れ替えやり直してみてそれでダメなら逃げるのも良いのでは…。

    ユーザーID:1264174416

  • 何が書いてあるのかさっぱりわからない

    意味不明のカタカナと日本語の混合。意味がさっぱりわかりません。
    こんなので他人に文字を通じて伝達、なんて出来ないですよ。
    アメリカアメリカ、って言ってるけど実は英語も大して出来ないのでは?
    まずはきちんとした正しい言葉(英語であろうが日本語であろうが何語であろうが)を使ってコミュニケーションを取ることをしないと。
    ここでの相談文章では、勘違いしたカタカナ西洋語を意味不明のジョークのように使って人を笑わせているコメディアンの状態ですよ。

    ユーザーID:2924774338

  • 落ち着きましょう

    トピ主さんの話を総合するに「仕事内容を選ばなければ大学や学問の世界で仕事を続けられる」ということですかね?
    いわゆる定年までその仕事で生活出来るのなら続けられればいいかと思います。

    接客や肉体労働だからと言って必ず採用されるとは限りません。
    仕事は縁なので実際探してみたら意外な求人に出会ったりもします。
    いきなり正社員は厳しいと思うので、アルバイト、パート等も含め広く探しましょう。
    正社員登用制度のある会社も多々ありますから。
    あと、英語がお出来になるのでしたら、求職範囲も広まると思います。

    いずれにせよまずは落ち着いてください。

    ユーザーID:5720709528

  • 肩書が人をつくることもあります。

    夜は一人でさんざん泣いたとしても、職場では
    「上司は私だ」を通せば良かったのです。

    多少遠回りでもキャプテンが押し通せば船は港に着きます。
    どんな良い方法があれど責任者が仕事を決めるんです。

    経歴があるのでそのまま研究職を進みましょう。
    たとえどんなひどい内容でも、言い方ひとつで良い経歴になります。

    昔の先輩、恩師を訪ね、相談するのはどうでしょうか?

    ユーザーID:8577069593

  • 優秀です!

    こんにちは。たぶん分野は違いますが、女性教授です。
    海外でテニュア、なんて優秀なんでしょう!
    研究者事情がわからない方からは、辛辣な意見が出ているようですが…
    何年もアルバイト生活で研究して、
    博士学位を得ても研究職につくのに数十倍の競争率。
    学部卒で就職した方がよっぽど収入に恵まれます。

    就職先でのいじめは辛すぎます。
    国を問わず、やさしくしてくれる所を探してみては?
    万能でなくていいんです、どこか一箇所、居場所が見つかればいいんです。

    私は院生時代、いじめほどではないですが、同期のなかでみそっかすでした。
    論文もグラントも認められません、意味がない研究だと。
    でも、時代が自分に追いつけば、今度は自分が第一人者です。
    研究なんてそんなものでは?もう評価は気にせずマイペースでやってます。

    採点は金になると気楽にやれたらいいですね。
    私は実際に予備校採点で食いつないだ時期があるので、苦ではありません。
    いまだに学生レポート数百枚、毎週みてますよ。
    研究時間はあまりないですけど(笑)
    うまく手を抜いて!優秀なんだからここで潰れないで。

    ユーザーID:9358010974

  • 環境変えた方がいいです

    同業者でした。
    理不尽な目にあい、心底お辛い状況だと思います。才能があると言われていたこと、決して主さんが自己評価過大とは思いません。優秀な方でも研究室や運に恵まれず去っていた方を多数知っています。才能や人間性、政治力があってもこの世界で生き残れるとは限りません。
    アメリカに行くなり日本に戻るなり環境を変えられてはいかがでしょうか。ついつい「辞めたら仕事がない、この年で肉体労働しかない」など思いがちですが、現在の環境を捨ててみると意外になんとかなるものです。私は辛いことがあり研究を辞めました。辛い環境から離れた今、なぜあんな環境にしがみついていたのだろうと思います。努力しても報われないことも多いですし、しても役に立たない苦労があります。
    主さん、どうか卑屈にならないでください。これまでの努力にとらわれそれに見合う成果をとろうとするのでなく、これからの人生のことを考えて下さい。環境変えるときっと元気になりますよ。

    ユーザーID:5019539989

  • 心機一転、アメリカで頑張ってみては?

    確かに多少読みにくい文章ですが、皆さん「英語も大して出来ないのでは」とか「29歳で大学院?!」など、言い過ぎではありませんか?academiaで生きていくのは大変です。欧米では30、40過ぎてから大学院に通うなんて事は普通です。

    私は東京生まれ・育ちの日本人ですが、高校で渡米し、大学卒業後は旅行して(これも向こうでは普通です)少し働き、去年27歳で修士をとりました。数年働いて、30代半ばくらいで博士課程に進学するつもりです。

    トピ主さんのvisiting fellowshipの期間が分かりませんが、もし一年あるなら、思いきって向こうに残るつもりで、ネットワークしたらどうですか?PhDを持っていれば、向こうの企業、研究機関やcommunity collegeのteaching positionなどがあります。どうしてもその大学に残りたければ、最悪日本語を教えたって良いじゃないですか。日系企業は息苦しいですが、恐らく(失礼ですが)その年齢で初めて東京で企業就職するよりはマシです。応援しています!

    ユーザーID:9050643407

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧