現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

陣痛・・・その時あなたの夫は?

離婚したい
2013年5月20日 21:33
古いレス順
レス数:150本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
更に横ですが…
花子
2013年6月1日 6:30

以前、男性が出産と同じ痛みを味わう実験がオランダでされたそうです。(男性 出産 痛み等で検索してみて下さい)
テスト時間は2時間程度だったということですが、その間、とにかく凄かったそうですよ。
実際のお産は10時間、20時間と続きます。
2時間でギブアップする男性が耐えられるとはとても思えませんね…
たま様が仰ることも決して大げさではないと思います

私は正直夫はいなくていいです。
私の病院は陣痛、出産を通し成人1人しか付き添いができなかったので、
夫がいたおかげで実母が入ってこれず、いくら「母と変わって欲しい」とお願いしても
「嫌だ」と言い張って、結局オロオロして何もしてくれませんでした。
夫という責任感からだと思いますが、何もしないならいなくていいです。
ここは愛情云々の問題じゃないんです。

最悪、自分が役に立たないとわかった時点で出て行ってほしいです。
立ち会いたいなら、決して他人ごとのような言動、行動をしないこと。
苦しんでいる奥さんに労りを持ってあげて下さい。
「何をすればいいのかわからない」は理由にならないんじゃ、と思います。
看護師さんに聞くなりできるでしょ?

ユーザーID:5096209319
二度目になります携帯からの書き込み
たま
2013年6月1日 6:47

はい、仰る通り、 >男性は出産の痛みには耐えられないという事実 についてはあくまで「言われている」範囲です。 が、一度私はのような大事故に逢いましたが、 出産はそれと同等か上回る痛みでした。そ
れが丸1日続くのですよ。 なのでこれが我慢出来るなら出産も我慢出来ると申し上げました 。

そして私が出産する時に元夫へ思ったのは 「今後の人生いなくていい」でした。 実際離婚した今も全く困っていません。 多分、出産前の日常も大きく左右するでしょうけどね。 勿論他のレス通り、気の付く夫君もおられますが。

実際、痛みと奥様がどうされたかを体験してから 「離婚するレベルじゃない」と仰ればよいと思います。
何をどうしても実体験できないのですから、 自己体験を元に手っ取り早い経験方法を明記いたしました。
それから大げさなり、「どうしてほしいか」とお尋ねになったら 如何でしょうか?

「出産に匹敵する痛みは幾らでもある」と仰る辺り、 相当出産を舐めてるんだなぁとつくづく思います。

ユーザーID:5430773932
トピ主さんは何を望んでいたの?携帯からの書き込み
茶々
2013年6月1日 18:03

トピ主さんは出産の場面で夫に何をして欲しかったんですか?陣痛で苦しむ中、飲みに行ったとか罵声を浴びせたとかではないですよね。ただ気の効いたことができなかっただけですよね。生まれた後には口では言えなかったけれど、メールでお礼を言ってくれた。生まれた子は可愛がっている…そんなにダメな夫&パパに見えないです。
あなたは立派な妻ですか?あなたが夫に望むようにあなたは夫に寄り添えていますか。夫の頼りなさと紙一重の優しさに助けられていることはないですか。

私は2人産みましたが、助産師さんと医師さえいてくれれば、他は誰も要らなかったです。生まれた子は夫にすぐ見せてあげたいと思いましたが。マンガを見て待っていようがお酒を飲んで待っていようが構わなかったです。私は妊娠が辛かったので、妊娠を終われる嬉しさと子に会える喜ひで、大変だったのでしょうが覚えていません。

たまさんの言うことはよくわかりません。私からすれば、出産は苦痛の範疇にはないです。私はモルヒネを使うような目に会いましたが、あれは辛かったですね。いつ終わるの?というのがないですから。でも、夫にしてほしいことは何もなかったです。

ユーザーID:0120250654
痛みの序列ではなく限界値への漸近度合で比較すべき
カリスマ離乳児
2013年6月1日 21:19

男性は出産時の痛みに耐えられない、という科学的根拠は特にありません。
女性の体験を収集しても「麻酔の効きが悪い歯の治療の方が痛かった」とか「交通事故で怪我した時より痛かった」とか痛みの順序すら千差万別です。

そもそも、そういう痛みの序列自体が本筋と無関係です。
例えば女性にはわからない男性特有の痛みもありますが、その部分が潰れた時にショック死するケースが結構あります。
その場合、その痛みがまさしくその人にとっての「死に至る痛み」なのであって、それが女性にとってのどの痛みと同等かは関係無く、「死ななかった」出産時より重篤ですよね。
だって後者と違って前者は命に関わるのだから。

そこを無視して、「痛みのレベル」だけを取り出して「きっとその程度の痛みは女性には訳ない筈、なぜならば」等と議論しても意味は無いんです。
寧ろ、もし男性の方が痛みの耐性が低いのであれば男性により配慮しましょうって言う話の方が筋が通ります。

だいたい、夫が過労や仕事上の問題で鬱になったりする家庭で全然気づかない妻がざらにいるのに、何で配偶者への配慮が出来て当然みたいな事を女性はドヤ顔で言えるんでしょうね。

ユーザーID:6265179629
う〜ん携帯からの書き込み
ぱぴこ
2013年6月2日 4:46

お産は確かに辛いけど、怪我や病気と比べるのはちょっと違うと思うなあ。

女の私だって陣痛にはギブアップですよ。
でも止められないから耐えるしかないってだけで。

いつかは終わる、と分かっているのと、赤ちゃんに会えるという楽しみがあるから頑張れるんじゃないですかね。

私は夫は立ち合いませんでしたが、ジュースなんか飲ませてもらったりはしてみたかったですね。
食べられはしないけど喉は渇きました。

ぼんやりしてるようでも、目の前で苦しむ人に対してなすすべもなく長時間つきっきりというのはしんどいと思いますよ。
テレビで自宅出産とか見てると、付き添うご主人に同情してしまいます。
あそこまでしなきゃいけないのかって思いますよ。

なので、これで離婚は私にはあり得ませんね。
しっかり仕事して妻子を食わせ、子供も可愛がっているんですから良しでしょう。

ユーザーID:9658828155
全く使い物にならなかった
たこ焼き
2013年6月2日 13:07

一人目の時も二人目の時も、全く、想像以上に使い物になりませんでしたね。
背中さすってと頼んでも、こちらが希望するようにさすってくれない。みかねた義妹が(産休中の助産師で、ヘルプに来てくれてた)一晩中さすってくれました。妹がさすってるからと思ったのか、主人はこともあろうに陣痛室にあった長椅子でいびき立てて寝始めました。

でもだからといって愛情は消えませんでしたよ。出産って完全に女の世界ですからね。男は男の仕事(我が家の場合は主人が大黒柱です)をしてくれたら、それで十分です。

ユーザーID:2578018155
元々嫌いだったから
ねこぬ
2013年6月2日 22:11

何やっても嫌なんですよ。
来なくていいよと言って本当に来なかったら絶対怒りそうだよね。


因みに私は1人目の時は、夫は結核で入院していました。
なので、面会もできないし昔だから携帯電話も無い時代だったので本当に不安でした。

2人目の時は夫の車で一緒に病院に行き、私が分娩室に入ってから夫が缶コーヒーと雑誌を買いに行ってる間に生まれました。
何もしてくれなくても、缶コーヒーを飲みつつ雑誌を読みながら待つ気満々だったとしても、分娩室の外だとしても、
近くに居てくれただけで本当に心強かったです。

ユーザーID:9891957674
結構そうみたいですよ、どこも
ちゃり
2013年6月3日 8:37

私は子供産んでませんが、会社の先輩が出産経験者が多く、
男女よく話を聞きます。

女性陣は大抵、人が死ぬ思いで大変だっていうのに、ぼさーっと呑気に横で突っ立ってるだけだった。イラついたと言っていました笑

男性陣も確かに妻にイラつかれたと笑ってました。なんにもしてあげることがなくて-・・・と。

そんなものみたいです。
今では笑い話なようですー。

ユーザーID:2466506458
で、結局夫は、どのようにすればよいのですか?
Flamsbana
2013年6月4日 8:53

元々の質問に対して、結局、明確な答えはいただけないようです。
花子様、たま様、せっかくですので、「ご自分の出産に際しては、このようにして欲しかった」という点を、具体的に提示して頂けると有難いです。

花子様には、
・夫には出来なくて、母親には出来ること、というのは、どのようなことなのでしょうか。女性に限る、という話なのでしたら、付き添いは姑でもよいのかどうか、お尋ねしたいところです。

たま様には、
・出産時、どのような配慮があれば、離婚に至らなかったのか、ということを、是非お聞きしたいです。

なお、花子様の、「自分が役に立たないとわかった時点で出て行ってほしいです」という御意見は、しかと理解いたしました。
自分の経験からは、出産時に夫が立ち会っていても、大して役に立つことはないので、夫の立会いそのものが無駄で意味のないもの、と解釈するしかありません。

出産に立ち会うべき、という風潮を作り出したのも女性側のはずなので、まったく理不尽な話ですが、また昔の風習に戻すのがよい、というなのでしょうね。

ユーザーID:3637069846
今日、長女二十歳の誕生日
50代、夫
2013年9月2日 23:24

長女二十歳の誕生日記念に、当時を思い出しながら。

「出産代わって」以外はなんでも言うこと聞くから指示してくれと、出産前に話し合っていました。

テンプレひと通り全部やりました。
テンプレ以外の恥ずかしい事が1つだけ。
陣痛時、肛門を押してくれと言われました。痛みが和ぐとの事。

「妊婦肛門を親指で押す夫」の図。

分娩室に入るまで、誰が居ようがずっと繰り返しましたよ。
後で知りました。 一般的な方法では無いとの事。
恥ずかしかったなあ、今では私の中だけの笑い話。

長女誕生の瞬間もはっきり瞼に貼り付いています。
2子、3子の時も同じです。 もう恥ずかしくはなかったけど。

恋愛時代から今まで、話し合う事、理解しあう事で今日に至ります。

私 「第4子...?」
妻 「却下!!、あなたが産んで!」

5人家族。私は幸せを噛締めています。

ユーザーID:1122512547
 
現在位置は
です