娘の部活について悩んでいます

レス564
(トピ主3
お気に入り891

趣味・教育・教養

えり

レス

レス数564

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • とぴ主です


    続きです。
    といわれてしまいました。

    皆さんが娘の立場を心配して下さっていたのですがわたしもそれが心配なんです。
    だから、そうならないように先生に指導してほしいのです。
    この話も、うちの娘にもほかの人にも知れないように進めてほしいとお願いしました。
    でも、先生は本人の気持ちを確認しないと・・・。と堂々巡りになってしまいました。
    1時間ほど話したのですが、終始穏やかに話しましたし、先生も優しい口調で話してくれましたので、モンペとは思われなかったと思います。
    主人は「いっそのこと1年生全員をもう一度白紙に戻して楽器決めをしたら」と提案したのですが、先生は「もちろん冗談ですよね」と笑っていました。
    言いたいことはすべて言えたので少しすっきりしました。
    でも、皆さんのレスを読んで、私たちが間違っていたのかと不安になってしまいました。先生にも変に思われてしまったのでしょうか。

    ユーザーID:2050391912

  • トピ主です

    たくさんのレスに驚きました。ありがとうございます。
    これほど、すべての方に非難されたりいさめられたりするとは思っていませんでした。
    正直に書くとさらに批判されると思うのですが、実は月曜日が親の会の総会で、総会の後で顧問の先生と少し話をしてきました。
    皆様のアドバイスをもとに、モンペと思われないように、穏やかに話したつもりです。
    楽器を決めた経緯は、皆様が書いてくださったのとほぼ同じでした。
    いろいろな楽器を体験して、体格や口の形を考慮して決めたとのことでした。マウスピースでうちの娘だけがその楽器の音が出たので、決定したとのことです。(娘から聞いていたのと同じでした。)
    「これから変更することは無理ですよね。」と聞いたところ、「今はコンクールに向けて練習が進んでいるので、変えることはできませんが、どうしてもということだったら、3年生が引退した時に、変更希望があるか聞きましょう。」
    と言っていました。
    でも、娘が自分からは言いにくいかもしれないので、先生のほうから変えてもらえないかと聞いたのですが、本人の意思を確認しないでことを進めるわけにはいかないでしょう。

    ユーザーID:2050391912

  • 非常にまずい決断ですね。

     娘さんは悲しかった。でも一晩泣いたらすっきりして、与えられた楽器で頑張ろうと決心されたと思います。

     それなのに、トピ主さん夫婦は納得いかないと学校に抗議に行くと。これは子供を思っているようで、実はせっかくのお子さんの決意を踏みにじる行為というのにお気付きですか?

     だれもが好きな楽器になるわけない。それがわかっているが、かなわなかった。それでは与えられた楽器で頑張ろう。ここでお子さんはひとつ成長されたと思います。

     今の段階では、もはやお子さんの気持ちではなく、トピ主さんが納得いかないと自分自身の問題になってます。

     ところで、もしトピ主さんが学校に抗議にいったことが知れ渡ったら、お子さんがどんな思いするか考えませんか?もしまともな子なら、非常に悲しむと思います。

      大事なのは、じっと見守り、もしお子さんがくじけそうになったときに、「ひとりひとりの努力がひとつの音楽になるって素敵なことだね。頑張ろう」と励ましてやればいいと思います。

    ユーザーID:9125392845

  • 私も希望の楽器になれませんでした。

     もう20年以上前ですが、中学校の吹奏楽部で希望する楽器になれませんでした。
     フルートやクラリネットを希望していたのですが、何故かユーフォニアムに。
     親には入部時に「フルートやる!」と息巻いていた為、母親は「え?なんで?フルート買うつもりで楽器店にも行ったのに。」と延々と言われました。
     特定の楽器に人気が偏る為、新入部員の半数が希望した楽器になれません。
     ですが結果、その楽器が楽しくて、中低音に魅せられ、高校では自らチューバを希望しました。楽しかったですよ。
     入部したのはフルート部ではなく吹奏楽部ですからね。

     集団で何かをやるのに、やりたい事だけやるなんてありえません。ましてや習い事ではなく部活。
     希望の楽器になぜなれなかったのかと問うのは、演劇で言えば「なぜうちの子は希望していた役になれなかったのか」と言うのと同じですよ。
     娘さんがどうしても特定の楽器でないと嫌だというなら、個人レッスンでその楽器を習うのが筋です。
     部活を辞めず、今の楽器で頑張ると決めた娘の気持ちを親が捻じ曲げるのはどうでしょうか。
     どうかこのまま応援してあげてください。

    ユーザーID:2123048017

  • 見てますか

    再レスします。中学の吹奏楽って親が裏方のお手伝いする機会が多く父母の方と接する事も多々あります。まして総会でそんなことを言ったら、コンクール、定演等々娘さんに来ないでて言われますよ。恥ずかしい事だとご夫婦で理解して下さいね。

    ユーザーID:5076724512

  • 娘さんと同じでした。

    私は現在、二児の母ですが、中学生の頃吹奏楽部でした。そして、娘さんと同じように、希望の楽器の担当になれませんでした。
    楽器が決定した時は、やはりがっかりもしましたが、後に、先生はちゃんと適性を見て判断して下さったのだな、と思いました。
    私は小柄なのに、大きな楽器を希望してました。もし希望の楽器になっていたら長時間な演奏会などでは辛かったと思いますし、楽器の運搬も重くて一苦労だったと思います。
    また、同時期に同じ楽器を習いはじめた仲間達とは、悩みを共有でき、励まし合って頑張る事ができました。指導してくれた先輩の為にも上手になりたいと思えました。
    娘さんも、すでに部活内で新しい仲間ができ、特定の楽器に執着する気持ちも薄れたのではないですか?新たに担当を変わって、また一からとなると、部活内でお荷物になり兼ねない、と分かっているんじゃないですか?
    娘さんとよく話し合われた方がよいと思います。

    ユーザーID:0113753290

  • レスします

    トピ主夫婦は部活や団体で何かをやる活動を行った事がないのでしょうか。

    そんなこと、この社会の基本でしょ。

    仮に全員がサックス希望だったら、全員でサックス吹いてればいいじゃんて思ってる?
    それじゃ成り立たないことすらわからない?
    競争に負けたんだからしょうがない。

    娘さんは現実を受け止めて前に進んでるじゃないですか。
    あなた方両親がその背中を後ろからひっぱってどうするの?

    そんなことしたら娘に一生嫌われるから覚悟しときな。

    ユーザーID:5856118967

  • 私は一言これだけ

    親が子供の足を引っ張るんじゃない!

    以上。

    ユーザーID:5022278518

  • 娘さんだけではない

    自分の希望通りになれなかったのは娘さん以外にもいると
    思いますよ。

    私も中学生の頃吹奏楽部に入り、希望した楽器は
    希望者が多く、セレクションをして落とされました。
    全く希望していなかった楽器になりましたが
    高校になっても続けました。
    どの楽器もそうですよ。
    希望した楽器に全員ならせていては
    吹奏楽としてのバランスが取れませんからね(笑)

    なれなくて残念な気持ちはわかりますが
    それだけで一晩泣き明かしたんですか?
    悪いですが、ちょとと甘いですね。娘さん。
    この先の人生の荒波をどうやって渡っていくのでしょう。
    もしかして今までもそうやってお母さんが助けてきてあげました?

    今、やる気になっているのですから
    本人に任せてはいかがですか。
    それが娘さんのためだと思います。

    ユーザーID:2631480880

  • あーあ

    トピ主夫婦が納得出来る出来ないなんて関係ないですけど…??

    親がしゃしゃり出てくるなんて、それで楽器が変わっても変わらなくても恥をかくのは娘さんですけど、いいんですか?
    真実がバレなくても、途中から楽器が変わったりしたら「え?なんで?」と噂になるだろうし、もう練習が始まっているなら出遅れちゃって迷惑だろうし。
    先生にはもう「この子は親が面倒だから要注意」という見方をされてる事でしょう。
    本当に娘さんがかわいそう。
    何より今は楽しいという娘さんの気持ちが本当ならどうしますか??
    母親だから絶対に娘の気持ちが分かる、とでも言うのでしょうか??

    「希望しない楽器でも練習するうちにきっと好きになりますから」は親が言うべき言葉だと思いますけどね…
    でもトピ主みたいに他人に何を言われたも「母親なら当然」となんだかんだで自分を正当化する人は、きっと夫婦揃って学校へ赴いてしまうのだろうと思います。
    事がバレて娘さんに失望されないように気をつけて下さい。

    ユーザーID:4041224564

  • お子さんの力を信じてあげてください

    学校、友人、部活…楽しい事、嫌な事、いろんな経験をして、泣いたり、落ち込んだりしても、それがお子さんの力になるのです。
    お子さん自身が悩み、乗り越えようとしているのを応援してください。
    手を出したくなっても、ぐっと我慢してください。
    きっと、お子さんが成長します。
    泣いた経験があるからこそ、つかめるものがあります。
    他の人が辛い経験をしたとき、わかってあげられる人間になります。
    自分で考えて乗り越える事こそが今のお子様に必要な事です。
    トピ主様は、「今はどんな気持ち?本当につらい気持ちの時、私に相談してね。力になるよ。」とだけ声をかけておいてあげてください。
    お子さんに断りなく先生に詰問したりしないでくださいね。
    「せっかく、自分で乗り越えたのに…」と、お子さんはいやな気持ちになると思いますよ。

    ユーザーID:9952871228

  • 部活は授業の一環です

    中学の部活は必ず参加する強制ですよね?
    学校教育の一環だからです。
    貴女は教育方針に口を出すのですか?

    親は黙って子供の成長を見守り、時には理不尽だと思うことも受け入れる必要があることを教えるのが役目です。
    娘さんは理不尽さに自分なりの解決を導き出しています。
    それなのにトピ主さんは学校に押しかけようとまでしてる。
    どちらが子供か判りませんね。

    子供の成長を潰す親にはならないで下さい。

    ユーザーID:6067423827

  • まずは娘さんと相談

    ご主人が言うにしても、現在の娘さんの気持ちを最優先すべきです。


    さらに、娘さんの立場も悪くなります。

    よくある親御さんの意味不明な文句言いですよ?

    昔、子どもの演劇などで問題になったでしょう?

    主役をやれなかったからって文句を言う親と変わりないですよ?

    それとも幼稚園児みんなで主役の桃太郎をするべき!とでもおっしゃりたいのですか?

    私も中学、高校と吹奏楽部です。

    希望はフルートでした。競争率15倍でしたよ?
    私はその中で演奏テストを受けて合格しました。

    不合格だった人は他の楽器へ行きましたけど楽しそうでしたよ。

    親の意見より、娘さんの意見です。
    親が邪魔してはいけないです。

    ユーザーID:4747071449

  • 娘のためにやめてあげて

    夫婦揃ってですか…
    娘さんの為にこれ以上頭を突っ込むのはやめてください。
    「あの子、希望の楽器にしてくださいって親が出てきたんだって!過保護じゃね?もしかして親に頼んだのかな?全員がやりたいのやれる訳ないのに引くんだけど〜!自分さえよければいいって図々しいよね〜」
    中学に入ったばかりで親がいじめの種を蒔いてどうするんですか。
    娘さんはやる気になってるのにそれは無視ですか。あなたがやらせたいからでしょ。
    私はある習い事の教師をしていましたが、親が主役じゃないと発表会出ないだとか、なぜこの子がこの役で娘はこれなんだとか過干渉に言ってくる子は決まって伸びませんでした。本人のやる気と機会を親が潰してるんです。そういう親の子って良く見えなくなってくるんですよ。言えば良い役もらえと勘違いされたら困るからその役はやめておこうとかね。
    せっかく実力ある子がそういう親に潰されてもったいなかったですよ。

    ユーザーID:4087781572

  • 娘さんに聞いてみる

    > たいていの子供が、希望しない楽器でも練習するうちにきっと好きになりますから
    > 娘は決まった楽器も楽しいよと言って部活にも喜んで行っています。

    先生のおっしゃる通りになっているじゃないですか。
    希望じゃなかった楽器でも練習して音が出て音階が吹けるようになれば愛着が出てくるものですよ。
    娘さんに今の楽器が好きか聞いてみて下さい。

    私は親から背が伸びるとアドバイスされバスケット部に入部しましたが、そうではなくて背の高い人がバスケットをやるという事実に気付き、二学期から吹奏楽部に移りました。
    ええ、その時期に楽器の選択の余地なんてありません。
    残っている学校の備品の中から最も状態のよかった緑青に香り漂う日管のユーフォニウムが割り当てられました。
    当初は、音楽の教科書にも載っていないこの楽器何って思いましたが、吹奏楽では知る人ぞ知る花形楽器なんですよ。
    行進曲では他の楽器がリピートで同じメロディを吹いている所をユーフォは二度目に美しい副旋律を奏でたり、金管楽器は言うに及ばすその柔らかい音色のため木管楽器とのユニゾンもすばらしく、心底やってよかったと思います。

    ユーザーID:8236864410

  • つぶしてる

    母親が娘を
    そして、父親までもが!

    お嬢様、おかわいそうです。
    ご夫婦でもっと大人になってください。

    お嬢様が部活で笑ものにされてしまう前に、主様ご自身が何かご趣味でももたれたらいかが?

    ユーザーID:2210763804

  • ここまで来て変えるのは無理かな

    もうみんな決まった楽器での生活を始めています。
    今更楽器を変えるとなると他の子も疑問に思うでしょう。

    仮に今から希望楽器に変更になれたとして、周りから
    ずるいと陰口を言われたりしないでしょうか。

    私の息子は中学時にある小型の木管楽器を希望していましたが、
    楽器決めでは不人気の大型楽器に。
    主さんの娘さん同様、そりゃぁ落ち込みましたよ。

    元気づけようと一緒に楽器屋さんを見て回ったりしましたが、
    他の子が希望楽器を購入する場面に出くわしてしまって
    涙をこらえる姿も見ています。

    でもちゃんと納得して笑顔で3年間、楽しみましたよ。

    全ての人が幸せになる担当決めはまずあり得ません。
    先生とお話しする機会があるのなら、
    楽器を変えて欲しいとか先生を責めたりするのではなく
    娘さんが前向きに頑張れるような理由を
    先生から話してもらうようにお願いしたらどうでしょうか。
    「娘さんはこうだからこの楽器が良いと思った・やってほしいと思った」

    諦めきれない楽器があるなら高校になってもチャンスはありますよ。

    ユーザーID:2348422283

  • 理由は娘さんがわかっているのでは

    吹奏楽部経験者です。

    私は、中学では希望の楽器になったけど、高校では遅れて入部したため希望の楽器を選べませんでした。好きな楽器ではなかったけど3年間吹いてましたから、最後にはそれなりに愛着も湧きましたよ。「何の楽器をやってたの?」と聞かれたら、中学時代の楽器ではなく高校時代の楽器を答えてるぐらいです。

    逆に、自分のパートに入る一年生の選抜もしたことがあります。
    何週間か一緒に練習した可愛い後輩ですから選ぶのは嫌ですが、人数が少ないパートがあれば移るのはやむを得ず、上級生で真剣に話し合いました。

    実は、早くから入部して可愛がっていた一年生は選ぶことができなかったんです。唇の形からその楽器には向かないことが明らかだったので…。選ぶ方も真剣でした。

    娘さんがもう前に進んでいるのです。
    この話は終わりにしましょう。
    娘さん自身、理由はある程度わかっているのでは?
    他に上手な子がいて、娘さんはあまり向かなかったのなら、今はご本人が変わってよかったと思っているかも。理不尽な決め方ならもっと家で愚痴を言うはずですが、そんなことないんですよね?
    ここで蒸し返すと娘さんも嫌かもしれませんよ。

    ユーザーID:2016387405

  • 温かく見守ってあげてください。

    トピ主は、ちょっと過保護だと思いました。
    お子さんは中学生ですし、最初は不本意だった楽器を今は意外と楽しいと感じ、喜んで部活に通われているとのことで、すでに問題解決していると思います。
    それを深読みして、子供が我慢をしているとか、あまり余計なことを考えずに、素直に受け止めて、温かく見守ってあげればいいのではないでしょうか?
    人生、自分の思い通りには上手くいかないことも多いので、その度に、親が口出ししていたら、子供が自立できないと思いますよ。

    ユーザーID:3508566875

  • 夫婦で過保護・・・

    娘さん一人っ子ですか?

    吹奏楽部で希望どおりの楽器になれないなんてよくある話です。
    親がしゃしゃり出て楽器の変更なんて無理やりさせたら
    それこそ吹奏楽部中で噂になり娘さん嫌われちゃいますよ!
    昔からいますよね、子供は良い子なのに親が過保護過ぎて避けられる子。
    せっかく娘さんが前に向いて頑張ろうとしている時に水を差すのはやめるべき。

    それにしても過保護な親ってイライラするわ〜

    ユーザーID:8487409533

  • 娘さんが納得している事が大事

    部活というものは集団行動です。
    どの部活(野球やサッカー、文化部では合唱や最近では書道など)でもそうですが、希望通りのポジションに付ける子の方が少ないです。
    それでもみんなで頑張りたいと思うから、レギュラーになれなくても、希望のパートがやれなくてもみんな頑張るんです。
    娘さんもそうなんだと思います。

    そんな中、「うちの子が希望の楽器になれないなんて」と親がゴリ押しをして希望の楽器をやれたとしても、娘さんは辛いだけなんじゃないですか?

    ただ単に楽器がやりたいのであれば、個人で教室に通えばいいだけです。
    しかし娘さんはそうではない。
    部のみんなで作り上げるものを尊いと思い、その中の一人としてありたいからこそ、別のパートで頑張る決意をしたのです。

    その娘さんの気持ちを踏みにじらないであげてほしいです。

    娘さんはいい子ですし、強くあろうとしています。
    世の中には思い通りにいかない事があると知った上で、自分のあるべき姿をちゃんと見据えています。
    親として、見守ってあげてもいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:7053618680

  • もう小学生じゃない

    一言だけ贈ります。

    「もう小学生じゃない」

    親の引き時です。この時期に気付ける親でいてほしいです。

    ユーザーID:2451687918

  • でた!全員桃太郎!

    登場人物が大勢の桃太郎のみの小学校の劇をテレビで見ました。
    典型的なモンスターペアレント(このトピの場合、ペアレンツですね)の要求に悩まされた結果のようです。

    ぜひともやめてあげてください。
    たぶん娘さんは、楽しいんですよ本当に。
    だから、顔に泥を塗るようなことはしないでね。噂にでもなったら、娘さん不登校になっちゃう。

    ユーザーID:6388301271

  • あのー

    思い通りにいかないなんて、今後もいろいろあるんじゃないです?

    クラスの委員会にしたって。
    クラス替えにしたって。

    思い通りに行って喜ぶ子と、嫌な役割を押しつけられたり、仲良しのこと離れて
    友達ができるまで悩みながら過ごす子といろいろですよね。

    今後そういうことがあったときに、毎度しゃしゃり出られるつもりですか?

    理不尽なことや思い通りにいかないことを、少しずつ乗り越えて大人になるんじゃないです?

    ユーザーID:0326299226

  • お気持ちわかります。。。

     4年前の私のようです。
    子どもが小学校の頃から切望していたクラリネットが吹けないなんて・・・
    子どもなのだから好きな楽器を演奏できるよう先生にお願いに行こうと本気で夫婦で話し合いました。
    子どもにその旨を伝えたら「止めてちょうだい、クラリネットがダメならバスクラリネットをやるし、それが無理でも先生が決めた楽器をやる」と言われてしまいました。
    中学1年生、親が思うほど子どもではないのです。ピッチャーばかりの野球チームでは試合もできないことを解ってます。
    主さんの娘さんも立派に成長されてます。
    親として黙って見守るのは辛いでしょうけど、子育ては忍耐です。
    子どもと一緒に成長していきましょう。

    もし、どうしても学校に伺うのなら娘さんの相談というよりは、親としての心の持ち方を子育て経験のある先生を交えて頂いてお話をされるといいと思います。

    ユーザーID:4960766971

  • ブラバンは

    団体競技みたいなもんです。

    どの楽器演奏してたかより、みんなで心ひとつにしてハードな練習をこなし演奏してたことが、思い出深いです。

    高校に行ってからもブラバン続けてる人、たーくさんいます。

    ずーっと、同じ楽器とは限りません。違う楽器やっている人もいます。

    娘さん、納得してやってるんならいいんじゃない?

    ユーザーID:7588626193

  • 親も成長を。

    娘さん、不本意ながらチャンと切り替えて前向きに頑張るのはえらいです。
    ほめてあげてください。

    なんでも願いをかなえることなんて今までだってできなかったでしょう?これからはもっとできなくなります。それが子供が成長するということです。テストの順位が不本意だから娘だけ順位上げて!なんて通らないですよ。男親が言っても。

    ちなみにうちの娘は吹奏楽部でしたが、転校と顧問の先生が変わって方針が変わったため楽器の種類が増えて合計2回変更になりましたよ。せっかく買った楽器が無駄になりましたけど、高校で使うかもしれないし、「元に戻せ!」とは先生にお願いしてないです。娘が先輩と先生と話して決めたことですし、楽器の決定には毎回オーディションがありました。

    もしかすると、楽器が変わるというタイミングもあるかもしれませんが、それは今ではないと思います。そういうタイミングがあったら娘さんが自分でオーディションで勝ち取れるといいですね。

    「親の出来ることは、土日のお弁当を作って一生懸命やっている子供を励ますことです。」って部活の父母会長さんがおっしゃってました。

    ユーザーID:3122023858

  • 恥かしいよ、お母さん。

    何で、娘さんが乗り越えようとしているのに余計な事をするのですか?
    娘さんは気持ちを切り替えて、担当の楽器を練習しています。
    見守るのが親の役目でしょうが。

    余計な事をすると娘に嫌われますよ。
    楽器の件で親がしゃしゃり出て来たら、恥かしいし、チームメイトにも失笑モノです。

    子供がかわいそうかわいそうと嘆いているのは、愚かなあなただけです。

    ユーザーID:2418526158

  • 親の出番ではない

    うちの娘(中2)が吹奏楽部員です。
    娘も希望の楽器にはなれませんでした(第三希望まで出していましたが全て外れました)
    同じように泣いてがっかりしていましたが頑張りましたよ。
    そして2年生になる直前に第一希望の楽器だった同級生が部活を退部したので先生に頼み込んで楽器を変えて貰ったようです。
    今は新しい楽器になって2ヶ月目。「人一倍がんばってます。コンクールに間に合いそうです」と顧問がわざわざ連絡をくれました。
    ここまで私が直接学校側に口を出していません。全て子供が先生に直談判しました。私は子供にアドバイスしただけです。
    もう中学生。親が前に出ず、縁の下の力持ちになる時期ではないですか?

    ユーザーID:4132189016

  • 適性もあります

    聞いた話ですが、金管楽器は口の大きさや形で合う楽器合わない楽器があるそうです。
    たまたまやりたかった楽器が合わなかったのかもしれませんよ。
    小学校での経験者がいて、とても上手だからその楽器に決めたのかもしれません。

    子供の学校でも、希望の楽器になれなかった子は何人もいましたよ。
    でも、親が出てきたという話は聞いた事がありません。

    これから体育祭や文化祭などがありますが、出たいものに出られないからといちいち出て行くつもりですか?
    娘さんに楽しい学校生活を送って欲しいなら、親が出ていかない事が一番です

    ユーザーID:5269270185

レス求!トピ一覧