娘の部活について悩んでいます

レス564
(トピ主3
お気に入り891

趣味・教育・教養

えり

レス

レス数564

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 本当にかわいそうな娘さん

    いたたまれませんね。こんな両親が自分の親だなんて恥ずかしすぎる。

    世の中には思い通りに行かないことの多さに気づくチャンスを奪われ
    自分で意見を言っていくという試練に向かうチャンスを奪われ
    自分が望んだわけでもないのに学校という自分のスペースに乗り込まれ
    そこから簡単には逃げられないのに親のせいで学校での立場が悪くなる。

    ああ、なんてかわいそうな娘さん。
    きっと親御さんのしたことが分かったら一晩では済まないほど泣き暮らし
    親を恨みに思い、それでも善意からされたことだと自分を納得させ
    そのうえで気まずい思いをしながら学校へ行くことでしょう。
    変わってもらったメンバーからは恨まれ、
    お情けで親のせいで変えてもらった楽器を演奏して楽しいでしょう?と親に聞かれたら

    私なら引きこもるか家出しますね。
    本当にお気の毒です。

    ユーザーID:3027087612

  • やめておいて下さい。

    希望の楽器にならなかったくらいでいちいち親が出ていくなんて、
    子供に恥かかせる気ですか?
    理由なんか聞いても絶対納得なんかできないと思いますよ。
    納得できるような理由なんてないと思いますから。
    習い事ではなくて部活です、思い通りにいかないことばかりですよ。
    娘さんに頼まれたわけでもないのに親が出ていくなんて恥ずかしいことやめましょうよ。
    あなた達がしなきゃいけないことはそんな事ではないはずです。

    ユーザーID:0242734713

  • 親が口出すことではありません。

    黙ってお子様がどう生きていくか見ていてください。

    好きな楽器をどうしてもしたければ、中学のうちは無理でも
    なんとかその楽器を演奏するてだてを考えるでしょう。

    子供だから何にもできないことはないのですよ。

    トピ主さんの考えはかえって自立のじゃまをしているだけの
    ように思えます。

    もしたまたま替わったとしたも、トピ主の自己満には
    なんら関係のない話です。

    ユーザーID:5717301401

  • 子供なのはあなたの方です。

    娘さんは現実を受け入れ、納得してますよ。
    納得していないのは両親だけ。

    娘さん、周囲に、
    あの人、親が二人そろってゴネにきた人だねって認識されますけど
    それでもよければどうぞ。
    恥ずかしすぎるお母さんになりますけどね。

    どうしてもその楽器を習わせたきゃ、市民オーケストラに入れるか
    音楽教室にでも通わせたらどうでしょう。

    ユーザーID:5676664179

  • 娘の新しい決意を圧し折る親。

    希望の楽器になれず、泣いた娘さん。
    での、自分で消化することを学び、新しい決意の元、楽しく通いだした。

    親だけが、いつまでも幼稚園児を見守るような感覚で、子供の成長を妨げている。かわいそう?
    それは、娘が笑う顔をみて、満足できない自分が可哀想なんですよ。

    世の中、道は一つではありません。
    その縁だけにこだわって、道を狭めますか?
    夫婦揃って似た思考だから、娘さんは本当に気の毒です。

    親の視野が狭いと、子供は学べることは反面教師ぐらいでしかないからね。
    もし、親がしゃしゃり出たなんてことが、部内でヘンな噂になったとき、あなたはどうするつもりですか?

    いつまでも、幼稚園児のママさんでは困り者ですね。
    あなたの人生、全て願いとおりになってきましたか?

    ユーザーID:5601030678

  • そういう経験をするために部活はある

    自分の娘の希望が通れば、
    他の子が外されてもいいということでしょうか。
    楽器の決定の仕方に問題があったなら
    (お金持ちの子、贔屓されている子から希望を聞いた等)
    それは問題でしょうが、
    もし問題のある決め方をしていても、
    娘さんが希望の楽器なら特に不満はなさそうですね。
    親として、そういう判断基準は間違っていると思いませんか。

    決め方として一般的なのは、
    パートごとに希望者が集まって、
    定員オーバーならじゃんけんで、負けた者が定員割れのパートに行く、
    といったところでしょうか。
    私の中学の吹奏楽部では、口の形の写真をとられ、
    体力テスト、リズム感、音感テストなどを経て決定されました。
    一応希望も聞かれますが、ほとんどの子は希望しない楽器でした。
    どの部活でも、希望のポジションになれる子、なれない子がいるのが当たり前です。
    娘さんが潔く決定を受け入れ、前向きに頑張ろうとしているのに、
    親であるあなたがその邪魔をしますか?
    旦那さんの「女親だけだとなめられる」発言といい、どんだけずれてる夫婦なんでしょうか。

    ユーザーID:5542850858

  • 一番かわいそうなのは

    追記です。

    >でも、それが、けなげでかわいそうに思ってしまうのです。

    お子さんはかわいそうじゃありません。
    だってもう、前向きに頑張ってるんですから。

    かわいそうなのは、
    子供が親離れしていくことが寂しくてたまらない、
    あなた自身じゃないんですか?
    いつまでも子供にかまいたくてたまらなくて、
    いい子いい子って、したいんじゃないですか?

    わたしにも子供がいます。
    一人っ子の女の子です。
    小学生ですがいまだに甘えてきます。
    やれやれと思う反面、うれしくてたまらない自分がいます。
    でも、いつか私よりも友達や彼氏のほうが楽しいときが、
    遠からずくるとおもっています。

    今回は勉強させていただきました。

    ユーザーID:8930668284

  • 人生を学ぶよい機会

    お子さんは生きていく限り、どうしても思い通りにならないことはこの先何度もあります。
    受験、就職、昇進、結婚‥‥。
    挫折の繰り返しです。でもそれを乗り越えないと前に進めないんです。

    大事なのは、たとえ今いる状況が不本意であっても、
    「今、ここにいること」を受け入れ、
    そのうえで「最善を尽くす」ということです。

    大学で第一希望の学部に入れなかった。
    就職で広報を希望したのに人事部に配属された。
    夫が単身赴任を命じられた。
    そんなの普通ですよ。

    今、お子さんは、未来のために、前向きに人生の勉強をされているのです。
    親がでしゃばって余計な水を差さないように。
    それより、頑張っているお子さんをほめてあげることです。

    ユーザーID:8930668284

  • あなたが納得する必要はありません。

    今もお嬢さんが泣きながら嫌々やっているというのならまだ分かりますが、
    お嬢さんはすでに納得して今の楽器を楽しんでいらっしゃる。
    それでいいじゃないですか。
    【我慢している】と思うのなら、先生に聞く前にお嬢さん本人に聞きましょう。
    その上で、お嬢さんも「実は…」というのなら言えばいいと思います。
    少なくとも、今トピ主が直接先生に話しに行くという行為は、お嬢さんの気持ちを無視している可能性があります。
    お嬢さんの為というのなら、本人の【今の】気持ちを先に聞いてからにしてください。

    ちなみに私も希望の楽器になれなかった一人です。
    希望はサックスが希望でしたが、決まったのはチューバ。
    チューバになったのは体型が大きな要因でした。
    仮入部ではチューバはもちろん、金管楽器は一切音が出せなかったのに。

    楽器は向き不向きがあります。
    体型もそうですが、唇の厚さ・肺活量など。
    歯列矯正をしていれば木管楽器は音に影響が出るため不向きです。
    先生はその辺りも考えての決断だと思いますよ。
    どうしてもその楽器がやらせたいというのであれば、個人的に習わせてあげたらどうですか?

    ユーザーID:4838197737

  • お子さんのほうがよっぽど大人ですね

    子供って、大人が思うよりずっと順応力があります。
    そして、人生において、自分の思うようにならないことにも、
    順応し、適応して道をきりひらいていくことが如何に重要か、
    トピ主さんご夫妻もご存知のはずでは?
    せっかくお子さんが、前向きにあかるくたのしくがんばっているのに
    親御さんがその自立心やポジティブな考え方に水をさすようなことを
    もくろむなんて、呆れてものが言えません。

    顧問の先生もご存知のはずですよ。
    全ての子供をその希望通りの楽器配分にすることは不可能だが
    与えられた楽器に子供は親愛を見出すものだ、と。
    うちの妹もそうでした。
    弦楽器を希望していたのに、希望者過多で、打楽器になりました。
    でも、「打楽器のほうが立って、目立つ楽器を演奏できて楽しい!」と
    喜んでいましたよ。

    とにかくわるいことはいわない、黙ってお嬢様を見守ってあげましょう。

    ユーザーID:2148500169

  • 娘さんの為にもやめて〜

    もう娘さんが元気に頑張っているのなら、何故それを応援してあげないのですか?立派な娘さんではないですか。
    なにも娘さんだけが希望の楽器から外れた訳ではないんです。それを親が今頃行って顧問に色々言うとただのモンペでしょ。それに文句を言って、無理に今から楽器担当を変えて部活で肩身の狭い思いをするのは娘さんです。きっと皆からレッテル張られますよ、娘さん。「あの子の親が文句言ったんだって〜、何それ、最悪〜」ってね。下手したら娘さん友人も失くしますよ。

    娘さんの事を思う気持ちは分かりますが、やり過ぎると娘さんが嫌な思いをするんです。娘さんのためにもそこをよく考えてください。私が娘さんの立場なら、絶対親にしゃしゃり出てきて欲しくないです。

    ユーザーID:3767399910

  • 親の自己満足です

    あなた達、両親がしようとしていることは、「子供のため」と言う名の、自分達の満足の為だと思います。
    納得いかない→あなた達が納得したところで何になるんですか?希望の楽器にしてもらったら満足するのは、娘さんじゃなくてあなた達自身ですよね?!


    私はこないだ高校を卒業した現在19歳の大学生の女子ですが、自分の親がこんなお節介な人間じゃなくて良かったなぁ、とつくづく思いました。
    自分の学校生活に口出しして欲しくないです。子離れしてください。

    ユーザーID:9515691539

  • 部活辞めればいいじゃん

    やりたい楽器じゃなくて子供がかわいそうだって言うなら、学校や他の生徒に迷惑かけないように部活辞めて、楽器買って個人レッスン通えばいいじゃん。
    楽器にえり好みするんなら吹奏楽やる資格ないし。

    それ以前に、「がんばる」って宣言して一生懸命練習してる子供のやる気に水差すような親ってどうなんだろうね。
    子供に言えば?
    「ママとパパが、先生にガツンと言ってあげるからね。好きな楽器の担当になれるかもよ。変わってくれた子にはお礼言わなきゃね」って。
    万が一、今更変えられた子から恨まれて部活内で仲間はずれされても、それは親の責任ってことで、3年間の孤独を耐えさせればいい。

    ユーザーID:4338331097

  • かわいそう?

    娘の立場から。

    こんなことで親に「かわいそう」と思われるのは、心外です。
    中学生にもプライドがあります。
    かわいそうかわいそうって、失礼です。
    もういい加減にしてください。

    ユーザーID:6446686509

  • 楽器の配属についてですが…

    楽器を始めて扱う場合、それぞれの口の形などで、『向いている楽器』と『向いていない楽器』があります。それを見極めるのが顧問で、場合によっては本人の希望する楽器と違う楽器になることは普通にあることです。

    希望する楽器も、実は向いていない楽器だった場合、辛くなってしまいますよ。音が出せないとかね。

    まずは口を挟まず、余計なことを言わずに、思い切りやらせてあげてください。

    吹奏楽部は人間関係も大変な難しい部活なので、親の余計な介入は本人にとっても悪影響を及ぼします。

    生きていく中で希望していることが叶わない事も多いです。その度に自分で強くなっていくしかありません。

    親の心配や愛情もわかりますが、過干渉しすぎず、まずは見守ってあげてください。

    ユーザーID:2428959109

  • いじめられるよ


    娘さんが自分の力でハードルを乗り越えたのに

    きっと今は同じ楽器の先輩と仲良くなっているはず

    それを蒸し返して、
    親がそんな理由で学校に来ちゃう親を持ってるといじめられちゃうよ

    万一楽器変更がかなっちゃったら、外された子の親が乗り込んで来たらどうなるの
    外された子が悲しんだら攻撃が全部娘さんに向いちゃうけど
    楽器どころか吹奏楽部にすらいられなくなるよ
    口だし無用!

    ユーザーID:4295189952

  • 第一希望じゃないです

    うちの娘も今年吹奏楽部に入りました。
    最初に楽器の第1〜3希望をだし、顧問の先生が決めたようです。

    娘は第2希望の楽器に決まりました。
    全部やりたかった楽器だったので、どれでもいいと言った感じでしたし、先輩に「筋がいい」と言われた楽器で納得してました。
    第1希望の楽器になった子は、顧問の先生から見てどこがよかったのかも、なぜうちの子ではだめだったのかも、よくわかりません。
    先日父母会がありましたが、顧問の先生にそれを聞くなんて考えもしなかったです。

    第1希望の楽器を吹かせてもらった時、先輩が希望楽器ではなかったようで最初は泣きながら吹いていたんだそうです。でもその先輩はしっかりやっておられます。
    娘さんは、その楽器に「させられた」のではなく「むいていた」からその楽器になったと思えば楽なのではないでしょうか。娘さんが楽しいならいいのではないですか?せっかく乗り越えているところなのに、保護者が出てくるのは娘さんもかわいそうです。あまりでしゃばると先輩の手前、娘さんがやりにくくなりますよ。そっとしておいてください。

    ユーザーID:6183863761

  • レスも読ませていただきました

    この手の御相談の主様は、総じて「自己中心的」です。
    今回は、ご主人も同じなのですね。
    身近に抑えというか正しい御判断なさる方がいないようで・・・。

    せっかく、こちらで御相談をなさったのですから、
    一般常識的な、というか、本来の人間としての思い遣り等々、
    皆さんの貴重な意見に耳を真摯に傾けてみるべきだと
    思います。

    そもそも、このような事は、人が生きていく上でごくごく
    日常的な事ですよ。
    いちいち、親が出て何かをするような事でも何でもなく、
    そんなことをしたら娘さんのためにならないことだけは
    確かですよね。

    ここにトピを立てて、主さんは大正解だったと思います。
    子育て頑張ってください。

    ユーザーID:9559533944

  • 親も成長するとき!

    私はコントラバス希望で入部しました。
    見学の時はOKと言われましたが、チビの私よりずっと高身長の子が後に入ったのでトロンボーンに回されました。

    1年後には希望の楽器に回してあげると顧問に言われたのですが、同じ楽器の先輩からは「中途半端な気持ちでトロンボーンやるな。2年生になって、1年生と並んで一から新しい楽器をやるより、1年間今の楽器を修行して立派な先輩になれ」と諭されました。

    まあ中学校の部活なんて理不尽な所です。
    世の中が理不尽だと学ぶ場所でもあります。
    親と子の関係も一番成長する時期です。もう砂場で遊んでいた幼児じゃないんですよ。

    前向きになった娘さんを応援しましょうよ。

    ちなみにトロンボーンは一生の趣味になりました。

    ユーザーID:0236823191

  • 文句言ったの子供にバレるよ?

    流石に夫婦揃って学校に文句を言いに行ったら、
    先生も娘さんを呼んで「君の親が楽器の変更をしろと言いに来たよ」と
    伝えるでしょうし、そのとき娘さんはどう思うでしょう。
    なんでそんな事をするの!もう恥ずかしくて部活行けない!
    となるのでは?
    いいや私こそ正義!そんな教師、修正してやる!と思うなら
    夫婦揃って「自分の子を特別扱いしろ!」と言いに行ってください。報告まってますよ〜。

    ユーザーID:1461799360

  • 吹奏楽部でした

    中学に入学してすぐ吹奏楽部に入部しました。

    私も希望の楽器がありましたが、希望者が多かったためくじ引きになりました。まずその楽器を習っている(いた)人が優先で決まり、残りの枠がくじ引きになる仕組みでした。私はくじで負け別の楽器担当になりました。残念でしたが他にも希望外の担当になった部員もいるのですし、しょうがないと思いましたよ。

    お子さんが今気持ちを切り替えて部活に通っているのならそっと見守っていてはいかがですか?もう中学生、お子さん自身が考えて答えを出せるのではないかと思いますよ。

    ユーザーID:8694790497

  • よくあることです

    私は中学から大学まで吹奏楽部でした。
    私は幸い?中学から始めた楽器を大学まで続けることができましたが
    吹奏楽を長く経験した今では他の楽器をやればよかったと思っています。
    中学で未経験者だと楽器のこともよくわからず見た目やイメージで決めてしまうかもしれませんが
    音楽を作っていくとだんだん各楽器の役割や魅力が分かってきます。
    どの楽器も音楽作りにはかかせず、それそれの魅力があります。

    もしご両親が先生にお願いして娘さんが希望の楽器になったとして
    その代わりに外されてしまった人、それを見ている部員全員がどう思うでしょう?
    私だったら部活を続けるのも辛くなります。

    それよりもできたら希望でなかった今の楽器を極められるように協力してあげてほしいです。
    プロのソロのCDを買ってあげたりリサイタルに連れて行ってあげたり、
    娘さんがずっとその楽器を続けたい、上手くなりたいと思うなら
    楽器を買ってあげたり、プロのレッスンに通わせてあげたり、
    私の親がそんな理解のある親だったらどんなに良かっただろうという願望です。
    頑張っている娘さんを応援してあげてください。

    ユーザーID:6209809885

  • 子供を信じてないんだ

    娘さんは、今の楽器で頑張ると言っているのですよね。
    思い通りにならない現実としっかり向き合っていて、素晴らしいですよね。

    なのに、トピ主さんはそういう子供の成長を邪魔する気ですか?

    子供が助けを求めてきたら、その時手助けすれば良いと思います。
    子供が自立しようとしている時に、余計な手助けは不要です。

    娘さんに対しては、「可哀そう」ではなく「頑張れ」と思わないと。

    ユーザーID:1827408132

  • 親の義務とは

    個人的には最終的に「子どもが自分の足で人生を歩いていけるようにすること」だと思っています。

    悲しむ娘さんを抱き締めて「辛かったわね」と共感することはあっても、「子どもが自分で乗り越えるべき壁」を親が壊してどうするんですか?

    生きて行くということは、色んな壁にぶち当たるということです。

    それを自分の力で乗り越えていくことが自立への道だと思うのですが、トピ主ご夫婦は違うのですか?

    ユーザーID:7667881437

  • だから、皆さんのレス読まれてますか?

    主さんのお嬢さんが今回は我慢する事になったのは確かですけど、あなたの知らないところでお嬢さんの希望がかなった分クラスメートや部活仲間が我慢している事だってあるなずでしょう?
    それにこの先どんなに望んだって叶わない事なんて山とありますよ、それをいちいち親御さんが出てきて排除していくんですか?
    ご主人が出て行っても結果は変わらず、むしろモンペのでっかいレッテルがお嬢さんにもべったり貼り付けられるのがオチだと思いますけど?

    ユーザーID:4675778686

  • 本当に可哀想なのは誰だか

    トピ主さんは、言葉遣いが丁寧なモンスターペアレントですねえ。

    本当は「健気な姿の娘が可哀想」なのではなくて
    「そんな娘を見ている自分が可哀想」なのではありませんか?

    そして、ほかの方々も書いていらっしゃいますが
    あなたの娘さんの犠牲になって、決まっていた楽器を変えさせられる子の気持ちは
    どうでもいいわけですか?

    そういう経緯を知りながら、みんな仲良く部活を続けられると思いますか?
    子どもの世界は案外非情です。あなたも経験あるでしょう。

    ユーザーID:9628950183

  • それも楽器との出会いのひとつ


    私も、中学、高校とブラスバンドでした。

    友人は、希望ではない楽器になりましたが、
    いまその楽器の首席奏者になり海外のオーケストラで活躍しています。

    私は、人気のない楽器を自ら選びましたが、
    コンクールで脚光を浴び、
    その後、その楽器を希望する生徒が殺到しました。
    アマチュアですが、いまも演奏を続けています。

    最初は、メジャーな楽器に人気が集まりますが、
    音楽に触れるにつれ、それぞれの楽器の魅力に気づくものです。
    それに、顧問の先生のキャリアがわかりませんが、
    案外きちんと、生徒の適正をみていてくださるものですよ。

    お嬢様が新しい楽器にやる気をみせているのですから、
    まずは、邪魔せず、見守っていてはいかがですか?

    ユーザーID:7019436528

  • 親なら黙って見守るのが普通

    あなたは、娘さんが将来就活している最中に希望の企業につけなくて可哀想だからと企業に直談判しにいくんですか?

    娘さんは納得してます。わかりませんか?
    娘さんは逆境から楽しい事を見つけようとしてるんです。
    大人になろうと努力してるのに邪魔するんですか?

    親だから娘の気持ちが一番に解るわけではありません。
    子供は子供の社会の中で育っていきます。
    あなた達は毒を娘さんにぶっかけようとしているだけです。

    過保護は中学生ともなればどん引きされてイジメられる要因にもなりかねないんですよ?

    何を根拠に可哀想だというんですか?
    親のカンですか?
    親が子供の進路にあーだこーだ言うから世間知らずな人間になるのです。
    わかりましたか?

    ユーザーID:0385771161

  • 私もそうでしたが。

    中学時代、希望の楽器担当になれず
    あまった楽器を担当していました。

    希望が通らない人がいるのは仕方のないことです。
    残念でしたが、それなりに楽しんで
    良い経験もしたと思っています。
    人生で「希望がかなわない」経験なんて他にもありましたし。

    「どうして自分だけ?」
    という発想は、惨めですよね。
    では、悲しい思いをするのが自分以外の誰かだったらOKですか?

    代わりに我慢してくれるお友達を、先生に探させてでも
    自分の娘さんの希望をかなえたいですか?

    娘さんも自分の為とは言え、そんな卑怯な考え方の
    ご両親は、尊敬できないと思います。

    ユーザーID:4896377910

  • 選抜にはきっと理由があります

    私も学生時代吹奏楽部、フルート・ピッコロ担当でした。
    新入生は希望楽器を先生に伝え、2週間マウスピースを中心に基礎練習をしてからオーディション形式で選抜されました。

    指導者の目から見て
    楽譜が読める・読めない
    唇の形や肺活量、
    2週間と言う期限内での達成度、
    等を考慮の上決定と思います。
    誰も文句は言いませんでしたし、ましてや誰一人親なんか出てきませんでしたよ。

    フルートとトランペットは人気だったので倍率も高く
    希望どおりにいかない人もモチロンたくさんいましたが
    自分の担当楽器を一生懸命練習して、力を合わせて1曲を仕上げて行きました。

    今、娘さんの為に、と思ってクレームをつけ
    娘さんの担当楽器が変わったとしたら
    娘さんの努力を踏みつける行為ですし
    親がクレームをつけて他の子を押しのけて転向させようとした事なんてすぐ分かりますから
    娘さんが部に居づらくなることは必至でしょう。

    見守って下さい。
    その楽器で成長できるからこそ、娘さんはその楽器担当になったのです。

    ユーザーID:4381853421

レス求!トピ一覧