現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

娘の部活について悩んでいます

えり
2013年5月26日 0:13
古いレス順
レス数:564本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
レスします
同居嫁
2013年5月26日 15:17

生きてきて自分の思うように物事が進むことの方が少ないです。

主様は、何もかも自分の希望通りになったのですか?
羨ましい人生ですね。

ユーザーID:3374127149
優しいお母さんですね。
sayu
2013年5月26日 15:31

我が家の娘も吹奏楽部です。
トピ様の娘さんと同じで希望の楽器にはなれませんでした。
娘も残念には思っていたようです。ですが、与えられた楽器を頑張ろうと気持ちを切り替えて練習しています。
『何でも自分の思い通りにはならない』事はわかっているからです。
トピ様の娘さんも悔しい気持ちを乗り越えて、与えられた楽器を練習しているのではないですか?
私は余程の事がない限り部活の方針に口出しはしません。部全体で決まった事に親が口出しする事は娘も嫌だろうな、と思うからです。
娘さんに楽器を替えてくれるよう先生に頼んで、と頼まれたのですか?それともトピ様が先走って先生に訴えたのですか?
こんな事は部活に限らず今後も沢山あるでしょう。その度に娘さんの希望通りに改善を求めたり、意見を言ったりするのですか?
娘さんがかわいそうという気持ちは同じ母親なのでわかりますが、娘さんの部活での立場もあるでしょう。
よくお話されてみては?

ユーザーID:9005900081
与えられた条件の中で精一杯頑張るのも教育のうち
セイウチ
2013年5月26日 15:54

トピ主さんは、会社に入って与えられた仕事が希望しない仕事だったら
いきなり仕事を変えて欲しいと申し出ますか?

不本意であっても、まずは与えられた仕事を頑張るのがスジだと思いませんか?
吹奏楽でも、それは一緒です。


娘さんが既にその希望する楽器で一定レベルの経験と実力があり、上級生に混じっても
遜色ないくらいの演奏レベルであるなら、それをアピールするのはOKです。

先生の方も、部全体としてみた時に担当楽器を変えた方が良いと思えば、
それに沿った措置を講ずるはず。

でも、みんな未経験者で希望楽器が偏ってしまった場合、
誰かは希望しない楽器に回さざるを得ません。

吹奏楽で使われる楽器には知名度が高いものと低いものが有りますので、
未経験者に希望楽器を聞いたら、間違いなく偏りが出ます。

不本意な楽器になってしまったけれども、その中で精一杯頑張るというのも、
貴重な経験であり、教育でもあります。

逆に親が文句を言って、無理が通れば道理が引っ込むようなことをしてしまうと、
今は良くても長期的には娘さんのためにならないでしょう。

ユーザーID:7589665097
レスします
eko
2013年5月26日 16:21

吹奏楽部に限らず、運動部だって、希望のポジションになれない子、ましてや試合にすら出られない子なんて、ごろごろいますよ?
家の学校の吹奏楽も楽器は最終的に先生が決めると言っていました。
やりたい楽器が出来ない子なんて、たくさんいるし、皆が希望の楽器しかやらなかったら、そもそも部活が成り立たないでしょう?
私自身は、小学生の頃、鼓笛やってました。小太鼓、中太鼓やりたかったんですよね。けど、倍率が高く結局いつもリコーダーでしたけど?
だからって、親に言って、何とかしてもらおうなんて、思ったことはありませんよ?
ご主人に先生に言わせたりしたら、娘さんが大恥掻きますよ?
音楽は皆で音を合わせて、一つの音を作る。協調性を学ぶ場でもあるんです。
決まった楽器も楽しいと言った娘さん、前向きに切り替えて、素晴らしいじゃないですか。
親のエゴで娘さんに嫌な思いさせないでくださいね。

ユーザーID:3452915601
気をたしかに
ばんび
2013年5月26日 18:31

私のママさんバレーの先輩で、自身は学生時代エース、で、お子さんも中学でバレー部に入った方がいます。
お子さんがバレー部で望んだポジションに入れなかったので、顧問に抗議しに行ったそうです。


先輩は穏やかで優しく、面倒見もいい素晴らしい人なのですが、お子さんのことになると正気を失うのでしょう。
この話は本人から聞いたのではなく、まったく違うところから聞きました。
もう何年も前のことらしく、伝説になってるようです、元祖モンペだね〜って。
お子さんの代のあたりの保護者で、その話を知らない人はいないそうです。
それくらい顰蹙で、あっという間に噂が広まったそうです。


親のごり押しで勝ち取ったポジション。
当のお子さんには、そういう視線が注がれるんですよ。
お子さんはその視線や噂にさらされ、必要以上のプレッシャーに苦しむことになるでしょう。

音楽を楽しむどころの話ではありませんよね。

かわいそうなことをしようとしてるのは親のあなたです。
やめてあげてください。

ユーザーID:7336692120
無理ですよ携帯からの書き込み
おいおい
2013年5月26日 18:33

そんなことをしたら娘さんが恥ずかしい思いをして部活に居づらくなるだけです。
そこをなんとか娘のために、というのはもはや親のワガママです。中学生ですか?もう子供に任せましょう。

ユーザーID:8543997567
レスします
ラッパ
2013年5月26日 18:34

たぶん、この手の事はよくあることだと思います。

ただ、顧問の先生や先輩たちがこの子にはこの楽器のほうがいいという事を踏まえていると思いますよ。実際、部活動見学でいくつかの楽器を吹かせてもらったと思います。

続けていくうちにもっと楽しくなると思うので、お母さんは心配かもしれないですが応援し、見守ってあげてくださいね。

ユーザーID:6890471131
珍しくもなんともない携帯からの書き込み
あらあら
2013年5月26日 19:02

吹奏楽部で希望の楽器をやれる子は少ないでしょう。

バンドには編成のバランスというものがあります。
そして、個人の適性。
体格や歯並びも関わります。
自分でやりたい楽器と適している楽器が一致するとは限りません。

…といっても、納得してくださらない感じですね。

はっきり言いますが、お子さんが今回の出来事を乗り越えて頑張ろうとしているのに、親がいつまでもグズグズして、残念なお母さんですね。

いつまでもそうやって先回りしてお子さんの成長するチャンスを摘み取るおつもりですか?

お子さんを幼いままにしておきたければ、学校にパート変えをお願いしたら?

お子さんは部内で居心地悪くなるでしょうけど、お子さんの気持ちよりもお母さんがご自身の気持ちを収められないかたのようですから…。

ユーザーID:1512743757
なんで?携帯からの書き込み
佳世子
2013年5月26日 20:38

私も心配性の母親です。
あなた、子供が決まった楽器も楽しいよ。っと言った言葉をなんで信じてプラスに思考を向けられないの!!

ユーザーID:4042729458
人気の楽器は希望通りにはいきません
ローズ
2013年5月26日 21:23

学校の予算の範囲内で楽器を購入、
その中で新入生に振り分けるのですから、
好きな楽器ができるとは限りません。
私も遠い昔フルートを希望しましたが
人気があったのでクラリネットに回され
しばらくフルート奏者をうらやんでいました。

しかし入部の動機がフルートだったかというと
そうではなく音楽をやってみたかったのです。
バンドの醍醐味は一体感です。
練習を積み重ね、指揮者と奏者が一体なったとき
なんともいえない達成感、幸福感に包まれます。
心配なお気持ちはわかりますが、
世の中思う様にならないと言うことも
学ぶべきです。
あきらめるのではなく、違う生き方もあると言うこと。
そして捨てたものではないということ。

どうしてもその楽器にこだわりたいなら
音楽教室に行くことをお勧めします。
ブラスバンドにこだわらなくてもいいんではないですか?
先生に掛け合って娘さんだけ優遇されるのは
娘さんのためによろしくないかと思います。

ユーザーID:3392264347
口出し無用
すえ
2013年5月26日 22:05

お嬢さん希望のパートに行けなくて残念でしたね。

でも、そこでご両親が顧問に意見するのはやめましょう!!

私も中学生の時、第一希望のパートには行けませんでした。
なぜならオーディションがあったからです。

そして人気のあるパートは倍率も高く
希望者が全員入る事はもちろん出来ません。

オーケストラもブラスバンドも楽器のバランスが大事です。
希望している人をそのパートに全員入れてごらんなさい。
ハーモニーもバランスも台無しです。

顧問の先生だってお宅のお嬢さんだけを外したわけじゃありません。

お嬢さんだって「決まった楽器も楽しいよ」と前向きじゃないですか。
それを「総会で主人から〜」なんて水を差さないでください!

トピ主がその楽器をどうしてもやらせたいんだったら
個人で習い事に通わせたらいかがですか?

経験者がこう言うのは批判を浴びるかもしれませんが
「所詮、学校の部活動」なのですから。
それほどまで重く受け止める必要があるんでしょうか?

総会でそのようなことを顧問におっしゃるんでしたら
これからの部活動、お嬢さんは行き辛いと思いますよ。

ユーザーID:4409036753
吹奏楽はしょうがない
みんなちがって
2013年5月26日 22:35

全員の言うことを聞いていたら、
トランペットとフルートとクラリネットだけの楽団になりますよ。
それにサックスとドラムスが少々、かしら。

チューバやホルン・ユーホなんかを「私は最初からこれがやりたかった」と言う人に会ったことありません・・・。

ユーザーID:6288614410
辞めたいなら辞めればいい
パンダ
2013年5月26日 22:38

娘がその楽器が出来なくて嫌、
辞めたいと思ってるなら辞めて
学校の部活は活動の無い部にして、
市民団体等に入ればいいのですよ。
そうでなければ貴方が出しゃばるの事で
貴方の娘は肩身の狭い思いをするだけです。

ユーザーID:3053196942
見守ってあげてください
penpen
2013年5月26日 22:42

トピ主様がやろうとしている事は
野球部で、ピッチャーを希望したけどセカンドになった。
息子が泣いているので顧問の先生にピッチャーにしてください、と頼む、
と同じ事です。

ご主人様が普通の感覚も持ち主でしたら、
トピ主様に頼まれても絶対に学校にいきませんよ。

希望した楽器が担当にならなかった。
それは残念な事ですが、吹奏楽は沢山の楽器があって始めて出来るものです。

希望の楽器さえ演奏できればいいならソロでいいんです。

吹奏楽の醍醐味は沢山の楽器の音が重なり合う「合奏」です。
ひとつの楽器の演奏では味わえないんですよ。

大丈夫です、何も言わず、何もせず、見守ってあげてください。

ユーザーID:1891786520
トピ主です
えり(トピ主)
2013年5月26日 23:37

レスをありがとうございます。
娘は、泣き明かした日以来、不満は口にしていません。
今の楽器で頑張ると言っています。
私が顧問の先生に電話したことも知らないと思います。
でも、それが、けなげでかわいそうに思ってしまうのです。
それに、母親なら、子供の願いをかなえてやりたいと思うのは当然ではないでしょうか。
確かに、全員の希望通りにならないことは頭ではわかるのですが、なぜ、それがうちの子なのかが納得いかないというか。希望がかなったこどもさんもいるのに・・。
主人は「自分が顧問の先生に話してみようか」と言ってくれています。「女親だけでは甘くみられるかもしれない」とも言っています。
どういう経緯で楽器を決めたのかだけでも、主人と一緒に聞きに行ってもいいですよね。
それが分からないと、納得できない気がします。

ユーザーID:2050391912
中高生の部活で80%以上の確率で希望パートに入る方法
きぃ
2013年5月26日 23:40

それは、
その楽器の経験者であること
個人で楽器をパート決めより前に所有している事
です。
フルート、クラリネット、アルト・テナー
サックス、トランペット、トロンボーンあたりなら
20万位あれば、中高生が3年使うのにそれ程
問題ないモノは手に入りますよ。

まあ、それはともかく、もう決まってしまった事を
覆すのは止めましょう。
他にも希望を通らなかった生徒さんもいるんだし
あくまでも【吹奏楽部】に入ったのですから
希望しない楽器も吹奏楽をやる上で必要なモノです。
野球で言うなら、全員がピッチャーを希望し、それを
叶えてたら、チームとして試合が出来ないのと
同じ事です。
お嬢さんが前向きに頑張ってるんだから、水をさす
どころか、お嬢さんの立場が悪くなるような事は
止めて下さい。
もしもどうしてもと言うなら、その楽器の個人レッスンに
通わせて下さい。
先生さえいれば、どんな楽器も選びたい放題ですよ。

ユーザーID:1433600270
親の出る幕ではない携帯からの書き込み
虎子
2013年5月27日 1:33

私も吹奏楽部にいました。よくある事です。というか、個人で行うものでない限り、運動部でも望むポジションにはつけないものです。部全体のバランス、先生やリーダーを中心に適材適所に配置されます。お嬢さんは小さな会社に入ったようなものです。きっと社会の小さな縮図を勉強する事になります。与えられた場所でどれだけ頑張れるか学ぶ時でしょう。そんな時に親が出てきて、思い通りのポジションにつけてくれなんておかしいでしょう?お嬢さんは周りからどんな目で見られるようになるでしょうか?おそらく、困った立場に立たされるでしょうね・・・。しっかりして下さい、トピ主さん。
習いたい楽器があるなら課外で個人的に習う事だってできるはずです。

ユーザーID:1807081839
中学校教師です
せんせい
2013年5月27日 3:27

 トピ主様こんにちは
 私は中学校教員で部活は陸上部顧問です。
 トピ主様が娘さんを可哀相と思うお気持ち、お察しいたします。
 吹奏楽に限らずどの部活でもこういったことは起こり得ます。
 陸上部でも大会出場の種目など希望していたものにならない場合が多々あります。
 運動部の場合はそれぞれの適性や向き不向きなども顧問は見ますが
恐らく楽器を扱う部も同じではないかと思います。
 どんな決め方かはわかりませんが、きっと娘さんに割り当てられた楽器は
娘さんができると先生が判断してのことではないでしょうか。
 
 実際、生徒や保護者の方々の希望を一人一人聞いていたらきりがないのです。
 今回の場合、全員が希望通りにはいかないこと、
娘さんの希望を通すことで一度決定した他の子の楽器も変更しなければならないという顧問の先生の言い分は正にその通りです。

 現在は娘さんも喜んで部活に出ているということ、
それがたとえ我慢していることだとしても娘さんのポジティブさを是非褒めてあげてほしいと思います。
 そしてお母さんであるトピ主様も応援してあげてください。

ユーザーID:6343163028
パーカッション携帯からの書き込み
姉御
2013年5月27日 7:11

私なんて金管楽器なら何でも良かったのに、パーカッションになりましたよ。リズム感が良かったらしく…。

大人になった今、ドラムが叩ける女子って話のネタになるし、まぁいい経験だったかなと思います。

何でもやってみる事です。応援してあげて下さい。

ユーザーID:5584590322
親が口出す問題じゃない
ぱぱいやまんごー
2013年5月27日 9:46

希望する楽器をどうしてもやりたいのであれば娘さんが直接交渉すべきであり
親が口を出す問題じゃありません。
中学生にもなった子供の部活動になぜ親がしゃしゃり出るのですか?
そんなことしたら娘さんが中学校で「あの子の親モンペなんだって」と
指さされますよ。

娘さんは成長していく過程で思い通りにならないこともあるのだと勉強する必要があるのです。
社会の中で生きていくためには、思い通りにならないこともあるし、嫌ならば自分で戦う必要があることも知らなくてはいけません。
トピ主さんは娘さんのことを思ってのことかもしれませんが、娘さんを思うのであればもっとほかのやり方をするべきです。
いつまでも娘さんの人生に口を出しべきではありません。

ユーザーID:8871258035
 
現在位置は
です