給与の振込手数料

レス56
(トピ主1
お気に入り79

キャリア・職場

しんまま

先月末より知人の会社で働き始めました。

給与を振り込んでいただき、明細を尋ねたところ、銀行振り込み手数料が差ししかれていました。

今まで働いたところで振込手数料を引かれたことなど一度も有りません。
その旨も含めて事業主に訊ねましたが・・・

そういった経験ありますか?
正直、あまりのみみっちさに驚いております。

ユーザーID:2331917209

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数56

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ありえません

    労基法においての賃金支払5原則の中に
    「全額を」支払うという原則があります。

    給与は、原則的には現金で支払わなくてはならないことになっています。
    ただし、労働者からの申し出があった場合には
    銀行振込によって支払うことが可能とされています。

    振込でも現金でも、「全額を」支払わなくてはならないのに
    会社はいったい何の名目で振込手数料を引いているのでしょう?
    みみっちいとかの話ではなく、手数料を勝手に引くのは違法です。

    それとも、口座振込依頼書に、「振込手数料は私(労働者)が負担します」とか書いてあるのでしょうか?

    ユーザーID:1718491539

  • 夫が転職したときに

    最初は市内の企業でしたので、市内の信用金庫の口座を給与振込の口座としました。

    その後、隣の隣の市の企業に転職したときも、同じ口座を給与振込のために申請したら、
    「直接取引が無いので振込に手間がかかる」
    という表現で断られ、大手都市銀行の口座を作るよう言われました。

    トピ主様の場合も、つまり、そういうことではないのでしょうか?

    ユーザーID:0314696926

  • 全額払いの原則に違反します

    それは、労働基準法に定められている全額払いの原則違反です。

    ユーザーID:4614918684

  • 現金支給にしてもらうとか

    こんばんは!

    うちの父が定年退職後に知り合いの方が経営する小さな会社に再就職をした際、
    同じように給料から振込手数料を引かれ、現金支給に変更してもらったことがありました。

    私自身、中規模の企業の給与計算などを担当してますが、
    給与振込の際の手数料は会社の支払手数料という科目(会社によっては雑費で処理の場合も)で伝票を起票して、
    会社経費にしてますね。

    ユーザーID:3826874452

  • 税額に影響は?

    給与って所得に応じて税金払ってるわけですよね
    手取り状態で手数料惹かれたらまずいのでは?

    ユーザーID:9988562969

  • そういった経験ありますか?→ない!

    たしかに、みみっちいですね。。。というか、労働基準法に違反しています。
    労働基準法の「賃金全額払いの原則」に違反することになりますね。
    従業員に不利益なことなので、同意なく振込手数料を差し引くことはできません。
    「給与振込 振込手数料 労基法違反」で検索してみてください。
    該当するWEBサイトがみつかることでしょう。

    ユーザーID:9443919514

  • ないですね

    そのようなことはないです。

    ただ、手数料を節約したいから、指定の銀行の通帳を作って欲しいと言われたことはあります。

    ユーザーID:0245410183

  • それは違法です

    ただ、杓子定規に労基を振り回して「知人」と揉めるかはあなたの判断でしょうが。

    ユーザーID:8260499721

  • 聞いたことあります

    最近は珍しいかも。

    ただ、みみっちいとまで言うなら、お互い様だと思うんだけど・・・

    手渡しにしてもらったら?
    毎回印鑑を押す、レトロ方式で。

    ユーザーID:9743546173

  • バイトでしたが

    会社の取引銀行○○銀行○○支店で口座を作るように言われました。
    同じ銀行の通帳はありましたが支店が違った為支店を変更に銀行に行きましたよ。(銀行によっては支店が違うと手数料を取るそうです)
    セコイなーと思いましたよ。

    ユーザーID:8681861813

  • それは…

    確か企業側の違反に該当すると思いますよ。

    労働基準監督署に電話してみると良いでしょう。

    ユーザーID:4623133652

  • ありますよ

    夫の勤めている会社がそうです。
    銀行振り込みにすると手数料は自己負担だと入社時に言われましたが、振り込みか手渡し(当然手数料なし)かが選べました。

    …夫から手渡しでお給料をいただくのは古風な感じで悪くはないですけどw

    ユーザーID:6268036781

  • 別の銀行?

    会社指定の給与振込銀行があったのでしょうか?
    それを、ここにしてほしいとお願いしているとかでしょうか?

    ただ、その場合でも、手数料を引かれるって聞いたことがありません。
    間違ってないか聞いてみますか?ちょっと聞きにくいですが・・

    ユーザーID:2316627959

  • 銀行と支店を指定された

     入社時に揃える書類に、給与振込口座の記載があったのですが、銀行と支店を指定されました。振込手数料無料にする&銀行とのお付き合い&事務の簡略化があるのでしょう。
     トピ主さまも、知人の方に振込手数料無料になる銀行を教えていただいて、給与振込口座をそこにすると良いです。振込手数料はもったいないですからね。

    ユーザーID:8671580085

  • 郵便局に変えてもらう

    普通は事業主が負担しますけどね。
    事業主に訊ねて何といわれたのですか?

    郵便局は手数料がかかりませんので、変更してもらってください。
    知らないのかもしれませんね。双方にとって有利です。

    ユーザーID:0631745960

  • 考えられません

    とんでもない話ですね。
    今も法律が変わっていなければ、給与というのは現金支給が原則で、銀行振り込みというのは従業員が同意すればOK、という決まりだったと思います。
    ですから、銀行振り込みは困る、現金でくれ、といえば会社は拒めないはずだったと思います。変わってなければね。
    手数料が引かれる、となめてるね。ブラック企業ですよ。

    ユーザーID:2158522503

  • 従業員が少ない企業だとありそう(笑)

    だと思いました。

    ユーザーID:8993987741

  • 雇用形態は?

    給与の振込手数料引くところありますよ。

    うちの会社は、不景気になって会社が苦しくなったら
    負担してねの同意書を提出させられました。
    今のところ引かれてませんが・・・

    それと委託で仕事を受けた場合は手数料は全額引かれました。
    いかにして経費を減らそうかと会社も必死なんですよ。
    でもなんか損した気分ですよね。

    ユーザーID:7089128668

  • 法律違反だよ

    労働基準法で、給与の振込手数料は会社が負担しなくてはならないと規定があります。
    なので、その会社は法を犯していることになります。


    言いにくいかもしれませんが、給与振込の担当者に
    給与振込の手数料は会社負担であることが法で定めてあることを知っている旨を
    伝えたほうがいいと思います。

    常識的なことなので
    わざとやっているんじゃないかと思うんです。
    労働基準法をちらつかせた方がいいと思いますよ。

    もしくは、知り合いに税理士がいて、労基法のことを耳にした、とか、
    何かアクションを起こした方がいいと思います。

    ユーザーID:5795942689

  • みみっちいかな?

    主さんの個人的な都合のために、どうして会社が毎月毎月手数料を払わなければならないのか、そっちのほうが不思議。
    そういう小さいお金にこだわらない会社もあるんでしょうけど。
    420円が一年で5040円。
    ばかにならないと思うけど。

    私なら、同じ銀行に口座開きます。

    ユーザーID:1014763256

  • 間違えたんじゃないでしょうか

    50歳代の既婚者でフルタイムで経理事務の仕事をしていて、
    ウチの会社も社員の給与振込と支払い請求の振込手続きを銀行処理しています。

    例えば銀行とインターネットバンキングに於いて振込取扱の手続きを申し込んだ場合、
    給与振込の場合は社員に同銀行(本支店)の口座を利用する事を条件に振込手数料はかかりません。
    支払い振込の場合で支払先の指定銀行が他行の場合には、通常振込手数料がかかります。

    給与振込と支払請求振込との手続きを間違えたのかもしれませんが、
    給与の振込先が利用申し込み以外の他銀行の場合で振込手数料がかかる場合があったとしても、
    振込手数料は会社負担(経費計上できます)なので社員の給与から差し引かれるべきものではないと思います。

    経理事務上どう処理したのかしら?

    ユーザーID:1100667333

  • 確か、振込料をひいてはいけないはず

    労働基準法・・・何の法律かは忘れましたが、給与の振込手数料はひいてはいけないことになっていましたよ。

    うちの会社は給料日が休日と重なるときは、休日前に支給しなけらばならない、のに、次の月曜日だったりします。これも、だめなんですけどね。

    振込料はトピ主さんが負担するものではありませんから。

    どうしても引こうとするなら、手渡しでもらったら?

    ユーザーID:9693820712

  • 現金でもらえば?

    夫が小さい会社を経営してます。
    原則として社員さんには、当社が給与支払いに使う口座と同じ銀行・支店に
    給与受け取り用の口座を作ってもらっています。
    せこい話で申し訳ないんですが、法人口座からの振り込みって同じ銀行でも支店が違うと手数料がかかるんですよ。
    一人105円とかそんなものですが、一年だと1260円になりますから、馬鹿になりません。
    でも、今時は、一つの銀行に一つの口座が原則なので、すでに同じ銀行の別支店で口座を持っていて
    諸事情により動かせないなどの理由があれば、手数料を会社負担で振り込んでいます。
    会計上の処理はすぴかさんも書かれているように勘定科目は「支払手数料」で補助科目で
    「振り込み手数料」としています。

    振り込み料差し引きで支払いといえば、古い商売人さんの中には、取引先に支払うお金をそうやって振り込む方も
    時々おられるようで。
    「本来なら集金に回らないといけないところを、こっちが手間をかけてやってるんだ。全額ほしいなら、
    こちらまで取りにくればいい」という発想だそうです。
    トピ主さんも「現金で満額ください」って言ってみては?

    ユーザーID:5879509990

  • ないですねー

    転職などで、様々な規模の企業等で働いてきましたが、そのようなところはありませんでしたよ。

    ユーザーID:8225093140

  • 違法ではありません

     間違ったことを平気で書く人がいますが、・・・

    >労働基準法で、給与の振込手数料は会社が負担しなくてはならないと規定があります。

     そのような規定はありませんし(それでも違法というなら条文を示してくださいね)、全額払いにも違反しません。労基署に確認すればわかります。

     法律ではいまだに現金払いが原則なので、手数料の負担について交渉するのが嫌ならば、現金支給を希望するしかありません。

    ユーザーID:0419031593

  • 給与の場合は違法ですが

    雇用契約に基づく給与の場合、振り込み手数料を差し引くのは違法。
    業務委託のかたちであれば、双方の合意(契約書等を交わす)によるのではないでしょうか。

    ユーザーID:3204389247

  • 軽く違法ですね

    皆さんおっしゃっている通り、全額払いが原則です。
    その会社は給与を現金払いするのが基本形で、
    トピ主がごり押ししてトピ主だけが振り込んでもらっている、という裏事情でもない限り。

    但し、今揉めてもいいことないでしょう。
    記録に残る形で抗議し、一旦矛を収めてはいかがでしょうか?
    で、退職時にその会社に愛着がなければ、労基に行って過去に遡って手数料返金を求める、と。

    ユーザーID:4064480497

  • 差し引かれています。

    夫の会社は、給料から振込み手数料をずっと引かれています。
    仕方ないとあきらめています。

    ユーザーID:3947728279

  • はっきり違法

    既に指摘されている通り、労働基準法が定める全額払いの原則に反して、明確に違法です。
    匿名でよいから労働基準監督署に連絡して、労基署から注意してもらったらどうでしょう。

    ユーザーID:2438286345

  • 勝手に整理します

    まず、労働基準法第24条により、原則として給与は全額、労働者に渡す必要があります。

    この原則から、銀行振込で手数料を引いて支給したら、全額ではなくなるので、違法、という見解が生じます。

    一方で、同条に「ただし書」があり、ほかの法律で定められていたり、労使協定で認めている場合は、
    それぞれ定められた範囲で天引きが認められます。

    「ほかの法律で定められている」のは、公租公課(税金や社会保険料)の類です。
    「労使協定」で決めたら何でもあり、ではなく、労働基準監督署の通達(昭27.9.20基発675など)によれば、
    種々例示の上、「事理明確なものについてのみ」とされています。
    振込手数料が含まれるかどうか、専門家でも意見が分かれるようです。

    まとめると、

    ・労使協定で、労働者の振込手数料負担がうたわれていなければ黒、あればグレーゾーンです。

    ・会社主導で原則振込なら、労働者に全額渡さない方針を社として強いていることになり、
     濃いグレーと考えられます。

    現金渡しを希望する(拒むのは同条違反)か、
    労使協定を確認の上で、労基署に相談されてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:3629110526

レス求!トピ一覧