• ホーム
  • 働く
  • 二人目出産後復職しました。仕事内容が物足りない。

二人目出産後復職しました。仕事内容が物足りない。

レス12
(トピ主2
お気に入り30

キャリア・職場

アプリコット

32歳です。
1人目を3年前に出産し、昨年2人目を出産、この春職場に復職しました。
今回は7カ月の産休・育休をいただいています。仕事も時短勤務が可能な部署に2人目の妊娠がわかった段階で異動させてもらえました。大変恵まれていると思いますし、この状態であれば、両親や夫の手助けがあまり得られない現状でも、仕事と育児の両立は問題なく続けられそうです。

しかし、異動した先の仕事は、事務的な処理をする部署で、物足りなさを感じています。
以前は建築業の営業職で現場監理もしていたので、現場に出る機会も多く、毎日深夜まで仕事をしても、ほとんど苦にならず楽しく充実していました。仕事が好きで、やめたいと思ったこともありませんでしたし、それだけ時間も気持ちのあったので、結果もついてきていたと思います。
今の仕事は、もし子供が急に熱など出しても休みが取りやすいですし、融通がききます。だから、状況的には会社の配慮に感謝しています。なのに、どうしてもあの充実して仕事してる〜!!と感じていた毎日が恋しくなってしまいます。本当に自分のわがままだということはわかっていますが。
最近はモチベーションも日々下がっていくのを、なんとかやる気になろうと業界紙を読んだり、早く家に帰る分、新しい資格を取ろうと勉強にあてたりしていますが、テンションが下がってきてしまいます。

みなさんは、本位ではない仕事を、でも自分の状況的希望でやっている時、どうやって気持ちを維持していますか?何かコツやよいアイデアがありましたら、ぜひご教示ください。

ユーザーID:1744970746

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 優先順位を考える。

    トピ主さんの場合ですと、

    1.子供と子育て
    2.家事
    3.仕事のやりがい

    になるのでしょうか?
    私は、自分の中で仕事は後回しにしてしまったんだからしょうがない、と自分が決めたことだからと考えて割り切ります。

    実際、私も結婚引越のために、好きな仕事(部署)から新居近くの営業所に異動転勤になりました。
    今の仕事は、自分の力を発揮したり成果を出す充実感はありませんが、それは私が家庭を取ったためだからしょうがない、と考えています。

    あとは、実際に今、本社まで片道2時間近くかけて通勤していたら、結局は疲れと家事ができないストレスでダメになっていただろうな…と、想像して納得したりします。

    あれもこれも思い通りに…なんて、人生そううまくはいきませんものね(苦笑)。

    ユーザーID:9012679737

  • ガマンするのみ

    働かせてもらうだけでもありがたい事ですよ。そして職場にも迷惑をかけている状態です。
    自分のことはさておき、あたえられた仕事を懸命にこなすこと。それだけです。
    納得できないのなら退職ですかね。

    ユーザーID:0107837126

  • 今はその時期

    パワフルですね!
    乳児を抱えた状況では深夜まで働くわけにも
    いかないですよね。
    お子さんが小学生になったら
    また元の部署なりもう少し充実した部署に
    異動させてもらうなり出来ますよ。
    それまでは与えられた仕事を全力でこなすべきじゃないですか。

    ユーザーID:8568693308

  • 同じですね

    私も出産を機に、物足りない仕事をしています。
    同い年です。


    明らかに「誰でもいい」仕事。
    お金をいただくのが申し訳ないほどに。


    で、モチベーションの保ち方ですが、特にないです。

    自分はこういう選択をした。ただそれだけ。

    女性だって、独身を通し、子供を持たない選択ができます。

    でも私は結婚して、子供がほしかった。
    さらに、働きたかった。
    その上、できる限り子供に寂しい思いをさせたくなかった。

    こんなに望みを叶えておいて
    まだ望むか?と、我ながらおこがましいです。

    「バリキャリママ」も「超イクメン」も
    「シッター雇える経済力」も、どこが遠い世界の話です。

    主さんは、どうでしょうか。


    それと、どれだけ「物足りない仕事」でも、
    些細なミスのひとつもなく出来ていますか?

    誰にも何も聞かず、完了できますか?

    もし、これが「NO」なら、
    今の職場を「物足りない」とは言えないのでは?

    「完璧よ」と仰るなら、
    ご主人と話し合ってもいいかもしれませんね。

    ユーザーID:0122883183

  • 一番大切なのは家庭。

    最近、仕事に対して焦る気持ちこそが、親として、家庭を持った者として幼く、責任がないものだと気付きました。

    深夜まで仕事をするという事は、子供に適切な時間に夕飯を食べさせてやれないという事。
    子供の情緒面を育てるのに必須の子供との接触時間を確保しないという事。
    そして、家庭が社会の最小単位・人間が人間らしく生きるために一番重要な場所であるのに、それをないがしろにするような深夜勤務・超過勤務が当たり前になっている社会が偏ったおかしいものである事に気付きました。
    そしてこれは、母親である働く女性だけの問題ではありません。父親である働く男性にも同じ事が言えます。
    父親不在の食卓、父親不在の休日。子供の人間形成に良い事ではありませんし、夫婦の関係にも多大な影響を及ぼします。
    これは私的生活を仕事に持ち込んだ考え方ではないと思っています。逆に、仕事が私的生活に侵食しているのです。

    私も昔独身だった頃は仕事が大好きで、誰よりも遅く職場に残っていたものでした。だからトピ主さんの気持ちが分かる部分もあります。

    続きます。

    ユーザーID:2687619215

  • 続き

    でも今は、あの頃の自分は仕事に毒されていたと思います。
    それは私が今、巷で話題になっている3年の育児休業取得者で、大分周囲とのコミュニケーションを取れるまでに成長した子供と、働いて帰って来る夫を、常時家にいて見ている事によって気付けた事でもあります。おそらく1年くらいの育児休業では気付けなかっただろうなと思っています。


    夫は出来れば仕事は定時で終わらせて、早く帰って家庭での時間を大切にしたいと考えている人ですが、それでもやむを得ず遅くなる事が多々あります。
    子供と一緒の食卓を囲めない、子供と触れ合える時間の短さ、夫が家族と会話するのも疲れ切って出来ない時があるなど、仕事に多くの時間を割く事は、こんなにも家庭にとってマイナスになるのだな、と、理屈ではなく肌で感じました。
    職場の飲み会で父親が不在になる事が頻繁にあるのも、家庭にとってはあまり嬉しくないものだ、とも思いました。
    それで私は、仕事大好き、飲み会も大好き(酒は飲めませんが雰囲気が好き)だった自分を猛省したのです。

    続きます。

    ユーザーID:2687619215

  • 続き2

    色々な事情があって、我が家は共働きでないと生活が成り立たないので(この育児休業中は私の貯金も使って生活しています)、私か夫が専業主婦(夫)になって子供の傍にずっといるという選択は残念ながら出来ないのですが、復帰後は、今のトピ主さんのように子供のために融通がきくポジションに配置して頂けるのならば、喜んでお受けしようと思っています。
    そうではなくて、もし仕事量の多いポジションに配置になったら、出来るだけ早く仕事を終わらせて、定時に職場を出る事を目標に頑張ります。

    自分の家庭を持った以上、仕事に責任は持ちますが、自分のアイデンティティーまでは求めません。
    アイデンティティーを持つべきは家庭。
    それが家庭を持った者の使命だと思います。男も女もね。

    トピ主さんは、過去の自分の仕事への未練を捨てる事から始めてはどうですか
    やっている仕事が本位であるか本位でないかという区別も捨てましょう。
    一から生まれ変わったような気持ちで生きるんです。これからは全く別の新しい自分。
    とても清々しい毎日が待っていると思いますよ。

    ユーザーID:2687619215

  • 仕方ないです

    お気持ちはわかります。
    でも今の状況ではどうしようもないでしょう?

    あと数年かそれ以上、会社や同僚に迷惑をかける期間は続きますよね。
    それでも留まりたいのなら、ひたすら辛抱です。
    モチベーションなんか二の次ですよ。
    そこにいて与えられた仕事をしていたらお給料をもらえる。
    そのことに感謝する以外何がありますか?

    ユーザーID:4450367527

  • 働く女性の課題ですよね!

    トピ主様は、とても聡明な方ですね。
    仕事と育児の両立ができる状態に身を置くことができたのは、トピ主様の懸命な選択の結果です。
    まずは、よくやったと自分を褒めましょう♪

    その上で現在の仕事のモチベーションを上げるコツというと・・・
    ・事務処理能力を上げる(あまり興味が沸かない分野かもしれませんが、今後何をするにも事務処理能力は高いほうが絶対有利です)
    ・家事や育児の中に自分なりの楽しさを見つける
    ・今後20年という長いスパンでの人生計画を立ててみる

    現在している仕事を、好きになると楽になります。無理やりにでも、興味を持てる部分を見つけられるといいのですが・・・。
    子どもと密着して生活できる期間って、実はものすごくあっという間です。今の大切な時期を、お子さんと一緒にいろいろなことをして過ごすのもいいと思います。(トピ主様には、その余裕がありそうなので)
    お子さんが大きくなってくると、そばにいて世話をすることから、親の生きる姿を見せることに重心が移ると思います。そうなったとき、どんな生き方をする自分でいたいか・・・それを常に考えるのは大事かなと思います。

    ユーザーID:8486146217

  • トピ主です ありがとうございます

    自分の思い通りにはいかないのはその通りですね。私には割り切りがたりないんだと再認識しました。

    子供はふたりになって、よりかわいいと思うようになったものの、それまでの生活とのギャップや忙しさで、自分よりも子供を優先させて・・・と思いやっていてもストレスが溜まって、どうしても大人になりきれない自分が出てきてしまって。

    ユーザーID:1744970746

  • 続き

    心に余裕がないと、家族誰の為にもならないと、理解しています。
    理解と納得は少し違いますが、納得するように、自分の状況を冷静に考えるよい機会になりました。

    働けるだけでありがたいというのもわかるのですが、その考え方が残念という気持ちはあります。迷惑かけている部分もあるでしょうけど、出産以前からトータルでみれば、それ以上に成果を上げてきたという気持ちがどうしても残っていたので。。でも、過去は過去。今は無理で配慮してもらえているのだから、その事実をありがたく思って、自分に与えられた仕事をがんばってみます。

    私は、専業主婦の母から、厳しく細かく指導されて育ったので、それに対して窮屈だという思いがものすごく強く、自分自身は子供だけに目線がいかないよう、パワーを仕事や自分のことに分散させていと出産前から思っていました。ですから、働くことに対して、子供に悪いな、などは思わず、自分の世界を子供も持ってほしいし、私も別の目線や視野が得られるといいな、と思っています。

    ユーザーID:9642723695

  • 続き2

    どちらにせよ、今の状況で独身子どもなし時代と比較すること事体が意味のないことでしたね。
    皆様のおっしゃるとおり、自分の状況で、よりモチベーションがあがる働き方・発想に切り替えてみます。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:1744970746

レス求!トピ一覧