44歳独身 老後の心配で気持ちが沈みがちです

レス33
お気に入り301
トピ主のみ1

Nori

話題

44歳独身女性。今まで異性とお付き合いの経験もありません。そもそも、異性に対して恋愛感情がないように思います。
(同性愛でもありません。誰に対しても恋愛感情が持てないのかも知れません)
こんな私なので、この先もおそらく一人でしょう。
兄弟もなく、同居の母が亡きあとは、家族もなく孤独な老後が待っています。
頼れる親類や知人もなく、一人きりの老後が心配で(病気や要介護になった時のことなど)、将来のことを思うと今から気持ちが沈んでしまいます。
仕事柄、貯金等の相続の手続きをすることが多々あるので、自分が死んだら・・・と思うと誰も手続きしてくれる人もなく空しくなります。
せめて、兄弟や甥や姪がいれば、相続人がいるので心配なかったのになと思いますが。
もともと心配症な性格なので、取り越し苦労も多く、気持ちを明るく持つことが難しい性格でもあります。
私のように、兄弟もなく生涯独身の人は、自分の老後のこと心配じゃないですか?
どうしたら気持ちを明るく前向きにできるでしょうか。

ユーザーID:1124910689

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 生きているうちの心配だけすればいい

    生きているうちにどうかという心配は打てる手が色々あります。

    ただし、お金次第ということも少なくないので、
    頼れる身内がいない場合にはお金の重要度は高くなります。

    身寄りがいないということは、ポジティブに考えれば
    死んだ後に揉めることもないということです。

    生きているうちに葬式の手配と遺品の片付けを業者に前金払って
    依頼しておけば十分でしょう。


    身寄りが居たって、自分が死んでしまった後にどういう展開になるかの
    コントロールなんてできません。

    遺書を書いたって、その通りに実行される保証はないのだし、
    それに対して文句付けようにも死んでしまったら言えないわけですので。

    ユーザーID:5031740526

  • 私は逆ですね。

    本当に一人きりなら、逆に心配することもないです、私。
    (老後に一人っきりで寂しいという気持ちはありますが)

    相続だって、相続人がいないのだから、そのまま国の財産になるだけですから役所の方が手続しますから、何も心配ないかと。

    私も同じ世代で、老後は一人ですが、母や兄、甥っ子姪っ子、近所にいとこがいるから、みっともない姿を見せるわけにはいかないという責任感がありますが、本当に一人なら、正直「どうにでもなれ」という感じで、家でずっと寝ていればいいんじゃないですか?

    私の人生設計は、そうなっております。

    母が生きている間は、世間体を考え仕事を何とか続け、私一人きりになったら、無理して仕事をせず、退職したら貯金を使いながら、家に引きこもって生命をまっとうしようと考えています。

    ユーザーID:4342287983

  • うだうだしたいままでいたいのならそのままで

    嫌なら一番大事なことをすればいいでしょう。

    結婚したいなら、相手を選びすぎなければ
    まあまあな人なら何歳でも結婚したい人はごまんといますよ。

    理想にこだわるなら一人で上等、と思うすっきり感がないですね。

    遺したい人がいないなら、探せばあげたい団体とか施設とか
    どこにでもありますよ。
    そういう社会貢献的な生きがいを見つけるのも大人の証です。

    遺したい相手にこだわったって、どうにもなりません。
    自分に子がいても、孫やひ孫ができない場合だってある。
    女系で結局相手方の財産になったり、
    嫁が自分のいいようにコントロールするなんてよくある話。

    苦労して貯めた財産があり、素晴らしい人だったけど
    あんなふうになっちゃった、ということってよくあります。

    大事なのは、うだうだせずに
    自分のベストの中で満足しながら、社会貢献もして
    楽しく過ごすことじゃないですか?

    家庭があっても、子供がいても、財産があっても、子孫がいても
    幸せじゃない人は沢山いますよ。

    ユーザーID:7898885446

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧