• ホーム
  • 学ぶ
  • 海外に住むこどもの母語の確立のために出来ること

海外に住むこどもの母語の確立のために出来ること

レス15
(トピ主4
お気に入り20

趣味・教育・教養

チャーリー

北米に移住して1年2ヶ月になります。現在、6歳半になる息子が一人おります。
息子は日本で生まれ日本で過ごしましが、5歳半で北米に移り、その時期より地元の公立小学校に通い始めました。現在1年生に在学し英語力は着実についてきているようです。

しかし気になるのは母語(日本語)の維持についてです。
特に”母語の確立の重要性”については、こちらに移住して以来色々な所で耳にするようになりました。
自分でも調べてみましたが、”人間はものを考えるときに頭の中で言葉にして考えるので、母語が確立されていないと抽象的なことや観念的なことを考えようとしたときに思考がストップしてしまい、思考が広がって行かない、展開されて行かない”、というようなことが書かれておりました。
このことについて深く考えさせられました。
息子は5歳半で英語環境に入りましたので、母語である日本語を確立するにはまだ不十分であると思います。母語の基礎作りという点では、これはあとで取り返せるものではないと思い、いま日本に帰国することを考えています。日本で過ごせる期間は最長で2年半です。いま6歳半ですので、2年半年日本に滞在するとなると、息子が9歳になる頃くらいまで日本語環境にいることが出来るということになります。

同じような体験をされた方がいらっしゃいましたら、どうか体験談やアドバイスなどお聞かせいただけますか?

ちなみにいま住んでいる北米では、家庭では息子は私(母親)とは日本語、父親(英語が母語)とは英語で話しております。
息子は、家庭では日本語の読み書きの練習は毎日欠かさず週一回日本語の学校へも通っております。日常の日本語会話は問題ないものの、すこし込み入った内容を話そうとすると、言いたいことはわかるものの、文を正しく構成することが出来ていないというような状況です。

ユーザーID:7077862984

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わからないのですが・・・

    どうして、その状況(北米に移住、ご主人が英語が母国語、現地校に通学)で、『母語(日本語)』で考えられているのでしょうか?
    それらの状況、お子さんの年齢を考えても、『母語(英語)』で考えて行った方が、自然ですし、楽に確立できるのではありませんか?

    ユーザーID:8111070767

  • がんばってますね〜!

    私は、海外ホームステイで、
    母親の言語を子供に教えることに
    成功している例を見ました。
    その例をもとにアドバイスします。

    子供は、言語を社会的なシチュエーションで
    覚えていくものだと思います。
    一番良いのは、他人とお母さんが日本語で話すところを
    子供に頻繁に見せることです。
    すると、子供は、日本語が、実用的に使える言語だとわかるのです。

    具体的には、
    1 日本人の友達を、できるだけ大人数、頻繁に、家に招く。
    2 祖父母と頻繁にスカイプで話す。

    補助的に、
    3 アニメなどの日本語の動画を見せる。
    などです。

    日本語学校や、毎日の自宅での勉強もとても大切で、
    トピ主さんがそれをできているのは、すばらしいことです。

    私のステイしていた家庭も、子供に補習学校に通わせたり、
    毎日、自宅学習させた上で、母語が同じお友達や親を家庭に
    頻繁に呼んで、世間話していました。

    自宅学習を監督するお母さんはとても真剣でした。
    その甲斐あって、子供はぐんぐん言語を身につけていました。
    言語を身につけるって、大変な労力だと、つくづく思います!

    ユーザーID:5919093046

  • それは逆ではないですか?

    米国に移住ということは基本的に永住ということですね?
    それでしたら、将来使って生活していく言葉が大事なのでは?
    どこに生活基盤を置くかを考えると、普段は英語で考えて英語で生活するんですよね。日本語がメインという考え方で行くと逆に英語がとぴ主さんの危惧する状態になるのではないのでしょうか。
    私の知り合いに実際その状態になってしまった人がいます。

    ユーザーID:6818802862

  • 話せるだけと母語としての確立は別。

    混同されている方がいるようですが、トピ主さんはバイリンガルにする方法のご相談ではないと思いますよ。英語と日本語が話せるバイリンガルにするのと、母語を日本語で確立するというのは全く別の話です。母語は英語で、日本語と英語のバイリンガルもいる訳ですからね。何かについて頭の中で深く考える時、英語で考えるか、日本語で考えるか、どちらが最も得意な言語であるか、という問題。
    トピ主さんは、5歳半までに話していた日本語が母語であるはずと思い込んでいるようにお見受けします。特に母語を日本語にすることにこだわりがなければ、息子さんの母語は自然に英語で確立されて行くと思いますよ。そこで、無理に日本語を母語にすることにこだわると、ご心配されている、”人間はものを考えるときに頭の中で言葉にして考えるので、母語が確立されていないと抽象的なことや観念的なことを考えようとしたときに思考がストップしてしまい、思考が広がって行かない、展開されて行かない”状態になってしまうと思います。下手に2年半だけ日本に戻すと、逆にそうなってしまう可能性が高いのではないですか?

    ユーザーID:2745947478

  • 母親の言語=母語????

    父親の言語が英語で、英語圏に永住(予定)で、英語で義務教育を受けるのなら
    第一母国語は英語になるのが自然です。

    日本語は幼い時に主に使ってきた言語で、母親の言語ではあってもお子さんの核となる言語にはならないと思います。
    もちろん、第二母国にはなり得ますが、これから成長していく過程でのメンタリティーの核になることを強制するなら
    どこかで無理が出てくるような気がします。

    ユーザーID:3140607950

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 低学年〜9歳の移動は避ける

    小学校に入る前に移動する(前回)か、小5以降に移動するのが良いらしいです。小3・4での移動は良くないようです。言語の確立時期に関係あるのかしら?
    お子さんの母語を日本語にするなら、御母さんとの会話は日本語を徹底するべきです。母語というくらいですから。

    ユーザーID:7285362132

  • maruさまへ

    ご意見ありがとうございました。
    これまで”母語”について書かれたものを複数読んできていますが、母語とは”その人の母親の話す言語”と定義されているようです。

    ユーザーID:7077862984

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • マリーさまへ

    ご体験からのお話、貴重なものとなりました。ありがとうございました。
    特に、
    1 日本人の友達を、できるだけ大人数、頻繁に、家に招く。
    2 祖父母と頻繁にスカイプで話す。
    上記2点は目からうろこというか、身近に出来るのに気づかなかった点でした。
    日本の父母(息子から見たら祖父母)は既に他界しておるのですが、幼稚園のお友達がおりますので、そういう子どもたちとスカイプでお話をするっていうのも可能かもしれません。こどもってお友達から会話を吸収していくんですよね。それから、私自身がこちらで日本人のお友達を招く、というのも、いろんな会話のパターンをこどもに見せられるという点でとてもいい方法だと思いました。
    なかなか一人では気づかなかった点を教えていただき、投稿してよかったと思いました。ありがとうございました。

    ユーザーID:7077862984

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 日本語を母語にする必要性は?

    他の方がおっしゃるように、5歳から、父親が英語、母親が日本語、現地校に通って
    土曜日のみ日本語の学校(補習校の事ですか?)という環境だと、
    英語が母語になる可能性の方が高いと思います。

    日本語を母語として固めるために9歳まで日本で過ごすという選択肢を選んだ場合、
    その後、9歳で「外国語圏」に放り込まれ、もしかすると一生言葉のハンディを
    負って生きて行かなければいけないという状況になる可能性があり、
    それが本当に望ましいのかはかなり疑問です。

    あるいは大人になったら日本で生活する可能性が高いという事情でもあるのでしょうか。

    ユーザーID:1030395527

  • 何が大事なの?

    トピ主さんの文章からだと、息子さんは9歳以降は確実にアメリカで、英語で生活して生きていかなければならないんですよね?
    だったら、どうしてもっと小さい時から彼の母国語が英語になるように努めて来てないんでしょうか?しっかり英語が母国語レベルになる事が最優先でしょう?
    そこに支障が出ない程度に日本語教育はやったら良いんですよ。
    第一、9歳までしか日本に住めないのに、母国語レベル(成人レベルで大学程度の読み書きが出来る)には絶対になりませんから。後は、親と子供さんがどこまで努力出来るかです。
    休暇はなるべく日本で過ごさせるなどして、日本語のレベルを維持出来るかどうかが鍵でしょう。

    ユーザーID:4992946320

  • 違いますよ

    母語=母親の話す言語、ではありませんよ!
    母語とは母国語、すなわち日常的に最も使う言語であり、一人で頭の中で考えるときにも
    出てくる、もっとも自然で楽な言葉の事です。

    トピ主さんの理解だと、例えば日本生まれ日本育ち日本の学校に通学する、父日本人、
    母フィリピン人の子どもの母国語はタガログ語ですか?? そんな訳ないでしょう。
    何冊も本読んだのですよね? どのような理解の仕方したんでしょうか。

    お子さんの場合、これからも北米に住み続け、学校に通えばちゃんと英語が母国語に
    なりますから心配要りませんよ。 日本語は無理に帰国せずとも出来る範囲で
    続けてあげればよろしいのではないですか?

    ユーザーID:0677873715

  • ありがとうございます。

    皆様からご意見いただきありがとうございました。
    沢山の方からレスいただいたため、お一人お一人に返信出来ませんが、ご意見参考にさせて頂きたいと思います。
    特に中途半端に帰国滞在することがいいことなのかどうかについては自分でも気になっているところですので、よく考えて答えを出していこうと思っております。
    どうもありがとうございました。

    ユーザーID:7077862984

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 母語=母親の第一言語ではないと思いますが

    もしかして、トピ主さんは英語で母語を示す言葉であるmother tongue, mother languageという言葉を「母親が話す言葉」と解釈されているのではないでしょうか。母語は人間が幼少期から自然に習得する言語のことですから、厳密には母親とは関係有りません。

    トピ主さんのお子様の環境下で母語を日本語にするのは大変だと思います。祖父母と話す日常会話をいくら経験しても、抽象表現や学校で用いられる用語は身につきません。たとえば、小学校の教科書では「ふりがな」「ルビ」をつかうことがありますが、日常会話では「ふりがな」という言葉を使うことは稀ですよね。また1+1=2という数式をどういうかも日常会話で話すことは稀です。このように学校に行かなければ習わない、使わない言葉が取りこぼされてしまうので、日本語で抽象思考をすることが難しくなります。そういう言葉を母語にするのは、セミリンガルの問題があると思います。

    母語は英語にして、第二外国語として日本語を身につけるのが小学生の今は無難だと思います。

    ユーザーID:4832520997

  • 少しでも参考になるといいのですが

    私の夫(40代)が帰国子女です。
    夫の両親は日本人ですが海外駐在が長く、
    夫は幼稚園から中学2年くらいまで北米で過ごしました。

    主さんのお子さんと同様、平日は現地の公立学校、
    週末は日本語の補習校に通っていたそうです。

    当時、家族みんなでする会話は日本語だったそうですが、
    3歳年下の妹とは家でも英語、ケンカも英語でしていたとか。

    夫は、込み入った考え事などをする時、
    頭の中で無意識に使っている言語は、現在でも英語だといいます。
    やはり、成長過程において使う機会がより多い言語が
    優位になるのかもしれませんね。

    それでも、日本語での学習もかなり頑張ったらしく、
    昔から、普段はまったく「帰国子女っぽさ」を感じさせません。
    (帰国後、中学校・高校ではかなり苦労したようですが。)
    私も、交際するまで全く知らなかったので非常に驚きました。

    夫の場合、現地の夏休みなど日本に長期滞在できる時に、
    日本の学区の公立学校に掛け合い、受け入れてもらって
    通った事もあるそうです。
    短い期間ではありますが、よい経験になったそうですよ。

    どちらの言語も、しっかり身に付けられるといいですね!

    ユーザーID:3671490473

  • みけみけさまほか、レスくださったみなさまへ。

    みけみけさまのご主人様は幼稚園のときから北米で生活されたのですね。ちょうど息子の状況と同じなので興味深く拝読いたしました。中学2年のときに日本に戻られてそれからずっと日本に住んでいらっしゃる(のでしょうか?)のにいまだに込み入った内容は頭の中で英語で考えているとは面白いですね。日本語は情緒的な言語で英語はより論理的な言語だと言われていますから、込み入った内容を考えるときには自動的に英語にスイッチしてしまうのかもしれませんね。人間の脳って本当に不思議です。ご主人様のご両親も日本語維持のために努力されていたようですね。私のところは駐在ではなく移住で日本に帰る予定は今のところないのですが、言葉は文化であり、私は日本人親として日本語を息子に継承して行きたいという考えで、そのために出来る努力をしていこうと思います。トピをたてて以来、その後自分でも息子の通う日本語学校の先生や同じ悩みを持つお母様方にも色々お話を伺い方向性が見えてまいりました。今落ち着いて皆様からいただいたレスを拝読しますと、見ず知らずの者に本当に考えて意見を言ってくださっており有り難く、皆様に改めて感謝申し上げます。

    ユーザーID:7077862984

  • トピ主のコメント(4件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧