お金を託すのが信頼の証!?

レス547
(トピ主4
お気に入り1,607

恋愛・結婚・離婚

SORA

20代後半のサラリーマンです。
今秋に結婚を控えている彼女と、生活費の分担の問題で
どうしても話がまとまらず、言い争いが絶えません。
彼女も仕事はしていますが、派遣で週3程度の勤務です。
現在の年収は私が800万弱、彼女が200万程度です。

私が彼女に提案しているのは、
月の生活費(家賃・食費、その他諸経費)の必要額をお互いの
年収額の割合(8:2)で分担し、残りを個人で管理することです。

彼女の主張は、SORAより私のほうが家にいる時間が長い
(彼女は勤務は週三、かつ自分は仕事で22時近くなど平日の帰りは
遅いことが多い)ので、平等にと言っていても必然的に家事の負担は
増えるんだから、生活費の割合はもう少しあなたが持ってくれても
いいのではないかということがひとつ。
ふたつめは将来を見据えて貯金もしなければならないのだから、
二人の収入は全て共通口座に入れて、二人で管理するということです。
それが「お互いの信頼の証」だと言われました。

生活費については、正直自分が全額出しても構わないとは思っているの
ですが、ふたつめの共有管理だけはどうしても納得いきません。
一番嫌なのが共通管理にされると、自分が何か買いたい時に、
いちいち相手にお伺いや相手の顔色を伺わなければいけなそうなことです。

貯金が必要なのは理解はできるので、その額はお互い生活費とは
別に定額拠出して積み立てていけばいいと思うのです。(あまりは各自管理)

お金の使い方については、今後生活するにあたり、
重要だと思っているので、折り合わなければ別れすら頭がよぎっている状態です。

この件についてどう思いますか?
皆様のご意見と、うちはこのようにしているなど、上手い結婚後の費用の分担方法について、良い例があればご教示頂けると幸いです。

ユーザーID:4671284106

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数547

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 家庭を会社と考えてみては?

    貴方がお金を引っ張る営業
    彼女が会社の各部署を回す総務
    そう考えてみませんか?

    その会社を運営するに辺り、妥当なのはどちらの意見だと思いますか?

    営業がなんの規制も無く接待や経費をかけて大丈夫だと思いますか?
    それが多くの利益を呼べば良いのですが、浪費は駄目ですよね?
    貴方が相手の顔色を伺う金は浪費だからでしょ?

    収入は立派です。
    きっと会社人としての能力もある方なんでしょう。
    でも、お小遣いを気にしないで使いたい!って考えは幼くないですか?
    会社人として有能でも社会人としては幼いのでしょう。
    身を固めるのはもう少し大人になってからで良いのでは?

    貴方がどうしても意地を通したいなら。
    月に幾ら家庭に入れれば良い?と逆に聞けない?
    800万なら月に30万でプラス入れて年に400万以上いれて、
    「足りなくなったら言ってくれ!」で良いんじゃない?
    そこまで格好をつけたらまさか貯金無し!って事はしないでしょうから(笑

    ユーザーID:5580961661

  • 先が思いやられる

    結婚後の所得は夫婦の共有財産です。
    近年財産形成に対する家事労働の貢献は夫の就業による貢献と同等との考え方が主流になりつつあり、例えば離婚時の財産分与として、専業主婦の場合も原則5割の清算割合が認められるケースが多いです。

    奥さんは別に自分一人で管理したいと言ってるわけじゃないですよね。
    二人で話し合って管理するんだから何の問題もないと思うけど。

    あと主さん貯金っていくらくらいを考えてる?
    たぶんその辺りも奥さんとはかなり開きがあるような気がするなあ。
    主さん:月10万も貯金すれば(ボーナスは自由に使う)
    奥さん:月30万は貯金したい(ボーナスは別枠で貯金)
    とかね。

    ユーザーID:6390628558

  • モヤモヤします

    彼女の金銭感覚がよくわからないうちに、収入を全額管理させるのはマズイです。

    まず、独身時代の貯金は個人のものです。ホイホイ渡してはなりません。
    今すぐ家でも購入するのでなければ、大事にとっておくべきです。

    例えば、生活費が月に25万かかるとしたら、あなたが24万、彼女が6万出して(8:2)
    計30万。余った5万を貯金し、いざというときの支出に当てるのが理想だと思います。

    彼女がそれでも不満を言うのなら、
    あなたが共有口座に30万くらい余計に入れておいて、
    彼女がどうやりくりするか見てみたらどうですか?

    30万残したままでいられるか、あっという間にスッカラカンになるか。
    彼女のお金の使い方が見えてくると思いますよ。

    ユーザーID:9586533941

  • お別れに一票

    あなたが納得いかないのなら、お別れすればと思います。
    あなたに決定権はあるのですから。
    自分の納得出来ない事はできません。

    ユーザーID:9651684752

  • 信頼の証?

    っていうか「浮気封じ」なのでは?
    面倒くさい彼女ですね。(苦笑)

    私(女性ですが)トピ主さんに賛成です。
    生活費と積立金だけ共通口座へ入れて、あとはそれぞれで管理したいですね。

    派遣だったら契約が切れた時や子どもができた時はどうするんでしょう?
    その時は収入の全てをトピ主さんが管理することになるのかな?

    どちらにしても、今キッチリ決めてもその通りにはいきませんよ。
    生活してたらいろんなことが起こりますから。

    別れもよぎるようだったら、彼女にも話をして
    ふりだしに戻してももいいのかな、って思いますけど。

    ユーザーID:3840924217

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 別れる

    『俺のこと、信頼していないんだね』
    と言い残し、別れます。
    なんだかんだ、トピ主さんのカネ目当て
    ですよ、その彼女は。
    自分の方が稼ぎが遥かに低いのに、そういう
    発言をするのはハイエナの証です。

    ユーザーID:1581436615

  • 性格の不一致・・

    年収800万対200万ならば生活費は全部面倒みてもいいと思います。
    が、トピさんが納得できないならば共同管理はやめるべきです。
    私も以前貯金の管理まで口出ししてきた彼女と結婚やめました。
    今生活費は全部負担していますが、自分の収入・貯金は全て自分で管理していますよ。
    よく考えて下さい。結婚前の貯金はどうするか彼女に聞いて見ましょう。

    ユーザーID:7690733182

  • 独身貴族

     私も女性だからかもしれませんが、彼女の意見に同意します。あなたは、お小遣い制がイヤで、奥様にお金の管理を任せたくない、生活費として共有口座に入れたら、残った自分の稼ぎは自由に使いたいという事ですよね?
     ちなみに、月々のあなたの手取りは?そのうちのいくらを共有名義の口座に入れるおつもりですか?それが分からないと、何とも言えません。また、ボーナスは?まさか、全部独り占め?
     
     お子さんの予定はありますか?女性は、どうしても妊娠・出産・育児・家事…など、お金にならない時間が長くなり、収入を得たくても、思うように働けない可能性が高くなりますよね。その点は、どのようにお考えですか?
     
     結婚と同時に財布は一つにして、共働きの今のうちに貯蓄に励むといいですよ。我が家は、そうしました。管理は私がして、お互い小遣い制です(金額は違います)。(ご主人が管理している家庭も多いです)
     
     そもそも、自分の稼ぎは自由に使いたいなら、一生独身でいればいいのに。そこから間違っていると思います。子どもは、えらくお金がかかりますよ。奥様が専業主婦になったりしたら最悪です。結婚やめときましょ。

    ユーザーID:1741045872

  • 我家は夫が管理

    我が家の資産運用は夫がしています。(夫の希望)
    私も意見しますし、意見は求められます。
    月に一度、お金の出入りを説明され、株や債券、外貨、定期預金、普通預金、
    給与、不動産所得、配当所得、すべて大まかに把握しています。

    専業主婦ですが不労所得と役員報酬など貰っています。
    それは全部運用と貯金に回していて、生活費全般全額夫負担です。
    私の預貯金に関しては、夫は何も言いません。

    主さんのお宅も、収入の多い主さんがご自分で資産を管理したいなら、そう主張すべきです。
    意見が受け入れられないなら、お別れすればいいことです。

    ところで彼女貯金していますか?

    彼女は貯金がないので、主さんの貯金を狙っているのではないですか?
    私は資産管理は、暇な時間を持っている方ではなく、貯金できる方がするべきだと思います。
    「お互いの信頼の証」と言い張るなら、早いうちにお別れしましょう。

    ユーザーID:0712654975

  • お金を託すだけでは不十分

    私の考えを説明します。
    結婚するということは、そこから先の人生設計を共有するということだと思います。
    結婚してからは、あなたと奥様が、働いたり、家事をしたり、子育てをしたりするあらゆる行動が、ご夫婦を代表しての活動であると考えると理解しやすいと思います。
    あなたの年収800万円の使い道も彼女の年収200万円の使い道もお二人で考えるわけです。
    ですから、お金を託すだけでもまだ不十分です。
    お金をどう使うのかもお二人で一緒に考えて決断する必要があります。
    結婚すると、
    『俺が稼いだ俺の年収800万円から生活費を全額出してあげよう!(太っ腹)』

    『我が家を代表して俺が働きにいって、我が家に支給された年収800万円から生活費を捻出しているだけ』
    に変わります。
    だから、我が家ではお小遣いの額は夫婦同額で、世帯年収の一定割合を折半して決めています。
    損だと思いますか?
    でも、これだけで結婚したらあなたと奥さんは一蓮托生なんだということを態度で示すことになります。これから先、夫婦で協力して対応しないといけないことがたくさんあると思いますが、いつも友好的に話し合えるようになりますよ。

    ユーザーID:0217872975

  • 貴方の意見が正しいです

    彼女は一点間違ったことを主張しています。生活費を収入の割合で8:2で拠出するのなら家事割合も8:2で分担するのが今の傾向なのに彼女はこの負担割合を平等と言っています。この言い方だともし貴方が100パーセント生活費を負担しても彼女はかなりの家事負担を求めてくる事は確実です。まず生活費の負担割合で家事負担割合を決めるのが原則ですのでここを譲ったら貴方は後々この結婚生活に不満を持つようになります。それにしても昔はよかったです。何故なら給料をそっくり渡せば家事負担はゴミ出しと精々休日の風呂洗い位で帰ればメシ・風呂が待っていて何の問題もなかったです。今は難しい時代になりましたね。頑張って下さい。

    ユーザーID:5149817045

  • 世の中、男女平等な社会になりました

    つまり、生活費負担の割合が8:2ならば、家事負担の割合は2:8です。

    彼女に家事負担を全てやってもらいたいのならば、生活費負担は10:0にしましょう。
    これで、彼女は家事負担について文句を言う事は出来ません。

    このような場合、共有の口座を作り、共有貯金を設けることは、意味がないと思います。
    だって、生活費は全てトピ主さんが出していますから。

    世帯年収1000万円あれば、お小遣い制度にしなくても、十分生活が回るでしょう。
    それに、生活費を考慮したら、トピ主さんも彼女も、手元に残る金額は同程度のはずですよ。

    なんとしてでも、共有貯金やお小遣い制度は阻止した方がいいと思いますよ。
    トピ主さんの場合だと、トピ主さんにとって、全くメリットがありませんから。

    ユーザーID:0922468199

  • やり方はいいと思いますが・・・

    トピ主さんの言う年収額の割合に応じて各々負担する方法も
    アリだと思うし、また彼女さんの言うお互いの収入の全てを
    共通の口座に入れて、二人で管理するのも、夫婦ですからそ
    れもアリだろうとも思います。まぁその分、月の手持ち金
    (お小遣い?)を少し多めに設定すれば、自身の買い物や、
    奥さんへのちょっとしたサプライズの準備やらできるでしょ
    うしね。
    ただ、全収入を二人で管理することが「信頼の証」とか言
    われると何か軽く違和感をおぼえるのは私だけでしょうか。
    確かに、信頼関係の上にできることですから、言ってるこ
    とは間違ってないと思うんですが、夫婦になるんだし、信
    頼関係なんて当たり前のことっちゃ当たり前のことなんで
    すから、そこの部分で「信頼の証」とか言われたら、なんだ
    かかえって妙な距離感をおぼえそう・・・。
    トピ主さんの感じてる違和感とは違うかもしれませんが、
    寂しいというか、なにか事務的なのか、あるいは金銭に対す
    る価値観の相違というか、何かモヤっとしてしまいそうです。
    お金の使い方はもとより、お互いの気持ち的な部分でのすり
    合わせももう少し必要かも?

    ユーザーID:1814797547

  • 額による

    余りを個人管理っていうのは額にもよりますね。
    数万円ならどうぞご自由にとなるでしょうが、十万以上ならそれも家計に足して将来的な大きな出費に備えたいと思うでしょう。
    管理に関しては金銭感覚がよりシビアな方がすればいいのでそれが必ずしも妻側とは限らないと思います。

    ですが、そもそも私的には夫にお伺いを立てず何か買い物をしたいと思ったこともないです。
    個人的な突発出費といえば服飾・美容・交際費くらいですが、その程度の出費に相手が渋い顔はしませんし、教育費やマイカー・マイホームなど大きな出費は二人で相談して使える額を考えています。

    妻に知られず買いたい物、それも知られたら渋りそうな物って一体なんだろう。
    結婚して20年経ちますが私がOK出せないような物を夫が買いたいと言い出したことは一度もないので全く想像が出来ません。

    妻が出し渋る額が数万程度のものだとしたら手元にお金を置いておきたいというトピ主さんの言い分も理解できます。
    その辺り一度話し合われたらいかがでしょうか?

    ユーザーID:1044208945

  • 別れましょう

    タイトル通りです。
    彼女の方が稼ぎが無く家に居るから家事が増えるのは当たり前です。
    そしてあなたは収入に比例する家計貢献もちゃんと提案しています。
    なのに彼女の全額遣せは、週3日のパートで1000万の収入にしたいだけの強欲女です。
    そんな外れ物件と一緒になったら、あなたが後悔しますよ。
    金を預けるのが信頼の証なんてチャンチャラ可笑しいです。
    あなたがそれを言うなら、まだ判るけど・・・。

    ユーザーID:5424153460

  • う〜ん

    こればっかりは金銭的な相性の問題だからなぁ。

    家のケースだと、トピ主さん達程の収入格差がありませんけど
    大体6:4ですかね。
    生活費もアバウトですがその位の比率で折半しています。
    貯金も同じですね。で、残った金額をそれぞれの小遣いにする。
    (残るのは夫婦同額ぐらい)

    多分、奥さんはその格差に不満を持っているのでしょう。
    トピ主さんの考えだと、家庭内で貧富の差が激しく出るから。(笑)
    それなら思い切って、奥さんの年収はそのまま相手の小遣いにして
    自分も200万は個人管理とすればどうです?
    で、それ以外の収入分は生活費及び貯金とする。
    勿論、年間200万の小遣いなんて大金過ぎますから
    個人で無駄遣いをしないように心掛けるのは当たり前ですけどね。

    ユーザーID:8279767133

  • 相談はしてます

    結婚20年の40代夫婦です。
    貯金の使い道については、互いにお伺いも立てないし、顔色を窺ったりもしていませんけど、相談はしています。
    どちらの名義の口座であっても、平日に時間のある私がお金をおろしに行かないといけないので。

    あ、一応、奥様名義の口座は用意して差し上げて下さい。
    でないと、ご主人様に万が一の場合に食費や家賃さえ払えなくなりますし、口座を分散することがペイオフ対策にもなりますから。

    ユーザーID:9891089842

  • 何のための割合提案?

    男性です。

    食事量が著しく違うとか出費内容に偏重がある等の場合を除き、収入差が大きくても生活に掛かる費用は同じはずですので、家庭における家計の負担額は本来は半々であるべきと思います。

    仮に年間300万必要ならば150万ずつですね。200万の収入で150万の支出が不満なら、残り600万を稼げば良いのです。

    では何故、負担額に差を設けるのか...これは偏に相手に対する気遣いの他ないですよね。収入や出費の差、性差によるものだったり理由や負担割合の大小は様々ですが、全てを同じにできないことへの配慮であり、結婚生活におけるお互いの理解と協力を得るため...だと思います。

    それには同時刻に帰宅できないことによる、多少の家事の負担増も含まれて良いのではないでしょうか?

    それを彼女は自分が得て当然の援助であると勘違いしているのであれば、『それは違う』と言うことを先ず理解して貰わねばならないと思います。

    その上でお互いの意見を尽くし、家計を考えれば良いと思います。正解はないですよ。

    ただ週3しか働いていないのに、収入を全て握りたいと考えているその彼女とは別れる方が良いと思いますね。

    ユーザーID:9146344754

  • 結婚に向かないと思いますよ!

    お小遣い制ではお金が足りなくて、今までと同じようにいつでも自由にお金を使いたいって事ですよね!
    それなら結婚しないで独身を続けた方がいいと思います。

    主さまも感じているように金銭感覚って結婚生活では、ホントに重要です。
    うちは私がすべてお金は管理していて、お小遣い制です。
    お小遣いの使い道には一切口出ししません。
    そして、お小遣いが足りない時や買いたいものがあるときは相談してます!
    必要と感じれば家計から出しているので、一緒に買い物に行ってる時は「これ家計から出る?」って取りあえずおねだりされます(笑)

    主さまは、彼女の顔色を伺わないといけないような高額な物を度々買う予定なんですよね?
    個々管理で話が落ち着いたとしても、何かを買ってくる度に彼女の顔色が曇って不快な思いをするのでは?
    生活費の割合はむしろ問題ではなく、共有管理したくない事の方が問題だと思います。

    結婚後の収入は法律的にも共有財産ですよね?
    妥協案としては独身時代の貯金は個々管理、結婚後の収入は共有管理を申し出てみてはどうですか?
    そして、高額な買い物は相談した方がいいと思いますよ。

    ユーザーID:9222535985

  • 私はあなたの意見に賛成します

    共有管理については、きちんと別に定額で貯金するつもりなら貯金額も話し合って決めるだろうし別にやる必要はない、それは信頼とは関係ないんじゃないかなと感じます
    主さんが構わないと思っている生活費の方で譲歩して、共有管理の件は譲れないので譲歩して欲しい
    という主張で構わないと思います。話し合って解決できるといいですね

    ユーザーID:3760806371

  • いい大人なんだから

    トピ主さんは全額を家には入れないとはっきりさせたい。
    彼女さんは全額家に入れるとはっきり言わせたい。
    両者とも今回できっちり片をつけて、
    今後何十年でもそれを錦の御旗にしたいと思っている。

    結局どっちも、今言質を取っておくことでラクしたいだけに見えますね。
    やたらと物事をはっきりさせたがる人ってのは大抵そうですが。

    わざわざ対立の構図を作らなくても、この場をなあなあで丸めこんで
    いざ運用時にはごまかしごまかしやっていく、ぐらいの手練手管を
    いい大人なのにどっちも身につけてないんだなって思います。

    個人的には結婚は贈与のためのスキームだと思ってるので、
    等価での取引しか想定できないような相手と結婚すること自体が
    けっこう不毛だと思ってます。
    こと結婚については、取引(=等価での交換)を前提にしたら絶対揉めますよ。
    等価取引が成立してる状況って奇跡的かつ一時的なもので、
    そんなものどっちかが主観に基づいて不公平だって言った瞬間に
    簡単に崩壊しますから。
    家事労働の値付け論争って延々やってるでしょ?ああいう泥沼になる。

    ただお二人についてはそれ以前に「横着すんなよ」と思います。

    ユーザーID:3251377232

  • やめとけ

    そんな細かいことをごちゃごちゃいう関係の結婚なんてやめときなよ。

    相手に対して家事にしてもお互いに「この人のためにやりたい」という気持ちが
    ないと続かないよ。俺もいきなり結婚後にそういうことを言われて気分が萎えて
    やっぱり10年後に離婚しましたよ。

    やめとけやめとけ。

    ユーザーID:6417839114

  • 合理的に

    お互いが合理的になる方が良いと思います。

    今は結構別会計の家庭も多いようですが、うちの場合。
    夫婦の収入は全て共有として扱います。
    割合で言うと旦那と私で6:4くらいです。
    小遣いも6:4として差を付けてそれぞれ使っています。

    正直な所、子供がいないうちは別会計も良いのかもしれませんが、
    子供でも出来れば別会計はよっぽ両方が上手く稼いでいないと、
    揉める元になっている家庭が多いです。
    一元管理の方が、家族である場合将来的な事もお互いに見越せます。
    特に子供の教育費や、お互いが病気で働けなくなった時など、
    友達の家庭があっという間に崩壊するのを見ています。
    まあ、別会計が良いならそれはそれでアリだと私は思いますが、
    「自分だけのお金!」と言う事に執着するなら、その彼女とはお別れした方がよさそうです。

    ちなみに、うちは旦那がカードを持っていますから、
    どうしても欲しいものはカードで買ってますよ。
    一々私にお伺いなど立てません。
    でもそれも家計を開示し、お互いが把握しているので
    「これくらいなら使ってもOK」ラインがハッキリしているからです。

    ユーザーID:5686419889

  • 経済感覚は大事です。合わないならお別れを。

    家計に対する経済感覚が合うことって、恋愛感情なんかよりよほど大事です。
    個人的経験ですが、こういう感覚って自分の両親がどうしていたか、にすごく影響を受けます。ですので後天的に考えを改めることは非常に難しいです。

    どちらかが折れて結婚してものちのちの火種になるだけです。合わないなら別れたほうがいいと思います。

    ユーザーID:0809352699

  • 「タガメ女」かもよ?

    そう脅してみる(笑)。
    偶然にも、スパイス小町(このページ右のメニューからどうぞ)にタガメ女関連の話題が掲載されています。

    閑話休題
    「君の給料も僕が管理するよ。僕を信頼しているなら、預けてくれるよね?」とでも言ってみたらどうでしょう?
    まあ、それは冗談としても、「ボーナスは僕が運用するからね。」くらいは言っても良いでしょう。実際に運用実績が上がらないとだめですが。

    あと、タガメ女の言う「話し合い」には要注意。
    彼女らにとって、「話し合い」とは「自分の主張を100%飲ませるまでの永遠の持久戦」です。
    本来の「話し合い」をするためにも、金銭の実効支配権を手放したらだめです。

    ユーザーID:0081222906

  • 一生独りで生きて行けばいいのに

    何を買いたいのか知りませんが、結婚したのなら、相手にお伺いたてたりするのは、むしろ当然では?
    日々のちょっとしたもの(雑誌とか)はお小遣いから出し、お小遣いの使い道はいちいち報告する必要はないと思いますが、スーツを新調したいとかは、相談すべきことだと思います。そのレベルでも嫌なんでしょうか?
    お金を好きに使いたいなら、結婚などすべきではありません。

    ユーザーID:0312314555

  • 合意の上なら

    トピ主様の案でも私はいいように思いますが、
    パートナーとの話し合いで決着させるべきと思います。

    お金に関する意識の違いで離婚に至ることは多いようなので、
    結婚前に腹を割って話すべきと思います。

    ユーザーID:2074516491

  • 基本的には主さんの考えに賛成

    30代夫婦です。

    うちは正社員共働きなこともあってほぼ主さんの考えに近い金銭管理です。
    だいたいの収入に応じた割合で生活費を出し合い、
    同じく貯金をしています。
    夫婦共有名義の口座は作れないので、家庭としての貯金は私名義で私管理ですが
    その口座からお金を出す時はもちろん夫婦相談の上です。

    うちはこれで何の不満もなく上手くやってると思うのですが
    これを話すと友人にも同僚にもたいていかなり驚かれます。
    私たちの親世代では夫が外で稼いだ金を専業主婦の妻が管理するのが当たり前だったらしいので、
    彼女さんは悪気なく母親と同じ形を望んでるだけかも。。
    どうしてもと言うなら二人で一つの口座にするなら主さんが家計簿つけて管理することで
    彼女さんとの妥協案になりませんかね?



    彼女さんの貯蓄が今いくらあるか分かりませんが、いずれ出産などで派遣の仕事が続けられなくなった時の事を不安に思ってるのかも知れません。だったら正社員で働けよ、という話はさておき、
    子どもが出来て働けない期間は生活費は不自由させないから、と彼女さんに言えば安心するのでは?

    ユーザーID:0345412799

  • ゲマインシャフトとゲゼルシャフト

    ゲゼルシャフトなら、トピ主の考えで正しいと思う。
    でも家庭は究極のゲマインシャフトだよねえ。
    トピ主提案でやると、家庭内で貧富の差が生じる。
    問題はそれを容認できるかどうか。
    できないだろうね。
    どこかの大学の実験によると、人間は近しい人間との不平等は耐え難いものらしい。
    これが資本主義国家の話であっても、所得の再分配をしないと政情不安になります。
    家庭内で単一税率でやってしまうと、さてどんな殺伐とした家庭になるのか。
    いっそ家事や育児や町内会などの役務は債権化して、夫婦間で売買できるようにするといいかもしれない。

    ユーザーID:7847209257

  • 信頼の証というなら

    >将来を見据えて貯金もしなければならないのだから
    これは確かなので
    生活費に入れる金額の他に
    必ず貯蓄にまわす金額も決めればいいと思います。
    貯蓄用の通帳を別に作って毎月振り込み、残高は随時報告すればいい。

    誰が管理するかについては、
    >互いの信頼の証
    というなら、
    結婚して一緒に暮らしてみて
    トピ主さんが妻を「信頼」して託してもいいと思った時に
    託せばいいと思います。

    だって。

    彼女はトピ主さんを「信頼していない」から
    共有管理じゃないと気が済まないんですよね?

    ユーザーID:0559635534

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧