家計 キャッシュフローがきつい

レス34
(トピ主5
お気に入り59

生活・身近な話題

やりくり

20年間PCで家計簿をつけています。タイトルの通り流動性預金残高が50万を超えることは稀です。支払いはほとんどCCなので翌月の金繰りは立てられますが、不意の支出は痛いし失業(4回経験)するとアウトです。ご意見を頂ければ幸いです。

光熱、娯楽、修繕、学費や固定資産税等は季節変動が大きいので、直近12か月の年間ベースの数字です。

■家族
1.1馬力給与所得夫婦(退職まで8年)+中学生一人

■収入
給与所得等  1800万円+会社業績連動賞与0〜300万(今年はゼロ)
利子配当等    80万

■支出
税       456万 所得税、社・健保等
固定資産税    82万
生命保険(夫)  19万 死亡4千万、今後毎年1千万づつ減額
         会社負担グループ:死亡3千万+事故死3千万
食費
  食材    133万
  外食     31万
  嗜好品     8万
医療       38万
自動車(2台年間4万km)
  ガソリン   46万
  保険     25万
  修理・維持  40万
  税金等     3万
通信費      53万 固定電話+スマートフォン3台、インターネット、衛星・有料TV
住宅修繕・維持  19万
光熱・水道    53万 PC9台、冷蔵・冷凍庫3台、AV機器など多数、家庭菜園果樹水やり
火災保険     13万
日用品      43万
服飾・化粧品   27万
子育て
  学費     80万 今年から190万
  課外活動   59万
娯楽(旅行等) 107万 今年は含国外旅行で200万予定
習い事(茶)   11万
交際費・雑費   20万
書籍・雑誌等    6万
貯蓄(株・投信)540万

■貯蓄
株・投信 1億3000万(うち老後資金8千万、進学資金9百万)

■住宅
築28年市場評価額7〜8千万

■借金
なし

ユーザーID:7329400017

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 株を控える

    株への投資を年50万円ほどでも控えたら
    良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:8622509576

  • わーすごい、お金持ちの人の家計簿面白い!!

    私もキャッシュフローがきつい、と言いたいですが
    私の場合、自転車操業といった感じです。

    貯蓄は年間540万円相当されているんですよね?
    株と投信だそうですが、全部株と投信なんですか?
    年間50ー100万円分は現金で持っておけば
    キャッシュフローがきつくなることはないと思います。

    あとは普通に考えて食費・通信費、日用品、光熱費は
    もう少し安くできるかと。
    生活レベルを落としたくないなら仕方ないですが。

    医療費も38万円というのはかなり高いのでは?
    一人年間11万円以上ですよね。
    医療費還付されないんでしょうか。

    失業するとアウトだそうですが
    失業しないように気をつけてください。

    ユーザーID:5640452733

  • 庶民は

    月の話をしてくれないとわかりません。

    ユーザーID:2825394556

  • 家計

    多分「余計な金を残しておかない」というポリシが災いして金繰りに余裕がないのではと思っています。

    税関係はどうしようもありませんが貯蓄とほぼ同額、全収入・支出の30%を占めていることは驚愕です。

    生命保険は過剰で会社負担分だけで十分ですが、転職して新しい会社に会社負担保険がないと…という不安があります。しかし貯蓄・年金で賄える目途がついてきたので退職4年前までにはゼロにする予定です。

    使途不明どんぶり勘定の「小遣い」という考え方はありません。ランチに使えば外食に、スタバに行けば嗜好品に計上します(昼食は弁当で車通勤なので帰宅途中の寄り道はありません)。ファーマーズマーケットなども利用していますが、有機食材は2〜3割高めになります。

    事実上車以外交通機関がない地域なので通勤・通学を含め車2台は欠かせません。

    照明のLED化や赤外線センサで自動消灯など細かい節約はやり尽くしましたが、電化製品が多いので常時1〜1.5kW消費しています。夏は家庭菜園と果樹の水やりが増えます。

    子が今年から私立に転校したので学費が痛いです。旅行は国外が夏に2〜3週間、あとはスキーなどで1週間程度です。

    ユーザーID:7329400017

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 家計(2)

    貯蓄は優遇税制を最大限に利用しており、株と投信でかなりアグレッシブかつ安全に運用しています(元本割れは想定内ですが、証券会社で扱わない私募ファンドのようなものは絶対に買いません)。「収入」には含めませんでしたが、直接再投資されている配当200万円程度を含めて20年間の平均利回りは7%、この1年に限れば20%ぐらいです。

    子の大学進学に1700万を用意し、残り8年で8千万円貯めたら年金430万と取り崩し+利子配当770万、計年収1200万円で退職生活を始める予定です。

    この程度の収入と家庭状況で、経済生活のゴールと過程が他人様の目から見て果たしてどんなものなのか、ご意見を賜れれば幸いです。

    ユーザーID:7329400017

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 年間540万円の貯蓄が出来ているのに、何が辛いんですか?

    何を聞きたいのか理解出来ません。聞きたい事を明示してはどうですか?

    私は、トピ主さんよりも少ない年間貯蓄額500万以下ですが、何も辛くはありません。


    >流動性預金残高が50万を超えることは稀です

    もしも、この額を増やしたいという相談ならば、貯蓄額540万の内、株投信を減らして現金で貯蓄すればいいんではないですか?

    ユーザーID:2013354458

  • 妥当だと思います

    株と投信で1億以上あるのなら、流動性貯蓄口座に50万なくても、妥当な感じではないでしょうか。

    失業や、病気や怪我など予期せぬタイミングで起こることを考えると確かにいつでも下ろせるお金が50万しかないというのは不安になりますね。

    株式の一部を現金化するくらいしか方法がありません。

    収入に見合わない生活をしてるとは思えないし、学費だって私立中+塾と考えたら妥当です。

    住宅ローンはなくても築30年近いのなら、この先リフォームなどで費用がかかりますし、通信費や交際費も必要ですし、削る所はないですよね。

    お子さんに国立大に入ってもらうか、大学の学費を払い終えたら少し楽になるかもしれないですね。

    ユーザーID:8572331905

  • すっげー裕福〜!!

    と思いました。
    入る分だけ出るもんなんですね。
    収入と支出をそれぞれ
    ÷3か÷4か÷5あたりで考えてみると一般家庭の家計簿になると思います。
    しかし専門家に見てもらった方が一番いいと思いました。

    ユーザーID:3082472746

  • 住民税はどうなっていますか?

    パッと見税金がすごく少なく思います。
    住民税が入っていないのではないでしょうか?
    多分月13万くらいはあると思います。

    ユーザーID:4485140509

  • 変な相談

    どんな相談かと思いましたら、
    単に資産運用の偏りの話ですね。

    株や投資信託は、流動資金を確保した上で行うものです。
    ごく初歩的な話です。

    資産運用を見直しましょう。

    ユーザーID:5760299289

  • 不安なし

    住宅のほうは既にあってしかもローンなし、
    いざとなれば株投信を解約してキャッシュにして
    贅沢しなければ十分生活できるでしょう。
    とりたてて不安になることはないのでは?

    ところで1800万円くらいの年収で1億を超える株や投信を持っているだけでも
    すごいなと思いましたが、ひょっとして相続でしょうか。

    あと月単位で表示していただいたほうがわかりやすいと思います。
    そんなに心配なら金食い虫の車を手放してみては?
    健康にもいいですよ。

    ファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがですか?

    ユーザーID:3832850310

  • 頭固いの?

    株・投信の一部を現金化しておけばいいだけのこと。

    『「余計な金を残しておかない」というポリシ』のために
    必要な現金がない、というのは本末転倒。

    ユーザーID:5619807312

  • 税額は合っていますか?

    同じ位の世帯年収です。
    所得税、住民税、社会保険等あわせると行政に支払う年額は650万ほどになります。
    サラリーマンなんですよね?!
    前年度に失業し、住民税が極端に少ない、等何かあったのでしょうか?
    税額が少なすぎて驚いています。
    レスをお待ちしております

    ユーザーID:8322396843

  • 庶民の感覚では…

    すみません。私のような庶民の感覚では、トピ主さんの「経済生活のゴールと過程」とやらはよく分かりません。

    とにかく、お金はあるようなので、プロに相談する事をお勧めします。

    きっと、的確な指摘をしてもらえる事と思います。

    ユーザーID:2254906423

  • よくわからない

    何を言いたいのかよくわからない。

    1.1馬力ってなんですか?もし1馬力の間違いならトピさんも仕事をすれば銀行残高も増える。
    旅行に行かなければ200万残る。
    貯金も出来ているのにお金がないってよくわからない。

    ユーザーID:2252899966

  • キャッシュ

    保険がずいぶんお高いんですね。
    我が家は生保は掛けていません。

    今後も失業する可能性が高いなら、キャッシュはもし失業しても、半年は生きていけるように、現金でおいて置かれるのが良いかと思います。
    お子さんの学費は1年分あると、安心ではないかと思います。

    市場が良い時に少しだけ現金に替えられては如何でしょうか?

    ユーザーID:7841452747

  • 家計(3) ご意見ありがとうございます

    地方税や医療補助は「税」に含まれています。持病もちで健全食事が生きがいの妻に節約は強いられません。

    世間一般より低収入とは思いませんが、同程度のスキルの2馬力家庭の推定年収2500万と比べると不安になります。

    「お金持ち」とは程遠いです。とっくに耐用年数を過ぎた非瓦屋根は雨漏り未到来を口実に8年間手付かず。夫は4年前に買った靴で通勤です。

    今後20年間に車を3回買い替えると現貯蓄の1割が吹っ飛びます。年金は現年収の1/4しかカバーしないので、現行生活水準を老後も保つために現年収の半分を自己資金で賄おうとすると、遺産も退職金もないので今の貯蓄計画でぎりぎりです。

    >流動性資金を確保してから貯蓄
    尤もですが、これを極論すると「貯蓄は余った金で」になりませんか?教科書通り「貯蓄を引いた残りで生活」を実践しているつもりですが、ちょっとバランスが崩れているようです(それでも何とかやりくりしている現実があります)。

    >何を聞きたいのか理解できない
    仰る通りです。聞くほうもよくわかっていません。似たような状況でやりくりしていらっしゃる方から私の気づいていない発想など教えて頂けたら幸いです。

    ユーザーID:7329400017

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 外国暮らしですか?

    または外資系企業勤務ですか?
    まさか個人事業主の届けを税務署で届けている日本暮らしの外資系企業勤務者でしょうか?そうだとしたら不安なのも理解できます。

    ユーザーID:3082472746

  • 株に突っ込み過ぎ?

    私は算数が苦手なので、間違っていたら指摘して頂きたいのですが、年利7%で再投資しながら20年間運用したら、元本の4倍くらいになりますか?
    この1年が20%の利回りということは、それ以前は1億円を少し越えるほどの評価額だったわけで、そうすると元本は3千万弱だったということでしょうか。

    また株式投資で増やせる自信があるなら、手元の現金を増やした方が良いかもしれません。
    私なんかが言うまでもありませんが、東電株や日航株のようなこともあるし、ヨーロッパの失業率は高止まりしていて、リーマンショック第2弾がいつあるとも限りませんから。

    家計の内訳は、ムダな家電製品が多く、子供の教育費が高く、奥さんにお金をかけていない印象です。
    現役で多忙な3人家族が、スマホはともかくとして、PC9台や衛星・有料テレビを触ったり見たりしてるヒマがあるんですかね。
    また、私立中学で学費が年間190万なんて、保護者の付き合いもそれなりだと思われますが、服飾・化粧品が年間27万で足りるものでしょうか。

    豊かな老後は、夫婦仲が良く子供が自立し健康であることが、潤沢な資金より大切なことを、お忘れなく。

    ユーザーID:4650533254

  • 資金繰り表

    急な出費と言っても、葬儀くらいでしょう。過去に資金ショートした時の金額+50万円くらいを手元資金に置いておけば、問題ないでしょう。

    Early Retirementを目指しているのに、そんなに窮屈な生活はつまらないと思います。残念です。

    今後は資金繰り表をつけて、ご家庭の安全手元資金がいくらか実感されればよいと思います。

    でも、つまらない生活だ。

    私は、いつも500万円くらいは手元においていますね。親も歳とってますから。

    ユーザーID:4800540314

  • 驚愕です

    皆さんおっしゃられてるように、税金・社会保険が安すぎです。
    給与所得者なら600〜650万くらいは天引きされるはずです。

    それを、456万円で「驚愕です」とは、こっちが驚愕です。
    税制度のことを知らなさすぎではないですか?

    自動車税も、普通車なら2台で7〜8万だと思うのですが、まさか軽自動車じゃないですよね?
    2台とも軽なら3万は高すぎるし、一台軽だとしても安すぎる。

    現金がないなら、投資に回すお金を少し現金化すれば済むし、老後資金が8千万+年金で、さらに毎年500万以上投資に回すお金があって、いったい何が不安ですか?

    老後も現在のように、じゃんじゃんお金を使う生活をしたいのでしょうが、すこ〜しだけ節約すれば余裕ですよ。冷蔵庫を1台にするとか、PCを半分に減らすとか。食費も子供さんの分減りますよ。

    内訳に矛盾が多いし、庶民とはかけ離れた暮らしのようだし、何を聞きたいのか、アドバイスしていいのか、わかりません。

    ユーザーID:8617377416

  • 家計(3)拝見しました。

    株・投信を現金化せずに現金を用意したいとしたら、生活費を縮小して現金を残すのはどうですか。生活費の1年分程度の現金が預金としてあれば不意の失業に備えられると思います。
    思い切った考えとして、現在の住居を売却し、コンパクトなマンションを購入し生活費を縮小するというのはどうでしょうか。
    老後も今と同じ生活水準を維持したいと誰もが望みますが、医療・介護など増加する支出を見越して、老後の計画を立てるのが現実的と思います。
    現金ほど強いものはないです。支払いは現金以外ではできません。これだけの資産をお持ちなのに現金がショートしないように、不渡りを出さないように、ここはひとつ会社と同じような経営感覚をお持ちになればよいと思います。

    ユーザーID:1461253426

  • 目的別に貯蓄したら?

    なんとかやりくりしていても
    何かがあったらアウトなんですよね?

    最低、生活費の3ヶ月分くらいの流動性資金を確保しておいたらどうですか?

    税金も学費も車絡みの出費も
    毎年のことでおおよその金額がわかりますよね?
    計画的にそれ用に貯金。

    年間予定外の突然の出費用に最低3ヶ月分。
    毎月決まった金額を積み立てて
    +2ヶ月分、3ヶ月分とかになったら
    いくらか本来の貯蓄の方へ移動させたらいかがですか?


    私だったら

    税金や保険、車の維持費
    学費(進学資金)
    交際費
    車や家電の買い替え、家の修繕費用
    娯楽
    老後資金
    株・投信
    予備費(トピ主さんの言うところの流動性預金)

    このくらいにわけて目的別に貯金しますよ。

    遊ぶお金がないのに旅行に行くな
    旅行したければ貯めてから行け
    ってことで、娯楽用の貯金です。
    娯楽は娯楽資金内でやりくりします。
    同様にそれぞれの項目内でやりくりします。
    なければ我慢するしかないでしょう。

    ユーザーID:2250323747

  • 我が家は

    長期、中期、短期と分けて資産運用しています。
    長期はトピ主さんと同じような運用方法ですが、中期と短期については銀行口座を
    活用しています。
    同一銀行に同一名義で複数の口座が開設できるのはご存知でしょうか。
    我が家の場合、普通口座に給与が振り込まれたら、現金で使う生活費とカード引き落とし分だけを残して
    あとは自動積立、家の修繕費(中期)夏の旅行等大きな買い物用(短期)といった具合に、目的別に
    別口座へ移動してしまいます。
    自動積立以外は自分で移動する必要がありますが、ネットを使えば簡単ですし、手数料もかかりません。
    「余ったら貯金」にならないよう、修繕費口座へは毎月3万、短期用は毎月いくらと決めています。

    こうして1年間自動積立てで貯まったお金は長期運用へ廻す。
    万が一台風で家の修理をとなったら、修繕費用口座から出す。
    家電製品の買い替えは短期用から、といった具合です
    これなら、急な出費があっても長期運用資金に手を付けずに済みます。
    こんな方法はいかがでしょう。

    ユーザーID:1687264967

  • うちと正反対

    主さんの望む回答ではないかもしれませんが・・・。
    うちは主さんと(恐らく)ほぼ同じ年代で、年収は数年前まで1600万、
    現在700万とかなり主さんより少ないですが、似たような会計なので
    出てきました。

    うちは、いつもにこにこ現金預金がモットーで、「遊んでいる金」で
    株をやっています。
    現在の現金貯蓄高は9000万。株は現時点で600万ほどです。
    今まで20年の年間貯蓄は400万程度。
    主さんはアグレッシブな運用でかなりの運用益をお出しの様子。
    でも我が家も、わずか600万ほどの株で遊んで、20年で600万ほど
    おこづかいを稼ぎました。

    運用益はかなり違うけど、やはり大きな違いは、安心感かな。
    バブル崩壊、リーマンショックギリシャショックがまた来ても、あんまり困らないっていう。

    老後に向かって今後は、今までの株投信をいかに損させず現金化しておくか、が
    鍵になると思ってます。
    いざというとき、キャッシュが欲しくて元本割れした商品を解約せざるを得ないっていうのは
    スマートじゃないですからねえ。

    ユーザーID:5760299289

  • 投資=貯蓄?

    >教科書通り「貯蓄を引いた残りで生活」を実践しているつもりですが

    ええと、貯蓄とは銀行の預金のことを普通は想定します。
    普通預金とか、定期預金とか。
    そういったものに100万程度おいておけばいいのでは?
    それとも、投資でなければ貯蓄でないのですか?
    そしたら我が家は貯蓄ゼロです。

    口座にお金があったらあるだけ使うタイプなんですか?

    それから、屋根の修理は雨漏りする前にした方がいいですよ。
    雨漏りしてからだと、高くつきます。
    そういったことのために、現金での貯蓄が必要なんです。
    もっと言えば、屋根の耐用年数なんて、建てたときからわかってること。
    それ用に用意しておかなければ駄目です。
    車の買い替えは想定しているようですが。

    やっぱり老後も生活レベルを落とす気はないみたいですが、それは自由。
    でも、もう少しエコとか環境問題とか考えたら、光熱費やガソリン代は下がりますよ。

    ユーザーID:8617377416

  • 家計(4) 引き続きご意見ありがとうございます

    いくつかのご質問にお答えします。

    ◆税
    給与支払元からのオンラインデータでの電子確定申告と支払毎に家計簿に記録する全明細を照合しており、博識・無知に関わらず正確な金額です。

    ◆月割り金額
    例えば固定資産税82万÷12■7万円を毎月払っているという実態はなく、一度に82万円の支出があるのでキャッシュフローがきついのです。旅行で月の半分も在宅しない7月と正月料理の仕込みがある12月の食費や、冬は夏の16倍のガス料金も一緒にはできません。

    ◆車の数
    日常行動全てに車が必要です。1台にすると送り迎えの走行時間が推計毎日1時間、年間走行距離は4万から5万kmに増加しその分疲労も増えるのは必至です。若夫婦ではないので安い小さな車という選択も考えていません。もちろん退職後は生活様式が一変するのでこの限りではありません。

    ◆1800万の年収で貯蓄1億3千万
    例えば毎月12万づつ積立てを年利7%で運用し毎年拠出を3%増やすと25年後には残高1億2800万円余の計算になります。実際はこれほど順調ではありませんでしたが…。

    ◆遺産
    失業中の生活費、住宅ローン完済、住宅改装、庭造成などに費消済です。

    ユーザーID:7329400017

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 感想

    トピ文を読んでなーんとなく感じたのですが、トピ主一家は海外在住ですか?

    食材費の高さは、いつも日本食材を購入していると考えたら納得がいくし、冷蔵・冷凍庫3台はアメリカでは結構当たり前だし。
    旅行なども、夏休みには一時帰国をしているとも考えられるし。
    日本ではなかなか2〜3週間のまとまった休みは取りにくいです。


    皆さんが言っている税金の額が少ないという意見も、もしアメリカだった場合は州によって税額なども変わるので、これまた納得。
    所得税、固定資産税、自動車税とか。


    まあ、日本でも海外在住でも、専門家に相談した方がよいと思います。

    ユーザーID:3957188431

  • これウソですよねぇ

    どなたかが仰っておられるように税金・社会保険料が異常に安過ぎます。

    多分トピ主さんの本当の収入は1,000万にも遠く届かない人だと推察します。
    2,000万弱の収入に対しての手取り額を全くご存知無いようです。

    私は歩合給のサラリーマンで過去25年の間1300万〜3500万と年により
    大きく収入が変わります。

    過去の2,000万弱の時の源泉徴収票を見た所、所得税が250万、社保が180万、住民税が別途(これは前年及び前々年年収で計算されますが)200万で600万以上は引かれています。

    何の為にこんなトピを立てられたのか理解出来ません。

    ユーザーID:8979160795

  • わからんな〜

    現金が足りないって話じゃなくて、支出を減らしたいってことなの?
    でも家計(4)では、「やはりキャッシュフローが…」って書いてるし。

    いくら節約して支出を減らしても、あまった分を株・投信に回すなら
    現金が足りない状況は変わらない。

    必要な分を考慮して現金をキープしておけ、っていうのが
    気に入らないなら、あとは借金で賄うしかないんじゃないの。

    そもそも急に50万円以上の現金が必要になることなんて
    そんなにありますか?
    1週間あれば、株も投信も一部現金化できるでしょう。
    1週間の猶予もない現金支出って何なんでしょう?

    ユーザーID:5619807312

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧