• ホーム
  • 子供
  • IQ60前後の知的障害者が周囲にいる方、相談に乗って下さい

IQ60前後の知的障害者が周囲にいる方、相談に乗って下さい

レス19
(トピ主2
お気に入り145

妊娠・出産・育児

ままこ

トピを開いていただき、ありがとうございます。
先日知能検査をした結果、5才(年長組)の息子のIQが59と診断され、3〜3歳半程度の知能であり、軽度知能障害にあたると言われました。

766gで生まれたこともあり、IQが低いのは仕方がないと半ば諦めています。言語能力など、誰が見ても明らかに低い分野もありますし、「この数年ずっと1〜2歳程度遅れている。ずっとこうかもしれないし、そのうち周りに追いつくかもしれない。でも期待しないこと」とかかりつけ医に言われていたというのもあります。
(このままIQが低く年齢相応の子と知能差が広がっていくだけの可能性も高いかもしれませんが)

ただ知能が低いのは仕方がないにしても、将来的にできる限り自立した生活が営めるよう、親としてできることはしてあげたいと思っています。
そこで、軽度知的障害者の方、またはその親御さん、ご親戚、知人などどなたでも構いません。
私はこんなことをして貰った、こんなことをしてあげた、など、将来自立するために特別にしたことして貰ったことなどあればご教示いただけないでしょうか?
ちなみにテスト後結果を教えて下さった先生は「とりあえず支援学級を考えてみて」とだけ仰っていました。下手なことは言えない雰囲気が濃く、それ以上は教えていただけませんでした…。

よろしくお願いいたします。

ユーザーID:7268286748

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 来年から1年生なのですし

     その検査は就学相談先で受けたものかな?とりあえずは、支援学級・支援学校を見学されてみては?

     私の子もとある発達障害で支援級に通ってますが、わりと個人にあった対応してくれます。もっとも地域によるところもあるかと思われますが…

     検査者・もしくは療育の先生には、日常のかかわりの中でどういったことをすればいいかを聞いたことありませんか?軽度の知的障害でも、個人個人によっていろいろ違うので、対応もやはり異なります。


     就学で環境が変わっていく日々ですので、けっこうばたつきますし、今あまり焦らないほうがいいと思います。まずは、1年生になるにあたっての準備を万全にされたほうがいいです。

    ユーザーID:1176868982

  • まだ年長さんだから

    うちの次男も年長のときIQ70以下で自閉症と診断されました。
    でも現在5年生、普通級に通ってます。
    当時の事を聞くと
    テストが面倒、一々説明する事も面倒で適当にやっていたと本人談。
    パニックもありましたが、結局は頑固で意思が強かった性格上のようです。

    知的障害と決めつける前にその子の性格を見極めてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:8198640973

  • ここからが勝負

    支援学級に勤務しています。

    お子さんにより得意不得意な分野が違うので、一概にIQだけでどこに就学するのがベストかは
    判断できないのですが、60前後という数字からだけで判断するのなら、まずは支援学級で丁寧に
    生活や学習を見てもらい、18歳前後には自立、就労できるだけの能力を身につけることを
    目指すことが一般的かと思います。

    ですが、園で加配なく、指示の理解が遅れても、周囲を見て同じように動けるタイプのお子さんでしたら
    要配慮での通常級スタートで、周りの子どもから学んで伸びる可能性も大切にしてもいいかもしれません。

    言語が弱いそうですが、筋力どうですか?学校は座っている時間が長いです。
    筋力や体幹が弱いと、姿勢の保持が難しく、座っていること自体が苦痛になり、学習への興味関心も遅れがち
    になりやすいので、今からでも体幹を鍛える運動を取り入れ(家庭用トランポリンもおすすめです)
    粗大運動、微細運動を意識した身体作りと、道具の出し入れ、着替えなどの身支度等、常に学校生活を
    意識した生活を送ることで、入学までにしっかりと身体と気持ちを整えておくとスタートが親子で
    楽になります。

    ユーザーID:1482307386

  • すぐに就学相談を

    年長ということですので、まずはお住まいの教育委員会で
    やっている、就学相談に行く事をお勧めします。その後、
    見学をしてみて、お子さんの就学先を考えていってください。
    最終決断は保護者がしなければなりません。状況から考えると
    地域の中の小学校の支援学級、または特別支援学校が見学先と
    して考えられると思います。どちらも必ずご自分の目で見て、
    わからないことがあれば、遠慮せずに聞いてください。

    知的障碍があることがわかれば、療育手帳を申請できます。
    医療結果では軽度であっても、手帳の程度はイコールでは
    ない場合もあります。手帳があると優遇措置等が受けられ
    ます。こちらは役所の福祉課でお聞きになってみてください。

    将来自立していく為に大切なことは身辺自立です。
    あとは時計が読める。お金が理解できる(買い物ができる)
    ことも大事です。知的障碍の程度で考えるのではなく、
    我が子がどういう状態で、できることを増やしていくこと。
    ちなみにうちの子は重度判定をもらっていますが、ケアホームに
    入所しました。介護的なことは全くなしで声がけのみです。
    支援の手をたくさん借りることも大事です。

    ユーザーID:8206987227

  • うちもそんな感じだったなぁ

    うちの息子も同じ年頃に受けた検査で同じくらいの数字、軽度知的障害を持つ発達障害との診断でした。
    小学校は迷わず支援学級を選びました。
    入学当初は自分の名前くらいしか読み書きできず、
    数字は大の苦手で療育の先生からも、算数の勉強はかなりの工夫と支援が必要と言われていました。

    しかしそんな息子が1学期の終わりには皆に追いついていたのです。
    2学期以降も順調に進んでいき、5年生になった今もほぼ学年と同じペースで学習しています。
    国語と算数以外は全て通常級で授業を受けています。
    知能検査、今では正常域です。

    発達障害もあるのでまだ支援級在籍ですが、
    先生方にはぼちぼち通常級へと打診もされています。

    こういった例は意外とありますよ。
    言葉の発達が遅い子は、
    発達検査ではどうしても数字が出ません。
    言葉が発達したら数字はぐっと伸びます。
    ここ1年の言葉の発達次第だと思います。

    ユーザーID:2286810578

  • 子供ランキング

    その他も見る
  • 生活習慣とコミュニケーション能力

    仕事で多数接点があります。
    この知的レベルで、自立した生活できるか否かは
    やはり親の力に左右されるところが大きいです。

    雑感としては、大事なのは
    1・愛されるキャラクター
    2・勤勉であること
    3・経済観念

    でしょうか。

    人間関係が築けるのは本当に大事です。
    ちょっと知的に劣る人は、人柄が良いと、むしろ周りを癒やす効果があります。
    素直で優しい、可愛がられる人に育てましょう。

    勤勉さは、親の背中により身につくかもしれません。
    社会で暮らしたかったら、決して勤勉=要領が悪い、ということのないよう
    バカ正直に働ける人に。
    知的に低くても、小さな尊敬を集めますよ。
    もちろん就労の道が開けるのは重要です。

    経済観念、無駄遣いしないで生活を楽しめるということ。
    お給料が入ると安物ですが好きな洋服を購入したり
    スイーツをご褒美的に食べたり。
    しかししょっちゅうではいけませんね。
    ケチとは違う経済観念、大事だと思います。

    健常者にもいえることばかりですが、他人に助けられ
    最低限自律的な生活が送れるようになるのが
    基本です。

    私は、明るい性格ならば普通学校がいいと思いますよ。

    ユーザーID:9854756793

  • まずは地域の支援団体と連携を

    知的障がい児・者に長年ボランティアや仕事で関わってきた者です。
    地域によると思いますが、未就学障がい児のための支援教室があります。まずはそこで専門家や障がい児を持つママ友とつながりを持ちましょう。
    お子さんにしてあげることですが、基本的には健常児と変わりません。遅い早いはありますが段階を追って成長していくので、周りと比べることなく、その子ができることできないことを見極めて、生活年齢(実年齢)と能力年齢を把握してください。主さんも言っているように、話すのは3歳程度だけど読み書きは5歳程度など、分野で成長が異なることも多いです。
    将来の自立のためとしては、身の回りのことを自分でできるように、根気よく小さい頃からさせてあげてください。軽度の知的障がい者は働きながらグループホームで生活する方も多いです。その時に困らないように、やがては家事全般できるようになるのを視野に入れてみましょう。
    小学校は支援学級か普通学級かの選択になると思いますが、個人的には最初から支援学級に通うのをおすすめします。今は普通学級との交流も多いですし、個々にあった支援が受けられるのは支援学級と思います。

    ユーザーID:7106528131

  • 息子がそんな感じです

    現在中学1年生。支援級には小学2年生から在籍しています。

    療育を受けていた幼児の頃、この先延びるのか停滞してしまうのかは分からないと言われていました。

    もちろん本人の持ち合わせる力もありますが、我が子の場合は周りの環境が大きく影響したように思います。

    普通級と支援級の先生、そして保護者の協力体制がしっかりしてると、今までなしえなかった事ができるようになったり、本人が自信を持つことで一気に伸びた部分もありました。
    勉強は学校。社会生活は家で。私は息子が高学年に上がる頃から1人で行動させることを始めました。一人で買い物。一人で○○までバスや電車で行く。自信を持たせる事で色々な事にチャレンジしようとします。
    何も特別なことではないんです。親が怖がらずに背中を押し出しちゃうんです。(本人に分からないようにいつでも助けられる状況で)
    ただ、中学はそのまま公立の支援級ではなく、自立に向けたカリキュラムを組む私立の学校に進みましたけど。(本人が体験・見学して決めました)

    ユーザーID:3798787562

  • 知人の子供さんの話ですみません。

    まず、変な期待を持たせてしまうかもしれないけど
    5歳はまだわからないです。
    766グラムという小さな赤ちゃんだったのですから
    3000グラムのお子さんと同じ基準も幼いうちはどうかと。


    私の個人的な考え方になると思います。
    知人のお子さんは、現在30歳前半ですが未だにひらがなが
    やっと書ける程度で、一人で出来る事は犬の散歩のみです。
    今後自立は不可能だと思います。
    親御さんが「いつか普通になる」と言い続けて何の支援も
    してこなかった結果です。意地で普通の学校へ通わせました。
    現在も障害者手帳すら持ちません。親は70歳過ぎました。


    別の知人のお子さんは現在40歳過ぎました。
    中学卒業後、知人を頼り、徹底的にとある技術を鍛えられました。
    読み書きは全く出来ません、会話も慣れている人間でないと出来ません。

    しかし、現在その職業が大変希少価値があり
    同世代のサラリーマンの倍はかるく稼いでいます。

    意地になって「普通」である事に親が拘るより、
    その子にあった何かを見つけてあげる事が大切なのだと
    思いました。

    ユーザーID:2699832280

  • 教育関係者では常識

    赤ちゃんの時から、沢山話しかけたり本を読んであげたり、音楽聞かせたり、いろいろな場所に連れていったり色々な刺激、体験をさせたりしてあげましたか?

    同じように生まれ、知的障害があるお子様のお母さんからよく話を聞きます。
    生まれて3歳までは特に脳が発達する時期なので、とにかく働きかけを沢山頑張ったそうです。結果大きくなるにつれて普通の子供と何ら変わらなくなったケースが多いようです。
    IQを高める教育本は沢山ありますよ。

    うちは健常者ですが、赤ちゃんの時から教育的な働きかけを頑張ったおかげで天才児と呼ばれています。
    そこで知り合う人達の中には障害を持って産まれたお子様のお母さま方も沢山おられます。
    皆さん子供の頃の働きかけで、IQも高くなり、病気も良くなっていくとおっしゃいます。お母さま方は皆大変努力なさっていましたよ。
    IQも知的障害も脳に関する事ですから、とにかく脳に対する働きかけ、(勉強系、スポーツ系、音楽、芸術系‥沢山あります)と、脳にいい食べ物、生活リズムなど、沢山ありますからもっと調べて勉強して下さい。まだ5歳ですから親が努力すべきです。頑張って下さい。

    ユーザーID:0868136648

  • 支援学級

    傷つくかも知れませんが、正直
    いじめられます
    無理して普通学級でつらい思いをして過ごすよりも
    支援学級で、本人にあわせた学校生活を送るほうが本人の為だと思います

    ユーザーID:1607540838

  • 身近に接している訳ではないのですが

    会社では知的障害者の雇用を増やしています。
    (障害者雇用率を確保するのと、派遣社員を減らす為)

    別会社を作って、グループ全体の業務を請け負う形で運営しているのですが、その会社の管理者曰く、やはり前向きさや素直さが一番だそうです。

    そういう人だと、業務を委託してくる職場の人達にも気に入ってもらえるし、和気あいあいと楽しく仕事ができる為か、結果として長続きするそうです。

    一方で、どうせ出来ない、どうせ自分は馬鹿だから(失礼な言い方でスミマセン)という劣等感が染みついてしまっていると、うまく行かないと。

    採用にあたっては、本人に会っての印象は当然ながら、長年採用に携わっている人は地域の学校の特色も分かっているので、普通級でも「この学校なら劣等感を持たせたり性格を歪ませることのない教育をしてる」とか、支援級・学校でも「ここは名ばかりで個人に合った支援はされてない」とか、考慮するそうです。

    やはり学校は重要みたいです。
    実際に見学に行くのもいいでしょうが、卒業生の親御さんにお話を聞けるといいかも知れませんね。

    ユーザーID:2620035422

  • 同様でした

     専門医療機関の指導は勿論ですが、大手スーパー内にあった幼児教室にも行かせました。そこで授業に参加できるようになりました。あそこに行っていなければ、確実に小学校の問題児になっていたでしょう。後に聞いたところでは、ベテランの指導員でも散々手こずったようです。本人は楽しい思い出しか無いようですが。
     小学はなんとか普通学級を卒業、親が良く知っている私立中・高と進学しています。成績は中の上くらいです。今はソーシャルスキルトレーニングをしています。人との交流に問題がありますので。
     知能がどうであれ、早目に授業の形態に慣れる訓練が必要だと思います。

    ユーザーID:7801430406

  • トピ主です

    レスを下さった皆さま、ありがとうございます。
    まとめてのお返事になってしまいますがご容赦ください。

    子供のために、環境を整えてあげることの重要さを改めて感じました。
    ひとまず、就学支援に相談し、支援級か普通級か、または支援学校か、本人の性格も見つつ考えていきます。
    言葉が遅れているとか、情緒面が幼いのは把握していますが、生活に関してはどれくらいできれば普通の子なのか、いまいち理解しきれておりません。
    (ひらがなカタカナを読んだり、簡単な足し算引き算をしたり、インターネットなどの生活チェックリスト程度であればクリアしています)
    その辺のことも相談してみます。

    健常な子も同じだとは思いますが、本人に対しては焦らさず、あくまで将来的な就労(そして可能であれば自立)を目標に努めていきたいと思います。
    よく職人気質と言われるような子なので、本人に合うものを早く見つけて上げられればとも思いました。

    また、体幹が弱いというのは時々感じることがあったので、家庭用トランポリンの購入も検討します。

    皆さま、アドバイスや経験談などいただき本当にありがとうございました!

    ユーザーID:7268286748

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 就学相談はお早目の予約を

     最近相談件数が急増しているらしく、非常に混んでいるようです。
     動くのでしたらお早めに。

     ちなみに、わが子は日常生活上のこともこなせるし、ひらがな・カタカナ・数概念もわりとよかったりするのですが…お友達ともそれなりにうまくやりとりするのですが…
     短期記憶が残念なことになっていて、文字が読めても単語としては認識できない…口頭指示の理解が3つ以上になると混乱…などがありまして…普通級のような口頭指示主体、一斉行動で動く場にでるとやはり学習の面で大きな問題が発生します。逆に個別で視覚主体で情報を入れると伸びていきます(だからひらがなやカタカナ・数概念の入りは年長でもよかった)。

     実際に見学されるとわかりますが、普通級って定型発達の子でも過酷です。普通級・支援級ともに見学したのですが、自分の子は特に学習面において普通級でやっていくのは難しいなと感じ、支援級を選択しました。

     どちらを選ぶにしても、見学をされるといいですよ。聞くのと見るのとではぜんぜん違いますから。

    ユーザーID:1176868982

  • とにかく調べる。

    友達の子が同じ感じでしたね。
    幼児期に自閉傾向と軽い知的障害と言われて、保育園で加配がついてました。
    就学時にはIQは少し回復したので療育手帳は返納し、通常級に入りましたが高学年から支援級。
    中学まで支援級に通って、高校に入る前にまた手帳を取得し、軽度知的障害として特別支援学校へ。

    友達が言うには、支援学校へ入れたのは障害者枠での就職を見越してからだそうです。手帳もそのためです。

    今は卒業して、障害者雇用ではありますがきちんと仕事をしてますよ。
    知的な問題があるので複雑なことは出来ないようですが、とにかく真面目な事が評価され役職も貰っているようですよ。

    友達は身辺自立を目指していたので、家の事は一通り自分で出来るということで、自宅近くにアパートを借りて一人暮らしもしているようです。

    知的レベルが小学校卒業程度ですので、サポートは必要かと思いますが、得意なところを伸ばしていけば自立はできると思いますよ。

    言語レベルが上がればIQはもう少し伸びると思いますが、周りの子が大きく伸びる思春期ごろからまた落ちてくることが多いみたいですね。

    ユーザーID:2960046062

  • とにかく努力だ!

    ・毎日読み字の練習
    ・毎日読み聞かせ 音読
    ・毎日数字に触れる 九九を覚えさせる
    ・毎日運動
    ・週1で博物館などに連れて行く
    ・好きなことを見つける(電車などが良い)
    ・電車が好きになったらそれに関して覚えさせる
    ・親子で趣味を楽しむ
    ・くもん そろばん 音楽をやらせる(ヘタクソ上等)
    ・いじめっ子を素早く避ける
    ・英語も早期に

    知的好奇心をいっぱい刺激してあげてほしいです。

    うちの子は幼稚園時代は全く字を認識しませんでしたしお話もできず
    大体3,4年遅れていると言われました。

    知能は60以下(5歳)→70(小1)→130(小3)→140(小5)→116(中1)。

    知能テストは「苦手な部分」を知るには有効ですが、数字に踊らされないことも大事だと思います。また医師とカウンセラーでは見解が違います。うちはカウンセラー(福祉分野)では「アスペ」「ADHD」としての生活を指導され、それを視野に入れつつ医師の「全然大丈夫」「私もこんなだった」という意見も受け入れ少し希望を持ちつつやってきました。

    今は都内の偏差値70位の高校に在籍しています。

    ユーザーID:7083531131

  • レスありがとうございます

    お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
    レス下さった方々、ありがとうございます!

    経験談など非常に参考になります。
    やはり素直にそだてること、得意分野を伸ばしてあげることが重要なのですね。
    支援級、普通級共に見学した上でしっかり考えようと思います。

    また、仕事仕事で子供の知的好奇心を満たしてあげられる機会に乏しかったと反省しました。
    少しずつでもそういう機会を増やしていきます。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:7268286748

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 24歳IQ68軽度知的障害者です

    躁鬱病で精神科に通っていたら、知能テストをすることになり、20歳の時に軽度知的障害だとわかりました。
    子供のときのIQはわかりません。

    高校まで普通の高校を出てます(普通科

    私の場合、親に期待をされていて、小学校4年生までは半分無理やり親に勉強させられてましたが、5年生のとき、頑張っても伸びないので、頑固勉強しない、勉強大嫌いになりました。
    私の場合、漢字が覚えられませんでした。
    小学生のときの漢字テストで、一回目は点数一桁でしたが、30回くらい再テストをして、最後には100点をとることができました。

    ・苛めまではいきませんが、成績が悪いことについて悪口をたくさんいわれます。
    勉強は努力すれば自分の中では結果は出ますが、生まれつきいい脳みそを持って生まれた人には全然かないませんでした。

    障害があるとしったときは特別支援学校にいってれば、辛い思いをせずに済んだのかな?と思いましたが、普通の学校に行ったことにより、普通を知ることが出来たと思ってます。


    今は私のことをすごく愛してくれる彼氏もいて幸せです。

    もし読んで不快になったらすみません。

    ユーザーID:4186302824

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧