「いただく」は謙譲語では?

レス69
(トピ主1
お気に入り102

趣味・教育・教養

pukupuku

とあるお料理教室に通っています。
そこに通う生徒さんも、それぞれお菓子やパン、ヘルシー料理など得意なものがあり、希望者には自宅で教えてくれたりするようなお料理好きが集まっています。

この教室は先生を始め生徒さんも「○○してから頂いて下さい」「この季節はぜひ△△を頂いて下さい」というように、人に食べる事を促す時に「頂く」と言います。
私は、「頂く」は謙譲語なので「召し上がって下さい」というぺきではないかなぁ、と毎回気になってしまいます。
でも、全く疑わず「頂く」を使う先生や仲間に対して、それを指摘しにくいです。

料理の技術を伝えるだけでなく、素材にこだわったり、旬の話など、「自然の仕組ってすごいね」という話があったりするので、もしかしたら自然界の見えない力(?)に対しての謙譲語かな、と思ったりもします。(私はこの教室が食を大切にする姿勢が気に入っています。)

皆さんならどうしますか?

ユーザーID:5667306438

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数69

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どーでもいいじゃん

    きっと自然の恵みをいただくっていう意味で
    言ってるんじゃないの?
    いちいちそんなの指摘したら、変な人って
    思われちゃうよ。
    どーでもいいじゃん。

    ユーザーID:3585809227

  • その通りです。

    確かに「いただく」は謙譲語なので、
    食べる人を敬う意図で、食べる事を促すのであれば
    ×いただく
    ○召し上がる
    です。

    ただし、
    >この教室が食を大切にする姿勢が気に入っています
    食材を敬う気持ちをもって、敬語を理解した上で、
    「いただく」というのであれば、それは間違いではないです。

    ちゃんと理解して使っているか、そうではないかだけでの話です。
    トピ主さんも、先生のおっしゃるとおり、目の前の食材に
    敬意をもって、「いただく」のがよいと思いますが、いかがでしょうか。


    ※もちろん「勘違い」「使い間違い」の可能性もあります。
     これはご本人に尋ねるしかありませんが、それも難しいでしょう。
     やはり、食材を敬うしか、気持ちを整理する方法はないでしょうね。

    ユーザーID:2415608638

  • 何もしない

    単に日本語を知らないだけでしょう。
    かと言ってあからさまな指摘は波風の元ですので、自分は使わないようにするくらいでしょうか。

    ユーザーID:5485664710

  • 指摘はしない

    40代主婦です。わたしも「いただく」の使い方がヘンじゃない?と思う場面にしばしば遭遇します。最近、多いですよね。「食べる」を丁寧に言うと「いただく」と思っている人が。丁寧というより、上品な言い方だと勘違いしている人もいます。商品裏には「冷やすとおいしくいただけます」と書いてあったり。テレビの料理番組を見ていても、司会者や講師も「いただけます」と使っていたり。でも、特に相手に指摘するまではしません。自分は言葉は正し使おう、と思うだけです。
    でも、言葉は生き物、使い方は年月とともに変化していくものですから、もう何年かすると、「いただく」が「丁寧語」であることが当たり前になる日がくるのかもしれません。

    ユーザーID:9942540328

  • 神さまからのお下がりを・・・

    「いただく」のでしょう。

    >もしかしたら自然界の見えない力(?)に対しての謙譲語かな、と思ったりもします

    これ、正解だと思います。

    自然界のあらゆる「いのち」をいただいている。

    すばらしいお教室ですね。

    ユーザーID:8837228106

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • その通りでしょう

    食べ物や自然に対する敬意からくる謙譲でしょう。

    そういうものからしたら、先生も主さんも同じ、食べさせていただく側なのです。

    指摘なんてしたら、屁理屈って思われそう。
    そういうこと、いちいち突っ込みたい人っているものですね。

    ユーザーID:6493314622

  • 現代日本語は難しいです

    「どうぞ召し上がってください」「それでは頂きます」に同意です。
    それから私も気になっているのはものを尋ねるのに、 「お聞きします」とありますが、 私の感覚では、「お話をうかがいたい」がいつのまにか、「お聞きします」に変化したのでしょう?  もっとも 英語だとサポートするという箇所をフォローすると皆さん使ってますね。 

    ユーザーID:1911689379

  • 同感!

    トピ主さんに同感です。「いただく」は謙譲語です。
    近年この誤用は多いですよね。

    私も最近、あるインスタント味噌汁の袋に
    「おいしく毎日いただける」
    と印刷されているのを見て、びっくりしました。

    さて、料理教室でどうするかですが…、
    私なら指摘することはできないと思います。
    ずるいかもしれませんが、疑問を感じながらも黙っています。

    「自然界の見えない力(?)に対しての謙譲語」
    …もし本当にそういう意味で使っているのだったらすごいですね。

    ユーザーID:0630828206

  • 悩ましい

    間違った敬語の使い方って本当に気持ち悪いですよね。
    特に「いただく」の間違いは巷に氾濫していると感じます。
    (「夫にお小遣いを頂いています」とか)

    正したい気持ちでいっぱいですが、教室のようなところだと、継続性があるので微妙ですね。かといって、毎回それを聞かされると思うとそれもストレス・・・。

    私なら、先生が間違いを正してもムッとしないで受け入れてくれる人格の方だと確信があるなら、先生にこっそり言います。そうでもなければ、自分が発言するときに敬語の誤用をしないことで、地味にアピールするかな・・・。地味すぎて誰も気がつかない可能性が大ですけどね・・・。

    ユーザーID:6710517417

  • その場合は丁寧語

    辞書引いてご覧なさい。「頂く=食べる・飲むの丁寧な言い方」と載ってます。謙譲語としてだけ使うのではありません。
    食事の前何と言いますか?「頂きます」は食べるの丁寧語でしょう。「先生に本を頂く」は貰うの意味の謙譲語と思いますが。

    ユーザーID:0625254224

  • 指摘は難しいかもね

    たしかに、大自然の恵みに対してだったら、頂くでも良さそう(笑)。

    私も常々疑問に思ってました。TV番組で、常識人とされる人達でさえ、料理などを勧める時「さあ皆さん、頂いちゃってください」なんて平気で言ってますもんね。

    それと、食べるほうの頂くじゃなくて、貰うほうの頂くも、かなり間違って使われてますよね。AとBの会話(かしこまった間柄)で、Aが「Bさんは●さんに×を頂いたんですってね」なんて会話を聞くと、「お貰いになった」じゃないのかなあ、といつも引っかかってしまいます。これも●さんがAとBからみて圧倒的な存在ならおかしくないんですけど。

    とはいえ、楽しいお料理教室のようなので、ここはご愛嬌ということで指摘はせず、でもトピ主さんが話す時は「召し上がって」と言えばいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:0455351332

  • 自然の恵みを頂く、ということかな

    主さんの後者の考えで当たっていると思います。

    先生も生徒も皆で、自然の恵み・神様の恵みをいただきましょう、ということでしょうね。

    でも、生徒が先生に向かって言うのはダメですが…

    ユーザーID:4174957233

  • よくわかります。

    トピ主さんの違和感、とてもよくわかりますよ。
    言葉としては間違っている、でもそれを指摘や訂正する雰囲気でもない。

    それならば、トピ主さんが書かれているように
    「自然界への謙譲」とでも(無理矢理自分を)納得させるしかないかなと思います。


    ペットにご飯をあげる。(家族だから?)
    植物に水をあげる。(ペット感覚?)
    物を(移動など)してあげる。(物の擬人化?)
    物をこの子と呼ぶ。(物への愛情?)

    これらどれも言葉の使い方としては間違っていると思いますが、そう表現する人は多いですね。
    自分は間違った言葉を使わない、でも人が使うのは気にしない、それしかないと思います。

    ユーザーID:9757649349

  • 自分では使いません

    いくら食べ物をくれる自然に対して敬意があっても、他人に「頂いてください」というのは間違ってると思いますが、わざわざ指摘はしません。ただし自分では「召し上がってください」と言います。

    ユーザーID:3602246716

  • 私だったら

    ほっときます。
    そして自分だけは「召し上がって云々」を貫きます。
    そのうち、召し上がって派が徐々に増えるといいなって程度に考えます。

    どんなに自分が正しくても、他人を変えるには相当のパワーが必要となります。
    だからほっときます。

    こトピを読んだ人の中に
    「あら、いただいては謙譲語だったのね。これからは気を付けよう」
    って気づく人がいるかもしれないですね。
    そういう意味で有意義なトピだと思います。

    ユーザーID:2216603250

  • トピ主さんに同意します

    戦中戦後の子供時代に、明治生まれの江戸っ子の母から、敬語と謙譲語を叩き込まれた者です。

    食べることを”頂く”と言うのは謙譲語だと思います。このごろ敬語と謙譲語をごちゃ混ぜにする方が多いですね。

    ユーザーID:3125669782

  • その「もしかしたら」だと思いました

    自然の恵みを頂きましょう。
    そういう意味ではないでしょうか。
    「私が作った料理を頂いて下さい」では激しく間違っていますが。

    ユーザーID:4562204892

  • その言葉を使われる前の雑談時にでも、豆知識みたいな感じで

    「ね〜ね〜。知ってた?○○をいただいてくださいってよく言うけど、あれって本当は召し上がってくださいなんだって。私、この間のその話聞いてさ〜。今度から召し上がってくださいって言うようにしようと思って・・・」というように、よくあるまちがえで、自分も今気付いた的な話をしたら、誰も傷つけないのではないですか?
    それか、もう気にしない。自分はあくまでも「召し上がってください」で通していたら、誰かが気づくかもしれませんね。

    ユーザーID:2449216065

  • 激しく同意です!

    pukupuku さんに激しく同意です。

    私の義理の姉も、一緒に食事したりすると
    (なにかのお祝い会で、お店の食事でも、むこうが招く立場)
    「どんどんいただいてくださいね」
    と言うので、毎回すごく気になります。
    私だったら「めしあがってくださいね」というつもりなので、
    ほんとに指摘したいくらいですが、目上の方なのでできません。

    あまり平然と使われるので、ひょっとして「いただいて」は
    この地方の方言なのでは? などと思うようになりました。
    お料理教室でそれでは、苦痛ですね。お察しします。

    ユーザーID:9113076169

  • 気にしない

    言葉遣いが気になることってありますよね。
    それがもし違うと思っても、大人が仲間内で和気あいあいと、つかっている言葉。
    余程、意味がおかしい言葉じゃない限り、スルーが得策ですね。
    私は気にしないようにします。

    例えやんわりでも「違うのでは・・・」なんて言ったら、
    皆さん氷つくかもしれないですよ。

    ユーザーID:2517231289

  • よくある事です。

    社会では、皆が皆国語の文法が得意という訳ではありません。

    意味は通じるのですから、気にせずに大人の対応を。

    ユーザーID:0302929769

  • 「食」の仲介者として…

    >>自然界の見えない力(?)に対しての謙譲語かな、と思ったりもします。(私はこの教室が食を大切にする姿勢が気に入っています。)

    私はそのようにありたいと思いますし、皆がそうであって欲しいと思います。


    が、どうやら、単なる敬語の使い間違いのような感じはしますね…
    国語的?には、かなり問題があるとは思います。

    論理的な説明や指示に関しての誤用ではなく、
    先生や他の生徒さんが周囲の雰囲気に合わせて「やわらかく丁寧な言葉」として選んでいるのなら、
    気持ちが通じていれば、それはそれでOKかと…

    ユーザーID:9212512872

  • いただくは謙譲語だけど。

    料理学校に通っている訳で 日本語を習いになっている訳ではないので『あ〜、言葉の使い方間違ってる』と思うだけで 先生に対して 指摘したりしません。

    間違って使っている人なんて 沢山いますから・・・。

    ユーザーID:4297202068

  • 気になりますよね

    はい。その通りだと思います。


    「頂いてください」と人から言われると、とても嫌です。
    召し上がって、が正しいと思います。


    または、「一緒にいただきましょう」でしたら十分納得ですが。


    初めて気づいたのはもう16年前の旅先でした。
    添乗員さんが「もうお弁当は頂いていますか?」とバスの中で
    回って来ました。
    母と2人で顔を見合わせてしまいました。
    「差し上げていますか?」の間違いなのね、って。

    ユーザーID:9214716201

  • そうですよね

    私も主様と同じ感覚です。テレビの料理番組でもよく使ってますよね「いただいて下さい」。気持ち悪いので止めて欲しいです。

    ホストがゲストに「食べて下さい」と伝える場面なら、「○○してからお召し上がり下さい」「この季節はぜひ△△を召し上がって下さい」が正しいと思います。

    もしくは、ハッキリと主語を「私」と決めて「私は、○○してからいただきます」「私は、この季節なら△△をいただきたいですね」という感じで主語を「私」として話して欲しいです。

    主語が何を指しているのか判然としなくても、解釈の広さがあっても文章や会話が成り立ってしまう、日本語ならではの特徴だと思います。

    トピの「いただいてください」の用法は、私も「それは違うよな・・・なんか気持ち悪い・・」と、かなり気になりますが、相手が大人ならば取り立てて指摘することはありません。
    子どもが相手の場合には「その場合には’召し上がれ’の方が適切です」などとは伝えます。

    自然の見えない力に対しての謙譲語、とは素敵な解釈ですね。
    今後はその方向で脳内変換したいと思います。
    主様、良いアイディアをありがとうございました。

    ユーザーID:9799675239

  • 流行みたいなもの?

    そうですね、召し上がってくださいですね。
    大変失礼な言い方ですが、何となく丁寧な雰囲気を醸し出しているだけで意外と無知ということではないでしょうか。
    なんでも丁寧に言えばOKみたいな風潮はちょっと苦手です。

    なんでもかんでも「お」を付けるのも苦手です。(もちろん正しい使い方は別です)
    ごめんなさい。批判する訳ではないのですがお料理や、他にはお野菜なんかも違和感があります。
    ああそういう人たちなんだろうなーという印象を受けました。

    ということで、もし私なら様子を見てやめます。
    私には合いません(笑)。

    ユーザーID:8173466270

  • 「(命を)頂く」ってことでしょうね。

    トピ主さんの最後の推測が正しいんじゃないでしょうか。

    面白い発想のことば遣いですよね。でも作った人目線からの「召し上がって」より、食べられる食材に対しての「頂く」という発想、なんかいいですね。

    動物も植物も、我々が口にするものは命ですもんね。

    ユーザーID:7997357663

  • あえて言わない

    知らないから平気で使っているので
    主さんが言わなくても良いと思います。

    主さんがわかっておられたら、それで良いですよ。

    ヘタに指摘すると、場の雰囲気が壊れて
    主さんの居心地が悪くなりそうです。

    ユーザーID:6059787143

  • それって

    いのちを「いただく」って事なのかなぁ?。

    ユーザーID:3882378100

  • トピ主さんも先生もあっていると思います。

    まず、トピ主さんの質問である『いただく』は謙譲語かについては正しいと思います。

    そして先生ですが、先生が作ったものを食べることを勧められているなら『召し上がって』です。
    しかしトピ主さんの説明からすると、先生の意味は、『(季節の食材を、大自然の恵みから、私を含めて皆さんで)いただきましょう』という意味に聞こえます。
    また、幼稚園などで、先生が『いただきます。をしましょう』というのも、生徒に食べ物への感謝を促すことですから、これにも似ていると思います。
    (先生が園児に『召し上がれ』とは言わないですしね)

    ユーザーID:3813230167

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧