不思議な話を聞かせてください

レス272
(トピ主2
お気に入り2,355

生活・身近な話題

ヒイラギ

先日引き出しの中を整理していたら古い書類で私の字でどこかに「この契約は破棄します」と言ったクーリングオフの書類の控えでした。
なんだったけ・・とその時の記憶をたどると不思議なことを思い出しました。

その時に訪問販売で多額のものを契約してしまいました。それは自分ではいいものだと思っていました。

そうしましたらその数日後故郷の母から早朝の電話
「ばあちゃんが夢に出てきてヒイラギが何か契約してたいへんなことになるから止めさせろと言ってたよ」と息せききってまくし立てられました。
何も話していないのにと?!驚いてその通りに解約をしました。

不思議なこともあるもんです。

皆さんの不思議な体験も教えてください。

ユーザーID:3289648676

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数272

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 先週の出来事

    私は毎日マイカーで会社に行ってますが、その日は偶然にも仕事がはやく終わり、3時すぎに退社しました
    車のエンジンをかけて、ガソリンチェックをすると、少ししか入っていませんでした
    いつもなら、朝会社に行く途中でガソリンを入れるのですが、なんだか嫌な予感がするので、仕事の帰りにガソリンを入れました
    しかも、なんでかわからないのですが、お金を下ろしておこうと思い、銀行で引き出しました
    家につくと、固定電話が鳴り、急いで出ようとしたら、切れてしまい、
    何だろうなあ
    と思ったら、携帯に姑さんから電話がありました
    兄ちゃんが会社で倒れて、救急車で病院に運ばれたのよ、どうしよう
    と困ってました
    姑さんは脚が悪く、義兄の搬送された病院まで行けないというので、代わりに病院に行くことになりました
    車で病院について、病室に行くと、義兄の会社の方が付き添っていて、入院に必要なティッシュやら、お茶、スリッパなどを購入したとの事
    代金を請求されました

    運良く、ガソリンを入れて、お金を引き出しといてよかったと思いました
    これも、虫の知らせなんでしょうか

    ユーザーID:4558790776

  • 誰に話しても気象現象と思われてしまうのですが書かせていただきます。

    中学2年の夏の終わり、学校帰りに山に囲まれた田舎の田んぼ道のど真ん中を自転車で突っ切っていたところ、前方に変な雲を見ました。

    大きな入道雲だったのですが、真ん中で綺麗にパックリ割れていたんです。
    たまたまそういう形の雲だったとかではなく、入道雲の真ん中が完全に直線で割れていて、割れ目は肉眼で見て3センチほど(説明下手ですみません、紙を切り取り線に沿って左右に切った感じです)でした。
    文化祭前だったのでたまたま使い捨てカメラを持っていて、自転車を停めて写真もとりました。
    その後、何度もそのような雲について調べ、地震雲かなにかで空が真っ二つに見えるような直線の雲はありましたが、私が見たような雲自体がすっぱり割れているのは未だにネットでも見たことがありません。
    今ではもしかして時空が歪んでたのかしら?なんて思っています。
    トピ主さんの希望と少し逸れているかもしれませんが、これが私の人生最大の不思議です。

    ユーザーID:1559375885

  • カラオケで

    会社で新人の頃、先輩達とカラオケのオールに行った時の話です。

    一番上の立場の男性先輩(A)はあまり歌わず、お酒ばかり飲んでいました。
    気を使った他の先輩が、Aに、
    「なんか歌ってくださいよ〜。○○(歌手名)の△△(曲名)なんていいんじゃないですか?」
    と振り、私も(新人という事で張り切ってました。バカでした)、
    「A先輩、○○好きなんですか? △△聞きたいですっ。歌ってください!」
    とお願いしましたが、あっさり拒否されました。

    ちなみに私は○○も△△も好きではなく、友達とカラオケに行った時も歌いません。

    夜も更けて、だんだんグダグダになってきたところで、社の伝統らしい、
    「適当に番号をいれて出た曲を、隣のヤツが最後まで歌う」罰ゲームが始まりました。
    私が番号を入れ、Aが歌うというところで、出たのが○○の△△。

    「オマエ、わざとだなっ」
    「違います〜っ」
    「んな訳あるかー!」

    でも、本当に適当に入れて、○○の△△が出たのです。
    自分でも信じられないので、周りは当然信じてくれませんでした。

    年賀状の切ってシートすら当たらない私。
    この時に、全てのクジ運を使い果たしたようです。

    ユーザーID:1713495860

  • やはりおばあちゃんズなのですが

    私が結婚してしばらく経った頃、お昼に「いいとも」のテレフォンのコーナーを見ていて、「うちのおばあちゃんどうしてるかな?あとから電話でもするか?」と思いながら昼ご飯を食べてました。そのすぐ後、1時過ぎに実家から電話があり、祖母が亡くなったと。お昼を過ぎてもなかなか起きてこない祖母の様子を見に行ったら布団の中で亡くなっていたそうです。たぶん、私がテレビをみた頃、同居の叔父が発見したんでしょうね。

    夫の祖母が亡くなった御通夜の丑三つ時。昔話をあれこれして、本人がその場にいたら「またあんた達はそんなこと言って〜」と笑い転げるタイミングで私の背筋がぞわわわわと総毛立ちしました。きっと私の耳元で笑ったおばあちゃんの声無き声が聞こえたんでしょうね。

    ユーザーID:4764959366

  • 仏壇と貯金箱

    小学生の時の事です。貯金箱がズッシリと重くなった頃に「私の全財産を秘密の場所に隠そう♪」と画策し、椅子に乗って高さ二メートル以上ある仏壇の上に貯金箱を置きました。
    3日後位に、学校から帰宅すると祖父が神妙な顔で「これニャコのか?」と貯金箱を渡されました。
    祖父は「夢で侍のご先祖様が出てきて、しきりに頭が重いと言うんだ。仏壇の上に何かが乗っていると言うから捜したらこれがあった」と静かに言いました。

    ご先祖様は本当にいるんだと思いました。

    ユーザーID:3436787109

  • 以前勤務してた会社で起こったことです

    ちょうど今くらいの初夏のことでした。

    営業部に勤務する30代後半の男が突然に無断で会社を欠勤したんです。
    全く連絡もなかったんですが元々勤務態度の良くない奴だったんで周囲はあまり気にしてはいませんでした。

    しかし、2日経っても3日経っても連絡はなく出勤してこない。
    コレはいくらなんでもおかしいぞと自宅へ連絡をしてくれと管理部へ連絡がありました。

    当人は、社宅に住んでいるので即電話したところ・・・ 「おかけになった電話番号は現在使われておりません」というアナウンス。

    これはありえないことなんです。
    何せ社宅は全て名義人は会社です。電話も電気も水道も部屋も法人名義です。勝手に解約などできるはずがない。

    しかし、現実に電話はいつのまにやら解約されている。
    不審に思った当人の上司が大家に連絡を取り部下を1名連れて家に向かってみても留守。
    大家に鍵を開けてもらったんですが部屋の中で倒れていたということもありませんでした。
    家財道具などはそのまま。緊急連絡先になっている実家へ連絡するも帰ってない。
    その後は知りません。辞めてしまいましたので。

    ユーザーID:1094792657

  • 不思議な話。。。

    不思議な話、ありますよ〜。

    娘がまだ3歳くらいの時、帰省で早朝の飛行機に乗るため、早く起きなきゃね〜と言いながら寝ました・・・が、夫も私も目覚まし時計を止めて爆睡していました。
    突然、娘がむくっと起きて、パパ、ママ、飛行機の時間だよ〜と。
    本当に間に合うぎりぎりの時間でした。

    目覚ましの設定の時間から30分過ぎていたので、目覚ましの音で娘が目を覚ましたとは考えられず・・・娘がいつも起きる時間よりかなり早い時間だったこともあり、神様かご先祖さまが娘を通じて起こしてくれたのかも・・・と密かに思っています。

    不思議なことってありますね。

    ユーザーID:9653673901

  • 不思議〜

    娘が小学生の頃、手の甲に大きなイボができました。
    気になるし、いじるので、皮膚科で取ってもらいました〜
    あら〜不思議〜
    私の膝にあった大きなイボが突然、無くなりました…本当の話しです!
    膝のイボは、正座したりすると、擦れて血が滲み、とても気になっていました。

    このはなしをすると、娘は、嫌がりますが、私は一卵性母娘だよね〜って言ってます!

    やっぱ不思議です!

    ユーザーID:2645523568

  • 私自身は覚えてないのですが、母から聞いた話です

    私が3歳の頃、祖母が治る見込みのない病気で入院していました。
    家族でお見舞いに行った日、帰りがけに私は「おばあちゃんはもうすぐお家に帰ってくるよ。」と母に言ったそうです。
    母は「もう家に帰れる見込みなどないのに…」と思っていたら、その3日後に祖母は亡くなって家に帰って来たそうです。

    その後、母の夢の中に祖母が出てきて、タンスの中に彼女のお気に入りの着物があるからと告げられて引き出しを開けてみると、その着物が出てきたそうです。

    それから十数年ほど経って、夢の中で三途の川なるものを見たとき、川の向こう岸に着物を着た祖母が立っていました。私が「おばあちゃん!」と駆け寄ろうとすると、「まだこっちに来てはいけない!」と言われ目が覚めました。

    その祖母には3歳で亡くなった娘がいましたが、子供の頃は命日になるとなぜか彼女の夢をいつも見ていました。子供一人入りそうな白い布で覆われた箱の周りには黄色い菊の花びらの絨毯。そこで手をあわせてお祈りをしている私。母に話すと「今日は○○ちゃんの命日だからお線香上げなさい。」って…

    不思議なことって、世の中には沢山ありますね。

    ユーザーID:6529139075

  • ありました。

    とぴ主さん。良かったですね?
    その時素直に解約できてよかったです。

    私は、お互いの価値観の違いで離れた幼馴染が15年ぶりに夢に出てきました。
    お腹が大きかった。

    その数週間後、
    身内の不幸で日本に帰ったのですが、
    お葬式の日に彼女のお母さんが来て、
    ごめんね。**はつわりがひどくて来られなかったの。と。

    不思議でした。
    意識はつながってると感じました。

    ユーザーID:5468387296

  • 私も夢です。

    数年前、祖母が亡くなり 葬儀の時 棺の中に母が『おばあちゃん 梨好きだったから入れておくから あっちで(天国)みんな(祖父や義理の叔母)で食べてね』と梨を一つ入れました。


    それから 数日経ってから祖母が私の夢に出てきて『梨はみんなで食べたからね、ありがとよ』と…

    祖母は白装束でした。


    棺に入れたのは母なのに 何故私の所へ?と今でも不思議ですね。

    ユーザーID:6709455471

  • 子供の頃なので、夢かもなんですが…

    小学校2〜3年生くらいの時です。


    寝付きの悪かった私は、祖母の寝息を聞きながら(寝れないなぁ…)とキョロキョロと寝転んだまま部屋のあちこちに視線をさ迷わせていました。
    すると、開け広げた押し入れの隅っこ奥の方にボンヤリと三日月の形の光が。
    (なんだろう…)と思って見つめている内に寝てしまっていました。


    それから、3日間くらい同じ現象が起こって(寝れない→部屋中をキョロキョロ見る→三日月の光を見つける→いつの間にか寝ている)流石に怖くなってきた私は、埃にライトが反射しているのでは??と結論つけて、掃除しました。
    しかし、掃除してもまだ見える三日月の光…
    結局、一週間程でなくなりました。
    あれ以来、その光は見ていません。


    不思議の国のアリスを知ってからは、もしや…と有り得ない事を思ってしまいます。

    ユーザーID:5211991541

  • 生理の話なので、苦手な方はスルーして下さい

    1年程前の話です。
    私は更年期で、すでに3年程生理がなく、自分自身はもう終わったんだと思っていましたし、
    お医者にも検査の結果から「そうだろうね」と言われていました。

    が、ある日の昼、前触れも無く出血。特に痛みもなく、普通に生理な感じ。
    おかしな事もあるもんだ、お医者に行こうかなとか考えていたら、
    学校から帰ってきた娘が「今日(はじめて)生理になった」と。
    ええ〜、何で同じ日に? しかも自分はもう3年も無く、お役御免と思ってたのに。

    私の方はそれでホントに最後だったようで、お医者でも特に異常はなしでした。

    ユーザーID:9311055603

  • ありました。

    自営業の叔父は、仕事が順調ということもあり、なかなか会えませんでした。

    ところが、ある日、私は友人と出掛ける約束をしていて、いつもなら友人が着いてから電話をくれるのですが、その日は早めに準備が出来たのでマンション前で待っていると、趣味で持っているバイクに乗った叔父が私に気付き「久しぶりに一日ゆっくりできるから、これから兄貴(私の父)に会いに行って来るよ」と嬉しそうに笑顔で言いました。

    数ヶ月後、叔父が亡くなったと連絡がありました。

    私は、今でもあの日の出来事が偶然ではなく、叔父が会いに来てくれたと思っています。

    ユーザーID:3956749436

  • 孔雀

    遥か昔の子供の頃、内地に引っ越していたウチに北海道から祖母がやって来て、一緒に近くの江ノ島に行ったことが。
    そこには孔雀のゲージがありましたが、人だかりがあって、孔雀がいない空いているところにいたところ、目の前にオスの青い小さな孔雀が一羽飛んできました。

    その孔雀に「羽を広げろ」というと、羽を広げた。
    祖母が「孔雀の後ろはどうなっているのかねえ」と言ったので、「後ろを向け」と言ったら後ろを向いた。

    「へー」と思って「右を向けと言うと、右に向き。
    こりゃ面白い「と「前を向け」というと前を向き、「左を向け」と言ったら左を向き。
    その後もその孔雀は、こちらが言った方向を向きます。

    最後に「もういい」と言ったら、広げていた羽を畳みました。(気が付いた他の人達から苦笑が)

    何だか不思議な体験でした。

    ユーザーID:9210528008

  • 墓参りに行かず、釣りに行ったら、、、

    夫のおばあちゃんから、おじいちゃんの月命日に「墓参りに連れていって」と言われたのを「用事があるから」と断り、天気が良さそうな週末だったので夫婦で釣りに行きました。

    いつもは30分くらいのところを、高速が事故渋滞で2時間以上かかり、やっと抜けて入ったパーキングエリアで、夫が釣り道具でなくてはならないリールを忘れたことに気がつき(私のリールはありました)、さらに目的地近くの農道でパンクをしました。
    あと少しで目的地でしたが、怖くなってきて、タイヤを交換したら速攻で帰ってきました。

    すぐにおばあちゃんに電話して、翌週におじいちゃんのお墓参りに行きました。

    おじいちゃんは、怒っていたのか、それとも、何かの不幸から守ってくれたのか。
    以来、お墓参りに誘われたときは、一度も断っていません。
    おばあちゃんには、このことは話してませんが。

    ユーザーID:6781201965

  • ふとんが飛んで行きました

    25年前のこと。夫婦で仕事の都合で短期間、古いアパートに住んでいたことがあります。山際でトンネルを出たところにあり、あまり日当たりがよくなく、すぐ側にお寺(お墓)がありました。

    家内は霊感がある方で、ある夜、ざわざわして家内に起こされました。二人の目の前でかけぶとんが部屋の端まで飛んで行きました。翌日、般若心教を上げましたが、二度と起こりませんでした。

    私は全く霊感がなく、そういうものは信じないのですが、二人して一緒に見たので、夢ではないと思います。なんだったのかわかりません。

    二年前に仕事でまたそこに行く機会がありましたが、アパートはそのままでした。今回は日帰りでアパートに泊まることは出来ませんでした。

    ユーザーID:6055066248

  • 数年前の冬の話

    義理の伯母が亡くなりました。
    亡くなった日に夫とお悔みに行き打ち合わせをし
    深夜1時頃帰宅。
    夫が布団に入ったのを確認してお風呂に入りました。
    家の電話が鳴り自分が湯船で寝ていた事に気づきました
    電話の相手は義妹で、義伯母宅に泊まって寝ていたら携帯に家から着信があったから
    電話したとの事。起こしちゃってごめんね寝ぼけてたのかも。
    と謝られ、
    お風呂に戻ったら湯船の中は冷めてしまって水でした
    時計を見たらお風呂に入って3時間近く経っていました。

    結婚後、本当に親切に優しくしてくれた義伯母でした。
    心配して起こしてくれたんだと思っています。

    ユーザーID:4722119814

  • 母は凄い

    20年以上前の話です。

    駅からも遠い、外観も部屋もお洒落とは無縁だけど、家賃が安いのだけが取り柄の古いアパートに住んでました。
    地味で真面目そうな独り者ばかりが住人でしたから、平日も休日も騒音トラブルとは無縁でした。

    そんなある日の夜中、隣の人が壁を叩いている音と振動でが覚めました。
    深夜の一時に有り得ない行動と思い苦情を言う為に外に出ました。
    すると真上の部屋の男性と鉢合わせしました、彼も下の部屋の人間が天井を何かで突くような音と振動で起きたそうです。
    ドアをノックしても応答がありませんし、小窓から見ると電気が消えています。

    異変を感じたので2人で相談して、近所の大家に来て貰い部屋を確認して貰いました。
    部屋の中では住人の女性が高熱で倒れ、動けない状態で救急車で搬送されました。

    後日、御礼に来た女性が言うには「実家に住む母が私の危機を夢で知り、夢の中でアパート中のドアや窓を叩いた」
    隣人は笑ってましたが、私からすると恐いやら感心するやらで不思議な話でした。

    余談ですが上の部屋の男性は、この話を聞いた直後に慌てて引っ越ししました。

    ユーザーID:7019053626

  • 会えなかった息子?

    小学校一年生のひとり息子がおります。
    この子が授かる10年前に流産したことがあります。

    息子は元気で健康に育ってくれているのですが、
    やんちゃすぎるのが玉にキズ、言うことも聞かないのでいつも怒ってばかりの子育てに
    毎日ストレスを感じていた日々でした。

    ある日体調が悪く、家族を送り出してから寝込んでいた時の事です。
    ふと目を覚ますと、ベット脇のチェストの前にニコニコ笑って立っている見たことのない少年がいました。
    少年は私の方に手を差し伸べて、私も少年のその手を握りました。本当に手を触った感触がありました。
    そして少年は笑顔のまま消えてしまいました。その後、本当に目を覚ましたんだと思います。
    涙が溢れて止まりませんでした。

    少年が誰かは分かりませんが、産んであげられなかった我が子のような気がしてなりません。
    「僕を忘れないで!」って来たのかも知れないし、子育てで行き詰っている私を励ましに来て
    くれたのかもしれません。手を差し伸べてくれたのが「ママ大丈夫だよ」って言ってくれてたようで、

    最近あった不思議なお話です。

    ユーザーID:8232467843

  • 子供のころ

    幼稚園に入る前のことでした。母が「チーズナイフがない。」と探していました。数日探しても見つからず、しかたなく普通のナイフや包丁でチーズを切って食べていました。
    その夜、私は夢を見ました。母と一緒にガステーブルの下の引き出しを整理していたら、チーズナイフがあったという内容でした。
    私は朝起きてすぐに「ガステーブルの下の引き出し、ここを夢の中で整理したら、チーズナイフが出てくる夢を見たよ。」と母に伝えました。
    その引き出しは母が散々探したのを私は見ていました。母も不思議そうな顔をしていましたが、朝食を終え、父を会社に送り出した後、その引き出しを全部出して、整理しました。
    すると、母は「ああ!あった!あった!本当にあった!何度も探したけどなかったのに、ここにあったのねー!!」ととても喜んでくれました。
    その後、そんな夢は見ていませんが、今でも不思議な出来事として、よく覚えています。
    まあ、大人になって考えてみると、母が「ない。ない。」と数日騒いでいたので、それが夢になって出てきただけかもしれませんが・・・・。

    ユーザーID:5605862041

  • 私も電話が

    海外で暮らしていた頃、あまりにも辛くて、夜ベッドの中で「お母さーん!」って心の中で叫んだんですよね。

    すると翌朝、母からの電話で目が覚めました。開口一番「大丈夫?」とかなり心配しているようでした。母からの電話なんて、半年に1度あるかないかでしたから、驚きました。

    うちの母、命にかかわることは予知能力がわずかにあるみたいです。私の場合は命にかかわる程ではなかったと思うんですけど。

    ユーザーID:9693607031

  • 亡義父の愛

    義父が亡くなってしばらく経ったころの話です。
    義父母と娘たちは二階に部屋がありました。

    ある日子供に用事があり二階にいき、階下へ向かうときなんとなく義母が気になりました。
    部屋のドアをそっと開けるとタバコを指に挟んだまま転寝をしている義母
    そのタバコの火が今まさに義母の頭部に燃え移っていました。
    慌てて部屋に飛び込み、そばにあった台ふきんで叩き消しました。

    そこでやっと目が覚めた義母・・・
    前髪を少しだけ焦がしただけで済みましたが、なぜあの時義母の部屋を覗いたのか
    未だにわかりませんが、亡くなった義父が私を向かわせたのだと思っています。

    ユーザーID:5512868252

  • とある年の事

    もう一つ思い出しました。
    とある年の秋の事。家具の上部と天井を突っ張って支える耐震グッズがやたらと気になり、結構なお値段でしたが2セット買って本棚と食器棚に設置。

    ローンの火災保険に地震保険が追加で付加できるのを知って資料請求。

    年末に東急ハンズの水を入れたら食べられるご飯とか、棚の扉が開かないようにするグッズなどのコーナーで座り込んで、「私は何をしたいんだ?」と自問自答することしばし。

    スーパーで乾電池やインスタントラーメンを買い込む。

    これらの行動の全て、1994年、阪神大震災の直前の事です。
    当時、神戸在住の私は何を感じてそんな行動をとっていたのでしょう。
    ええ、うちの本棚も食器棚も突っ張り棒のお蔭で倒れませんでした。ご近所さんは家具が倒れて怪我人も出たんですが。

    でも、前夜の1/16には全く何も感じなかったんです……あかんやん。

    ユーザーID:4764959366

  • トピ主です

    皆さんありがとうございます。

    その他にも私がある病気の時に祖母が叔父夫婦のもとに夢に出てきて
    「あの子を入院させて」と・・叔父がこんな夢を見たと奥さんの叔母に話して「二人して同じ夢!」とタクシー飛ばして家にきて病院に連れて行かれました。

    母からも何度か先祖の夢でこうだったというのが当たっていて先祖って子孫を見守っているんだなと思いました。
    こんなことを書くといつも守られていてラッキーな人生の感じになりますが私はかなり厳しい人生です。神様なんているのかななんて思うときもありますがそんな私でもこれでも心配してくれて見守ってくれている存在っているんだなと思います。皆さんそうなんですよ。その人は気がつかないですけどね。

    結婚式の時は母の夢に祖母は「ピンクのドレスが似合うからピンクを着なさい」祖父からは「可愛い女になれよ」でした。
    子供が生まれる寸前には「もう生まれるよ!もう生まれるよ」という夢を見て女の子だったというので女の子の洋服を用意したのに生まれたのは男の子。
    夢外れたのかなと思ったのですがなぜか会う人すべてに「女の子ですよね?」と間違えられていました。

    ユーザーID:3289648676

  • 夫の声が聞こえました

    4月半ば、仕事中の不慮の事故で夫を失いました。
    夫の勤めていた会社の方からの連絡で救急病院に駆け付けたのは、事故から一時間以上が過ぎていました。
    会社からの連絡そのものが遅すぎたと思います…事故発生から30分以上過ぎていましたから。
    夫は一度も意識が戻ることなく、行ってきますと出勤したままその日のうちに逝きました。
    でも夫は待合室で祈っている私に…ごめんマイ!本当にごめん!…と言いました。
    いかんっ、頑張って!ごめんとかいらん!…と思って、その直後の時刻、医師から奇跡的に心臓が自発的に動き始めたとの報告がありました。
    夫は私のために頑張ってくれた。生きようとしてくれた。
    私はそう信じます。

    ユーザーID:1904784302

  • 運を使い切ったかも・・・

     平成3年、独身最後の年でした。

    ある朝、出勤時の駅に着く直前、傘を持っていることに気づきました。
    まわりは、誰も傘は持っていない天気予報の日でした。
    職場まで、傘を持っていくのが恥ずかしくなった私は、顔見知りの駅員さんに傘を預け、
    その駅員さんは、改札からは見えないところに置いてくれました。

    その日残業しての帰り、バス停が乗換駅から遠いため普段は乗らないバスに乗りました。
    バスに乗ってしばらくしたら、とんでもない雨が降り始めました。
    でも、
    そのバスのバス停は、アーケードの途中にあるバス停でした。
    そして、そのアーケードが途切れるところに地下鉄の階段があり、
    地下通路で、乗り換えのJR駅につながっていました。
    自宅近くの駅に着いても、ひどい雨はやんでいませんでした。駅は、帰れない人でいっぱいでした。

    そんな中、
    私は、「朝寝ぼけて預けた傘が、そのロッカーの陰にあるのでください。」と頼み、
    2,30人ほどの、なんで!という視線と大雨の中、帰りました。

    あの日、人生の運を使い果たしたと思っています。

    ユーザーID:1656005285

  • 忘れられない日

    下の子の妊娠がわかった日は、東日本大震災の日でした。
    その数日前、まだ妊娠もわかっていなかったので、震災の日に美容院に行く予約をしていたのです。
    が、その美容院は電車で行く距離なので、どうしても行く気がせず、億劫に感じて、近所の美容院を予約をしました。
    美容院で施術が終わりかけた時、あの震災が起きました。
    東京なので、揺れだけで被害はなかったですが、あのまま電車で美容院に行っていたら、帰宅出来ませんでした。

    虫の知らせというか、お腹の子が知らせていたのだと思います。

    実は、この子の不思議体験には続きがあるんです。
    この子を妊娠する前に、流産して産まれて来なかった子がいます。
    手術でお別れしたのですが、仮に手術日を12月3日とすると、この子が産まれた日は、1月23日という日なんです。
    つまり数字の並びだけ見ると、お別れした日と誕生日が同じになるんです。
    偶然とは片付けられない縁というか絆を感じました。

    震災といい流産といい、忘れられない悲しい日に縁があって産まれたことに感謝しています。

    ユーザーID:7145604043

  • 生まれ変わり

    子供が4人おりますが、
    毎回、出産後しばらくすると身内やペットが亡くなりました。

    よくある話のようですが…やっぱり不思議です。

    ユーザーID:4026768538

  • 母が見た夢

    数年前、私が流産してしまった時に、病院で処置をして帰宅すると母から電話がありました。

    「あなた、大丈夫?」
    「昨日、妊娠したあなたがいきなり腹痛に襲われて、痛くて痛くて耐えられなくて、産み月じゃないのに仕方なく産んじゃう夢を見た」
    …と…。

    母にはまだ妊娠したことさえ報告していなかったので、驚きました。
    祖母も身内の危機を予知夢で見る人だったので、血筋なんですかねぇ…。

    ちなみに私も夫が他の女性とイチャイチャする夢を連続で見て、それを話してみたところ夫がギクッと表情を変えて、それ以来帰宅が早くなってミョーに家事を手伝うようになったことがあります。…正夢だったのでしょう…。

    ユーザーID:1968671202

レス求!トピ一覧