• ホーム
  • ひと
  • 父親の老化を受け止められない兄への対応について

父親の老化を受け止められない兄への対応について

レス31
(トピ主0
お気に入り110

家族・友人・人間関係

さやか

 父親の老化を受け止められない兄についての相談です。父親は68歳になります。定年退職をして3年がたちました。以前よりも、父は頑固になり、注意力散漫になり、周囲への気遣いができずに自分中心の行動が目立ちはじめました。
兄は、このまま老化が進行してはいけないから、気遣いができるように注意をしていかないといけない。という思いがあります。父親が、食べるときに物をこぼしたり、入れ歯を使いはじめてから音をたてて食べるようになりましたが、
兄は「食べ方が汚くなってるから、気をつけてよ。家族の前だからって、気にしなかったら、他の人と食べた時に同じように、汚く食べたり音をたてて食べるようになるんだから。」と注意をします。父は「入れ歯をいれているから仕方が
ないんだ。」といいますが、兄は「また言い訳をして。なおすように、努力をしてって言ってるんだよ。」と父親を攻めます。父が外出先に携帯電話を忘れたことがありました。買い物を袋にいれているときに、携帯電話のことを忘れて
しまい、そのまま忘れてきたようでした。そのことに対しても兄は「注意力が落ちてきてるんだから、気を付けてよ。」と見下したような、あきれたような言い方で父親に言ってしまいます。父親も気が強いこともあり、キレたような強い
口調「気を付けているんだよ!」といっていまうため、兄と喧嘩になります。受け入れられない兄の気持ちもわかります。老化が進行にないように私も協力をしていきたいですが、今の環境は、逆に老化を進めているのでは?と疑問に思い
ます。父との接し方に何か良い方法はないでしょうか。参考になる本などご存じの方がいらっしゃいますか。私自身、どうしていいか分からずに途方にくれています。

ユーザーID:5287644003

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数31

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ただ気を付けてと言うより、

    具体的な忘れない方策を見つけて
    あげた方が良いでしょう。

    ユーザーID:0779271656

  • 老化なんて

    失礼ですよ〜お父さんのやり方があるから、うるさく言わないこと、見ない事家庭に男二人いらない!お兄さん独身ですか?

    ユーザーID:7601699331

  • 老化を受け入れる

    お父さんの老化ですが、
    物をこぼすのは、脳梗塞の可能性もあります。
    MRI検査をしてはどうですか。

    入れ歯は、かなりの違和感があるものです。
    それをずっと口の中に感じるストレスは、かなりきついはず。
    楽しい食事も苦痛になります。
    上手く噛めないと、内臓の働きや脳にも影響があると思います。
    入れ歯の状態をよく聞いてみてください。
    違和感が強いのなら、歯科に相談したほうがいいです。

    病気でないとしても、老化に伴い注意力が散漫になるのは仕方がないです。
    あまりお父さんにプレッシャーをかけると、かえってストレスで気力が衰えることも考えられます。

    お兄さんも、何とか以前のような父親になってほしいのでしょう。
    けれども、老化を食い止めることはできないと受け止めて、
    家族は父親のサポートを心掛ける方が良いでしょう。

    ユーザーID:7342635373

  • ほっておく。

    そういう親子関係もあります。
    別にそれで老化がはやまるとは思えません。

    ところで、
    主は優しい言葉をかけてあげているのでしょうね?

    ユーザーID:8062278044

  • お父さんとお兄さんとあなたの三人暮らしなのですか?

    お兄さんは30代くらいでしょうか。
    許容量の小さい人は、
    男女問わずそういう嫌味な言い方をしがちにあります。

    厳しいのではなく、
    ただ許容量が小さいのです。

    本やそういうのでは無理ですよ。
    本人の性格と思います。

    ユーザーID:3384876009

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • おつかれさまです

    トピ主さん、お疲れ様です。
    男性の方が親族の老いを受け入れがたいようです。
    特に息子と父は大変ですね。間に入られる苦労、お察しします。

    老人にストレスはよくありません。家族がそれによってストレスを感じるのもです。
    ケアやサポートは、老人本人のためよりもなにより家族の為でもあります。
    老人本人も老いに苦しんでいるので、杖やサポート器具、認知症の本などを勧めるのは難しいですね。手術前の母に杖をプレゼントした所、激怒されました。

    「アルツハイマー病は今すぐ予防しなさい」は「予防」と書いてあるため、うちの父は読んでくれました。今では玄関に忘れ物防止メモなどを貼るようにして快適のようです。お兄さんにも「自分のこと」として読むようにすすめてみてください。

    私本人が両親の老いに苦しんでいた時に読んで救われたのは、小川洋子さんの「博士の愛した数式」でした。映画ではなく、小説版がおすすめです。
    「壊れてしまった部分は取り戻せない」けれど、それで人間が全て失われてしまうわけではないことを認識できました。

    ユーザーID:7727960264

  • ちゃんと見ているってことだと思います

    レスを見る限り、お兄様はお父様の老化をちゃんと見ている面倒を見ていると思いました。
    受け止められていないという訳ではなくて、注意をしている。父親が外で恥ずかしい思いをしないようにと。
    父親思いのいいお兄様だと感じました。

    ただ、頑固親父は聞く耳持ちませんよね。ご苦労なされていると思います。

    あなたの情報は何一つ書かれていませんが、あなたはお父様に対して、何が出来そうですか?
    毎日でも一緒にいることができるのなら、もしかしたらお兄様にとってはいいとこどりと思われるかもしれませんが、あなたはお父様のいいところを見付けて、「褒めて伸ばす」ということをしてみては如何でしょう。
    あとはお父様とじっくりお話してみることもお勧めです。
    どうしてお父様がそのような行動をとってしまうことも、お話すればわかってくるし、それに対しての助言もしやすいと思いますから。

    どのような方でも、意思を持っていますから、その手助けが出来るといいですね。

    ユーザーID:2660879491

  • お兄さんの口を止めてあげて

    親にはしっかりしていて欲しいって子供は思うのです。
    私も母に対してそうでした。

    でもね、それが一番いけないんです。
    つい注意してしまう、すると言われたほうは自分に自信を
    無くしだすのです。
    それが認知症につながっていきます。

    私よりずっと若いお父様ですが、男性のほうが脳の老化の
    速度が速いって学者が言っていますからね。
    まして仕事を辞めて趣味も無ければ怖いですよ。

    お兄さんにはお父さんを追い詰めないように
    言って下さい。
    お父さんの老化をありのまま受け止めるよう
    努力して貰って下さい。

    他人事だとは思えないので書き込みます。

    ユーザーID:8719711187

  • お母様はいらっしゃるのでしょうか

    お兄様とあなたは独身ですか?
    お父様と一緒にお暮らしですか?

    同居されていて毎日見ているのか、別居でたまに会うのか、今の状況が分からないので補足していただけますか。

    個人差もあるとは思いますが、68歳で今のご様子は、ただの老化と言うよりアルツハイマーなどの病気が少し進行しているというようなことはありませんか?

    簡単な検査などは受けられたのでしょうか。
    もしまだなら、早急に医療機関の受診をお勧めします。
    (このごろ顔色が悪くて心配だから、一緒に病院に行ってみましょう、などと言って誘ってみて下さい。くれぐれもプライドを傷つけないようにしてくださいね。)

    失敗を責めたり注意したりは逆効果です。
    お兄様にも理解して頂くように、きちんとお話してみて下さい。


    いずれにしても、あなたのような優しいお嬢さんをお持ちでお父様はお幸せですね。

    ユーザーID:0047444225

  • お好きな趣味を勧めて上げて欲しい

    私は、70歳になります。
    不思議なことですが、一昨年職場を退いてから、ミスが格段に
    増えました。凡ミスが次から次に発生しました。

    自身の心構えの問題もありますが、集中する対象がなくなった
    ことが大きな原因だと思います。
    最近は、エブリーサンデーを楽しんでいますが、それでも毎日
    何かハプニングが起きます。

    自分自身は、このことを残念だとか、忘れ物をしない様にだと
    か考えないで、当たり前のこと、当然のこととして、受け入れ
    る様にしています。

    お父様にしても、頭で考えていても、身体がそのように動かな
    いと言うことを実感されていると思います。
    部屋の中を歩いていても、手や足が彼方此方に当たります。
    室内で、テニスラケットを振ったら椅子に何度も当たりました。
    自分では、当たらない感覚と距離を保っているのに、何故か当
    たるのですから、不思議です。

    本屋で本を買って財布を置いて来たとか、眼鏡を喫茶店に忘れ
    たとか、ザラです。猫を散歩させて、公園に忘れたことも。
    高齢者のそうした行動、脳機能の低下を理解して欲しいです。
    誰もが通って行く道なのです。

    ユーザーID:8265452050

  • あなたが直接言う

    トピ主さんか゛お兄さんに直接言うのでは駄目なのですか?
    お父さんのいない所で
    話し合ってみては。

    ユーザーID:9948602341

  • 本人に注意させること自体は間違っていません

    老化というか、そのような状態から認知症へと進んでいく可能性はありますよ。
    老化していくのだから、そのような事も致し方ないと許していると、認知が加わる
    時期も早まりますよ。

    注意力散漫になることや、食事の仕方が粗雑になるような事を注意すること自体は
    間違っていないと思います。注意されて、それを改めようとする意識を持つことこそが
    老化や認知症の予防になるんですよ。

    云い方なのかも知れませんね。
    「心配しているんだよ」というスタンスで話すようにされた方が良いのだと思います。
    お兄様が注意されているところに被せて「皆んな、若い頃のオヤジの様子を知っている
    からこそ、今のオヤジの様子に違和感があるのだし、心配して注意しているんだよ。
    オヤジには何時までも元気でいて欲しいんだよ」といったフォローをされてみては
    如何でしょうか。

    後、私の父親は既に80近くで入れ歯の状態ですし、数年前に口腔内のガンも患って
    いますが、未だに食事をこぼしたり、音を立てて食べるような事もありません。
    まだまだ、本人の努力で、身の周りの事もキチンと行える年齢のはずですよ。

    ユーザーID:2080708161

  • 一緒にやる事が大事なのでは?

    どうしたら改善するか、お兄さんはお父さんに言うだけで何も行動していないですよね。
    口先だけではなにも変える事はできません。

    何をどうしたら改善するかいっしょになって考え、手助けしてあげなければいけません。
    わかっていてもできないのがお父さんの現状です。
    介助する者ができる事は助言プラス協力です。

    どんな些細な失敗も笑ってあげましょう。「おとうさんったらおっちょこちょね!」「入れ歯が笑ってるよ!」とか。
    ピリピリしていては心のゆとりもなくなってしまいます。それば悪循環になりますから。

    ユーザーID:9007802092

  • みんな 年寄になります。

       
       子ども叱るな、来た道だ。

       年寄笑うな、行く道だ。



    京都のあるお寺に貼ってあった 人としての戒めです。


    いずれ、我々も年寄になるのですから、陰でばかにして笑ったり、あるいはキツい叱責はしないほうがいいですよね。


    注意したくなる気持ちも理解できますが、逆に優しく言葉掛けするほうが 状態は良くなると一般的には言われてます。

    『寛容』な心が必要になりますが、そうやっているうちに 本当の意味での大きい器の大人になれるのではないでしょうか?


    ところで、少し気になるのですが、お兄様は小さい頃お父様からキツく叱られて育ったのでしょうか。

    力関係が変わってしまった今、かたちを変えた 仕返し をしているのなら大変なことです。

    もし、そういう過去があるのなら、ここは負の連鎖を断ち切るように お兄様は努力しなければいけません。

    優しく接する後ろ姿を お兄様の子どもは見て育ちますから。

    そしてもちろん子どもにも丁寧に接してあげるようにしないといけませんよね。

    いずれ お兄様も年寄になるのですから。

    ユーザーID:3958212224

  • その一言がお父様を追い詰めてしまう

    老化を進めてしまいます。
    本当におかしいんだろうかと悩み始めてしまいます。。

    お兄様お幾つですかね。。男の人だから尚更お父様の状態を受け止められないのでしょうね。幼さも有りますけれど。。
    弟がそうです。母に対して。。怖いからつい声を荒げる、責める。
    全くの逆効果。注意ではないのですよね。自分が怖いから責めるだけの話です。よくないですね。

    一度この本に目を通してもらってください。

    樋口了一の 「手紙〜親愛なる子供たちへ」 です。

    涙が出ますよ。。
    年を取ると子供に帰ってしまう。
    一緒なんです。子供と。。食べこぼす、物を忘れる。でもこれ本人が好きでやっているわけではないんです。できなくなるんです。
    その現実から目をそらしてはだめなんです。受け止め寄りそわないと。
    是非一読を。。
    お父様も何かボランティア満たないことができるといいですね。
    未だ未だ60代でお若いのですから。

    ユーザーID:8502680654

  • お兄さんのほうが老化している

    注意力が落ちているから気をつけて(注意して)よ

    ・・・?

    何を言ってるんですか?
    注意力落ちてるのに注意しろって意味がわかりません

    注意力が落ちているなら注意という能力に頼らないで
    物事が遂行できるような環境を整える方にエネルギーを使うべきでは?

    これではまるで老老介護です

    ユーザーID:5549411530

  • トピ主です

     たくさんの優しい言葉ありがとうございます。
    hpyunhpyさんへ 父へは「誰でも忘れることはあるから気にしなくていいよ。」と声をかけました。兄はストラップをつけて「忘れるんだからこれをつけな。」と渡していました。父は子供扱いされたようでショックを受けていたようです。月に1度程しか実家に帰れないの
            ですが、具体的に、買い物が終わったら振り返って確認する習慣をつけられるように、一緒に買い物に行こうと思います。
    Hanakoさんへ  兄は独身です。家庭に男二人はいらないですね。支えてくれるならいいのになと思います。
    むーさんへ   体調の心配をしていただき、ありがとうございます。定期健診を受けているようで今は大丈夫のようですが、しっかり見守っていきたいと思います。プレッシャーをかけないように、サポートできればと思います。
    海だ夏だ太陽ださんへ  私自身の声掛けが不十分なのでしょうか。声をかけるというよりも、一緒に買い物にいったり、散歩したり、楽しい時間が過ごせるようにしています。
    hanaさんへ   両親と兄の三人暮らしで兄は30代です。

    ユーザーID:9686337712

  • トピ主です

    40代娘さんへ とても前向きで素敵なお母様ですね。紹介していただいた本を読んで、兄弟で父への接し方を勉強しようと思います。
    雅さんへ   父親思いの兄という意識が薄かったように思います。兄の気持ちも考えて一緒に考えていこうと思います。頑固な父なので、しっかり話を聞いて、考え方を尊重できるように接していこうと思います。
    70代ですさんへ 父が委縮しないように、兄に協力をしてもらえるように、声をかけていこうと思います。ありのままを受け入れる努力をしていきたいと思います。
    kimidoriさんへ  両親と独身の兄との3人暮らしで、私は結婚して家をでています。なかなか会いに行けず月に1度程度です。アルツハイマーや老人性うつ病の可能性がないかと考えていました、父が傷つかないのであれば、検査を進めていこうと思います。
    古希人さんへ   当たり前のこと、自然なことと考えて、とても前向きに生活されていることが素敵だと思いました。家族が重く考えていたら、本人も重く考えてしまうのかなと感じました。前向きに考えてもらえるように支えていきたいなと思いました。

    ユーザーID:9686337712

  • トピ主です

    ボニーさんへ 直接兄に伝えたことがありました。兄は「しっかり言って、気を付けてもらうことが老化の防止になる。」という考えが変わらずに、同じ行動をとっていました。私の考え方が正しいのか、兄の考え方が正しいのかが分からずに、兄の考えでは老化を進めているのではないかと思い質問をさせていただきました。

    りりままさんへ すべてを受け入れるのではなくて、必要なことは、傷つけないように伝えることが大切なんですね。祖父が認知症もなく元気に過ごし、90歳ですが社交的に生き生き生活をしています。祖父と父を比較してしまうこともあります。健康的に生活ができるようにサポートをしていきたいと思いました。

    nooouさんへ  一緒になって考えて、明るく楽しく父が考え込まないように、声をかけていきたいと思います。私自身も前向きに明るく接して行きたいと思いました。

    ユーザーID:9686337712

  • トピ主

    teraさんへ  重みのある言葉ですね。自分と同じような失敗をする後輩を可愛いと温かく見守れるように、自分の進む道だと思えると、寛容に考えらる感じがします。
           厳しく怒ることはなかったと思います。人を傷つけるようなことがある時はしっかり叱ってくれました。いつも一生懸命に働いてくれたしっかりした父親のイメージがあるので、ギャップがありショックで強くあたってしまうのではないかと思いました。


    温かな言葉の数々、本当にありがとうございました。
    私自身も前向きに明るく父と接するように心がけて、父親が楽しいこと、できることを引き出していけるようにサポートしていきたいと思いました。
    兄の父親に対する思いを尊重して、相談しながら父親との接し方を勉強していきたいと思います。      

    ユーザーID:9686337712

  • 受け入れていないのは父の方では?

    うちの母親も似たり寄ったりです。そして認めない。

    病院に行くにも介護するにも、本人が自覚したり協力してくれないと、とても大変なんです。

    妹や弟には、なかなか姉や兄の立場の覚悟が見えないのかもしれませんね。

    ユーザーID:9354589593

  • お兄さん家出てかないの?

    そこは、父親の家なんだから、父親が汚くして食べていようが別によくない?(わざとじゃないんだし)

    その様子じゃ、お兄さん介護なんてできないでしょう。
    むしろ虐待しそう。

    トピ主さんがお父さんの介護すればいいんだし、お兄さんには出ていってもらっては?

    お父さんの力が弱まったことで、お兄さん家で自分が一番偉いと思い込んでませんか?

    ユーザーID:8377595588

  • 口を出すなら手も出そう、とか

    お兄さんもトピ主さんも父上よりも世の中の便利なグッズや工夫の仕方を
    ご存じなのではないでしょうか

    例えば入れ歯がなじまないと言うのであれば、入れ歯と歯茎をくっつける
    ガムのようなものをメーカー別にいくつか用意する
    「色々試して父さんに合う物を探してみてよ」とか

    携帯を忘れてしまったならばネックストラップをつけてあげて
    「首から下げれば忘れなくなるよ。でも失くさないように気をつけてね」
    とか、口だけでなく対処方法も提案するようにしてみるのは?

    何かトラブルがあった時は
    「次に同じ事が起こらないようにするにはどうするか」を考えるのです

    お兄さんと喧嘩するのは悪いように見えるけれども、
    逆にそれが張り合いになって元気でいられる部分もあるかもしれません

    お兄さんの考えが変わらないようでしたら、
    お兄さんは厳しい指導役、トピ主さんは改善役と、
    役割分担するのはどうでしょうかね

    ユーザーID:8586290660

  • トピ主です

    ミクさんへ  追いつめているような言葉で、父が委縮しないように、やさしい言葉かけをしてもらえるように、話し合います。父は、ゴルフが好きだったので、パークゴルフを進めて、一度参加したことがあるのですが、周りは80代の方ばかりで「話が
           合わなかったからもう行かない。」と話していました。仲のいい友人と、2週間に一度程度、一緒に飲みに行っています。兄は、アルバイトやボランティアを進めたようですが、父は「退職したから、休みたい。」と話し、その言葉に
           対して、兄が「刺激のない生活をしていたら、ボケるよ。」と話したようです。父に話を聞いてみると「プレッシャーのある仕事をしてきて、退職をする頃には、心身共に限界だった。今は休みたい。プライドも邪魔をして、年下に仕事を教えてもら
           たり、できなくて呆れられるから行こうと思えない。」と話していました。私は「無理に仕事をする必要はないと思うよ。」と話ました。

           

    ユーザーID:9686337712

  • トピ主です

    母親に一緒にサークルなどに参加してほしいと伝えましたが「昔から趣味がまったく合わないから無理だわ。」と断られてしまいました。父親は仕事を辞めてから、母親の行動を干渉するようになりました。「どこに行くの?」「誰に会うの?」「いつ帰ってくるの?」と。病院に行くことを伝えると「送っていく」と言って、断ろうとしても「バスで行くより楽だから。」と準備をしてしまいます。母親は、健康のためと、父から距離を置きたいという理由から仕事を続けています。私自身も、実家に帰ると、父への対応に疲れてしまうことがあります。私が料理を作っていると、パソコンの操作が分からずに「ちょっと見てくれ。」と何度も呼ばれます。食事の時に、父親が食べ終わり食器を洗い始め、「空いてる皿もってきてくれ。」と声をかけられ「まだ食べているから食べ終わったらもっていくよ。」と言うと「食べ終わった皿からもってきてくれ、俺にばかりやらせないで手伝ってくれ」と怒りはじめます。「食べ終わったら私が洗うからそのままにしていていいよ。」というのですが、「こびりつく前に洗わないといけないだろ。」と怒るため、早く食べて手伝いに行きます。 

    ユーザーID:9686337712

  • トピ主です

     月に一度だけ帰ってくる妹が、父への対応について話をしても、兄は「たまにしか帰ってこないから分からないんだよ。いつももっと大変なんだから。このままだったら本当にボケるよ。」と言われてしまいます。今の状況でしたら、両親二人だけでも生活ができる状況ですが、母親への過干渉があるため、兄は母親のことも心配してくれていて、家を出られないようです。私自身も一緒に暮らしてあげたいのですが、主人の両親と暮らしているため一緒に暮らすことができません。
    このまま兄が同じ対応のまま一緒に暮らすと、認知症が進行したり、うつ病になったりすると思いますので、一緒に今後について考えようと思います。

    ユーザーID:9686337712

  • 頑張ってらっしゃいますね。

    トピ主様も、お兄様も、お父様事を思ってらっしゃるように感じました。

    お兄様もお父様も、強い口調で言うのは「親子」だから。遠慮なしの関係なのでしょう。確かに、お父様を怒らせるような事をしたら、精神的に良くないです。しかし、お兄様は愛情を持って叱っているようですので、トピ主様がそこをきちんと説明し、間を取り持つのが良さそうですね。

    食べこぼしは入れ歯の具合もありますが、その他の原因も疑われますので、念の為、一度CTなどの検査をした方が良いと思います。プライドを傷つけないように、上手く連れて行ってくださいね。

    老化防止には、何と言っても趣味を持つこと。一人で出来る趣味、複数でする趣味、内と外で出来る趣味等、幅広い趣味を持つと、色々と融通がききます。
    できる家事をお願いするのも、責任感と役に立っているという充実感が老化を遅らせると思います。上手くできても、そうじゃなくても、最初に「ありがとう」と感謝を伝え、出来るだけホメましょう!

    日常的に責任を持って介護するのは、大変な気苦労があります。時々、お兄様に完全自由時間を作って差し上げてリフレッシュさせてあげて下さいね。

    ユーザーID:6157945667

  • やはり、お兄さんが家を出るべき

    この先、お兄さんが一緒に暮らしても、良いことはありません。

    お父さんのことを考えての言動かどうかわかりませんが、自分だって歳をとったらこうなるかも、という想像力も無い人の言うことなど、お父さんの状態にはマイナスにしかなりません。
    それに、日常イライラするでしょうから、いくら「言葉遣いに気をつけて」なんて言っても直ることはありませんよ。

    お父さんは、家族から見ると鬱陶しいところもあるかもしれませんが、お皿も洗うし、「プライドが邪魔して…」と、ご自分を客観的に見る冷静さや誠実さもあります。

    問題はお兄さんにあると思います。
    お兄さんの言動は本当に優しさから出るものでしょうか。

    三十を越えて、実家にいて、親に細かいことをくどくど言う男なんて周りから見ても良いものじゃありません。

    夫婦の関係は、基本二人で解決すべきなのです。子供はあくまでもそれを補助するものでしかないのです。

    大体お兄さんはいつまで「お母さんの為に」この生活を続けるつもりですか?。
    それを言い訳に自立しようとしないだけなんじゃないですか?。

    ユーザーID:9445722754

  • お兄さんタイプ、多いらしい

    お兄さんよりもっとひどい話ですが、しっかりしてもらうために親を叩く、怒鳴るという男性けっこういますよ。
    自分が子供のころを省みても、きついしかられ方をするとおびえたりパニックになるばかりで改善できたためしがないのですが。

    ただね、お父さんの老化現象、お母さんへの依存っぷりを見ても、同居人にはげしくストレスを与えるケースに思えます。
    お兄さんが出て行って、お母さんへの依存がますますひどくならないでしょうか。
    お母さんがギブアップなさらないでしょうか。
    トピ主さんが一週間ほど里帰りさせてもらって、お父さんの依存レベルを認識する必要があると思います。
    長年同居しているのですから、トピ主さんも実家にしばし戻る権利はあると思いますよ。

    ユーザーID:8539783455

  • お母さんはどう思ってるんだろう?

    お父さんのことを。
    そしてお兄さんのことも。

    そもそもお父さんって、本当に老化してるのかなって思いました。
    そりゃ歯とかはなくなったかもしれないけど、頭の方はしっかりしてるような気がします。
    携帯忘れてきたのだって、若い人でもやる人はやるでしょうし、
    お母さんに過干渉なのは、老化が原因っていうよりやることがないからでしょう。

    退職後の夫がストレスです、なんてよくあることだし、お母さん上手くかわしてるみたいだし、お兄さん一体何を心配してるんでしょう?

    お母さんからみたら、息子も過干渉で困ってるかもしれませんよ。


    お父さんからすると、退職後は夫婦で過ごす時間を増やそうと思ってたのに、妻は相手にしてくれず、息子は偉そうに命令してくるわで、散々なんじゃないでしょうか?

    私はお父さん可哀相だと思いましたけど。

    ユーザーID:8377595588

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧