趣味・教育・教養

Financial Timesを読めるようになるには

レス10
お気に入り30

マクロファージ

学ぶ

職場でFinancial Times を読んでいます。
読むのが遅いので上司に「秋までにどうにかしろ」と言われています。

まず経済の知識がないので、それを今勉強しているところです。
1 経済の基礎を勉強
2 Financial Timesのトピックをプリントアウトして辞書で知らない単語を調べながら精読

これしか思いつきません。

2については、単語を調べながら精読してもわからないところはどうしてもわからず、かといって正解もわからないので、わからないままで終わってしまいます。
例えば 単語2つが合わさって一つの意味になるような語彙が、調べても出てこなかったり。

どうすればスラスラ読めるようになるでしょうか。

私の英語レベルはTOEIC890点くらいで英検1級の語彙は知らない単語だらけです。

ユーザーID:5361072353

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数10

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ファイナンスの本を勉強するといいと思います

    正直、Financial Timesの記述は意識的に定型的=外国人でも読みやすくなっているので、時間がかかるのは問題です。
    経済学の本と言うよりも、ファイナンスの本を読んだ方がいいでしょう。

    ツボイ・ボディのインベストメントなんて、もう本当に初級の本ですが、もし読んだことがないならばまず日本語を、そしてその後原書で読み直すといいでしょう。
    (最初から原書を読むのは効率が悪いので、手っ取り早く能力を上げたい場合、両方順に読んでしまい、まずファイナンスの知識を、その後に差分で英語表現を覚えるのがいいと思います。)

    例えば(このレベルの単語は実際には知っているでしょうが)bailoutとの見出しを見て、どこかが潰れそうで泣きが入っているのか?とイメージできないで、bailoutの一般的な意味を辞書で引いて、そこから救済とは?という形で一般用語をずっと追っていても、いつまでもぼやっとした文章のままでしょう。
    専門的な意味で単語を覚え直す作業をすぐにすべきです。

    ユーザーID:9400449947

  • 日経新聞を読んで見ては

    英語が出来ない訳ではないので、新聞そのものが読めない(社会や経済の知識がなく、内容が理解出来ない)のだと思います。まずは日経新聞を読んで見てはいかがですか?

    例えば「量的緩和」を英語でも言えますか?(これくらいはご存知?)こういうキーワードが日英両方の言葉でパァッと出るようになれば、大体OKかと思います。

    ユーザーID:1641600119

  • 経済学を勉強

    日経新聞を日本語で読んで理解できますか?
    それがまだなら、Financial Times を読んでも仕方ないような。。。。

    英語力の問題だけじゃなくて、経済の知識がないと読んでも分からないですよね。

    スティグリッツのマクロ経済学とミクロ経済学が分かりやすいので、英語版と日本語版を両方買って経済学そのものをまずは勉強してみては?いろんな例えなど載っていて読みやすく、英語版と日本語版があるのがポイントです。

    英語で教材を読んで、日本語で確認しつつ経済への理解を深めると良いのではないかと思います。

    この教材はある通訳学校でも通訳者のトレーニングに使われていました。

    ユーザーID:0089936840

  • Pink Paperは大衆紙ではない

    「大衆紙」との差別化を目的に、記事から娯楽や日常を排除した「高級紙」です。
    政治経済の専門用語をそのまま使います。英国人でも教養がなければ単語が理解出来ないのですよ。その前に書いてある記事が理解出来ないでしょう、興味が無いと言った方が良いかも。

    だからピンク色の紙を使うのです。

    この新聞を読んでいるボクはシティで働くエリートなんですよ、と自慢するのが目的の一つ。もう一つは、この新聞にはサッカーとか芸能ニュースは掲載されていません、キミ達は買っても仕方ないよと注意するのが目的です。

    英語の前にまずは教養でしょうね。その次に記事の内容がアナタの仕事に関係あるか否かです。そこまで来れば、自動的に英単語の語彙も増える筈ですよ。

    ユーザーID:5969271144

  • kindle版とかは?

    英語の勉強じゃなくて、内容を理解するのが仕事なんですよね?

    日本で購入できるのか分かりませんが、kindleやGoogle Playから月極め購読して、ブックリーダで読むのがいいですよ。

    辞書はブックリーダの中から瞬時に引けるので、本を読むのが本当に楽しくなって最近はそればっかりです。ただ、単語はなかなか覚えられなくて何度も引き直すので、英語の勉強になるかは分かりません。

    とりあえず、amazon.comの方へ行って購読できるか試してみたらいかがでしょうか。

    ユーザーID:3969618216

  • 地道な努力あるのみです

    Financial Timesというのは相当高度で難しい新聞です。
    ネイティブでも経済に疎い人には辛いと思います。
    私は英検1級、TOEIC 970点を持っており、BBCなどの一般的なニュース記事はスラスラ読めますが、Financial Timesは時間がかかります。

    そんな私が僭越にもアドバイスさせて頂くと、読解力をつけるには日頃からたくさん英語を読むしかありません。

    精読しても意味が分からない原因は、文法の知識不足でなければ英語に慣れていないせいだと思います。もし高校までに習う英文法と単語が不完全でしたら、まずそこを固めるところから始めて下さい。

    その上で、ネットにある新聞・雑誌記事ををどんどん読みましょう。Financial Timesに慣れているトピ主さんなら、Japan Timesなどは非常に読みやすく感じるはずです。
    それと平行して、ボキャビルも行ってください。日本の出版社が出している単語と意味が列挙してある受験用単語帳よりも、アメリカで出版されているSAT受験用の単語ワークブックの方が使いやすいです。
    こつこつやっていれば必ず読めるようになります。頑張って下さい!

    ユーザーID:1984009138

  • タブレットで購読すれば、すらすら読めます。

    ま、会社がFTを購読しているなら仕方ないですが、私は質的にはWall Street Journal (WSJ) のほうが良いと思います。

    iPad (或はその類似品)はお持ちですか?お持ちなら、ちょっと投資して、FTをご自分でネット購読されては如何ですか。解らない単語や熟語はタップしてマークすれば、インストールしてある辞書(これも購入が必要です)が意味や例文を画面にさっとだしてくれます。

    経済用語も、時事用語も「生もの」ですから、変化してゆき、新しい言葉が生まれています。e辞書はこのような変化に沿って常にアップデートされるので、新聞記事も非常に理解し易いです。Greenwashingなんて言葉、紙の辞書に載ってます?

    国際経済を多面的に理解する為に、他に、Bloombergのサイトをちょこちょこ覗いたり、New York Timesのファイナンスや政治欄にざっと目を通したり、Harvard Business Reviewをサラッと見たりすると良いかと思います。無料版は無論情報が浅いですが充分に勉強になります。

    Relax!

    ユーザーID:8733640615

  • 経済知識をも増やす

    Financial Timesは読んだ事がないのですが、経済新聞ってやっぱり「語学力+知識」が不足だと理解できないのでは。

    アメリカ人の夫と私とで経験しています。夫は私と結婚後、来日して5年滞在しました。
    夫の職種はアメリカでも日本でも金融関係でした。来日当時の日本語力は大学で多少日本語を勉強した程度でした。
    仕事をしながらの日本語の勉強でしたが、彼が教材にしていたのは日経新聞でした。
    一般の新聞の三面記事は読んでも良く分からないのに、日経新聞は良く理解できたそうです。分からない単語があっても、
    経済知識があるので、内容は良く理解できたそうです。
    反面、金融知識の全く無い私は日経新聞を読んでも内容が良く分かりませんでした。

    アメリカ在住の現在、語学力および金融知識の無さが災いして やはり経済記事は良く理解できません。
    日本語を一切使わない職場での仕事関係英文なら全く問題ないのですが。

    たぶん他の一般紙とはスタイルが違うでしょうが、語学力不足ばかりが原因でないと思います。
    語学力を高めるのと同時に経済の知識(トピ主様の仕事の分野)を増やしてゆくのも必要ではないでしょうか。

    ユーザーID:3397843234

  • 追加です

    他の方々の意見を読んで思ったのですが、既に知識が頭に入ってると理解しやすい、ってのはいい指摘ですよね。

    そこでFinantial Timesは新聞なので、多くの話題は既に他のメディアでも語られているはずです。それを最初に聞いておくのはどうでしょうか。あぁ、あの話ね、って見当がつくのは重要だと思います。

    私は通勤中に車の中でNPRのMorning EditionとAll Things Consideredを毎日聞いてます。英語の勉強のためめではないですが(単なる趣味)、ここで時事の話題は一通り頭に入るので、新聞とかニュース週刊誌の理解がとても早まりました。

    NPRは全放送の音声とそのテキストが毎日サイトに掲載されるのと、ニュース英語として非常に分かりやすくインタビューも多いので役に立つのではないかと思います。

    アプリもあるので電車の中で聞いてみるのもいいですよ。

    ユーザーID:3969618216

  • 和訳と対比させながら読む

    FTの一部の記事は、オンライン日経等に和訳が掲載されます。

    まず英語記事を目で追いながら、声に出して日本語に訳していきます。これは通訳の勉強法でサイト・トランスレーションと呼ばれます。
    つまずいたら、和訳を参照します。それでも分からない経済用語はネットで検索します。

    これを1年くらい続けると経済記事にだいぶ強くなりますよ。

    ユーザーID:4988341222

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧