これから子供にかかるお金

レス14
(トピ主1
お気に入り22

妊娠・出産・育児

JJ

相談させてください。
アラフォー男です。30代中頃の妻と1歳の娘がおります。

妻は私と同じ会社で働いておりましたが、出産を期に退職し、現在は専業主婦です。しかし最近になって、娘が2歳になる頃に復職したいと相談されました。
(退職しておりますが、再雇用制度があるので正社員で復職は可能です)

復職したい理由としてはやはりお金が一番だと思います。
これから先、娘に十分な教育を受けさせるには、想像していた以上にお金がかかるので、復職可能な時期に再雇用で戻りたいと。

正直、自分の稼ぎで十分な教育が受けさせられないのか、と驚きました。
私の意見としては、娘が小学校に入るまではそばに居てやって欲しいのですが、それまで待つと再雇用制度は使えないのです。

そこで皆さんのご経験や状況を参考にさせていただきたく思います。

当方は地方都市住まいです。娘は小学校までは公立、中学からは本人の希望があれば私学を検討したいと考えております。
ちなみに私の年収は現在1000万弱、妻は復職すれば400万程度です。
去年、家を建てましたので、貯蓄は私の年収以下程度しかありませんがローン・借金はありません。

妻は小学校から大学まで私学女子校で育ち、一通りの習い事(ピアノ・バレエ・習字など)と学習塾や家庭教師を与えられており、娘にも同じようなレベルを考えているのだと思います。(娘は小学校から私学に入れるつもりはありませんが)

乱文になりましたが、皆さんのご意見をお願いいたします。

ユーザーID:9210361965

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いくらあっても困らない

    トピ主ご夫婦の教育方針や、そもそも娘さんの希望がまだ不確定ですから、現状トピ主さんの年収で十分かどうかは判断しかねます。

    しかし、お金はいくらあっても困りません。
    貴方が、今の年収を継続できる保障はありません。
    必要なのは、教育費だけではありません(ご夫婦の老後費用、娘さんの結婚費用、お孫さんへの援助など)。
    稼ぐ手段があるなら、できるだけ稼いでおく。
    奥様なりのリスク管理だと思いますし、正しいと思います。

    ユーザーID:6042054480

  • そこまでするなら、結構かかるよ

    中学から私学に入れて、トピ主さんの奥さんがが想定している教育を受けさせた場合、かかる金額を考えてみました。

    年間です。

    学費:100万円
    制服、道具類、修学旅行、クラブ:30万円(海外研修などは含まず)
    習い事の月謝:36万円
    習い事の発表会経費:50万円
    塾:24万円
    塾の長期休暇時の特別講習:30万円
    家庭教師:36万円
    お小遣い:6万円
    携帯電話(習い事が多いと必須になります):9万円
    被服費:10万円
    食費の増加分:24万円

    ざっと、355万円。

    これに、歯列矯正が入れば、さらに。。。

    年収1000万円なら、奥さんが働きに出る必要があると思います。

    お子さんが小学生になるのを待っていれば、40歳越え。
    パートですらなかなか雇ってはもらえない年齢です。

    再雇用制度が有るなら活用した用がいいと思います。

    ユーザーID:6879943290

  • もちろん

    子供に十分な教育をと考えればお金はかかります。
    ですが、幼い子供と二人の生活が耐えられず仕事復帰したいと考える女性もいるんです・・・もちろん表だって夫に公言は出来ませんが。
    そのような人たちは給料と保育料が同額でも働きたいと言ってました。
    もう一つは二人目を作りたくないとの理由です。
    自分は一人っ子でいいと思っているのに夫から二人目を要求されそうなケースです、正社員復帰してしまえば仕事が忙しいことにかこつけてうやむやになつてしまうパターンがあるからです。
    案外深層心理は別のところかもしれませんよ。

    ユーザーID:6791464879

  • 奥さんの求める教育を実現させるのなら、奥様の復職が必要。

    たぶん、奥様は上流社会レベルのご家庭のご出身なのでしょうね。
    それからもちろん、お子さんが私大の医学部や歯学部に入る可能性があるのなら、もちろん奥様の復職が必須です。

    ユーザーID:3240370009

  • 今後お子さんの予定は?

    しっかりされていますね。
    年収1000万なら問題ないとは思いますが、要は運営方法だと思います。
    人生でかかる大きなお金は大きく分けて3つ。
    教育、老後の生活、家

    主様が気にしておられる教育について
    中学から大学まですべて私立だと平均で2000万円程度が必要になります。
    さらに習い事や、留学などもされるとお金がかかります。
    また、結婚に備えての準備も必要です。
    一人でそれだけのお金がかかるので、今後2人、3人目をお考えなら、奥様の収入は大きいと思います。

    最初に申し上げました運営方法ですが、いろいろな方法があります。
    貯蓄の例では、定期預金、個人年金、終身保険、学資保険など。
    資産運用としては株や証券、国債、外貨など。
    これについては検討する価値はあるとおもいますが、専門の知識が必要となると思います。

    ただ、通帳は3種類に分けたほうが良いです。
    1つは流動性のあるもの(生活費など)
    2つめは学資保険や子供手当を貯蓄するなど、子供のためのもの
    3つめは貯蓄だけもの

    奥様の収入をすべて貯蓄すると心強いですね。

    ユーザーID:2805554330

  • 単価は高騰してる

    子供一人、地方都市在住、小学校は公立、ローン・借金なしなら、1000万弱の年収でなんとでもなると思います。

    ただ、奥様のように、自分と同じだけの教育や習い事を受けさせたいと考えるのは普通の親心。
    でもそれを叶えるには単価が高騰しているのは事実です。
    我が家は私がトピ主さんの1.5倍、夫はその倍の年収ですが、子供が三人で都心住まいなので、生活はかなり質素です。

    また、奥様は金銭面だけではないメリットも考えてらっしゃるのでは?
    乳児とはいえ、子供も1歳を過ぎると知的好奇心が爆発するように成長します。
    歩行できるようになったら興味も世界もどんどん広がりますが、
    地域の活力が弱まった今、同年代の子どもと共に過ごせる場の確保は難しい。
    実は保育園その補完的役割を担っていたりします。

    私自身、母親一人で子供の力を伸ばしきれているか?と自問し、
    三年の育休を切り上げて保育園に預けました。子供の成長や喜びを見て
    その選択が正しかったと確信しています。

    夫も育児に関わる機会が増え、家族の絆も専業時代より強まりました。
    参考までに。

    ユーザーID:4925627067

  • 子供預けて働くのは罪ではない

     こと子供1人のの教育だけのことを考えれば、ヌシの年収で
    やっていけるかと思います。
     十分な収入をもつ配偶者のもとで、女性が働く理由は、
    A.やりがい・いきがい。
    B.万一、配偶者が病気・事故で亡くなってしまった場合の経済的支え。
    でしょうか。
     ところで、お子さんは、1人だけの予定ですか?2人目3人目は、
    お考えにはならないのでしょうか?予定があるなら、よけいに仕事を
    持っておいたほうがよいかと考えます。

    ユーザーID:0110801212

  • お金の面では問題なさそう

    文系私大4年コースとして、子供の教育費は一人3000万円ぐらいというのが定説です(ある程度の学習塾や習い事を含む)。
    ピアノやバレエといったお金のかかる習い事や、高価な家庭教師、理系医学系コースならもっとお金が要ります。

    仮に給与1000万円で固定、定年65歳、一年あたり生活費400万円(教育費以外)で固定とすると、
    ご主人の35歳から85歳の一生で
    収入は 1000万円×30年=3億。
    支出は 400万円×50年=2億。

    残額1億で
    教育費3000〜4000万円、
    老後頃の住宅のリフォームまたは建て替えに1000〜3000万円、
    をまかなえればいいのではないかと思うので、お子さんがお一人の予定なら、お金の面だけで言えば、奥様は働く必要はないのではないでしょうか。
    詳しくはプロに相談される方がいいと思いますが。

    しかし、奥様が働くというのはお金の面だけではない(社会とつながろう、自分を磨こうという意欲など)もあると思いますので、
    どのような家庭・どのような人生を目指すのかを相談されて決められるとよいと思います。

    ユーザーID:5049103312

  • お子さんが1人なら

    大丈夫な気がしますが・・・・・

    でも 奥さまの年齢とお子さんの年齢を考えた時に 復職を考えてしまったんだと思います。

    お子さんが小学校にあがるころには40代ですから 気持ちが焦ったり不安になってしまったのでは無いでしょうか。

    私の印象としては 年間400万位で お子さんの大事な時期を見逃すのは勿体無いな〜と言う感じです。
    でも 今は晩婚時代 比較的早く結婚しても 子供を作るのが遅かったり・・・
    こういう問題は出てきますね。

    貴方が 将来的にも勤めなくても良いという お考えならば 一旦は奥さんの復職をさせてあげても良いかも知れません。
    女性は40歳過ぎから 体も変化したり女性特有の病気に掛かりやすかったり(私がそうです)大丈夫な人もいれば 駄目な人も居ます。
    その時 彼女のお金をアテにするような夫だったら困りますが そうじゃなければ 心の安定の為にも 応援する選択もあるかな、と思います。

    ユーザーID:3045782743

  • 共働きの功罪を

    家のローンがないなら、
    子ども2人までならなんとかなるのではないのかしら。
    中学高校を私立、大学は国立と私立くらいでも。
    家庭教師は難しいですけれど。

    幼稚園に入る前の教育、幼稚園の選択が重要だと思いますよ。
    保育園を否定する気はありませんが、中高での家庭教師よりも、
    小さいころのお母様の読み聞かせのほうが大切な気がしますが・・・

    確かに子どもにはお金がかかりますけれど、
    習い事のために母親がフルタイムになるのはどうかなぁ、と
    思います。
    働いていたら習い事の送迎もできませんよ。

    それとも、小さいうちだけフルタイムで働く?

    ユーザーID:3154082909

  • 専業主婦に向かない人

    お金の問題ではないです。
    専業主婦に向かない人は居ますので、奥さんが働きたいなら、それでいいと思います。
    お子さんはお金があればあるほどかかります。
    かけなければかかりません。
    お金がなければ意外と、自分で何とかします。
    特に、女の子はは賢いですから。
    私も、姉もお金がかかってません。がきちんと働く女性です。
    だから、お金の問題ではなく、奥さんは外に働きに出たいだけです。

    ユーザーID:7470013274

  • 費用対効果

    トピ主の奥さんはそこまでの教育を受けて年収400万なわけでしょう?
    ちょっと、ワリが合わないですね。
    復職するのはいいと思います。このご時世お金があっても困ることはありませんし。
    自分が育った環境をモデルに子育てするというのはよくある話ですので、奥さんと意見のすり寄せ
    が必要な時期に来てるのかも知れません。我が家は私の父親はイクメンでしたが、夫の父親はそうではなく、私が「これぐらいやってよ」って不満に思い、夫は「なんでもかんでも俺にやらせやがって」と不満に思ってます。
    ちなみに、ピアノと習字なら奥さんが家である程度は教えられるのではありませんか?
    今までやって来たわけですから。レベルが上がってくれば先生に習うことになるでしょうが。
    その中で向き不向きも分ってくるでしょうし。
    私の周りでは習い事、水泳、ダンス、体操や英語が流行ってます。ピアノは私が子どもの頃に比べると習う子減ってますね。

    ユーザーID:9480162315

  • 教育費=母親分もかかる

    習い事の月謝自体は現状トピ主の収入から出せるでしょう。
    しかし発表会のドレス
    ソコソコ教育費をかけられる世帯との交際費
    などなど、表向き計上されない費用で、実際には娘用のみならず母親用に多額の費用が必要なものが多々あります。
    こういうのって教育費として計算しないし、トピ主も出したくないでしょう?

    再雇用チャンスがありながら「夫の反対で」稼げない場合、妻の怒りは頂点に達するのではないでしょうか?
    「せっかく娘の発表会なのに、保護者としてワンピースのひとつも新調できない」というやつです。

    母親分は独自に稼いでもらったほうが双方気が楽だと思うのですが・・

    ユーザーID:8892889242

  • お礼(トピ主です)

    トピ主のJJです。
    皆様、貴重なご意見ありがとうございます!どちら様のご意見も納得や気付きがあり、非常に勉強になります。
    このご時世、いくら地方都市といえども子供の教育にも自分たちの老後にもお金がかかる。そして復職や子供を預ける受け皿があるなら、今 働きたいという妻の言い分はもっともだと思うようになりました。
    ご指摘のあった第2子ですが…、おそらくありません。というのは、娘も長い不妊治療の末に授かった子供なのです。夫の私が原因の不妊ですが、妻には身体的にも精神的にも負担をかけてしまいました。
    妻には感謝してもし切れないと思っており、今後は子供の育児を中心にゆっくりして欲しいとの思いもありました。
    また、妻は以前からの趣味があり、妊娠前にインストラクターを取得したので、育児が一段落したらそちらを中心に行いたいのかなと思っていました。しかし妻いわく、保証も無く大した収入にもならないので、今は趣味として続けるに留めるということでした。
    復職すれば400万程度とはいえ(残業無、時短での試算)保障のある正社員を選ぶとのことです。
    預け先は娘になるべく負担をかけぬよう熟考したいです。

    ユーザーID:9210361965

レス求!トピ一覧