現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

優しい母になりたい

ピリピリしすぎ母
2013年7月4日 10:03

初めましてトピを開いてくださり有難うございます。
小2の息子がいます。

元々躾のされていない子供、その親が嫌いで
出先で行儀の悪い子や(スーパーの床で通路をふさぐように寝そべって床にお菓子を並べていたり・・)
注意しない又はその場にすらいない親を見ると
何で親は叱らないの?何で見てないの?と言う目で見てしまいます。

なので我が子には神経質になってしまい
最近ふと気がつくと外で行儀良く聞き分けの良い子だけど
そのために家で私叱ってばかりで
肝心の可愛がったり受け止めてあげたりという
包み込むような愛情が致命的に欠けている
甘えにくい母親になってしまっていると気づき
すごく焦っています。

人に迷惑をかけたり、怪我したり命に関わるような事でなければ
もう少し寛容になってもいいんじゃないか?とは思うものの
実際少しでもお行儀が悪いとつい叱ってしまいます。
そして叱ったあと、私自身がイライラした気持ちを引きずってしまうので
これはもう「叱ってる」じゃなく「怒ってる」んだと思います。

これじゃいくら行儀良くなったって根本的なところがダメだと思って
自分を変えたいのですが
いつの間にか息子を可愛いと思ってもそれを素直に表現できなくなっている事にも気づきました。
いつも叱ってばかりの私が優しい顔をする事が恥ずかしい
ただ抱きしめる事も恥ずかしい・照れくさいと躊躇してしまいます。
どう言い訳しようと愛情なんて伝えられなければないのと同じ。
私が息子だったら愛されてる気が全くしないしこんな母嫌です。
それでもママが一番好きという息子を見ると母親の愛が欲しいのだと胸が痛くてたまりません。

どうしたらもっと寛容になって、自分が作ってしまった不必要な壁を打ち砕けるのでしょうか。
どうかお知恵をお貸し下さい。宜しくお願いします。

ユーザーID:1228848468  


お気に入り登録数:119
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:36本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
休む あるいは ステキママさんのマネをする
つばさ
2013年7月4日 12:24


わたしが育児に疲れてピリピリしてた時は
一時的に人にあずけて、あらたな気持ちで子どもに向き合いました。
(土日だけでも離れる)

そしたら、ものすごく可愛く思えたんです。
疲れがとれて余裕がでたからか。
最初から可愛いはずなのに気づけない つかれきった自分。


あるいは、
あなたが、この人はステキな育児をしてる!と
思う人に密着させてもらって技を盗むとか。

しっかり躾けていても、しっかり褒めるところは褒める、と
メリハリ利いた育児をしてる人もいますよね

ママさん、がんばって!

ユーザーID:8478141388
ユーモアをもって
みお
2013年7月4日 12:26

うちの子はまだ幼稚園なので、小学生と同じではありませんが・・・

お行儀が悪い時、他人に迷惑をかけるような場では厳しく叱りますが
家の中など、そうでない場合は、できるだけユーモアをもって
注意するようにしています。

「そんな事してると、お顔にいっぱいキスしてべろべろしちゃうけど
いい?」
とか。

そうすると、「やだー」と言いながらも、嬉しそうに言う事聞いて
くれたりします。

トピ主さんの場合、今までの自分から急に変えるのが難しいなら、
いっそ、息子さんに宣言してみてはどうですか?

「お母さん、今まで叱りすぎててごめん!これからはもっと
楽しくやるね!!」
って。

そして、ぎゅーっと抱きしめてあげてください。

息子さんも照れくさくて嫌がるかもしれないけど、
「お母さん、○○の事大好きだから、離さないよ〜」
なんて言って、できるだけスキンシップとってみてください。

何気ない時なんかに
「あー、可愛いなあ。○○はお母さんの宝物だよ」
なんて言って、アタマをぽんぽんしてあげたり。

そういうのを習慣にしていけば、だんだんトピ主さん自身も
変わっていけると思いますよ。

ユーザーID:0576695242
貴方がトピの様に考えられる母親なら大丈夫
rururara
2013年7月4日 12:31

私も全く持って同じですよ。
躾躾と称しながら子と接していると、もっと大切なものが両手からすり抜けて行くのがわかります。
でもそれが分かっているのなら大丈夫と思います。
私は子が迷惑かけたら潔く自分が謝罪、そして何がいけなかったのか、子に伝える様にしています。

恥ずかしがらずに
怒りすぎてごめんね。
生まれてきてくれて有難う。
とても大切に思っている。
○○がいてくれて本当に良かった。
と伝えてあげてください。

そうでなくとも男の子は母親が大好き。
きっと気持ちは伝わります。

ユーザーID:4184037552
心の声に従って
つばめ
2013年7月4日 12:58

お子さんがいつもママの顔色を伺っていますか?

本当は優しいママになりたい。
あなたの事が大好きで世界一大切。

恥ずかしくないですよ。
一緒にお風呂に入ってる時とか、リラックスしてる時に
思い切って声に出してみましょう。
一度出してしまうと案外簡単ですよ。

きっといい所がい〜っぱいあるお子さんだと思います。
いい所には無視で悪い所ばかり指摘してると、マイナス面が
どんどん育っていきます。
いまならまだ間に合います。
ニコニコ太陽のお母さんに変わっていけます。
少しずつ少しずつ・・・

だって本来のあなたはとっても温かい心を持ったママなんです。
いっぱい抱きしめてあげて下さいね。

ユーザーID:5767823063
答えにならないかもしれませんが携帯からの書き込み
カニサラダ
2013年7月4日 13:03

子供さんが良い事をした時等に とても誉めてあげるのは いかがでしょうか? 中々誉められないでしょうけど…

ユーザーID:3696012165
誰のための躾ですか?
しいぼる
2013年7月4日 13:08

親のための躾になってませんか?
トピ主さんが躾のできない親だと見られたくないから躾する。
息子さんがトピ主さんの意にそぐわない行動をとった時、怒ってしまうのはそういう理由です。
「親の顔に泥を塗る気か!」
と怒りがこみ上げる。
私の両親がまさにそのタイプでしたからよくわかります。
「そんなことしたら恥ずかしいでしょ!」
とよく言われました。
恥ずかしいのは親。子供は恥ずかしくありません。

子供の為の躾、と思えば自然と優しい口調になります。
スーパーの例で言ったら、
「みんなの邪魔になるから片付けようね。」
「お店の商品が汚れちゃうから元に戻そうね。」
理由をしっかり言って、一緒に片付ければ済む。
怒る必要なんて全くありません。

しちゃいけない理由がわかれば、お子さんももうしないはず。
仮にしちゃっても、もう一度理由を教えてあげればいい。
それでもやめなくても別にいいんです。
自分で学んでそのうちしなくなります。
だってスーパーの床で寝そべってお菓子並べてる大人なんてどこにもいませんよね?

躾とは理由を教えることだと私は思います。

ユーザーID:8615867522
気付いただけエライ!
三人息子の母
2013年7月4日 13:14

3人息子を育てています。
小学生2人、年中1人です。

私に子供が生まれたときに親戚に言われた言葉です。
「子供を怒った後は、自分が気分をガラっと変えないとだめよ。」
これがなかなか難しい。
普通、怒ってしまったらそのまま怒りっぱなしになってしまって
急に優しく笑顔になんてなれないんですよね。
でも私はその親戚の言葉を信じてがんばってみました。

怒った直後に笑顔でジョークを言ってみたり!
これ、がんばらなきゃできません。照れるし。
でもがんばるんです。
相手が大人だとなかなかうまくいかないかもしれませんが、
相手が子供だと、子供自身も気持ちの切り替えが上手なので
とってもいい関係になれます。
それに、自分も楽になりますよ。

抱きしめてあげるのも、今からやれば大丈夫!
これも勇気やパワーが必要ですが、がんばってあげてください。
子供はいつもと違っても、ちゃんと受け入れてくれますよ。
むしろ喜ぶと思います。


トピ主さん、自覚があるだけエライし、まだ大丈夫。
間に会いますよ。がんばって!

ユーザーID:3275752867
相手の人格を認めればできるさ
航行
2013年7月4日 13:43

簡単よ
大好きと言えば良いだけよ

叱りすぎたら
ママきつく言い過ぎたよ
ゴメンねと言えば良いだけ

悪かったなと思って
好きと伝えたかったら勇気出す以外に何があるのでしょう

誰かに謝る時好きと伝える時誰だって勇気出すの
子供には下手に出れないとしたら
それは子供への甘えよ
親だから・・という免罪符を利用した甘えね

勇気出して言っちゃいな
どうしても恥ずかしいなら魔法のおまじないをそっと教えます





「大好きだよ」です
どうぞ!

ユーザーID:9595835164
同じ厳しい母で最悪です携帯からの書き込み
こう
2013年7月4日 13:55

かなりキレてますね…うちは小3息子で年長娘がいますがこれまた下が並みより出来がよく可愛い。息子は並み以下…って最悪ですが。
感情のまま怒ってる最低な母自覚してます。毎日、ぐるぐる考えてます。最近、反抗してくるようになりました。成長なんでしょうね。母も成長したいと思います。
なので毎日、息子に誉める専用の日記を書いて渡しています。二行くらいですが。たまに返事が来ますよ。質問だったり絵だったり、お願いやら意味不明な話やら。
お互い頑張りましょうね、気楽に。

ユーザーID:5362081089
褒めてますか?
匿名
2013年7月4日 16:11

行儀の悪いことをした時に怒るのは悪いことではないです。
でも、行儀良く過ごせた時に褒めてますか?

よくできた時は無視で、できなかった時だけ怒っているようなら、お子さんが可哀想ですね。

まずは褒める所から始めてみては?

ユーザーID:6252043636
思うに
浮生
2013年7月4日 17:23

少し前の世代であれば、親と祖父母とが子(孫)にどのように向き合っていくのかが、道筋が出来ていました。親は「分別ある躾け」で、祖父母は「無条件で受け止めていくこと」でしょうか。親は、この二役を受け持つのは無理でしょう。そういうことから、子育てでの三世代の関わりを大切にしていました。

子は、親が祖父母との関わり方を見て、自分と親との関わり方を学んでいくのです。子が物心がついて自我に芽生えたとき、親は子と向き合えなくなることがあります。言い方を変えれば、親の思い通りに子はならなくなることがあるということです。その時、親以外に、子をまるごと受け止めることが出来る存在欠かせません。その存在と、子が向き合うことが出来ると、子は道を踏み外すことなく、成長していくように思います。

ユーザーID:9102201357
言い訳が甘過ぎる
める
2013年7月4日 18:24

>ただ抱きしめる事も恥ずかしい・照れくさいと躊躇してしまいます。

恥ずかしい、照れくさい、その程度のことが言い訳として通るとでも?

自分にはどこまでも大甘なんですね。

「いつやるか? 今でしょ! 」
ぎゅーっと毎日してください。慣れます。

ユーザーID:2268698107
優しくするだけが、優しさではない
恋次郎
2013年7月4日 22:31

バランスは簡単。子を窘め殴る時その部位に自らの手を置き、その上から利き手で激しく叩きましょう。勿論、一番痛いのは自らの手。そうです育て方が悪いから、子が聞き訳が無いのです。その咎はトピ主が一番先に負うべき。子にはその趣旨をシッカリ言い聞かせましょう。トピ主の手が防護となり、子への重篤な衝撃は回避出来ます

さて子育ての要諦とは何なのか?トピ主が自らのケチな見得の為に、子を躾けるのなら、それは大きな心得違いです。視点を子に置くき、子の為に良かれと言う視点の躾けの、必要時期が有ります

然しそれは期間限定です。いつか子の選択に任せ自主独立させる時期を、予見して、謂わば『拘る時期』と、『任せる時期』への移行が有る。それを自覚して、厳母を務めるのは善しとし、その反面に慈父のカウンターパートが必要です(反対も叉可)

更に、役割が相反するかといって、『躾け』の場に直面しての意見相違は、絶対に禁物です。『何故あんなに厳しく怒るのか?』それは『君の事をとても大切に思っているから』と、役得側が叱責側をフォローする事が、絶対に絶対に必要です

三子を育てた61歳のジジィの意見です

ユーザーID:1621782841
少しずつです
tata 
2013年7月5日 4:33

わかりますわかります。
私も長男にはそうでした。
高学年になった時には笑わなくなっていましたよ。
反省しました。
成人して、今はいい顔でニッコリとしあっています。
まだ2年生ならこれからですよ。
ママの世界一になりたい、ってお子さんは思っているんです。かわいいじゃないですか。

私がまずやったことは「おかえり。寒かったね」「雨で嫌だったね」「暑かったね」など、子供の気持ちになってあげることからでした。
次にスキンシップ。
抱きしめる、なんてことはできないまでも、ちょっと肩に触れるとか手に触るとか、そんな程度からで十分です。
お子さんに触っていませんよね、きっと。
触るところからです。
今はいいけど、中学にあがる頃から体も大きくなっていきますから、今のうちにいい関係を築いていかないとかえって手がかかりますよ。
少しずつ。毎日のことですから、少しずつで十分です。

ユーザーID:6406314275
お母さん自身は幸せですか?
2013年7月5日 21:40

母親自身が幸せでないと、子どもに優しくするのは難しいそうなので
心身の悩みをとりのぞくよう留意する事が遠回りですが大切な事だと思います。
佐々木正美先生が書いた「子どもへのまなざし」という本がとても参考になります。
いつも優しくいる事は難しいですが、たまに読み返しては気を引き締めるようにしてます。

ユーザーID:2482436441
子どもへのまなざし
にゃも
2013年7月6日 9:41

良かったら、佐々木正美先生という方の書かれた、「子どもへのまなざし」という本を読んでみてください。
子どもに愛情を向けることの大切さをすごく感じます。
主に乳幼児期の大切さを言っておられますが、気づいた時からで決して遅くない、ともおっしゃっています。
「子どもの望むもの(小さいうちは抱っこだったり)を望むだけ与えてあげること。満たされた子どもは、人にも優しくなれる。」というのは本当にそうだな、と思えるのですが、ただ、真面目に、完璧に、と考えてしまう人にはちょっと思い詰めてしまうかな、とも思います。

でも、これを読むと、照れてなんかいられない!とおもうかもしれません。
いつも出来なくても、心掛けるだけでも違うのでは?

だってこんなにお子さんのことを考えて下さっているお母さんですものね!

ユーザーID:1756479141
自分を顧みる
梅干し
2013年7月6日 10:31

トピ主さんのお母様はどのような方でしたか?
大らかで優しく 子供に向き合い、安心を与えてくれる いつでも愛情を感じさせてくれる暖かい存在でしたか?

母親はいつも自分が子供の時に、自分が親にされた以上に子供を愛したいと思っているし、親がしたあやまちは繰り返すまいと思っているものです。

でも、親から優しさや愛情を伝えられていなければ、
子供にそれを伝えてあげたいと思ったとしても、
されて経験していないことをどのように表現してよいか分からないのは仕方がない。

育児をしていると、子供が自分の鏡であるように自分の子供時代がフラッシュバックされ様々な感情が思い起こされるものです。

親は子供を愛しているけれど、
親が子供時代に充分に優しさを充たされていなければ
我が子に対して羨ましさや妬ましさ、悔しさを感じて無意識のうちに怒りが沸いてくることがある。


トピ主さんが自分と子供を切り離して考え、自分の怒りは自分自身の問題であると気がつけたのなら、
生い立ちの中から怒りの源になっている問題を考え、整理したら良いです。

未熟な自分自身を許せるようになったら、他人にも優しくなれると思いますよ。

ユーザーID:4844275587
えらいお母さんですね。
経験者
2013年7月6日 13:44

一生懸命、子育てしておられる様子が伺え、悩んでいらっしゃるんでしょうが、ほほえましく思えました。私はもう子育て卒業しましたが、どちらの両親も近くにいなかったこともあり、自分では、その時、その時、一生懸命でしたが、暗中模索、失敗と後悔だらけの子育てでした。今、振り返って言えるのは、子供の将来のために一番よいことは、「愛情たっぷりに厳しく育てる」ことです。心に余裕がないと難しいことですが、しつけは妥協しないでほしいと思います。でも、子供は無垢で何も知らないから、子供を叱ったり責めたりせず、正しいやり方、正しい行儀を「ほら、こうするのよ。」と一緒にやる。面倒でも、できる限り、理由を説明してあげる・・・というのが大切かと思います。おだやかな口調でもしつけはできます。むしろ、その方が効果があると思いますよ。頑張ってね。

ユーザーID:5032329815
抱っこは今のうちだから
クローバー
2013年7月6日 13:54

小4の息子がいます。私も悩みながらの子育てです。
たとえば男の子が中学生になると、なかなか抱っこはさせてもらえませんよね。トピ主さんはあと5年、うちはあと3年です。
求められているうちにしっかりスキンシップしませんか?
うちはもう小さい時みたいにいつでも抱っこさせてはもらえず、時には軽く嫌がるようになってきました、でもそれが順調なんだと思っています。
「お母さん、これ見て。」「お母さん、こっち来て。」そう言ってくれるうちにできるだけ応えて、私自身も親子関係を十分に味わっておきたいのです。
しつけはその上で、必要なことを繰り返し伝えます。完璧にはできませんが、自分も完璧な親ではないから、精一杯子どものために気がついたことを
聞いてもらえる形で伝え続けたら、それでよしと思っています。

ユーザーID:5764957699
同じように悩みます
あつぽ
2013年7月6日 14:46

小1、年少の子がいます。最近、私もようやく気が付きました。上の子に厳しくし過ぎたと。

ある有名な先生の育児書を読み、講演を聞き、なるほどと思ったのは、
「母親は教育者ではなく保護者である」
「ホッとできる家庭を作ることこそが母親の役目」
当たり前のことですがストンと胸におちました。
小学校低学年でもまだ間に合うそうです。
子どもはわがままと甘えを繰り返して成長する。それを受け止めることで自立を促す。私もまだまだ怒ることも多いですが、気づくことがまず変わることだと思います。

俵万智さんがお子さんについて書いていらしたことで印象に残っているものもあります。「他人に迷惑をかけない子に育てようと思ってきた。が、震災以降、他人に迷惑をかけても許される子になればと思うようになった。」
人は人がいてこそ成り立つもの。我が家では、厳しく言いすぎた故に、他人に迷惑をかけないようにマナーは守るという教えはもう十分に子どもに伝わっていると感じました。
でも、どうしても人生で誰かに頼らざるを得ないとき。そのときに周りの方がお世話を引き受けてくれる人間に、また自分も引き受ける人間になってほしいと思います。

ユーザーID:3964027959
 
現在位置は
です