ストーカーにあって留年

レス32
お気に入り86
トピ主のみ2

リラックマ

ひと

文系の学科に在籍する大学3年生、23歳です。
タイトル通り、2年生の時に同じ学科の男子学生から、執拗なつきまとい行為を受け、留年しました。大学に入る前に一年浪人をしたので、一浪一留です。

これから就職活動が始まりますが、その時に留年の理由を聞かれた場合は正直に答えていいのかどうかで悩んでいます。

正直に答えたら、「ストーカーにあうだけの隙がある人間」「変な人間を上手くかわすことができない」「ストーカーを留年の言い訳にしている」と企業側にとられてしまうのではないか、と心配になります。
けれども、怠けて留年したのとは違う。

年齢も現役の学生より2歳年取っているので、不安に加えて、悔しさもいっぱいです。

本当に悔しくて、相手を絶対に許せないですし、留年したことで当初の予定が狂った、そんなことばかり考えています。

ユーザーID:6984178676

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • よくわかりません

    Aから具体的にどういうことをされたのかあまり書いてないのでよくわかりません。

    暴言、待ち伏せ、ツイッター、、、頻度もひどさもわからない。

    ということで、面接などで言わないほうがいいでしょう、と私も思います。

    1留くらい、就職留年しました、ではダメですかね。
    いまどき珍しくないはずなんですが。

    ユーザーID:3617810213

  • 言わないに変更します

    留年理由読みました。

    1回目のレスでは、理由次第では言う事を勧めましたが、この理由では言わないほうが無難だと思います。

    匿名さんの「時代は変わっている」というのも理解出来ますが、これは、「優秀な人材の流出を止めたい」、「簡単に解雇出来ない」という企業側の事情によるのが大半です。

    ですので、その対象となるのは入社後の社員であって、敢えてそのような問題(特に精神疾患)を抱えている可能性のある新卒を採用しようとする企業は極めて稀です。

    そういう意味ではことりさんの対応がベストでしょうね。

    企業は従順な社員を欲しいのではなく、企業にプラスになる人材が欲しいので、結果的に面倒が起きてマイナスになったのなら仕方ありませんが、入社前からマイナスになる可能性が高い人は避けるのは当然です。

    それを残念と考えるのは勝手ですが、企業はトピ主さんの親ではありませんから、それが現実だという認識をもって就職面接対策を立てるのが良いかと思います。

    ユーザーID:4068051805

  • ストーカー問題は解決したものと理解しますが。。。

    ストーカー被害、理不尽で本当につらいものでしたね。
    言葉が通じない、思い込みの激しいひとに付きまとわれるのですから、恐怖、トラウマ、恨み、憎しみなどたくさんの感情も経験されたでしょう。

    解決してどれくらい経っていますか?
    そこからトピ主さまは、多くを学ぶことができましたか?

    時間が経っていても、ストーカーへの恨みと憎しみの中にいるのでしょうか。そうしたら、まだ渦中にいるのと同じことですね。それであれば、一切話さないほうが良いと思います。

    ストーカー被害をもしも留年理由にされるのであれば、恨みを乗り越えたストーリーがあると逆にアピールできるかもしれません。

    自分の感情を手放して、この経験の中で学ぶことがあったこと。
    理不尽な経験を受け入れて、許すことができたこと。
    困っているときに、親身に自分を支えて助けてくれた人への感謝。(具体的に)謙虚に周囲への愛情と感謝を伝えられることができるようになること。

    自分の人生は自分自身でつくるものです。
    過去に引きずられず、自分の人生をたくましく切り開いて楽しい毎日を過ごしてくださいね。応援しています。

    ユーザーID:8509204676

  • それ以前に

    申し訳ないけどその経歴では旧帝大早慶レベルならまだしもその他の大学なら現在の新卒の厳しい就職状況では説明する機会すら得られるかが疑問。
    まだ起きてもいないことをあれこれ考えるよりそういう事実を直視することの方が先じゃないかな?
    で、文章を読む限り今現在も精神不安定なのは明らかですので、仮に書類選考通過後の面接にたどり着いても見抜かれますよ。
    面接官はあなたが思っているほどバカじゃないですし。

    ユーザーID:4496109779

  • 匿名さんのは本格的ストーカーですね

    匿名さんのおっしゅるようなストーカーに遇われたのなら、企業も納得するでしょうが、トピサマの場合は、そこまでではなく、トラブルと考えられてしまう可能性が高いと思われます

    ただ不思議なのは、どうして親御さんが出てこなかったのかという点です

    休学するのは、トピサマではなく、相手のはずです

    学校側のご都合主義を、何故、鵜呑みにしてしまったのでしょうか?

    確かに嫌な思いはされたでしょうが、それを乗り越えて、就活に力を入れて、実力で採用通知を掴んでください

    うちの娘も、初めての職場で、同じような被害に遭いましたが、1年後に他の会社を見つけて、乗り換えましたよ
    その会社は、それに加え、社長のパワハラもありました
    今は違う会社へいき、逆に仕事はスキルアップできました

    貴方に嫌がらせをした男を見返してやろうと、負の気持ちをエネルギーにかえてくださいね

    ユーザーID:4819186755

  • 私なら、さくっと説明する

    18歳から19歳にかけて、ストーカーされた経験があります。
    だからトピ主さんのお気持ち、判りますよ。

    嘘をいろいろと考えるくらいなら、私なら話してしまうと思います。
    「2年生の時に、同級生から執拗な付きまといを受けました。
     私のほうに恋愛感情はなかったので、きちんと伝えましたが、理解してもらえませんでした。
     学校側も重く見て、相手に指導してくれたのですが、逆にエスカレートしてしまいました。
     身の安全のため休学しました」

    その後、猛アピールします(笑)

    それでも学問は続けたかった。
    浪人してまで入学した大学を、やめるつもりはなかった。
    遅れた分も取り戻すべく、努力して、あれをやり、これをやって、こんな結果を出すことができた。
    人より1年遅れたけれど、逆境に負けず、不運をバネにして頑張り、一定の成果を出せた、というアピールが大切だと思います。
    もしアピールする内容がないのなら、それはストーカー関係なく、努力不足です。

    大切なのは、面接官の前で被害者ぶったり(被害者ではあるのですが)、涙ぐんだりしないこと。
    事実を簡潔に話し、困難を乗り越えられる人間と印象づけることです。

    ユーザーID:8208909366

  • ストーカー被害経験者です。4

    何度も失礼致します。
    トピ主さんのことが心配で…。

    現在、厚生省で、「犯罪被害者の方々の休暇について」という政策があります。

    企業で働いている社員が、犯罪被害者になってしまった場合、
    精神的ショック、捜査や裁判過程における精神的・経済的負担を考えて、

    企業に向けて「犯罪被害者になった社員に休暇制度を作りましょう」という内容です。

    ※詳細は、上記のキーワードから厚生省のHPを参照して下さい。

    このセミナーに参加している企業様なら、トピ主さんの状況も理解して貰えるかもしれません。

    レスの中には、
    企業に従順に従う新入社員だけが欲しいとしか思えない、残念な人事担当の方々が見受けられますが、

    社員の身の上に起こりうる想定外の事態について、
    真剣に考えて取り組んでいる企業もあります。

    そのような企業さんを探し、エントリーされては如何でしょうか?

    時代は変わっていますから、
    新しい視点をお持ちの優良企業さんや、人事担当者の方と必ず巡りあえると思います。

    あとは、残りの単位成績で最高評価を並べて見返してやりましょう!

    ユーザーID:2693120515

  • 休学・留年の経緯はわかったけど

     で、ストーカー被害は今現在は収まっているのですか?彼ら常識の範疇になど収まるような輩ではありませんよ?極端な話、就職よりもまずは身の安全ではありませんか?


     大学にも介入してもらっているのですから、もし就職事情が気になるのでしたら、大学の就職課の人に尋ねてみてはいかがでしょう?

    ユーザーID:6778149087

  • これが世間の反応。トピ主さんに受け止めきれるか。

    留年の前と後とでストーカーの状況がどう変わったのかが読み取れません。今後はもう同じ問題は起きないのでしょうか?そして、「他の人が同じ状況でも一年留年することが合理的判断だった」と面接官にすんなり受け入れられる簡潔な説明がトピ主さんにはできないなら、ストーカーの話はすべきではないと思います。このトピで既にできていませんよね?
    しかも納得できる説明をしたとしても、プラスには絶対なりません。理由はことりさんのおっしゃることに集約されます。企業は問題解決能力の高い人を求めますが、そもそも精神疾患、犯罪の問題に関わる面倒な人材は避けたいんです。人間関係の問題でも、せいぜい「バラバラだった部活のメンバーをまとめた」程度の話を望んでいます。例えば入社後に社内でセクハラ被害を訴えたりした場合、面接官も「そういう要素のある人をなぜ採ったの?」と後で言われるリスクを避けたいんです。

    加害者を恨む気持ちは当然だと思います。でも今はそのエネルギーを「どう就職活動を乗り切るか」に向けてください。「1浪1留がなんだ。この自分でできることをやってやる」そう思えたらその気迫は相手にちゃんと伝わります。

    ユーザーID:2679822294

  • ふと思った

    留年するほどのストーカー被害ってどれくらいだったのでしょうか…

    面接では 自分から言わなくても 聞かれたらきちんと答えられるよう準備はしておいたらよいかもしれませんね。

    ユーザーID:8604493552

  • ストーカー被害経験者です。3

    つづきです。

    こうして小町に相談している事からも、トピ主さんの命に別状が無かったことは良かったと思います。

    ■就職面接の件。

    私は面接担当官で無いので分かりませんが、
    やはり、トピ主さんの胸に秘めておいた方が無難かもしれませんが、
    同じ大学からの志望者がいるとやっかいですよね・・・

    トピ主さんは文系と書いてありましたが、
    学部にもよりますが、資格取得(会計士・税理士・弁護士など)を目指す選択はありませんか?
    もしくは大学院に進学して、大学教授を目指すとか?

    上記の選択をする場合は、留年自体は大きな問題ではないと思います。

    特に法律関係への就職なら、
    「被害経験を生かし、被害者救済に貢献していきたい」と堂々と言えますし、
    会計士や税理士資格などに関しても、卒業後何年も掛かる人もいますから、1浪で1年間の留年は、問題視されないと思います。

    加害者への恐怖もまだあると思います。
    でも、お互い負けないで頑張りましょうね。

    ユーザーID:2693120515

  • ストーカー被害経験者です。2

    つづきです。

    警察の生活安全課担当者の勤務時間の関係で、昼間に、
    資料や証拠を持参して警察署に何度も出向いたり、
    事件が検察庁に送致されてからも、検察官との事実確認や調書作成がありますから、これも昼間です。

    市役所にも、住民票閲覧制限などの支援を受けるために、何度か出向きました。

    結局はお役所相手ですから、
    加害者を起訴するためには、何度も何度も昼間に時間を作り、手続きをするために出向かねばなりません。

    ですから、トピ主さんが講義を受けられなかったり、
    周囲への迷惑を考えて
    (ストーカーが講義中に乱入して騒ぐことも想定できますし、変なビラを撒いたり、一般人の想定外の嫌がらせを受けるのでは…?)、
    留年という選択をしたのも理解できます。

    ストーカーの非常識さや執拗さは、経験者でなければ絶対に分かりません。


    ■ここでトピ主さんがどうしたらいいかですが…

    まずは、トピ主さんへのストーカー被害は解決しましたか?

    私のストーカー相手は全く面識の無い相手(最寄り駅が同じだったようです)でしたが、

    刃物を突きつけられ、「結婚してください」と脅されたりもしました。

    つづく

    ユーザーID:2693120515

  • ストーカー被害経験者です(加害者は略式起訴→罰金)。1

    大変辛い目に遭いましたね。
    私も経験者なので分かりますが、被害に遭った事のない一般の方には、なかなか理解して貰えないのが現状です。

    トピ主さんの文から詳細は分かりませんが、留年しなければならない自体も想定できます。

    ストーカーは相手の気持ちを無視して、執拗に交際を迫ります。
    時には、自宅のゴミを漁って個人情報を入手したり、
    最寄り駅や勤務先・大学近くで待ち伏せをしたり、
    実家の家族に危害を加えると脅してきたり…

    普通の人では考えられない行動をするのがストーカーです。


    ■私が被害に遭ったのは数年前ですが(ストーカー規制法も設立していました)、
    警察に被害を納得させるまでにも、相当な時間が掛かりました。

    相談から半年位掛かり、やっと警察が被害を認めてくれ、被害届→告訴に至りましたが、

    ストーカーの記録を付けたり、ゴミ出しを注意したり、
    外出するときも、ルートや手段(バス・タクシー・自転車)を毎回変えたり、

    最寄り駅付近をうろつかれてからは、身辺警護の業者を雇ったりして、
    お金も掛かりましたし、日常生活を平穏に送るどころではありませんでした…

    ユーザーID:2693120515

  • 続き

    精神的に大分参ってきた頃に学生相談室に行きました。
    カウンセラーの先生から学科長へ相談するように勧められ、学科長にも相談しました。

    学科長には何回も話を聞いていただき、Aへの接し方についてのアドバイスをしていただきました。
    この時点では私も大学に行くのが憂鬱だったものの、まだ通えていました。

    学科長からのアドバイスは「素っ気なくする」「どうしてもしつこい時は無視」「一人にならない」というものでした。それを実践しました。しかし、かえってAを刺激してしまったようで、暴言や駅や教室での待ち伏せが前よりも酷くなり、ツイッターでの名指しの中傷まで起きました。

    そこで学科長とカウンセラーの先生と話し合い、はっきりと困っていることをAに伝える、電話やメールの着信を拒否することにしました。
    そして、Aに「困るからつきまとわないで欲しい」と伝えました。しばらくは大人しくなりましたが、こちらも効果はありませんでした。

    そして、私は限界を迎えてしまい、休学して心療内科へ通うようになりました。

    以上が休学→留年に至った経緯です。

    ユーザーID:6984178676

  • 留年に至った経緯について

    レスを下さった皆様、貴重なご意見をありがとうございます。1つ、1つをゆっくり読ませていただきました。どのご意見も貴重で色々と考えさせられるものがありました。

    さて、留年に至るまでの経緯について説明するのを忘れていました。
    皆様が疑問に思われるのも当然だと思います。

    「授業に出たら関係ない」「本当に勉強したいなら授業は出る」「学部長や教授への相談は?」とのご意見をいただきました。そう思われるのも当然です。

    例の男子学生のことをここではAとします。
    尚、Aとは特に仲が良かったわけではなく、たまに話す程度の友人の一人でした。

    >授業について
    履修科目の全てがAと同じでした。まだAの本性が分かる前、仲の良い友達と雑談をする感覚で、どの授業を取る予定、取らない予定という話をしました。そしたら、全く同じ授業スケジュールになってしまいました。この時に初めてマズイと思いました。

    その後、Aがどんどん本性を現し、私も心身のバランスを崩し、大学へ行き辛くなりました。

    ユーザーID:6984178676

  • 気の毒に。でも大丈夫、あなたのせいではない

    大学でカウンセラーとハラスメント担当相談員をしています、はごろもと申します。
    済んでしまったことで本当にお気の毒なのですが、被害者のあなたが留年しなくてはならなかったというのは本当に無念なことでしょう。
    ストーキングが直接留年の理由というよりはストーカーに遭って心身の不調となり、たとえば鬱状態で休学、とかでしょうか?

    ストーカーに遭った話は表現次第では確かに企業側に余計な勘ぐりをさせる可能性はあります。ここは戦略的にいきましょう。
    まず、学内で対人トラブルに巻き込まれてしまった、ということはなるべく淡々と話してください。
    そのときに決して感情的にならず、学内で加害者が処分されたとか、教員や学生課が介入したとか、客観的に解決のプロセスを示せるエピソードを入れてください。
    また、「問題に巻き込まれた自分」ではなく「問題に対処した自分」であることを表現してください。

    近年、たとえ本人に非がなくとも、交通事故と同様にストーカー被害に巻き込まれる人がいることは周知のことです。
    その危機を乗り越えたということをアピールされるとよいと思います。

    ユーザーID:9643063053

  • アドバイス

    確かに。正直に答えたら人事は問題解決ができない人間と見なします。
    でも嘘をつくのは良くないですよ。

    ユーザーID:3645649664

  • 採用する側の意見のひとつですが・・・

    今回の内容は「ストーカー規制法」の対象行為ですが、警察へ相談されたのでしょうか?

    単に「執拗なつきまとい行為を受けていて、通学することができなくなってので留年しました」というだけでは、企業側を納得させるのは困難かもしれませんね。
    トピ主のことを、『変な人間を上手くかわすことができない人物』なんてことは思いませんが、警察へ届け出ることなく、自己解決しようとしたのならば、その点を疑問視します。

    ユーザーID:0479346953

  • 正直に言うべきではない!

    トピ主さんもお気づきの通り、
    そうなんだ〜、可哀想だったね〜!
    など思ってくれる採用担当者および役員はいません!
    正直に言うべきではないと思いますよ?

    会社は…
    成果があげられるであろう人、危機管理能力がありそうな人、社会的に自立できそうな人、コミュニケーション能力が問題ない人

    などを、採用するのです。

    悔しいでしょうけど、ストーカーされた側にうまくかわす術・対処方法がなかったのでは?と思われることが普通です。

    また、今後もなにかと問題を抱えそうな社員を(こう思われても仕方ない)わかっていて採用する企業も無いです。

    新卒は特に、クリアでピュアな人材を雇いたいのです。

    ユーザーID:6302930438

  • カウンセリング

    悔しい、許せない、という気持ち、乗り越えていくのは簡単じゃないと思います。犯罪被害者としてのカウンセリングを必要としている時期ですよね。
    友人などは若いし利害関係があるから、親身になりすぎてひきずられてしまったり、適当にかわして突き放してしまうかもしれません。
    専門家に話しを聞いてもらうのがよいように思います。

    年を2歳多くとっていることは、社会に出たら、どうでも良いことになります。30歳の新入社員だっていますからね。
    学費を親に出してもらっている場合、親への謝罪などあるかもしれませんが、社会的には年なんて気にすることはないんです。

    でも、恨みや悲しさ、悔しさや許せないという怒りを抱えて毎日を送っていると、やっぱり周りと比べて年齢がどうとかより、ご本人の人生観とか、顔立ちや振る舞いが変わってくるように思うのです。

    元のようにとはいかなくても、風化しない苦しさを抱えている主さまの心から、少しでも辛さがなくなれば、と思うばかりです。
    悔しさを忘れてもいいやって思える時がきたら、多分、企業にこれを経て何を得たかを明確に言えるようになると思う。

    ユーザーID:7499468635

  • うん?そのストーカーの問題は解決したの?

     そのストーカーの問題は解決したの?留年以前の問題だと思うんだけど…身の危険がまだあるなら、下手するとまた留年という悲劇が待ってると思うんですけど…
     いやね、やつら、なりふりかまいませんから、法律なんて無視しますから。

     一応、留年に関しては事情をありのまま答えても大丈夫ではないかな?その程度の問題で切られてしまうならば、初めからトピ主さんにご縁のない会社だと思います。それよりも、浪人の理由のほうが気になるかな。

    ユーザーID:6778149087

  • 苦しい言い訳にしか聞こえない

    多分ストーカーされた為、その授業に出席をあまりしなくなり
    単位を落としてしまい結果留年したのだと思いますが、
    ストーカーされたことと留年の因果関係が薄いので
    面接官には苦しい言い訳にしか聞こえないと思います。
    実際、この文章を見ても私には因果関係は全く響きませんでしたし、
    面接の際に短い時間で口頭で的確に説明するのは難しいと思います。

    ただ、周りを見ると合計2年ぐらいの浪人、留年であればキチンと就職できている人も多いので
    くよくよせず前向きに頑張ったほうが良い結果を生むと思います。
    就職活動頑張ってください

    ユーザーID:4094171532

  • それで?

    ストーカー被害はお気の毒ですとしか言いようがないのですが、単にストーカーにあったから留年したでは理由になってないです。ストーカーにあったと言うことと、留年したということの間には論理的な隔たりがあり、直接は繋がりません。

    ストーカーによって受けたトピ主さんの被害と、留年してしまった因果関係をちゃんと説明できますか?それができないようではストーカーを留年の言い訳にしていると捉えられても仕方ありません。

    正直私自身、現状のトピの内容だけではストーカー被害が原因なのか言い訳なのか判断付きません。女性の友人ならトピの内容だけでも問答無用で同情してくれるでしょうが、社会では通用しないということです。

    トピ主さんとしては理不尽でしょうが、現状で留年してしまったことは動かしようもない事実であり、不利になる可能性があるのはどうしようもありません。でも、そこを恨んでもトピ主さんの就職が好転することはありえません。ならば現状の自分の状態からベストを尽くすしかないですよ。

    ユーザーID:8657547662

  • ほんとにストーカーだけのせい?

    社会人の20代の者です。
    まず就職活動の際に留年の理由を聞かれても、決して「人のせい」にはしてはいけないです。
    ネガティブな印象を与えてはいけません。
    何かしらの理由を付けて、自分の意志で、またはこんな目的意識を持って学生生活を過ごしてきたというようなことをアピールする必要があると思います。

    次に、執拗なストーカーにより授業が受けられなくなった、のですか?
    授業のために教室へ出向くことすら、できなかったのですか?
    授業に出てしまえばストーカーは関係ないですよね?

    もし、どうしても授業に出たい、テストも受けて単位が欲しい、という強い意志があれば、対処の方法もいくらか考えられたと思いますが…???
    学部長や身近な教授に相談をしましたか?
    学生生活相談窓口は?
    警察に相談してもいいかも。
    普通の大学生活を送ることができなくなっているのですから、それだけで相談したくもなりますが。
    私ならどうにかして授業を受ける方法を考えます。

    本当に仕方がなく、やむなく欠席していたのであれば今からでも学部長に相談して4年間で卒業させてもらいます。本当に卒業したかったら猛勉強の何でもできますよね?

    ユーザーID:4383177120

  • 災い転じて・・・

    会社では、部内の採用人事に面接官として携わる立場の男性です。

    留年については理由を伺う可能性は高いですね。

    その際の理由は嘘も方便とは言いますが、今回は他に良い弁明があるとも思えませんので正直に伝える以外にないでしょう。

    伺う立場としては、世の中には理解出来ない人間が存在することは理解出来るので、隙とか人間関係に問題があったとは思いませんが、「ストーカー被害が何故、留年という結果に繋がるのか?」という疑問は持つかもしれません。

    加えて、ストーカー被害は100%相手の責だが、それに適切な対処が出来なかったとすれば、予期せぬ事象に対して冷静且つ適切な対応が苦手ではないか?と判断する可能性もありますね。

    ですので、思い出すだけでも辛いとは思いますが、考えうる全ての適切な対処をしたにも関わらず、留年まで行かざるを得なかったという経緯を、面接官を納得させられるような、具体的且つ簡潔で説得力のあるストーリーを練っておくのが良いのではと思います。

    その内容によっては、冷静且つ精神面が強い(今は一番見るところです)と「災い転じて福と成す」可能性もあるかと。

    プラス思考で頑張って下さい。

    ユーザーID:4068051805

  • 面接担当しています

    難しいですね…
    留年の理由を突っ込まれたとき、ストーカーの話は出さない方がいいです。
    というのは、会社側は新卒採用のときなるべく自分の会社に染まれるような真っ白な人間を好みます。「クセ」や「個性」はないほうがいい。

    完全に被害者ですが、ストーカーが死んだり、拘置所に入ってたりしないかぎり、あなたを採用することで面倒を背負い込むことになるかもしれない、という危惧があります。

    プラスの面で人と違う、という場合には二次面接の対象となりますが、ストーカー発言があった時点で採用ナシですね。精神疾患系、犯罪系はアウトなんです。

    ここは、ある程度脚色した「嘘」で乗り切りましょう。「母親(父親)が病気で看病のため、勉学に集中することができず、学費も自分で工面する必要があったために留年した」がベスト。

    留学とかは語学力を聞かれるし、入ってから嘘とばれるのでダメです。

    ちなみに、面接時点で「できる」と豪語し取った女子社員、入った直後に自分で嘘をばらしヘラヘラしていたため、すぐクビにしました。
    嘘は、その会社を辞めるまで、突き通してください。

    ユーザーID:4861548771

  • 聞いたことない

    ストーカーにあって留年とは聞いたことありません。
    勉強不足だっただけではないですか?ストーカーに遭わなくても留年してたかもしれませんよ

    ユーザーID:7506144206

  • うーん、

    正直なところ、ストーカー被害と留年が、直接結びつきません。
    ストーカーされた結果、鬱になったとか、体調をくずしたという事でしょうか。
    大学や警察に相談した結果、留年してやりすごすことになったのでしょうか。

    ユーザーID:3684707846

  • 分かりますよ

    私はもうおばちゃんですが分かりますよ
    以前、ストーカー行為を受けPTSDから病院通いしていましたので。

    どんな年齢でも 一方的に付きまとわれる恐怖は忘れられませんが乗り越えられます

    ちゃんと警察にも通報してるのですよね?

    確かに一部ではストーカーはされる側にも問題ありと認識されてしまう事もありますが、こちらに落ち度が全くなくされてしまうストーカー事件が沢山あることを知って貰いたいですよね

    ストーカーとは言わず「事件」に巻き込まれて PTSD治療を受けていた為の休養だったと言い切れませんか?

    いずれにしろ堂々としていて下さい
    企業面接時にもその事を聞かれても 堂々と答え、今は元気です!アピールがあれば過去の辛い事件の悔しさを乗り越えた強い人、負けなかった人と評価して貰える程、ハキハキと受け答えして堂々としていれば好感は持たれるかもしれません。

    事件に巻き込まれて今もウジウジメソメソ、未だ何も乗り越えられてません、では企業側も採用しないでしょう。

    どんな悔しい過去も隠さず堂々とするあなたでいて下さい
    相手を恨んでも良いですが、自分の人生までも棒に振ってはどうしようもないです

    ユーザーID:3512041102

  • 無用な心配です

    トピ主さん、大変でしたね。今は大丈夫なのでしょうか。損害賠償などしていますか?

    >「ストーカーにあうだけの隙がある人間」
    >「変な人間を上手くかわすことができない」
    >「ストーカーを留年の言い訳にしている」

    こんなことを言う企業は現在ありません。真っ当な企業であればコンプライアンスについて厳しいです。ストーカー、パワハラ、セクハラ、モラハラ。人事部がきっちりチェックしています。
    こんなことが社外に出ると企業の信用が失墜するからです。

    逆にそんな指摘をする企業があるとすると、それはロクでもない会社です。入社するべきではない。

    なので、聞かれた場合は、「学内でストーカー被害に会い、やむを得ず留年しました」だけで良いです。

    ユーザーID:4939511261

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧