ストーカーにあって留年

レス32
(トピ主2
お気に入り86

家族・友人・人間関係

リラックマ

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 留年に至った経緯について

    レスを下さった皆様、貴重なご意見をありがとうございます。1つ、1つをゆっくり読ませていただきました。どのご意見も貴重で色々と考えさせられるものがありました。

    さて、留年に至るまでの経緯について説明するのを忘れていました。
    皆様が疑問に思われるのも当然だと思います。

    「授業に出たら関係ない」「本当に勉強したいなら授業は出る」「学部長や教授への相談は?」とのご意見をいただきました。そう思われるのも当然です。

    例の男子学生のことをここではAとします。
    尚、Aとは特に仲が良かったわけではなく、たまに話す程度の友人の一人でした。

    >授業について
    履修科目の全てがAと同じでした。まだAの本性が分かる前、仲の良い友達と雑談をする感覚で、どの授業を取る予定、取らない予定という話をしました。そしたら、全く同じ授業スケジュールになってしまいました。この時に初めてマズイと思いました。

    その後、Aがどんどん本性を現し、私も心身のバランスを崩し、大学へ行き辛くなりました。

    ユーザーID:6984178676

  • 続き

    精神的に大分参ってきた頃に学生相談室に行きました。
    カウンセラーの先生から学科長へ相談するように勧められ、学科長にも相談しました。

    学科長には何回も話を聞いていただき、Aへの接し方についてのアドバイスをしていただきました。
    この時点では私も大学に行くのが憂鬱だったものの、まだ通えていました。

    学科長からのアドバイスは「素っ気なくする」「どうしてもしつこい時は無視」「一人にならない」というものでした。それを実践しました。しかし、かえってAを刺激してしまったようで、暴言や駅や教室での待ち伏せが前よりも酷くなり、ツイッターでの名指しの中傷まで起きました。

    そこで学科長とカウンセラーの先生と話し合い、はっきりと困っていることをAに伝える、電話やメールの着信を拒否することにしました。
    そして、Aに「困るからつきまとわないで欲しい」と伝えました。しばらくは大人しくなりましたが、こちらも効果はありませんでした。

    そして、私は限界を迎えてしまい、休学して心療内科へ通うようになりました。

    以上が休学→留年に至った経緯です。

    ユーザーID:6984178676

レス求!トピ一覧