現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

親が憎い……大人になってから発達障害と診断された私。

ナナッシング
2013年7月4日 21:19

大人になってから自分が発達障害であることが判明しました。
二十数年間ずっと悩み続けてきた、空気読めない、友だちいない、就職できない……人生うまくいかない理由がようやくわかりました。
わかったと同時に、親への憎しみが湧いてきました。

私は以前からずっと、自分は他人と違う・どこかおかしいということは感じており、その都度両親に相談していました。
しかし両親は、「心の強さの問題だ」とか「言い訳にしてるだけ」と言い、まともに取り合ってくれませんでした。

発達障害は幼い頃からの治療ならば効果があり治療できる、と聞きました。そして、大人になってからの治療は難しいことも……。
我が子が他人と違うということ、もしかしたら発達障害かもしれないことから目を背け、発達障害者としての適切な育て方をしなかった両親が憎いのです。
もっと早くになんとかしてくれていたら、自分は今こんな辛い思いをしなくてすんだのに。もっと楽しい人生おくれたはずなのに……と考えてしまいます。

親を憎んでも何も解決しないことはわかっています。
しかし、未就職のことで両親(特に父から)日々恫喝され続けている今現在の状況では、「アナタのせいでこうなったのに……」という怒りと憎しみの感情を拭い去れないのです。
この負の感情をどうすればよいでしょうか?

また、発達障害大人の人生の歩み方もできれば教えていただきたいです。

ユーザーID:4886820354  


お気に入り登録数:393
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:101本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
参考になるかわかりませんが…
月桂冠
2013年7月5日 11:35

>発達障害は幼い頃からの治療ならば効果があり治療できる

これは、そうとも言い切れません。
「治療」できるというのは少し違うかな?

発達障害であることがわかった上で、

・多動性があるならそれを抑える薬を服用する
・一度に二つのことができないという性質ならひとつひとつ順番に
・言われるより書いたものを見せられるほうが理解しやすなら何でも書いてもらう

など…症状に応じた「対応」をしていただくことで、その人の「生きづらさ」みたいなものが軽減されるということはあると思います。

うちの子(高校生)は自閉症です。
言うより見るほうが理解できるようなので、なんでも書いて伝えています。
ホワイトボードと iPad が必需品です。

「発達障害 大人」で検索すると、いろいろなサイトが出てきますので、参考になりそうなものをご覧になってはいかがでしょうか?

ユーザーID:1962109738
知的障害者の親です
のあ
2013年7月5日 11:52

いろんな親がいますが、我が子に何かしら
障害があるのでは、ということを認めたく
ない親もいます。残念ながら、トピ主さんの
親御さんはそういう考え方だったんだと
思います。憎む気持ちもわかりますが
それより大事なことは「自分が社会の中で
生きていくこと」です。

発達障害の場合、治療というよりも療育に
なります。確かに小さい頃から支援の手を
借りていると、社会に出た時の苦労が少なく
なることもあります。ですが、大人だから
効果はない、と諦めたらそこで終わりです。

おうちにいるのが辛い状況でしたら、
福祉課などで相談し、手帳がもらえるなら
就労支援施設などで働きながら、ケアホーム
へ入所して独立する、ということもできます。
ただし、施設もケアホームもおそらくですが
満杯状態だと思います。まずは役所の福祉課で
相談することをお勧めします。

ユーザーID:3976687962
発達障害の度合いが分かりませんが
すい
2013年7月5日 12:14

発達障害というのは最近認知されるようになってきた障害で、昔はありませんでした。
また、坂本龍馬やレオナルド・ダ・ヴィンチ、アインシュタインも発達障害だったであろうと言われています
発達障害があるからあなたの人生が辛いのではありません。

あなたの今の人生は障害のせいではなく、あなたの選択の結果であり
発達障害だとわかったなら、今、出来ることをすればいいのですよ。

ユーザーID:1999104653
「発達障害」が一般的になったのはここ数年
なるみ
2013年7月5日 12:34

トピ主さん、お気持ちは分かります。

でも、残念ながら「発達障害」という言葉が一般的になってきたのはここ数年です。まだまだ知らない人だっているかもしれません。

10年前は、関心のある人なら知っている、という程度でした。

恐らく、トピ主さんが幼少の頃には、「ちょっと違う子」というだけで、発達障害という認識が存在したかどうか・・・?

残念ながら、ご両親が上手に対応できなかったのは仕方がないことだったのでしょう。

仕方がないので、これからのことに目を向けましょう。

現在は、発達障害について有名なサイトがたくさんあります。
診断を受けられたのなら、その病院でアドバイスを受けたり、自助グループのようなものもあると思うので参加してみたりしてはいかがでしょうか。

大人になってからでも、工夫次第でかなり軽減されるらしいですよ。

応援してます。

ユーザーID:3948406526
いやいや
KK
2013年7月5日 12:57

その時代は発達障害とかそれほど一般的ではなかったです。

発達障害は治療できません。

周りの人が嫌な気持ちにならないよう行動パターンを習得するのみです。

親を恨むのは筋違いだと思います。

親御さんも同じような傾向があるのではありませんか?

ユーザーID:5401797355
発達障害と言う言葉携帯からの書き込み
志鶴
2013年7月5日 13:19

この言葉が世間に知られるようになってから、そう時間が経っているわけではありません。でも発達障害が脳の機能障害であると知られる前から、この病気はあったはずです。それでも皆生きてきました。

知らなかったことを責めるのは止めましょう。世界の全てを知っている人はいませんし、発達障害の医療は大人になってからでも受けられます。
発達障害とわかったなら、これからの生き方を自分で見つけられるはずです。あなたはもう、子供ではないのですから。

ユーザーID:0056496217
つらいよね
ぽてこ
2013年7月5日 13:22

親への憎しみの気持ち、とてもわかります。わたしの親もあなたの親と同じでした。

おそらく親も発達障害のある種の傾向をもっています。だからこそ現実を認められないのだと思っています。親のほうは年齢的なこともあって変わることはできないでしょう。その年まで、ついに「気づけず」にきてしまったひとですから。

トピ主さんは、その親と距離を置くことをまず考えてください。一緒にいては否定され続けて憎しみを持ち続けて辛いだけです。障害を認めることができたあなたは、必ず世間と折り合いをつけてやっていけます。辛いこともありましょうが、大丈夫。この障害は、本人の自覚の有無がとても大きいと思いますよ。自覚があるということは、自分で自分を療育する機会を得られたんですよ。専門家の手を借りながらでいいんです。諦めないで。

お仕事も、自身を見つめて得意なこと出来ることを探してみてください。私は今、ある程度自分の裁量で仕事のペースを決められ、あまり人と話さないで済む仕事をしています。法律関係の仕事です。幸い無理なく続けてこれています。

自分をよく知ること。そこからです。あなたの幸せを願っています。

ユーザーID:4257214629
それを言っても仕方ない。携帯からの書き込み
匿名で
2013年7月5日 13:34

タイトル通りです。

私は、うつ病をきっかけに、発達障害の診断を受けました。

30歳のころです。

うつ病で、5年以上苦しんだ挙げ句、発達障害の二次障害の診断でした。

今となっては、育て難い子供だったんだろうな。と思うし、親を責める気持ちもわからない訳ではありませんが、現在のように、幼児期の発達障害の診断は、教育現場には、なかったのも事実ですし、療育が広く知られるようになったのも、せいぜい、ここ5年や10年の話です。

だいたい、自分の子に、障害があると自分から進んで認めるのは、見た目に普通である故に、かなり困難だと思います。

発達障害という障害で、親を恨むのは、お門違いだと言わせていただきます。

発達障害よりも、親を恨んでしまう気持ちを切り替えなければ、これからの自分と向き合う事が、余計に難しくなると思います。

障害は、特性として、自分の向き、不向きを理解して、出来る事から始めていきましょう。

なんか偉そうになっちゃいましたが、お互い頑張りましょう。

ユーザーID:0018515938
感謝の心
レティーナ
2013年7月5日 13:44

いまでこそ発達障害とか病名が付きますが、
20数年前はそういうのは無かったです。
ただ、ちょっと変わった子くらいの認識です。
昔は「空気読めない、友だちいない子」いっぱいいましたよ。
だからって周りもそれを個性だと思っているので特に追及はしなかったです。
就職できないのは今の時代仕方ないですね。
優秀な大学出た人でさえ就職できないですから。
どの企業も体力が無いので福利厚生費が膨大な正社員を雇うより経費節減できるパート・アルバイトの方が都合良いですから。
トピ主さん、こうやってネットに書き込みができるくらいなら通常の生活は送れるのでしょう。
大きなけがや病気も無くここまで健やかに育ててくれた両親に感謝すべきなのに憎むしかできないのは情けないです。
私には人生が上手くいかないことを親のせいにするトピ主さんの生き方があなたから可能性を奪っているように思えます。
何か不愉快なことがあると全て人のせいにしていませんか?
自分のできること一生懸命やってますか?
周りに感謝して生きていますか?
毎日笑顔で感謝の気持ちを忘れずにいたら運はきっと回ってきますよ。

ユーザーID:8575430896
どうお話すればわかっていただけるか・・・
ふじこママ
2013年7月5日 13:55

発達障害は種類があるようですがあなたはどういう障害名でしょうか?
自分で病院で検査されたのですか?

それは置いといて、親としては我が子が障害を持ってることを
疑うことも出来ないのです。
出来る人も居ますが、ほとんどの方は自分の子は健常者なんだと
思い込んでるです。
親のその思い込みは自信であるので責めてはいけません。
それとあまり発達障害という障害のことを知られていません。
もしくは遺伝かもしれません。
親と遺伝なら親も治療しなくてはいけないけど
他人から説得せなければ親も気づかないです。
少しはわかって頂けましたか?
ちなみにうちの子も発達障害だと大人になってわかりましたが
自宅では困った事が多いが
ちゃんと仕事を自分で見つけ友人も多いのです。
治療とか特別な教育もしてません。
どうしてあなたとこんなに差がついたのでしょう??

ユーザーID:6431162703
私も
mana
2013年7月5日 14:08

私も発達障害でしたのでとても共感できます。
幼少時期は怒られ続けていた毎日と記憶しています。
大人になるまで診断されませんでした。

発達障害自体が広く認知されてきたのが、ここ10年くらいの事で
今も一般の人でも知らない人が多くいるのだと思います。
特に知的に問題ないタイプの場合はより、個性、性格などと
処理されてしまうことが多いのでしょう。
発達障害を知ってから周りを見渡すとそれっぽい人はたくさんいることに
気づきます。

また兄弟がいるかにもよりますが、親も子供を育てること自体が
人生で初の体験であり、子供がどこから障害と言えるのか
判断すること自体が難しいのだと思います。
親が気付けない事は仕方がなかったのかもしれません。
発達障害自体治療で適応はできても特性は直せるものではないと聞きました。

自分は、自分の特性を知り、周りと感覚が違う事を理解しながら
できるだけ行動を周りに合わせられるように考えながら
周りに支えられないがら生活しています

診断されたことは良い機会だと思います。
ナナッシングさんが前を向いて生きられるように願います

ユーザーID:7243882890
親は完璧じゃないから
そうねえ
2013年7月5日 14:11

 親だってトピ主さんと同じ人間ですから。残念な部分だって、弱い部分だってありますよ。

 それに発達障害は、適切な関わり方をされても、ずっとお付き合いしていかなければいけないものです。基本は、変わり者属性の生き辛い人生を歩むことが多いです。私もその1人です。
 結局、発達障害とお付き合いするのは自分なので、周りが手助けをしてくれたとしても、最後は自分で何とかするしかないのです。

 自分の人生がうまくいかないのは、自分のせいです。誰のせいでもありません。というか、人のせいにしていては、そこで思考停止です。

ユーザーID:8658768598
レスします
ロード
2013年7月5日 14:17


> 発達障害は幼い頃からの治療ならば効果があり治療できる

それって、何年前からの話かご存知ですか?
二十年前は、効果のある治療法なんて無かったのですが。

ユーザーID:1584790199
これからです
めだか
2013年7月5日 14:33

今まで辛い思いをされたのですね。

私の息子(中学生)も発達障害です。
診断されたのは小3の終わりです。

自分が子供の時に親が気づいてくれたら、もっと楽に生きられたのにという思いはわかります。
でも、発達障害についていろいろわかってきたり、認知されてきたのは本当にこの10年くらいのことではないでしょうか。
だから、あなたが子供の時、御両親が気づけなかったのは仕方ないと思います。

また、早いほど療育等は有効だと思いますが、それは治療とは違うと思います。
どういう発達障害なのかわかりませんが、アスペルガーであれば、認知の歪み等自分の特質を知った上での対処法などを考えていったり、周囲に悪意を持って受け取られないように理解を求め、2次障害を起こさないようにする等で、原因が治るわけではありません。

診断を受けても、結局何も変わらないという話も聞きます。

あなたも、これから自分の特質を理解し、どうすればトラブルの発生を防げるか等考えていけばいい。
そして、最終的には心の中で割り切ることが重要かと思います。

ユーザーID:3255194596
診断?
グン
2013年7月5日 14:37

大人になってから発達障害を診断されたってことは医療機関でのことなのでしょうか?
実は、私は最近になって発達障害の内容を知りました。
なので、もしや自分に当てはまるのではないかと思い病院で診察受けたものの、大人になってからでは診断が難しいと言われ、結局のところ診断してもらえませんでした。

たしかに、自分が発達障害と認められれば少しは気が楽になれるかもしれませんが、だからといって障害のせいにしたくないというのが本音です。
どんなに努力しても、うまくいかないことは数多くありますが、それでも自分はやれるだけのことを精一杯したうえでの結果だったのだ、とどうか自分を褒めてあげてください。

ユーザーID:1838292745
親は辛いね・・・
ミッチョ
2013年7月5日 14:41

発達障害…今では当たり前に聞く言葉ですが、私が子育てしている時には
あまり耳にしたことはありません。
娘が摂食障害になり、あれこれ調べた今、親(特に私)との関係が娘をこんな状態にしてしまったのだと…
言い訳にしか聞こえないかもしれませんが私は私なりに必死で子育てしてきました。
明らかに「間違い」であったとしても私は娘を大切に思っていたし、いつだって娘の幸せを願ってきました。

それでもダメだったのです。
ネットの相談で「お嬢さんはベースに発達障害があると思われる」と言われました。
青天の霹靂でした。露ほども疑っていませんでした。
確かに少し変わった子ではありましたし扱いにくい所はあったかもしれません。
でも私はやっぱり「普通」だと思っていました。
そう思いたかっただけかもしれません。
独りよがりでも勘違いでも私は自分の娘への愛情を疑った事はありません。
でも、それが娘を傷つけ苦しめてきたのだとしたら私は一生掛かっても償うつもりでいます。
ただ、娘の人生は娘の物です。
自分の足で大地を踏みしめる事を見守りたいと思っています。

トピ主さんも「自分の足」で歩いていく覚悟を決めてください。

ユーザーID:5156771572
知らない人多いと思うけど
OYG0048
2013年7月5日 14:50

発達障害と言って判る人はあまりいないと思いますが。
世の中にはまだまだ認知されているとは言い難いと思います。
精神科とか、自分たちには無縁の場所で、そこで受診することは心情的に敷居が高い人も多いのです。
トピ主さんの親の対応で、トピ主さんが変わっていたかもしれませんが、トピ主さんのご両親がトピ主さんを精神科等に連れて行かなかった事はある程度は仕方がなかった事だと思います。

ユーザーID:8412469823
発達障害が世間に知られるようになったのはここ10年くらい
う〜ん
2013年7月5日 15:16

発達障害について、世間に知られるようになってきたのは、ここ10年ちょっとのことです。それも、多分、幼い子供を持つ親や生きづらさを感じている本人でなければ関心のない人も多いと思います。「アレルギー」を「好き嫌い」と勘違いしている人もいまだ多いですよね?それと同じで、接点・関心が無ければ知る気にもならない。

私は30代後半ですが、15年ほど前でも、例えば「自閉症」という言葉も聞いたことはあったけど、今でいう「引きこもり」くらいの認識だったように思います。

また、中高の同級生に、今で思うとそうだったのだろうと思われる子もいましたが、当時は「かなり変わった子」くらいの認識でした。成績の良い子だったので、「天才は私ら凡人とは違うね」って感じで。

ですから、ご両親が発達障害ということについての認識が無かったりするのは、時代的に仕方がないことかもしれません。

今できることは、親御さんにその関連の書籍を読んでもらうとか、医者に同行してもらって説明を受けてもらうとか、その程度では?それでも年配の方には受け入れがたいものかもしれませんが。

ユーザーID:1050377373
本当に、
2児ママ
2013年7月5日 15:27

ひどい程の病状でしたら、さすがにご両親も気付かれたのではないでしょうか?

成人してなお、ご両親に責任を押し付けるほどの状況なのでしょうか?
申し訳ありませんが、詳細が分からない現状では、今のうまくいかない状況を、全てご両親のせいにしようとしている、弱い方にしか見えません。

ここまで育てていただいたことにまず感謝する気持ちを持たれてはどうですか?

ユーザーID:7399851493
ここ近年の研究の結果
ねねこ
2013年7月5日 15:36

トピ主さんは20代半ばのようですが、発達障害というのはここ近年の研究によってようやく定義づけられたものだと思います。そして今でも研究は道半ばで、様々に意見がわかれていますし、症例が多岐にわたり過ぎていてなかなか治療も療育もままならないのが現状です。

トピ主さんの親御さんが子育て中の時代にはまだまだ発達障害という概念は確立していなかったはずです。それについてご両親が無知であったとしても、一概に責めることはできないのではないでしょうか。

親御さんを恨むお気持ちは仕方ないとしても、今さらそれをどんなに言い立てたとしてもトピ主さんのためになることはありません。20代も半ばに至った立派な成人として、今後はご自分の力で支援機関やクリニックなどお探しになり、自立の道を模索していくことが大事だと思います。カウンセリングなど受ければ、こういった気持ちをよく聞いて心の解決法を指導していただくこともできるはずです。

ユーザーID:3930420436
 
現在位置は
です