結末がバッドエンドの小説教えてください

レス105
お気に入り252

やすこ

話題

恋愛もの以外、結末がバッドエンドの小説でオススメ小説教えてください。
恋愛がサブではいってるものはよめます。
東野さん、宮部みゆきさんなどメジャーな推理やミステリーの作家さんのものは網羅してます。
ファンタジーはひぐらしやフェイトゼロ。ニトロプラスさんなどのゲームノベルを除外していただけると、
助かります。
哀しくて切ない、どうしようもない
すくいようのない話だととびつきます。
よろしくお願いします。

ユーザーID:1296634245

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数105

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 皆様ありがとうございます

    皆様沢山オススメありがとうございます。
    過去読んだものもありましたが、既読でないものもたくさんありました。
    遅レスかもしれませんが、お返事はいれさせてもらいます。本当に沢山ありがとうございます。まだまだ募集してます。
    追記なのですが、明治期の方の作品は芥川龍之介は全て既読です。太宰治など。
    夏目漱石や森鴎外といったメジャー作品もよみました。
    学生時代明治期
    メジャー作品は文学のレポートのためにほとんどよみまして。
    マニアックな方のをすすめていだだきましたら、既読でないのがでてきそうです。注文つけてすみません。

    妙子様

    すみません。ケッチャム作品はすべてよみました。
    オススメありがとうございます。
    これは実話ベースなので後味悪いですよね。

    北国生まれさん

    オススメありがとうございます。
    じつは高橋さんの作品はすべてよんでます。
    すみません。ほかのあげられた作品も、既読です。ドストエフスキーは学生時代全て読破しました。後味の悪さにひかれまして。
    悲しみ切なさからいえば高橋さんはよいですよね。

    ユーザーID:1296634245

  • 未読以外とありますー。

    モガオ様

    オススメありがとうございます。
    じつはものすごく気になっていた作品であります。
    宮部さんがおすすめならよむべしでしたが、
    ダラダラしてるうちに読み損ねました。
    図書館貸しだし中だったので、予約いれてきました。ありがとうございます。
    また感想書かせていただきます。
    SFは日本の方のはあまり読みませんので、楽しみです。
    外国のSFなら冷たい方程式が一番後味悪かったです。


    na2kai様
    中村うさぎさんの作品はゴクドー君からエッセイまで既読です。おすすめいだだきましたのにすみません。
    ファンタジーものが好きでよくよむので、その辺りのかたは全て読んでたりします。
    なにげにゴクドー君が割とつぼでした。中村さん。

    パニーニ様

    すみません。明治期のメジャー作品はほとんど読んでまして。
    夏目漱石のこころは先生の心理がわからず学生時代レポートに苦労しました(笑)いまならまだわかるかもです。
    転身は未読です。
    図書館に、なかったので本屋でさがしてみます。ありがとうございます。
    なにげにご紹介文章でこのみかもと期待が大です。

    日本のSFはあまりよんでないです。
    今気がつきました(笑)

    ユーザーID:1296634245

  • 「光」

    三浦しをん著「光」

    コミカルなものも書かれる幅の広い作家さんですが、これは全く救いのない話でした。

    読了後に自分の中で消化するのに時間がかかりました。
    光なんてどこにあるんだ。みたいな。

    だけど良作だと思います。

    ユーザーID:6002697333

  • シンプルプラン

    出ていないようだったので。

    原作はスコット・スミス。
    映画化もされていますが、原作には映画にない部分も描かれていて、とてもとても後味が悪いです。

    ユーザーID:6447283291

  • 夏化粧

    バッドエンドというほど酷くはないのですが、ハッピーエンドではない、という点で
    池上永一著
    「夏化粧」
    をお勧めいたします。

    ネタバレしそうで詳しく書けませんが、主人公の愛が、読了後にひたひたと胸に迫ってきて、何度読んでも泣いてしまいます。

    ユーザーID:7004794458

  • これらも多分

    大江健三郎「政治少年死す」
    未だに出版されていない、政治的悲劇。
    30数年前に、その当時で既に20年前の掲載誌をあっちこっちの図書館で探してコピーをとったものですが、今はネット上にありますね。

    高見順「いやな感じ」
    元々は無政府主義だった青年が、何時の間にか中国侵略の手先となり…

    横光利一「機械」
    人の良さとウッカリは、時に悲劇を生むということで。

    アラン・シリトー「長距離ランナーの孤独」
    周囲の、ワルが更生かとの期待を裏切り…

    ロープシン「蒼ざめた馬」
    どんな状況でもブレないというのも、時として迷惑なものです。

    高橋和巳を全部お読みになられているということは、これらもお読みですよね。(汗

    ユーザーID:9422035143

  • 既出は省略

    「青の炎」貴志祐介
    「だりや荘」「雉猫心中」井上荒野
    「鼻」曽根圭介
    「独白するユニバーサル横メルカトル」平山夢明
    「我らが影の声」ジョナサン・キャロル
    「狗神」坂東眞砂子
    小説ではないですが、
    「ミスミソウ」押切蓮介

    我が家の本棚、大丈夫かな!?(笑)

    ユーザーID:1434474513

  • うーん…

    なんとなく思いついたもの

    ・エミール・ゾラの「居酒屋」
    読まれてるかな?もしかしたら。

    ・五十嵐貴久の「RIKA」
    気持ちが悪くなった…。

    ユーザーID:4307121172

  • バッドエンドの必然性

    ストーリーの着地が必然的にバッドエンドにならざるを得ない小説。

     島崎藤村『夜明け前』:トピ主さんは既読でしょうね。

     吉村昭『天狗争乱』:夜明け前でも扱っている題材ですが・・・。

     五味川純平『人間の條件』:戦後のベストセラー。これ以外の結末はあり得ない。

    ユーザーID:4353461057

  • メジャーな作家さんだけれども

    バッドエンドと言ったらこれかな?

    墓地を見おろす家

    好き嫌いがはっきり分かれるのですが、個人的に映画化されてもいいのになぁ〜と思ってます。

    ユーザーID:2446043979

  • 太宰治

    長編なら、なんといっても「人間失格」。

    太宰の短編も、お世辞にもハッピーエンドとはいえない、後味悪い終わり方のものが多い気がします。

    ユーザーID:3580608011

  • どうなんだろう

    バッドエンドと知っていて読むのって楽しめますか?
    読書の醍醐味は結末がどうなるんだろうというワクワク感だと思うのですが。

    それはそれとして、他にも挙げている方の多い貫井徳郎さんは読後感悪いことにおいてハズレなしですね。
    中編の『光と影の誘惑』の中の『長く孤独な誘拐』などもおすすめ。

    歌野晶午さんの短編『正月十一日、鏡殺し』の表題作。
    哀しく切なくはないけれど、どうしようもないことこの上なし。

    ユーザーID:9960657220

  • 同じような小説好きです

    東野さんの『白夜行』を読んだらこれ以上にせつなくて悲しくて考え深い内容はないと判断して色々読み漁りましたがこれ以上の小説はありませんでした。

    それ以外では話題になった戦争物の『永遠の0』。
    0(ゼロ)とはなにか、戦争の凄まじさ、厳しさ辛さ悔しさなどこのような人たちは必ずいたのだと思ったら平和ボケしている現代の自分たちに悔しくて涙しました。

    バッドエンド好きが納得できる小説ってなかなかありませんね。
    私も知りたいです。

    ユーザーID:4294709401

  • トピ主さんには刺激が足らないかもですが

    奇術師 プリースト
    屍鬼  小野不由美

    私はトピ主さんと真逆でラストがアンハッピーなのは読まないのですが
    上記は間違って読んでしまいました。
    どっちも、読後しばらく暗い気持ちにさせれました。
    でも面白かったです。

    ユーザーID:4174409874

  • この本はどうでしょうか

    「逃避行」篠田節子

    犬を飼っている私にはとてもどうしようもなくせつない話で読むのがつらかった
    それでも最後まで読んでしまう本でした

    ユーザーID:0929828964

  • さっき読み終えた

    奥田英朗「沈黙の町で」

    哀しくてせつない、ではないのですが、すくいようのない、もやもや感。

    謎はすべて明らかになるけど…すっきりしないラスト。

    現実って、意外とこういうものかもしれません。

    ユーザーID:5091138760

  • 再ポストです

    もしかしたらダブってポストされたかもしれませんが。

    寺内大吉「化城の昭和史」
    文章を新たに起こすより、他の文章を直すのが得意という新聞記者が一応の主人公。
    ある宗教の宗派と絡めて、二二六事件や満州事変を経緯を描いていきます。
    この作者は競輪の解説でも有名ですが、この作品については本業の僧侶としての立場で書かれています。

    高見順「いやな感じ」
    上のと同じ時代を舞台とした小説。
    左派の青年が、やがて中国侵略の手先となっていきます。

    横光利一「機械」
    人よ良さとウッカリさが、時に良くない結果を生むということで。

    アラン・シリトー「長距離ランナーの孤独」
    ワルの青年がスポーツで更生という周囲の期待はありましたが…

    ロープシン「蒼ざめた馬」
    日露戦争後の革命前のロシア。
    ブレない信念というものも、迷惑なこともある訳で。

    ウィリアム・ゴールディング「蠅の王」
    無人島に漂着した少年達。
    大変な状況下に置かれたこの年頃でも、人が複数集まると派閥と派閥間の反目というものが出来てしまいます。

    でも、高橋和己を全てお読みということは、これらも多分お読みですよね。(汗

    ユーザーID:4111368318

  • ご存知でしたらすみません

    トピ主さんほど本を読んではいませんが、私も後味悪い本が好きです。

    ケッチャムや友成純一、式貴士、宇野鴻一郎も好きですが、
    この方達のは【救いようのない話】カテゴリより【スプラッタ】【グロテスク】カテゴリにしています。
    (個人的な分類で申し訳ない話ですが・・・)

    私の本棚の【救いようのない話】カテゴリの本は、
    ・渡辺温【可哀相な姉】姉がほんとに可哀相
    ・皆川博子【獣舎のスキャット】こちらも姉が可哀相。
    ・鍋島一緋【一号室のないホテル】偶然ですがこれも姉が(妹も)可哀相
    渡辺温は作者が意図している訳では無さそうですので読後感は悪くありません。

    最近、後味の悪さで言えば実話モノが一番なのかもと思う様になりました。
    ちょっと古いのでインパクトに欠けますが、牧逸馬はオススメです。

    ユーザーID:9930237280

  • 終わらない夏休み

    (多分)素人さんの創作小説で文章も内容も稚拙ですが「終わらない夏休み」がネットで無料で読めます。
    ただでさえ過程も悲惨なのにラストで本当に本当に救いがないです。タイトルもちゃんと意味があります。

    あとは乙一さんはバッドエンドが多いですが読んでらっしゃいますよね?

    ユーザーID:4251080755

  • 奥田英朗、京極夏彦

    奥田英朗の「最悪」「無理」あたりは本当に救いようのないお話です。
    読んだあと少し後悔しました。

    あとは京極夏彦の「厭な小説」。
    読後感の悪いこと(笑)
    本当に厭な気分になります。

    あれ、でも気付けば私もトピ主さんと同じくそういうお話結構好きなのかもな…

    ユーザーID:7605789231

  • う〜ん、いくつか

    ツォツィ(アソル・フガード)

    暗い森の少女(ジョン・ソール)

    料理人(ハリー・クレッシング)

    どれも面白いです。

    ユーザーID:3480294958

  • 思いつき、ですが

    哀しくて、切なくて、救いようがなくて、どうしようもない、のでしたら

    山本周五郎先生、「季節のない街」はいかがでしょうか。そう遠くない昔の実話を集めた、との短編集。新○社文庫では、あとがきが開高健先生。いい文章だった記憶があります。

    ユーザーID:4011126413

  • やすこさんのニーズとはちょっとズレているかも?

    ルース・レンデルの一連の作品はいかがでしょう?
    サスペンス?推理小説?色々あるみたいです。
    昔、友人がハマっていて、「引き攣る肉」という作品(簡単に粗筋を
    教えてもらったら、私はパスしたいカンジでした…)を読んでいたら、
    彼女のハハウエに「そんな気持ちの悪いホン読むのヤメナサイ!」
    と怒られたとか。
    (ちなみに、カバー掛けて背表紙に「ひきつるお肉」って書いておいたら〜?
    何の本かすぐ判るし、気持ち悪さ感・激減だよ〜、と提案しておきました)

    とある方の読後感では「澱んだ物語」、だそうです。

    ユーザーID:1167094722

  • 2回目です

    井上夢人さんはもうお読みになっているでしょうか。
    岡嶋二人名義の時とは作風が変わりバッドエンドものも多いです。
    『ダレカガナカニイル…』や『メドゥサ、鏡をごらん』『あくむ』などは希望のない結末でしょうか。
    実質井上夢人さんが一人で書いたという岡嶋二人名義の『クラインの壺』もいいですね。

    SFがお好きなら、蘇部健一さんの『届かぬ想い』。
    タイムスリップものですが、なかなかのバッドエンドです。

    ユーザーID:9960657220

  • そういうの好きです

    救いようがない話なら少し前の大石圭の作品は
    救いがなかったですねえ。

    「自由殺人」
    「処刑列車」
    「邪な囁き」
    「飼育する男」
    「苦い蜜」

    真梨幸子作品も後味が悪いものが多いです。

    「みんな邪魔」
    「殺人鬼フジコの衝動」

    その他思いつくままに挙げますと

    新庄耕「狭小邸宅」

    道尾秀介「向日葵の咲かない夏」

    佐藤青南「ある少女にまつわる殺人の告白」


    そして後味最悪大賞は短編ですが、何といってもコレ

    筒井康隆「乗越駅の刑罰」

    読後、一週間くらい悪夢を見そうです。

    ユーザーID:4661351463

  • 太宰治とか芥川竜之介とか

    高校の現代文で習った事があったので、芥川竜之介の「地獄炎」と、太宰治の「人間失格」を読み直してみました。

    読まなきゃよかった・・・と後悔しました。

    これと似たような作風が嶽本野ばらの作品なんですが、映画化された下妻物語以外は、殆どバッドエンドです。

    救いようが無いのが、「シシリエンヌ」ですかね。
    「鱗姫」も、読まなきゃよかったと、後悔しました。

    下妻物語のノリかと思って読んでみて、激しく後悔しました。

    どちらの小説も、タイトルに理由がきちんとありました。

    ユーザーID:3656460596

  • レスします。

    乃南 アサさんと貴志 祐介さんの小説はバッドエンドの物が多いような気がします。

    貴志 祐介さんの「十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA」

    乃南 アサさんの「幸福な朝食」

    この二冊がお勧めです。
    特に「十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA」は哀しくて切なくて救いようのない感じが漂ってると思います!

    ユーザーID:1733984093

  • 「東京娼女」

    藤原亜姫 著だったかな

    もうひとつ

    「リアル・シンデレラ」
    姫野カオル子 著

    どこかで反撃するだろう、と思って読んでいたので
    結末で「ん?」となりました

    でもまあ、現実だったらよくある話だと思います

    ユーザーID:8050121842

  • わらの女

    ミステリーです。
    翻訳もの。恋愛色はなし。
    女性が大金持ちと結婚して遺産を狙う話です。

    でもミステリーなら「イヤミス」で検索すれば色々出てきますね…

    ユーザーID:8714177274

  • 読了

    読了

    モガオ様のオススメ
    伊藤さんの作品よみました。

    うむ…最後が…
    はい、未読の方ぜひよんでみてください。
    大満足です。
    切ないです。
    冷たい方程式をよんだときのような感じがしました。
    話的にはちがいますけど。
    素晴らしい作品オススメありがとうございます。
    こっそり自分の感想サイトに感想をかきました。
    いやあ久々にきました。
    ありがとうございます。
    他にオススメあればぜひお願いします。

    女性には不向きかもです。
    私は女性ですが、結構なんでもよむ人間なんで大丈夫ですが。

    パニーニさん

    転身
    うちの友人に借りました。

    むうー。
    不思議ですよね。
    最後なにになったのか。
    うーんうーん。
    友人曰くわからんとのことです。

    不思議な感じがよかったです。
    パニーニさん女性のかたですよね?
    女性が好みそうな感じかなと思いました。
    ということで大満足です。
    ありがとうございます。
    またオススメあればお願いします。

    後すみません
    貴志さん
    などのメジャーな推理ミステリー分野のかたは全て既読です。すみません

    できたらマニアックなところついていただければうれしいです。

    ユーザーID:1296634245

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧