老後の貯蓄より大切なこと

レス41
(トピ主3
お気に入り232

家族・友人・人間関係

ふくふく

40代半ばの主婦のふくふくと申します。

この年齢ともなると、うっすらと老後が見え隠れするようになってきました。

友人と話していると「老後の為に貯金貯金」と頑張ってる人の多いこと。その老後の為に今やりたいことを我慢して質素に節約して暮らしてる。

我が家は住宅ローンも終わり、まずまずの貯金も出来ましたが、いざ貯まってくると友達の言葉を思い出し「もっと増やしておかなくちゃ」と使えない自分がいるのです。

だけど、いつまで生きるかわからない未来に備えて今を我慢する生活で本当に良いのかと疑問に思えてきたのです。
旅行もお洒落も元気に外出できる今だからこそ出来ること。どちらもそこそこ楽しんではいますが、ホントはもっともっと使いたい。
バブル世代のせいか、あの頃のように使いたい(笑)

生きてる今を最重要視したい!!

老後の生活が大切なのは重々承知しておりますが、今回は「老後の貯蓄より大切なことってあるよ」ってエピソードなどがありましたら、是非ぜひお聞かせ願います。

ユーザーID:9926040257

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数41

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • エピソードではありませんが。

    老後の資金は3千万円と決めています。
    それ以上は貯めません。使います。

    春夏秋冬旅行に行き、
    一週間に一度は外食(料亭など)、
    大学にも通っています。

    それでも50代ともなると、お金はたまる一方となります。

    ただし、それには家のローンが終了している事と、
    子どもが大学や院を卒業し、社会人となっている事がポイントかも知れません。

    いや〜、50代って愉しいですよ〜。

    ユーザーID:1565024966

  • うらやましい

    バブル世代の感覚が残っていて、羨ましいです。

    うちは、長生き家系なので、将来に備えるため今は節約の日々です。
    定年後、年金がもらえるまでの間の生活費や、家のリフォーム代など、まだまだ貯蓄は満足に出来ていません。
    知り合いの人の家族が認知症でグループホームに入っていますが、
    月の施設費が15万。プラスお小遣い2万程度だそう。
    主人と私が同時に入ったら、子供に迷惑をかけない様に、きちんと払えるように、蓄えておかなければ・・・
    その頃の年金なんてアテに出来ませんからね。

    なんて考えたら、贅沢は出来ないのが現状です。


    主さんは、しっかり蓄えてる様子で立派です。
    私も、将来より今でしょ!なんて言えるように、貯蓄を頑張ります。

    ユーザーID:2323588431

  • 人格者になっておく

    お金を使うかどうかなんて些細なことです。

    高齢者が人格者かどうかが老後を豊かにするかどうか決まると思っています。
    お金があっても偏屈者、頑固者、口が悪い人、性格が悪い人には
    近づいてくる人はいません。
    お金目当ての人は近づいてくるかもしれませんが。
    しかし、優しい人になら感謝を忘れない人になら
    なんだかんだと人は寄ってくると思います。
    老後一人で過ごしたくはないです。
    同居は望んでいないけど、たまには子供やその配偶者
    その子供の顔も見たいです。

    ユーザーID:2337097254

  • 騙されるより…

    好きに使ってね〜騙されて増やす話ありますよね…あれより良いでしょう…ワゴン内のやすいの選ぶより好きに使えるよね〜

    ユーザーID:8709932006

  • 一言

    老後にまだなっていないのに、老後の事より大切な今があるなどと言える訳がないじゃありませんか。先の事(老後も含めて)は誰にも分かりません。貴方が今が一番と考えるならその通り生きればいいだけのことと思います。アリとキリギリスどちらを選択するかは人それぞれだと思います。中には老後も心配だとバランスを考えて今を生きている人も多いと思いますよ。

    ユーザーID:2625010297

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 「老後の貯蓄と同様に大切なこと」で良ければ。

    夫婦仲良くすること。
    家族や親戚と良い関係を築いておくこと。

    痴呆症にならないように、ある程度、刺激のある生活をしておくこと。(人と会ったり出かけたり、家事をやったり仕事を続けたり・・・。)
    適度な運動をすること。

    動けるうちに、やりたいことをやっておくこと。(遊びは勿論、身の回りの整理も含めて)
    終の棲家の確保。(大きな家を減築したり、処分したり、マンション購入したり、老人専用住居の契約をしたり)

    気の合う友達作り。
    趣味を持つ事。

    私はアラフィフですが、十分な貯蓄確保と同時に、こんな感じで、徐々に老後の準備に入ろうかと思っています。

    ユーザーID:4692592719

  • 物欲が無くなってくる

    まだ老後と言われる年齢ではないですが、年とともに物欲が無くなってくる感覚がわかってきました。

    おしゃれも良いけど身ぎれいにしていればそれでよし。
    グルメも良いけど自分で漬けた漬物が一番おいしい。
    旅行も良いけどそれより本を読みたい。

    別に我慢してるつもりはありません。
    お金を使うことにあまり興味がわかないのです。
    「清貧」って我慢ではなくて魅力なんだと思います。

    >バブル世代のせいか、あの頃のように使いたい(笑)

    トピ主さんのこの言葉には驚きました。

    ユーザーID:4058363697

  • 理想と現実

    53歳 バツイチ 娘あり のオバサンです。
    確かに主様の意見はごもっともな話です。
    バツイチとはいえ自分の家をもち 仕事もあり 娘が自立し あとは・・・
    と色々考えますが、躊躇するのは自然でしょう。

    行きたいところ 見たいもの 食べたいもの 沢山あります。
    海外旅行だってグレードアップして行きたい 笑
    でもなかなかそこまで踏み切れないものですよ。

    貯蓄より大切なものは家族と言えばかっこいいけれど、それよりは友人は
    きっと自分にはとても大切な存在になる と思っています。
    年齢を超えた友情ほど 楽しくて幸せなことはありませんから。

    年を重ねて身体が利かなくなったとき、頼りになるのは子供ですか?
    行政ですか? お金が無ければ看てくれる場所はない!というのが残念ですが現実です。

    理想と現実の間で、落とし所を模索するしかないですよ。

    ガツガツと生活するよりは、補足長くそこそこ楽しんで 小金も貯めて生きるしかないのかなぁ・・・笑

    ユーザーID:9996184212

  • 結婚しているのであれば、究極ですが 「夫婦仲」

    お金があって困ることは無いでしょうから、やはり貯蓄額を増やしてゆくこと、でしょうね。

    しかし、「より」ではなく「と同じくらい」というふうに考えるのであれば 『夫婦仲』かもしれません。

    私の義父母は常識的で上品な人です。
    嫁の私のことも、一定の距離を保ちながらも応援してくれ、大切にしてくれてますので、私は二人にとても感謝しています。

    しかし、お二人は気の毒なほど仲が悪いのです。(私の両親は普通ですが)
    70歳から双方他県に別居状態です。
    お互いに憎しみ合っています。
    長い結婚生活の間で生じた軋轢を軌道修正しないまま、リセットの道も選ばず、何十年もたってしまいました。
    健康な間は友人たちと旅行に出かけたりして、楽しく過ごしていましたが、加齢とともに外出もままならなくなり、すっかり気弱になりました。
    我々はどちらかだけを引き取る、ということもできず、「人生の終わりでこんなに虚しくなるなんてね・・・」と言っているのをただ聴くだけしかできません。
    お二人とも生活には困っていませんが、心の隙間はお金で埋まらない(当たり前なのですが)二人を見て、思った次第です。

    ユーザーID:6247244936

  • 教育支援

    トピ文にはありませんが。家もちローン完済。お子さんは?

    同年代ですが、子供の教育資金で、まだまだ貯金には羽がはえてます。
    いつになったら自分のために使えるのやら。

    年金の案内、誕生日前後にきますよね。
    それ見てどんな生活になるかだいたい想像つきます。でも、病気したら、怪我したら。心配で貯金を使えないんだと思います。同じです。

    今のうちに不労収入(不動産賃貸とか?)に手を出しておくとか。
    でもあれってほんとに損しないのかな?

    私のしたいことは、住まいもあり年金だけで最低限生活できるなら、定年なしのボランティアですね。

    親になった頃カンボジア難民の子供たちを支援する団体を知り、15年以上支援をしています。6年前からは、両親の亡くなったふたり兄弟の里親(と言っても資金提供だけ)をしています。自分の子供たちと重ねると、なにか続けてしてあげたい気分。
    もしできるなら、英語でコミュニケーションとって彼らが技術を身につけ自立できるような制度を支援したいです。日本の6000円でひとり1年間の生活援助ができます。毎年写真を送ってきてくれます。

    BIGロト当たって!

    ユーザーID:9013469904

  • 健康なればこそ

    老後の貯蓄より大切なこと、それは健康だと思っています。

    ある程度の貯蓄があれば、普段の生活を多少質素にしても海外旅行に
    お金を遣いたいです。

    まさにトピ主さんが言われるように、元気に歩いてお洒落して外国の街を
    歩きたい。
    ブルーに輝く氷河の上を歩き、火山の熱い溶岩の上を歩き‥‥。

    旅先で出会った人々との楽しかったこと、美味しいお食事に満足したこと、
    そして撮った写真を額に入れて飾る。

    そういうお金なら惜しみません。
    それが出来るのも健康なればこそ。

    あ、でも私、病気になっても可能なら、車椅子に乗ってヘルパーさんと一緒に
    海外旅行へ出掛けるつもりです。
    そうなると、やっぱり貯蓄も大事ですよね〜。

    ユーザーID:4706711461

  • じゃんじゃん使いましょう!

    お金を持っている世代がお金を使うのは社会的な使命ですよ!
    でないと経済が活性化しません。
    バブル期のようにパーッと使いましょう!

    ユーザーID:6481688232

  • 当たり前のことですが、健康維持の費用ですね

    我家は早世で誰一人年金受給年齢に達した者が残念ならが居りません。

    専門職で高額の支払いをしたいたのに一円も受給できませんでしたから
    亡くなってからも他人の長生きをご両親様は支えていますねと契約をしている会計士から
    笑い話にされています。

    早くに遺産相続をしましたが、いつ高額医療費が必要になるかの恐怖と固定資産税などの維持費が
    大変で相続後の数十年、身の丈にあった生活しか送れません。

    唯一お金をかけているのは人間Dと歯科検診です。
    歯に関しては保険治療の歯は1本もなく、これ以上綺麗にする必要はないでしょうと
    言われる程度に仕上げています。
    服装や持ち物などはその気になればいつでも手に入りますが、歯だけは無理と
    時間と費用をかけて参りました。

    子供の頃に歯ほど人を表す箇所はないから気を付けるように話してくれた祖母に
    感謝をしています。
    50代半ばの中高年の独りごとでした。

    ユーザーID:1978819076

  • モノを減らすこと

    人間、生まれたときには何も持っていません。

    けれど、亡くなる時には沢山のモノが残ります。

    後始末をしてくれる人の負担にならないように

    持つモノの量を吟味することが大事だと思います。

    だけど、何故か増えるんですよね〜

    ユーザーID:5986875241

  • 貯金は大事だけど、

     適度な遊びも入れないと、つまらないかな?
    人それぞれの性格もあり、一括りには出来ないですよね。このテーマ―は。

    私も50代半ばで子供達も社会人になり、老後資金は順調に貯金してますが、自分への投資もしてます。
    旅行や趣味等。

    健康で夫婦仲良く暮らして居れば幸せだと思ってます。
    私は、仕事辞めたら糠漬けと、梅干し作りに挑戦したいです。糠漬けしていましたが忙しいと
    特に夏の朝晩の手入れが出来ず、カビで駄目にして以来諦めました。
    リタイヤしたら、タクワンも自分で漬けたいな〜。と、思い描いています。笑
    だって、手作りって一番の贅沢だと思いませんか?

    ユーザーID:8640129672

  • その家の収入しだいですから御主人と相談を!

    他人がどのくらいの収入で、資産がどの程度あるのかわからない状況で、他と同じように節約するのは、どうかと思いますよ。

    例えば、私たちは50代の夫婦、年収は特別良いとは思わない。(周りの50代は皆さんそうなので)海外暮らしが長かったので物価が安く住みやすい温暖な国にリタイア前から家とゴルフ場を持っています。その国で飛行機チケットも買えば、日本のピークとずれるので、世界中どこへいくにも驚くほどヴァケーション代が安い。リタイアしたら、その国に永住する予定です。

    年収次第で、生活は変わりますし、
    また、同じような年収でも、生き方で、まったく違う生活ができます。

    みんな、同じじゃないですね。
    発想の転換も必要でしょうか。
    基本的には、御主人と相談し、一番幸せな生き方をなさってくださいね!

    ユーザーID:7502998181

  • 足腰が丈夫なうちに

    世界をみたいですね。
    両親が早く亡くなったので、病気になったらお金がいくらあっても出来ないことだらけだなぁ、と看病しながら思いました。
    あと他の方も仰ってましたが夫と仲良くする。
    まあ、今も仲良いほうですが。
    子供達も大きくなり、部活やら遊びやらで家にいない事が増え、週末は夫と二人ということがほとんどです。
    定年後はさらに平日もこうなるのか、と思うとやはり二人で楽しいに越したことはないですよね。

    ユーザーID:7773824571

  • 同じ

    私もふくふくさんと同じ考えです!

    体力のある今だから、楽しめる旅行ってあるし
    今だから着たい服もあります。
    コツコツ老後のために貯めていたのに、定年前に亡くなった人が
    周りにたくさんいたからかもしれないです。
    バランスを考えて、今も楽しまないと
    本人のくやしさはもちろん、残された人たちも
    「楽しませてやれなかった。」と苦しみます。

    でも世間はそれをよしとはしてくれません。
    キリギリスタイプは日本では嫌われます。
    あるていどの貯金のめどがついたら
    あとはひがまれないように工夫をしながら、今を楽しんでくださいね!

    ユーザーID:5044875260

  • 今は、私の老後よりも、親の介護が優先

    50代半ばで、80代半ばの母が要介護の状況です。

    自分自身の住宅ローンもまだ少し残っていて、老後のための貯蓄も並行的に続けていますが、「絶対安心」と言えるようなレベルではありません(「企業年金もあるから、何とかなるかな」というギリギリの感じです)。

    それでも、母の介護に必要な資金負担や子供達の生活支援(相談された場合)については、できる限りのことをしたいと思っています。

    他方で、夫と二人での旅行や食事も適宜楽しんでいます。行きたい場所はたくさんあるので、何もかも思い通りというわけにはいきませんが、二人で相談して目標と決めた「最低限の貯蓄」をしたうえで、残った資金を自由に使うことにしています。

    これで十分幸せであり、「もっと使いたい」と思うことは殆どありません。両親、子供や孫達を含めた「家族」が穏やかに暮らせることが一番大切だと思っています。

    ユーザーID:1267203040

  • 老後の貯蓄も大切ですが、楽しむことも大切ですよね

    40代前半の主婦です。

    20代、30代は、ガツガツ貯金していましたが、健康に不安が見え始める今日この頃。
    人間、いつどうなるかわからないと、実感するようになると、お金を残すためだけの生活に疑問が生じました。

    貯金は、マイホームをキャッシュで2軒買えるくらい(田舎なら3〜4軒)できましたが、このまま死んじゃったら、死んでも死にきれません〜。

    お札を一緒に火葬してもらうわけにもいきませんしね。。。

    ということで、一応老後のためのお金も貯金しつつ、普段の生活もちょっと楽しむことにしました。

    スポーツクラブに通い、週に1〜2度は友人とランチしたり、夫と食事に行ったり。

    夫婦で美味しいもの大好きだから、夕食は毎日7〜8品。
    デパ地下もわりとよく使います。(そのためデパートで積み立てしてます)

    ファッションも、なるべく小綺麗にするように気をつけています。
    美容院は毎月。
    ネイルは3〜4週間に一度。

    お部屋のインテリアも一新して、気持ちを新たに生活しています。

    ユーザーID:2985655460

  • 貯蓄はじめました

    40代です。
    老後だけのために今を生きるのは、個人的にはさびしいなって思います。
    お金で時間は買えないっていうじゃないですか。
    たとえば、人に聞いた話ですが、年をとってから時間ができ、社交ダンスを始めた。でも、体が思うように動かない&記憶力も低下している、ので
    なかなか上達しない。気持ちよく踊るには程遠いそうです

    それにくらべて、若いころから趣味で社交ダンスを続けている方は、熟年世代でも動きが体に染みついているから、うまい。
    優雅に踊れて楽しそう。

    今のうちに少しずつ趣味を見つけるとか、話題の合う友達を見つけるとか、そういうことに費やすお金には、けちけちしないほうがいいかな、って思っています。
    でも、
    老後の貯蓄より大切なもの、と一言では言えないと思います。

    現在の貯蓄額にもよると思うんです。将来、お金がないと生活できないし、趣味もできない。
    私はかなりマズイ状態なので、貯蓄はこれからできる限りするつもりです。

    ユーザーID:5186449577

  • 健康が一番だけど

    健康で夫婦仲良くかな。(子供の為にも)

    50代になり、つくづくそう思うようになりました。
    離婚しなくてよかった、病気にもなったし。(夫婦共)

    私は体力維持の為にフィットネスクラブに通ってます。
    主人は趣味でゴルフ。

    あと、夫婦だけで、たまに居酒屋豪遊(笑)

    やっぱり、夫婦仲良くが老後楽しく暮らす方法かな。
    何でも遠慮なく話せるのは夫婦だけだし。
    その次が子供。

    ユーザーID:8890259896

  • ありがとうございます。

    トピ主です。
    まめこ様まで読ませて頂きました。いろいろなご意見・お話を有難うございます。私と同じ考えの方もいらして、嬉しくなりました♪

    貯蓄より大切なのは「健康」「家族」「友人」といった感じでしょうか。私も同感です。貯蓄同様、この3つも出来る限りは大切にしてきたつもりですが、貯蓄分のお金をもっと使えることが出来たら、もっと充実させられる想いがあります。

    ・本当はもっと高級食材や一目ぼれした洋服を買ってみたいのに我慢。
    ・親をもっと高級旅行に連れていってあげたいのに安いプランを探してしまう。
    ・友達から誘われて高いレストランやお金のかかる遊びだと躊躇してしまう。

    あ〜〜、情けない(笑)

    私は子供がいないので、財産を残す必要性はあまり感じておらず、そうなると例えば長生きしてどんなに貯蓄が増えたところで「貯めといて良かった〜」と思える確率よりも、死ぬときに「もっと思いきり使えば良かった〜」と思ってしまう確率の方が高い気がするのです。

    例えば法律で、財産は一人いくらまでで、それ以上は必ず使いなさいって決まりでも出来たら安心して使えるのになあ。

    ユーザーID:9926040257

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • こども

    夫と自分の老後より大切なものってこどもしか思いつきません。

    援助が子供のためになるかは分からないけど、困った時は助けてあげたい
    だいたい自分たちの老後が貧しかったら子供に迷惑かかる(たとえ子供に資金援助をしてもらわなくても精神的負担が増える)
    と思えばやっぱりお金はためておかないとなあと思います。

    もちろんおいしいものも食べるしおしゃれもするしレジャーも楽しんでますよ。
    でも若くて健康ならそんなにお金をかけなくてもいくらでも楽しめるじゃないですか。
    老後はある程度お金をかけないと楽しめないかなあと思います。
    もし早死にしても子供に残せるなら悔いはないです。

    ユーザーID:2284641140

  • 子供達に、地球に産まれてよかったと感じて欲しいことかな

    トピ主様、バブル時代はよかったですか。
    私は1ドル360円の時代にアメリカに住んでいました。
    消費税(タックス)は当時からいくらか忘れましたがあり、しかし食品、文房具にはかかっていなかったと思います。
    アメリカ人の多くは、買い物を、個人用の小切手でしていて、大きくなって知った事ですが、小切手帳を持つということは預貯金がたくさんあることだと知りました(笑)。
    友達の家に遊びに行っても、家の中は家具調度品やファブリックを上手に使っていてとても綺麗だなと感じて育ってきました。
    日本に帰って来て、私は、バブル前に結婚をし、同時に新居も購入していたので、バブルのおかげでローンを早く返せました。
    バブル時代、テレビで映し出されるブランド品を買いあさる日本人、クリスマスをホテルで過ごす人達、私が、アメリカで知った家族で過ごすクリスマスとは違う過ごし方を、冷ややかな目で見ていました。
    夫婦仲や健康が大切なのは当然として、やはり貯蓄は大切で、新卒で就職した娘にも、預貯金はしておきなさいねと言っています。
    そして、私が一番大切に思っていることは、子供達に、地球に産まれてよかったと感じて欲しいことです。

    ユーザーID:2485275229

  • 自分の後始末をしてくれる人

    50代に入ってしまいました。最近父を亡くして思うことは、自分の後始末をしてくれる人は一人いれば十分だということです。私はシングルで、葬式は無用と決めていますが、その一人を見つけることは心がけています。

    両親が残してくれた資産はそこそこあるし、仕事をしているので、贅沢さえしなければその資産を守って生きていくことはできます。

    それから大切なのは、愛ある人になることでしょうか。徳を積んで周囲の人との愛を育んでいけば、寂しい老後にはならないと思います。

    ユーザーID:6179683998

  • やはり蓄えです。

    親族に収入が多く裕福な生活を送られ、贅沢なお金の使い方をしていました。貯蓄を殆どされてなかったので、退職してからは羽振りが悪くなり人格が変わりました。
    お金の有る時、無い時でこれほど人間が変わるものだと驚嘆しました。
    お金が無いと駄目ですね。

    ユーザーID:7580553867

  • お子さんがいないなら

    ご自分が亡くなった後、
    片付け等を頼める人を探したり、その方にある程度のお金を残す事は必要だと思います。
    お金があっても、人手がなくて苦労されてるお年寄りは多いですからね。信頼できる人を探して、きちんとお礼できる額は貯めておかれてはどうですか。

    ユーザーID:5812777845

  • もっと思いきり使えば良かった〜

    実母82歳認知症発症し、娘である私の近くの老人ホームに入居させました。

    昔から老後頼りになるのはお金だけ、のスローガンでつましい生活を送り、大学以降は教育費も貰えませんでした。
    私もそれならそれで結構、と割り切った付き合いを続けてきました。

    ところが本人はまだまだ一人暮らし可能と言い張っていましたが、見かねた民生委員?より連絡入り結局私が引き取ることに。
    認知症が理解できず、相変わらず老後のため??と贅沢をきらい山ほどある贈答品のタオルさえ下ろそうとせず、
    こきたな〜いぼろぼろのタオル始め、使い古しの物に囲まれて暮らしています。

    お金だって使いきれないほど残してあるのに・・・。

    とても勉強になる姿です。

    私は絶対母のような老後はおくらないと、会いに行くたび決心します。
    お金がなければ諦めがつきます。
    あっても使い切れなかった方が絶対後悔します。

    そしてあっても、母のよう買い物やら外食に連れて行ってくれる人がいればいいけど・・・。

    あってもほとんど面会に来て連れ出してくれる人が居ない人、更にわびしさを感じます。

    ユーザーID:4895568386

  • 健康で時代に合った考え方

    お金よりタイトルだと思います。仮に5千万円貯蓄できました。体調が悪くなり入退院、ポリープ切除しました人生楽しいですか?健康であれば殆ど何でもできます。働く事や遊びに行くこと出来ます。その時代に合った考え方も必要です。「昔はこうだったから」と自分の考えを若い人に押し付ける人がいます。今と昔は違います。これから先何がどう変化するかわかりません。不安から自分の固定観念を捨てないでいるのは住みにくい社会になります。お金は程々健康で時代に合った考え方が必要だと思います。

    ユーザーID:8492002504

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧