• ホーム
  • 話題
  • 好きになれると思った言葉や文化が…行き詰まり(愚痴)

好きになれると思った言葉や文化が…行き詰まり(愚痴)

レス9
(トピ主1
お気に入り34

生活・身近な話題

迷える黒羊

現在、某国居住の中年です。

子供時代から某国に憧れていました。詳しく調べたのではないですが、日本にはないものをもっている国と思いました。
その言語を学ぶために、専門の大学に行き、その後、幸いに留学のチャンスがあり留学。卒業後、その国で働く経験をもてました。

…10年ほど過ごして、生活者としてこの国を見ると、失望の気持ちが強いのです。
そういうことは当たり前ですよね。落ち込んだり、自分を見直したりしながら過ごしてきました。

現在感じているのは、
・利益を天秤にかけ、別の方が利があると思えば、通告無しに約束を破って平気
・友達面をする時は、相手にとって価値があるとき
・物事を多角的に見ることができず、黒か白で判断
・自分の悪いところは一切認めない、周りに嘘をついて相手を悪者にすること多し
・高等教育を受けた者でも感情的発言が多く、説明や例を求めても、同じ言葉を繰り返すだけ

多分一人暮らしで異文化・習慣と直接対決の連続で、気持ちがささくれだっているのだと思います。現地の友人は少しいますが、現地社会では少数派なのも上の考えに拍車をかけています。
この国のいい点もわかっているのに、受け入れがたいものを感じています。言語より、文化や伝統、考え方の違いが問題のようです。

「日本でも上にあげたような人は、少なからずいるはず」と考えても、あれほど学びたいと思った言語や文化が嫌になり、他の日本人に教えようという気にもなれません。

「やめといたほうがいいよ、コミュニケーションがとれたって無邪気に喜んでいるのは、日本人だけだから〜」

この考え、自分でもショックだけど本音です。「外国人と友達になりたい」テレビ講座を見ている日本にいる知人を、「無邪気だね〜」とさめた目になっている自分(自分も昔そうだったんだけど)。

似た経験がおありの方、よろしければご経験などお聞かせください。

ユーザーID:7419160703

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主は「距離ナシさん」でしょ?

    好きかも、と思った相手には一気に距離を詰めて家族よりも密に付き合いたがり、そのうち嫌なところが見え始めたら相手の人格全否定。

    それは相手国の問題ではなく、トピ主の問題だと思いますが。

    私も仕事柄、外国と付き合うというのはどういうことか分かります。友人、知人の中にもそういう方面の仕事をしている人がたくさんいます。

    みなさん、相手の文化の長所も短所も清濁あわせ飲んだ上で、時に苦笑しながら付き合ってますよ。トピ主みたいに距離ナシで全肯定か全否定みたいなやり方で他の文化圏と付き合ったら身が持ちません。

    まず帰国して、その国がどうとかじゃなくて、自分の人格、性格がどうなのかということと向き合ったほうがよいのでは?

    ユーザーID:1742543766

  • 10年目あたりはそういう時期

    在米の兼業主婦です。留学を経て米国に通産16年いますが、私にもそういう時期がありました。7年目位だったでしょうか、語学や文化的な習得も頭打ちになり、すべてが「普通の日常」になった頃から、米国の嫌なところが目につくようになりました。

    でもそれは一時期で、「ま、いいか」とか「日米どちらにもいい所と悪い所あるし」みたいな気持ちに落ち着きました。

    多分トピ主さんもそういう時期にいるのかなぁと思います。しかし、トピ主さんと一つ違うところは、私の居住地域には外国生まれの人々が沢山いることです。ですので、マイノリティということを思い知らされることはほとんどありません。

    想像するにトピ主さんは欧州にいらっしゃるのでしょうか。私は一時ドイツに滞在したことがあるのですが、その時は「少数派で見下されやすい」とひしひし感じました(米国から行ったので特にそう思いました)。

    できれば、「まあいいか」と心の中で折り合いをつけられることを祈っています。差別的ではない人々とのみ付き合うことも可能でしょうし。最初に思っていたその国へのあこがれ、魅力を今一度思い出して、頑張ってください。応援しています。

    ユーザーID:2305155292

  • 言語は文化そのもの

    トピ主さんとちょっと事情が違いますが・・・

    私は米国在の中年で、他の国から来た人(同性です)と仲良くなり、2年ばかり一緒にいました・・・彼女の国の言葉はこちらでも多くの人々が使っているし、英語の他にもう一つ習っていてもいいかなと、交換授業をして学び、彼女が自国に帰国した後、しばらくして遊びに行きました。

    そこで(ほんの2週間でしたが)、彼女の国の文化というか、人々の態度に(彼女も含めて)かなりがっかりして、私はその言葉を学ぶのは辞めました。

    やはり外国語を学ぶというのは、その文化や習慣も気に入っていないと、無理じゃないでしょうか?。言葉を通じて人や文化や習慣を取り入れるわけですから、取り入れたいと思う人々や文化がなければ、基本になる言語を習得しようという気持ちもなくなりますよ。

    言語は言語だけではなく、文化そのものだと思います。

    ちなみに、米国に戻ってからも、彼女とはメールなどで友達付き合い続けていますが、二度とあの国を訪れる事はないと思います。なお、米国は長所短所、色々問題もありますが、基本的に住みやすく、国民性も気に入っているので、英語もいまだ勉強し続けています。

    ユーザーID:8388652229

  • トピ主です。ありがとうございます。

    >笹子様
    ありがとうございます。読んでどきっとしました!当たってる!と感じました。投稿してよかったです。

    >アメリカ文化人様
    そうですね、言語と文化は密接に関わっていますね。上達しコミュニケーションをもっとうまくとれれば、分かり合えるものと思っていたけれど、言葉だけでは不十分でした。むしろ、最初は言葉の壁がフィルターになって嫌なことに気がつきませんでした。

    距離をうまく取れない私ですが、この国にもう15年います。その間、好きになる出来事も嫌いになる出来事もいろいろ体験し、己をなだめつつ過ごしてきました。それを考えると、全否定か全肯定の態度だからとも思えないのです。長年の心のよどみ−見ると、それは「利に敏い人たちが余りに目立つ」ことへの鬱屈した思いでした。最近、ある出来事で友人が離れていったせいもあり、日本とこの国とのギャップを強く感じるのです。

    自分は好き嫌いが強いのを理性で抑え、当地でも日本のよき道徳観で行動し、日本にほとんど帰省せず生活してきました。抑えなければ、現地の価値観に倣っていれば、日本に頻繁に帰省していれば、よどむことはなかったのかもと思うことがあります。

    ユーザーID:7419160703

  • 外国で生活したことはないですが

    トピ主さんお疲れなのですね。子供の頃からの憧れの国で仕事して生活して
    頑張っている。尊敬します

    心を休めるために日本に
    帰ってくることは出来ますか?

    ユーザーID:7255551468

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 蜜月が終わった

    私は某外国語を独学でチビチビ勉強しているので、「私も実際に行ったらこうなるのかなあ」と思いながら拝見しました。私の場合は一番ワクワクして覚えられるのが「悪口」「喧嘩」欄だったりするので、ちょっと違う気もしますが…。

    トピ主さんのお悩みについては、自分の専門について思い出しました。私はマスコミ志望で、バイトでその職種にもぐりこんだときは、すべてが楽しくてやる気も満々でした。しかし、ほんの1年で、いろいろ嫌なことも経験し、だまされたりもし、心身ともに疲れきって職場を去りました。

    半年くらいブラブラして別の仕事に就くことを真剣に考えましたが、私は結局、その職種に戻りました。夢も希望も持てず、情熱もなくなっていたけど、自分の仕事はやはり「そこ」にあると最後は思ったからです。

    これがいいことなのか、悪いことなのかわかりません。ただそれ以来20年以上続けているのでそれなりにベテラン扱いされていますし、ある程度自信もあります。私と某業界の蜜月は終わったけど、生活は続く。そんな感じでしょうか。

    ユーザーID:2733939605

  • う〜ん

    >利益を天秤にかけ、別の方が利があると思えば、通告無しに約束を破って平気
    >友達面をする時は、相手にとって価値があるとき
    >物事を多角的に見ることができず、黒か白で判断
    >自分の悪いところは一切認めない、周りに嘘をついて相手を悪者にすること多し
    >高等教育を受けた者でも感情的発言が多く、説明や例を求めても、同じ言葉を繰り返すだけ

    小さな会社をやっています。海外との仕事が多いです。

    あなたの見立てですが、別にその国の人でなくても、人間誰だってそうじゃないですか。

    かつて取引した担当者(相手も小さな会社のトップ)は、長年の付き合いで、確かに合致するところもありますが、それを補って余りあるいい面もありました。要は相手とどれだけ信頼関係が築けているかではないですか。

    憧れているだけだと、反面、失望も大きいと思います。男女関係と同じですよ。あまり理想化せず、醒めた目で長くお付き合い出来るといいですね。

    ユーザーID:3523254461

  • トピ主です。ありがとうございます。

    レスをいただいておりながら、お返事が送れて申し訳ありません。
    はるかかなたから、お気遣いのお言葉、どうもありがとうございました。

    >えるる様
    本当におっしゃるとおりです!少し前までは、ここになれることに必死だったので、嫌な面を見てもそれほど気に留めなかったような気がします。また、周りの人も、「理解しようと一生懸命な外国人」に好感を抱いてくれたのかと思います。今、自分の中では、もうかなりこの国の人と同じ?と感じているのに、周りの人同様、生活にかかわりの深い政治などに文句?を言うと、外国人の癖に何がわかる!と背を向けられるように感じます。理解と思いやりが足らなかったのかもしれません。

    >ボニー様
    はい、2度だけ一時帰国したことがあります。日本の便利さにはあこがれるけれど、今いる国が私にとって、より本拠地と感じていることもわかりました。ちょっと複雑な気持ちです。

    >ぴゃー様
    「蜜月は終わったけど、生活は続く」まさしくその時期に入ったと思います。こちらで結婚している日本人の方が、地元に密着できている感じで、当たり前ですが、私は、いつまでたってもよそ者感をどこかで感じています。

    ユーザーID:7290782699

  • トピ主です。ありがとうございます2

    レスをいただきながら、お返事が遅くなって申し訳ありません。
    トピに目を留めていただき、ご意見をくださったお心遣いに感謝しております。

    >おっちゃん様

    おっしゃること、一部わかるように思います。
    >要は相手とどれだけ信頼関係が築けているかではないですか。
    そうなのです。私は、相手を信頼していましたが、結局相手にとってはそれほどでもなかった…と感じて、落ち込んでしまいました。
    どんな人にも尊敬できる点はあるはずです。でも、これだけは譲れないというところがあり、お互いそれにふれてしまったのかもしれません。

    考えれば私は独身の外国人で、もの珍しさを除けば、相手と共通の利害をもつことが少ないです。もの珍しさで相手にしてくれていた蜜月期をすぎた今こそ、個人の魅力が物を言うのかもしれません。(それも厳しいですが)

    タクシー運転手との会話で、気持ちが癒されることがありました。身近な人が心を傷つけ、赤の他人が慰めになる−まあ普通の生活を送っているのだなと思います。

    語学が上達したからこそ、深い理解を求めて、失敗したように思います。
    言葉だけでは不十分でした。

    ユーザーID:7290782699

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧