• ホーム
  • 健康
  • 目が死んでいます…自信が持てなくて辛いです

目が死んでいます…自信が持てなくて辛いです

レス22
(トピ主3
お気に入り28

心や体の悩み

sakura.

現在高校2年の女です。
私は小学生頃から思考が他の人と違いネガティブで人の目を常に気にしており、なにより自分の容姿が嫌だったので写真は極力避けて写らないようにしていました。写らないといけない時は「自分の顔は悪いから笑ったら余計におかしくなる。それなら真顔でいよう。」と思って笑顔を全然作らず写っていました。
笑顔で写ろうとした時もありましたが撮る人が私の顔を見て笑ってると思い込んでしまい、即真顔になって写真を撮っていた記憶があります。
いつの頃からか自分の目が死んでいる事に気がつき、友達ですら目を見て話せなくなりました。人見知りも酷かったです。
それが今でも続いており、将来の対人関係なども考えなんとか克服したいのですが、上手く会話ができず(あがってしまい声が出なくなったり話すと赤面したりなど)、笑顔も引きつり目は本当に力がありません。かなりしんどいです。
最近では容姿だけでなく性格や自分自身全てが大嫌いで仕方ありません。
少しでも落ち着くように鼻から口を手やタオルで常に隠して人と話しています。友達といる時は鏡を一切見れません。可愛いと言われても私にはからかいにしか聞こえず本当に傷つきます。悲しく苛々さえします。
私は奥二重なのでアイプチで二重にしようと頑張りましたが全く効き目がなく既に放置しています。
それでも自信が持てるように家では鏡を見て表情をつくる練習をしているのですが…人前だとそれも無意味です。
苦しんでいるのは性格が歪んでいるからなのでしょうか。
容姿は仕方のないことなのでしょうか。
ストレスを感じやすいので精神的ななにかでしょうか。
それとも被害妄想のしすぎで自意識の塊なのでしょうか。
長文乱文大変失礼しました。
※いじめは過去受けてません。学校には普通に通っており友達はいます。

ユーザーID:9624007365

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も悩みましたよ

    40代のおばはんです
    中高生の頃は鏡を見つめては悩んだものでした
    顔中のにきびを恨めしく思ったり、片方だけ二重で、もう片方は一重というどうしようもない顔
    胸だって、昔はAカップでしたから、それを克服すべく美容外科に電話したところ、身長と体重を聞かれ、当時ガリガリだった私は、
    手術は無理です
    と断られてしまいました
    当然ネガティブ思考

    40ぐらいの時から、だんだんありのままの自分を受け入れて、自分を好きになることができました
    そうすると、ちょっとした嫌な事や、辛いことがあっても、心が大きく揺さぶられることがなくなります

    ゆるぎない自分を得られた時に、未来は開けます

    あなたはまだ若いです
    今がチャンスですよ

    すべての思考回路をネガティブからポジティブに変えるチャンスです
    自分でネガティブな感情に気づいたら、自分の中ですぐポジティブに変換するのですよ

    ポジティブになるためなら、美容整形で二重にするのもアリですよ
    自分を変えられるのは、結局自分自身です

    ファイト!

    ユーザーID:4622494274

  • 世の中に美人は一握り

    世の中に美人は一握りしかいません。
    一握りしかいないから特別なのです。

    世の中には、「美人以外のレベルな人が殆ど」なんですよ。
    その中で、皆さん折り合いをつけて生きてます。

    諦めてる人もいれば、メイクや整形で自分に出来る範囲で頑張ってる人もいます。

    貴女なりのキレイを目指せば良いだけです。

    ユーザーID:5678451204

  • 昔の私もそうでした

    高2のときはコンプレックスだらけでした。

    その頃の笑顔をみてもたしかにぎこちないです。いろんなコンプレックスがありましたが30を過ぎたころから、いろんな人に笑顔がいいね!といわれるようになりました。何故だかはわかりません。

    でも、今42になってみて思うのは、その頃の自分が感じていたコンプレックスも劣等感も、すべて自分の糧になっているということです。

    17,8で自分の笑顔に満足している人なんてはっきりいって、進歩しないと思います。人としても。

    気休めではなく、ふつうのことだと思います。それからあなたの周りで自信満々の笑みを浮かべていて羨ましい相手がいたら、20年後、30年後にはおそらくそうではないかもしれないということを心にとめてみてください。

    昔の自分を思い出しました。今は、自分の笑顔に自信もってます。

    ユーザーID:4575016336

  • 動物は何が一番好きですか?


    トピ主さんこんにちは
    御自身の表情の中で、特に目が気になるのですね

    瞳に潤いや生気が感じられず、深く心を痛めておられますが、「気づく」ことは素晴らしい事です。

    きっと、表情豊かな友人や知人を見ると、比べて自信も無くしているのでしょう。

    もし、宜しければ好きな動物の動画など見る癖をつけては如何でしょうか?

    私は猫が大好きで、猫の動画を通して笑顔になります。

    先住猫と仔猫の初対面!

    「シャー」と、威嚇を受けているにも関わらず、仔猫が果敢に先住猫との距離を縮めようと歩み寄ります。

    (痛そうな猫パンチを受けながら………。)


    ハラハラドキドキしながらも最後はピッタリ仲良しになったりします。

    何を伝えたいかと言うと、意識した笑顔は緊張しますので、日頃から好きな動物の動画など見ると、自然な笑顔をだせるようになると思うのです。

    貴女に今必要なのは、
    リラックス思考だと感じました。

    笑顔に自信もてる日を信じて下さいね。

    ユーザーID:0220939583

  • 親御さんとの関係は?

    お母さんとの関係はどうですか?

    自分の容姿が嫌い、自信が持てないというのは、母親との関係が影響している場合多いの。

    あなたの場合はどうですか?

    お母さんとは仲が良いですか?

    お母さんに酷い事を言われていませんか?

    またはご両親の仲が悪くありませんか?

    家庭で難しい問題を抱えていると特に子供は自己否定に走りやすいの。

    そこらへん教えてくれるとアドバイスしやすいです。

    ネガティブ思考は変えることできるから、一緒に考えてみましょう。

    ユーザーID:1162416944

  • わかります

    私もそうでした。
    私は目が片方一重、片方二重で、写真で見ると片方腫れぼったく感じていました。
    もう、写真大っ嫌いでした。

    転機は、大学時代好きな漫画のコスプレをしたことですかね…(笑)。
    メイクを覚えるきっかけがコスプレだったわけです。
    あと、20歳頃から、顔がしゅっとしました。
    それまではやはり、子どもっぽくぽちゃっと丸みがありました。

    コスプレをするために、専用のメイクガイドブックを買って勉強しましたね。
    そこには、基本的なメイクの仕方〜いわゆる整形メイクまでたっぷり載っていました。
    お恥ずかしながら、それまでメイクは眉整えてパウダーとリップくらいしかしていませんでした…。

    で、コスプレってウィッグつけたり衣装着たりと、もう別人になるわけで…撮影会がまた楽しいんですよ。
    撮影時に表情を作るのも、そのうち慣れてきて顔筋も鍛えられました。
    そのうちコスプレは卒業しましたが、普通のメイクや写真の時に表情を作るのが苦でなくなりました。

    大人になるにつれ顔はまた少し変わりますし、メイクもバリバリ出来るようになります。
    焦らなくていいと思いますよ。

    ユーザーID:6651234342

  • わかります2

    気にするなと言われて、気にしないなら悩みませんよね。
    私はコスプレをして別人感覚で遊ぶことを覚えるまで、どうせ私なんて…となげやりでした。
    自分から写真を撮るなんて、10代ではしたことありませんでした。
    自分が思っているほど、周りは容姿なんて結構気にしていないのにね。

    一度気になってしまうと、転機がくるまでなかなか気も晴れないものです。
    トピ主さんの場合若いから、時間がいい薬になると思いますが、どうしても生きづらい苦しさがあるなら保健の先生など、素直に話せる相手を作っておくといいですよ。
    悩みを伝えられる、信頼できる人が一人でもいると心強いです。

    ユーザーID:6651234342

  • 笑えばいい

    笑って可愛くならない人なんて、いませんよ。
    笑顔は「あなたにに敵意がありません」っていう証拠でしょう?
    写真は半永久に残りますよ。
    あなたに子どもが生まれてその子がアルバムを見たらなんていうの?
    「お母さんは笑うとブスになるから真顔なの」って言ったら、あなたの未来のお子さんはどんなに悲しむでしょう。

    自分の顔に自信のある人なんて、モデルさんでもそう多くはないでしょう。
    ただ、今より綺麗に、素顔じゃだめだからお化粧で、顔はだめだから表情で、スタイルで・・と少しでも自分を励まして前向きに頑張ってるんですよ。
    素材がどうこうって言えてるうちは、努力するのが嫌いなのかなって思ってしまいます。

    あなたがどんな人間であろうと、この広い世の中にひとりですよ。
    あなたが言うように目が死んでる人なんて珍しじゃない?
    だったら、そんな珍しい人間がいるって素敵じゃないですか?

    私だってそうです。
    ブスだし頭悪いし、性格も悪いし、友達出来にくいし、いいとこなんて見つからない。
    でもいつか見つかるって信じてるし、なにか出来るって思いたい。
    前向いていこうよ。

    ユーザーID:1663848243

  • 逆効果

    ・決して笑わない
    ・いつも周囲をうかがっている
    ・タオルや手で口元を隠す
    推測ですが前髪もやたら長いのではありませんか?

    万人に溶け込むには、周囲と同じスタイルが無難です。つまり、あなたは必要以上に
    目立ってしまっています。芸能人の変装と同じで、溶け込めていない。

    >性格がゆがんでいるのでしょうか
    自己肯定感が持てないのは、親子関係に何かあるのかもしれません。
    親に認めてもらっていないとか、顔のことで小さい頃に親族に何か言われたとか。
    笑った顔の時に誰かに何かを言われて、傷ついたことがあるのだと思います。

    気配を消したいなら「万人並み」にする。
    それから、あなたは周囲の考えを「正確にすべて」読めますか?私には出来ません。
    そのことに気が付いて以来、私は「周囲は私を笑いものにしている」と言う妄想から
    逃げることができました。
    相手も同じ人間です。互いの思考が言語なしに伝わるなんてことはありません。
    それから万人を好きな人間は存在しません。あなただって、世の中の全人類を好きな
    訳ではないと思います。

    少数派でも愛してくれる人はいますよ。

    ユーザーID:5883281320

  • 私も同じだったなあ

    こんにちは。
    私も子供の頃はsakura.さんのように、自分の容姿が好きじゃなかったです。
    人前で話すのも苦手だし、目が泳いで、すぐに赤面して・・・
    顔が赤くなるの、つらいですよねー。

    あれから38歳になった私が経験としてアドバイスできるのは、「好きじゃない顔は好きと思えるまで工夫する」です。
    「怒ってる?」と聞かれることが多かったので(笑)、よほどムスっとしているんだろうなと反省し、ひたすら鏡でいい表情の練習をしました。
    sakura.さんも練習してるんですよね。
    あの練習、ちょっとバカらしいんですが笑、「この顔ならまあまあ」って思える表情を自分なりに習得して、あとは人の前で出せるように練習を続けると、だんだんそういう顔になってきますよ。
    恥ずかしいの、すごくわかりますが、隠しちゃうと日頃の練習の成果が水の泡です。

    私も人並みにがんばった結果、18歳くらいからモテ期がやってきましたよ!笑

    どんなに整った顔の人でも、無表情で感じの悪い人は好かれません。
    なんとなくアンバランスな顔でも、いつも明るく笑っている人って好かれますよね。

    まずは自分をカワイイと思ってあげましょう。

    ユーザーID:1457464748

  • 醜形恐怖

    「醜形恐怖」または「醜貌恐怖」で検索すると、いっぱい出てきますよ。

    症状はトピ本文にあるとおり、鏡が見られない・写真が嫌でたまらない・自分の容姿が(実際には美しくても)劣っているのではないかという不安にさいなまれる……といったところです。

    トピ主さんは、まだ一人の時には鏡を見ることができるようですし、嫌々でも写真に写ることもできるみたいですから、比較的軽度ですね。
    思春期にありがちな容貌コンプレックスの範疇にも見えますが、多少逸脱気味かな?

    原因はトピ本文からではわかりません。

    傾向としては、完璧主義的な性格だったり、幼少期に容姿をほめられ「大きくなったら美人になるね」などと言われて、美しくならなくてはいけないのだと思い込まされて育つと、実際の容貌の理想と食い違う部分を受け入れられず、恐怖心が芽生えるようです。

    解消は難しいと思います。
    理想の容貌に近づけようとしても、修正し始めたら、きりがないですから。

    「もう、ブスでもいい!」
    って割り切れたら、楽になれるんでしょうけどね。

    ユーザーID:0579613070

  • 性格はかわるよ

    死ぬ気になれば何でも出来る。

    勇気をもち親にこのトピをみせてください。


    奥ぶたえとのこと、10万円もあればすぐに性格ともども治せます

    髪型を変え、服を変え、さぁ、街に繰り出そう!!


    おもっているより世間は明るいし広い。

    あなたには未来がひろがっているよ

    ユーザーID:5608406793

  • まずは自分を受け入れること

    自分を否定してばかりだから嫌になっていくんですよ。
    容姿は人それぞれ。
    差があって当たり前。
    人は平等ではありません。

    写真が嫌と言ってますが、写真はあなたの日常の一瞬を写しただけのもの。
    日常は普通に友達と過ごしているんですよね?
    あなたの笑った顔も泣いた顔も怒った顔もみんな見たことあるんですよ。
    いちいち意識してるのは自分だけです。
    自分しか気にしてないことに反応してるのは無意味だと思いませんか?

    どんな容姿の人でも、人は愛嬌(愛想)が一番です。
    見た目にこだわりすぎて大事な人としての部分まで失うのはあまりに愚かだと思います。

    謙虚に明るくニコニコ(ヘラヘラではない)と接し、人との繋がりを大切にしていって。

    大切なの"自信"じゃないです。
    自分を受け入れること。
    笑顔を出す"勇気"です。

    ユーザーID:0187328295

  • 昔の私をみているようです

    気になるなら、カウンセリングを受けるか、心療内科で一度相談してみてもいいかもしれません。

    自分に自信をもつことが大事ってよく言いますが、それが難しい人もいるんですよね。わたしもそうですよ。ちゃんとした仕事について、結婚もして、年齢的には充分大人なのに、心が弱く、へこみます。

    アドバイスを2つ。美容院行って、髪型を変えたり、可愛い服を買ってオシャレしてみるといいですよ。素敵な彼氏もできるかも♪恋人がいると、ホント生きててよかった!と思われることでしょう。その日をお楽しみに自分を磨いて下さい。
    もう1つは、落ち込んだ時、「スマイル アゲイン」という中山真理さんの歌を聴いてみて下さい。小学生の合唱曲ですから、聴かれたことがあるかもしれませんね。検索すればPCで聴けますよ。♪自分を好きになって また歩き始めようよ ♪うつむかないで 笑ってみせて どんなあなたも みんな好きだから というフレ−ズが、わたしは好きです。

    わたしもちょっと落ち込んでいたところ。元気を出していきましょう!

    ユーザーID:4803149997

  • 驚かないで聞いてくださいね。

    ある病気の前駆症状として、そのような症状が現れることがあります。
    幼少期とか、中学校の頃とかから、主さんと同じようなことが気になってしまう。
    そしてやがて17〜25歳前後に発病してしまうことがあります。
    もちろん、発病せずに済むケースもあります。
    でももし発病したら、周り中の人がみんな自分の悪口を言っていたり、自分を監視している感じになり、でも、お薬さえ飲めば、それが治るのです。

    なので、主さんのようなケースは、薬は飲まずに、経過観察の為に、たまに精神科に通院するという方法をとるケースがあります。こうすれば、発症した時にすぐに薬を飲めるので、重症化せずに助かることが多いようです。

    ユーザーID:2213458576

  • レスありがとうございます

    皆様、沢山の温かいコメント・アドバイスありがとうございます。
    一人ひとりにレスが返せなくて申し訳ありません。

    →私も美容整形をしたくてたまらないのですが、親にプチ整形でもいいから整形したいと相談するとやはりまだ若いというのとお金もかかりますし、整形ということに偏見があるみたいです。

    →メイクも最近本格的にやろうと思い友達に教わりながら必要な道具一式買いメイクの研究をしています。

    →私も動物では猫が一番大好きです。ですがつい3ヶ月前20歳の愛猫が死んでしまい未だに立ち直れていないです。でも猫は好きなので時々癒される動画など見つけて見てみるようにしてみます。

    →母親との関係はとびきり良いわけでもなく悪くもありません。両親はあまり仲良くありません。母もストレスが溜まっているらしくよく早く離婚したい。と私に言ってきます。

    →コスプレは友達がやっていて私もやってみたいと思った時がありました。ですがコスプレをやっている友達はすごく顔が整っていてメイクも上手な子でして。そこに私がコスプレをするとただの似合わなくて痛い人になると思いコスプレは断念しました。 続きます

    ユーザーID:9624007365

  • レスありがとうございます2

    →人間不信ではないですが今までの友達を信じる事ができません。最近もようやく信じられそうな友達に裏切られてしまい恐ろしいです。でもその子は悪気がないらしいので私一人距離を置いてしまって何かぎこちないです。

    →写真やプリクラなど6割ほどですが捨てました。ですが昔のアルバムは親に止められ残っています。

    →私は黒髪ぱっつんでセミロングです。普段はサイドにまとめて結んでいます。

    →親に「sakura.は家族の中で目が小さいほうだよね。」と言われたことがあります。

    →辛いです。あと人に見られることと、人見知りのため暗い印象がつき影も薄いのでじっとするのが嫌なのですが止まっていると私も友達に目が泳いでると言われます。

    →友達にもよくsakura.って完璧主義?と聞かれます。私は自分の本名も容姿も性格も全て嫌いなので中学の頃からなりたかった自分を想像して名前から全部考えていました。その自分に近づけるため、かなり痛い人ですが今は友達となりたい自分の名前で呼び合い二重人格キャラとして生活しています(笑)本名を変えたいと親に言ってみたら当たり前ですが反対されました。続きます

    ユーザーID:9624007365

  • レスありがとうございます3

    →ヘアアレンジも最近勉強し始めました。服装も今まで黒が基本だったのですが、なりたい自分はゆるふわなのでそのような系統を着ています。バイトをしているのですが、なりたい自分を考えてしまうと物欲が半端なくて全然貯まりません。貯金するように心がけます。

    →そうですよね。なるべく楽しく会話もして盛り上げて笑って生活したいと思っているのですが上手く調節ができません。自分を受け入れていけるようにしていきたいです。

    →なかなか心療内科に行ってみたいと言えません。ですが一度ストレスが原因で病院へ行ったことがあり、私は腹痛と吐き気、肋骨部分が痛くなるのが主な症状でして、痛かった時親に伝えてみたら良い病院を教えてくれたので今度この事も含め相談しに行きたいです。

    →克服中ですが男性が苦手です…。でも恋はしたいです。スマイルアゲイン小学生の頃よく歌いました。歌うことは嫌でしたが大好きでした。また聞いてみます。

    →ある病気ですか…そんな事すごくあります。休み時間やバイト中私の近くで話して笑っている人たちをみると私の悪口を言っているのではないかと不安でものすごく怖いです。泣きたくなります。

    ユーザーID:9624007365

  • 自分で思うほどひどくはない

    中学生〜高校生の頃は、容姿のことで激しく悩む人は多いと思います。感受性が豊かな時期です。

    私も自分が嫌で仕方なかったです。 自分が世界で一番醜いと思ってました。 しかも両親は仲が良く、可愛がられたのにです。

    両親の仲が悪いと、子どもは自分に非があると思うのか自己肯定力が低くなるそうです。 トピ様が自己否定してしまうのは、家庭環境のせいもあり、仕方ないと思います。 でも自分は自己否定の傾向があるから、自分で思うほど実際には自分はひどくないのかもと割り引いておいた方がいいです。

    私は高3から受験勉強に入って、容姿に悩む時間はなくなりました。 パーフェクトな髪型だったクラスメートも、それどころでなく、なりふり構っていられない感じでした。 周りの雰囲気に染まりやすかったのか、容姿の優先順位は私の中で下がりました。

    容姿で悩むのは、辛いことですが、考えようによっては、毎日自分のことばっかり考えて自分とばかり向き合っているということです。 ある意味贅沢です。 大切な人が事故にあうなど、差し迫った危機とかがあれば、優雅に容姿で悩んでもいられません。  

    ユーザーID:2978468334

  • 眩しい、若さがあるじゃない

    今すぐ、笑いたくなる薬を飲ませてあげたい。
    笑ってください。
    笑顔が、気持ち悪いとか思いませんよ。
    笑い過ぎて、写真撮って、顔がへのへのもへじみたいななっていて、
    目がへの文字になってたって、笑顔は魔法だって思っています。

    若い桜みたいな人が、こんなにも自信なくしてしまうなら、
    おばさん世代は、どうしたらいいの?

    思春期、倦怠期、停滞期、更年期、老年期と、あらゆる憂鬱に打ちひしがれていますよ。
    もっというなら、若い時に絶好調で、忙しく楽しい時代を経験していたら、
    突然の病気とかで仕事を失って、暇を味わった時の挫折感は、若い時には想像を絶すると思います。
    そんな時でも、一人ぼっちでも、笑顔をつくっていますよ。

    若い分だけ、一日が長く、辛さも堪えるでしょうが、笑ってください。
    無理に笑うから、辛いのなら、自然に笑える顔を見つけてください。

    いじめにも合わず、友達がいるのなら、魅力があるのですよ。
    自信過剰な人が嫌いなのでしょうが、自信過剰ぐらいが若さですよ。

    笑顔が上手な雰囲気美人から目指してください。
    若さが自信になってと願っています。

    ユーザーID:8008898803

  • この人の本

    心屋仁之助(こころやじんのすけ)さんの本
    よかったら読んでみて下さい(色々出てます)

    うまく説明出来ないので、調べてみて下さい(笑)

    たぶんだいたいの書店で『注目の本』とか『話題の本』のコーナーにあると思います
    変わりたいと思ってるなら、絶対変われるよ

    ユーザーID:2837028081

  • よ〜くわかります。

    私も高校時代は、そんな感じでした。
    違うのは、笑顔のお面で自分を守っていたことです。

    後は、自己嫌悪や自信のなさから、ヒリヒリして、自分を追い詰めて常にダイエットを繰り返し。。。リバウンド。

    それで今振り返ると、当時はけっこう可愛いのですよね。
    周りもそう言ってくれていたのに、嘘だ。お世辞だ。と思っていましたよ。もっと、他の誰かのようにスレンダーにならなければと、
    いつもダイエットしていました。

    こころやじんのすけさんな本を、どなたかがおすすめしていましたが、私もおすすめです。
    気づけることがたくさんあるのではないでしょうか。

    成長期特有な、潔癖なまでの自己否定は、そのまま留まる人もたまにはいます。
    それでも大抵は、大人の女性になるために必要な、成長の通過点かなとも思えます。

    当時の私に話しかけている気分です。

    あなたは、そのままで充分美しく、可愛らしい、素晴らしい存在ですよ。
    自分の勘違いで作り上げた、穴から出てきて、空を木を花を見つめて御覧なさい。
    あなたも、同じような存在です。

    今この瞬間に、あなたが満ち溢れ、幸せでありますように。

    ユーザーID:7485989691

レス求!トピ一覧