50才で体力勝負の仕事。。。

レス10
(トピ主1
お気に入り53

生活・身近な話題

こおろぎ

私は 既婚50才の女性です。主人が自営の借金で倒産後 新たな勤め先ではリストラに遭い、現在主人の給料は10万そこそこの為 、私はパートを掛け持ちで行っています。

ただ、更年期もあり体力的にきついです。パートの仕事は二つとも体力のいる仕事です。事務軽験や資格なども無いため、働く場所は体力のいる所しかありません。

コミニュケーション能力も無いため 今後 人と接する仕事も難しいです。

そこで、御相談したいのは 私のように年をいってから体力のいる仕事に就いている方の体験をお聞きしたいのです。

私は精神疾患 喘息 めまい 胃腸障害 腰痛などの持病があります。癌にもなりましたが 経済的に大変で治療も途中でやめました。 正直 身体は日々クタクタです。

でも、頑張らねばなりません。こんな私に何なりとアドバイスや体験をお聞かせ願えないでしょうか。

ちなみに主人は現在63才と高齢で 現在の仕事の他に もう一つ仕事に行くのは無理な状況です。主人は炎天下で警備員をしています。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

ユーザーID:0601563238

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お疲れ様です

    私は60歳です。
    50代の頃体力を使う仕事ばかりしていました。
    私は運転免許や事務の資格がないので、調理補助や清掃の仕事が主でした。
    掛け持ちもしましたが、一番キツカッタです。
    フルで調理補助の仕事をしましたが、鍋、食器(かごに入っている)が重くて、腰、膝、を痛めました、更年期も辛かったです。

    それで清掃の仕事に就きました。
    最初は慣れるまでは腰が痛かったですが3ヶ月程で身体も慣れました。
    基本、受け持ち場所は一人で仕事をするので人間関係は楽でした。
    挨拶だけキチンとすれば大丈夫でした。

    フルタイムで仕事をすれば健康保険などにも加入できますし。
    ただ、大きい会社に入社したほうが良いです。
    個人経営の所は保険などにも加入できない所があるからです。

    清掃の仕事は慣れてくると自分なりに(良い意味の)手抜きが出来ます。
    日頃キチンと仕事をしていれば人の目に触れない所で5分10分の休憩が出来ます。
    これは先輩から教わりました。

    現在は午後4時間のみ清掃の仕事をしています。
    同僚の一番先輩は66歳です8時〜5時までフルで仕事をしています。

    ユーザーID:2217505627

  • 管理人

    年齢的にも厳しいと思います。

    お住まいの地域がわかりませんが、夫婦で企業の寮の管理人やマンションの管理人、学生寮の管理人などの募集を探してみてください。
    夫婦単位の募集です。

    ふたりで補いながらできる仕事です。住み込みが条件なら住居費も浮いて、多分今のふたりの合算収入より多く、体力もセーブできます。

    無理をしないでください。
    治療は受けてください。

    ユーザーID:0293869353

  • 大丈夫ですか?

    更年期は辛いですよね。
    私は59歳ですが53歳頃までホントに身体が辛くて辛くて…
    パートの先輩に「60歳になったら元気になるよ」と励まされていましたが。
    私は60歳じゃなく今元気になりたいと毎日フラフラで仕事をしていました。
    来年60歳を迎える訳ですが、ホントに体調が良くなりましたし元気です。

    私も、鬱、喘息、腰痛、膝痛、経験しました。
    掛け持ちもしました。が通院して、膝痛以外は治りました。
    今は膝に負担がかからない清掃の仕事をしています。

    一番辛かった仕事は「草取り」です。
    外回りの仕事は辞めました熱中症寸前まで行きましたので。
    旦那さんも外の仕事ですし疲れは凄いと思います。
    出来れば館内の仕事があると良いですね。

    トピ主さんも掛け持ちとのことで、大変だと思います。
    今は時短パートが多いですからね。
    しかし今無理をし過ぎると倒れます。
    自分の体調は自分しかわかりません。

    夫婦で住み込みの管理人などの仕事もありますよね、
    ハローワークなどでもう一度お仕事を探してみてはどうでしょう。

    ユーザーID:9453174388

  • 疲れをなんとかする

    現在、定職は事務職ですが、2年前に夫が警備員に採用されたのに、健康診断でアウトになり、それ以来無職なので、私の収入だけで生活しています。

    副業で、連休に工場でアルバイトしたり、単発で1日立ち仕事をしたりしています。

    そこで、販売職だった人からのアドバイスで、腰にカイロを貼ったら、疲れ方が違うと教えてもらい、実行したら、良かったです。(この時は冬)

    現在夫は糖尿病他いろいろ持病があるので、一緒に毎日歩いています。
    すると、体が疲れにくくなりました。血流が良くなったせいでしょう。気分転換にもなります。

    毎日仕事の途中で軽く全身を動かす体操をしています。毎日しているので、肩こり、腰痛はだんだんなくなり、今はありません。

    お風呂にゆっくりつかることも大切です。睡眠時間をしっかりとり、家事は手抜きして横になりましょう。

    昨日ラジオで疲れているときほど、15分くらい歩くなどして有酸素運動をしたら、やはり血流がよくなり、疲れがとれる、と言っていました。

    私は、今、50代半ばです。子供が小さいので、まだまだ働かなくてはなりません。お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:0048029039

  • 私も体力勝負の仕事していますよ

    お仕事お疲れ様です。
    私も体力勝負の仕事老人病院の給食の仕事していますが私も糖尿病やってるので体には気をつけています
    五十だいでダブルワークきついですね。
    私も一昨年ダブルワークやっていたのでわかります。
    私の場合はダブルワークやっていたのでめまいがして医者に相談したらとても無理だそうなのでやめましたよなんとか一つにしたほうが良いですよ。
    お互い持病もちなんだしいつ倒れるかわかりませんよ。
    旦那さんももうすこし働いてもらつたら良いとおもいますよ
    中高年には無理は危険ですよ
    私はいまは経験者で優遇されているので大丈夫ですが

    ユーザーID:8793896948

  • ストレスをためない

    2度目です。

    私も以前は定期健診に通っていた持病がありますが、今の会社が通院のために会社を遅刻、早退することをヨシとしないので、通院をやめました。

    血圧も少し高めで薬を飲んでいたのですが、数値が上がってもいないのに、通っているうちに、だんだん強めの薬に変えようとする医師を不審に思ったのと、もともと高い方ではなかったので、自分で気を付けることにし、通院も薬もやめました。あれから、5年以上たちますが、無事のようです。

    今は夫の医療費が1か月1万円以上するのも負担なのですが、少しでも薬が減るように、食事や運動で改善できる方向に協力しています。

    現実として、お金のために働くことをやめるわけにはいきませんものね。

    だったら、「こんな生活・・・」と思うとストレスがたまるばかりなので、「きょうも1日終わった!おいしい夕食と、お風呂にゆっくりはいるぞ!」と気持ちを切り替えて、1日の終わりはほっこり過ごすようにしています。

    今の仕事を失ったら、退職金も出ませんし、私も体力勝負の仕事しかないと思っています。いまから、そのために体力づくりもしています。

    ユーザーID:0048029039

  • 大変ですね

    この猛暑の中、持病があるなかで体力仕事を2つもこなすのは本当に大変なことだと思います。私も仕事をしておりますが、体力仕事で体調に気をつけて生活しています。ですがこの猛暑の中、めまい胃痛が何回もありましたが無理をして行きました。

    あなたのご主人は63才という年齢で警備員の仕事はきついでしょうし、年齢的にも再就職は難しいかと思います。夫婦は助け合って生きないと…とよく言われますが、夫婦って何なんでしょうね。私の場合は、夫は私が止めるのを聞かず営業マンにうまい具合に乗せられてくんだローンと、税金のために働いていますが本音は色々きつくてやめたいです。昨今はすぐ離婚して母子家庭になる人が多いですが、私も疲れてたまにそうしようか考えます。なぜ夫のローンを一緒に払わないといけないのか腹がたつし、夫は労いの言葉もないので。

    あなた様も大変な中、頑張っているんだからせめて労いの言葉や家事を手伝ってほしいのではないですか?一部の若いのに働けるのに生活保護や母子手当ての不正需給して楽をすることばかりを考えている悪い人たちに、あなたの爪のあかを煎じて飲ませたいです。あなたは立派だと思います。

    ユーザーID:9965797250

  • お辛い毎日ですね・・・

    貴女さまのトピを拝見し、何か良い方法が無いか・・考えてみました。
    私も以前、体力勝負の仕事を掛け持ちしていたので、
    その大変さは理解できます。

    今現在、どんな種類のお仕事なのでしょうか?
    またどちらか一方で長時間勤務は無理なのでしょうか?
    掛け持ちは、時間のロスと二つの人間関係があり心身ともに疲れます。

    そこでなのですが・・・
    持病の中に『精神疾患』とありましたが、障害年金に該当するかどうか、
    一度主治医の方へ問い合わせて、もしも可能性があるのなら申請をされることをお勧めします。
    発症時の年金の種類(厚生年金・国民年金)によって等級も違ってきますが、
    発症から一年六か月経過し、なおかつ今も継続して治療をされている場合、
    精神障害の種類や程度によりますが障害年金が支払われるケースもあります。

    私も自営業の妻なのでトピ主さんのご苦労は痛いほどわかります。
    また年齢も同じぐらいだと思います。
    とにかく大変な今を乗り切るために、
    あらゆる方法を試してみましょう。
    障害年金が下りればお仕事一つだけで済みます。

    どうかお体ご無理の無いように!

    ユーザーID:1267762213

  • こうろぎさん追加のレスです…

    補足しておきたいことがあったので・・・。

    今持病の治療も経済的な理由でおやめになっているとのこと。
    精神科受診に関しては、お住まいの都道府県により『自立支援医療受給制度』がある自治体なら、
    実際に治療でかかった費用に補助が出て実質¥500のみで済みます。(私の地域の数字ですが)
    ウチの娘の場合は『申請前¥6600〜¥2200(一度この金額を支払う)〜差額の返金が市の助成金から出て〜¥500(実質負担額)』
    病院のケースワーカーさんから教えていただき役所の福祉課が窓口です。

    また『障害年金』についてですが、治療を途中で今おやめになっていても、
    申請書類のなかの『病状申立書』の経過欄に、経済的に通院・服薬が出来なかったブランクを、
    ありのままに列記されればよいです。
    『通院できなかった時期は?』的な説明も書面にあります。

    お仕事は、他のかたもレスされていますがマンションの管理人をご夫婦で出来れば良いですね!
    ご主人の体も心配です。
    ご夫婦で頑張っておられるのです、きっと道は開けますよ。
    お二人が共倒れにならないように、無理しないでください。

    ユーザーID:2458222792

  • トピ主です

    皆様方、御忙しい中 レスを頂きまして本当にありがとうございました。

    おひとりおひとりに御礼の気持ちで一杯です。まとめての御礼になりますが、 御了承下さいませ。

    いろいろなアドバイスを頂戴しまして、前向きな気持ちになる事が出来 元気が出てきました。

    残暑 厳しい折、皆様方も御身体 御自愛くださいませ。

    これで、トピを閉めさせて頂きたいと思います。

    本当に ありがとうございました。

    ユーザーID:0601563238

レス求!トピ一覧