小学校の先生になりたい娘について

レス16
お気に入り36
トピ主のみ0

もも

学ぶ

現在高校1年生の娘がいます。
将来、小学校の先生になりたいらしく自分なりに色々と調べているようです。

娘が言うには「大学の試験にはピアノの実技があるので、今からピアノを習いたい」と言っています。
もともとピアノが好きで、小学生のころに知人から譲ってもらった電子オルガン(ピアノ?)を自己流で弾いたりしていますが、本格的に全く習ったことがありません。

もちろん将来、小学校の先生になるために必要な技術だとは思うのですが、娘は過去問などを見て、今からでも習いに行かないとダメなんだと言います。

実際に受験された方、ピアノの先生など、どなたでも構いませんのでアドバイスお願いします。

ユーザーID:3458671996

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 今から行った方がいいと思う。

    大学時代、幼稚園教諭や保育士の免許を取ろうとしていた人が、ピアノで苦労していました。大人になると両手で弾くこと自体が難しいので、小さい時から習い始めるよりもずっと上達が遅いです。

    レベル自体は、全然難しくはないのですが、もう高校生なんですよね。それなら受験勉強の間は練習もあまりできないでしょうし、今から習った方がいいと思います。

    ユーザーID:0276044968

  • 塾講師です

    うちにバイトに来ていた大学生は、大学に入ってからバイト代でピアノを習っていました。
    志望大学に余裕で受かりそうなら、今のうちから習ってもよいでしょう。
    学力が怪しいなら、ピアノなんて言ってないで、受験勉強させましょう。

    ユーザーID:7091246287

  • 不要です

    もともと、音楽が好きで電子オルガンが弾けるのでしたら
    まったく不要ですよ。

    中学の音楽の先生を目指すなどでなければ
    楽譜がよめて簡単な伴奏を左手でつけることができればオッケーです!!

    実際の現場にはピアノをほとんど弾けない先生もいますし
    今は自動演奏機能のついたオルガンが教室にあったりします。
    学校によっては先生がオルガンを弾いていては
    子どもたちの顔が見えず指導ができないので
    自動演奏機能を利用すること!とまで言われます。

    小学校の先生なら
    本格的に習う必要はないと思います。

    ユーザーID:6048284989

  • 受験はともかく、小学校教師に必要な技術です。

    顔アイコンの表情から鑑みると、
    トピ主様はお嬢様にピアノを習わせたくないのでしょうか?

    音楽の先生を目指すのでなければ、
    受験にピアノ必須ということはないように思いますが、
    実際、小学校教師になったら必要な技術でしょう。

    考えてみてください。
    小学校の女性教師が、音楽で伴奏も満足にできなかったら、
    本人が恥ずかしい思いをしますよ。
    男女差別ではなく、区別の問題です。

    できれば絶対音感を養うためにも、
    音楽好きな女の子なら幼児の頃に音楽教室に行かせてあげてほしかったです。

    私は子供の頃オルガン→ピアノを習っていましたが、
    現在80代の母が私に習わせた理由は「職業選択の自由のため」でした。
    母自身は教師に良い印象がないようで、私に教師になって欲しいとは、
    全く思っていませんでしたが、私が教師を志した時にピアノを弾けないことが
    ネックになったら親として申し訳ないと思ったそうです。
    保育士や教師は特殊ではなくスタンダードな夢だと思いますし。

    お嬢様が本気で小学校教師になりたいなら、
    今からでも少しでも習っておいた方が良いと思います。

    ユーザーID:4465718679

  • 習うべき

    教員免許をとるだけなら、今のままでもいいでしょう。
    しかし、実際に音楽の授業をやる場合、余裕で弾けるレベルでないと、困ります。
    高学年の女の子の中には、かなり上手な子もいます。
    先生が弾けない、というのは、恥ずかしいと思います。
    大きな学校なら、音楽の専科の先生がいますが、そうでない場合も多いです。

    小学校、とても楽しいですよ。頑張ってください。

    ユーザーID:6109986267

  • 知人の子は

    大学に入学してから、バイト代でピアノを習っていましたよ。
    確か、大学3年からだったと思います。
    全くピアノ経験はなかったようですが、ちゃんと4年で卒業し、採用試験に受かっていました。

    ユーザーID:0743505335

  • 小学校教師です。ぜひ!

    小学校教師です。大学の試験にはありませんでしたが、おそらくほとんどの都道府県の教員採用試験でピアノはあると思います。関東某県(私が勤めている県)では、バイエル50番〜100番の間から3曲指定され、その中から一曲ひいたりします。


    私は大学1年生から小学校教師を志し、大学1年生からピアノを習い始めました。結論から言うと、「もっと早く習っておけばよかった」です。確かに音楽室には自動伴奏機能つきオルガンもありますし、それを使った方がいいこともあります。でも教室ではふつうのオルガンというところも多いです。低学年は音楽室を使わず、教室で音楽をしたりします。また、高学年の合奏を指導するのにはある程度の楽典の知識は必須です。(移調とかでてきますよ)それに、少人数校(少子化で今どんどん増えてます)は、職員も少ないので式典で校歌を弾くように、と言われることも多いのです。


    この職業を志すならば、ぜひ身につけておいてください。今やるのも非常におすすめです(高3や大3、4は受験勉強でつぶれる)もし金銭面が、というのならバイトさせたらいいと思います。

    ユーザーID:1399513178

  • これを機会にしっかりと技術を身につけておかれては?

    ピアノを教えています。主に保育職希望の学生さんも指導させていただいています。
    習ったことがない場合自己流でやっているので、ひょっとして弾き方にムダがあったり、楽に弾けていないかもしれませんね。しっかり勉強しなければならないのは、お嬢さんの場合「楽典」といわれる理論の基本です。小学校は、3年生以上は専科と言って音楽担当の教員が入りますが、専科でも必ずしも音楽専攻ではないため、「音楽の先生なのにピアノが下手で、伴奏を生徒にやらせたりCDを使っている」などありえない事態が起こります。
    また、低学年は担任が音楽も教えるので、基礎技術はしっかり身につけてほしいと思います。

    私のところに最近入会された方の話ですが、小学校の先生をしていて大学で半期だけピアノをやったけれど弾けない。専科の先生の素晴らしい指導で、音楽の力を目の当たりにし、技術をつけなければと痛感したと言っていました。お嬢さんはセンスはあるようなので信頼できる先生にお願いすると伸びると思います。もしお近くならぜひお引き受けしたいくらいです。

    ユーザーID:3831583223

  • 音楽専攻じゃないですよね?

    進路指導する側の人間です。

    保育士、幼稚園教諭ならばピアノが弾けなくてはいけませんが、大学入学後にも授業がありますし、練習室などの自主的な練習の場があります。

    でも、小学校教員養成課程で入試の段階でピアノの実技、というのはあるでしょうか?もうかなりピンポイントで大学を絞っているのでしょうか。
    (入試で実技を課す大学はありますが、他にも選択肢があるはず)
    もし必ず入試でピアノの実技があるのであれば、その大学用の対策が必要になるのでは?

    まずは担任の先生なり音楽の先生なりに相談してみては。
    私の知る限り、音楽専攻でもない限り、小さい頃からきちんとピアノの先生についてレッスンを受けなければ無理、というレベルは求められません。
    (というか、小学校教諭になりたいから高校になってからピアノ教室に通い始めた、という話は聞いたことがありません。)
    むしろ、国語、英語などの筆記試験でちゃんと点数が取れるほうが何倍も重要です。
    余力があればレッスンに通うのもありでしょうが、自己流でもそれなりに弾けるならいらない気がします。

    ユーザーID:8707155133

  • 採用試験

    私が小学校の教員免許をとって採用試験を受けたのは
    20年近く前の話なので、今はどうかわかりませんが・・・

    まず、大学では教職課程としてのピアノの授業があります。
    音楽教師を目指すわけではないので、高レベルは求められません。
    ただ、小学校教職の単位取得には
    最低でもバイエル70番〜80番台程度のレベルが必要になると思います。

    ピアノを習っている(いた)人にとってはどうってことないレベルですが
    全く習ったことのない人には大変でしょうね。

    それから実際の現場でですが、もちろんある程度弾ける方が自分が楽ですよ。
    簡単な伴奏とはいえ、弾かなければならない場面は出てきます。
    とくに低学年を担当すると。(高学年ほど音楽の専科の先生に任せられます)
    とくに合奏なんて最初はゆっくり合わせるので、CDは使えません。

    ただでさえ忙しい教員生活の中で、
    ピアノの練習に時間を割かれると本当に大変ですよ。

    本人が習いたいと言っていて、習う時間もあるのなら、
    今のうちに習っておいたほうがいいと思います。

    ユーザーID:3428353856

  • 現役小学校教諭です

    小学校過程を受験されるのでしたら大学受験にピアノの実技試験はないはずですが、教員採用試験にはピアノの実技試験があります。私の県では課題曲を弾き歌いです。
    そのため、大学の授業にはピアノがあります。
    小学校の先生になったら音楽の授業が必ずあります。CDやパソコン、自動伴奏オルガンを使う手もありますが、やはり先生がひけるにこしたことはありません。
    子どもたちに重点的に練習させたい部分を取り出してひいたり、早さや高さを変えたりと、機械を使うよりはよほどテンポよく臨機応変に授業ができます。
    音楽専科のいる小学校でも、学級活動や集会、音楽会、朝の会などで担任がひけると何かと活動が広がります。
    私は高校生まではピアノを習ったことがなく、自己流でひいていましたが、大学に入ってから習いに行きました。もっと早く習わせてほしかったと今でもちょっと親を恨んでいます。
    娘さんの気持ちがかたいなら、ぜひ今から習わせてあげてください。

    ユーザーID:4937903499

  • 音楽専攻志望なのでしょうか?

    娘が国立大学の教育学部の学生です。
    少なくとも音楽専攻以外なら、受験時にピアノの実技はありません。

    まあ、ピアノは弾けないよりは弾けた方が良いとは思います。
    娘は選択で音楽をとっているので時々自宅で練習しています。
    大学内にもピアノ室があり、そこで練習できます。

    合格圏内なら、ピアノをある程度習っておいても損はないと思います。
    圏外なら、受験勉強の方が大切です。

    入試で本当にピアノの実技試験があるのかどうか、志望校がある程度決まっているのでしたら、主さんご自身で入試要項を確認しましょう。

    ユーザーID:3524803128

  • 小学校教師の娘です

    私の母は小学校教師ですが、
    採用試験の時に非常に困ったこと、それがピアノと水泳の実技だったそうです。

    そのため私も姉妹も、
    その二つは強制的に習い事させられました。

    ただすごく大変そうな仕事だったので、誰も教師にはなりませんでしたが(苦笑)

    今は時代も違うのでピアノがどれくらいの難易度かわかりませんが、
    中学生にはほぼ手の骨格が完成してしまうと聞きます。
    少しでも早い方がいいのではないでしょうか。

    お金はかかりますが、
    週一回の通いや、毎日の少しずつの練習は、
    勉強の気分転換にもなると思います。

    ユーザーID:6546897499

  • 受験そのものには必要ないですよ

    国立の教員養成学部を卒業したものです。
    中学校課程の音楽専攻の受験をするのなら実技が課せられますが、小学校課程を受験するのなら実技はありません。

    私の時代は、入学後に「概論と実習」といったかたちでピアノと声楽の授業がありました。
    全くピアノに触れたことがない男子も苦労はしても単位は取れていたので、少しでもピアノを弾いたことがあるのなら心配はいらないと思います。
    でも、実際に小学校の教師になるのなら弾けるにこしたことがないし、趣味としてもず〜っと楽しんでいけるので、本格的な受験勉強が始まる前に、本格的に習ってみるのもいいと思いますよ。

    ユーザーID:0003810061

  • 採用試験で必須です。

    小学校教員です。採用試験で必ずあります。バイエルから出題されるところもありますし,うちの県では,共通教材の弾き歌いが必須ですので,ある程度弾けないと採用試験で合格できません。

    採用になってからは,音楽の授業では弾いたり弾かなかったりですが,小規模校に行くと女の先生は校歌の伴奏担当になることも多く,校長先生からすると採用試験で弾けているのだから当然弾けますねということになります。

    今から習うことはおすすめ致しますよ。

    ユーザーID:7085257889

  • 現場の子供たちのために

    小学校教諭は 全科を担当できることが前提です。
    その採用試験 多くは1次試験が筆記と論文 次に実技(ピアノ 水泳または体力テスト的な物)
    そして面接や模擬授業に進む形です。


    自分が教員養成課程にいた時は
    自分は大学で初めてピアノに触り、とても苦労しました。
    少しでも早く習って置けばよかったと後悔しています。
    初めてピアノに触る男子で、大学内のピアノ練習棟で自主練習して
    初見でちょっとした曲を弾けるようになった人もいましたが。
    要は個人の努力で何とかなるけれど 習っておいて損はない。
    というかぜひ習っておくべき。

    校歌やの伴奏は勿論、朝や帰りの会 クラス活動時にさらりと弾けて子供と歌えるって素敵。
    採用試験に通るためという小っちゃい話ではなく。
    現場の可愛い子供たちがきらきら歓びますよ。

    また、小学校の教師になるなら 水泳(最低でも40〜50m泳げるように)と
    お習字もしっかり身に付けておくと現場でかなり役に立ちます。

    少子化の日本ですが、
    娘さんもぜひ頑張って教員になることを応援してます。
    大変だけど喜びの多い仕事ですから。

    ユーザーID:7204885277

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧