子どもを肥満にさせたくない

レス32
(トピ主0
お気に入り47

妊娠・出産・育児

あおぞら

3歳と1歳、身長体重ともに標準の子どもがいます。

外で肥満の子どもを見かけると、「なぜ親は太らせてしまったのだろう」
と思ってしまいます。
正直、子どもの肥満はやはり親の責任だと思っています。

子どもが成長して自分が痩せたいと思うようになってから
ダイエットさせればいいのかもしれませんが、
それ以前にいじめなや服のサイズがなかったりと
嫌な思いもたくさんさせてしまうと思います。

現在アメリカ在住で、先日まで託児付きの英会話教室に通って
いたのですが、レッスンの間預けられた子どもたちは
ずっとスナック菓子を食べっぱなし・・・。
他の子どもたちは食べているのに、うちの子だけにダメとは
言えず、結局英会話教室を止めてしまいました。

家では量を決めてスナック菓子や甘いものも食べさせています。
食事もこだわりなくいろいろ食べさせています。

子どもの肥満、神経質になりすぎ、嫌悪しすぎでしょうか?

ユーザーID:3947372052

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も肥満にさせたくありません

    自分自身が小学生の時やや太り気味で、着る服は限られるわ、かわいくないわ、クラスメイトから「でぶ、ぶた」と言われるわで嫌な思いをしました。
    私がそうなった原因は二世帯住宅で、夕飯を二度食いしたせいです。
    大学生で標準以下になってキープしていますが、拒食症の軽いのになったりむし歯を多くつくってしまいました。

    子供にはそうさせたくないですね。

    周囲の友人を見ていると、子供の肥満の原因の多くは「お菓子」です。成人男性の肥満の原因の多くはお酒とつまみに思えますけど。
    わが子は保育園児ですが、昼ごはんとお菓子が決められた時間に決められた量なので、夕飯はガツガツ食べていますが肥満じゃありません。
    保育園の子供にも肥満児はいません。
    でも、3歳まで家庭保育をしていた友人の子はお菓子太りしてます。
    見ていると母子でよくお菓子をたべていました。

    アメリカでは子供の肥満は嫌悪されていないのですか?

    ユーザーID:6486341467

  • 親がコントロールしてあげて欲しい

    胃は食べていると大きくなり、食べないでいると小さくなります。
    (大きくなる、小さくなるという表現が医学的に適切かはわかりませんが、他の表現を思いつかないのでそう書きます)

    食べている量に応じて、たくさん食べているともっと食べられるようになるし、食べないでいると少量で満腹になるようになってきます。
    なのでダラダラと食べさせていると胃が大きくなり、子供は大きくなった胃に合わせてもっともっとと欲しがるようになりデブまっしぐら。
    親がちゃんとコントロールしてあげないと、子供に食欲のコントロールをさせるのは難しいと思います。

    それにたくさん食べても太りにくい食材というものもあります。
    もちろん体質もありますが、基本的には子供の肥満は親の無知、不勉強、不摂生だと思います。

    ユーザーID:6033973298

  • 私もです

    年長の娘がいますが肥満にしたくありません。
    私自身がお菓子を食べる習慣がなかったため、娘にもほとんどたべさせません。
    お友達と遊んだ時など例外は設けていますが、嗜好が私に似ているので、
    ケーキやチョコレート、甘いジュースなど好みません。
    小さい子の肥満って食事の量ではなく、お菓子やジュースだと思います。
    ほしがる子どもかわいさであげてしまうのかもしれませんが、肥満で集団生活の
    中にいるほうが子どもにとってよっぽどつらいことがあるんじゃないかと思います。
    (デブ、ブタ等と言われたり、体が重いせいで運動ができなかったり)

    ユーザーID:1465650317

  • 正しいです。自信を持ってOK!

    私は幼児期から10歳頃迄肥ってました。その後は普通体型だったのですが、幼児期に肥満だった人は、30歳か中年あたりから再び太ってしまいやすいそうです。これは、10代で太った人は脂肪の数は増えずに脂肪1つ1つが大きくなるのに対し、幼児期に太ると脂肪の数自体が増えてしまうからだそうです。
    そんなわけで、私は太りやすい体質なので、普通の人以上に食事に気をつけなくてはなりません。それは親が私の肥満を放置したせいです。私の人生にこんなハンディを与える権利は親にはないはずです。それに幼児の頃、甘い物を時間や量の制限なく与えられ、歯磨きの躾もしてもらえなかったので、物心ついた時既に前歯(乳歯)が無いほど虫歯がひどかったです。

    幸い現代の日本では、私の母のような親は、あまりいないと思います。肥満や虫歯にならないよう、きちんと育児しているようです。

    アメリカでは、その点きちんとしていないという話は、前々から聞いたことがありました。肥満大国アメリカは、幼少時から作られているのでしょう。

    主さんの考えは日本人として平均的だし正しいので、アメリカ流に染まることなく、どうぞ自信を持って下さい。

    ユーザーID:4917318935

  • 私もです

    私も、子供の頃、肥満までは行っていなかったけれど太っていました。当然からかわれるし嫌でした。食い意地も張っていたので仕方なかったのかもしれませんが、親がもう少し考えてくれていたらとも思います。

    ですから、うちの子たちも、痩せすぎず太り過ぎずをめざして育てています。時々、同居の母の邪魔も入りますが、今のところ標準体重だし外見も見苦しくないと思います。おやつも食事も、種類は特に制限しませんでしたが、時間と量は気にしました。中学高校になればお友達と買い食いもするでしょうが、それまでは親の責任だと思って頑張ります。

    ただ、横ですがpopoさん
    >保育園の子供にも肥満児はいません。
    >でも、3歳まで家庭保育をしていた友人の子はお菓子太りしてます。
    これだと、3歳まで家庭で育児しているとお菓子をダラダラ食べて太るような印象ですが、そんなことは無いですよ。うちは幼稚園に通わせていたのですが、みなさん入園までは家庭保育でしたが、太っている子はごく少数でしたよ。

    ユーザーID:3498459234

  • やはり生活習慣

    学校までが2キロ弱。しかも帰りはかなりきつい坂道か長い階段。学校のお友だちと遊ぶ時には坂を下って行き、帰りは上らなければなりません。最寄り駅までは1キロですが、やはり帰りは坂道か階段。この地域で肥満の子及び大人も見かけません。

    運動が好きでない方からは、「よくそんな大変な所に住むね」と言われます。しかし、不便ながら、幸い駅から徒歩圏内であるため、日常生活の中で運動を行うことになり、子どもたちは肥満とは無縁ですし、運動能力も高くなっています。

    ユーザーID:0004879249

  • 神経質、嫌悪しすぎってほどではないかと

    アメリカの州立大学卒で、高校卒業後4年半ほどアメリカに住んでました。
    アメリカでは、太る=低所得者、自己管理できない人のイメージがあります。
    低所得者はファストフード店での無料食事券が政府から配布されるのも一因です。
    そのせいか、富裕層はダイエット意識や、ヘルシー食への意識が高いです。

    トピ主様はアメリカのどの辺に住んでらっしゃるのでしょうか?
    都会であればあるほど上記のイメージは強くなり、田舎では意識が薄いのかデブ人口が多かったです。

    ただ、日本でガッチリ体型でもアメリカでは痩せ型と認識されます。
    なので、厳しくしすぎる必要はないかもしれませんが、
    子供頃に太って脂肪細胞の数が増えると将来痩せにくくなることから、
    親が管理するのは当然の務めだと思います。

    ちなみに小学校はわかりませんが、
    中高大とアメリカでは学校にお菓子やドリンクの自販機があるのは普通です。
    トピ主様が後々すべきなのは子供にいかに食の自己管理能力をつけさせるかです。
    高校の先輩は1年間アメリカに交換留学してましたが、
    誘惑に負けて20kg太って帰ってきました。驚愕でした。
    私はそのおかげで体重維持出来ましたが。

    ユーザーID:1313659301

  • 健・康・第・一

    >それ以前にいじめなや服のサイズがなかったりと
    嫌な思いもたくさんさせてしまうと思います。

    スタイルがどうのこうの以前に、一番大事なのは、健康じゃないですか?(笑)

    我が家は、2人とも小学生。食欲旺盛なのですが、食で一番大事なのは3度の食事で、おやつは基本15時です。
    おかげで、虫歯はゼロ。

    >レッスンの間預けられた子どもたちはずっとスナック菓子を食べっぱなし・・・。

    こんなのいいわけないでしょ。
    歯も内臓もやられますよ。

    新聞で読んだことがあるけど、
    細く生まれた子→若くて肥満・成人病というパターンが結構あるとか。
    これは、察するに、親が妊娠中に自分のスタイルのことだけ考えてダイエット→産んだら子どもの食にいい加減、食べさせ放題、というパターンじゃないですか?
    (つわりがひどくて栄養がとれない等、事情のある人は省きます)

    逆に、細さを追求する余りに、子どもの頃から非常識なダイエットもダメだと思いますけど。

    健・康・第・一。

    ユーザーID:0438980727

  • 肥満にさせたくありません

    私も自分の子供たちは絶対に肥満にさせたくありません。夫も肥満にしたくないと考えています。
    食事には気をつけています。ジュースは買い置きせず、外でレストランなどで食事をするときにマナーを守ったご褒美のような形でジュースを飲むことを許可しています。お菓子は、なるべく油を使っていないものを選び、食べる時間と量を私が管理しています。
    それでも、お友達にお菓子やジュースをもらってしまったり、ごちそうになることがあり、100パーセント管理できているわけではありません。
    トピ主さんの考えは正しいと思います。子供のころに肥満になると大人になって痩せにくい体質になったり生活習慣病になりやすくなり、子供の将来の健康にかかわる大切なことだと思います。
    今、お子さんが肥満ではなく標準体型とのことなので、現状維持でいいと思います。特に神経質だとは思いません。

    ユーザーID:1024803835

  • 肥満だけじゃない

    子供を太らせまいとしてお菓子を極端に制限、食事は油抜きで低カロリーのものばかり食べさせてすごく痩せてしまっている女の子を知っています。
    成長期なのにダイエット中のOLさんのようなご飯です。
    朝礼でも倒れることが多く、養護教諭から食事指導を受けても変える気はなさそうです。
    お母さんは女の子は太らせちゃいけない。なんでみんなそんなに太らせて平気なの?というのが口癖です。

    トピ主さんのように適量のおやつや栄養のバランスの取れた食事で標準体重を保っているのは素晴らしいことだと思います。
    肥満にならないようにということだけにとらわれず、他ならぬ健康のために食事や生活を気を付けたいものですね。

    ユーザーID:3988751768

  • 食べさせすぎは一種の虐待

    日本は肥満児が少ないですよ。
    保育園児も小学生もスラッとした子が多かったので、親が気をつけてる
    家庭が多いのだと思います。
    それもあって、クラスに1人いるかいないかの少ない肥満児が目立って
    しまうのでしょうね。
    そして、たいてい肥満児の親も太っているという家庭の影響が丸わかり。

    そういえば、確かに保育園では肥満児を見かけなかったですね。
    1〜2歳の幼児の頃から決められた時間に決められた量の給食とおやつ、
    園庭遊びや運動など、規則正しい生活をしているからでしょうか。
    子供の肥満は3歳くらいまでの食生活で決まるという説もありますし。

    気にしすぎ、制限のかけすぎもよくないですが、お子さんを太らせない
    のは立派な愛ですよ。

    ユーザーID:3836937748

  • うちも

    私が子供の頃から肥満で、やはり虐めにも会いましたし、着れる服なども困りました。
    大人になってからダイエットしましたが、子供の頃にできてしまった体質は太りやすい体質で、周りのみんなと同じような食事をすると、すぐに増えます。

    今は、やっと標準よりちょっとぽっちゃりで済んでいますが…。

    夫は、どれだけお菓子を食べても太らないようで…。
    夕食後でも気にせずスタック菓子を食べてます。
    当然、子供もほしがります…。

    子供の前では
    「ママはデブになりたくないから食べない」
    というと、子供も我慢することもありますが、なかなかそうもいかない時も。

    保育園に通っていますので、日中は健康的な食事を送れていますが、夫の出すスナック菓子のせいか、ちょっとぽっちゃりがっちりな子に育っています…。

    夫をどう説得するか、毎日試行錯誤中です。

    ユーザーID:9103730354

  • それはそうだけど

    あんまり厳しくしすぎると隠れて食べるようになるかも
    栄養が片寄らない食事で普通に動いてれば、そんなに太ったりしないから

    ユーザーID:2715947640

  • わかります。

    英国で子育て中です。

    人種の違いか、遺伝子の違いか、食生活だけの問題とは言い切れないほどの
    肥満の大人と子供がいます。ご存知の通りかと思いますが、こちらの人はあまり自分で
    調理しません。ready mealが異様に充実しています。キッチンがぴかぴかなのが
    自慢になっちゃってます。

    都市部では肥満は社会問題である、という意識があります。1日に少なくとも5種類は
    野菜を食べようキャンペーン(5種類ですよ!)をしています。
    なにしろランチがサンドイッチとリンゴとクリスプの世界ですから、
    できるだけ、私が調理して、お弁当を持たせるようにします。
    This is Japanese style lunch boxだ!とナーサリーに説明して感心されました。
    Diversificationが流行っている昨今、彼らにとっても
    異文化理解は必須なので、案外受け入れられます。

    できるだけ自炊!おやつはリンゴ!でどうでしょう?

    ユーザーID:6634156260

  • 日本に住んでます

    私は子供の時軽度の肥満
    兄弟はわたしよりも肥満でした
    私の親も肥満

    私の親は食事内容に気を配ることがなく
    スナック菓子をご飯がわりにしたりしていました

    親は食事によってストレスを発散しているようでした

    私の親は栄養についての知識がないんだと思います

    私の親も周囲の人間に「デブ」とか言われていたようですが、
    なぜ自分の子供たちに気を配らなかったのか疑問です

    ユーザーID:1694515993

  • 普通に

    普通の食生活してれば太らないんじゃないですか?親が標準体なら。歯並びと肥満は親の責任ですので、日々気を付けていれば、大丈夫と思います。子どもが肥満体の人って親もその類の方、だらしなく教養なさそうな方が多いと見受けます。トピ主さんだったら大丈夫です。

    ユーザーID:7978950835

  • 息子の友達

    4年生の息子の友達に肥満児がいます。
    去年からそのこと同じスポ少に通うようになったり、一緒に遊ぶ機会が増えてなるほどと思ったのですが、その子はまず空腹が我慢できません。
    そしてそれを親が我慢させようとしません。
    試合の日でもちょっとでも時間が空くと車に戻っておまんじゅうを食べたり、先日は驚いたことに試合の日にコーラを持ってきて飲んでいたのです。
    みんなが水かお茶かスポーツドリンクだというのに、コーラですよ。
    遊ぶ時でもお金を持ち歩いていて炭酸の清涼飲料水を買っては次々と飲むんです。
    他の子は水筒にお茶をいれて持ち歩いているというのに。
    とにかく親が甘いです。
    なるほどだから太るんだと思いました。
    親が適切な量を食べることを教えていれば肥満にはならないと思いますよ。

    ユーザーID:7278350458

  • 自分の常識を信じて。

    アメリカも都市部では当然「肥満=自己管理が出来ない人」と評価されます。
    たぶん都市部では過剰なくらい(子供をベジタリアンにするとか、オーガニックしか食べさせないとか)食にこだわる人は多いと思います。

    アメリカに限らず、各国で子供の肥満は問題になっていますよね。
    開発途上国では、高所得者がジャンクフードや高カロリーの食事で肥満になり、欧米先進国では低所得者が食の知識の不足で肥満になります。
    そう言う意味でも日本人は本当に良い食習慣を持っていると思います。お金をかけなくても野菜をふんだんに使い栄養バランスのとれた食事が作れて楽しめる日本食というのは理想的です。

    私はオーストラリア都市部に住んでいて、一般的にアメリカよりは遥かに健康的な食習慣があるとは言え(都市部に住んでる私の印象ですが・・・)、それでも「子供にはお菓子をあげるのが大人の優しさ」みたいな人も多く、夫の親戚や保育所の先生がイースターやクリスマスには3歳の幼児に袋いっぱいの飴やチョコレートを勝手にくれちゃったり、ランチにジャムサンドだけとか、びっくりする事は多いです。

    自分の感覚を信じるのが正しいと思います。

    ユーザーID:9115342626

  • 例外かもしれませんが…

    ん〜…肥満ってどの程度を指しているのでしょう?

    私も子供の頃太っていました。
    150cmで55kg位有りましたよ。
    でもお菓子は食べなかったし、規則正しい生活も送っていました。

    ただし、成長期の食欲が旺盛でおやつにおにぎりや納豆ごはんを食べたりしていました。

    母親のSTOPが有ればそこまで太らなかったのかもしれませんが
    健康で皆勤賞で勉強も体育も好きでした。
    高校あたりから身長が伸び自然と痩せていき、20歳過ぎにはスタイルが良いと言われるまでに。


    肥満…というか太った子供を嫌悪したりその親の責任だと思ったり、ショックです。

    必ずしも『子供の肥満=お菓子』ではないことも心の隅に留めておいて頂きたいです。

    ユーザーID:1786944909

  • アメリカだからですよ

    トピ主さんは まだ米在長くないのでしょうね。肥満体型が国民の半数いるという米国ですから、たまに子供でも凄い子いますよね。がりがりすぎも良くないだろうし、赤ちゃんのぽちゃっとしたのは全然気にする必要はないですが、アメリカでは肥満系の子供達の親はほとんどのが巨体です。
    そして、夕食も作らずピザやレトルト、外食やファストフードばかりっていう家庭も少なくありません。日本に比べると冷凍食品の多さ、アイスクリームの大きさが物語っていると思いますよ。
    結論からいうと、トピ主さんのお子さんはそういう肥満にはならないです。夕食も手作りで野菜などもあるんですよね?普通の日本人家庭のお子さんでしたら、アメリカにいてもちゃんとまともな食生活をしているので肥満の子私はみた事がないくらいです。
    英会話教室でも自分がイヤだと思うのなら、「うちの子はこれでいいです」とせんべいや野菜スティックで あとは遊ばせる−−でも文句はいいませんし、そうしたら良かったんです。日本と違い 「皆同じでなければ」というのがないから逆に自分スタイルは貫きやすいと思いますが。

    ユーザーID:5834006570

  • アメリカだと感覚が違う

    アメリカの田舎に行くと肥満体型の人ばかり。 人口の9割が肥満体型じゃないかと思っていました。 感覚が違いますよね。

    日本人は欧米の人より肥満や脂質に弱い体質と聞きました。 メタボになってからの病気発症率が欧米人より高いらしいです。 肉食になってからの期間が短いせいでしょうか。  

    私は現地の感覚に影響を受けてしまうタイプですが、アメリカ人と同じ感覚で食べるのは危険だなと思いました。 でもニューヨークとか、場所によっては、ヘルシー思考の人も多いし、スナック食べ放題じゃない教室もあると思います。 感覚が近い人が多い方がストレスが少なくてすみますよ。

    ユーザーID:4417703858

  • うーん

    あれ食べちゃ駄目、これは健康に良くないとか制限するよりは
    ちゃんと欠かさず三食食べる事、夜更かししない事が大事じゃないかなーと思う。

    朝食抜いたり、目の下にクマ作ったりする子は太りやすいかなと感じる。

    ユーザーID:0343394747

  • 私も肥満は避けたい

    子供のうちの食生活は親の責任ですから、しっかりバランスがとれた食事をさせたいですね。私の友人親子は二人とも太っています。しょっちゅうファミレスやカフェでアイスを食べる、大人の食事と同じだけ食べさせる、ジュースや牛乳は水がわり…肥満もだけど、健康を損ねるような生活です。でも何か言っても聞く耳持たないタイプですから、なにもいいません。

    我が子は肥満でも細くもないけど、背が高くがっちり体型です。身長体重はバランスがいいので、今のままうまくキープしたいです。

    ユーザーID:8928977695

  • 体と心の教育を。

    トピ主さんは家族の健康を考える
    素晴らしいお母さんだと思いますが、
    自分と異なる他者への寛容の気持ちを
    もう少しお持ちになれば良いかもしれません。

    貴女が肥満に嫌悪しているのは自由ですし、
    先進国全体がそういう雰囲気ですが、
    「肥満だといじめられる」と言ってしまうのは、
    裏を返せば「肥満だといじめられて当然」と同義。
    その気持ちがお子さんに伝わってしまうと、
    少し危険ではないでしょうか?

    貴女はお子さんに、スタイル抜群で健康だけど、
    いじめをするような人間になってほしいですか?

    ユーザーID:2366656016

  • 厳しいとおもいますが

    アメリカでの子育て大変だと思います。
    アメリカ人に比べて日本人で超肥満の人が少ないのは
    あそこまで太る前に、日本人は病気になって痩せてしまうそうです。
    島国で、飢饉などが起こるたびに、飢えを我慢することでしのいできた日本人の遺伝子と大陸の方の遺伝子の違いでしょうか?

    ですから、神経質と言われても子供を肥満にしてはいけません。
    生活はどんどん欧米化しても体質はそれに追いつきません。
    出来るだけ日本にいるのと同じような食生活を心がけてください。

    子供ももう少し大きくなれば、スナック菓子の量を控えることができるようになると思います。それまでは我慢させてください。

    ユーザーID:5496363145

  • それはいいのですが

    確かに肥満はよくないので気を付けた方がいいとは思いますが。

    子供が太っていても、親がだらしない食生活をさせているとは限らないとわかっていてほしいです。

    私は小学校時代、太っているほどではありませんが、どちらかといえばぽっちゃりしていたと思います。
    逆に兄はうそみたいにガリガリでした。
    私は別に間食していたわけでも、たくさん食べていたわけでもなく、兄と同じ食生活でもそうでした。

    ちなみに私も思春期に痩せて、どちらかといえば今現在まで痩せ形できていますが。

    体型も含めて、子供のことは育てたようになるとは限らないということです。
    「こうしたんだからこうなるのが当然」ではないのです。
    生き物なのだから。

    気を付けて欲しいのは、こういう体型に関してこだわりが強い人は、子供が自分の意に反して太ってきた場合、子供なのに食事を極端に減らしたり…身近にいました、そういう人。

    どうか、自分のこだわりだけで子供の健康を損ねることだけはやめてほしいです。

    それから、あまり厳しくすると自分でお金が自由になった時に隠れて買い食いが多くなります。ほどほどに。

    ユーザーID:8746389428

  • 子供のころの肥満は太りやすい体質になる

    んじゃなかったんでしたっけ?
    子供のころの肥満は脂肪細胞の数を増やす。
    大人になってからの肥満は脂肪細胞の数は増えないけど細胞が大きくなる。
    ダイエットして脂肪細胞を小さくしても数は減らないから減りにくいし、太りやすい。
    この説今は古いの?
    古くないなら大きくなって自分の意思でダイエットすればいいって事にはならないと思いますが。

    ユーザーID:4623298977

  • 親の知識も足りないのかも

    友人の子供が保育園の時から二人とも太ってたので、
    なにげに会話からいつも冷蔵庫にコーラの大きなペットボトルが入ってて、
    水代わりに飲んでると言ってたので仰天した覚えがあります。
    日本在住です。
    ママ友みんなで「ペットボトル症候群になるよ!やめてあげて!」と言ったら、
    「やっぱり牛乳かな。」とか言い出しました。
    牛乳がいくらタンパク質とかの栄養があると言っても脂肪も入ってるんだし、水代わりに飲んだらそっちでも太るって!って言ったけど、ほえ〜?って感じの反応でした。
    そのママ友、体育教師だったんですけど。
    子供に保健の座学で栄養のバランスの重要性とか学校で教えてるんじゃないの?ってびっくりでした。
    そんな教師が教えるんだから子供達は栄養バランスに関するいい加減な知識しか持たずに大きくなるんだろうなあと思います。
    食育は家庭科の先生がしっかりしてたら良いのかな?

    ユーザーID:4623298977

  • 自由の国、アメリカ

    アメリカには、自由があります。
    まだ判断力の無い子供でも、好きな物を好きなだけ食べる自由が保障されているのです。

    ですから、アメリカの学校の給食では、偏食や暴食も許されている。
    学校が子供の健康を考え、それを規制しようとすれば、親から子供の権利の侵害と訴えられてしまうのです。

    親として子供の肥満を予防したいのなら、はっきりと自分の意見を主張して止めさせる事です。

    ユーザーID:3771309718

  • 考え方普通でしょ

    うちは、私だけがぐうたらして太っています。子供は3食きちんと食べさせ、適量のおやつをあげてました。今、子供たちは、主人に似て3人とも痩せぎみです。食事は大事な事ですよ。

    ユーザーID:7009261350

レス求!トピ一覧