• ホーム
  • 結局は、年相応の美しさと心の充実

結局は、年相応の美しさと心の充実

レス32
(トピ主0
お気に入り71

美容・ファッション・ダイエット

シルシルミシルサンデ

アラフィフ、40代女性です。
老いを受け入れられない、若く見られたい、若作りのファッションはどうか、等々・・・
女性の老いに関するトピックが多く見られる中、私が思う女性と老いに対する結論は、

1.どんなに若作りしても、しょせん、若い子には勝てない。どんなにお肌を手入れしても、シワやたるみは否応無しに襲ってくる。
ならば、年相応の美しさ、ファッションを心がける方がずっと綺麗である。

2.否応無しに訪れる老いをいつかは受け入れないといけない。心が充実している方が受け入れやすいのでは?

では、心の充実とは何か?
誰かの役に立っていると思える仕事、役割、ボランティアがある。
楽しく打ち込める趣味がある。
支えてくれる家族や友人がいる。
生かされていることに感謝している。

老いを受け入れるかどうかは、その人の人生そのものを表すように思います。
これから先の人生、内面を充実させ、年相応の美しさを忘れない女性になることを目標に頑張って行きたいです。
皆さんはどう思いますか?

ユーザーID:8825989072

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • う〜ん・・・まったく逆だと思った

    >年相応の美しさ、ファッションを心がける方がずっと綺麗である。

    年相応だと思ってるのは自分だけ。周りから見たら若作り。
    自分を客観的に見るって難しいと思いますよ。
    似合っているイコール年相応でもないですしね。


    >心が充実している方が受け入れやすいのでは?

    逆ではないかな・・・。自分が必要とされているような充実感を持つ人は
    外見も内面も若くありたいと願ってると思います。
    逆に、誰にも必要とされて無い人は老けることに無頓着でしょう。

    ユーザーID:9365230619

  • 私は

    アラフォー看護師です。私は外見のお面や偽りは一切興味ありません。
    本当に心の綺麗な方や、行動、行い(ボランティア活動など)のみで自然に評価していますね。
    外見のお面や偽り、飾りには全く興味が無いです。個人的な価値観や主観ではないでしょうか。
    お金は自分にかけるより、家族や誰かの為に使いたい気持ちが年々強くなりますね。

    ユーザーID:2365658127

  • いいんじゃないでしょうか

    美容上の理由で一日中寝ているとかいう話を聞くのと同じぐらい違和感がありましたけど、表面的には悪くないと思います。

    ユーザーID:0667054549

  • う〜ん

    若い子には勝てないって言い方が、
    何か違うって思います。
    そもそも若い子と同じ土俵に立とうと思っている人自体稀有な存在なのでは?


    トピ主さんが、内面を磨くのは良い事だと思いますし、
    私も半分は賛成ですが、
    人の価値観や幸せは、人それぞれだと思うので、
    『私はこれが良いと思う!』とか決めつけたくないです。


    外見の美しさを追い求める人がいても、
    それはそれで悪くないと思いますし。

    ユーザーID:4701144410

  • トピさんに同意します。

     深読みしてるレスありますが、全く説得力無いですね。

    外見を磨く事に一生懸命より、心の持ち方を言ってるのですよ。
    解りませんか?「どうだろうさん」

    ユーザーID:9029812342

  • 不自然

    年とることがまるで罪悪みたい。
    感想として、よほど意固地な方か自意識過剰、自己満足型の方としか思えません。自己肯定、好きにやってください

    ユーザーID:1461675898

  • 老いに抵抗は無駄

    50代頭です。

    40代はそれこそ悪あがきの日々。老いたくない一心でした。お金も沢山使いました。
    でも今50代になってみたら、若さを追う事に興味がなくなり、みっともなくないか、不潔ではないかという点のみ気にするようになりました。
    私はお店を経営しているので、自分の興味はお店のことオンリー。毎日忙しく充実しています。
    若く見えなくてもいいけど、老けてみられないようにとは思います。50代って下手すると60〜70代に見えちゃったりしますからね。
    キャピキャピの若い女の子をお手本にするより、自分より少し年上の女優などをお手本にするとちょうどいいと思います。

    ユーザーID:5592537410

  • 自然体で

    40代後半です。
    「老いを受け入れる」までもなく、ほっといても老いていくので、今さら何かを「頑張る」とか、もうやりません。疲れました(笑)。
    世間から見て、見苦しくない程度に慎ましく生きていきます。

    ユーザーID:7450487532

  • 女性と老いの結論ねえ。

    若さについてのトピ、本当に多いですね(苦笑)

    ですが、【結局は、年相応の美しさと心の充実】って考えている時点で若さにとらわれているように思います。執着してますよね。

    老いを受け入れるには「老い」が当然でなければならないように思います。
    当たり前というか、話題にもならない状態。

    「老いとは?」「年齢相応の美しさ」「内面の充実」とかなんとか、考えている時点で執着しているってこと。

    どの時点(若い頃なのか現状なのか)に執着しているかの違いだけで、「執着」であることには変わりない。

    本当に執着してないなら、そんな事考えもしないのでは。

    受け入れる受け入れないではなく、「老い」そのものを意識の外に置くことができるか…
    そこまでいかないと本当に「老い」を受け入れたことにはならないように思います。

    別にいいんじゃないですか?

    「老い」受け入れなくても。
    「老い」と戦っていても。

    人、それぞれです。

    私は「老い」に猛然と戦う気はありません。「老い」で救われること、学ぶこと、あきらめがつくこともありますから。

    ユーザーID:9488413675

  • 逆じゃない?

    内面が充実している人は、周りの人からも求められる人材だと思う。
    中年に限って言えば、学校(PTA)の役員だとか、ボランティアだとか
    外に出る機会も多いし、そういう人は、老若男女、付き合えると思う。

    そういう人はいつまでも若々しいよ。

    でも悲しい事に、人の内面を知るには深くお付き合いしないと見えてこない
    から、第一印象として、自分は年相応だと思ってもフケて見える場合も
    考慮しないとね。フケて見られて嬉しい人なんかいないから、実際の歳
    より、若いかっこうするの、女性としてアリだと思うな。
    また中年で若く見える人ってたかだが-5歳
    程度じゃない?その程度の差ってファッションとして明確な線引きが
    あるのかなって思う。70歳が40歳に見えるならわかるけど。

    自分に似合う、着ていて楽しくなる!この色が好き!

    そんな服選びもアリだし、他人に対して目くじらを立てているようでは
    内面の充実は図れないと思います。

    ユーザーID:2768738501

  • そうだと思います

    受け入れ過ぎてヘンに老けこむのもどうかですけど、年相応の貫録ともとれるようなキレイさってありますからね。いくら抗ったところで美魔女もそのまま、年相応の顔した若作りおばちゃんにしか見えないです。痛々しいし、こうはなりたくないと思います。そういう意味ではありがたい存在ですよね。

    女優さんでも40代の以上の方々、とてもきれいだしシワシミ無いけど年相応だし、でもおばちゃんではない。いつまでもお姉さまって感じです。その方がキレイでかっこいいし。
    松嶋菜々子さんなんかいい例です。若い時はホントにキレイだったけど、やっぱり歳とったなーと思う部分はあります。でも圧倒的なキレイさは健在。むしろ今の方がキレイかもしれないです。内面的なものが大きいのかなーって。仕事・家族を持った女の自信に溢れてて、女度アップしてます。

    そういえばこの間お昼の番組に秋野陽子さんが出ていて、確かに50代に見えるんですけど、なんかすごかったです。若造蹴散らす美しさ、大人の女の貫録、圧巻でした。

    若い時は誰だってキレイ、40過ぎてからが本番かな、って最近思います。年相応の美しさ、意識したい30代なのでした。

    ユーザーID:7288184828

  • 同感です。

    私は若く見られます、40代ですが30代に見られます…そういった言葉を見かけるたび、それはお世辞なのに〜と思います。
    また、老いを受け入れられずに若さに執着して過剰なお肌のお手入れをする人とかね。
    40代なのに未だに20代のファッションをして、それが似合ってると言われます、と言っちゃう人とか、すごくイタイ。

    老いを受け入れられないのは、生活が充実していないからだろうな〜。
    後輩社員の成長を好ましく思える人、子供が巣立ったことで次の自分の目標を見つけられた人は、老いに逆らおうとはしないんでしょう。
    実際にそういう50代の先輩がいて、オシャレに気を使っているけど若作りでなくて、週末にボランティアしてるそうで、ああいう風に年を取りたいなって、思いますもん。

    ユーザーID:7077249902

  • そうかなぁ

    そんなに頑張って定義付けないとできないものですか?
    こうあるべきの枠を作るのは、年齢で縛るのと何ら変わりません。

    若い人には勝てないから、年相応でとなる考えの根本がおかしい。
    若い人に勝つや負けるの問題ではないと思います。

    淡々と美しく年齢を重ねている人はいますよ。
    主義主張が先に立つ人の姿形は、あまり美しく感じません。

    ユーザーID:0802629556

  • 特にファッションについて。

    40代後半主婦ですが、20代のとき同じ会社で働いていた40代主婦の方が
    「40代ともなると安いものは着られないのよね」ということで無地のインナーでも
    2万円以上するブランド品を着られていました。
    当時「そういうものなのかな〜」と思いましたが、自分が40代になった現在
    まだインナーは千円、アウターだって1万円以内のものが多いです。

    それは家庭内の経済事情からですが、そんな私だってオシャレは大好き。
    銀座のショーウィンドウに飾られている服に「あれ似合いそう」「これも似合いそう」とため息が出ます。
    それ全部買ったらワンブロック歩いただけで20万円は使うでしょうね。

    自分の年齢からすると、そういう服を買って着るのが年相応だと思います。
    だけど買えない…。
    その結果、別に「若作りのファッション」を目指していなくても若作りになってしまっています。
    スーパーでも安い年相応のファッションはありますよ。
    だけどそれはあまりにも老けて見えるので買いたくありません。
    従って年相応のファッションをするには「財力が必要」というのが私の結論です。

    ユーザーID:5563006366

  • 無理に納得しなくていい

    年相応、年甲斐もない、よく言うけれど基準は曖昧なもの。
    いろいろ考えたって自分がどこに満足するかってこと。
    私は30代は自由を手に入れた感覚でしたし、40代の今は背伸び不要で今を楽しむことが出来るようになった気がします。
    年相応なつもりでいますが、若いと言われたり、さすが大人と言われたり。。。

    健康的で輝いている人は男女ともにどんな年齢でも素敵だし、話も楽しい。
    変に分かったふりしたり、納得して諦めたりってのはいらないと思うな。
    バランスよくいたいです。

    ユーザーID:8143655831

  • まあ、そんなに堅苦しくならなくても・・・

    40半ばです。

    40超えたら、本当に生き方や表現っていろいろだなあって思うようになりました。
    ですから「こうあるべき」って、決めないほうがいいかな?って思います。
    だって、そのほうが自分のストレスが減りますし、他人に優しくなれます。

    「若作りがイタイ」なんていう人に、私は大人の思考や優しさは感じません。
    他人に向かって「あるべき」と語る姿に私は美しさを感じません。

    それよりも、世の中の女性すべてがトピ主さんの語るように、
    みなが「年相応で内面の充実を!」なんて目指したら、
    それこそ気味が悪いですよ?(笑)

    そうじゃない人もいるから、世の中面白いんだと思います。
    「いろんな人がいるから、私は私でいいんだって思える。」
    っていうところ、あると思うんです。

    なので、がんばって若作りも賛成ですし、トピ主さんの意見にも賛成します。(笑)
    どっちが正解なんて、どうでもいいことだと思います。

    ユーザーID:9018138316

  • 薄っぺらい

    トピ主さんは、若く見られたい人は心が充実していない人だといっているのですか。心が充実していれば、老いを受け入れられるから若作りしないですみ、年相応のファッションでいられる、それが美しさだと。

    老いを受け入れるのと、若くありたいと願うのは別問題だと思います。
    心が充実していれば年相応のファッションをするとも思えません。

    若く美しくありたいのは、有史以来男女問わず多くの人間の願望です。
    心の充実とは無関係でしょう。

    美しさの形態や基準は普遍的なものではありません。時代や個人によって異なります。

    トピ主さんはご自身で内面を充実させ、40代後半の年相応のファッションをするには何ら問題はないと思います。トピ主さんを否定しているのではありません。

    ただ私は、例えば、少しでも若く見られたいと若いファッションをしたり、同窓会に向けてエステに励む女性を美しくないとは思いません。

    若く見られるために努力することは、老いを受け入れられないのではなくて、逆に、老いを受け入れている、自覚しているからこそ、頑張っているのだと感じます。

    ユーザーID:4610166933

  • えっと。

    20代女性に、お肌で勝てないから
    内面で20代女性に勝つ!って言うお話ですか?

    それとも
    若作り女性に対して、内面で勝負する私の方が素敵!って言うお話?

    どちらにしても、人と比べてばかりですね。
    他人を上げたり下げたりしないと自分が保てないのでしょうか?


    本当に、心、充実してます?

    私には、トピ主さんが、若い子にはない武器を必死に探しているようで、それはそれで痛々しく感じます、何もここで宣言しなくても。。

    自然体ではダメなのですか?

    若作りしてようが、どんな気の持ちようをしていようが「老い」には変わりないのに。。

    ユーザーID:4830713951

  • 貴女がそう思うなら、

    貴女がそう思うなら、いいんじゃない。ただ、結局っていうのはわからないわ。皆が同じでなくてもいいし、女性の在り方なんて、多様性のあることに対して貴女が断言することもないんじゃない。いつも気になるのは、せっかく女性にうまれたんだから、「年相応」を努力しない言い訳にはしないでね(笑)。それだけ。

    ユーザーID:8570230396

  • 結論は出ませんよね(笑)

    服は似合っていれば何着てもいいし、お肌もきれいに越したことはないし。でも、日本という環境ではいろんな情報が氾濫しすぎていて、物事を複雑に考え過ぎな気がします。

    ただ、安物を高価に見せられる(似合う)人もいて、一方高価を安価に見せる(年齢不相応?)人もいて。(苦笑)この点は年相応に学ぶべきだと思います。日本のファッション雑誌は、参考にはするけれど盲信はしない、というのが30代で思ったこと。

    年齢はその人なりに重ねるもの。内面の充実は、その人が生きてきた証。

    自分では「きちんとした常識を踏まえたうえで、楽しむ生き方をしていこう」がモットーです。でも、年を重ねるにつれて生き方や品性って顔に出ますね。無理に力まなくてもよい最近やっと、好きな顔になってきました。
    これまでも童顔なため比較的単純に若く見られがちで恥ずかしかったのですが、今やっと仕事でも経験を感じさせるように観てもらえる顔になってきたようで嬉しいです。これからが楽しみです!

    ユーザーID:1033962890

  • 共感できる部分あるけど

    若い子に勝とうと思って若作りしているひとばかりじゃないと思いますよ。
    そりゃ、痛々しいほどに若作りするのもどうかと思いますが、ちょっと若々しく見られたい、お肌もみずみずしくありたいと思うのはむしろ自然なことのような気がします。
    老いを受け入れるのだって、あまりにもすんなり受け入れられるのって、なんか人間味がないっていうか、悟っちゃってる感じで、そんなできた人は私ごときの悩みなんて鼻でせせら笑いそうで、親近感が湧きません。
    それよりも、一生懸命若くいようとしている人、老いることに多少なりとも憂いを感じている人を、その心意気がチャーミングと思えます。
    年相応ってのも人それぞれだし、今の年齢よりもちょっとだけ若く見えたら、って思うことが悪いことだとも思いません。
    そのちょっとだけ若く見えたら、ってのも人によって違いますからねえ。
    まあ、考え方も人それぞれ。トピ主さんの考えもそうじゃない考えの人もそれはそれでいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:0326731151

  • 内面が大事とは言うけれど

    電車で横に座るオバサンをパっと見て、内面なんて分かります? 一言も発さずに内面の充実がにじみ出る人がいるとしたら、その人はまず基本的な外面が美しい人なんです。会って話をしているうちに、内面が出てきますけれどね。美人でも薄っぺらいとか、老けて見えるけれど気が若いとか。

    外見は心がけの表れですから、外見を気にすることは大事ですよ。
    「外は若くて美しいけれど、話がつまらなくて薄っぺらい人」
    「人間として素晴らしいけれど、外見がズボラでオバサン丸出しの人」
    どちらも同じようなものです。

    ユーザーID:6181347611

  • 比べ過ぎ、他人を気にし過ぎ

    しょせん、若い子には勝てないと書かれていますが、
    比べ過ぎだと思います。
    トピ主さんのようなタイプの人から見ると、
    若作りの人は他人から若く見られたいから
    そうしていると思うのでしょうが、
    単に自分が好きだから、そういう恰好をしている人もいると思います。
    日本人の典型、人目を気にする人なんでしょうね。
    人生、つまらなそうです。

    ユーザーID:2867972219

  • 人それぞれさ!

    ななさんに同感です。
    個人の問題なんだから。
    お好きなようにでいいんじゃないの。

    若作りしても、別に他の人に迷惑かけるわけじゃなし。
    年相応でゴージャスなお洒落を楽しむ人がいなければ
    アパレル業界も、美容業界も困るだろうし。
    何より、いろんな人がいないと面白くないしねえ。

    自分のことは?
    ま、ポリシーなんて、固く考えず、
    鏡と相談して自分で決めま〜す。

    ユーザーID:7849511754

  • 意識しすぎです

    年齢を意識しないで自分らしく自然体でいられる人は、見ていて清々しいです。
    あえて言うなら、女性らしさを失わない人は魅力的ですね。
    歳だからこうでなければとばかり考えていると、乾燥感漂う頭の固いおばさんでぽいです。
    ボランティアや趣味って、若さの為に持ち出すものじゃないですよね

    ユーザーID:0741435829

  • 結論なんてない。

    そしてどっちでもいい。

    老いを受け入れるのもいい(諦めともとれる)
    老いと戦うのもいい(悪あがきともとれる)

    どっちも一長一短です。

    結論づけようとすること自体が馬鹿らしい行為だと思います。
    お互い認め合って個々の自由でいいじゃないですか。

    ユーザーID:8310755030

  • そうかなあ

    私は男性ですが年齢で見た目を考える必要はないと思いますよ。

    例えばですが芸術家の草間弥生さんのように自分と言うものを
    持っている方は髪を赤くしようが何を着ようが素敵な方と評価される
    わけです。

    若作りしているかどうか他人の服装にケチを付けているようじゃ
    大人とは言えないですね。

    今から頑張るのではなく今迄やってきた事が顔や服装や言葉に出て
    くるものではないでしょうか。
    誰かの役に立っていると思える仕事は若い頃から積み重ねてきた方
    ならば特別口に出す事もなく自然にやっている事です。
    ボランティアも同様。
    わざわざ他人に言う事ではありません。

    ちょっと力が入り過ぎて今迄に何も身に付けてこなかった女性かなあと
    感じました。

    ユーザーID:9732049632

  • こういうトピ大好き!

    賛否両論、色々なご意見がありますね。
    結構批判的なご意見が多いのは、この手のトピの宿命です。

    恐らくトピ主さんは、まだ老いを受け入れるのに葛藤していて、まだまだ心の充実には程遠い状態におありではないでしょうか?
    私自身が数年前までそうだったので、お気持ち非常によく分かります。

    私は今43歳ですが、38〜41歳くらいまでが一番容姿の劣化と、周りの素朴極まりない<おばさん扱い>に苦悩したものです。
    だから若い人を盛り立てて、歳の功で一歩引いた所から静かな笑みをたたえて、若い人達を見守れるおばさんでいいや、なんて自分を納得させようと考えていました。

    ところが、その後私は歳相応の美しさを手に入れることに成功したのです!

    もちろんお金も時間も努力もあってのことです。

    今は高校生の息子のお友達から「美人なお母さん」と頻繁に言われます。

    私は「美人なお母さん」をとても嬉しく最高に幸せを感じます。

    間違っても美人なお姉さん、20代、30代に見えるのとは違いますが、鏡に映る私はやはり美しい母親の顔です。

    まさに母親として心の充実です。

    ユーザーID:0517069249

  • あまりこだわらない。

    トピ主さんの意見を否定するものではありません。
    それはそれで充実していれば素敵だと思います。
    でも心の充実と、若さを求める美への探求心ってどちらかしか追及できないものでしょうか?

    そして「年相応」ってなんだろう?
    生まれつきの顔で若く見える人、老けて見える人色々いるわけで。
    さらには都会、田舎で「年相応」の基準も違う。

    日焼けシミ、ソバカス気にせずで中年太りした自然なままの40歳Aさんと、
    お肌手入れしてスタイル管理し35歳位に見える40歳Bさんと居て、
    両者とも、美人でもブスでもなくて、似た家族構成で、同じレベルの会社に勤めている良い性格の女性なら?

    正直35歳に見えるお肌やスタイル抜群女性Bさんのほうが、魅力的で輝いてみえる。

    老いはほっといても、努力しなくても自然と近づいてきます。
    ちょっと逆らっている位の人って好奇心旺盛で面白いもの。

    私個人は、よし!ちょこっと若さキープするぜといった勢い・・・
    いつまでもそれを失いたくないなと思います。

    ユーザーID:2561454886

  • 決めつけない方が良い

    こんな自由度の高い事を、「結局」と言ってる時点で、頭が固く厳しくきついイメージ=おばさんという気がします。

    その人が朝、クローゼットを開けて良しと思って着ていたら、よほどTPOに外れてなければ、その日のおしゃれはそれで正解。好きな風に着て、好きなように着飾れば良い。
    それと趣味があり家族がいて、そんな人だけが心が充実してる訳でもない。
    1人で生活しても、毎日の小さな事に幸せを感じる人の存在も忘れない。

    たとえば私論では、社会的な能力とは無関係に、ふるまいが謙虚で、隙があり、柔らかさがあり、どんな考えや人に対しても許容範囲が広くて包み込む感じ、私が勝手に思う女性像は、女子高校生も、還暦を過ぎる女性も、同じです。
    人それぞれでしょ。

    それと年の事をあまり真剣に考えない方がいいと思います。
    老化を自覚するのは人間だけです。
    野生動物は死ぬ寸前まで、自らの老化を認識せず厳しい野生で生き抜きます。

    老けに対して深く悩んで、結論なんて無いのに結論まで出して、多分すぐ違う考えに変わって、また老化に悩んで・・・の繰り返し。
    結果、余計に老けます。

    ユーザーID:6151880489

レス求!トピ一覧