医者って肉体労働者?

レス51
(トピ主1
お気に入り69

生活・身近な話題

直接的なタイトルですみません。

先日、ママ友と話しているときに、タイトルのような発言があり、わたしはそういう風に考えたことがなかったので、驚いてしまいました。

考えてみれば、大きな手術では何時間も立ちっぱなしのようだし、う〜ん、でも、医者が肉体労働者って…。

みなさんはどう思われますか?

ちなみに、もしも医者が肉体労働者だとしたら、肉体労働者ではない職業って、一体何なんでしょう?

わたしには思いつきません…。

ユーザーID:7542265227

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数51

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ある意味で肉体労働の比率高いですよ

    夫は外科医、勤務医です。県立の総合病院で働いています。

    ある日の業務内容…
    7時半出勤、受け持ちの入院患者さんのチェック、そのまま回診。
    予定手術を数件こなす。(1〜2時間のものから、5時間越えるものもあります。執刀医であるばあいと介助で入るときがあります)
    夕方にカンファレンスがあり〜、そのまま当直時間帯に突入。
    医局で調べものしたり書きものしつつ、救急車が救急にきたら対応。酔っぱらいが暴れたりすることもありますし、こわ〜いその筋の人が刃物沙汰になって運び込まれることもあるんです。
    で、仮眠とりつつ翌朝になったらまた夕方5時まで働いたりなんてザラです。

    夜中に緊急手術。交通事故が来たら非番の先生方も夜中に電話で叩き起こされます。
    当直明けで翌日に大きな事故があって〜なんてことがあると、日勤→当直→日勤、家に帰って夕食とって寛いでいたら緊急手術で呼び出されて夜中の3時まで手術…なんてことも。

    そのママ友さんはそういう、法律どうなってんの!?ってくらい有り得ないスケジュールで働いている医者の苦労を差していっているんだと思いますよ。開業してればいいですけどね。
    ほんと強烈ですよ。

    ユーザーID:6857798605

  • 肉体も大変といいたい

    どんなに身体的にきつい仕事であっても、使うのが頭脳中心であれば肉体労働とは言いません。

    医者が頭脳優秀でなければ勤まらないことは、誰もが知っている事実です。

    医者は、肉体的にも大変なんだよと言いたいのでしょう。

    ユーザーID:1992477202

  • 経理とか開発とか

    いわゆる「デスクワーク」が“肉体労働者ではない”
    職業ではないでしょうか。

    医者も、科によると思います。
    ドラマでよく出てくるような救急とか
    外科とかは肉体労働っぽいですよね。

    ナースは病棟ナースならどこの科でも肉体労働って印象です。

    ユーザーID:7871461584

  • 10時間手術もあるし

    当直とか緊急オペとかご飯抜きで対応することもあります。

    研修医時代は安いお給料で寝る暇もない修行の日々

    専門(内外、外科、眼科、皮膚科とか)や勤務体系(勤務医、大学病院、開業医とか)によって違いも大きいと思います。

    しかし、私は真面目に医療に携わって下さっているお医者様 に本当に感謝しています。肉体労働だと思います。


    見えていないところでの勤務を想像するのは難しいのでしょうね。

    ちなみに私は医療とは全く関係ない仕事をしています。

    『研修医なな子』
    『神様のカルテ』とかおすすめします!
    お医者様の苦労や肉体労働の意味がわかりやすいですよ!

    ユーザーID:0222492305

  • 研修期間は肉体労働かも

    肉体労働者の定義がはっきりしないのですが・・・・
    頭を使うより身体を使う身体資本の職業でしょうか?

    医者は基本、手術するときも頭はフル回転ですし、
    体力も重要ですが、それ以上に神経を使います。
    なので肉体労働とは言いにくいかも・・・

    ですが、研修医の期間は、研修する病院にもよりますが、
    上の先生から言われたことをこなすだけだったり、
    雑用も多く、頭より身体を動かすことが重要かもしれません・・・

    ユーザーID:6119411279

  • 弁護士・研究者とか?

    医師は肉体労働だと思いますよ。
    動かない方もいますけど・・・
    外科だと手術で何時間も立ちっぱなしで行ったり、小児科で暴れる子を抑えつつ、治療や注射をしたり・・・
    自分は座ってやって来る患者を診察するだけではありません。病棟回診は自分が患者のところに行って診察です。これも立仕事。

    肉体労働者ではない職業・・・デスクワークですかね?
    弁護士や研究者とかもそうでしょうか?
    一般事務、銀行などの窓口などはどうですか?

    ユーザーID:6960592127

  • でしょうね

    立ち仕事が多いし、昼夜問わず呼ばれたら動き回って仕事をする。
    肉体労働だなあとしみじみ思った日もあるので。

    肉体労働ではない職業といったらIT関連だったり中学校以上の教師、
    一部の公務員、などかな。

    ユーザーID:4309738394

  • 医者の実生活を知っている人間ならではの見方ですね

    医者は肉体労働者…ある意味で的を得ています。

    勿論勤務医のケースですが。
    医師が当直明けにそのまま通常診療に入る事は日常茶飯事です。

    それに仮眠中でも、まずまとまった睡眠などとれる事の方が少ないのでは?と思いますね。
    ある医師は、地方の学会等に出ると、普段の日の2日分眠れたような気がする…と言っていました。

    知的職業でありながら、同時に肉体労働の要素も充分備えている仕事だと思います。

    ユーザーID:4473342031

  • ですね

    外科医って、肉体労働者というより、凄い職人(技)だと思っています。

    ユーザーID:5445837552

  • 手に職のある職人というイメージです

    父親と姉が医師なので、私もぼんやりと医師を目指そうかと考えた時期もありましたが、「あんなに体力がきつい仕事は、やっていられない」「病気がうつる仕事なんて、危険すぎる」「心がある程度は強くて善良な人間でなければ、やってはいけない仕事だ」とわかったので、早々に諦めました。

    私はIT業という頭脳労働なので、自分の仕事と比べて医師が同じ頭脳労働だとは全く思えません。(上下の話じゃないですよ。姉のほうがずっと成績は良かったので、もとの頭脳は姉のほうが上だと思っています)

    肉体労働でもないでしょうね。立ちっぱなしといえば、警備員とか教師とかも同じですし、父も姉も筋肉はないですよ。ただ、3時間睡眠を1年間続けても、頭の回転が落ちなくて、冗談をポンポン言えるほどの持久力はあります。

    あえていえば、手に職のある職人というイメージです。職人さんも、じーっと長時間の作業に打ち込んだり、暑くても寒くても耐え抜くような、体力は必要ですよね。でもそれ以上に、勉強と修行と、そして最終的には人間味を軸にした「勘」で1人で判断する仕事だと思うからです。

    ユーザーID:8290486729

  • 簡単です。

    医者は肉体労働か…
    多分、肉体労働の範疇に入ると思います。
    外科でも内科でも結構な肉体労働ですよ。
    これはやってみなきゃ解らないと思います。
    その反面、知識も問われますけどね。

    >肉体労働者ではない職業って、一体何なんでしょう?

    そんなんいっぱいありますやん。

    オフィスで働くサラリーマンはそうでしょうね。
    役所で働く公務員もしかり…

    いわば、コンビニで荷物を運んだりする人位は肉体労働だと思っていただければ…
    良いかと思います。机に向かって仕事してるだけではないですからねぇ…医者って…

    ユーザーID:6473017351

  • 肉体労働者と思います

    看護師です。
    勤務先にもよりますけど、外科系の病棟には、信じられないほど言葉づかいが荒い先生など珍しくありません。処置に入ると力仕事を進んでなさる方も多かったように思います。現場の医師を見ていると、世間一般が抱いてるお医者様というイメージとはほど遠いような…

    ユーザーID:5444831870

  • どちらかというと

    「肉体労働」よりも「激務」の方が似合うかなあ。
    いずれにしても大変な職業ですよね。

    ユーザーID:3975551362

  • 「体力勝負」の間違いでは

    肉体労働者=ワーキングクラスという意味なら日本では医師は間違っても肉体労働者階層ではありません。

    ただ確かに若い頃や勤務形態によってはその後も肉体は酷使する職業なので、それは単に「体力勝負」と言いたくて間違えただけではないでしょうか。

    ワーキングクラスという意味で医師は肉体労働者というのなら、それは医師という職業をよっぽど妬んでいるのか本人や関係者が医師で謙遜しているかのどちらかです。

    医師は多くの国境を越えて社会で最も地位の高い職業の一つだと思います。例えば他の職業だと一つの国では地位が高くても他の国ではそうでも・・・という職業は結構あります。典型的な例だと日米間での弁護士や教授職に対する地位の違い、とか。またワーキングクラスの分け方が国によって違う場合もあります。

    でも医師に関しては多くの国で共通して社会で最も社会的地位が高い職業の一つと認識されていると思いますよ。

    なので体力勝負のいい間違いで肉体労働者と言ったのか、やっかみか謙遜で肉体労働者と言ったのかのどれかだと思います。

    ユーザーID:6775955299

  • 肉体的にも精神的にもタフでなければ務まらない。

    診療科や病院にも寄るが、若いうちは60-80/週 勤務や40時間連続労働など、激務に耐えている医師は多い。
    激務にもかかわらず特に大学病院などの勤務医は薄給なため、アルバイトで給与のバランスを整えているケースが多い。
    旧帝大の医局であっても、必ずしも条件の良いアルバイト先を紹介してもらえるとは限らず、
    片道100km超の遠方でかつ深夜早朝に車で移動しなければならないケースもある。
    医師は、肉体的にも精神的にもタフでなければとても務まらないと思う。

    医師は食っぱぐれることのない知的な肉体労働者だと思う。

    ユーザーID:0163696408

  • そういう場合もあります。

    基本的に手術中は何時間も立ちっぱなしです。

    今日、嫁がニューバランスのスニーカーを買ってきてくれました。

    足がぱんぱんになって、むくみまくっているのを心配しての事です。

    当直も月に数回。

    体力勝負の仕事である事は確かですね。

    ユーザーID:7803603429

  • いろいろある。

    デスクワークは、精神労働者(頭脳労働者)だと思いますよ。
    学者,研修者,士業,事務,デザイナー等のPCを使う職業とか、沢山あります。

    医師は、診療科にもよりますよね。
    妻は、救急病院に勤務する医師ですが…
    当直勤務をこなしたり、24時間を軽く超える連続勤務になったり、凄まじいです。
    トピ主さんが仰る通り、大手術になると10時間を超える事も珍しくありませんし、
    怒涛のように急患が来たり、本当に体力勝負の仕事だと思います。

    私自身は、翻訳家なので、完全に「肉体労働」では無いですよ。
    肉体的な事を言うと、PCの前に座っているだけなので、動きは何も無いです。

    ユーザーID:8616356735

  • 夫が同じことを言います

    勤務医の場合、24時間…、当直になれば48時間越え、ずっと現場で働き詰め。殆んど体力勝負。

    開業したら、なるべく休みを取らずに半日だけでも診療。開けていれば誰かが来てくれるから、早くに開業資金の返済に当てるために、日曜以外は仕事。勿論、家族旅行には夫は行きません。医院を開けていれば何かしら収入になる→肉体労働ですね。休めばその日の収入はゼロです。当たり前ですが。有給なんて無いですから…。

    一般的な優雅な医者のイメージは代々の開業医か、美容形成などの自費メインの一部の科目だけです。

    いかに医療費が日本は安いのかお分かりですよね?

    ユーザーID:0845582309

  • 臨床医(特に外科医)は、ガテン系かもしれませんね。

    ママ友の言うことは、ほぼ当たってます。

    身体の丈夫でない方は、臨床医に向いてません。

    医学部に入るまでは学力(偏差値)かもしれませんが、医者になって人を診るようになったら、体力勝負です。

    医者の過労死・過労自死の話題を耳にされたことはないのですか?

    サービスを受ける側と提供する側とでは、全く異なるのですよ。

    他の職業に、もし似ているとしたら?

    24時間運航している遠洋漁業の漁師さん(寝ないで仕事できる方)とか、かしら・・・?

    ユーザーID:2423887425

  • 体力、気力が勝負です

    医者をやってます。

    建築関係を想像するような肉体労働者か、といわれれば違うと思います。
    が、肉体を酷使する職業かといわれれば、そうだともいえます。
    もちろんどの専門科にいるかによってかなりの違いがありますが。

    外科は術中に力作業のようなことになることもあります。
    私は産科勤務時の帝王切開手術介助で、かなりの筋肉痛になりました。
    一般内科の夜の当直では、12時間の勤務中にゆっくり座る暇はないですし、病棟から病棟をかなりのスピードで歩き回ります。
    心肺蘇生をすると、かなり息もあがりますし、腕も棒のようになります。
    3日間も当直を続けると、終了時には確実に体重が減っています。

    逆に心療内科などはじっくり患者さんとお話することが多いので、病棟で患者さんが暴れたりしない限りは、体力温存できる勤務先です。
    でも精神的に疲れます。

    >肉体労働者でない職業
    テレフォンオペレーター、大学や塾の講師、事務職や受付嬢、司法、行政書士、会計士などが思い浮かびますが。

    ユーザーID:9984681311

  • 教員って肉体労働だよ

    って言われたの思い出しました。確かにそうでしたよ。一日一万歩は歩いてたから。だから医師も立ち尽くして手術、夜中に患者が豹変したらすぐ病院へ、ある意味、精神的肉体的両方の労働者かもしれませんね。大変なお仕事だと思いますよ。

    ユーザーID:2308745157

  • 職業分類と肉体負担の話かな

    職業を分類するなら、医者は頭脳労働でしょう。
    ただし、大手術や病気が蔓延する環境での仕事は、肉体的な負担は相当なものだと思います。

    そういうことが言いたかったのではないでしょうか?

    ユーザーID:0987642834

  • 肉体労働者だと思います

    小さな会社をやっている者です。義弟が整形外科のお医者さんです。

    私は顧客廻りもありますが、基本はデスクワークです。義弟は立ち仕事で、長い手術だと数時間、緊張しっぱなしです。

    切るところを間違えたり、ミスがあれば、患者さんは簡単に半身不随になったりするので、肉体労働者だと思います。

    私の仕事もプレッシャーはありますが、間違えても金銭解決出来ます。義弟の仕事でミスがあった場合、お金をもらっても、半身不随では解決にはなりません。

    その労働力とプレッシャーに応じた報酬だと思います。

    ユーザーID:9294027880

  • 比喩表現

    「それくらい体に負担がかかるハードな仕事」って意味の「比喩表現」でしょう。医者は手や足や体を使って物を運んだりはしないでしょうけど体力がない人には続けられない仕事でしょう。もちろん医者にも色々な立場の人がいるとは思いますけどね。
    トピ主さん、「冗談が通じない」って言われたことありませんか?言葉を額面通りに受けすぎだと思います。

    ユーザーID:8996518929

  • 肉体労働者ですよ

    私も医師ですが、医師の仕事の特徴を表す場合に肉体労働者の側面が強いので、肉体労働者と自称することが多いと思います。
    もちろん他の職種だって体を使わないものなどあり得ないでしょうが、ずっと机に座って人に指図しているような仕事ではないというような意味です。
    もちろん工事現場などの労働とは中身が違いますが、医師の業務は職人的な要素が多いと言えるでしょう。
    まあちょっとだけ(本当にそうですよ)収入が多めで、それなりに知恵のある肉体労働者というところが医師の実態ではないですか。

    ユーザーID:4427315683

  • 体が商売道具だから?

    立ちっぱなしとか、そういうことではなくて、単純にブルーカラーかホワイトカラーかで言うと、ブルーカラー的な要素の強い仕事だからってことじゃないでしょうか?

    ホワイトカラーのサラリーマンとかなら、オフィスで主に頭を使う仕事という感じですよね。体が商売道具というよりは、いろいろ考えることのほうが、メインの業務です。

    でも、医師は(もちろん頭も使うのですが)自分の目と耳と手を使う作業という要素も大きいので、そういう意味では工場で物を作ってるとか、建設現場で働いてる人と、似たような感覚もあるということで。

    内科とか皮膚科とかだと、ブルーカラー的な雰囲気はぐっと減るでしょうが、外科系とかだと、その場の状況に合わせて脊髄反射的な行動が求められることもあるようですし、何人かの医師から、私も「体を使う仕事だから」という趣旨のことを聞いたことがあります。

    ユーザーID:4573430198

  • 体力勝負のホワイトカラー

    肉体労働者は、普通は土木作業員など、現場で体力を主に使う作業をする人達を指して使うので、医師に使うのは本当は的確ではないですよね。

    しかし、ホワイトカラーや専門職でも、勤務時間がやたら長かったり不規則だったり、プレッシャーやストレスが非常に高かったりするため、仕事を続けるには体力勝負といった職種はよくあり、それを隠喩的に「肉体労働」と呼ぶことはあると思います。

    医師も色々ですが、勤務医で日勤・当直・日勤で30時間以上ぶっ続けで働いたりするのは、体への負担は重いでしょう。「医者は体力勝負」とよく言われますし、過労死のケースもいくつかあります。

    プログラマーやSEも納期に追われてオフィスに泊り込んだり徹夜したりするのも、よく体力勝負と言われますし、デジタル土木作業員といった呼び名もあります。

    ユーザーID:6033844633

  • そう思います

    外科はね。
    8時間立ちっぱなしとかザラですもん。

    でも肉体的にラクな科もあるから一概には言えないな。

    ユーザーID:1428181686

  • 自分が働いてナンボの仕事

    例えば不動産会社の社長なら、社長が旅行やゴルフ中で不在でもたいていの仕事はまわります。でも診察を担当する医師はその本人がいないと仕事はまわりません。科により肉体的な疲労度は違うけれど自分が働かないと始まらないという点から肉体労働者ですよ。
    「肉体労働者でない仕事って、一体な何でしょう」ということですが、私的には自分が働いていない間でもお金を稼げるシステムを持つ仕事だと思います。

    ユーザーID:0008002946

  • 医者もいろいろ

    外科系は肉体労働の要素が大きいでしょうね。
    でも、精神科なんかそうでもなさそうだし。それぞれでしょ。

    教師だって、体育と美術だとだいぶ違う。

    警察官だって、内勤と捜査の現場担当や交通関係は違うだろうし。

    一括りにするのがいけないのです。

    ユーザーID:7998315844

レス求!トピ一覧