定年後の再就職。。辞めたいがとどまるべきか

レス33
(トピ主6
お気に入り46

キャリア・職場

シニア労働者

60歳男性。
今年2月に定年退職し、知人の紹介で、それまで勤めていた会社とまったく関係ない社員数40人程度の小さな会社に契約社員(1年契約)として再就職しました。
転職先は大手上場会社の系列で経営も安定しており、かつ雇用条件もよく(役付きで給与がいい)、本当にラッキーだったと思っていました。

ところが、いざ入ってみると社長のパワハラがものすごく、毎日社長の顔色を見ながらビクビクと過ごしています。彼の怒鳴り声を聞くたびにどんどん神経がすり減っていって、彼の機嫌を取るためだけに「すみません」「申し訳ありません」を繰り返すのにも疲れてきました。

また、私はある国家資格を持っていて、一応専門分野というものを持っており、転職前の話ではその分野の仕事をさせてもらうことになっていたはずが、いつの間にか「部長」という名前の雑用係りになりさがっています。

定年後の再就職なので、私はそれでも構わないのですが、社長はそのことも不満そうです。もちろん私を「雑用係」にしているのは社長自身なのですが、その矛盾はさておき、年収(約650万円)に見合った仕事をしていないということです。次回の契約更新では減額が提案されると予想しています。

そんな状況下で、だんだんと辞めたいという気持ちが強くなってきました。しかし、私が現在受け取れる年金額ではとても生活してはいけません(年金額が低いのには色々理由はありますがここでは割愛します)。

この年齢での就職は難しいとは思います。また、就職できてもせいぜい年収300-400万円と予想しています。
それでも転職したいという気持ちがある一方、いや、もう少し我慢すべかという気持ちで揺れています。皆さんならどうしますか?

自分情報としては、10数年前に離婚し現在独身、子供なし、預金2500万円、自分名義のマンションあり、借金なし、です。

ユーザーID:9421233163

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 転職活動

    私なら、今から転職活動をして、今の会社の契約が切れたら、更新しないで次の会社に行きます。定年後の再就職で、借金やローンもないなら、少しでも気持ち良く働ける環境を探します。

    怒鳴る人の下では働けません。

    ユーザーID:4638584606

  • 何言っているの?

    完璧な会社なんてありません。定年後650万円貰い、仕事に見合ってないから300万円に減給になるのが不満ですか?預金もありローンがない、自由な身なら「気楽に仕事に来ている」と思いましょう。
    社長が辞めろという迄「お金の為に働いている」と思えば良いじゃないですか?ヒステリーなボスは何処にでもいますよ?まともに受け止めるから疲れるです。上司の立場になって考えれば気持ちが落ち着きます。プライベートでは違う顔の人って多いですよ。仕事だけの付き合いだ、立場上そうしないといけないだなと思って接してみてはどうですか?

    ユーザーID:4854527068

  • 何とも言えませんね。

    結論から言えば、預貯金額がたったの2500万円しかありませんので、ローンが無くともこれでは年金が満額支給されないと生活は苦しいと思います。そこの職場は辛そうなので転職してでも他の職場を確保した方がいいと思いますよ。後は一カ月の生活費を10万円以内に抑えて年金が満額支給されるまで我慢する方法も有りますがこの方法だと他人との接触が極端に減る可能性もあるので、囲碁や将棋等お金のかからない趣味を持っている人以外にはあまりお勧め出来ないような気がします。辛いですね。どうせ辛いのであれば今の職場で我慢するのも一つの方法かも知れませんね。

    ユーザーID:7879720555

  • 退職すすめます

    退職しないと、心も体も、壊しますよ。
    定年後の再就職って、言葉だけで、中身は現役の仕事と何も変わりませんよ。変わるのは、くたびれた自分だけです。

    幸いにも、マンションの自己名義・貯金もあるのですから、こういうときに、自分のためにお金使いましょうよ。

    ユーザーID:7790121813

  • 継続することを勧めます。

    私は団塊世代の走り、65歳です。

    私は貴方とは異なり、60歳の定年退職で自由人になりました。最近まで、私の判断は正解だったと思っていたのですが、今は甘い判断だった反省しています。

    というのは、所得税、住民税、介護保険料、国民健康保険料だけで収入(年金のみ)の20〜25%が消えてしまいます。これは迂闊でした。誰にも文句が言えず、正に自己責任です。

    貴方の再就職先の判断は正解だったと思いますよ。残念なことは、再就職先が少しブラック企業(?)がかっている点です。しかし、年収650万円は魅力ですね。

    年金生活は大変なことが多いです。予想外が多すぎます。私が貴方なら、我慢してその会社と再契約します。金がないと生きていけませんから。

    ユーザーID:9537222242

  • 何のために働くか

     生活費が最低これだけは月に必要というラインが有ると思います。 健康に全く不安はないのか。
    元気なうちにやり残したことはないか。 自分の趣味と両立できるか。60歳から先はどう働くかはご自分の人生観によると思います。貯金はたくさんあるにこしたことは無いけどいくらあってもきりがない。働く以上どんな仕事でも同僚や上司、クライアントからのストレスは同じです。給料の高低でプレッシャーの程度が比例するわけでもありません。それなりに今の環境を愉しんで割り切るか、あほらしくてやってられないか二択です。愚痴言いながら悶々と勤務を重ねるのは双方に不幸です。何のために、後どれだけ、どのように・・・・

    ユーザーID:1921552034

  • やめる

    私ならやめます。
    ある程度歳をとったら、いつどうなってもおかしくないという考えがあるからです。
    60歳から年金もらえるだけ、いいじゃないですか。
    私は65歳まで一銭ももらえません。
    でもいつ死ぬかわからないから、受給資格が発生したら減額されても、もらうつもりです。
    やりたい事を、生きてるうちに少しでもやりたいです。
    あるお金で生活すればいいと思っています。

    ユーザーID:2301420280

  • 好きなように

    好きなようにとしか言いようがありません。

    嫌なら辞めてパートでも探したらどうですか。

    貴方の歳なら厚生年金の比例報酬分しかないはずですよね。

    多い人で15万、少なくても10万はあるでしょう。

    一人身で借金がなく退職金もあったのでしょう。

    それで充分生活していけますよ。

    65歳になれば年金が増えますし

    ユーザーID:4326125060

  • 再就職の現状

    大変おつらい状況と思います。

    一つだけ知り合いからの情報です。今、60歳定年後そのまま残っていても、
    年収が半減、2年目からは月々20万程度、賞与なし。つまり年収240万と聞きました。専門の資格をお持ちなのならば転職しても大丈夫なのかなとは思いますが、
    とにかくびっくりするような話です。

    現役時代1000万超えていた方が数年後年収240万、それが今の現状らしいです。

    私の職場はある程度恵まれていますが、事務系の方は今は日当1万程度、
    手取り多分13万くらい。賞与無です。

    切ないですね。

    ただ、そういうワンマンなパワーハラスメントでは体を壊します。
    働くということは、一番大事なことは、健康だと私は思っています。

    ユーザーID:5882260755

  • トピ主です

    皆様ご意見ありがとうございます。
    予想はしていましたが、意見がかなり分かれて少し驚いています。

    預金額にしても「たった」と見るか、「そこそこ」と見るか、人によってずいぶん異なるようです。

    ただ1点共通しているのは「年収650」は、定年退職後の収入としては恵まれているということですね。確かにそうかもしれません。しかし、その事実を踏まえて、「だから我慢する」なのか、「あえて自分を大切にする道を選ぶ」のか、なかなか難しいものがあります。

    私自身は健康で、仕事をしていない自分など想像もできず、最低でも65まで、できれば70まで働くつもりでした。また、現在の預金額も十分とは思っておらず、今の年収でならさらに預金額を増やすことができるため、現職に踏みとどまるよう、自分に余計なプレッシャーをかけてしまっていたかもしれません。

    昨日・今日と、シニアの求職や失業保険を調べてみました。そうしているだけで「いつやめてもいいんだ」という気持ちになれて、それだけで少し落ち着いてきたようです。転職活動も、ダメもとではじめてみようかと思っています。

    ユーザーID:9421233163

  • レスします

    契約社員だと契約期間の途中では辞めることできないのが普通です。契約書を確認してください。期間中の解約は「やむを得ない事情があるとき」と書いてあると思います。また、事業主からの賠償請求についても記載があると思います。
    定年までとは雇用形態が違います。契約書を確認するのが最初です。

    ユーザーID:8743126248

  • トピ主です2_「再就職の現状」

    ひよこ様。そうなんです。

    私が元会社を離れたのも同じ理由からでした。私も定年までは年収1000万円前後でした。

    ところ今年から雇用延長が義務化され、会社は突然定年後再雇用の基本年収を300万円に設定し、それを超える場合はすべて例外扱いで委員会の承認が必要となりました。

    もし残っていたら、自分に対していくらの査定がついたかはわかりませんが、額面300万円、手取り200万少しという可能性もあったわけです。
    こちらの側からみると、体力的にもスキルの上からもまだまだ十分会社に貢献できているのに、この扱いか・・と。しかしおっしゃるように、これが現実ですね。

    再就職にあたって、私の国家資格なんて「この分野ができます」というアピール程度にしかなりませんが、語学ができるので久々にTOEIC受けてみようかと思っています。あれは語学テストとはいえ、語学力7割、体力3割なので、今からため息が出ますが、転職活動を有利にするような点数(900点以上)を取るためがんばってみます。

    ユーザーID:9421233163

  • トピ主です3  契約書は確認済みです

    Mr.ますりん様

    おっしゃるように、まずは契約書の確認からスタートしています。
    それによると最低30日前の通知で退職できます。

    こんなこと書くと「エラそう」とか言われかねませんが、退職を考えるにあたり、契約書の確認も思いつかないような人間に、相場より高い賃金での雇用のオファーはありません。

    あと、追加情報ですが、私の前任の部長は半年ほど休職した後退職したことが最近わかりました。

    私自身はまだそこまでいってませんが、精神的に疲れてうつうつとしてくるというのはよくわかります。
    一方社長のほうは、見事に「前任部長の退職と自分とは完全に無関係」というスタンスです。

    ユーザーID:9421233163

  • トピ主レスを読んで

    なるほど、契約書は確認済でしたか。
    トピ主レスを読んで「社長は1人いればいい。2人もいらないよ。」ということを感じましたね。個人の感想です。

    ユーザーID:8743126248

  • 切ないですね

    誰もが通る道とはいえ、この現状は・・・・
    ただ、若い人だって希望する職に就けない人が多い。
    自分を見失いそうですね。

    ユーザーID:3829007413

  • 感想

    定年退職後、同じ職場に残るのなら違うかもしれませんが、

    定年後の高齢者の再就職というのは、ほとんどが責任の伴わない雑用だと思います。(肩書きは部長でしょうけど)いままでのように部下がやってくれるわけではありません。
    文面から推察するに、ある程度大きな企業から、小さな会社に移られたのだと思います。おそらく社長の期待していた程度の仕事をしていないのだと思います。大企業と比べて中小企業は厳しいですよ。

    ご専門があるようですけど、その会社ではその専門に関する仕事が少ないのだと思います。

    残りの人生は短いです。私なら退職してストレスの少ない、自分に合った仕事を探します。年収300-400万円あれば十分生活できます。

    ユーザーID:9603843720

  • 背伸びをしない方がいい

    60過ぎると体力、能力(脳力)とも確実に年々落ちます。

    自分の能力以上の背伸びをしない方がいいです。
    TOEICで高得点をとっても実務で使えないと、逆に追い込まれます。
    自分が思っている能力の7掛けが実際の実力と思った方がいいです。

    シニアの場合、TOEICの高得点よりも、実際に海外のプロジェクトに参加した実績・経験が重視されます。

    ユーザーID:6318083430

  • 頑張りすぎない程度に頑張ってください

    個別のレスありがとうございました。ひよこです。

    別の方の例ですが、この方は現役時代多分1500万くらいはあったと思います。
    かなりお金のかかる趣味を持っていました。
    ここ数年の災害や不況などのせいで、定年前に年収がどんどん減っていたと聞きました。
    そして、定年を迎えなんとか転籍先があったものの年収半減。
    その後2年後にはさらに半減。多分年収300〜400万。
    もちろん食べていくのは十分と思います。

    でも、1500万の年収の方の生活レベルはそれなりに高く、それを一気に1/4まで
    減らされて、メンタル面でもかなりつらそうです。人間、多分ある程度贅沢をしていてレベルを極限に下げるのは大変だと思うのです。

    とてもおおらかな方でしたが、私はここ1年ほど、飲み会でお会いしても、後ろ向きな発言、暴言が続き、今は距離を置いています。でも、そうなってしまう背景も理解できます。体力もあり経験もある。生活レベルだけ極端に下がる。それを受け入れるのは、年を取った分厳しいと思っています。

    どうかあまり無理をなさらず、少しずつ頑張ってください。

    ユーザーID:5882260755

  • もしかして、そういう会社?

    650万円もの年収で、雑用しかやっていない。
    社長としても、それではかなり不満でしょう。
    だから、短期間で追い出そうとしている?

    なぜ、そのような職(役職)がいつまでも存在しているのかが、疑問です。

    以前勤めていた会社は、高給の社員を定年後にも雇いたくない。
    そのために、存在している会社(職場)!?

    ユーザーID:0098899457

  • 義兄の例

    妹のだんなは60歳で定年し、再雇用になりました。

    それまで長がつく職にいたのに、突然「実務」といえば響きはいいですが、要するに雑用、肉体労働が課せられ、けっこうきつかったようです。
    それでも収入は手取りで月10万と少し。

    でも、まだ職があったうちはいいのですが、今年で年金が満額入る年齢になって解雇されました。「満額」といっても、専業主婦の妹はまだ50代の後半なので彼女の分の年金はもらえず、本当の意味の満額ではありません。

    その後シルバー人材とかに登録はしたそうですが、まだバイトすらみつかっていないようです。生活は相当切り詰めていて、特に冷暖房はぎりぎりまで使っていないようです。

    シニアが熱中症になりやすい、気温の変化についていけないとかいいますが、かなりの人はひたすら我慢したせいで、体調を崩しているのではないでしょうか。

    ユーザーID:7992806078

  • 自由ですね

    退職金が受け取れて再就職先があるなんて羨ましい限りですが、取りあえず転職を視野に人材バンクに登録されたらいかがでしょうか。
    外部から事務系の仕事を探すならOfficeソフトは問題なく使えるのが最低限の基準です。
    (PCやOA機器がイマイチでも事務員や派遣の人に代わりにやって貰えるのは内部の伝手で再就職した人だけです。)
    トピ主様はそこに国家資格と英語があるので経験のある業務のスペシャリスト契約社員なら紹介があると思います。
    中堅の会社は年収さえ折り合えば大手企業の情報欲しがる所が結構ありますよ。

    自分名義の住宅があり扶養する家族もいないのなら年収300万でも暮らしていけなくはないと思いますが、前職と比べてしまうと何処に行かれてもキツいでしょうね。

    私は都心勤務でもっと低い年収で子どもを大学に通わせてますので、まぁ外に酒飲みに行く余裕もなく社員のバカンス話は蚊帳の外ですし人扱いされていないとたまに感じますが一応人間らしい生活は出来てますよ。

    ユーザーID:5544416126

  • 年明けまで様子をみてください。ただ、半年経った10月に何かが

    10月以降は、勤め出して半年。いろんなことが見えてくるでしょう。

    私の父も、60歳定年まで、他県からの同業の転職でした。自然の成り行きですか。。一番、出世していました。

    定年間際、ある事業主から、三顧の礼を尽くし、土下座までされて、第二の人生を迎えました。

    <<<ところが、どっこい!!!!>>>

    その人間が、父親が勤め出してすぐに、お亡くなりました。

    その後の展開、お察しください。。。。1年で辞めました。

    それからは、苦労していました。

    ただ、自分の親は、国から、賞をいただきました。

    それでも、その当時の出来事は、一切口にすることはありません。

    *********
    臥薪嘗胆、にも限度があるのが、昨今の時勢、と、そう思っています。また、そういうものではないでしょうか。。。。

    ユーザーID:7436300852

  • トピ主です4 

    皆様いろいろとご意見、情報をありがとうございます。
    苦労しているのは自分だけではないということを実感するだけで、励ましになります。

    それと、転職をすすめる意見が多いのが意外でしたが、年齢的なことを考えるとそれほど驚くべきことではなく、むしろ当然かもしれません。

    今日は会議の席で、一人の部長がサンドバッグ状態でした。普通なら軽く注意をするような場面でも、社長の発言はすべてイライラ声か罵声で相手を追い詰めていきます。今日もその部長はどんどんしどろもどろになり、社長のイライラは更にエスカレートする・・という悪循環で、聞いているだけで苦しくなってきました。

    今度の週末、現在の仕事を紹介してくれた知人に会って、事情を説明して転職活動を開始することを伝えようと思っています。彼は完全に好意で紹介してくれているので、気がついたら勝手に辞めていたという事態だけは避けたいです。

    ユーザーID:9421233163

  • 事前に知人に伝えるのはやめた方がいいです

    その知人は、主さんだけの知人ではありません。
    今の社長さんも、紹介した知人から見れば知人です。

    はっきり辞めることが決まった時点か、辞めた後で、「自分に合わなかった」「自分のイメージと違っていた」と言うに止めた方がよろしいかと思います。

    おそらく社長さんには社長さんの言い分があると思います。
    ・会社の経営がうまくいっていない。
    ・管理職に自覚がない、何が問題なのか認識がない,etc.

    >彼の機嫌を取るためだけに「すみません」「申し訳ありません」を繰り返すのにも疲れてきました。

    なぜ、社長が怒るのか考えたことがありますか?
    単に、機嫌を取るために謝っているだけでないですか?


    >いつの間にか「部長」という名前の雑用係りになりさがっています。

    はっきり言って、管理職は雑用係です。定型の仕事は一般社員に任せればいいのであって、その他、定型外の仕事(雑用)は管理職の仕事です。
    脇肘のついた椅子でふんぞり返って指図するのが管理職でないです。

    主さんのレスを読むと、社長さんが怒る気持ちが解るような気がします。

    ユーザーID:1350529738

  • もう一度冷静に考えてみたら…

    なんか、主さん、自己評価が高く、謙虚さがないように見える。
    いくら能力が高くても、新しい職場ではみんな一年生だと思う。
    仕事のやり方も違うし、その職場独自の規則やルールなども一から教えてもらう必要がある。少なくとも、一クルー(最低一年)やってみないと、その職場のことは分からないと思う。仕事が分からなければ、いくら肩書は部長でも、部下の指導はできないよ。頭を下げて、一般社員からも教えてもらわないと、仕事は覚えられないよ。
    8/24のMrますりんさんに対するレスを読むと、だれも親切に教えたいと思わなくなるよ。もっと謙虚にならなくちゃ……。

    国家資格を持っていても、その資格がその職場に必ず必要なもの(例えば、薬局の薬剤師、ガソリンスタンドの危険物取扱、とかレストランの調理師資格など)でなければ、あまり大事にされないと思う。

    「大手上場会社の系列で経営も安定…」と書かれているけど、いくら大手の系列会社でも、経営が悪いとすぐに整理されるからね。社長も生き残りに必死だと思うよ。
    「部長」は一応は経営者側だから、その辺の自覚も必要だと思う。少なくとも「労働者」ではないよ。

    ユーザーID:9306694459

  • トピ主です5 意外な展開がありました

    現職を紹介してくれた知人に会いました。
    彼は私が今いる会社の親会社と兄弟関係にある会社の方です。私より若いですが、社会的な地位はずっと上にいます。

    そこで現状を報告すると彼から意外な話が出ました。

    ・現会社社長の噂は最近違うルートでも耳にして、気にしていた。彼は以前はもう少し違っていたのだが、年齢と共に変わったのか、あるいは自分が知らなかっただけかもしれない。

    ・実はあなたの(=私のことです)定年時に、今の会社の親会社のほうでもあなたを取ってはどうかという話が出たたが、条件的に現会社のほうがよかったため、そちらを紹介した。

    ・関係会社内での転職になってしまうので、今さら親会社のほうへ移るのは無理があるが、例えば50%出向という形で、現職の負担を軽減することはできるかもしれない。

    とのことです。

    もちろん上記申し出は親会社のほうが今でも私を取りたいと言ってくれるかどうかにかかってきますが、退職前の私の業務はかなり特殊なものでしたので、その方面での業務をしてくれるなら、という条件付きでよいなら親会社のほうへ打診してくれるとのことです。

    ユーザーID:9421233163

  • トピ主です6 意外な展開の続き

    (続きです)
    退職前の業務は、どちらかと言えば「本来自分がいるべきではない、当面の分野」、「いずれは本来の専門分野へ戻りたい」みたいに感じていたのですが、社会ではそっちの(仮)のほうが評価され、かつ需要もあるということを今さらながら実感いたしました。

    それにしても、その知人が本当に親身になって心配してくれている、という事実がしみじみと心に沁みこんで、アルコールが入っていたせいもあって、ついジンときてしまいました。

    知人からは来週中にも返事があるとのことですが、すでにここでご相談させていただいていたおかげで、たとえそちらがダメでも腹をくくる覚悟はできてきたように思います。

    ユーザーID:9421233163

  • 現状認識が甘いのでは……

    前の会社で
    >額面300万円、手取り200万少しという可能性もあったわけです。

    というより、ほとんどの人がこれに該当するのでないですか?
    仮定として、去年までは、
    60−62の2年間で総支給額1500万円とします。年間750万円払っていた。
    今年から、65まで延長したので、単純に支払う総額を同じにするために、
    60−65の5年間で300万×5=1500万円にしたのでないですか?

    ですから、委員会で特別に評価をされるのは、特殊技能や資格などを持っていて、その人が抜けると補充ができず、仕事がストップする人だけが対象になっていると思います。

    普通の部課長などの管理職はいくらでも補充がきくので、働く能力があっても、査定は300万円になると思いますよ。

    >こちらの側からみると、体力的にもスキルの上からもまだまだ十分会社に貢献できているのに、この扱いか・・と。しかしおっしゃるように、これが現実ですね。

    当然だと思います。

    ユーザーID:5587919216

  • おもしろい!


    最初のほうのレスではトピ主の疑問に直接答えるものが多かったですが、だんだん本題からはずれて、しかもどこにもそんな情報ないのに
    「社長の期待していた程度の仕事をしていない」
    「社長には社長の言い分がある」
    「もっと謙虚に仕事を教えてもらうべき」・・・。

    なんか違いますよね。たとえ上記が該当してたとしても、パワハラが正当化されるものではないです。
    上記のコメントは、いじめ問題で「いじめられる側にも問題はある」論理とまったく同じです。

    まあ、やっかみも入っているのかもしれませんが。

    ユーザーID:4637754699

  • 追加レス読みました

    主さんを紹介した知人の立場が分かりました。

    いわゆる、親会社にも影響力のある人で、今の会社の社長さんよりも立場が上のようですね。

    そうなら、社長さんからみると、望んで主さんを招いたのではなく、力関係で押し込まれたと思っているのではないでしょうか。

    なんとも微妙ですね。

    ユーザーID:9306694459

レス求!トピ一覧