やる気スイッチが入らない

レス3
(トピ主0
お気に入り32

生活・身近な話題

りとる

普段家にいると、ぐだぐだしています。

歯を磨かなきゃ、だとか
洗濯機が止まったから洗濯を干さなきゃ、だとか
眠る前に炊飯器のご飯を冷凍庫に移さなきゃ、だとか
思うものの、実行できず、ぐだぐだしてしまいます。

結局、まぁいいかと思ってしないこともあります。
洗濯は明日干そうだとか
今日は暑くないから、ご飯は腐らないだろうとか
そう思って、何もせずに眠ってしまいます。

子供の頃から怠惰だったようにも思うけれど
実家にいた頃(学生の頃)は
もう少しきちんとしていたようにも思います。
一応、勉強やら習い事の練習やら
していたようにも思います。

頭では分っているのです。
12時には寝たいから、今洗濯物を干さなくてはいけない。
たかだか10分もしないことだから、今すればいい。
だらしがない。
こういう風だと、結婚した後に困る。

でも、やる気スイッチが入らないのです。

仕事でも、割りに「今しなくてもいいこと」は後回しにします。
本来であれば、請求されたものはすぐに処理をすべきことでも
明日でも構わないと思えば、翌日に回すことも多いです。
(職場の雰囲気として、すぐにしなくても何も言われないので
余計にそうしてしまう)

今しなくても、まぁいいか、良くないか
という判断をし、まぁいいかに転ぶのです。

切実に困っているわけでもないけれど
なんだかだらしがないし、もっと時間を有効に使える気もします。
また、やる気スイッチが入らないほど疲れているわけでもないのに
と思ってしまいます。

世の、テキパキとした方々は、どういう風に
やる気スイッチを入れているのでしょうか。

ユーザーID:3946882756

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • やる気のスイッチは

    脳科学者が書いた勉強法の本で「やり始めないと、やる気のスイッチは入らない」と書いてありました。
    この本は勉強の効果的なやり方についての本でしたが、日常生活や仕事においても同じだと思います。

    めんどくさくても、とりあえず始めてみる。
    だらだら休んでからしよっかな〜と思った時も、一休みする前に簡単な事だけやってみる。
    明日で良いやと思っても、5分でできる事だけ先にやってみる。

    例えば、
    ご飯食べた後に食器洗わないといけないけど、一休みしたいな〜ついでにTVで面白い番組始まったから…気が付いたら何時間も過ぎてた。
    こんな時は、ごはん食べた後→食器をキッチンに持って行く→とりあえず1枚だけ皿を洗ってみる。
    全部綺麗にお皿を洗おうと思ったら大変なので、1枚だけ洗う。1枚洗ってみてもやる気が起きなかったら、とりあえず諦めて、次の方法を考えてみてください。

    ユーザーID:8759940955

  • わたしも同じです

    やりたくないなあと思っていたら、

    そのまま忘れて寝てしまいます。

    炊飯器のご飯翌朝そのまま入っていたことがあります。

    なので、気付いた時すぐやることを実践しています。

    洗濯なんかは、家族がお風呂に入った後すぐ洗って

    クーラーがきいているリビングで干しやすいように

    タオル、Tシャツ、ズボンとしわをのばしながらわけて

    前の夜干してしまいます。

    先延ばしにすればするほどじゃまくさくなってしまわないですか?

    ユーザーID:8264287961

  • 自分に厳しく

    あなたはきっと、今まで本当の意味で苦しんだり

    死ぬほどの後悔をしたことがないのではないでしょうか。

    全てが「なんとかなってきた」からこその怠惰な生活なんですよね。

    今のままでは良くないとわかっているならやりましょうよ。

    自分を変えることができるのは自分だけです。

    「明日やろうはばかやろう」という言葉があります。

    今できることは今やる。

    残業したり、夜更かししたり、体や精神を無理な状態にまで

    自分を追い詰める必要はありませんが。

    本当に困った事態に陥る前に、自分を戒めるしかありません。

    ユーザーID:3403924093

レス求!トピ一覧