• ホーム
  • 話題
  • 稲刈り後の田んぼで遊んだ経験ありますか?(駄)

稲刈り後の田んぼで遊んだ経験ありますか?(駄)

レス59
(トピ主5
お気に入り30

生活・身近な話題

サラ

最近、近くの田んぼを見て、稲穂がたわわに実っているのをを見たら「良い季節だなあ・・・この後稲刈りが終わると、田んぼでよく野球とかして遊んだなあ〜」と懐かしくなってしまいました。私は今40代後半ですが、私の世代は、学校のグラウンドも公園もあったのですが、外遊びと言うと、稲刈り後の田んぼ、が、物凄く良い遊び場だったんです。(笑)さっき書いたように、野球をしたり、まだ、水が入っている時には、あぜ道の小さな花を摘んで遊んだり、また、雪が降ってくると、皆で雪の坂を作って、スキーをして遊んでました。今でも、近くに田んぼがあるところに住んでいるので、田んぼは本当に懐かしい気持ちの良い場所です。「今の子どもは田んぼで遊べなくて可愛そうだなあ」なんて思ってたんですが、田んぼで遊ぶって、もしかして、私が田舎育ちだからかな?って、気付いて、ちょっとお尋ねしたくなりました。稲刈り後の田んぼで遊んだ経験や、あぜ道で遊んだ方いらっしゃいますか?ついでに、私はおたまじゃくしも捕まえて遊んでいました。

ユーザーID:3986045928

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数59

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 遊んだ遊んだ♪

    アラフォー女子です。
    子供時代が懐かしくてレスします。
    私は、田植えの水を張る前の田んぼで遊ぶのが好きでした。
    春が来ると、田んぼは一面ピンクの蓮華(れんげ)畑でした。
    蓮華の花で花かんむりや首飾りを作って遊んだっけ・・・
    今でも春になると、その蓮華畑の匂いを思い出して懐かしく思います。
    今は田んぼもない都会に住んでいるけれど、子供たちにはそうやって遊ばせてやりたいと思うなあ・・・。

    ユーザーID:0106202468

  • ありますよ

    中学校の通学路が、学校近くの残り300メートルが、あぜ道でしたねぇ〜。
    小学校のころは、近所の田んぼで遊んだことはあります。でも稲刈り後は刈った後のボコボコ(稲の株?)があって、歩きにくいし、ちょっとふらつくと、それで足を擦りむいたり、好きではありませんでした。中の土を耕した状態で冬に霜柱ができているときなどは、入って踏みつぶして遊びました。これは楽しかったですね。田んぼの土手にレンゲや彼岸花、ホウズキ等があったのも覚えています。母がよく季節と花の話をしていたのですが、その頃はほとんど上の空。聞いてませんでした(ごめん)。

    今現在も田んぼがすぐ近くにありますが、眺めるだけですね。でも水を入れて、田植えをして、緑から黄金になる田んぼは、ホントに季節感があって、気持ちがいいですね。改めて日本の源風景なのだな、と思います。

    素敵なトピをありがとう!

    ユーザーID:9494049625

  • 遊んでいました!

    田んぼに出来た氷を踏んで、靴をかたいっぽ無くし、はだしで山道を登って帰った記憶があります。
    おたまじゃくしも取りましたし、れんげも摘みましたよ。

    ちなみに都下某市です。
    開発により今では田んぼはすっかり無くなりました。

    ここらへんは昔たんぼでね…と祖母や親から聞いてきた自分が、いつのまにか言う立場になりました。

    ユーザーID:1069334387

  • ひとさまの土地ですよ?!

    勝手に入って野球など、とんでもない!!!

    というようなレスが並ぶ気がしますが、
    私も昔はやりましたよ。
    アタックナンバーワンの時代だったので、
    バレーボールでしたが。

    刈ったあとの切株? に、足を取られながら。
    懐かしいですが、今の時代、
    子供達に勧めることは出来ませんし、
    思い出話をすることもはばかられます。
    正直な意見です。

    ユーザーID:3482801505

  • ありますよ

    と言っても、近所の人が所有している田んぼ(結構な広さでした)で
    許可を貰えた時のみ遊ばせて貰っていました。

    許可無しで遊ぶ事や、知らない人の所有している田んぼに入る事は厳禁で
    子供達も其れをシッカリ理解し約束事も守っていたので
    トラブルになる事も無く、楽しく遊ばせて貰っていました

    オタマジャクシも捕りに行った、ヒルを見付けると大騒ぎになった、ヤゴを捕まえた子は英雄扱いだった(笑)
    田んぼに水を引く為の用水路に居るザリガニ捕りもしました
    稲刈り後にバッタなどの昆虫を捕まえたり
    冬は田んぼの所有者さんと近所の子供達の父親が協力してミニスキー場のようなものを作ってくれて、其処でソリ遊びしたりしました

    代わりに、田植え後の雑草取りを手伝ったり
    収穫時に機械では収穫出来ない隅っこの稲穂をカマで収穫する手伝いをしたりしていました

    当時遊ばせて貰っていた田んぼは、今は宅地になってしまいました

    田んぼ特有の土の感触や、稲刈り後の匂いとか凄く懐かしいですね

    ユーザーID:4188241787

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 懐かしいです

    自分は比較的‘街の子,でしたのが、父母の実家が理想的な田舎でした。
    稲刈りが終わった田んぼの、稲の根っこ?を踏んで歩く足の裏の感覚、田んぼの真ん中を貫く狭い畦道を全力で駆け抜けたエネルギーが懐かしいです(笑)
    夏の終わりから現れるトンボの大群も大好きでした。
    用水路に葉っぱの船を流し、どこでまでも追いかけ、冬は田んぼに降り積もった雪の上を走り回ってました。凧揚げ(カッコイイ柄のカイト)も忘れません。
    お墓参りの時は、大人は車、子供はわざわざ山道コース。木の枝には蛇がぶら下がり、信じられないくらい澄んだ小さな清流には、オタマジャクシとメダカ…手ですくって、いつまでも眺めていたものです。私が成人した頃に、アスファルトで整備され、二度と戻らない光景になりました。
    今頃の季節になると、夕日に染まって果てしなく広がる田んぼと山の風景が恋しくなります。なんか泣けますね。

    ユーザーID:6190630518

  • なつかしいですね

    私は50代なのでもう時代が違うかもしれませんが、
    当時は手作業で稲刈りをしていたので子供でも手伝いをさせられました。
    疲れるし大変なんだけど何かワクワクした気分を思い出します。
    稲刈りが終わってだんだん秋の夕暮れがせまってくる風景。
    胸がキュンとなります。

    春にはよくあぜ道で遊びました。
    れんげそうを摘んだり、近くの小川でめだかを採ったり。

    夏はもちろん裏山でセミ採りです。

    九州なので、たまーに雪が降ると嬉しかったなー。

    今は都会というほどではないけど、住宅地に住んでいるので
    また自然の中で暮らしたいなあと思います。

    ユーザーID:0402229851

  • 遊びました。

    栃木県出身の40代です。
    学校の帰りによく遊びましたよ。
    稲刈り後の田んぼに稲穂?(刈った後に干してあるのをよく倒して怒られてましたけど…)
    私の子供時代は遅くまで
    外で遊んでいましたね。
    DSやPSPや携帯なんて無かったし。
    そんな時代が懐かしいですね。

    ユーザーID:5455505045

  • 田んぼは平原

    田んぼで遊びまくりました。
    春先、レンゲが生えるころは一面ピンクで、転げまわるわ、ダイブするわ、毎日遊んでました。
    甘いレンゲの香りとミツが懐かしいです。
    通学途中に、実ってきた籾を茎からしごき取ったこともありました。ごめんなさい。
    秋の収穫が済むと藁が干され、そして積まれていました。
    小さな丸い小屋のように積まれていたり、台形に積まれていたり。
    すみません、すみません、その積まれた藁山を崩したのは私たちです。
    藁山に突撃すると藁のいい香りがして、暖かで、チクチクして・・・
    本当にすみません。

    田んぼの側溝で田うなぎを捕まえたり、蛙、トンボ、ちょうちょを捕まえたり。
    たまにヘビと対峙して眼付け比べし、鎌首を持ち上げらて、死ぬほど逃げてみたり。

    田んぼは大事な遊び場でした。

    ユーザーID:5231673945

  • 親や親戚の田んぼで遊びました

    雪が降らない地域でしたが、田んぼでは凧揚げしかしたことはありません。
    近所の子供たちもみんなそうです。
    稲刈り後とは言え、田んぼを踏みつけると次の耕作に影響が出るので。

    トピックスを読んで思ったのですが、トピ主さんが遊ばれていたのはご家族の田んぼですか?
    私は田んぼの持ち主がわからない田んぼでは遊んだことはありません。
    このようなトピックスを見ると「田んぼで遊んでもOK」と勘違いする人がいそうで迷惑です。

    ユーザーID:4772003002

  • 懐かしい!

    こんにちは、懐かしいですね。

    私も子供の頃は、よく田んぼで鬼ごっことか凧揚げとかしてましたよ。
    電線が田んぼの上に無かったので、絶好の凧揚げ場所でしたね。
    ただ、鬼ごっこでも夢中になりすぎるとたまに「ズボッ」と嵌ってしまい
    足が抜けなくて大変でした。そして靴も泥だらけになるのでよくお母さんに
    叱られてました(笑)

    あぜ道の水路も好きでよく魚や蛙やヤゴ、ザリガニ等、捕まえてました。

    今の子供はそういう遊びが出来ないから、少し可哀想かなって思いますね。

    ユーザーID:7929445686

  • 凧揚げ♪

    ゲイラカイト(歳がばれますね(笑))が流行ってた時に冬の田んぼであげてました。
    夏場でまだ苗の時は水棲動物(オタマジャクシやアメンボ他)を獲ったりしてました。

    ちなみに私が住んでいるところは東京の調布市です。
    昔は沼地みたいなところが有ったり、ザリガニ獲りなど良く言ったものです。

    子供たちだけでは絶対行かないように。と学校から言われていました。
    夏場はマムシが出るとも言われてました。

    春ごろはレンゲがキレイだったのを覚えています。
    分かりやすく言えば”尾瀬のハイキング道”みたいに木が湿地を渡ってた感じです。

    今はそんな面影は一切有りませんが。

    ユーザーID:1302106963

  • 遊んでいました

    懐かしいなあ。
    春や夏は用水路でおたまじゃくし捕まえたり、野花摘んだり。
    稲刈りが終わって冬になれば一面遊び場!
    道の突き当りの田んぼなんかは道路側にブルドーザーで除雪した雪を積み上げられて山になるので、そのままそりやスキーで滑ったものです。
    中学高校の時は冬場、学校の周りの田んぼが雪で埋まり、どこまでもノルディックスキーで走らされたのでちょっと恨めしかったけど。

    今住んでいるところも周りは田んぼなのですが、稲刈り後でも田んぼに入る子はいません。
    いると学校に苦情がはいります。
    なので、田舎でもいまは田んぼでは遊ばないのかもしれません。

    ユーザーID:0772563657

  • 稲刈り後よりも

    春の方が記憶に残ってますね。
    レンゲソウの上に寝転がって上から摘んだレンゲソウをかけて「フトンー」とかやってました。
    ドジョウやザリガニもいましたね。
    オタマジャクシは大量に捕まえて、足が生えたところで小川や田んぼに返してました。

    ユーザーID:1272300147

  • あるある

    おたまじゃくしの頃は、カブトガニも良くとりました。

    稲刈り後の田んぼに入り、水が残っている所でショックン(ガマガエル?)

    と遭遇して「ビクッ」となったり…

    刈った後の稲を、上から踏んだ感触が好きでした。

    ユーザーID:1893307894

  • よその田んぼに入っちゃっダメ

    実家は農家です。
    40代まだ前半です。
    小さなころから、タイトルのように「よその田んぼに入っちゃダメ」と言われて育ちました。
    なので、田んぼに入るとしても、自分ちの田んぼだけでした。
    稲刈り後の田んぼって、切り株じゃないけれど切って残った部分があるので、野球なんてできないと思うのですが。
    私の場合、実際に遊ぶのは、凧揚げくらいでしたね。
    畔道は、田んぼの間というよりも、用水と田んぼの間の畔道なら虫取りとかで通ったりしていましたが、基本自分ちの田んぼのまわりの畔道以外は通りませんでした。
    あ、でも、学校帰り、カブトエビが大発生している田んぼは、周りに自分を含め子どもが群がっていたような気がします。

    ユーザーID:2608404982

  • 懐かしい〜

    遊びましたよね〜
    「こら〜誰の土地だと思ってんだ〜」なんて事も言われた事なし。
    今考えると、昔の田舎の人たちって大らかだったんですね。
    稲刈り後の田んぼで、トンボを追いかけて走り回ったりしました。
    妹と大声でピンクレディーの歌歌いまくったり(五月蠅かっただろうな)

    春にはレンゲが植わってて・・・
    でもあれって、ちゃんとレンゲの種を蒔いてお花を咲かせてくれて
    いたんですね〜
    当時はそんな事知らなくて、勝手に生えてるんだと思ってました。
    季節のうつろいみたいなものを肌で感じる事が出来ました。
    懐かしいなあ。
    アメンボとかどじょうとか、ゲンゴロウとかミズスマシなんかも
    居たっけなあ。
    田んぼに大の字に寝っ転がって、不思議な形に変わる雲を延々と
    眺めたり、心地よい風に吹かれたり・・・
    日焼けなんて気にもしなかったあの頃。
    もう一度戻りたいなって思いました。

    ユーザーID:3507237976

  • 落ち穂拾いしました

    半世紀近く前の話です。友達大勢で刈り入れ後の田んぼに行って、落ち穂拾いしました。たいてい近くで
    モミガラ焼いていたりするんで、その火で落ち穂を焼くのです。うまくできると、稲穂のお米が花が咲いた
    ように膨らみます。それがおやつ。美味しかったかどうかは覚えてませんが、自分で採ったものを喰うって
    行為が楽しかったんだと思います。

    今は機械で刈るので、落ち穂は出ないんだろうなぁ。

    ユーザーID:4085892892

  • 懐かしいなあ〜

    東京よりの千葉県で幼少期を過ごしました。
    (きっとトピ主さんより、だいぶ年上だと思いますが)
    小学生くらいまでは田んぼ、ありましたね。
    中学生ころはどうだっけ?記憶が定かでないなあ・・・

    おたまじゃくし、ザリガニ捕り。
    そして、そうそう!雪が降ると雪遊び、雪ダルマ、斜面でそり遊び。

    30年以上前にその町を離れ、以後ほとんど帰る事はなかったです。
    いろいろと事情がありまして。
    今は年老いた父だけが住んでいます。
    海外に住んでいますので、やはりそう頻繁には帰りませんが、
    ずいぶん変わりましたね。
    宅地開発が進み、昔遊んだあたりには田んぼの田の字もありません。

    蛙のたまご、あのゼラチン状の、まるでへその緒のように長いの。
    あれを引きずって帰って、庭の池に放り込んでおいたら、
    翌年蛙が大量発生、庭中ぴょんこぴょんこ飛びまわって・・・
    爬虫類嫌いの祖母に怒鳴り飛ばされましたっけ。

    今あの町で子供時代を過ごしている子たちは、
    ザリガニなんて見たことも無いかもしれないな・・・

    ユーザーID:3229551700

  • 私も遊びましたよ〜。

    新宿まで電車で30分の距離に住んでいました。家は住宅街の中にありましたが、少し離れたら田畑がたくさん。稲刈り後の田んぼの足の裏に当たる株(というのかな?)のゴツゴツとした感触。畦道に咲く菜の花の風に揺れる様子。森や小山もあって、『となりのトトロ』は身近な世界でした。今はもう、マンションや住宅街になってしまいました。

    ユーザーID:2973181949

  • 言い忘れましたが

    私も四十代です。おたまじゃくしやザリガニ、捕まえて遊びましたよ〜。今は見ませんね。

    ユーザーID:2973181949

  • しみわたり

    冬、雪が積もった田んぼが凍り付いた朝は小学校まで「しみわたり」しました。
    途中で溶けたところにはまってしまいドロだらけになったことも。

    土手から田んぼにむかってソリで滑ったり。
    そういえば遊ぶのはもっぱら冬だったような。

    なつかしいなー。

    ユーザーID:1540361087

  • まったく同じ少年時代を過ごしました

    40代後半の男性です。
    もう40年も昔ですが、或る地方都市に住んでいた小学校低学年時代、トピ主さんと同じように遊んでいました。

    学校の前に田圃と草ボウボウの空き地があり、そこの農家の方は田植えの様子を学校に見学させてくれるなど
    学校に協力的な方で、稲刈り後の田圃で遊んでいても何も言われませんでしたね。

    クラスメートらと鬼ごっこをしたり、空き地ではバッタやカマキリを捕まえたりして時間を忘れて遊びまくって
    いました。ふと気づくと、向かいの木造校舎が晩秋の夕焼けに染まって・・・。そこに帰宅する校長先生が通り
    かかり、「早く帰りなさい」と声をかけられたり・・・。

    夏休みは東京に住む従姉妹が遊びに来て、彼女らは田圃でアマガエルをいっぱい捕まえて東京に持って帰りました。
    トンボも大量に捕まえて、家の部屋を閉め切ってから放してみたり・・・。

    今は東京に住んでいますが、もう二十年も前に、その田圃も整地されて住宅街になり、古びていた学校の校舎も
    全て建て替えられてしまいました。

    嗚呼、何もかもが、今は遠い日の幻です・・・。

    ユーザーID:1283814058

  • いまだに

     現在でも田んぼ周辺で活動していますよ。
     田んぼでミジンコを採取したり、タニシを捕獲したりしています。

     春だとフキノトウですかね。

     元々自然を観察するのが好きなので、水辺は貴重な観察場所となっています。

    ユーザーID:8068635491

  • 私も

    田舎だったので田んぼは遊び場でしたね。私はイナゴもとりましたし(笑)稲刈りの後はバドミントンしたりボール遊びしたり。おたまじゃくしもとりましたよ〜田んぼに水がないと猫が隠れてたりして一緒に遊びました。米所の県は一面田んぼだったりしますが、果てしなく緑や黄色で綺麗ですよね。思い出大切に。

    ユーザーID:6427705928

  • 都心に長く住んでいますが・・・

    ありますよ。実家(関西)にはまだ田んぼがあります。

    小さいころは刈り取った稲の天日干しや脱穀を手伝ったりしました。

    田植え前の田では、レンゲソウを摘むことに夢中になりました。
    オタマジャクシを捕まえに来る子たちが稲を踏み倒すので、よく親は困っていましたね。
    脱穀が終わった後の田では藁を使って近所の子供たちが基地を作ったりしていました。



    今は、稲刈りもコンバインがすべてやってしまうので、お手伝いすることはありません。
    お米は温暖化の影響もあり、良いお米が出来なくなってきたように感じます。

    ユーザーID:5882828132

  • 遊びましたとも

    トピ主さんとほぼ同世代です。私がしたことといえば、稲刈り直後にイナゴ取りですね。もちろん食べるためにとるんです。
    それから冬休み期間に三九郎ですね。地域によっては「どんど焼き」というようですが、私の育った土地では「三九郎」でした。竹やぶから10メートルはあろかという竹3本伐って田んぼに運んで3脚のように建てて、稲藁で覆ってちょっとした小屋みたいにするんです。夜になったら、正月の縁起物や書初めなどを持ってきて盛大に焼くんですねえ。残り火で餅を焼いて食べると、1年間健康で過ごせる・・・というような行事でした。今思い出すに、大人がつくのは焼くときだけ、竹を伐って建てる作業のときに大人がいた記憶がないんです。昔は子供(小学生)だけで何でもやってたんですね。

    ユーザーID:5808227757

  • そういえば、ない!

    40代です。
    親戚の家の苗代を見たことあるし、田んぼはあきるほど見てきましたが、そういえば田んぼの中で遊んだ経験はありません。

    昔は、刈り取った稲を、壁のように組んだ丸太(?)にのせて天日干ししていましたが、最近はそんな景色も見ませんねー。

    ユーザーID:4955645626

  • 遊びましたよ。

    34歳女です。
    冬休みによくいとこ達と田んぼで遊びました!
    凧揚げとかキャッチボールとかしてましたよ。
    田舎なら普通じゃないのかな〜。

    ユーザーID:7004933903

  • 田舎育ちでした

    懐かしいです。
    まだ水が入っていることは仕切りの部分を歩いて向こう側のあぜ道に出たりしていました。でも途中で足を踏み外して泥水の中に足がスッポリなんてこともたまに。でもやめられないんですよね。泥がついて重い靴を引きずって家に帰ったりしました。

    また稲刈り後は藁に埋もれて遊んでました。近所の子供達が集まって藁に埋もれたりかけあったり。とても楽しかったのを覚えています。
    懐かしい思い出を思い出さしてくれてありがとうございます。

    ユーザーID:0490542582

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧