現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

残された前妻との子たちにどう言ったらいいものか… 携帯からの書き込み

エノキダケ
2013年9月20日 9:08

32歳会社員です。
最近、病によって4年前に結婚した夫を亡くしました。
私は初婚でしたが夫は前妻と死別した再婚で13歳年上であり、二人の娘(小2・幼稚園年中)がいました。

亡夫は、前妻との子が可哀相だから絶対に実子は設けないという方針でした。
私は本来、出産はおろか結婚自体するつもりはなかったのですが、「出産しなくていい」「義母は実孫がいるため納得済」ということで、利害が一致したため結婚に踏み切りました。
生前は子供たちとも仲良く、要介護だった義母の介護もし、うまくいっていました。
子供とも、義母とも仲良しでした。

ただ、夫が亡くなってまで、残された子供や親の面倒を見るわけがないので、死亡手続きと同時に姻族関係終了届けの手続きを進め、夫は一人っ子のため義母と子供たちには身寄りがなくなるので施設を紹介してほしいことを伝えました。

義母はすんなりと施設が決まり、本人も納得したのですが、問題は子供たちです。

本文が長くなってしまうので、続きます。

ユーザーID:2247453379  


お気に入り登録数:2708
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:8本
トピ主のみ(8)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
トピ主・続きです。携帯からの書き込み
エノキダケ(トピ主)
2013年9月20日 13:47

子供たちはとても私に懐いており、一緒に暮らすことはできないのかと駄々をこねられます。
役所や施設の方も、子供たちの様子を見て、考慮の余地はないのかと言われます。

私は子供たちとは非常に仲良くやってきており、周囲からも「本当に仲良し」と言われておりましたが、それは「大好きな夫との結婚生活を維持する」という目的を達成するための手段でしかなく、夫が亡くなった今はその子たちの面倒を見ることは考えられません。

金銭的には、私が働いてこれまでと同じように2人育てることは可能です。
ただ、私は、夫に結婚生活を継続してもらう代償としてその子たちの「いい母親役」を演じていたのであり、夫が亡くなった今、私が働いて育てるという選択肢はさらさらないのです。
つまり、施設に入れることは覆りようのない事実であり、考慮の余地もありません。

そこで皆様に相談です。
子供たちにはどのように対処すれば良いでしょうか。
・きっぱりと本心を話し、悪者になって去る。
・本心は隠し、「一緒にいたいけれど育てられない」という話をする。

どちらがベストか、皆様の意見を聞かせて下さい。
よろしくお願いします。

ユーザーID:2247453379
トピ主です。携帯からの書き込み
エノキダケ(トピ主)
2013年9月22日 11:23

皆様、レスやアドバイスありがとうございます。
どのような方法をとっても批判される方はいらっしゃるでしょうし、それは仕方のないことだと思います。

亡き夫へは、そもそも「本当の」愛情というものはなかったのだと思います。
条件が合う人間だから、好きだったのです。

亡き夫は
・自分より稼ぎが良く
・母親役と介護を担当してくれて
・実子を望まない

この条件が揃ったから私と結婚した。

私は
・仕事を続けることを推奨してくれて
・家事を完全に折半
・自分より稼ぎが悪いから、腰が低い
・実子を望まない
・養子縁組みはしないという条件を呑んでくれた

この条件が揃ったから夫と結婚した。

お互い、「この人じゃなければいけない」という感情はなかったのです。
条件が揃えば、誰でもいい。
ただ、その条件が揃う人間なんてそうそう見つからないことを知っているからこそお互いに「手放したくない」となってうまくいっていたのです。

ユーザーID:2247453379
トピ主です携帯からの書き込み
エノキダケ(トピ主)
2013年9月22日 11:36

皆様からの疑問点について補足いたします。

・養子縁組みについて
していません。養子縁組みを望まれていたなら、そもそもこの結婚は成り立っていません。

・亡き前妻方の親族について
役所を通じて連絡をしていただきました。
その結果、前妻の弟夫婦が引き取って前妻父母の介護をしているので、そこに孫までというわけにはいかないそうです。

・遺産・保険金について
私は相続放棄をするため、亡夫の遺産・保険金は一切受け取りません。
そちらは子供と義母に使っていただければいいと考えています。
家計は完全折半していたので、自分名義の貯蓄は自分のものであり、それは渡す必要がありません。
現在の家は、頭金・ローンとも折半なので、土地と家を売り、ローンをすべて清算した後でその額を折半します。

とりあえず、やるべき対応はしっかりした上で施設に送るよう動いています。

ユーザーID:2247453379
トピ主です。携帯からの書き込み
エノキダケ(トピ主)
2013年9月22日 14:43

夫との話はどうなっていたのか、という点について説明します。

結婚前から「私はあなたとの婚姻生活のために子供たちと義母の面倒をみる。ただ、あなたの死後は同じように面倒をみることはできないので、私より長生きしてください」という話はしていました。

そして夫が亡くなる直前に改めて病床にて話し合いました。
夫は私がそう告げていたにも関わらず「死後も面倒をみてほしい」などと訳のわからないことを言い出したので、きっぱりその可能性はゼロであることを告げています。
前妻の両親への連絡・相続については、前レスにて記載した内容が、病床にて夫と契約を交わした内容です。

夫側の財産には私は一切手を出さない、本来の権利である1/2を手切れ金として子供たちと義母に渡すという意味での相続放棄なので、今後私が子供たちや義母に会うことは一切ありません。

これまでのレスを読んで、方針が固まりました。
「本音も言わず、期待をもたせるような嘘も言わず」
ただ、淡々と事実を告げることにします。

お父さんが亡くなってしまった以上、本当のお母さんでない私だけと一緒に暮らすことはできない。

これだけにしようと思います。

ユーザーID:2247453379
トピ主です。ossan様へ携帯からの書き込み
エノキダケ(トピ主)
2013年9月22日 18:58

個別のレスはしない方向ですが、ossan様にお尋ねしたくレスします。

私に、夫の死後、子供たちの養育の義務があるというのはどの法律・または条例によるものでしょうか??

この件については役所の人間・弁護士事務所・施設の人間
それぞれと話をしてきましたが…
どなたからもはっきりと「養育の義務はないが引き受けることはできないのか」という話をされています。

私は、法律・条例を侵してまで養育放棄は致しません。

養子縁組をしていない・姻族関係終了届を提出した関係において「義務がある」のであれば、その根拠はどの法律・条例によるものかお答え下さいませ。

ユーザーID:2247453379
トピ主です・結婚の理由携帯からの書き込み
エノキダケ(トピ主)
2013年9月23日 16:58

皆様、レスありがとうございます。
方針は「事実を淡々と伝える」ということに固まりましたので、これ以上お話する必要はないかもしれません。
ただ、疑問点にはお答えしておこうと思います。

私は、結婚を「恋愛という面倒くさいものを正々堂々と永久放棄できる手段」と考えております。

女性というものはある一定の年齢になれば必ず恋愛・結婚に対するプレッシャーというものが課せられます。
それらを除去するために「既婚者」という肩書きが欲しかった、私が結婚を考えた理由はただそれだけです。
そこに「実際の生活は単なる同居人でありながら既婚者という肩書きだけを手に入れられる相手」である亡夫が棚牡丹のように降ってきたから結婚した、それだけです。

私側のメリットがまるでない、と仰る方もいらっしゃいますが、この生活は十分なメリットでした。
私の世間体を作る便利な道具として「夫が大好きでした」。

結婚の理由としては、やはり世間体でしょうね。

ユーザーID:2247453379
トピ主です携帯からの書き込み
エノキダケ(トピ主)
2013年9月23日 20:48

子供たちを育てる、という選択肢がそもそもないというのは「割に合わない」からです。
これが遺産・保険金含め「割に合う」のであれば、引き取ることも検討しました。

亡夫は非正規社員であり、厚生年金にすら入れていなかったのです。
その年齢にして、私が新卒時の給料よりも低い収入でしたから。
その状態で家計を完全折半していたので(同額を家計口座に入れ、残りは各自の自由という管理)、夫名義の貯蓄も微々たるもの。
子供二人を育てるには、全然足りませんから割に合いません。

これが、十分に育てられる額が残されていたなら、引き取ることも考えたかもしれませんね。

ただ「万が一」私が引き取るという選択肢を選ぶことを考えました。
そうなると、子供たちのために私のお金を使う気は一切ないので、中学卒業と同時に働いてもらうことになります。
亡夫の残した貯蓄・支払われる年金だけで二人にかかるお金を賄うと考えれば、それが限界ですから。

そうするよりは施設のほうが、様々な援助を受けやすく、ベターであると思うのですが…

ユーザーID:2247453379
トピ主です携帯からの書き込み
エノキダケ(トピ主)
2013年9月24日 14:17

何名か私のことを「高収入」と誤解されている方がいますが、そうではありません。
亡夫が正規社員にもなれないような人間、低収入だっただけです。

それから「条件の悪い結婚」は、どちらかというと後戻りができるように、考えた結果かもしれません。

もし、私が離婚したくなった時、この小町で相談したと仮定して下さい。
私より低収入・非正規社員・前妻との子持ち・要介護人間
皆様、「その旦那じゃ仕方ないね」と思いませんか?
いくら結婚前にわかっていたこととはいえ、「頑張ったけど、無理だったんだね」で綺麗に終われると思います。

離婚したくなるより先に、死別がきてしまいましたが。

私は「一度結婚した」という肩書きを手に入れたかっただけ。
それにはむしろ、条件の悪い人間のほうが適任だと思いませんか?

家計は収入に関係なく人数割の完全折半だから、損はしないし。

ユーザーID:2247453379
 
トピ主のみ(8)ほかのレスも表示

現在位置は
です