どうしたら「そっち側」へ行けますか?

レス61
(トピ主0
お気に入り177

生活・身近な話題

ペコ

35歳会社員、一人暮らしの独身女性です。

私の住むアパートの隣に、新しい大きな家が建ちました。
以前は古い空家で何となくこわかったのですが、おしゃれな外観の立派な家に変わって、自分の家でもないのに、その家の暖かそうな灯りを見るのが好きになりました(妙な下心?はありません、念のため。ただ素敵だなーという気持ちです)。

その家の奥さんは見たところ、私と同じ位の年齢で、家の雰囲気同様におしゃれで綺麗な人。
幼稚園生の娘さんと、ご主人の三人家族のよう。


アパートの部屋に入ってテレビを見ていて、ふいに思いました。
私とあの奥さん、同じ位の年数を生きてきているのに、現在の生活を比べるとすごい差があるなーと。

結婚して、健康で可愛らしい子どもを授かって、立派でおしゃれな一戸建てに住んで。
いつも楽しそうな笑い声が聞こえてきますし(たまには子供を叱る声もしますが)、あんな家を建てられるのだからそれなりに裕福なのでしょう。

それに比べて私は…彼氏はいましたが今は別れてしまいました(後悔はありませんが)。
仕事は長く続けられそうですが、「キャリア」だとか「働く女性」だとかのかっこいいイメージとは程遠いさえないものです。

幸せそうに見えても悩みの一つや二つあるだろう、隣の芝は青いというものかもしれません。
それでも、差は歴然なのが明らか。

私の部屋のドアからその家まで、ほんの数メートル。
歩けば数秒の距離でも、実は遠い遠い隔たりがあるのです。

今日もお隣の窓からもれるオレンジ色の灯りと、美味しそうな夕飯のにおい。


私もまだ間に合うでしょうか?
今からでも、私もあんな生活を手に入れられる日が来るでしょうか?

ユーザーID:9888525500

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数61

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お気持ちわかります。

    以前主人の転勤で賃貸で住んでいたマンションのお向かいに私の「理想の家」に近い一戸建てがありました。
    鉄筋の白い外観に広いお庭、そこで遊ぶ子供達、庭のベンチで本を読む奥様。
    多分お医者様のご一家ではないかと思われました。

    「いいな」「いいな」って毎日思っていたら次の転勤で住むことになった社宅が
    その家程ではありませんがやや近く、しかも結婚してから初めて住む新築でした。

    また都会の狭い集合住宅にうんざりして「あ〜海が見える家に住みたい」と常々思っていたら
    数年後に転勤した土地(田舎)で異例なのですが社宅が別荘、家から海が正面に見えました。

    私の場合理想がスマッシュヒット的にしか実現しておらず、それを永久に手にしたわけではありませんが
    この様な体験から、理想としたものには自分に可能な形で実現して行くと実感しています。
    (いわゆる「引き寄せの法則)。

    ですからトピ主さんもその隣家のお宅を嫉妬や執着に思うのではなく
    「いいなぁ〜。自分もああなりたいものだ」と常々思い、自分の理想おとしてけば
    トピ主さんにふさわしい形で実現して行くのではないでしょうか。

    ユーザーID:2953126004

  • そっち側の人間より

    私もトピ主さん側にいた時、子持ち主婦の生活がキラキラしてみえました。
    が、実際は子供産んだらとんでもない。これなら仕事してた方が楽だと思いました。
    まあそれでも子供は基本的にはカワイイし、ママ友とお喋りも楽しいし。

    要は内面です。独身だって、自分がやるべきことを楽しんで、充実した人間関係が築けていれば充分キラキラしてて幸せだった。
    「そっち側」にいったら、今とは劇的に人生が変わるとか、キラキラした生活が待ってるなんて幻想は抱かないことです。

    そうやって独身の今を楽しんで生きてたら、きっといい出会いがあります。

    ユーザーID:5417177245

  • 誰にだって行きたいけど行けない「そっち側」がある

    私は田舎の半端な進学校からものすごくいい大学に行き、ちょっと変わった仕事で自分の居場所を確立し、偉そうな肩書きがついた夫と結婚しました。家は一軒家ではありませんけど。見る人によっては、私は「羨ましいそっち側」の人だろうと思います。

    でも私には、若い頃に事故で負った大きな傷跡と少しの障害が残っており、これが原因で四十代の今でも体調を崩すこともあります。この事故によって人生最大の夢(身体を使うこと)も断たれました。せめて、カルチャーセンターの大人のバレエクラスを普通に受講できる程度の健常な身体だったらいいのにとしょっちゅう思っています。泣くこともあります。

    私の「行きたい側」は、仕事での成功や一発逆転的な玉の輿では実現できないものです。それに比べたら、トピ主の「行きたい側」はまだ実現の可能性があって羨ましいです。でも人間、誰にだって、行きたいけど行けない「そっち側」があるんですよね。それと向き合うことが人生の課題なのかなあ。

    ユーザーID:9215212757

  • 間に合いますよ

    その気になれば。

    求めなければ得られません。

    結婚されたいのであれば、こんかつしてください。

    ユーザーID:9761635616

  • 大丈夫です

    家にウェイトが高いのですね。
    私はローンを持たずにいられるような家がいいですが。
    住宅ローンはリスクが高いので。

    質問の回答です。

    結婚している方なら目指してから20年かかると思います。

    ですが、あなたは独身と言うことなので、場合によっては数年後には実現できているかもしれません。

    40歳をすぎてそのような再婚をした人も知っています。

    鬱々していたら、だめですよ。

    明るい人は運もいいです。

    ユーザーID:4617249238

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • どうだろう・・・

    大きい家を持つということはそれなりに資産がある相手と結婚するということですよね。
    結婚って大体同じような生活レベルの人間同士になることが多いですから一発逆転を狙うみたいなのは難しいと思います。
    男性に大きい家を持てるような収入を望むなら自分の収入もあげる努力をしないと。
    自分は努力せず相手にだけそれなりのレベルを求めるのは違うと思います。
    ご近所の幸せな家庭をうらやましく思う気持ちはわかりますけどね。
    35歳以上は結婚すること自体が難しくなってくる年齢ですからささやかでも幸せな家庭を持ちたいぐらいの望みなら叶うのではないでしょうか?

    ユーザーID:7046625619

  • CASA

    スペイン語でスペルはCASAだったと思います。間違えていたらごめんなさい。
    家という意味だそうです。
    それの違いくらいこういうのって微妙な事なんだと思います。
    家、
    ひとによってそれは白川郷だったり、
    地中海の白壁の建物だったり、
    さまざま。
    それと同じだと思います。
    目の前にちらつくから気になるんだと思います。
    そこから引っ越しましょう。

    あと単純に、電球の色が慕情をかきたてるような色なんでは。
    電球、電気屋に行くと色んなシーンを想定した色を出す電球があります。
    さらに単純に申せば、電球を覆う傘が素敵なだけなのかもしれない。
    LEDを見慣れてしまい久しぶりに見た10wの豆電球の色は感動さえ覚えます。
    そんなものかもしれません。

    変な話ですが一時期わたしは若い頃に、とある海外旅行会社のポスターのどこかの外国の夕暮れの家並みを見てものすごく切なくなっていた時期がありました。その時期はトピ主さんみたいな事をふと考えていた時期でもありました。あの時期私はそういう年頃だったのかもしれません。

    ユーザーID:0564906447

  • もういっちょう投稿します

    連投します。
    裏レスで行きます。
    私の実の母親は見栄っ張りの素敵な奥さんです。
    なので素敵な奥さんの裏側を私は幼少時からじっくりと見ていました。
    素敵と人様に言われるために母は鏡での自己チェックを怠りはしませんでした。
    私が知っているだけで3度は少なくとも自己チェックしていました三面鏡です1時間以上です。どれだけ忙しくても化粧はバッチリやっておりました。
    近所づきあいや趣味のお友達づきあい親戚づきあい夫の会社関係など怠りなくぬかりなく完璧であろうと努力していました。今でもです。
    たまにヒステリーを起こしまして、それは出来の悪い似ていない娘=私にすべて向かいました(私は母とは真逆の人間でした)。よそ様には聞かせられない愚痴や小言も私に向かって母親はこぼしてもいました。それはまるで大名家の娘の嫁入りについてきた女中のようでした。裏側を見てしまった私がそのお宅を見ても電球の色と電球の傘だなと思うくらいかもしれません無意識に習慣化しているその方の努力も見抜くかもしれませんね。

    ユーザーID:0564906447

  • 頑張って!

    正に「隣の芝生」です。そんなことを考えても、全く無意味。毎日を意義あるものに出来るよう頑張って!

    ユーザーID:5024951026

  • 分かります

    すごく分かります。
    でも、反対側から見ればお仕事を持っているトピ主さんが羨ましいかもしれませんね。
    まだ30代だし、まだまだ御結婚のチャンスはありますよ。

    婚活アイテムなどをGETして、雰囲気から責めてみては?
    私も婚活〜?ププッとバカにしていましたが、香水やメイク、服装を変えたらすぐ縁がありました。

    ちなみに私の両親と実家ですが、トピ主様の隣家みたいでした。昔は。
    大きい家に幸せそうな家族。
    でもそれは表面だけで、家は無理なローンで数年後破綻しました。
    外面の良い父は実はDVで家庭内は冷えきっていました。その後離婚。
    実際のところは分からないものです。

    ユーザーID:3114528834

  • 引き寄せの法則

    いいエネルギーでなりたい自分を毎日イメージしていたら・・・
    きっとなれますよ。

    ユーザーID:5331814298

  • こっちもそっちも紙一重。

    30代、2児持ちの専業主婦です。数年前に戸建を建て暮らしています。
    私だって32歳で結婚するまでは主さん同様でした。
    何かのタイミングで人生はそっちにもなるしこっちにもあっち?にもなります。
    変えたいならいざ行動です!まずは素敵な彼探しかな?

    応援します!

    ユーザーID:7537922920

  • 主さんが見たものは

    所詮はそのご家庭の表面の部分でしかなく
    そういった一部だけをみて幸せかどうかをご判断されるやり方は
    非常に危ういと思います。

    むかし良寛さんというお坊さんがいたんですけど
    彼は自分が必要であればノミでも喜んで懐に入れていたそうです。
    貧しいお坊さんですから何も高価なものは持ってはいなかったけど
    心は充実していたというお話ですね。

    人間にとっての幸せは
    綺麗な家や一見すると幸せそうに見える家庭ではなく
    心によるところが大きいと思わないでしょうか。

    幸せは人それぞれの形があり、主さんには主さんの幸せがある。
    どうぞご自身の幸せとは何ぞやというところを今一度考えてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:6648543837

  • 諦めるにはまだ早い

    私もありますよ、そういう気持ち。
    海外で仕事して一人暮らししていますが、家庭も仕事も子供もお金も全部、持っている人が同世代でもいますね。

    私は50代なので、今から間に合うかも、という気持ちはありません。
    結婚経験もあり、かなり華やかな(に見える)人生を送ってきたので、実際は何もなくても(家庭もお金もなく)、このままで仕方ない、好きなことやってきたから、と思うようにしています。

    35歳なら、まだまだ若いです。
    選ぶ男性だけは気をつけたほうが良いです。愛だの恋だので目をくらまさない。
    現実的に将来性のある、そして優しい人と結婚できるといいですね。

    どうせ死ぬまで生きるしかないのですから、たまには野心を持って「上に上がるために頑張ってみる時期」があってもいいかと思います。
    それで20年後、やっぱり一人でも、それでも大丈夫なように(心と経済が)しておけば、それは神様の思し召しだから、それはそれでよし、です。

    身の程を知るのは大事だけど、伸ばしたら伸びる運勢かもしれないものね。
    幸多い人生を!

    ユーザーID:4999778309

  • トピ主さんの今後の人生において、今が一番若いのですから

    婚活なり住宅ローンなり、すぐにでも始めるべきではありませんか。

    隣の青い芝を羨む暇があるのならば。

    ユーザーID:8093145727

  • イケると思いますよ

    35歳独身女性。
    結婚願望あり、長く続けられる仕事あり。
    男性と付き合った経験もあり。
    大丈夫ですよ。

    幸せな家庭を築きたいと願い、
    具体的にイメージすることができ、
    実現のための努力が出来るのなら、
    実現できます。

    取り敢えず、
    出会いの機会を作りましょう。
    婚活パーティー参加でも、
    趣味のサークルに入る、でも、
    友人知人に紹介を頼む、でも。

    ユーザーID:3103218825

  • 間に合うよ

    主さんはこれまで、自分がどうなりたいと
    具体的にイメージして、それに向かって生きてきましたか?
    何も考えず恵まれた環境が与えられる人、そういませんよ。
    無意識でもそうなるように動いてきた人が、そうなるだけです。

    だから、あなたも間に合います。
    でも、あなたはあなたで、人に羨まれるようなものをきっと持っています。
    そこがスタート地点じゃないかな。

    ユーザーID:1016008423

  • なやまず動け!!

    同い年です。結婚予定の彼はいますが年下なので若い子に興味出たらOUTです。先はわからない。しかも派遣でーす。正社員で働いていた事もありますが、どうもひとつの場所に長くいるのダメなよう…、主さんみたいな人が羨ましいぜ。。。フツーに働いていたかった。どうしてこんな根性無しの飽き性なのか…。

    結婚願望あるんでしょ?今みたいに夢見るだけではダメな事はわかってるはずです。相談所・パーティへGO!です。わかりますよ、相手が見つかるかわからないし、見つからないうえに嫌な思いしかしないでお金だけ無駄にかかった…なんて事になったら立ち直れない。でもね、そんなもんはやってみないとわからないですよ。
    今時は35歳で独身て結構います。グダグダ相手に注文すれば相手は見つからないだろうけど、自分に合った人を求めれば結婚相手なんて見つかるよ。

    まずは行動ですよ。それしないと始まらないよ!人生なんてなるようにしかならん、でも自分が頑張ればそれなりの結果は出ます。待ってるだけではダメなのよ、28歳くらいからは。欲しいものは自分でGETしないと。

    心配いらないよ、今年結婚無理そうな子が2人結婚したし。

    ユーザーID:2128581694

  • ハリボテで良いのなら。

    すぐに「そっち側」にいけることでしょう。
    ハリボテは雨ですぐに壊れますけど。

    「生まれ」というかスタートラインも影響しますけど、
    ハングリー精神があるなら、
    評判にもなった林真理子さんの
    「野心のすすめ」か何か参考にしたらどうですか?

    ユーザーID:2442576318

  • 外からじゃわからないことも

    私も端からは「そっち側」の人間に見えるかもしれません。でも人の人生ってパッと見じゃわからないことがたくさんあるんですよね。私の子は外からではわからない障害があります。夫とは今は円満ですが、かつては離婚を考えたこともありました。自由で仕事をバリバリしている独身女性が羨ましく思えたこともあります。

    主さんが「幸せそうだな〜」と思っているお隣さんも実情はわかりません。実は持病があるとか義家族との諍いが絶えないとか、まあ悩みのない家庭なんてほとんどないと思います。私も子供が産まれるまでは悩みらしい悩みもなく、自分は恵まれていると思っていましたが、一生何の悩みもなく幸せだけが続く人なんていないんですよね。でも逆に一生悩みだけが続く人というのも稀ではないかなと思います。先のことはわかりません。10年後は隣の奥さんは深刻な悩みを抱えていて逆に主さんは幸せを満喫しているかもしれません。でも今だって余命何ヶ月なんて人にとっては主さんは生きられて羨ましいと思うでしょう。失明したら目が見えていたのは幸せだったと気付きます。主さんも気付いていないだけでいろいろな幸せを持っているのだと思いますよ。

    ユーザーID:5736070399

  • 似ています

    頑張っても手に入れられないものがある 

     人生って、自分で切り開いていかなくちゃいけないけれど、叶う努力とそうでない努力もある
     これを踏まえたうえで…

     最大限、婚活頑張ってみてください 
    トピ主さんは、ちゃんと欲しいもの、理想、夢を持っていらっしゃる
     それが本当に、そして、いつ、叶うかどうかはここで聞いても誰にもわからないでしょう
     しかし努力は大事です

     昔、理想の結婚相手を待っている、ある高齢の女性のことを笑った人がいました
     その時は、ひとりでも頑張って生きている女性を馬鹿にするなんて…と思いましたが、「待っているだけ」の姿勢を批判したのかも、と最近は思います

     脈絡なく書き綴りましたが、元気があるうちに、行動を起こしてみてくださいね
     羨望するだけ、祈るだけでは夢は叶わないと思います

    ユーザーID:8718653366

  • 諦めるのはまだ早い

    35歳なら今からそれなりに堅い勤め先の人と結婚して、すぐローンを2人で組んで理想の戸建に住めばいいじゃないですか。まだ妊娠出産も双方に問題がなければすぐできる人が多いでしょうし。

    今がスパートする時期では。指をくわえて眺めているだけじゃ、手に入らないですよ。

    諦めるのはまだ早い! 今何もせず5年後に後悔するくらいなら、動きましょう。早く早く! しょげてる暇はないですよ。

    ユーザーID:7599064701

  • あっちもそっちもこっちも

    ありませんよ。

    隣の芝生が青く見えるように、他人のことは何でも羨ましく感じるだけ。
    ないものねだりです。

    その奥様も、毎日育児と家事に追われ、身なりに気を使いご主人の浮気の心配をして大変かもしれない。
    あなたのことを、独身で自由でいいな〜と思っているかもしれない。

    今の自分を充実させましょう。
    今の幸せを噛み締めましょう。
    健康で、仕事があって、今はいないけど彼氏ができないわけじゃない、幸せではないでしょうか?

    しあわせだ〜って感じて暮らしていれば、幸運はやってきます。

    ユーザーID:6891310434

  • 強く願う、絶対手に入れてやるって

    トピ主様、憧れや欲しいものがあるのはとても良いと思います。
    「現状に満足していたら、進歩はない」です。
    目標を持つ、野心を持つ。夫も子供も、家も、お金も、すべて手に入れてやる!
    って、固く心に誓って、頑張るの。
    当然、毎日、努力、心も身体も磨く、素敵な女になってやる!
    仕事も出来る、家事も得意、自分に自信が着くと、良い運が廻ってくる。
    グズグズ言ってないで、前を向いて進む。
    絶対、そちら側に行ってやるって、執念で頑張るの。
    叶わぬ夢ではありません。
    今の、自分の幸福に満足しろって言う意見もあるけど、私は違うと思う。
    応援しています。

    ユーザーID:8794085127

  • 頑張れ。

    まだ十分間に合いますよ。それには自己努力することです。何か資格をお持ちですか。この際何かに挑戦してみてはどうでしょう。そうすれば素晴らしい未来が後からついてくると思いますよ。頑張って下さい。人生はこれからです。

    ユーザーID:9251736326

  • そっちからこっちに戻りました

    離婚して、こっちに戻ってきました。
    まあ、どちら側もいろいろありますね。
    戻ってきて、最初は大変でしたが、でも慣れれば返ってこっち側の方が楽しいことも多いです。
    まあ、両方経験したから言えるのかもしれませんが。

    こっちが楽しいと思っていることが、実はそっち側に行くための鍵なのかもしれない、とも思います。(私が本当にまたそっちに行きたいかどうかは別にして…)

    ユーザーID:1023222674

  • そうですねえ

    多分お隣さんに入る部類です。ローンもなく新居に住み、子供たちにも恵まれ、今一番幸せです。

    ここにくるまで色々ありましたよ。苦労なく手に入れる人がいたとしても、もう妬まないほどの幸せを掴んだつもりです。誰にも負けないほどの努力をした自分がいるから。

    ユーザーID:3180339872

  • 私はあなたの言う 「そっち側」の人間だと思いますが・・・・

    二つのことがあります。
    一つはあなたがどうやって「そっち側」に行くか・・・
    そして、「そっち側」の現実を知る・・・ということ。

    どうやって行くか・・・それは二人三脚で歩いていける条件のいいお相手を見つけることでしょうね。でも探して見つかるものでもないし。どこでラッキーチャンスを掴むかということですね。あなたの教養センス趣味を存分に生かしてなにかに足を踏み出してみたらどうですか。年齢に関係なく、そんなチャンスがくるものです。
    それから、良い家庭でそれなりの地位のある男性が求める女性は、ビジネスで忙しいご主人に代わり家を守れる人。そして「才たけて、見目麗しき、情けあり」の人です。

    それから多分 「そっち側」の私からのアドバイスは・・・
    家も家庭も普遍なものではないのです。作ったものは壊れます。病気・事故・解雇・破産・浮気・・・これらの苦難があるのが人生です。目で見えるものだけで判断するとわが身が情けなく思えますから気をつけてね。

    それでは・・・
    お隣さんにはいつまでも幸せであること、お子さんが健康に成長することを願い、一方あなたは良い縁に恵まれることを願っていますね。

    ユーザーID:8891336752

  • あなたの文章を読んで感じた事

    相談内容とは関係ないですが。。。

    あなたの文章を読んで感じた事。(全体的に)

    とても芸術的だなーっと(笑)

    詞にしたくなる世界観でした。

    感性がとても素敵ですね。
    きっと素敵な未来があると思います。
    関係なくてすみません!

    ユーザーID:8151807444

  • 私はトピ主さんからはどう見えるかな?

    さびしいような、せつない気持ちがとても伝わるトピ文ですね。
    トピ主さんの悩みがまるで映像のようにイメージできました。

    私は33歳で結婚できないと思っていた頃、夫に出会い4か月後には結婚。
    結婚後は新築戸建に住んでいます。
    小さい家ですが花壇にはいつも花があふれ(夫の趣味&努力)
    家の前を通る知らない方からも「いつもきれいなお庭ですね」「お宅のように素敵な家の前を通るだけでも気分がよくなる」等過分な?褒め言葉を頂くことも一度や二度ではありません。
    トピ主さんが言う「そっち側」の住人に見えるでしょうか?

    実際は「そっち側」でも「こっち側」でもありません。

    子供に恵まれなかったし、夫は実家が毒家族で嫌がらせを受けたり、法的トラブルを抱えるほど深刻です。

    でも、外からじゃそんな風に見えないですよね。

    裕福で、悩みがない人もいるかもしれません。

    でも、うらやんでも何も変わらないし、目の前の小さな幸せに感謝し少しでも長く続くよう、たとえ不遇の時もくさらず地道に、自分たちのなりの生活をしたい…夫と私の暗黙のポリシー?です。

    ユーザーID:3167143780

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧