• ホーム
  • 話題
  • テレビドラマ  アボンリーへの道をご存知ですか

テレビドラマ  アボンリーへの道をご存知ですか

レス148
(トピ主76
お気に入り139

生活・身近な話題

アジサイが好き

レス

レス数148

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91120 / 148
次へ 最後尾へ
  • 見終わりました

    あじさいが好き様

    留守中に撮り溜めしておいた9話分を見終わりました。
    ここにお仲間も増えて賑やかになって来ましたね。楽しみに読ませて
    いただいています。

    前回イジー伯母さんと間違ってしまいましたが、そのイライザ伯母さんも
    90歳にして故国に帰ってしまわれたのね。伯母さんがいらした所見て
    ないのですが、いずれ機会があるでしょう。
    イントロのシーンは毎回素晴らしいと思ってみていましたが、最終回のみ
    ガスのシーンが。やることがにくいわね。

    赤毛のアンのDVDやら、アボンリーへの道のDVDやら、高慢と偏見を初め
    とするジェーンオースティンの作品など色々あって、きっとこれからの
    生活退屈しないで暮らせそうです。女性たちすごく活き活きしてますね。
    私はフェリシティに先生の資格を取りに頑張って欲しかったなと思いましたが、ちょっと最後の方は結婚相手のことでもつれて、彼女の生き方ってどうなのかと、
    不満が残りました。彼女が納得のいく生き方で後悔しないのでしょうか?
    あんなに頑張っていたのに。ガスの為にも何かを諦めて得る幸せも
    あるのかもしれませんね。

    ユーザーID:3104684657

  • 蝉時雨様へ

    初めまして、蝉時雨様

    温かい励ましのレス本当にありがとうございます。
    何だか癒された気持ちになりました。
    雲の合間から太陽の光が差し込んだような気持ちです。

    様々な事はありましても、こうして暮らせて行ける事に、
    心から感謝です。

    蝉時雨様、お優しいお心を頂けた事に心から感謝いたします。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • アジサイが好き様へ

    こんにちは。

    アボンリーのDVD、今は慣れましたが、観始めた頃は登場人物の名前をメモしたり
    続柄など線を引いたりしないと混乱しました

    先日はEBAYのことなど教えて頂いたのにお礼もせず、失礼しました

    電子書籍も良いのですが、やはりモンゴメリ作品は日・英語とも紙の本でずっと手元に
    置いておきたいのでEBAYも覗いてみます
    日本の中古書店にすぐに行けるみなさんが羨ましいです!

    最近、モンゴメリの研究をしているカナダの大学のサイトを覗いて興味深い資料などを
    読んでいますが、その中で世界各国語に訳されたアンブックスの画像を見ることができ
    ました。いろいろな国で読まれている様子を想像すると嬉しいですね

    V.Desmondはカナダ版のRosa Parksでしょうか。
    最も有名なアメリカの市民運動の旗手Rosa Parksは去年生誕100周年だったので、テレビで記念番組を観ました

    身近な日系1・2世の方々から直にお聞きした開戦後のご苦労は筆舌に尽くし難いです
    良い時代になってからカナダに来て、こうして平和に暮らしていられるのも先人の
    ご苦労のお陰ですから、心から感謝しています。

    ユーザーID:6523849222

  • ハミングバード 様へ

    お久しぶりです、ハミングバード 様
    今日は朝から暑い事・・
    エルニーニョはどこへやらです。

    「アボンリーへの道」沢山観られて満足されている、
    お姿が想像できます。

    「高慢と偏見」を初めとするジェーンオースティンの作品など色々あって」・・
    驚きました。私も大好きで「自負と偏見」「エマ」・・本を持つています。
    以前テレビで放送しましたイギリスBBCのビデオを持っています。
    「高慢と偏見」は昔「グリア・ガースン」主演で映画化もされています。

    フェリシテイは、医学の勉強をしにダルハウジー医科大学へ行きますが、
    進級手続きが遅れて留年・・
    友達の出産を手伝うのですが、その友達は結局死んでしまい、
    助けられなかったショックから医者としてやっていく自信が
    なくなってしまうフェリシテイ・・

    ガスはフェリシテイの決心を知って、旅立って云ったのですが、
    あの場面が印象的でした。へテイとガス二人の会話・・
    まるで親子のような二人でした。

    この夏は「アボンリーへの道」に明け暮れそうですね。
    とにかく猛暑ですのでお身体御自愛ください。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • みちよ様へ

    もの凄い暑さです。涼しいはずの当県でも昨日36度の所があったそうです。今日も朝から真夏の陽が燦々と降り注いでいます。
    我が家はエアコンも扇風機も使っていませんが涼しいです。朝などひんやりしており、肩を出していますと寒い位です。家を注文住宅で建て断熱効果を高くなる製品を使ってもらったせいで、夏涼しく冬温かい家になりました。普段は意識していませんが夏と冬は良く分かります。そして床も無垢材を使っておりとても気持ちが良いです。2階はパイン材・・カナダからのものでしょうか・・

    「アボンリーへの道」のキング家やへテイのローズコテージ・グリーンゲイブルスに憧れて家を作りました。キッチンセット・カーテン・電気のカバー・ソファー・・ミントグリーンで統一しました。

    アメリカの市民運動の旗手Rosa Parksを扱ったテレビドラマを以10年程前に見ました。公民権運動の先駆者でキング牧師と一緒に闘った方ですね。
    カナダにも同じ思いを持って闘われたV.Desmondと云う女性がいた事を初めて知り感慨深いです。
    「アボンリーへの道」の中の移民は、缶詰工場で働く方々に多かったのでしょうか。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • シーズン5まで観ました。

    こんにちは。
    聞いただけで気が遠くなるような気温が続いていますが、お変わりまりませんか?
    急激な大雨や雷なども怖いですね

    30年近く前に近所に住んでいた材木商社の駐在員の方から「カナダで伐採される木の
    高品質な部分はみな日本に輸出される」と聞きました
    アジサイが好き様のお宅もそうかも知れませんね

    シーズン7まで一度に借りてきてしまった「アボンリーへの道」のDVD、この週末で
    やっとシーズン5まで来ました。
    最終回まで借りてきたのは失敗でした。初めて分かったのですが、DVDの裏まで番組
    が入っていて、1シーズン2枚で4話だと思っていたら、8話も入っていたのです
    今までテレビ番組は某有料テレビ・映画視聴サイトで観ていたので、図書館でDVD
    化されたテレビ番組を借りたのは初めてでした
    まさしくアボンリーづけの毎日です

    今までで最も印象に残ったのはヘティーが50歳だったことです。てっきり65くらいか
    と思って観ていたので本当にビックリでした

    当時の移民は漁業とその関連の缶詰工場など、島の農地が肥沃だったので、農場や
    畜産など。中国人は洗濯や下働きと習いました

    では、ごきげんよう

    ユーザーID:6523849222

  • みちよ様へ

    おはようございます。真夏と云うのに早朝は寒くて薄着で休んだ事を反省しました。
    カナダの朝もこんな感じでしょうか・・
    シーズン5まで観られたとの事ですが、もの凄いハイペースですね。
    どんな回が良かったですか・・私は15.フェリシティの初恋 16.のろわれたバイオリン34.吹雪のち晴れ.46・それぞれのデート 48.聖バレンタインの日に49.フェリシティの選択・・・(15) How Kissing Was Discovered (16) Aunt Hetty's Ordeal 46) Felicity's Grand Design / The Dinner(48) Hearts and Flowers (49) Felicity's Perfect Beau ・・などですが、他にも良いものが沢山あって甲乙付け難いです。

    46のガスとフェリシテイの写真ダウンロードして飾ってあります。

    懐かしい日本語での「アボンリーへの道」楽しめれば良いですね。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • みちよ様へ

    今日も朝から真夏の陽が燦々と降り注いでいます。
    カナダの夏はいかがでしょうか。

    「アボンリーへの道」第1シーズンの事ですが、ネット上の制限があって上手く伝えられず申し訳ありません。

    「アボンリーの道」のホテルの支配人の吹き替えをサザエさんの波平役の永井一郎さんがしています。
    そういえばへテイはあの当時50歳の設定でしたが、もっと年配に見えましたね。
    へテイは「赤毛のアン」の映画では、アンを引き取ろうとしたブリュエット夫人役をしています。
    「赤毛のアン」と「アボンリーへの道」の俳優さんが双方に出ており見つけるのもまた楽しいですね。

    私は英語は丸っきり出来ませんが、外国映画などを観て少しでも慣れようとしていますが難しいですね。
    もっと向学心を持って勉強しておけば良かったと反省です。
    そういう私から見ますと、外の世界で頑張られている在留邦人の方々は本当に凄いの一言です。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • お仲間に入れてください!

    海外居住者ではありませんが、私もお仲間に入れてくださいませ。

    今日、lalaTVでの放送が、最終回の「幸せな結婚式」でした。
    NHKでの放映から始まって、動画サイトで何度か見ていてもやっぱり感動で涙してしまいます。
    あの小さかったフェリシティが、紆余曲折を経て、ガスと結ばれたことが嬉しくて嬉しくて。

    私はハープを弾いているのですが、まだ習い始めた頃、オリヴィアの友人の声楽家が、父の恋人だった老婦人の枕元で歌うスコットランド民謡「Love is Like a Red Red Rose」がハープの伴奏だったこと、又その後もハープの音色がよく聞けて、益々、好きなドラマになりました。

    アレックも「The Bonnie Banks O' Loch Lomond」を歌っていましたが、スコットランドとの縁が強いのでしょうかね?

    このトピでご紹介してくださっていた「ガスのテーマ」の楽譜、フィドルとは少し違う感じではありますが、ハープでも弾けるんですよ。

    番組表ではまだ、放送は続くようで楽しみです。

    ユーザーID:2676071357

  • 家族とコミュニティー、温かい人々・・・

    こんにちは。
    こちらは今週毎日28〜29℃まで上がり、陽射しはジリジリと肌を刺すようですが、
    朝晩は10℃も下がるので、窓を閉めないと寒さで目が覚めてしまいます

    シーズン5まで来たのは、途中で21話も飛ばされていたためで、私が速いわけでは
    ありません
    ちゃんとサリバンの刻印が押してあるDVDですが、図書館用に一部カットされているよう
    で、オリビアの結婚やガスが灯台に住むようになった経緯が分かりません

    英語タイトルを書いて下さって助かりました。とても分かりやすかったです
    ヘティーは撮影当時60歳代だと思うので、一部40代を演じていたのは少々無理が
    ありましたね

    一番好きなエピソードは59番、「Stranger in the Night」です
    夜中にキング・ファームの干し草小屋に忍び込んだケィラムを信じて泊まらせ、仕事まで
    与えたアレック
    その後、ケィラムが刑務所に入っていた過去が明らかになっても、彼の人間性を信じて
    長期に雇おうとするアレック
    キング・ファームと家族に心を残しながら、自分が誰にも知られていない場所を探して旅
    立つケィラム

    1話を選ぶのにとても苦労しました。

    ユーザーID:6523849222

  • トピ主です  thisle 様

    初めまして、 thisle 様
    ようこそお出で下さいました。「アボンリー仲間」が増えてとても嬉しいです。

    最終回の「幸せな結婚式」を観られたのですね・・本当に何度観ても新たな感動に浸れます。

    パリからセーラも駆け付けた設定・・へテイのいつものへそ曲がりの癖が出て、
    花嫁のフェリシテイがローズコテージまで迎えに行き、結婚式が執り行われましたね。
    美しい自然の中でのウェデインングパーテーが印象的でした。

    ハープをお弾きになられと云うことですが、美しい音色を是非聴いてみたいですね。

    5「心にひびく歌声」昨日何度もネットで観ました。シルビア・グレイがロイドさんの手を取って歌った「Love is Like a Red Red Rose」・・美しい歌声とハープの音色が相まって胸に迫ります。

    キング家はイギリスから移住してきたと思います。アレックの歌声は本当に素敵ですね。
    「ガスのテーマ」曲ハープでの演奏・・想像しただけで・・ウルウルです。

    thisle 様のアボンリーに寄せる想いを是非沢山お聞かせ下さい。
    レスありがとうございました。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • 心にひびく歌声

    ハンドルネームを打ち間違いしておりました。
    改めまして「thistle」です。
    宜しくお願い致します。

    王室への敬愛の念は充分感じられるのですが、「ロッホローモンド」が歌われる、ということは・・・とスコットランド大好きな私としては思ったのですが、違うでしょうか?

    「幸せな結婚式」の最後、「変わっていくアボンリーにいら立っていました」というヘティの言葉がありましたが、いつの時代にも通じますね。
    便利になるのは良いことではありますが、時間も手間もかけて営まれる生活こそが貴重で大切なもの、とこのドラマを見ていていつも思います。

    ユーザーID:2676071357

  • みちよ様へ

    みちよ様のお住みの所と当地は、ほぼ同じような気候ですね。
    朝晩の気温は10度前後違いますので、朝の空気はひんやりしています。
    しかし、日中は蒸し暑くて辟易しますが、この暑さも後僅かと思いますと、
    何だかとても愛おしく感じます。

    オリビアは昔の恋人が出現しますが、昔と違って横柄な態度にオリビアは嫌気がさし、
    ジャスパーの変わらぬ純朴な気持ちを受け入れます。

    灯台にはクレイ船長が住んでいましたが、海賊の金貨を手に入れた船長は島を後にします。
    船長はガスを可愛がっていたので、その後を継いでガスが灯台守になります。
    ガスとクレイ船長の関係は・・・後はシーズン6のお楽しみです。

    へテイは(2010年9月22日享年71歳)亡くなられましたので、撮影当時は50歳位でしたでしょうか。
    亡くなる前年にAVCON・ファンとの交流にお出になっていたので訃報にビックリしました。

    59番、「Stranger in the Night」秀作ですね・・男の切なさ優しさを感じたシーンが印象的です。
    アボンリーへの道は、自然と人々の優しさに包まれた名作ですね。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • thistle 様へ

    今日も猛烈な暑さです。
    日本の北と南方面では水害が心配されていますが、早く元通りの穏やかな日々が来るのを祈っています。
    thistle 様、感違いをしていたようです。
    調べましたら、スコットランドからの移民が多い場所のようですね。申し訳ございません。

    「幸せな結婚式」の最後、「変わっていくアボンリーにいら立っていました」というヘティの言葉がありましたが、いつの時代にも通じますね。」・・
    へテイの悲しみが良く分かります。アボンリーに鉄道が引かれる時もそうでしたね。文明は素晴らしいものですが、それと共に失われて行く人の心や風習・・とても淋しいですね。

    今日の午前中、ブルーベリーのジャムを煮てホットケーキを焼き、お昼に美味しく頂きました。
    朝から「手打ちうどん」を作る為、粉を練って1時間ごとに踏み込んでいます。夕方、自家製のうどんを打ち、冷たいたれで頂きます。
    手間暇がかかっても家族の「おいしい」の一言で報われます。「アボンリーの道」の時代のように、ゆったりとした心で毎日を過ごしたいものです。
    外では小鳥の囀る声が聞こえており、ひと時聞き惚れています。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • ゲストスターの役名を間違えていました。

    こんにちは。

    59話のゲストは、ケィラムではなく、ケーラブでした。申し訳ありません。
    親戚にケィラムという名の男の子(7歳)がいるので「同じ名前だ!」と早とちりしてしまいました。

    今までこの回は私の中で1位だったのですが、シーズン7の最終回まで観終わった今はベスト8くらいに下がってしまいました。
    甲乙つけ難いストーリーが多いのですが、今は66話、75話、83話と最後の3話が上位です。
    マリラが亡くなったシーンは初めて映像で観たので悲しすぎて・・・

    経緯を教えて頂き有難うございました。66話などもう完全にサスペンスですね!ハラハラドキドキでした。
    特に花売りの女が自分の母親なのではないかと思い、母の墓を掘り返すシーンは怖かったですね。
    でもお墓は空っぽで、花売りの女を部屋に泊めた夜、「フェリシティーとキング一家に出会った時から、
    過去の分からなかった僕の人生は始まったんだ」と言った、この時の会話は記憶に残っています。
    私はガスの話し方やアクセントが好きなので、台詞の言葉の意味も素敵だと、グッと心に響きます。
    誠実で温かく清廉なガスの生き方もまた、この物語の大きな柱だと思います。

    ユーザーID:6523849222

  • 「楽しい」があるといいのに

    アジサイが好き様(前回あじさいと書いてしまいました。おっちょこちょいです)

    猛暑、台風にいささかうんざりしてますが、ここは本当に一服の清涼剤みたいな
    感じがします。ポチ投票に楽しいという項目があってもいいと思いません?

    先日、赤毛のアンのことで、ヘティの役者さんがブリュエット夫人を演じている
    というのを読んで、よーく、よーく見てみたのですが。朗読のエヴァンス夫人はそのままの感じなのですが。でもよく見るとヘティは面長なのでそうなのかな?そうだとしたらすごいです。

    またまたLaLaでアボンリーへの道を再放送。でも、最初からでないというのは、
    フィルムが手に入らないからなのでしょうかね?といいながら見ています。

    先日BSでモントリオールからプリンスエドワード島への列車の旅を紹介していま
    した。驚いたことに四国みたいに連絡橋が。ヘティは変りゆくアボンリーを
    嘆き、受け容れようとしていましたが、このトピックを見せたいです。
    主さま、生活スタイルも美しく、丁寧な生き方をされてらっしゃいますね。

    ユーザーID:3104684657

  • みちよ様へ

    みちよ様全て観られたようでお疲れ様でした。

    (66) The Return of Gus Pike .生きていた母
    (75) Home Is Where the Heart Is .生涯の友
    (83) Secrets and Sacrifices.愛の再発見
    (89) Return to Me.ガスの消息 (90) The Last Hurrah.救世主ジャスパー (91) So Dear to My Heart .幸せな結婚式・・
    何れも何度観ても飽きませんね。

    ガスの台詞の一言一言が胸に響きます。出生の秘密が明らかになり母との再会を果たし、その母を伴っての旅・・
    港でのフェリシテイとの別れのシーンに流れる曲の素晴らしさが今でも耳から離れません。このシーンの写真も居間に飾ってあります。
    ガス役のマイケル・マホネンさんはきっと実生活でも、素晴らしい方のような気がします。

    みちよ様の現在の生活でも、アボンリーの時代の物を取り入れている事はありますか。インテリア・食事・・パン作りなどはご自宅でされますか・・


    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • 台風や大雨の被害はありませんか?

    こんにちは。
    みなさんのお住みの地域では被害はありませんでしたか?

    アジサイが好き様、前レスでは字数制限のため、番号だけでタイトルを記入せず済みませんでした。

    日本語の吹き替えは観ることができないのですが、トレメイン支配人が波平さんの声で話すのは・・ちょっと想像できません(笑)
    ガスはどなたが吹き替えされても、聞いてはみたいと思いますが、やはりガスの地声とアクセントが好きです。

    ヘティーがいつも「フン」と言うことに関して、気にしてヘティーの台詞を聞いていると、確かに破裂音のような音を
    よく発しているようです。「フッ」「オァフ」「オゥフ」のように聞こえますが、数回「テッ」もありましたよ(笑)
    ヘティーは最終回でもへそ曲がりが最高潮でしたね。本当に頑固!でもアボンリーを愛し、家族とコミュニティーを愛した素敵な女性でした。

    続きます。

    ユーザーID:6523849222

  • アジサイが好き様へ

    続きです。
    私もヘティー役のジャッキー・バロウズが「赤毛のアン」の中でブリュエット婦人を演じているとお聞きして、早速娘の本棚から
    「赤毛のアン」のDVDを借りてきました。
    ただ、ここ1週間ずっとアボンリーづけの毎日で家の掃除が行き届いてなく、数日かけて掃除をするまでは
    DVDはお預けです。このまま観続けたら大変なことになりますから・・・

    そんなズボラな私ですから、アボンリー時代から取り入れていることは殆ど見当たりませんね・・・
    手作りと言っても、一時ブレッドメーカーにハマってしまい、数年で2台のブレッドメーカーを使い倒したくらいです。
    手作りパンは数回試して諦めましたが、誰でも作れるクッキー、マフィン、スコーン、バナナブレッドくらいはよく作ります。
    主さまの手作り生活やインテリアなど、本当に一度お邪魔したいくらい羨ましい生き方をされておられると思います。

    私にとって当時と変わらないのは、家族への愛情と、住んでいる国と地域への愛情、故郷への想い・・・でしょうか。
    これらはみな、時代が移り変わっても普遍のものですよね。だからアボンリーのようなドラマに共感できるのでしょう。

    ユーザーID:6523849222

  • ハミングバード様へ

    こんにちは、ハミングバード様

    台風が接近で九州・四国地方の水害が心配されます。
    ここ数年、季節がおかしなことになっています。

    モンスーンのような大雨・冬の大雪・・
    自然の前に人間の無力さを感じています。

    へテイは変わりゆくアボンリーを憂いつつも、
    受け入れ前へ進もうとしていました。

    日本でも文明開化の頃、鉄道が敷設された事によって、
    それまでの宿場町が斜陽を迎えました。
    その後の社会に於いても、新幹線・高速道路が整備される事によって、
    寂れた町が沢山あります。
    新しいものが隆盛すると同時に滅びゆくものがある・・・
    「栄枯盛衰」そのものです。

    アボンリーは心の故郷のような所・・

    いつでも優しく迎えてくれる場所・・

    大人になってというより、いい歳の小母さんになっても、
    心ときめくものが身近にある、そしてその思いを共有できる人がいる・・
    嬉しく楽しい・・ハミングバード様のお気持ちと一緒です。!!

    心が澄んで温かい気持ちでパソコンに向かっています。
    皆様ありがとうございます。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • みちよ様 ハミングバード様  訂正です

    お二人とも申し訳ありません。ヘティ・キング(ジャッキー・バロウズ)はブリュエット夫人役では無く・エバンス夫人・エグァンス夫人でした。「赤毛のアン」ではホテルで朗読をしていました。

    2013年10月28日 「赤毛のアン」と「アボンリーへの道」の出演者の中に同名で出ている方、違う名前で出ている方を調べてみました。トピ主レスより・・

    「同じ名前で出ている方」
    マリラ・カスバート
    レイチェル・リンド
    ミュリエル・ステーシー
    ギルバート・ブライス

    「違う役で出演」
    「アボンリー」   「赤毛のアン」
    ヘティ・キング・・エバンス夫人 

    オリビア・デール・・アリス・ローソン  

    アレック・キング・・アラン牧師 

    ブレア・スタンリー・・ミスター・バーリー 

    アビゲール・・ブルック校長 

    クライブ・ペティボーン・・ ジョン・ブライス

    他にもおられるかもしれませんが、主な方々です。

    大変ご迷惑をおかけいたしました。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • みちよ様へ  1

    日本の九州・四国地方では台風の被害が心配されています。
    先日来の大雨に続いての台風・・雨はもう沢山です。

    昨日からの雨のせいでしょうか、当地は朝から寒く最高気温も24度位・・
    朝からカーデガンを着こんでも寒く炬燵が欲しい位です。

    「アボンリーへの道」三昧の余波が続いているようですね。
    お掃除・・本当に大変です。普段使わない部屋は観て見ない振り・・(笑)

    へテイやマリラの綺麗好きを見習いたいものです。
    そういえば、「キング家」も「グリーンゲイブルス」も濃い色のクロスでしたが、あの当時ハエが多くて、その糞を隠すため、と云う記事を読んだ事があります。

    「クッキングストーブ」にたまらない郷愁を感じます。日本ですと「囲炉裏」や「かまど」と云うところでしょうか。
    薪を燃やしての生活は洋の東西に関わらず同じですね。

    そして、「家族」「コミュニテイ」・・今の日本社会では、双方ともに生薄になってきています。
    「郷土愛」「地元愛」などと云う言葉は死語になりつつある言葉のような気がします。
    淋しい限りですが時代と云う事でしょうか・・
    2に続く


    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • みちよ様へ  2

    1より・・

    みちよ様にお聞きしたいのですが、Cedric Smith アレック・キング役の俳優さんのプロフィールですが、

    Biographical information
    Born September 21, 1943
    Bournemouth, England, United Kingdom

    Birth name  Cedric Alan Smith

    Issue Darcy Montgomery Smith (son) ・・息子さんのお名前のMontgomery は母方の姓と考えて良いのでしょうか。
    ローラ・インガルス・ワイルダーのように・・

    Montgomery と云う姓は多いのでしょうか。例えば日本の佐藤・鈴木さんのように・・
    偶然かも知れませんが、Montgomeryと云う名前をみて驚きました。ルーシー・モード・モンゴメリと、もしかして親戚などと考えてしまいました。
    知らない事を一つ一つ吸収してゆく楽しみは何とも言えません。

    申し訳ありませんが、御教示よろしくお願い致します。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • 小さな新発見?

    アジサイが好き様

    こんばんは。早速にご親切な訂正を有難うございます。
    みちよ様がおっしゃるように、ブリュエット夫人をつきとめようとして
    またはまってしまいました。昨日も見ていたのですが、アンが先生になって
    からの話しですが、学校のトイレにミニ・メイが閉じ込められるでしょう。
    あの二人の少年のうちほんのちょっとだけ出た男の子ってフェリックスの
    様な気がするのですけれど。
    赤毛のアンの一作目がテレビで放映された日クゥエート侵攻のニュース
    が飛び込んで画面は複雑に賑わっていました。しかも吹き替えでした。
    改めてきちんと字幕で放映してもらって嬉しいです。あれから10年後アメリカは
    イラクを攻撃。そしてまた。世の中はどんどん変わっていきます。それだけに
    これらのドラマがより心の平和と安らぎに導いてくれます。そして、こう語って
    いられるのはすごいハイテクの進歩のおかげ。国の内外で短時間で語らい合える
    のですものね。私にとってもストーブは懐かしいです。故郷では石炭や薪ストーブ
    で、大きな湯沸かし器がついていました。母はパンも焼いてくれました。
    温もりがありましたね。

    ユーザーID:3104684657

  • アジサイが好き様へ 1.

    こんにちは。

    アジサイが好き様、早速訂正をいただき有難うございました。ハミングバード様のおっしゃる通り、見始めればまた
    ハマッてしまうのが分かっているので「掃除が先!」と自分に言い聞かせ、まだ見ていませんから大丈夫ですよ(笑)

    その代わり、TV JAPANで、日本で作られた「赤毛のアン」のアニメを見ています。かなり昔のアニメだと思いますが、
    以前アメリカでやっていた「赤毛のアン」のアニメに比べて、絵も声もずっと素敵です。
    今週のエピソードは、アンとダイアナがジョセフィン(バーリー)おばさんのベッドに飛び乗って叱られる騒動でした。

    私もクッキングストーブが大好きで、キング家のキッチンシーンで映るストーブのメーカーロゴをネットで調べたこともあります。
    今でも「ストーブ」と言えばキッチンのストーブのことで、カナダに来たばかりのころ、家探し中「キッチンのストーブは・・」と
    言われて頭の中が?でいっぱいになったことを思い出します。
    今では表面は真っ平らなグラストップとかセラミックトップと言われ、お鍋を下ろして30秒したら自動で消える等
    コンピューター制御のハイテク機となっています。

    続く

    ユーザーID:6523849222

  • アジサイが好き様へ 2.

    Cedricの息子さんの名前にあるMontgomeryは姓でもファーストネームでもありえる名前です
    Darcyのお母さん(Cedricの元妻さん)のお名前が本名なら、姓はDisherですから母方の姓は当てはまりませんね
    一番考えられるのはMontgomeryがクラシックな男性の名前なので、Darcyの祖父か曽祖父の名前をもらって
    ミドルネームにした可能性でしょうか

    L.M.Montgomeryはスコットランドからの移民で、Cedricはイングランドの生まれなので、親戚の可能性は少ないかな?と思います

    Montgomeryは姓名としてはたまに聞きますが、佐藤さん・鈴木さんほど耳にすることは多くありません

    私からもお聞きしたいのですが、オリビアとジャスパーの長男の名前、Montgomeryは日本語では何と発音されていますか?
    英語版ではMontgomeryを短くした愛称で呼ばれているのですが、私は個人的にその呼び方が好きでなく、
    初めて聞いた時はちょっとがっかりしました。
    同じ名前の方に失礼になるので書けませんが、短くした愛称で呼ばれているかどうか教えていただけたら嬉しく思います。

    ユーザーID:6523849222

  • ハミングバード様へ 「アボンリーに続く道」

    おはようございます、ハミングバード様

    フェリックスの件ですが、ザカリー・ベネット. Zachary Bennett で幾つかの海外のサイトで調べて見ました。
    テレビには1986年・映画には1988年デビューして折、「赤毛のアン」への出演は無いようです。

    ミーガン・ファローズと共演したドラマはありますね。以前スチール写真をみた事があり再度調べました。

    トムとハックの第2の冒険(1990) BACK TO HANNIBAL: THE RETURN OF TOM SAWYER AND HUCKLEBERRY FINN
    ネットでプロモーション映像があり観て見ましたら、ザカリー・ベネットが写っていました。

    石炭ストーブ・北の国のお生まれでしょうか・・
    優しい母と美味しそうに焼けたパン・・想像しただけで幸せな気持ちになります。
    私も同じような思い出がありますので感無量です。
    「アボンリーに続く道」ですね。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • みちよ様へ  憧れのクッキングストーブ 1

    みちよ様、色々と詳しくお教え頂いてありがとうございます。

    アメリカの「赤毛のアン」のアニメの絵はサリバンのページで観た事がありますが、背景画などが大雑把でしたね。その点日本のアニメは本当に精巧にできており、「音楽」なども最高でした。時々、ネットで観ますが、何度観ても感動が失せる事はありません。
    アニメ繋がりで「風のエミリー」はご覧になりましたか。これはNHKで作ったアニメで、映像が素晴らしく綺麗でした。

    みちよ様もクッキングストーブお好きとは・・嬉しい限りですね。あの雰囲気たまりません。
    以前の家は周りを煉瓦で積んだ本格的なストーブ置き場を作り、薪ストーブを使っていました。そのストーブを一日焚いていますと、炬燵がいらない位に温かくなりました。その薪作りをする事も楽しみでしたが、肩を痛め断念しました。以前、暖炉店に見に行きましたら「コンピューター制御のハイテク機」がありましたが、もうインテリアと云う感覚で圧倒されました。

    「アボンリーの道」の台所の「クッキングストーブ」は、美味しいパンやクッキーを毎日のように作っていて憧れでした。

    2に続く

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • みちよ様へ  憧れのクッキングストーブ 2

    1より・・
    「Cedricの息子さんの名前にあるMontgomeryは姓でもファーストネームでもありえる名前ですMontgomeryがクラシックな男性の名前なので、Darcyの祖父か曽祖父の名前をもらってミドルネームにした可能性でしょうか」・・日本人には馴染みのない名前の付け方ですので難しいですね。

    Montgomeryが姓と名前の両方に使われる・・日本では無いかと思っていましたら、「桜」姓「桜」名前・・と同じ使い方でしたらありえますね。
    オリビアとジャスパーの長男の名前Montgomeryは、日本語吹き替えでも短くして使われています。

    愛称と云うものも、中々難しいですね。アレックやへテイも愛称・・本名よりインパクトが強く、私など門外漢は本名だとばかり思っていました。色々調べますと楽しい事が沢山あります・・例えばゲストスターの事などもワクワクします。

    そういえば、ガスの声の日本語吹き替えは「中尾 隆聖(なかお りゅうせい)さんがされており、これが何とも良いのです。
    マイケル・マホネン=ガス=中尾 隆聖・・一体です。 

    聴き比べられれば良いですね。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • Emily Of New Moon を見ています

    こんにちは。
    日本の「アン」は背景も美しく、大人でも引き込まれてしまいますね。
    「風の少女エミリー」は7年前の放送ですね。「アン」以外にもモンゴメリの作品が日本でアニメになっていた
    のは全然知りませんでした。実は偶然ですが、原作の「Emily Of New Moon」のDVDが今、手元にあります。
    「赤毛のアン」の10冊以外は読み直すことができないので、図書館にあったDVDを
    借りてきました。
    モンゴメリの自伝的作品ですから、とても興味深い内容ですね。記憶に残っている活字で読んだエミリーのストーリーと
    初めて見る映像になったエミリー。この先を見るのが楽しみです。

    私は過去に、最近見なくなった薪の暖炉の家にも、手間要らずで人気のガス式暖炉のコンドミニアムにも住んだことが
    ありますが、今の家は移動もできる電気の暖炉です。
    もちろん灰にならない作り物の薪ですが、赤く燃える様子は見ているだけでも暖かく感じます。
    クリスマス時期にはテレビで一日中、本物の薪が燃える暖炉だけを映しているチャンネルがあります。
    薪の燃えるパチパチという音だけが聞こえ、何とも言えず気持ちが安らぎます。

    続きます

    ユーザーID:6523849222

先頭へ 前へ
91120 / 148
次へ 最後尾へ

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧