• ホーム
  • 話題
  • テレビドラマ  アボンリーへの道をご存知ですか

テレビドラマ  アボンリーへの道をご存知ですか

レス148
(トピ主76
お気に入り139

生活・身近な話題

アジサイが好き

レス

レス数148

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
121148 / 148
  • 調べることは楽しい!

    続きです
    私も色々調べることは大好きですが、今までテレビでよく見ていたCedricのことも「あ、あの人だ・・」と
    見るたびに思う程度で経歴等は知らず、調べたのはアボンリーを見たあとが初めてでした。
    それで初めて、俳優になる以前に音楽の道からこの世界に入ったことを知り、アボンリーの中で聴いた
    あの心を打つ歌にも納得がいきました。

    フィリックスの本名もどこかで見たか聞いたか、覚えがあり調べたところ、去年彼が出ていたCBCのテレビ映画、
    「JACK」に辿り着きました。色々と調べるのは楽しいですね!

    オリビアの長男の名前は日本語でも短い愛称で呼ばれているそうですが、やはり原作に忠実なんですね。
    名前は結構気になる方なので、細かいことですが気になっていました

    中尾隆聖さんも、マイケルとガスと一体とお聞きしては調べずにはいられず、ネットでアニメの声や歌も聴くことができました。
    声優さんなのに歌もお上手なのか、歌手なのに声優さんもされているのか分からなくなるほど、本当に素敵でした
    主様がおっしゃることがよく分かりましたが、やはりガスの声に関しては台詞を話しているのを聴いてみたいと思いました。

    ユーザーID:6523849222

  • みちよ様 心の温もり薪ストーブ  

    お盆中雨模様でしたが、18日から夏空が戻ってきました。夏の短い当地では19日から2学期の始まった小学校もあります。
    「原作の「Emily Of New Moon」のDVD・・」是非私もみて観たいですね。

    みちよ様、嬉しいお知らせです。ネットで「Emily Of New Moon」の動画が観れますよ。とにかく映像が綺麗ですし音声は日本語です。
    26回目に「アボンリーの道」のへテイ・キングがエミリーにファンレターを送っています。他の回に「赤毛のアン」のギルバート・ブライス「アボンリーへの道」のフェリックス・キング、デイビー・キースなども名前や台詞で出ているようです。

    みちよ様は、様々なタイプの家にお住みになられたのですね。
    「クリスマス時期にはテレビで一日中、本物の薪が燃える暖炉だけを映しているチャンネルがあります。
    薪の燃えるパチパチという音だけが聞こえ、何とも言えず気持ちが安らぎます。」・・まさしくこの感覚なのです。!!
    以前住んでいた家で夜中に薪を暖炉に入れ、暫し炎を観ていた事が何度もあります。
    寒い地方ならではの楽しみかもしれませんね。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • アボンリーの全エピソード入手!

    こんにちは。今日は嬉しい報告があります。

    アボンリーの完全版DVDセットを借りることができました!市内の図書館に全DVDが揃っていないことを娘には話してありましたが、
    先週になって突然「○○市の図書館には行ってみた?」と隣の市の図書館に行ってみることを勧めてくれたのです。

    あまり期待もせず、ネットで調べることもせずに土曜日にぶらっと一緒に行ってみると、驚いたことに市内のどこにも無かった
    シーズン1があったばかりか、シーズン7までのすべてのエピソードが、通し番号とタイトルが印刷されたサリバンの
    オリジナルケースに入って並んでいました。

    私には隣の市まで行くという考えがなかったのですが、手続きも簡単だったのでまずはシーズン4まで借りて来ました。
    これであちこち抜けていた回を見ることができるので、色々と分からなかったことが繋がると思います。

    エミリーの動画はネットでたくさん見つかったのですが、音声を日本語で聴けるサイトを中々開くことができませんでした。
    海外からだと見られないサイトもあるので、また探してみますね。ありがとうございました。

    こちらはもう秋の風が吹き始めました・・

    ユーザーID:6523849222

  • みちよ様、暑いです・・

    今日の当地の最高気温33度で朝6時は20度・・一日の温度差13度です。午前中所用で出かけましたが、市街地はもっと暑かった気がしました。

    アボンリーの全エピソード入手!おめでとうございます。

    「シーズン1があったばかりか、シーズン7までのすべてのエピソードが、通し番号とタイトルが印刷されたサリバンのオリジナルケースに入って並んでいました。」・・もう最高ですね。!!最初から観ないと、子どもたちの成長が楽しめませんね。

    ここでネタばれになってしまうのですが、手術を終えたガスにフェリシテイが「あなたが、初めて学校に来た時に会って好きになった。」と言っているのですが、はじめて会ったのは・・・

    エミリーの動画・・日本ではアラビア文字が書かれているEmily Of New Moonで観れましたが、国によって事情が違うようで残念です。
    ぬか喜びさせて申し訳ありませんでした。

    みちよ様、お聞きしたいのですがガスとへテイは愛称のようですが、フルネームは何なのでしょう。
    ガスはグスタフでしょうか・・へテイは・・興味は尽きません。

    鈴虫が鳴き始めました。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • 残暑お見舞い申し上げます 1.

    こんにちは。
    こちらは今日、昼間が24〜5℃、朝晩は16〜7℃くらいでした。温度差13度はきついですね。

    隣の市は高額納税者が多いので市の財政が潤沢なんですね。娘がハイスクールの頃も、近くの図書館に無い本を
    探しに隣の市に行くと大抵あったそうで、なぜもっと早く言ってくれなかったのか・・(笑)

    シーズン2から見ているので、今まで分からなかったストーリーガールの意味、オリビアの結婚、アビゲィルの結婚と息子
    ラッキーのこと等が分かり、シーズン1だけでも「そうだったのね?!」の連続で、途中で休止するのが本当に大変でした。

    抜けていた回だけを見て今日シーズン4に入りました。シーズン5の数回を入れるとあと12話で最後まで繋がります。
    私の後に予約を入れている人がいなければ延長できるので、すでに見た回ももう一度ゆっくり見たいと思っています。

    印象に残っている回:2(ストーリー・ガール)9(雇われ少年ピーター)11(ブルーチェスト)25(作文コンテスト)
    28(ブラッキーの死)30・31(セーラとジョー)などです。他の回も甲乙つけ難いですが、やはり子役さんたちの
    演技に魅了されます。

    続く

    ユーザーID:6523849222

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 残暑お見舞い申し上げます 2・

    >「あなたが初めて学校に来た・・」
    はおかしいですね。15話でフィリックスに出会い、キングファームに連れて来られた日に初めて出会っていますよね。

    ガスの名前で私が最初に思い浮かべるのはAngusですが、娘はAugustもあり得ると言っています。グスタフもヨーロッパに
    多い名前ですから、正確にはどちらかは分かりませんが興味深いですね。
    ヘティーは私も初めて聞いた名前だったので、見始めてすぐ娘に訊いたところ、即答でHenriettaの愛称だと言われました。

    私はあまりに物を知らないので、特に英文学、歴史(特に第一次世界大戦期)、ラテン語を含む言語に興味を持って学んで
    いる娘に教えてもらうことが多く、多分こんな母に呆れていると思います。

    見始めのころFelicityとFelixの二人も最初の4文字が同じなので関連性があるのか訊いたところ、ラテン語の語源に共に
    「幸せ、幸運、成功」等の意味があるそうです。
    登場人物の姉と弟にこのような意味合いの名前を付けたモンゴメリにも、思いをはせています。

    娘はまだ学生ですので、間違っている可能性もありますから、参考程度にしていただけたら幸いです。

    ユーザーID:6523849222

  • みちよ様へ  1

    広島では大雨での土砂崩れで大変な被害が出ています。
    日本では、今まで四季がはっきりしていましたが、ここ数年おかしな感じになり、梅雨の長雨が無くなり、夕立と局地的豪雨・・東南アジアの様な感じになりました。これも温暖化の影響かもしれません。

    「アボンリーへの道」通して観ておられるようで、本当に良かったです。娘さんの一言が大きかったですね。

    娘さんが勉強家なのは、みちよ様のお子様ですから当然です。英文学・・いいですね、。ジーン・オースティン・ブロンテ姉妹・シェイクスピア・・
    奥が深いですね。

    みちよ様、マグ・ラフマン マリリン・ライトストーン ザッカリー・ベネット・ゲマ・ザンプローグナの現在をお教えいただけますか。

    マグは見るからに優しい人のように感じます。ステイシー先生のマリリンは「モナリザ」にそっくりですね。
    フェリックスは本当に大きくなりましたね。(笑)そして、フェリシテイ役のゲマ・ザンプローグナという名前は本当に珍しいのですが、カナダでは普通の名前でしょうか。何系の方なのでしょうか。
    日本では考えられないほど、多くの国の方が生活されている・・続く

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • みちよ様へ  2

    1より・・

    その中の一国が日本でもありますね。「アボンリーへの道」の中でも日本の提灯や着物が使われていましたね。牧師さんの奥さんが着物をドレス風に着ていました。
    このドラマには日系人や東洋系の人は出てこなかったのですが、日系移民がいない場所という設定かもしれませんが・・少し残念な気持ちがします。
    カナダでは日系人の俳優さんで有名な方はおられますか。

    「アボンリーへの道」のマイケル・マホネン・ゲマ・ザンプローグナ・ザッカリー・ベネットが競演された「By Way of the Stars 」が日本語吹き替えで観れないかなと思っています。

    FelicityとFelix・・「幸せ、幸運、成功」・・モンゴメリの胸中を推し計る事によって、本やドラマが只のものではなく、自分の分身の様な気持になります。音楽も、その作曲者の生い立ちや人生の過程を知る事によって、感情移入できます。
    ショパンやモーツアルト・・其の音楽から魂の叫びが聴こえそうな気がします。

    モンゴメリはシェイクスピア・アンデルセン・オルコットから多大な影響を受けているようで、畏敬の念にかられます。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • 子役たちの活躍とその後 1.

    広島は本当に大変なことになりましたね。
    近年、毎年のようにあちこちで大きな被害が出るようになり、1年中いつも日本の災害を心配しています。

    今はシーズン4ですが、毎回フィリックスがどんどん太ってきていて大丈夫なのかな?と心配ですが、去年の結婚式の
    写真や最近の活躍など見ると、本当に立派な「細身の」大人に成長したなぁ・・と感慨しきりです。
    おっしゃる通り、我が子の成長を見守っている親のような心境になっており、苦笑い・・・

    ザッカリー(以下ザック)のFB等見ていると、去年急に病気で亡くなったジェマのお母さんに向けてお悔やみの言葉を
    書き込んでいて、それを読むと個人的にもお付き合いが続いていたんだなぁと嬉しくなりました。
    自分にとって素晴らしい恩師であり仲間であり母であり祖母であり、何より人として素晴らしい人だったと書いてありました。
    ザックは30日の土曜日にトロントでまたライブがあるそうです。ネットで10曲くらい試聴できますが、すべてザックの作詞でした。

    中心的な子役3人はみな演劇一家の出身ですね。やはり血は争えないということでしょうか、才能豊かな子供たちでした。

    続きます

    ユーザーID:6523849222

  • 子役たちの活躍とその後 2.

    牧師の奥さんはミセス・エリオットですね。着物を左前に着て、アジアかぶれの変わったキャラクターで村人たちは引いていました。
    日系人は西海岸に上陸したので、当時大陸横断の可能性は低いかと思います。PEIは流出が多く、中国向けに特別
    キャンペーンを打って移民を受け入れているそうなので、ドラマの様子とは様変わりしていることでしょう。

    「By Way of・・」は図書館にあったのでアボンリーが終わったら借りてきます。撮ったのはアボンリーのシーズン3
    くらいでしょうか?楽しみです。

    ジェマ・ザンプローニァで合っているか分かりませんが、イタリア系の名前ですね。父親がイタリア人で去年亡くなった
    母親がイングランドの出身。珍しい姓だと思います。ジェマの妹と弟が双子で共に俳優、弟のドミニクは「ジェネラル・
    ホスピタル」にイタリア人の役で出ています。ジェマはトロントでダンスとピラティスのスタジオを経営、子供は1女2男。


    44・45話でデイビーの実兄発見!アルフィー・ビューグルという役で、学校の年長で体格が良い2人のうちの片方。
    顔がソックリで気づき、調べたらデイビーの5歳上の実兄でした。

    ユーザーID:6523849222

  • みちよ様へ  1

    みちよ様、詳しい情報ありがとうございます。
    こういう詳しい情報に接する事は、中々ありませんのでとても嬉しいです。

    あのフェリ坊やが結婚したのですか・・何だか不思議な気持ちですが、幸せな家庭を作って欲しいものです。結婚写真ないかと探したのですが、見つからず残念です。

    ジェマのお母さんお亡くなりになったのですね。Pauline Elizabeth Zamprogna・・まだ67歳というお若さで逝かれた・・写真で見ましたらジェマにそっくりですね。
    ジェマが3人の子のお母さんで、サラも初めてのお子さんを育てている・・ドラマと現実が一つになったような不思議な気持ちです。

    「44・45話でデイビーの実兄発見!アルフィー・ビューグルという役で、学校の年長で体格が良い2人のうちの片方。
    顔がソックリで気づき、調べたらデイビーの5歳上の実兄でした。」・・いましたね。
    デイビー役の子役の方・・とても可愛くて「これぞデイビー」と思ったものでした。目元が優しい好青年になりましたね。
    彼は今も役者さんを続けていますか、そして、イジーやドーラ・・気になります。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • みちよ様へ  2

    1より

    そういえば、ザックのお姉さんは、フェリシテイの親友で、お産で亡くなる人役で出ています。
    サラのお父さんも、お医者さん役で出ていましたね。
    実生活でもサラはお母さんを幼くして亡くしており、
    ドラマの時は、どんな思いで撮影していたかと想像しますと胸が痛みました。

    牧師さんの奥さんはバイオラ・・ジャネットの良き友となり、息子のブースはセーラと良き友になりましたが、
    母の治療の為アボンリーを去ってゆきました。
    へテイのセーラを心配する姿にも心惹かれました。

    そういえば、ジャスパーやトレメイン支配人・イジーのお父さん・お兄さん達は、今でも活躍されているのでしょうか。

    ジャスパー・・何とも素朴で温かい雰囲気が素敵でした。

    そして、忘れられないのは音楽・・ピアノの楽譜をダウンロードして弾いています。最も、五月雨ピアノですが・・
    全編通して音楽が本当に素敵で、ウットリしていました。

    只マリラはこのシリーズ中にお亡くなりになられ残念でたまりません。
     

    マシューとマリラ・・映像の中のお二人は永遠です。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • ザックの結婚式

    こんにちは。
    今日はLabour Dayの祝日で、2ヵ月半もの長〜い夏休みの最終日、明日から新学年が始まります。

    ザックの結婚式の写真は彼のフェイスブック上(14年1月頃)に出てくるウェディングベルという雑誌の中で何十枚も
    見ることができます。
    会場はトロント郊外のワイナリーで、手作り感溢れるとても素敵なお式ですよ!ふたりの衣装もシンプル且つ上品で、
    私は派手な衣装が好きではないのでとても好感を持ちました。テーブルセッティングもカラフルで素敵なものばかり。
    手作り派の主様もきっとお好きだと思います。奥さんも素敵な方です。

    デイビーのお兄さんはアメリカのホームドラマ?やCMでも見かける気がします。ディビーより仕事は多いのかも知れませんね。

    続く

    ユーザーID:6523849222

  • それぞれの才能

    早速77話のザックのお姉さんを確認しました。綺麗な方ですね。この方は54話でも夢に出てくる若かりし日のヘティーの
    声で出演されていますね。この夢の中のヘティー役の子役さんがジャッキーに面影がよく似ており、こんなに似た感じの
    女の子をよく見つけてくるものだな、と感心してしまいました。

    マリラが亡くなるシーンは、亡くなったあとに過去のシーンからの合成で作ったそうですね。

    先週はMagのことを調べていて、あまりにワークショップとかDIY関連の話題が多いのでなぜかと思ったら、彼女は
    コントラクター(建築施工者?)の資格を持っているそうで、これには本当に驚きました
    これまでDIY関連の番組をいくつか持っていたそうですが、知らなかったので見たことがなく、とても残念です。

    ジャネット役のラリー・カドーもインテリア・デザインをされるそうですから、才能豊かなお二人が羨ましいです。

    トレメイン支配人は舞台が多そうですね・・ペティボーン先生もお年のせいか最近は大きなお仕事はないようですが、
    超長寿番組「Murdoch Mysteries」に医師役で出ているそうです。レギュラーかは分かりませんが・・

    ユーザーID:6523849222

  • みちよ様へ  1

    今あ私の住む地では大雨が降っています。この所の水害被害の拡大が心配されます。我が家の前の道路も川状態です。・・
    はやく秋の穏やかな日になってもらいたいです。

    Magは、DIY関連のテレビ番組に出ている姿を画像で観た事があり、溶接などもしていたような記憶があります。それを観て、あのかわいい声のMagとのギャップに驚きました。とにかく声が何とも云えずに魅力的ですね。

    ステーシー先生役のマリリン・ライトストーンが絵を描くのは知っていましたが、ラリー・カドーもインテリア・デザイン・・初めてお聞きしました。
    一芸に秀でた人は多彩ということですね。

    トレメイン支配人・・永井一郎さんとお顔もよく似ていますね。
    へテイとトレメイン支配人のコンビは、ある意味最強と思ったのですが残念です。

    ペティボーン先生とへテイからいつの間にかミス・ステーシーに心がわりしてしまって残念でした。日本のテレビ45分になっているので、こういう細かい所がカットされているのでしょうか。みちよさん、お分かりになりますか・・
    へテイは実らぬ恋ばかりで可哀相・・

    2へ続く

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • みちよ様へ  2

    1より・・

    ザックの結婚式の写真見つかりました。ありがとうございました。
    本当にシンプルな結婚式でしたね。アボンリーのドラマの中に使えそうな位素敵で手作り感満載・・

    お嫁さんの衣装は、20世紀初頭の様な感じの衣装でしたね。髪形も・・・
    本当に幸せそうな二人で観ていて飽きません。・・

    日本でも最近は地味婚が多くなっていて、家族やごく親しい友人達という形式が多いです。
    そして人気があるのは「軽井沢での結婚式」・・小さな教会で式をあげホテルでの披露宴・・
    軽井沢や清里高原はカナダと似ていますね。

    「アボンリーのクリスマス」・・「アボンリーへの道」の数年後・・みちよさんは観られましたか・・
    日本語への吹き替え版が出ないか期待しています。

    「アボンリーへの道」第1シーズンから第7シーズンまでゲストスターが沢山出ていますが、
    お分かりになりますか。・・

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • 大雨のその後はいかがですか?

    道路が川状態とは、もうどこでも当たり前のように起こりえることになってしまったのでしょうか。

    ラリーのインテリア・デザインに関しては、図書館で借りたDVDの中で読みました。英語のDVDセットでは各シーズンの
    最初の1枚に撮影裏話や俳優へのインタビュー映像、詳しい経歴紹介などが入っています。

    私もヘティーの実らぬ恋に関して同じように思っていて、そもそもペティボーン先生にはその気があったのかが疑問でした。
    ヘティー50歳の誕生日に出版社から契約破棄を言い渡されて、同じ日にミュリエルが町に戻って来てジェネラルストアーを
    始め、そこからP先生との接点が生まれたという経緯の中で、何か他の出来事があったか記憶にないのですが・・・

    ヘティーと支配人はお互いに仕事へのキャリア志向が高かったので、残念ですがヘティーはそういうキャラクターにされて
    しまったのかな・・と感じました。45分にカットされてしまうのはつらいですね。

    MagはTED(世界の叡智が行うプレゼン)でも、手を使うことで脳のある分野を活性化できると話していました。
    ご主人とはサンフランシスコで出会い、3週間で結婚したそうですね。

    ユーザーID:6523849222

  • ザックの結婚式の写真を見ることができて良かったですね

    私はザックのそばに立っているリングボーイの甥御さん?を見て、オリビアの結婚式でフィリックスが指輪を失くした
    シーンを思い出していました。
    お嫁さんはとてもクラシックなお顔立ちでヨーロッパの雰囲気に溢れ、そのままでも即「ダウントン・アビー」に登場
    できそうだと思いました。
    裕福なのに簡素で温かい愛に溢れた結婚式・・・理想ですね。お式のタイトルは「Sea Of Love」でした。

    2歳くらいのザックとお父さん、最近のザックと一緒のお母さん、奥さんの手作りパイなどもありましたね。

    先週、アボンリーのすべてのDVDを見終わり図書館に返したところなので‘アボンリーのその後’を知りたくなり、
    ネットで調べ始めたばかりでした。主様、話題がタイムリー過ぎます(笑)

    テレビ映画で「Happy Christmas, Miss King」というタイトルがあり、探しましたが図書館にはありませんでした。

    「アボンリーのクリスマス」をその時期に見たいので、12月初めに図書館から借りようと思います。

    どこかでその後の予告の役名に「Felicity Pike」と出ていたので、映像があることは確かですね。

    ユーザーID:6523849222

  • みちよ様へ  1

    みちよ様、こんにちは
    今日は久しぶりの晴天で、朝から布団を干したり洗濯を山ほどしました。
    家の洗濯機容量9kgですが、2度に分けての洗濯・・

    へテイはキング一家の母代りとして、妹や弟たちの面倒を見ながら尚且つ職業婦人としてもキャリアを積んでいた・・
    そんな中であった身寄りのないガスに対し、我が子の様に接しその成長をあたたく見守ってゆきましたね。
    ガスに「フェリシテイはキング先生に似ている」と言われた時、へテイ嬉しかったでしょうね。

    へテイは変わりゆくアボンリーに対しての淋しさと不安を抱えていましたが、私もその気持ちが分かる歳になりました。
    変わって良いものと変わらずに良いもの・・今の社会状況と重なります。

    Magは多趣味でピアノ等もたしなみ、「アボンリーへの道」の中でもMagがピアノを弾くシーンが出てきましたね。
    昨日ネットでMagが自転車に乗っている写真を見つけましたが、若々しくて羨ましいです。
    永遠のオリビア・・その記事中オリビア役はオーデションを受けたと記載されていたような・・
    危ない英語力で済みません。

    2に続く



    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • みちよ様へ  2

    1より

    [Road to avonlea Christmas]で検索して見て下さい。
    クリスマスシーズンの素敵な写真があります。
    「へテイとオリビアとフェリックスとフェリシテイがプレゼント満載の馬車に乗っている写真」と、
    「セーラがクリスマスリースの前に立つ写真」・・
    クリスマスシーズンには、この写真と「Happy Christmas, Miss King」でのオリビアの写真を飾っています。
    新年を迎えたと思いましたら、あと二月半でクリスマスシーズン・・1年あっというまです。

    みちよ様こういう穏やかな日を迎えられ、今まで頑張って来て良かったですね。
    それこそ辛い思いもされたと思いますが、家族の為にと言う思いでの日々だったのでは・・
    そういう中での「アボンリーへの道」はオアシスの様なものですね。

    今度、ゲストスターをお教えいただければと思います。
    日本で馴染みの方は少数分かるのですが、現在カナダで活躍されている方等は
    皆目分かりません。

    カナダもこれから秋本番・・グリーンゲイブルスの紅葉素敵でしょうね。

    ごきげんよう。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • みちよ様 


    あのドラマのクライマックス・・

    キング家の人々に迎えられ大事にされてゆくうちに、
    自分の将来をきちんと考え学校にも行き、
    何とかフェリシテイに相応しい人間になろうとしたガス・・

    時代が違うと言われそうですが、本来の人間のあるべき姿と言う気がします。
    私達の育った時代は、そういう価値観が大事にされた時代でした。
    何だかとても人ごとでなく、ガスに感情移入していました。

    努力して何かを得た時代から、努力せずとも何での手に入る時代が果たして良いのか・・
    大学まで親が出すのが一般的なのでしょうか・・

    「アボンリー小学校」は日本の開拓地の学校に良く似ています。

    それでは、ごきげんよう。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • こんにちは 1.

    夏至のころは10時まで明るかった当地も、今では8時半には真っ暗です。

    教えていただいた写真など見ていると、本当に月日の経つのが速く感じられますね。
    クリスマス関連のDVDを見るまでの繋ぎに「赤毛のアン」のその後を描いたDVD3本、一瞬「花子とアン」にも出てきた
    「Pollyanna」、「By Way of The Stars」を見終わりました。
    「Emily of New Moon」はまだ途中ですが、エミリーの書くことに対する狂気なまでの執念を感じます

    「By Way of・・」にはフィリックス達3人の他に、サンズのシェフ(日本語ではピェール?)とイライザ大叔母の従姉、
    ウィニフレッド役のおばあさんが、アボンリーでは亡くなったのにとても元気なおばあさん役で出ていました。

    私は俳優さんの名前がよく覚えられないのですが、ゲストスターで知っていたのはイジーの叔母さん、セールスマン・ヒギンズ、
    クリストファー・リーブ、偽教授ディンプルくらいで、あとは見たことあるなぁ程度でした。
    脇役ではペティボーン先生、バート・ピッツ、アーチー・ギリス役の役者さん達は以前からよく見かけています。
    2.へ

    ユーザーID:6523849222

  • こんにちは 2.

    ゲスト・スターは個人的には59話のケーラブ役、Bruce Greenwoodが好きでした。

    アボンリーは100年前のストーリーですが、中でもキング・ファームは大規模農家の設定らしく大きな家に住み、いつも豊富な
    食べ物に素敵なドレス、ピアノまである豊かな暮らしが描かれていますね

    しっかり教育を受けている子供達がいる反面、親を亡くした子供達もたくさん登場します。多くは労働力として引き取られたり、
    自分の子供として養子に迎えて育てる話もたくさん出てきて、モンゴメリ作品の重要な要素ですね。

    キング家に比べて、ポッツ家などは家も小さくて生活も苦しいのか、嘘の赤ちゃん取り違え話の時ポッツ家のサリーがキング家の
    娘になる暮らしを夢見る妄想シーンがありましたね。

    物語の根底にあるものは、家族愛、地域・隣人への愛、道徳心などだったと思います
    家族間の喧嘩や隣人間の陰口・揉め事など、負の部分も多かったと思いますが、村人たちの動画を撮影してみんなに見せた時、
    全員がアボンリーへの愛を再確認して、住人たちが一致団結できました
    子供達が何か間違えて失敗しても、正直に話して反省すれば許されていましたね。

    ユーザーID:6523849222

  • みちよ様へ  


    このトピは9月21日で1年が経過して投稿終了になると思いますので、取り急ぎ沢山の事をレスさせて頂きました。
    みちよ様には、本当に沢山の事をお教え頂きありがとうございました。
    カナダに渡られてからきっとうよ曲折があっても御自分の力で逞しく乗り越えられ、今は穏やかで満ち足りた日々を送られていらっしゃる・・その道程に「赤毛のアン」他の本達があった・・海を隔てた私も同じような軌跡をたどりましたので、気持ちが重なります。

    日本はこれから秋本番・・栗・クルミ・りんご等美味しものがたくさん取れます。カナダの秋も同じようでしょうか・・
    雄大な自然の中の紅葉・・カナダの秋は最高でしょうね。沈みゆく夕日を観ては「ぼー」としています。自然の神秘を感じる時間でもあります。
    一度で良いから「カナダの夕日」を観て「ぼー」としたいものです。

    ごきげんよう。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • トピが立ってもう1年なんですね

    トピを立てるのも1年間続けるのも大変なことですね。私はレスをしたのも初めてで、自分にはトピ立ては到底無理だなと
    思っていました

    最後に個人的な視点からですが、アボンリーの映像の中で面白いと思ったことや、時代の変化や歴史を感じる事柄がいくつか
    あったので書いておきますね

    ○ドミニオン・デー(自治領記念日?)を祝っていた→ →今は建国記念日で、カナダ・デー
    ○国旗がユニオン・ジャック→ →今はメープルリーフ
    ○いつでもどこでもティー→ →今はコーヒーが大勢を占める
    ○ティーカップは必ずソーサーとセットになっていた→→今はマグカップかエコタンブラー
    ○真冬に外に洗濯物を干していた→ →比較的に暖かい当地でも凍る
    ○食卓に置かれたパンはいつも真っ白→ →今は健康志向が強く、白いパンは売れない
    ○子供がいる場所でタバコやパイプを吸っていた→ →屋内・公共の場所禁煙、建物の窓・ドアの外6m以内禁煙
    ○教会に衣類寄付用のミッションボックスがあった→ →今は教会に行かなくても街中にあり、鉄製で、入れたら回収者以外は
    出せない仕組み。本専用ボックスもある。

    こんなことを考えながら見ていました 続く

    ユーザーID:6523849222

  • いつも温かいお返事をありがとうございました

    昔、まだ英語も殆ど分からないころに読んだ「アボンリーへの道」の記憶がこのトピに参加するきっかけになったのですが、
    全く偶然に、先週ふらっと入ったある教会のバザーで、見覚えのある表紙の本が目に飛び込んできました。

    懐かしいあの「Road to Avonlea,The Journey Begins」でした。ナニー・ルイーザがセーラに付き添ってアボンリーに着き、
    駅のベンチに並んで座ってアレックの迎えを待っている場面が表紙の児童書です。
    内容ではなく、1ページに10個以上も解らない単語があったことだけを鮮明に覚えている本。今思えば小学生向けの本なのに
    もちろんこの古本は買いましたが、お値段はたったの25セントでした。

    週末は日本の通販サイトで、まだ未読の「青い城」と「もつれた蜘蛛の巣」等を注文しました。どうしても他の著書も
    目に入ってしまい、結局10冊くらいになってしまいましたが、届くのがとても楽しみです。
    本当は9月から始めたある勉強のために、もっと英語の本を読まなくてはいけないのに、まんまと通販の罠にはまりました。

    では、またどこかでお話しできますように。お元気で、ごきげんよう!

    ユーザーID:6523849222

  • みちよ様へ  1

    みちよ様には、最後までお付き合い頂き感謝致します。
    「アボンリーへの道」に何故心惹かれたかと言いますと、古き日本を其処に観たのです。秋になると柿のがたわわに実り、黄金色の稲穂・夕刻になると風呂を焚く煙が其処此処の家から・・今では懐かしい思い出です。へテイの「皆変わってゆくけれど、アボンリーはここにある。」と言う最後の挨拶と重なりました。

    みちよ様の「時代の変化や歴史を感じる事柄」楽しく読ませて頂きました。「赤毛のアン」が映画化された時、国旗が「星状旗」でモンゴメリが切ながったという話は有名ですね。
    ○いつでもどこでもティー→ →今はコーヒーが大勢を占める・・我が家でも同じです。
    ○真冬に外に洗濯物を干していた→ →比較的に暖かい当地でも凍る・・洗濯機がなく脱水が出来ないので真冬でも外干し。
    ○食卓に置かれたパンはいつも真っ白→ →今は健康志向が強く、白いパンは売れない・日本では相変わらず白パンが主流ですが、主食でないからでしょうか。他に美味しい様々な菓子パンも売られています。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
  • みちよ様へ 2

    1より
    みちよ様にとって「アボンリーへの道」は特別なのですね。読んでいて目頭が・・カナダになじもうと頑張っていた時に出会った運命の本。
    それから今日までの道のり・・居ながらにして、日本の通販で10冊もの本を注文できる時代になった事、嬉しい限りですね。私も又情報化の恩恵を受け、こうしてネットでレスをしています。

    みちよ様は、資格を取得する為の勉強でしょうか。探究心旺盛なみちよ様でしたら大丈夫です。
    大好きな日本の本も読みながら両立して下さいね。

    日本はこれから日一日と寒くなってゆきますが、寒さに負けないよう心温かくして過ごしてゆきたいです。
    みちよ様のカナダでの日々が、実り多きものでありますようお祈りしております。

    日本の空から愛を込め「みちよ様ありがとうございました」「これからもよろしくお願い致します」

    「アボンリーの道」へテイ・マリラ・ガス・フェリシテイ・フェリックス・オリビア・セーラ・アレックス・ジャネット・セシリー
    ・ジャスパー・レイチェル・イジー・トレメイン・ミュリエル・クライブ・デイビー・ドーラ・・最高でした。

    皆様ごきげんよう。

    ユーザーID:6784609230

  • トピ主のコメント(76件)全て見る
先頭へ 前へ
121148 / 148

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧