百恵ちゃんの”赤いシリーズ”、心に残っている場面は何ですか?

レス90
お気に入り54
トピ主のみ38

紅茶の美味しい喫茶店

話題

トピを開いてくださりありがとうございます。
私は50代です。中学生の頃、百恵ちゃんの赤いシリーズがいつもみんなの話題でした。
印象に残っているシーンをあえて挙げるとしたら、次の三つです。

1:赤い疑惑だったと思うのですが、百恵ちゃんがパリの叔母様を訪ねてセーヌ川のほとりを歩くシーン・・・
あの可憐なワンピース、そしてパリ。当時はとても遠い世界、憧れの地でした。

2:どのシリーズだったか忘れましたが、百恵ちゃんが陸上部で活躍している姿・・・
私も陸上をやっていのでとても親近感がありました。

3:赤い疑惑かな?病気の百恵ちゃんと友和さんが雪の中で抱き合うシーン・・・
泣きまくりました。

というわけで、私が忘れているであろう名シーンをよみがえらせてください。
秋の夜長、皆さんのレスをじっくり味わいます。

ユーザーID:4811471929

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数90

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 赤い衝撃だっけ?

    陸上やってた百恵ちゃんが走れないのを苦にベッドの上で
    太ももをフォークで刺すシーン。
    衝撃でした。

    ユーザーID:8700619844

  • うろ覚えなんだけど…

    小学生になったかどうかの頃に見ていたので、
    切れ切れの記憶しかないのですが、インパクトの強いシーンだけ覚えてます。

    ・三浦友和さんの前で撃たれるシーン
    ・なんか足が動かなくて悲観的になった百恵ちゃんが
     刃物だかフォークだかでひざの辺りをひたすらさし続けるシーン
     感覚が無いから痛くない…だったかな?

    …というのがあった気が…。

    あと、テーマソングで
    「愛は人と人を結ぶ鍵」とかいうフレーズのある曲があって
    メロディとか歌詞がかなり好きでした。
    抑揚があまりなくて淡々と歌っているだけなのに好きだった…。

    ユーザーID:5307113563

  • どのシリーズかは忘れたけど

    飛行機の機内で手術をするシーンがあって、ドライアイスを麻酔代わりに使って背中を切開、百恵ちゃんの脊髄?か何かからネジのようなものを取り出すシーン。

    子供なりに、痛そー…。と思ったシーンでした。当時、シューアイスが大好きで買ってもらった時についていたドライアイスを見るたびにそのシーンを思い出し、ほんとに痛くないのかなー…、とか思ってましたね。

    ユーザーID:2968366788

  • うっすら覚えているのは・・・

    百恵ちゃんが陸上部で活躍していたシリーズです。

    足が動かなくなった百恵ちゃんと恋人の三浦友和さんが、
    土手で寝転んでデートを楽しんでいる場面(青春)

    そこへ学ラン姿の不良たちが登場。
    仲良さそうな二人に因縁つけて、絡んでいく。

    友和が百恵ちゃんを抱き上げて歩き出すと、更に下品に囃し立てる。
    停めてあった車椅子に百恵ちゃんを乗せると、その場を離れる二人。

    不良たちはイチャツイて、お姫様抱っこしていたんじゃない、と悟ると
    車椅子に書かれた「さちこ」というネームを見て

    「フレーフレー、さ・ち・こ!」
    と応援しだす。

    そんなシーンを覚えています。
    間違って覚えているかもしれません。

    ユーザーID:6477735266

  • 車椅子で

    トピ主さんが書いている、百恵ちゃんが陸上競技をするシリーズだったと思いますが、車椅子で電車の踏み切りに入って、レールの隙間にはまってしまうシーンかま印象に残っています。
    陸上を諦めなければならず自暴自棄になっていたのが、この事故で助けられたのをきっかけに立ち直っていったのではなかったかと思います。

    ユーザーID:1550943559

  • 赤い運命

    伊勢湾台風により運命を大きく変えられら、間違って引きとられた2人の娘 

    百恵ちゃんと、秋野よう子 

    前科があり周りから嫌われている父親でも、自分のただ一人の肉親の父親(三国廉太郎)

    を大切に思い

    「どんな人でも、私にとってはただ一人の父親です」少し違うかもしれませんが

    その言葉が心に残っています。

    ユーザーID:5602353782

  • 赤い衝撃

    私は30代なんですが、再放送で赤いシリーズは見たくらいなんですが、最近百恵ちゃんの大ファンになり、赤い衝撃と赤い疑惑を見ました。ちなみに陸上部のドラマは衝撃、白血病が疑惑ですね。私は友和さんの大ファンでもあるので相手役が友和さんの赤いシリーズが好きなんですが、でもドラマ的には運命が一番面白かったです。百恵ちゃんが儚くてよかったです。疑惑は友和さんと百恵ちゃんのキスシーンがよかったです。悲しいキスシーンなんですがね。ちなみに風たちぬも大好きです!

    ユーザーID:6608117407

  • 百恵ちゃんが・・

    自分の足に 食事で使う「フォーク」をブッ刺していた!!

    ユーザーID:3696856172

  • 百恵ちゃんでなくてすみません

    「赤い衝撃」で、大山友子(山口百恵)の継父、中条静夫演じる大山豪介。
    陸上選手でありながら下半身不随になってしまった友子が、病室で車いすを見せられて、自分は歩けないのだと認識して顔を曇らせた時。病室にやってきて、「一番いい(高価な)やつ買ってきたから、座り心地がいいぞ。」と赤い車いすを友子に見せるシーンがありました。
    娘を車いすに乗せ、自分で押して歩いたりグルグル回ったり。お父さんの気持ちが嬉しくて百恵ちゃんも笑顔がこぼれて。
    娘のためなら金に糸目はつけない、という勢いで友子をとてもかわいがっているお父さんでした。
    でも娘には見せない過去にとても悪いことをした人で……
     私はそれまで勧善懲悪の子供番組を見ていました。が、このシーンで娘を愛する優しいお父さんと、お金のために人を苦しめた悪人の両方が、一人の人の中にあるというのを初めて見ました。あの時の衝撃は忘れられません。

    ユーザーID:7958896181

  • いくつかあります。

    百恵ちゃんが川に流されて、
    川岸の葦か何かに必死でつかまって、
    白いブラウスから黄色い水着がしっかり透けていた場面とか。

    また、
    百恵ちゃんが例の伏せ目がちで切なそうな目で友和さんに、
    「ええ馬鹿よ(私は)大馬鹿よ」なんて言って友和さんからブチュっとされて、
    「これ以上言うと僕は君を殴る」なんて言われて、
    百恵ちゃんはより一層色っぽいあの切なげな伏せ目がちになった場面とか。

    また、
    百恵ちゃんは子供を産んでいて、
    子供の名札をみた誰かに「健(けん)・・か」とか言われて、
    「健(たもつ)です」と顔も見ずにつれなく答える場面とか。

    また、道端でモノを売る人を手伝おうと、
    自分もコートを脱いで座り込み、道行く人に、
    「いかがですか」と声をかける場面とか。
    コートの下はベストスーツみたいなので、当時流行の形でした。

    ストーリーは全く記憶してませんですいません。

    ただ百恵ちゃんの存在感は強かった。
    演技も上手い人でしたね。

    ユーザーID:9107300036

  • 百恵ちゃん、私もファンでした。

    私が印象に残ってるのは、百恵ちゃんがどこかに行く途中に夏夕介さんを含む不良グループにさらわれて、ベッドに寝かされて、その後の夏夕介さんとのシーンです。

    赤い衝撃でしたっけ?違うかもしれません。夏夕介さんのファンでもあったので、どきどきしながら見ていたのを覚えてます。 

    あとその時の百恵ちゃんの履いていたプリーツのチェックのスカートに惹かれ、似たようなスカートを母にねだって買ってもらって嬉しかったのを覚えています。

    赤いシリーズは一度だけ百恵ちゃんがいないシリーズがあって、宇津井健さんと水谷豊さんのピアノのコンクールに出る物語も印象的でした。確か赤い激流だったような?

    百恵ちゃんの映画もほとんど好きでした。”ふりむけば愛 ”はビデオを持っていてこの間久しぶりに見たばかりです。

    初めて映画館で見た時は、映画の舞台のサンフランシスコ(というか海外すべて)はまだ行ったことない場所だったのですごく興味深かったです。

    あと百恵ちゃんがカラフルなプラスティックでできたバングルを何十個も重ねて付けてるのが印象的でした。

    ユーザーID:8933092208

  • 赤い衝撃

    陸上部は赤い衝撃でしたっけ?
    同じ赤い衝撃だと思うのですが、車いすで一人で外へ出てしまい、途中で(有刺鉄線にひっかけてしまい)足にけがをして、痛覚がマヒしているのでそれに気付かずにどんどん出血して気を失ってしまうというシーン。
    子供心にドキドキしてしまいました。

    大人になってから再度観たときには、三浦友和さんのイケメンさにびっくりいたしました。
    子供のころはそんなに気が付いてなかったがほんとーにかっこよかった。


    それとシーンでは無いですが、「赤い絆」で赤線と言うものを知りました。
    「そういうもの」を知ることになったきっかけになりましたね。
    これも子供だったから衝撃でした。

    ユーザーID:9093816798

  • 私も50代です

    覚えてますよ!

    パリのおば様を訪ねてセーヌ川のほとりを歩くシーン・・・
    白い襟のブルーのワンピースだったと思います。
    あのときのBGMも素敵でした・・・

    赤い疑惑だったと思うのですが子犬を助けた時に友和さんと出会うシーン・・


    当時中学生だった私は毎週楽しみにしてました。
    BSで再放送してほしいです・・・無理かな・・

    ユーザーID:2268568532

  • 夢中でした!

    赤い疑惑です。
    最終回、たしか「エスポワール」と名付けたボートに乗って漕ぎ出す幸子(百恵ちゃん)とみつおさん(友和)。海上で意識を失った後、みつおさんが幸子に口づけします。(キスというより、口づけという表現がぴったり!)もうさよならだって分かっている中、どんな思いで・・・(涙)。

    その後病院へ運ばれますが、そのまま亡くなります。
    お母さんが「さちこーーーーっ!」と号泣する場面で大泣きしました。


    小学3年生、私を少し大人にしてくれたドラマでした。

    ユーザーID:8903344478

  • 2は「赤い衝撃」

    陸上部だった役名:トモコが、刑事の役名:ヒデオが撃った拳銃の弾に間違って当たってしまい、
    下半身麻痺の状態から、もう一度陸上の大会に戻ってくるという話です。

    私はこのドラマの、「飛行機の中の手術」シーンが印象に残っています。
    正直、ありえねぇ〜の展開の連続なのですが(苦笑)
    トモコの祖父と、トモコの父の、対照的な人柄と経済環境とか、
    航空関係者じゃない医師役の宇津井健さんが、管制塔で直接飛行機内のヒデオやトモコの兄と交信してたりとか、
    冷静に見たらツッコミまくりなんですけど(笑)
    当時は真剣に見ちゃいました。色んな意味で印象に残ってます。

    あとは「赤い絆」で、百恵さんが不良娘役だったのが新鮮でした。

    まだまだ思い出せばあるのですが、皆さんのコメントも楽しみです。

    ユーザーID:9164846826

  • 連投すみません

    あと、赤い運命でも、忘れられない場面が。

    直子(百恵ちゃん)にずっと冷たくあたっていた、ニセお父さん(三國連太郎)が、直子の優しさに気づき、ある日、ペンダントをプレゼントするんです。もーーーーーう、涙・涙・涙!!
    このまま、ニセ親子でもいいじゃん!って思った瞬間でした。

    赤い衝撃も大好きでしたね〜。

    私も、放映の翌日はクラス中が大騒ぎでしたよ。
    一週間が長かったわ〜

    ユーザーID:8903344478

  • 今思うとイロイロ

    百恵ちゃんが好きでした。でもドラマ放送時は小学生で8時就寝が原則。夕方や夏休みの午前中の再放送を夢中になって見ました。
    百恵ちゃんが次々と困難に遭うのがかわいそうで、でもそれをはねのけてゆく強さもあって、あこがれのお姉さまでしたね。
    「赤い疑惑」では、たまたま訪ねた父の勤務先で事故に遭い、放射能を浴びたことで、白血病になる。
    「赤い運命」では、取り違えられて、前科のある怖い父親に引き取られる。
    「赤い衝撃」では、好きになったひとの誤射で、下半身不随になる。
    「赤い絆」では出生の秘密を知って、家出して不良グループの仲間入り。
    今思うといささかムリがあるのではという設定ばかり、とくに「衝撃」では、飛行機のなかでの緊急手術、机をドンドン叩いて、置いたローソクが倒れて火事になるなど、大人げないツッコミを入れたくなりますね。
    でも「疑惑」以外はだいたいハッピーエンドになるのでホッとします。

    ユーザーID:7099019973

  • 大好きでした

    赤い疑惑がやっていたのは私が小学校二年生の時でしたね。
    それから赤いシリーズは全て見ました。

    一番好きなのは赤い疑惑です。
    パリのおばさまが出て来るシーンで必ず流れるフランスの音楽が忘れられません。
    百恵ちゃんが放射能を浴びるシーン、飛行機の中で死にそうになるシーンを覚えてますね。
    白血病にあこがれました。
    挿入歌の「ありがとうあなた」は聞くと今だに泣けますよ。

    次は赤い衝撃です。
    あれを見た後は、自分も歩けなくなったヒロインになった気分になって、手だけで匍匐前進してました。

    赤い運命も良かったです。
    三国連太郎さんの鬼気迫る演技が圧巻でした。
    百恵ちゃんの運命を狂わしたドラマ冒頭の伊勢湾台風のナレーションの件が衝撃的でした。

    また見たいなあ。

    ユーザーID:9707878912

  • 陸上は赤い衝撃

    うれしいトピをありがとうございます。
    はまりまくってました赤いシリーズ。
    数年前に赤いシリーズのテーマ曲集(CD)を購入しました。

    2の百恵ちゃんが陸上をやっているのは「赤い衝撃」です。
    刑事(三浦友和)が大山友子(百恵ちゃん)の父(中条静雄)をマークしていて犯人めがけて打った拳銃の弾が友子の背中にあたり友子は車いす生活になるも、名医吉野(宇津井健)の手術と友和の献身的愛で再び走れるようになります。

    心に残っているのはやはり「赤い疑惑」、ヨットの上で幸子が息を引き取り光男が「幸子」と言ってキスするシーンです。

    それから百恵ちゃんではなく宇津井健の心に残るシーンは「赤い激流」で妻が倒れたときに不安を消すように夢中でバレエを踊るシーンです。
    これにはビックリでした。

    主題歌で一番好きなのは「赤い絆」の「レ〜ッド センセーショ〜ン」です。

    私たちの年代で 白血病といえばRH−AB型、ピアノと言えば英雄ポロネーズと出てくるのは間違いなく赤いシリーズファンでしょう。

    ユーザーID:0397259669

  • 愛は人と人を結ぶ〜か・ぎ

    あなたがいる 私がいる 答えは愛だけ〜♪

    陸上部の百恵ちゃんは「赤い衝撃」ですね。
    百恵ちゃんは可愛いけれど
    陸上部の身体つきではないなぁ、なんて心の中で突っ込んでました。

    劇中、父親役の中条静夫さんが百恵ちゃんを「うさぎ!」と呼んでいて
    厳しい父ながらも娘に対する愛情がこもっている呼び方で、お気に入りでした。

    ユーザーID:2904271760

  • 赤いシリーズよもう一度

    私は主さんと同年代で、同じく赤いシリーズが大好きでした。
    私が好きなシーンは

    1 赤い迷路で、中野良子が瀕死の松田栄作にタバコをくわえさせて
      あげるところ

    2 赤い迷路でレスポワール号の上で百恵ちゃんが「勿忘草をあなたに」
      を歌うところ

    3  赤い運命で直子が自分の出生を知るところ

    ユーザーID:5558702713

  • 「お家賃」封筒

    当時小学生で、TVは一家に1台しかない時代でしたので、親が好まない、もしくは子供向けと考えない番組は見せてもらえませんでした。
    ですので、赤いシリーズは本当に何場面かしか目にしておりません。

    その中で印象に残っているのが、酒癖が悪いお父さんのために、「お家賃」と書かれた封筒からお金を取り出し、差し出してしまう百恵ちゃんです。
    アカンよ、やめときなよ、住むとこ無くなるよ、って、子ども心に思ったのを覚えています。

    それからずっと忘れていたのですが、大人になって結婚して家計を任されたとき、百恵ちゃんの「お家賃」封筒を思い出しました。
    支払いが予定されている分は、あんなふうに先に取り分けておかなければいけないんだ。
    そして、それを百恵ちゃんのように差し出してしまわなくて済むように、予備費も確保しておかなければいけない、と。
    百恵ちゃんがすごく可哀想に思えたから、あんなのは絶対嫌、と、刷り込まれてしまったのだと思います。

    ユーザーID:1561242723

  • おや懐かしい

    といってもおぼろげにしか覚えていない40代です。

    百恵ちゃんが記憶喪失か何かで必死に思い出そうとしているシーン。
    ナイフを落ち葉に隠そうとしているか指紋を拭き取ろうとしているか、そういう場面を脳内再生している場面。

    これが私の一番最初の(と思われる)ドラマの場面の記憶です。
    ちなみに同世代の友人で赤いシリーズを覚えているという人に会ったことはありません。
    裏で子供番組でもやっていたんですかね?
    我が家は母が百恵ちゃん大好きで、毎回見ていたと思われます。

    ユーザーID:5282873610

  • 懐かしいなぁ

    トピ主さんの「2」は「赤い衝撃」でしょう。
    私はこの赤い衝撃で下半身不随になった百恵ちゃんがナイフで自分の足を滅多刺ししながら「何も感じない」と叫んでいるシーンが衝撃的で印象に残っています。

    ユーザーID:4611773237

  • 2は『赤い衝撃』です

    赤い衝撃は百恵ちゃんが陸上でオリンピック候補選手とまで言われたのに 友和さん(刑事役)の撃った拳銃が百恵ちゃんに当たり 半身不随の車椅子生活になる。でしたよね。


    私は何と言っても『赤い疑惑』の最終回、ボートの上で百恵ちゃんが脳腫瘍で意識不明に…


    次はやはり『赤い疑惑』のシーンで百恵ちゃんが雨の中 友和さんのアパートの前で立ちすくんでる。友和さんが部屋に入れ濡れた髪を拭きストーブの前で二人で体育座りをして温かい飲み物を飲んでいる。


    最後は『赤い衝撃』のワンシーン。 飛行機の中での緊急オペ。 麻酔薬がないので鎮痛剤をMAX飲ませ意識をもうろうとさせ手術部位の腰を氷で冷やし麻痺させ メスの代わりにカミソリ。

    確かドクターは宇津井健さんでしたが 父親ではないんです(父親は中条静夫さん)何故 飛行機に乗ったかも記憶がなく…

    オペは腰に入ってるボルトを抜くというものでした。

    百恵ちゃん、芸能界では7年しか活躍してなく引退して34年経ちます。 でも今も尚 根強いファンが沢山います。

    カラオケ行けば百恵ちゃんのオンパレードです。
    ご次男の貴大さんのファンにもなりました。

    ユーザーID:3892915124

  • 飛行機の中で

    お腹が痛くなるシーン。
    「お腹が痛むのか?」
    「…お腹だけじゃなく…背中も…っ…うっ…」

    悲劇のヒロインって好きです〜。

    ユーザーID:3396342790

  • 韓流もかすむ

    赤いシリーズ。大映テレビ偉大です。
    陸上部は赤い衝撃ですね。

    やっぱり赤い疑惑でヨットの上
    百恵ちゃんが友和さんに抱かれて
    息を引き取るところかなあ。
    (確か亡くなるシーンでしたよね)

    赤い運命では控えめな百恵ちゃんがかわいそうで、
    敵役の秋野暢子さんが憎らしくてしょうがありませんでした。

    赤い衝撃は友和さんとの再タッグで
    最高のカップルの雰囲気がでてました。

    赤い絆は百恵ちゃんも大人っぽくなって、
    暗い過去を引きずる役がはまってました。
    真屋順子さんが姑役で、これまた意地悪く
    当時欽どこでの真屋さんとのギャップがすごかったです。

    DVDボックス買いたいけど手がでないですね〜。

    ユーザーID:9472966722

  • のんさんへ、トピ主です。

    ノンさん、レスありがとうございます。

    あ〜そうでしたね。そういうシーンありました、ありました。何十年ぶりに思い出しました。結構激しい場面あったのですね。
    百恵ちゃんの足、(細すぎず)魅力的でしたね。

    ユーザーID:4811471929

  • 見てました!

    赤いシリーズは全部見てました。

    赤い迷路、疑惑、運命、衝撃とありましたが、それを見ないと
    次の日に学校で盛り上がれなかったので。

    強烈に印象に残ってるのは、沖縄から戻る飛行機の中で麻酔なしでオペ
    したシーンでした。金属プレートが外れかかってた理由だったかな?

    赤いシリーズでは、疑惑と衝撃が良かったですね。
    思春期の少女の心をよく表現した作品だと思いました。

    一番嫌いだったのは運命。
    三国連太郎さんの演技が凄かったけど、毎回見た後に後味が悪かった・・・

    映画も、伊豆の踊子、潮騒、絶唱、エデンの海、風立ちぬ、春琴抄、泥らだけの純情、霧の旗、ふりむけば愛、炎の舞、ホワイトラブ、天使を誘惑、古都と全部見ました。
    一番好きなのは絶唱でした。

    百恵ちゃんのどこか影がある所が好きでした。


    三浦友和さんと、あまりにもお似合いだったので、結婚が決まった時も
    驚きませんでした。

    幼い頃から母親の苦労する姿を見て成長されたせいか、根性があって
    母親思いの子だったそうですね。
    まさにこの世のシンデレラ。もうこんな人は二度と現れないと思います。
    彼女の全盛期を見られたのは幸運でした。

    ユーザーID:0415721879

  • nekoさんへ トピ主です。

    レスありがとうございます。
    ”愛は人と人を結ぶ鍵”ってフレーズ、あとちょっとで思い出せそうなのですが・・・悔しいです。
    曲もよかったですよね。

    ユーザーID:4811471929

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧