昭和の雑誌に思いを馳せる

レス10
(トピ主1
お気に入り28

生活・身近な話題

オルガン弾き

私は昭和40年生まれの48歳です。
なぜか小さい時から祖母や母が読む婦人雑誌が大好きでした。
料理本、家庭医学の本、インテリア(間取り)の本なども‥。
でも一番好きなのは食品や家電、日用品の広告ページかも知れません。

10代の時は自らファッション雑誌も買っていましたが(mcSisterやオリーブ、アンアン)、千趣会のCOOKやきょうの料理、暮らしの手帖も愛読していました。
だからといって、ファッションセンス抜群でも料理上手でもありません(笑)。

昭和40〜50年代の雑誌(及び広告)が特に大好きで、最近自分の幼少期のアルバムを見ていたら、背景の本棚に「婦人生活」という雑誌がだーっと並んでいて(あぁ母の読んでた本はこれだったのか‥)とわかり、古本を買い求めて読んでいます。

「主婦の友」や「主婦と生活」という本もなかなかいい味出しています。

これはノスタルジーなのか‥?なんだかわかりませんが、同じようにあの頃の雑誌を今も好きだーと言う方いらっしゃいますか?

ユーザーID:7786055525

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 昭和50〜60年代

    母は私が小中学生時代暮らしの手帳やミセスを読んでました。
    自分、高校時代は映画雑誌ロードショーやスクリーンの愛読者でした。
    中学の妹は、アイドル雑誌明星やDuet、Potatoなど買ってました。
    毎月〜日は雑誌を買う日で本屋に行って、紙の袋に入れてもらい、
    家に帰って、テープをはがすのが楽しみでした。

    ユーザーID:2089797056

  • 何十年ぶりでしょう

    同年代です。
    主さんの愛読書は「大人〜」だったんですね。

    子どもの頃の定期購読は「なかよし」と「明星」でした。
    なかよしの全プレ(通じますよね?)に指定金額分の切手を同封して送っていました。
    明星の付録の歌集を見ながら、テレビから流れる曲で一緒に歌っていました。
    そう言えば、今みたいに歌詞が画面に出なかったんですよね。

    小・中学の頃に見た「セブンティーン」は、”キャッ(赤面)。。”でした。

    「クック」は千趣会でしたか。
    「デリカ」もありましたよね?

    今、娘(高学年)が「なかよし」を定期購読しています。
    付録が全く違う・・時代の変化か〜
    マンガの内容がほとんど恋愛話?(たまに読むと疲れます。)

    やはり、母から娘への影響力は「大」なのですね。

    ユーザーID:8953215778

  • 持ってます

    70年代半ばの千趣会のCOOK、今もズラーッと並べて持ってますよ。当時の他の料理本はそれなりなのに比べて、COOKの写真は40年近く前とは思えないセンスの良さで、今の物と比べても遜色ないです。

    写真・内容共にレベルが高くて、今もちょくちょく見直してますよ。

    ユーザーID:5639643915

  • mc SisterとOlive

    mcシスター愛読していました。モデルのユエちゃんや土屋なんとかちゃんが
    リーダーシップを取っていてメチャメチャ憧れました。その後川原アヤコちゃん
    が入ったときは、別格の雰囲気を感じました。

    Oliveは住む世界が違いすぎて、雲の上の感覚で拝見していました。
    おばあさまから譲りうけたパールのネックレス、とか、栗尾美恵子さん
    のようなお嬢様で成城学園在学、とか田舎者には刺激が強すぎました。

    ノンノのお料理コーナーでよくパンケーキなど真似して作ってみました。

    アンアンは背伸びして読みました。ちょっとアバンギャルドな感じで、大人ってカッコいいなと憧れました。

    ユーザーID:5711585747

  • 婦人雑誌付録の編物テキスト

    デザイン的にかなり古いが、いただき!といった配色があり、デザイン画も時代そのもの、婦人雑誌の付録っていいものです。

    ユーザーID:6823390379

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 広告好きでした

    日ペンの美子ちゃん分かります、漫画仕立てで美子ちゃんが字がうまくなることでいいことがおきるってオチ
    んな訳ないやろとつっこみつつ読んでました
    あと字が上手くなる道具、っていっても書いて練習して上手くなるんじゃなく何かクルクル回すローラーみたいなのがついてて手に持ってそのローラー回すと脳が発達して自が上手くなるってやつ
    嘘くせぇと思いつつ欲しいなとも思ったり
    あれ使った人いるのかなぁ
    あと一度だけ見た雑誌広告でラブレターの添削ってのがあった
    意中の人にラブレター書いて不備があって恥かかないようそこに送って添削してもらうって広告
    何がかなしゅうてラブレター他人に添削してもらわにゃならんの

    ユーザーID:1190343134

  • 懐かしいなぁ

    私は主さんよりちょっと年上…。

    暮らしの手帖、懐かしいですね。

    母が購読していました。
    母亡きあとも、捨てられずに保管してあります。(近所にある実家を、空家のままにしてあるので…)

    でも、いつかは実家ごと処分する日がくるのでしょうね。
    寂しいです。

    今と違って情報が氾濫していなかった昭和の時代は、雑誌も貴重な情報源でしたよね。

    資生堂の広報誌「花椿」も、大好きでした。

    ユーザーID:0841774278

  • ショッピング

    私も48歳。
    昭和50年代、日経新聞社発行だったかな、「ショッピング」という主婦向け雑誌があり、母がスーパーで買ってくると、母よりも先に読んでいました。
    内容は、今でいうところの「すてきな奥さん」のような感じで、料理、やりくり、育児、それになぜだか「テレビタレント名鑑」が載っていたときもありました。
    古本屋さんにあったら見てみたいな〜。

    ユーザーID:8315585147

  • 美容院でみた雑誌

    母についていった美容院。ファッション誌を、他にすることがなくてパラパラめくっていました。「みわく」というひらがな3文字の雑誌名。意味なんかわかるはずもなく…高学年になってやっと当てはまる漢字がわかりました…「魅惑」。外来語を使わない上にひらがななのがちょっといいなあと思います。今見たらどんな印象をもつ雑誌なのかしら。気になります。何しろ若い奥さん達が、PTAともなれば皆ポンパドールに結っていた時代です。

    ユーザーID:6823390379

  • トピ主です


    もう見て下さってないかもしれませんが、Jessica様、思わず反応様、けろよん様、AA様、ふぉ様、モモ様、きんき様、三段腹様、レスありがとうございました。

    明星セブンティーン花椿などなど忘れてた本を書いてくださった方々、ショッピング魅惑など私の知らない雑誌を教えてくださった方。
    トピレスを再び読み返し懐かしさに浸っております。

    実家に暮らしの手帖やCOOKがずらーっと並んでいる方もいらっしゃいましたが、うらやましい限りです。

    お礼が遅くなり申し訳ございませんでした。

    ユーザーID:7786055525

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧