ゴルフは営業マンにとって必須?

レス22
(トピ主1
お気に入り34

キャリア・職場

yuka

もし同業界のご家庭の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
勿論それ以外の方もご意見お願い致します。

我が家は夫婦ともに30代後半で子どもはいません。
夫は建築関係の会社で営業をしています。

夫の勤務先はワンマン社長率いる中小企業で、社長との距離は常に近いです。
この社長や上司の方から「その歳でゴルフ付合いが出来ないと、仕事上大変だよ」と言われているそうです。
また、ゴルフとは別に社長個人の趣味にも月1回程度付き合うよう誘われています。
ゴルフも社長の趣味も、一から道具を揃える必要があります。

ゴルフは、元請けの大企業(ゼネコンなど)との付合い上必須だとか。
これまで業界の懇親会、親しい元請けの方やその上司を交えた飲みの場や接待はありました。
接待以外の酒の付き合い費用は、家計から渡して来ましたが、これに更にゴルフ費用が追加されるのは正直家計が辛いです。
因みに共働きで世帯年収700万です。

個人的には、ゴルフ接待とか得意先とラウンドしながら商談とか、そういうのは昔の慣習で、今もやっているのは
役員クラスだけかと思っていたのですが、そうでもないのでしょうか?

私は、本当に必要ならいいと思います。
但し、酒の付合いを多少削るなどしないと、金銭的にきついです。
でも夫は酒の付合いもゴルフも社長の趣味も、他の人は付き合ってるし自分だけ断れない、と。
酒の付き合い+ゴルフ+社長の趣味付き合いを「必要、行かなきゃいけない」と言います。

社長の趣味はともかく、ゴルフなどは今の時代も必須でしょうか?
建築業界だから?営業だから?社風?単に夫が遊びたいだけ?私にはよくわかりません。

以前夫は多額の借金があり、返し終わって、やっとこれから本格的に貯金できるという矢先でした。
夫は金銭感覚に問題ありなので、うちの業界はゴルフが必要と言われても、すぐには納得出来ない自分がいます。

ユーザーID:8904576090

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちも営業職でゴルフ

    業界は違いますが、営業職でゴルフ必須に近いです。取引先のコンペに呼ばれます。担当がゴルフをしない場合、同僚にお願いして代わりに参加してもらわなくてはなりません。度々頼むわけにもいかず、皆ゴルフを始めざるを得ません。社内コンペ、業者間のゴルフもあります。夫も若いうちは、お金もかかるしスルーしていましたが、上層部のおじさま方は皆ゴルフ大好き、周囲も次々と始め、やらないわけにはいかない状況でした。勿論、ゴルフとは別にお酒のお付き合いもあります。営業は大変ですね。

    ユーザーID:4306234852

  • 一般論で語っても仕方ない

    中小企業は社長がルールブックです。

    ご主人の金銭感覚に難があるなら、あなたが管理するしかないですね。
    費用的な相場は調べておきましょう。

    ユーザーID:1397487175

  • うちの会社はほぼ必須

    トピ主さんの旦那さんの会社がどのような状態かは分かりませんが
    うちの会社は建設ではないですが、ゴルフは取引先によっては必須ですね。
    複数の取引先を集めて、ゴルフ大会なんかも数カ月に一回はやっています。

    友人や、友人の旦那さんの会社の話を聞いても、同じように言うので
    ゴルフはまだまだ、中高年には人気のスポーツだと思います。

    ゴルフしない人が、社長がゴルフ好きな取引先の担当になった時は、
    上司は「仕事は良いから、毎日ゴルフスクール通え」と半ば本気で言われてました。

    ユーザーID:9193945020

  • 今の風潮って何か関係ありますか??

    ゴルフに限らずたとえ世の中の風潮としては廃れた文化でもその組織の中でその文化が根付いているのなら世の中の風潮を盾に論じても意味無くないですか?

    だってその会社で他の営業マンが「是非お供させていただきます!」ってゴルフしているのに一人だけやらなかったらそれはやはり仕事に響くと思うし、奥さん&全く無関係の500人が「大体今時ゴルフで商談なんて時代遅れだからやらなくて良い」って言ってもそれが実際にどうご主人の助けになりますか?

    ご主人が「ゴルフが仕事に影響する社風に抵抗して変えたい」という場合なら世の中全体の風潮や傾向って大事だと思うし、それを盾にして変えていくこともできるかもしれないし。

    でもご主人が会社で上司や社長からゴルフやるようにってプレッシャーかけられている状況で奥さんが世の中の風潮なんて説いても無意味では?と思うのですけど・・・・

    経済的に無理でゴルフやって欲しくないというのなら奥さんが大黒柱になりご主人には辛くなる前にさっさと退職してもらい、ゴルフしなくても肩身が狭くない会社に自由に転職してもらうのがよいと思います。

    ユーザーID:1213189596

  • そもそも営業とは

    「仕事を取ってくる」のが仕事です。仕事を取ってくるのに必要なら何でもアリの職種です。

    私の業界ではゴルフ接待は滅多にありません。でもゴルフに同行することで、雑談の中から先方の会社の内情の情報を聞き出し、それを提案に反映できると、他の会社よりも有利に商談に臨める・・ならアリです。また、個人的に親しくなると、何か案件があると「オタクも提案してくれない?」と声がかかるわけで、バカに出来ません。

    ご主人の会社で必須かどうかは、個別の事情によるので分かりません。でも、「あり得る」とは思います。

    ちなみに私も業界は違いますが営業なのですが、「飲み」って年に数回というレベルでしかありません。ゴルフもやったことない。でも仕事は取ってきます。同じ業界でも「夜の営業」「ゴルフ営業」に精を出す人もいます。だいたい商談の席で「親しい人間関係」を武器にしようとする人達です。私は違うので、要らないんです。

    ユーザーID:2296319657

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 会社に寄る

    お勤めから独立起業しました。お勤めの時は、営業(商社)で客先とも社内ともゴルフをする文化でしたが、へたくそで好きではないし、練習にもお金がかかるし、休みを潰したくないし、三人の子持ちで金銭的に余裕がないことを屁理屈に一切、輪に入りませんでした。そのうち、上司も無理に来いとは言わなくなりました。接待も出来る誰かが代わってくれていました。

    ゴルフ文化は会社に寄ると思います。ご主人のように小さくて濃いところは、断りにくいかもしれませんね。私がいた会社は数百人だったので、上司との距離もそう近くありませんでした。

    今は小さな会社をやっていますが、今でもゴルフをしたいとは思わないので、お付き合い要員としてゴルフが得意な人を雇っています。

    ユーザーID:8108573240

  • 必要な場合はありますね…

    多分、女性には理解されないでしょう。
    また、違った意味で、女性の働く上でのやり方を男性が理解出来ない事と
    同じかと思います。

    まぁ、ラウンド中に商談を進めるなんて事は稀ですね。
    けど、その人がどんな事を考えているかを知るチャンスではあります。
    それに沿った仕事を正式な場で申し込めば、受けて貰える可能性は
    少し高まりますよね。知らない人からのオファーより
    一緒にラウンドしている人の方が、同じ内容なら選んであげたいと
    思うのも人情ですから。(あくまで好印象を与える必要はありますけどね)

    正直、ご主人のゴルフは必要かどうかは分かりません。
    けど、人と繋がるような作業は仕事の一環だと思います。

    ユーザーID:3515339769

  • 業界は違うけど

    ゴルフは必須ですねぇ・・。
    「接待」「商談」の場というよりは、「懇親」の場という感じです。

    大手のゼネコンなら、年に一回くらいは、取引先の人を集めて、「○○カップ」みたいなのをやってると思います。

    でも、ご主人、金銭感覚がないとのこと。
    道具に凝って、ドライバーとかバンバン買い替えそうですね・・。

    ユーザーID:7283146146

  • ははは

    ゴルフ場で商談するワケじゃないですよ(笑)
    プライベートを共にして、親睦を深めるのが目的なんです。

    ちなみに、私は女性ですが、
    「次の休みに、取引先の社長とゴルフに行け!」
    と男性上司に命令され、
    「行ってもいいですけど、その代り…」と言って、
    ゴルフ用品一式を上司に用意させました(笑)
    また、社長にも楽しんでいただけたようで、
    「ぜひまた一緒に回ろう!もし妻のお古でよければ…」と、
    高価なゴルフ用品やバッグをいただきました。

    社長個人の趣味というのが、何なのか分かりませんが、
    たとえば、褒めて褒めて褒めまくって、
    「本格的に始めたいから、道具のことを教えて欲しい。
    (でも、僕には高くて買えないなぁ…)」
    なんて言ってごらんなさいって。
    調子に乗って、社長が1つや2つ、くれるかもしれません。

    私は25歳で、ゴルフ、将棋、競馬、麻雀、釣り
    を覚えました。(もちろん、営業の為にね)
    どれも、自分ではほとんどお金をかけることなく、乗り切りましたよ。
    上手く立ち回るのも、営業のスキルです。
    頑張って!!!

    ユーザーID:2326395559

  • 私の考えで恐縮です(笑

    ゴルフは必要有りません。

    実際”接待ゴルフ”ってわざと負けたりするんでしょ?
    そんなの行ったって面白くもなんともないです。

    例えば同列の人(部長グループ、社長グループ)で行くのなら”交流”として成り立ちますけどね。

    私はゴルフはしません。
    その分お酒は飲みに行きますけど…。

    お酒が入ると意外と本音が聞けたりしますからね。

    でもね…本当に仕事ができる人って上記が無くても仕事が取れるのですよ。
    仕事ができない人程、ゴルフ、お酒、趣味(どぉせ麻雀でしょ?)とかを出すのですよね。

    確かにプラスαにはなりますが絶対ではありませんよ。

    ユーザーID:9688926204

  • 悩ましい問題です

    私の勤める企業も営業マンはゴルフ必須みたいな雰囲気はあります。
    但し、営業上必要なものは交際費として処理されます。
    個人的には反ゴルフ派なのですが、ゴルフ好きから言わせると
    酒の席よりも客と一緒の時間が長いので有利だとか・・・。
    元請の大手ゼネコンの接待は充分あるでしょうから、交際費で
    処理をしてもらえないのでしょうか。
    社長の趣味に云々は、なんともいえません。小さな会社の様子ですから
    これも仕事の内と割り切れるかでしょう。
    高度経済成長時の日本企業は大なり小なり企業と社員(含家族)は
    一心同体のようにして成長してきたことも事実だと思います。

    ユーザーID:8229281611

  • やった方が良いのは良いが…

    ゴルフって、大自然の中で、一日一緒にプレーし、昼食食べ、最後に風呂に入りで、飲みに行くよりずっと、同伴者との親しみが増します。
    相手が取引先であれ、社長であれ、旦那様のお仕事上プラスになる事は、間違いないと思います。
    ただ、ゴルフはお金がかかります。クラブ・バッグ・ウエア・シューズ・小物他一式揃える。お住まいの地域により、練習場代・ラウンド代に差はでますが、旦那様ゴルフ全く初心者でしょうか?運動経験?野球・テニス等経験者であれば、上達早いですが、コースに出るまでにも、そこそこ練習が必要です。
    それでも、費用を抑える工夫をして、始めさせてあげた方が、良いとは思います。

    ユーザーID:9831865162

  • 必要です。

    一般の会社員には、今の時代ゴルフ接待は必要ないかもしれません。ですが、建築、不動産関係の営業には、必要です。まして、社長の趣味がゴルフでは、もう、必須といっていいでしょう、社長がゴルフ好きですと、おのずと、取引先にもゴルフ好きが集まり、仕事の合間の雑談も、ゴルフなら、ゴルフ接待もすでにシギ音に組み込まれています。

    ユーザーID:0129839536

  • 必須ではない

    男性です。

    営業マンだから付き合いや接待にゴルフが必要かと言うと、必ずしもそうではありません。相手の趣味がゴルフ以外の場合、ゴルフを口実に近づいたり接待しようとしても、歓心は得られませんよね。

    ではゴルフは不要か?と言うと、そうでもないのも事実です。と言うのも、私の勤務先でも「社長杯」等の名目で社内で広く募る集まりといえば、ゴルフになるからです。

    趣味の多様化でゴルフ人口も以前に比べ随分減りましたが、それでも一定年齢以上の男性相手との付き合いを考えた場合、お酒やゴルフと言うのは「合う」可能性のある定番です。

    またお酒は別にして、ゴルフは若くて腕力があれば強いわけではなく、老いては老いてなりに、非力なら非力なりに、攻め方や楽しみ方があり、下手でもハンデキャップ等の利用で老若男女関係なく誰もが対等にプレイできることから、親交を深めたり接待をする上で重宝されているのも事実です。

    もちろん業態や業種によるバラツキはあるでしょうが、営業と言う他社(他者)との関わりが成績に直結する方なら、できないよりはできる方が良いでしょう。

    月額の交際費を定額にしてその中から遣り繰りして貰いましょう

    ユーザーID:4753590315

  • 中小企業のワンマン社長!

    業種・職種より、これが問題!
    トップが右といえば右、黒といえば黒。
    それが、この手の会社のルール。

    実際に役に立とうが立つまいが、
    ワンマン社長に言われたら「業務命令」!

    逆らったら、タイヘンでしょうなぁ…
    少なくとも、私には断る勇気はありませんが…。

    ユーザーID:5824449472

  • 必須とは言わないが、幅は広がるのは事実。

    業界、年齢層にも寄りますが、一般的にはゴルフは営業に使えるツールだと思います。年齢、男女問わずできるものですから、幅は広がります。

    だけど、それはゴルフだからと言えるモノではないので「必須」とは言い難い。

    そして、バブル期とは違い、それほどゴルフはお金はかからないモノですよ。
    クラブ、バッグ、アイテム等の初期投資はある程度必要ですが、ラウンド自体はそれほどかかりませんよ。

    ユーザーID:6835082250

  • 社内政治もゴルフですよ

    営業で渉外するためだけではないのです。

    それが社内政治にも必須という職種は存在します。

    あの有名ドラマの業界も、です。

    それが必要のない業界もあります。でも必須の業界もあるのです。

    それにゴルフに限らず、接待でのお酒の席も必要な業界もあるのです。
    更に草野球チームとかも・・・

    ユーザーID:2322679507

  • 聞いた話で恐縮ですが

    私はメーカー勤務です

    何年か前、事業所の建て替え(一期工事、旧建屋取り壊し、二期工事、と2年くらいかかりました)でゼネコンの方が頻繁に出入りしてました

    年末の慰労会や餅つき大会など、お話する機会も多かったのですが、
    そのゼネコンでは
     ・新人は1年かけて社員教育としてゴルフを習う
     ・ゴルフのスキルを学ぶのではなく、ゴルフにおけるエチケットマナーを学ぶのがメイン(スキルも他人に迷惑かけない程度には向上させる)
     ・1年目の最後、社内のまったく接点のない部長クラスらとコースを回るのが研修の最後

    という会社でした

    従姉妹の旦那も建設関係ですが、給料のほとんどはゴルフと飲み(接待)に消えてるとぼやいてます

    業界としてはある程度目をつぶらざるをえないかなぁ、と感じました

    ユーザーID:1705183886

  • トピ主です。皆さんありがとうございます

    必須な部分もあるのですね。私はどちらかというと、
    ゴルフ不要派の方に近い考えだったのですが。

    夫は単に自分がやりたいだけの事でも、さも「周囲に強制されて仕方なく」と言う所があるので、
    今回もにわかに信じられなかったのです。でも、今回は夫に一理あったようですね。

    社長は体育会系で非常に多趣味な方で、お酒も大好き。
    比較的お酒に強い夫を気に入って下さるのは有難いですが、妻としては複雑な面も。
    トピに書いた「社長の趣味」も、それなりに費用がかかりそうなものです。
    (アウトドア系で、ゲーム性の強いものです)
    多趣味で羽振りの良い社長とプライベートまで共にしてたら、我が家の家計は?
    ・・・と、つい不安に思った次第です。

    ゴルフを交際費で落とすのは難しそうです。そういう所だけは「バブル期じゃないんだから」と言われるそうで。
    同僚の方がサイズの合わないゴルフウェアを沢山くれようとしたのですが
    アメリカンサイズの夫には入らず、結局いちから揃える事になりそうです(涙)

    仕事に精を出すほど、身の丈に合わない出費・・・切ないなぁー
    先行投資と割り切るしかないでしょうかね。

    ユーザーID:8904576090

  • ゴルフは、生涯の趣味になり得る

    トピ主さん!まだフォローされていますかね。
    ゴルフを仕事から離れて、個人的な視点でお話したいと
    思います。

    私は経理屋でしたが、途中から営業開発部門に異動にな
    りゴルフを始めた者です。
    経理屋の頃は、ゴルフ族を斜めから見る思考でいました。
    営業に移ってから屈託なく話すことが出来る道具として
    ゴルフを始めました。51歳の時です。

    スタートが遅かったので、3年間ゴルフスクールに通い
    ました。結果から言えば、何故もっと若い頃に始めなか
    ったかと後悔した位、面白く奥の深いものです。

    男女で差があるかも知れませんが、殆どの男性は、この
    スポーツに嵌ると確信しています。
    難しさも然ることながら、面白さは200%です。

    小生は、既にリタイアしていますが、身体が動く限り、
    生涯ゴルフから離れられないと思います。
    費用の面で悩みもあるかも知れませんが、他の趣味を
    犠牲にすれば、実現可能です。

    お金を遣わないでゴルフを楽しむことが可能です。
    練習は、自宅修練で十分に巧くなります。ラウンドに
    は、月1〜2回行けば十分に楽しめます。

    ユーザーID:4820818342

  • 絶対ではないけどね

    まず、ゴルフや接待の飲みが絶対に必要かと言われたら、そうではないですよ。ゴルフや飲みが無くても仕事を取ってこれるのならする必要はありません。

    「仕事のために」直接ゴルフや飲みが必要なのではありません。だからこそ、トピ主さんはお金をかけることに良く思わないのでしょうね。

    ただ、「仲良くなるために」ゴルフや飲みは必要です。仕事上の付き合いでも仲良くなれますが、あくまで仕事上の付き合いです。親しくなるためにはプライベートの時間で一緒に遊ぶというのは有効な方法です。お客様がゴルフが好きなら一緒にゴルフで遊ぶというのが仲良くなる手段になります。

    親しくなったらどうなるのか?そもそも仕事って信頼できる相手とやりたくないですか?人柄のわからない人に重要な仕事を預けたくはありません。親しくなることで自分というものを知ってもらい、信頼してもらう。
    間接的には仕事のために必要なことなんですよね。

    仕事に直接関係の無いことが仕事に繋がる行為になることを理解できない人はわからないでしょうね。

    仕事上の付き合いでも親しくなれますよ。暢気に時間をかけてたら他社に取られますけどね。

    ユーザーID:7510109980

  • 中古品

    ゴルフって、次々新しいものを買う人が結構いるから、声をかけたら、そこそこの道具が集まります。父が付き合いでしぶしぶ始めたときに、一式譲り受けてました。いや、別に父は自分で家計管理していたし買えたのですけどね。高額パソコンはよくてもゴルフは嫌だったみたい。今なら、オークションもいいかもしれませんね。

    給与が低いのだから、新品で全部そろえてなんて分不相応です。若手は強い必要ないのだから、高性能品でなければならない理由もないし。

    そういうのでベースをそろえて、あとは小遣いの範囲で好きにしたまえ(浪費対策に)、でいいと思います。

    ユーザーID:7207740332

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧