• ホーム
  • 話題
  • ノーベル賞、歴史上の人にあげるとしたら?

ノーベル賞、歴史上の人にあげるとしたら?

レス3
(トピ主0
お気に入り4

生活・身近な話題

エミリー

今年のノーベル平和賞はマララさんじゃなくて少し残念でしたね。
でもいつかより望ましいタイミングで受賞するような気がします。

ノーベル賞、歴史上の人にあげるとしたら、誰が相応しいと思いますか。
誰にあげたいですか。

私が思いつくのは

華岡青洲にノーベル医学生理学賞。
坂本龍馬とコルベ神父にノーベル平和賞かな。
そしてできれば遠藤周作氏にノーベル文学賞を取って欲しかったな。

もっと昔の人とか、世界史上の人でも結構です。
是非「この人が凄いんだよ」とお薦めの偉人を教えてください。

ちょっとマイナーであまり知られていない人とかだと私にはより嬉しいかな。
是非、伝記とか、評伝とかを読んでみたいです。

ユーザーID:4063678522

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ノーベル文学賞といえば

    紫式部でしょう。

    ユーザーID:2427444438

  • ノーベル平和賞・齊藤妙椿

     楽しいトピですね。
     マイナーであまり知られていない人、というリクエストですので。

     齊藤妙椿は、美濃の守護代でした。応仁二年、妙椿は、現在の郡上市大和町にあった篠脇城を占領します。篠脇城の城主は東常縁。足利義政の命で関東に赴き、城を留守にしていた間の出来事でした。
     落城を知った常縁は、妙椿に十首の歌を贈り、城を返してくれるよう願い出ました。
     そして、驚いたことに、十首の歌の代わりに、妙椿は、折角手に入れた城を明け渡すのです。

     歌十首が城に代わる。司馬遼太郎が「古今でもっとも高い原稿料」と述べているエピソードです。
     それにしても、齊藤妙椿という男、戦争の勝利など和歌十首に如かずと考えていたわけで、逆から言えば、平和や文化の尊さをよく知っていたことになるのではないでしょうか。
     もちろん、歌を詠んで城を取り返した東常縁が、文学賞でもいいのですが。
     
     
     

     
     

    ユーザーID:9521003169

  • キリスト

    後世にたくさんの雇用を提供した人。

    ノーベル仕事を与えたで賞。

    バチカンの金庫には莫大なお金がある
    自らは1枚の布をまとい 貧者になぜ施しをしないのか

    ユーザーID:2193966135

レス求!トピ一覧