きれいごとはいけないこと?(駄)

レス68
(トピ主2
お気に入り84

生活・身近な話題

ふない

ふと疑問に思ったので、皆様のご意見を聞かせてください。
この世の中、理想論を口にするとそれに対して「現実はそんなに甘くない」とか「それはきれいごとに過ぎない」みたいなことを必ず誰かが言う気がするんですよね。
それに対し、私が常々思っている疑問がトピ題です。

「皆が優しければいい」「差別をなくそう」「違いを認めて受け入れよう」「話し合おう」「理不尽をなくそう」「自分の言動に責任を取ろう」etc……こうなったらいいなってことばかりのような気がします。
確かにきれいごとで、理想論で、現実はそうじゃない、まさにその通りです。
でも、だからこそその「きれいごと」に現実を近づけようって考え方は、ダメなんでしょうか?
もちろん、理想に近づくための方法は地に足をつけた現実論に基づかなきゃだめだとは思います。
でも、理想を掲げること自体を否定する論拠は何なのでしょうか。私には現状に対する諦めと甘えからくる怠慢に見えてしまいます。

皆様、甘っちょろく青臭い言に対する是非の答弁を、どうか各々語ってください。
これは単に疑問を聞いてるだけなんで、賛否両論待ってます。いろんな人の考え方を聞いて、参考にしたいです。

ユーザーID:7790277725

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数68

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • きれいごとばかり?

    こんにちは。
    きれいごとばかり言って!とか、聞いたことありますよね。
    大人になると、特にあるようです。

    実際には、できないであろうことを並べ立てる人とか、いますよね。

    きれいごとばかり並べておきながら、現実は、違うから、否定されるんだと思います。

    社交辞令で、また食事でも行きましょう。と、言っておきながら、なんの誘いもないのも、きれいごと、になりますよね。

    きれいごとに、騙されないように、見極められるようになりたい!
    だいたい、きれいごとばかり口にする人は、説得力ないように思います。

    悲しいけど、大人の世界では多いんですよね。

    ユーザーID:9535888061

  • 綺麗事は良くないことです

    綺麗事ってのは自分は関係ないのに、こうあるべきとか諭すときに使うんでしょ?
    自分が困難に立ち向かってる時に自分が信じる正しい道を押し通すために、
    自分だけが犠牲になってやり通そうとしてる人に向かって「綺麗事は良くない」って言う人なんて居ないでしょ。
    やり通そうとしてるのにみんなが協力してくれないとか愚痴る人とか、
    自分がやるわけでもないのに綺麗事を言う人に向かっての言葉でしょ?

    トピ主さんが綺麗事を現実にしようと努力するのはいいですけど、
    他人に向かって協力を求める、実行を求めるのは違うでしょ?って話ですよ。

    ユーザーID:9347560212

  • 面白いトピですね。

    主様の主張は至極真っ当だと思います。

    ただ、ある程度の「諦め」は、生きていれば少なからず必要だと思いますが。
    自分の力ではどうにもできない現実に対しては…。
    例えば、生きること、老いること、寿命など。
    努力だけでは、どうにもできない事はやっぱりありますよね?

    理想に近づけるようって考え方…全くその通りですね。
    人間である以上は、完璧ではないのですから、より良く生きていく為には努力は一番必要ですよね。
    その為にきっとこの頭があるんでしょう。
    学ぶために。

    ユーザーID:0764214935

  • 程々のきれいごとや理想論がいいのでは?

    きれいごと賛成ですし、大いに理想論はいいのですが、心の中で思うだけに留めましょう。
    きれいごとも理想論も心の中で持ってる内はいいのですが、言葉にした途端に、どこかウソめいたものに変わりそう。

    軽々しく、きれいごとを口にする人間達は、どこか信頼出来ないな。
    それは、本音ではなく、建前だからですよ。

    建前ややりすぎの正義感は、少量なら薬だけども、多量に摂取すると毒になる。
    程々のきれいごとや理想論がいいのでは・・・?

    ユーザーID:6723294445

  • 時と場合による

    時と場合によっては、綺麗事は卑怯な逃げの言い訳になる。
    例えば、不注意で大金を落としてしまい、周りに多大な迷惑をかけてしまったとする。
    「皆が優しければ」落とした大金は帰ってきて問題無かったかもしれない。
    しかし、落とした本人が、その状況でその理想論を言うならば、「落とした自分は悪くない、優しくない皆が悪い」という責任転嫁になる。

    綺麗事を言う人だけが苦労するなら良いが、周りに迷惑をかける事もある。

    だから、理想論を口にするには時と場合が重要なのです。
    そして行動を伴わないのなら、それは不愉快なだけなのです。

    ユーザーID:8168722268

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 「実行」すれば良いんだと思う。有言実行でも無言実行でも。

    いいこと言う自分に酔うようなきれいごとだけを言って何もしない人には、
    「立派なこと言うなら行動したらいかが?」
    と思うこともあるから(笑)、

    まあ、
    トピ主さんが、
    自分が思ういいことを実行されたら良いと思います。
    するとその瞬間から「きれいごと」でなくなる。
    生きざまになると思う。

    「絵に描いた餅」でなく、
    胸に掲げた旗になりますし。

    ひとりぼっちの「草の根運動」でもいいではありませんか。

    ユーザーID:2614325366

  • まあ

    >もちろん、理想に近づくための方法は地に足をつけた現実論に基づかなきゃだめだとは思います。

    これが全てだと思いますよ。
    「現実はそんなに甘くない」と否定されるという事は、言い換えれば否定させる隙のある発言をしてるという事です。

    言葉が少ないとか、主さんが言う現実論に基づいた過程の話がされていないからとか。

    会話でグレーの部分が多いほど人は自分の都合で想像して仮定して発言しますからね。

    ちゃらちゃらしてそうで、発言内容も薄っぺらい周りから「こいついつも抜けてるなぁ」って人が「理不尽をなくそう」と発言しても総突っ込みされるとか、いつも他人に毒吐く奴が「皆が優しければいい」と言っても「お前がな」と言われるだろうし。
    逆にこの人が言うならもっともだと言う人が、それなりに納得できる言葉で言えばまんま信用されるでしょうし。
    昔の政治家先生なんてそんなものでしょ。
    結果きれいごとが達成できなくてもそれなりに認められてましたよ。

    様は文言次第と、発言する人の人となり次第って事でしょうか。

    ユーザーID:3797749153

  • 挫折体験が多く、目標が高すぎてついて行けない

    誰しも最初は理想や夢を見て「頑張ろう」と思ったんですよ。
    だけど「理想や夢はそう簡単に叶うものではない」という挫折体験を何度か経て
    そうなってしまったのではないでしょうか。

    理想を実現するのはすごく難しい、だからこそ挫折に負けず偉業を成し遂げた人は
    伝説やヒーローになるのでしょう。

    またその様な万人が認める大きな理想ではなく、自分の小さな夢や理想が叶わなかったとしても
    それが積もり積もれば、その様な思考になる。
    ですからそういう方々には成功体験が無いか少ないので
    トピ主さんの掲げる理想が大きすぎて、やる気にもならない状態。

    従って最初はもっと理想を小さくして「まずはこれを達成しましょう」と
    手の届きそうな目標にし、小さな成功体験を共に積み上げて階段をのぼるように少しづつ
    最終的な目標に近づいて行く、その様なやり方だと反応も変わってくるのではないでしょうか。

    ユーザーID:8041586828

  • キレイ事が無くなったら

    生き辛いですよね。。理想に近づける努力は必要だと思いますが…
    そもそも「理想」て万人共通では無いですよね。
    理想に近づける為の努力も各々違います。
    理想である「キレイ事」の前に「生きてく」ための理想が先に来ちゃうので「現実は厳しい」となるのでは?
    「キレイ事」は必要ですが、甘えて努力しないのではなく、その前に「生きてくだけで精一杯」な世の中なんですよ。

    ユーザーID:7372257845

  • 嫌われる正論遣い

    人の意見を否定するのに「きれいごと」を持ち出すのは、『単に否定したいだけ』としか受け止められないってことです。

    『それよりはこうした方が良いのでは?きれいごととしては〜〜なのですし』
    と言って嫌われることは少ないと思うんですよ。

    『何をどう考えたってそれはだめ。〜〜であるべきなのだから!』
    としか言わない人には、「うるせー黙れ!」言いますよ。


    > 理想に近づくための方法は地に足をつけた現実論に基づかなきゃだめだとは思います。

    これが出来ていないんじゃないですかね。
    自分では現実論だと思っているけれど、他人から見たらふわふわした現実離れした理想論なの。

    ユーザーID:4879064910

  • 自分のことを棚に上げてることが多いからでは

    ケースバイケースだと思うけど、いわゆる「きれいごと」は他人に要求(説教)するときに言われることが多いように思います。
    自分の行動規範として理想を掲げることには、誰からも何の文句も出ないと思いますよ。

    ユーザーID:1706996127

  • 「論」だから「きれいごと」と言われる


    >「皆が優しければいい」「差別をなくそう」「違いを認めて受け入れよう」「話し合おう」「理不尽をなくそう」「自分の言動に責任を取ろう」

    こういうことを言う人に対して私が思うのは「お前がやれ」ですね。

    そして、周囲が同じように返してくれなかったとしても責めない。

    そこまで出来るなら「きれいごと」とは言われないのでは?

    行動で示せないのに言葉だけだと、「みんなが変わってくれるといいな」というだけの「他力本願」だとも思います。空虚だから「きれいごと」。

    自分に不利益な場合でも理想論のとおりに行動することの難しさや苦しさを知っている人、且つ、自分の言葉に責任を持つ人は、軽々しくそんな理想論を口に出来ないんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:1282640386

  • 私がきれいごとだなあと思うこと

    命の選別はいけない、というのはきれいごとではないでしょうか?
    親なら誰しも、健康な子を望みます。
    そのために、前もって赤ちゃんの健康状態を知ることは、
    母親に精神的安定をもたらします。
    どんな子でも、母親なら受け入れるべきというのは、きれいごとです。

    知りたい人はリスクをおかしてでもやればいいし、
    知らないでもいいなら、やらなければいいだけの話。
    その家庭によって経済状況や家庭環境は異なるのだから。

    ユーザーID:7492174344

  • 人それぞれの生き方

    理想を追い求める生き方を選ぶ人もいれば、現実を見つめる生き方を選ぶ人もいる。
    どちらもその人の生き方だから、自分と違う生き方を否定したり考えを押し付けるのはどうかと思います。
    あなたが理想を求めて生きたいと思っているならあなたはそうすればいい。

    ユーザーID:2791413082

  • いけないことではないけれど、

    押し付けられると反発したくなります。

    ユーザーID:4593794971

  • 良いと思います

    私もよく「正論だね」と呆れられたりします。特に母親に。
    何故、正論だと非難されるのか若い頃は疑問でしたが、アラフォーの今ならまあなんとなく母の気持ちもわかります。

    理想論とか正論ばかり口にすると、世の中わかってないな、と思われるのではないでしょうか。
    でも、私は良いと思っています。トピ主さんと同じで諦めてどうする!!と思うからです。

    口先ばかりの理想論ではなく、努力も見せれば良いのかな、と最近思います。
    一緒に世界をよりよくしていきましょう!!

    ユーザーID:4504311268

  • 意味が違います

    「きれいごと」の意味は、「実情にそぐわない、体裁ばかりを整えた事柄」ですから、良い意味ではありません。
    ちなみに、主様が挙げた例のうち「皆が優しければいい」は「きれいごと」だと思います。そんなこと不可能ですから。

    しかし、「差別をなくそう」「違いを認めて受け入れよう」「話し合おう」「理不尽をなくそう」「自分の言動に責任を取ろう」というのは、「正論」です。
    正論とは「あるべき目標」なのですから、当然、その実現を目指して努力することが必要です。

    主様のお嘆きは分かりますが、理想の社会を目指したいのなら、こんなところで愚痴るより、まずはご自分で読書をするなり勉強をされたらどうでしょう。

    ユーザーID:0162865780

  • きれいごとっていうか、理想論

    >「皆が優しければいい」「差別をなくそう」「違いを認めて受け入れよう」「話し合おう」「理不尽をなくそう」「自分の言動に責任を取ろう」etc…

    こういったことを絶対にしない、やりたいとも思わないタイプの人が、この世に一定の割合で存在することを知ってるので、次のように思ってしまいます。


    「皆が優しければいい」=「優しくしようと思わない人は数に入れない」ってことかな。
    皆が優しければの「皆」は人に優しくしようと思える人だけの集団のことなんだよな。
    つまり悪人やねじくれた性格の人を排除した、善人だけの理想社会ってことか?
    極論だけど、そういう理想社会では性格悪い人はどうなるのか?
    人格矯正? それとも人為的に淘汰される?

    それってすっげー不自然だし、そんな人権抑圧した管理社会なんかありえない。
    あるとしたらSFの中だけかな。

    理想を掲げるのは結構なことだし、子どもには「これが理想」ってのを教えておく必要がある。
    だけど大人同士で大真面目に話し合ってると、ちょっと引く。


    悪人の存在を念頭に置かない理想論は、現実無視した仲良しごっこだよな、と思います。

    ユーザーID:4116010946

  • それでいつも私は失敗

    良いか悪いかはさておき、「子供じみた」「場をしらけさせる」のような雰囲気になります。
    「ああ、またやっちゃた!」と焦ります。

    ユーザーID:9731067923

  • レスします

    勇気や正義や正直や謙虚や平等や自由は美しい理念ですが、
    それらを盾にするような使い方をされるケースが多々あるため、
    私は必要以上に物事をシンプルに語る人を信じません。

    欲得づくの正義、我儘を包み隠す正直、履き違えられた自由、
    責任回避の謙虚、面倒だから平等。こんなものがいくらでも転がっている。
    怖いのは、口にする当人すらその美名に陶酔してしまい
    自分がやろうとしていることの負の部分を見失ってしまうことです。

    正論は絶対的に強く、沈黙とダブルバインドコミュニケーションを強いる。
    相手に銃口をつきつけているのだという自覚もないまま
    易々とこれらを口にする人を、私は考えの足りない人だと認識します。

    ユーザーID:0952118254

  • 時にはいけないことです

    「きれいごと」に現実を近づけようって考え方はありでしょうが、否定される綺麗事の大半が100%そうでないと認めないっていう思想に基づく綺麗事です。

    また綺麗事を掲げている時間が無駄なケースもあります。
    例えば会社法は父ちゃん母ちゃんがやってる零細企業にも適用されます。中小企業において会社法に則った決算手続や処理は相当の負担もあるし、一部現実的ではありません。決算手続を協議する際に本来の綺麗事を掲げてから現実的な議論をするのは時間の無駄なのです。

    綺麗事そのものが否定されているのではなくTPOをわきまえずに発信された綺麗事が否定されているのだと私は思うのですがいかがでしょう。

    ユーザーID:4184234029

  • きれい事で良いと思います

    トピ主さんの「きれい事を目指していこう」という姿勢、私は好きです。というか私もそうありたいと日頃心がけてはいます。もちろん完璧には出来ていないのが現状ですが…

    私は母から「お前が言うように正しく生きていく事なんか出来ないよ」と何度か言われた事があります。
    母の言動パターンとして、最初は自分の言っている事が正しいと信じていたけれど、私に自らの間違いを指摘され追い詰められるとそう言うというのがあります。

    理想論を否定する人のパターンの一つとして、基本的には自らの考えが絶対だと思っているというのがあると思います。(あくまで一つのパターンですが)そこを否定された時の、もっともらしい逃げ口上だと私は思っています。

    「現実はそんなに甘くない」と言う人は、自分がさも現実を知っているかのように錯覚している人が多いですが、案外そうでもないです。

    私は、人が本当に窮地に立たされた時は、きれい事がその身も心も救う唯一の方法だと、これまでの人生で学びました。

    本当の現実は、きれい事が強い世界だと、私は思っています。

    中身のある議論を投げかけるトピをありがとうございました!

    ユーザーID:3976885201

  • ではトピ主さんは結果を出していますか?

    「こうしたい」「こうなればいい」

    言うのは誰でも出来ます。
    逆に質問ですがトピ主さんはその理想を現実に実行してますか?

    例えば
    「自分の言った事に責任を持とう」

    トピ主さんは出来てますか?

    言うのはもとより「努力する」のも誰でも出来ますよ、むしろ大人なら当然です。

    つまりきれいごとはいけないことではありませんが
    世の中では結果を出してない事は「何もない」のとほとんど同じだという事です。

    そして「理想論を語るに値する人かどうか」です。

    例えばステイーブジョブスが理想論を語れば耳を傾けるでしょうが、小学生が「おれはやれば出来るんだぜ」といくら言ったってたわごとと感じる事でしょう。

    トピ主さんはどちらのタイプですか?

    ユーザーID:1969016580

  • 現実を見据えた理想を考えるのが妥当

    現実を見ずに理想だけを並べ立てても何の役にも立ちません。逆に現実がこうだから、こうするしか無いと諦めて物事を行っていたら大変なことになります。

    現実を直視した上で、理想に近づく努力をすることが最善です。

    ユーザーID:9713096411

  • そういう人がいうのが、きれいごと

    理想でも、どうしたら実現できるか現実的に考え、自分だけでも実行することは良いことだと思います。

    たとえば私の考えでは、イジメや理不尽な八つ当たりは「やる方が強い」というイメージがあるのがいけないと思います。
    それらは弱い人間がやるものです。弱い故に自分のストレスを自分で処理できず、
    孤立していて反撃しない人をターゲットにして、複数で攻撃します。

    本当は、いじめっ子はいじめられっ子に甘えているんですよ。
    「私は未熟者でストレスを始末できないから、あなたが受け止めてよ」という具合に。

    だから私は、「弱いものイジメ」という言葉を使わないようにして、八つ当たりやイジメをする人が弱いのだとみんなに教えて行けば、
    多くの人は自己嫌悪になりイジメなど激減すると思います。
    私の周りだけでもそうなるように実行してます。

    「きれいごと」というのはこのように現実的な考えをしたり、改善のための努力をしていない人が、
    本当は改善なんか少しも考えていないくせに、
    「私もなくなればいいと思うけど無理だよね」と、さも いい人っぽく口にすることだと思います。

    ユーザーID:8534867494

  • 中坊公平氏・・・だったかな

    有名な弁護士の方でした。

    「今の日本の若者は、理想を説くとすぐにきれいごとだの夢物語だのと言う。
    しかし、まず理想がなくては何も始まらない。
    夢を持つことの必要性をもっと若者に伝えたい。」
    詳しい言葉は忘れましたが、そのようなことを仰っていました。

    まさにトピ主さんの仰ったようなことで、私もその通りだと思います。

    「あるべき理想」はいくつもあります。
    それについてのずれを論議するならまだしも、理想を掲げること自体を否定するのは間違いですね。
    そういうことを言う人たちは、付和雷同で自分の考えを持たない人か、問題の大局や本質を見きわめるという視点のない人だと思います。

    ユーザーID:7765465124

  • 論より証拠

    この世の中には、「きれいごと」を言わずに
    実践している人達がいます。

    それ以上に、実践をせずに
    「きれいごと」だけを言っている人達が多くいます。

    実践している人達を目の前に
    「現実はそんなに甘くない」
    「それはきれいごとに過ぎない」
    と言う人は少ないです。

    実践している姿をみて、
    実践の連鎖が起こる事があります。

    「きれいごと」を聞かされるだけでは、
    実践の連鎖はなかなか起きません。

    論より証拠。
    論より行動と言う事です。

    ユーザーID:4625461112

  • レスします

    自分が心がけることと、他人に意見することは違う。
    きれいごとなんてのは、元から賛成の人間にはいまさらであるし、
    できてない人にとっては自分が批判されているように感じて反発心を生むだけ。
    結局言っている人間の自己満足だけであって世の中にはマイナスの影響しか与えない。

    子供に勉強の習慣をつけるのに、勉強しなさいとガミガミ言うのが愚策であるのと
    同じで思想ではなく手法が問題。

    ユーザーID:6107502089

  • 相手を責める口調

    当方男性です。

    > だからこそその「きれいごと」に現実を近づけようって考え方

    その通りだと思いますよ。
    正しいこと、理想像をきちんと共通認識する機会をたくさん作るのが必要だと思います。

    ただ、その「きれいごと」に対して反発があるのでしたら、表現の仕方に工夫が必要な状況なのかもしれません。

    理想論だけを追いかけて結果としてアクションを取るべきタイミングがずれるようなことはありませんか?

    正しいことを述べることで、正しい行動を取れていない人を糾弾するような状況になったりしていませんか?

    ユーザーID:2566218933

  • そうですね…

    そういう“きれいごと”は時に人を傷つけますから。

    ある時、優しくできなかった事を後悔している人に
    「優しい方がいいよね」と言う事は、正しい事ですか?
    そうやって自分の理想を押し付ける事で、周囲の人間の痛い所を
    抉る事になりませんか?勿論、理想はあるべきだと思いますが
    それを掲げ、口にする事で、やはり人を傷つけてしまう事も
    あるのではないでしょうか。

    私はトピ主さんのように、理想は正しいと言い切り、周囲に啓発する事で
    別の意味での差別をし、理不尽な痛みを与えていると思います。

    貴方が自分の中でだけ、理想を追求する事は正しいでしょう。

    トピ主さんに対して「現実は云々」「それはきれいごとに…」等と
    言う人は、貴方の責め苦に対して、何とか身を守ろうとしている
    防御本能だと思います。

    ユーザーID:8849148833

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧