• ホーム
  • ひと
  • 入院時の保証人を毒親に頼む勇気が。。。

入院時の保証人を毒親に頼む勇気が。。。

レス17
(トピ主1
お気に入り74

家族・友人・人間関係

CS

トピを開いて頂いてありがとうございます。

早速ですが、皆様のお知恵を拝借したく存じます。

近々、生死に関わる手術をすることになり、
保証人が必要となりましたが、誰に頼めば良いのか決断が着かず、
いささか困っております。

両親は30年前に離婚しており、父の居場所はわかりません。
母は伯母と二人暮らしですが、幼少時から青年期に渡ってに受けた
共依存のトラウマから数年前から疎遠になっております。
兄弟はおりません。

30代後半で独り身の私は、幸い友人や職場の方々にも恵まれ、
今回の件でも支えて頂けていて、最期まで肉親抜きで乗り切る
つもりでしたが、さすがに仏の引き取り手を頼むには忍びなく
思っております。

また、自分亡き後に、母が私の保証人になってくれた方々に
当たり散らすことも容易に考えられるため、うかつに頼むことも
出来ません。

今のところ選択肢として、保証人を

1 母に頼んで、母の共依存的辛さなだめ、起こりうる心労に耐える。
(恐らく母は自分が手術を受けるくらいの感情になり、その苦しみに
耐えられず的外れなプレッシャーをかけてくると思われます)

2 友人に頼み、自分が死んでからのことを考えない。

3 疎遠になっている父を捜す。(30年以上母によって連絡を阻害されてきたので、
娘の存在を認識しているのかわからないというリスクがあります)

100%死んでしまうのなら、1を選ぶしかないのですが、
もしも生き残ってしまった場合、その後、障害を抱えたまま
母の更なるプレッシャーに耐えなきゃいけないような、
そんな死んだ方がマシだった人生が
待っているかと思うと軽はずみに頼めません。

皆様ならどうなさいますか?
言葉が足りずご理解に苦しむ部分もあると思いますが、
よろしお願いいたします。

ユーザーID:3085962647

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • まずは病院に相談

    何事にも例外という物はあります。
    まずは病院に相談するのが一番だと思います。
    生死に関わる手術をするなら、それなりに規模の大きな病院でしょうから、専門の相談窓口があると思います。
    よく分からないようなら、看護師さんにどこに相談すればいいか聞いてみて下さい。

    保証人に関しては、保証人のサイン無しでも最悪手術は出来ます。

    お恥ずかしい話ですが、身内が手術する際、保証人になる予定だったのですが、当日突然の豪雨に見舞われ、時間までに病院にたどり着けなかったため、身内は自分で書類にサインして手術を受けました。

    万が一の時の事も、事前に手配しておく方法があるので、今後もおひとりで生きて行く覚悟であるなら、これを機会に調べてみてはいかがですか?
    こちらは、まずは自治体の窓口に相談なさるのが良いと思います。

    ユーザーID:0769351565

  • みまもり家族制度はいかが?

    入院の保証人から(場合によっては)死後の片付けまで頼める
    「みまもり家族制度(後見人制度)」はいかがですか。

    費用はそれなりにかかりますが、毒親に頼むよりはマシかと。

    私もトピ主さんと似た境遇で、「いざ」という時は頼もうと考えてます。
    回し者ではありません。念のため。

    ユーザーID:1113722290

  • 信頼できる友人に頼む

    信頼できる友人に頼む。死んでからのことは考えない。がいいのではないでしょうか?ご友人に遺言でいくばくかを残しておきましょう。

    ユーザーID:6660668560

  • 私なら

    1〜3のどれでもないんだけど、

    私なら、保証人代行にお願いするよ。
    サクッとビジネスライクに。
    保証人代行会社、ビジネスでやってるんだから、手数料はかかるけど、母がのりこんで怒鳴っても、そこはきっちり対処してくれると思う。
    万が一亡くなってもね。

    誰にも迷惑かける事もない。
    そうしたら?
    お薦めするよ。

    ユーザーID:1515007656

  • 3

    死ぬ可能性もあるのなら、父親にも会っておくべきです。

    ユーザーID:4293793218

  • 病院に相談してみて

    身内がそんな風だとおつらいですよね。

    保証人がいないことを病院に相談してみください。保証金を預けるとか意識がなくなったらこうしてくださいという同意書を事前に作っておくとか。

    身内が本当に居ない人もいて、そういう人でも入院治療は受けられるのですから何か方法はあると思います。

    心配事が減って治療に専念できることをお祈りします。

    ユーザーID:6118030354

  • 病院に相談

    http://okm.yomiuri.co.jp/t/2007/0129/117132.htm

    古いトピですけど、参考になると思います。

    ユーザーID:6504744204

  • 病院にはなんと?

    病院にはお母様がいらっしゃることは話してしまいましたか?
    もし話してしまったなら、お母様が保証人にはなれないことに合わせてどんな結果になろうともお母様には連絡しない旨を約束していただくことです。
    個人情報ですからご実家の連絡先は絶対に病院には教えないこと、必要書類には記入しないことです。
    理由を尋ねられたらお母様に手術の件を伝えてしまうと病院に迷惑をかける結果になる、
    警察の介入するような事態になったら責任がとれませんからとでも言えば、病院側が察するでしょう。
    話していないなら病院には家族はいない、保証人を頼める人もいないと。
    命に関わるとのことですから最悪の事態になった場合の支払い保証金などの手続きを先に済ませることで手術を受けられる病院は多いです。

    失礼ですが、仮に最悪のケースとなった場合にトピ主さんの私物をどうするのか相談する方は居ますか?
    まずは病院に相談、同じような患者さんは増えていますから他の方はどうしているのか聞いてください

    ユーザーID:2922129545

  • 毒親に関わる必要ナシ!

    トピ主さんの周りを乱しに来るようなものです。毒親と関わるのはやめましょう。

    行政に相談して、可能な選択肢を他にも探されてはどうでしょうか。このような相談を受けてくれる団体もあるはずです。

    ユーザーID:6232118074

  • 病院に相談したらいかがですか

    外科的な手術が出来る病院でしたら「相談室」があります。
    医療費、保険関係、その他経済的な問題などの相談に預かる部署です。
    お母様や家族との関係などについても相談に乗ってくれる筈です。
    貴女の置かれている状況を正直に説明することにより、保障人の件についても何とかしてくれると思います。

    ユーザーID:9784302807

  • 病院に聞いてみたらどうでしょうか

    こういったケースってありそうですけどね。一般的な対応法を病院に聞いてみたらどうでしょう。
    任意後見事務と併せて死後事務を請け負う専門家もいますので、紹介してくれるかもしれませんよ。費用は掛かるでしょうし、自称専門家の怪しい人もいるかもしれませんけど。
    弁護士や司法書士でもそういう事務を行っている人がいるみたいですね。

    もちろん、手術がうまくいって何も後遺症も残らず回復するのが最も良いのですけどね。

    ユーザーID:7992606009

  • 手術の保証人は金銭の保証人だから。

    手術の保証人とは、手術費と入院費、薬代、ベッド代などの金銭的な保証人なので、

    病院に相談して、会社の保険事業部や生命保険等保証対象ならそこにお願いしたらどうでしょうか?

    事前に出来ることはしておくと良いと思います。
    病院に親を頼れないと事情を話し、他の手段を相談するのが現実的です。

    ユーザーID:4257734369

  • 「見守り家族」

    いずれ、私もそういう状況になるかと思い、あるNPOが行っている「見守り家族」という制度についての説明会に行きました。
    ある程度のお金を預託しないといけないのですが、病院の保証人や入院中の買い物、銀行や役所への手続き(万が一亡くなった後の葬儀手配、家財の処分まで)などを代行してくれるそうです。

    話を聞いてみた範囲では、利用しても良いかと私は思いましたが。
    先々の事はともかく、身内以外にもそんな制度もあるという事で、今回だけでも利用できるかどうかお考えになってはどうでしょう。
    或いは、地域の社会福祉協議会のようなところで身寄りの無い人はどうしているのかをご相談になってみるとか?

    手術が成功して、ご健康を取り戻せますように。

    ユーザーID:6025268874

  • 手術の同意書&立ち会い人はどうするの?

    手術の同意書&立ち会い人は、親族でなければいけません。
    (成年後見人でもNGです。「医的侵襲を伴う医療行為については同意権はない」ので。)
    なぜなら、手術時に何かあったとき、残された親族から、
    病院側が医療過誤で訴えられるのを防ぐための同意書&立ち会いだからです。
    (入院保証人は「入院費を踏み倒されないため」だけのものです。)

    また、生死に関わる手術をするのであれば、
    入院時に「親族の」緊急連絡先を聴かれるのではないかと思います。

    どうするもこうするも、お母さんに依頼するしかないと思います。

    ユーザーID:0760438168

  • お寺へ

    寺の嫁です。

    昨年、身よりのないかたの最期を見送るお手伝いをしました。
    甥がいらしたのですが、お世話を拒否されてしまったとの事。

    人数の少ない葬儀をしたのちに納骨を致しました。
    生前にご相談があり、市役所の福祉課との連携でした。

    葬儀代等をお預かりしていましたが、賃貸のお部屋の荷物の処分料など差し引いても残金が出たので市に寄付を致しました。

    入院時には、保証人になり、時々お見舞いに伺いお話を沢山しました。
    肉親に連絡できない場合でも、お寺にご縁があれば最期をお引き受けしてくださるところがあるかもしれません。
    しかし、お断りされるお寺もあるかもしれません。

    もし、体調がよければお寺に相談に行かれてはいかがでしょうか?

    手術がうまくいくことを念じております。

    (私自身も、幼少から父親と絶縁。父親の最期に立ち会っていません。
    絶縁せざるおえない気持ちも共感できるのでレスをしました。)

    ユーザーID:6214874209

  • 法律相談

    法律にも関わる事柄も発生してくる可能性が高いので、
    弁護士などに相談されたほうがいいと思います。1,2,3どれを選んでもたぶん今のままで書面も何もなければ、母親が出てくることになるかと思います。
    夫は離婚すれば縁は切れますが、母親はなにか手続きをしなければならないかもしれません。こういったことは面倒なことになりがちです。
    一日も早いご回復をお祈りしています。

    ユーザーID:1712320697

  • ありがとうございました

    皆様、たくさんのアドバイスをありがとうございました。

    お陰さまで、弁護士の方に相談して、起こりうる問題を
    回避できそうな感じに進んでおります。

    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:3085962647

レス求!トピ一覧