一生賃貸か?家を買うか?

レス41
(トピ主0
お気に入り157

生活・身近な話題

さんた

結婚して3年、賃貸アパートに住む30代前半の夫婦です。
とても長文の為、苦手な方はスルーしてください。


先日、60歳の叔父が離婚しました。
賃貸を借りようと、色々な不動産会社に相談するが、年齢を理由に断られる。たまに貸してくれるところがあるかと思えば保証人がいないと貸せないとの事。


子供がなかなかできない私達は、年老いた将来のこと、老後のことを考えていたら不安になりました。

現在は家賃6万の3DKに住んでいます。
一年間で72万円。10年間で720万円かかります。

例えば、80代前半まで生きるとして、50年間で家賃3,600万円。


これは想像ですが、子供ができて、家賃7万円の賃貸に引っ越した場合・・10年間でかかる家賃840万円。
40年で3,360万円。

夫の年収350万(手取25万)
私の年収200万(手取10万)

貯金は月に7万円。
比較的田舎なので、安い物件(土地50坪、新築建売30坪程度)なら2,500万円以下で販売されています。

貯金が少ないので・・・家を買うなら、頭金200万くらいで、
月6万の支払いなら35年ローン。
月7万の支払いなら30年ローン。

考えていたらきりがありません。
長文で申し訳ないです。

アドバイスや、私ならこうする等の意見をください。
お願いいたします。

ユーザーID:9928764355

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数41

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 頭金は三割必要と言われている

    頭金は家の三分の一は貯めたほうがいいです。
    希望物件価格の三割が最低ラインです。これに、諸経費として数百万必要になります。頭金とは別口です。他にも貯蓄が必要です。
    そこを踏まえて逆算しましょう。
    家の購入は時期もありますが、貯蓄の額も社会情勢も必要です。また、ライフプランの大まかな設定も必要でしょう。
    今は消費税が騰がる前に買おうと思う人と、騰がった後に値下がりするのを待つ人とに二分しているようです。どちらもその人なりの考えがあるのだと思います。
    ただ一つだけ個人的な意見を言うのなら、政府の指針がインフレで既に物価上昇があちこちで囁かれているのに、何故か土地だけは下がると断言している人は勘違いしていると思います。他の物品と等しく、インフレの状態なら土地も値上がりするのが自然です。人口が減るから土地が余る=土地が下がるという人の意見は少しだけ疑っています。
    インフレは物価上昇です。土地だけ現状維持か値下がりで、他だけが騰がるというのはとても不自然です。

    ユーザーID:6826223051

  • 転勤がないのであれば

    自宅購入の方がいいと思います。

    ユーザーID:2710720460

  • 老後を考えるなら持ち家

    金利を考えると迷われる方も居てますが
    賃貸の様に一生支払い続ける事なく
    何時かは自分の物になります。

    後、固定資産税や将来の修理修繕費も念頭に入れてた方が良いですよ。
    また、ローンは最長で借り、繰り上げ返済を頑張ってみては?

    ユーザーID:5044110170

  • ローン以外のお金も計算に入れた?

    家を建てると、月々のローン以外に保険料(年払い)や固定資産税(年4度)が掛かります。
    そちらは計算に入れてありますか?
    そして、家は年々古くなりますので、年数が経つにつれ維持費という物も掛かるようになります。

    ユーザーID:8592065087

  • どちらでも

    もう、トピ主さんの中で答えは出ているような気がしますが、背中を押します。

    トピ主さんの世帯収入で、一生賃貸を考えてる人は、正直信じられません。
    お金が余っている人であれば、一生賃貸でもかまわないでしょう。数年置きに違う土地に引っ越す生活もあこがれますね。
    低所得世帯で、購入できない世帯は、子供に老後の世話を託しているのでしょうか?(まあその場合、多くは不の連鎖でしょうけど・・・)

    叔父様のように老後の賃貸契約は難しいでしょうし、少ない収入で賃貸料金払えず、生活保護に陥るような事も・・・
    それだけは是非未来の世代のために止めて頂きたい。

    一生賃貸で払い続ける出費と、物件購入した時の出費が同じだとしても、前者は何も残りませんが、後者は多少なりと価値が残ります。
    今はお子さんいらっしゃらないようですが、子供に財産が残せます。

    気になる点と言えば、お勤め先の事情で転勤が発生した場合、単身赴任となってしまうことでしょうか。


    どちらにせよ、今の消費税UPで急いで購入を急がれているようでしたら。
    何かしら住宅購入減税等あると思いますので、よくよく計画を立ててみてください。

    ユーザーID:5352859843

  • 私なら買わない

    保証人ウンヌンはお金だせば解決するよ。
    これから人口の減る国で、住むところの心配なんかナンセンス。
    家を買うのは、住まいにこだわりがある人だけでいいとおもう。

    普通に暮らせればそれでいいって人が
    こんな災害の多い国で、しかも経費や税金がバカ高いのに買う意味がわからない。

    しかもその年収でしょ。
    ありえないよ。

    ユーザーID:1355371071

  • 目標をつかむために生きる

    一戸建ての家に住む幸せを夢見た事がありますか。

    一戸建ての家を買うための人生設計をしていますか。

    今の若さで一戸建てに住む事を諦めていたら、幸せな未来は手に入らない。

    今の収入は、今後増えますか。減りそうですか。

    目標を定めて、それを手にするために収入を増やしましょう。。

    ユーザーID:3621028727

  • まあ

    単純にその計算式にはならないかもしれないですが、
    (利息があるため)買ってもいいんじゃないでしょうか?
    ただ毎年固定資産税もかかることをお忘れなく。
    あと、家を買ったら終わりでなく10年毎にどこかしら
    メンテナンス費用も発生します。
    屋根を直す、壁を直す、水回りを交換するなどなど。
    あと、車がなくても生活できる駅近の物件がお勧めです。

    ユーザーID:4327714795

  • 賃貸のメリット

    お金の計算をするとトントンかもしれませんね。
    でもね、賃貸ならではの良さがあります。

    家は建てた時が一番新しく気持ちもウキウキ。
    しかし、あとは降下していく一方。1秒毎に古くなっていくのみです。

    一方、賃貸ならば常に「新居」に引っ越すことが可能。
    今後「家」が余る状況になると多くの予想がなされていますので
    同じ家賃で新しく広い家を借りることも十分可能と思われる。

    子どもが増えて家族が多いときは広めの家を借り、
    老後には階段のない1階で二人分の広さの家を借りれば良し。
    賃貸ならば家族の変化に合わせて住み替えが可能。
    老後にだだっ広いだけの古屋(持ち家)に住み続けるより、効率的。
    防犯上も良いです。

    隣に変人が住んでいたら、、、
    持ち家なら我慢するしかありませんが
    賃貸なら引っ越せばよいだけです。
    子どもの学区にしても同じ。

    評判の良い学区への転居が簡単に決断できます。

    いかがでしょうか。
    賃貸のメリット。

    私はだんぜん「賃貸派」です。

    ユーザーID:0277118946

  • 不動産屋で働いていました。

    地域性もありますが高齢、定年近い年齢(たとえ大企業でも)、保証人がお子さんか親族にあっては、その保証人が土地を持っている事が条件でした。
    プラス、高齢者を受け入れてくれる賃貸というのはまず、あまり良い所ではありませんし、賃貸はしょせん賃貸の作りですので、子供の声、夜中に出かける若者の騒音、静かな暮らしという感じではありません。

    多くの方は、賃貸か購入か、の選択を支出、かかる費用で答えを出そうとそていますが、高齢になると今より動きが鈍くなり、疲れやすくなり、目も悪くなります。
    家にいる時間も多くなると、住環境の大切さが身に染みるんです。

    ユーザーID:7229276975

  • 簡単に計算できますが、、、、。

    安い物件(土地50坪、新築建売30坪程度)なら2,500万円以下

    40年で3,360万円。
    の差額は手元に残りません。以下のものに消えてなくなります。
    自己所有の家屋と土地には固定資産税が毎年かかります。修繕費は自己負担です。火災保険・地震保険も必要です。

    家賃を払うなら、そのお金で家を買うという発想が間違いです。
    なお、高齢者でも保証人なしで借りることができる物件はあります。

    ユーザーID:7395033624

  • 50年住むとして、ローンが月5万なら家賃7万とトントンかも

    私なら賃貸にしますけどね。
    都市部なので、UR賃貸なら貯金さえあれば保証人もいらないし。

    40代で家を買うなら、お金が余っている場合に限ったほうがいいと思うのですが、30代の今なら住む期間も十分あるだろうし、いいと思います。

    ただ、その状況だと、どんなトラブルがあっても引っ越しできないと思った方がいいですよ。
    事前調査は念入りにね。

    ユーザーID:3314374272

  • 定年時による

    定年時に夫婦2人で2000万円強の貯金があったら御の字。
    を考えて買ったらどうでしょうか?

    また月の支払いも固定金利と変動金利両方考えておきましょう。
    今変動で0.875%提示されてもアベノミクス大成功したら3年後には5.00%に
    なってるかも・・・。

    うちは将来お金さえあったらどっちでもいいやと思ってます。

    ユーザーID:3960755909

  • 私は持ち家派

    私は持ち家派です。理由は、年を取ったら、まさにあなたの叔父さんのようなことになりかねないから。多少損をしても、年をとって、誰にも干渉されずに住める場所がほしい。知り合いを見渡してみても、ずっと賃貸の人は、何となく寂しさを感じます。

    あなたの場合、今後子どもができる可能性があるし、子どもの数もまだわからないので、今はしっかりと貯金をし、家族数が確定したら家の購入を考えたらどうでしょうか。できれば年100万円。10年で1000万円。40歳くらいをめどに、ローンはできればご主人の定年前までに完済できるように。

    銀行は担保を取るので、あなたの返済能力をそれほど考慮しません。70歳すぎまでローンは組めます。銀行の言いなりになって、ローン地獄に陥っている人がたくさんいます。退職金、ボーナスはローン返済の当てにしてはなりません。

    ユーザーID:9683369189

  • どちらにも、デメリットはある

    ローンとかお金関係の心配だけではなく、家を買うか、借りるかのメリット・デメリットに付いて考えておくほうがいいでしょう。
    また、買うにしても一戸建てかマンションかという問題もありますよ。

    先ず、買った場合のデメリットとしては、周りの環境に問題が生じても簡単には引っ越せません。
    住んでいる家にはメンテナンスが必要になるでしょう。
    一戸建てなら、自分で頑張る、不便・見苦しくても我慢するもありですが、マンションではそうも行きません。

    このように考えていけば、買う・買わない。買うならいつ頃?という答えも自然と出てくるでしょう。

    ユーザーID:5769880851

  • 良かったじゃないですか

    偶然とはいえ、年取ってから賃貸で暮らすのは厳しいことがわかって。
    60なんて年寄とは言えないのに、それでも現実はこれですからね。

    小町見てると、賃貸の気楽さが気に入って、一生このままでいけると思ってる人の多いこと多いこと。

    物件が古くなって建て替えになったら、
    年金で家賃が払えなくなったら、
    この先公営住宅は減っていくだろうし、
    不安要素がいっぱいなのにね。

    私はアパートのオーナーでありながら持家派です。

    ユーザーID:1056279670

  • 家を買う方に傾き始めました。

    自分も一生賃貸でいいかなと思っていましたが、最近考えがちょっと変わりました。

    今は、ガスコンロですが、子どもの相手をしていて消し忘れや焦がしたりすることがたまにあります。そう言う時にはIHの方が安全なのでしょうが、社宅のため勝手に変えることはできません。年を取って物忘れが増えてきたら余計にガスコンロは危ないなとも思います。
    それに、両親が来た時など、玄関や廊下やお風呂に手すりが欲しいなとか、思う事があります。深い浴槽は体がキツイとか。

    年を取ったら、色々不便な点が出てきて、自分の家ならリフォームできる事も、賃貸だとそれは出来ませせん。
    住みかえるにも環境が替わるのがイヤだったり、トピ主さんの叔父さんのように保証人問題で借りる事も出来なかったりするのかと思うと、ちょっと無理かも知れないけど自分の家を買うのも良いのかと思い始めました。

    今は社宅なので、猶予期間はありますが、不動産のチェックを始めようと思っています。
    なお、ローンはなるべく長い期間にして、生活の質を良くします。その中で余裕が出た時に繰り上げ返済かリフォームをします。特に今は低金利ですからね。

    ユーザーID:8087024451

  • 持ち家を買っても

    皆さんは3.11の震災と津波や、液状化や台風や竜巻などで我が家に住めなくなる事態は、とりあえず自分には起こらないと想定しているのでしょうか、、、

    ローンだけ残って呆然、という実例と賃貸探しに苦労する実例のどちらがましかと思うと、住めなくなった家の負債を背負う方が怖いです。災害で家を失っても救済措置は当てにならないし。

    賃貸で、貯金をしつつ、どこも借りられなくなったらその時点で自分に合った選択(施設か、買える範囲の住処を買うか、日払いの所に住むか)をするのが現実的かな、と思っています。

    故郷は福島、親戚一族も東北で、家を買って故郷に骨を埋めることの難しさは身にしみました。

    ユーザーID:2233085235

  • 30年ローンとか似非預言者的トリック

    リストラ・減給・病気があると、たちまち老後もなくなることに。

    バブル前に一般的だった住公のゆとりローン(給与右肩上がり神話による11年目からの金利爆増商品)
    10年前はバブル崩壊後の年功序列の崩壊・実力主義
    近年では大規模リストラ、減給の恒常化
    今は雇用の流動化政策(正社員と派遣の垣根なし)へと続いています。

    20年足らずなのに激変、家が年々負債化、売っても残債
    今でさえ給与上げ止め、50過ぎたら転職無理、あっても15万以内

    一般的サラリーマン世帯なら、賃貸なら公営、購入なら築浅中古くらいで良いのでは。年取ったら2階使わないだろうしね。

    ユーザーID:1479032728

  • 老後は持ち家があった方がいいよ

    自分の親が年をとって実際の年金生活を目の当たりで見ていると、一生賃貸というのは
    無理だなあと感じています。

    うちの母は月88000円の年金額で25000円の賃貸住まいです。
    生活なんてカツカツですよ。
    超がつく田舎ですけど、それでも3万以下でまともな賃貸なんてまずありません。
    今の所は知り合い価格で破格の値段で入れてもらいました。
    年金額もこんなんで生活できるかと思いますけど、母の年代ですと平均的な年金額なんですよね。

    自分の老後がこうならないなんて、誰が保証できます?
    20年30年の住宅ローンは確かにリスクがあるけど、20年30年ある老後を一生賃貸で暮らす
    のもリスクがありますよ。
    今の時代、それなりの賃貸に住みつつ子供の教育資金も捻出して、自分達の老後資金も
    十分に蓄えられるなんて人がどのくらいいると思います?
    ですから大概の人は長いローンを組んででも、マイホームを求めるのではないですか。

    賃貸は気楽だけど、高齢になって身軽さや気楽さを求める人はいません。
    求めるのは住み慣れた所に心配なく住める「安心」です。
    ですから、私は老後は持ち家があった方が良いと思います。

    ユーザーID:9250426852

  • 地域差もありますね

    3DKで6万という低家賃に驚きました。
    私の住んでいる首都圏ではワンルームでも6万はありえません。
    トピ主様のお住まいの地域ならば、賃貸物件を探すよりも
    戸建を立てた方が良いかもしれませんね。
    この手の話題は地域差があります。
    ちなみ私は家を購入するという選択肢はありません。
    賃貸物件にはことかかない地域ですから、
    60歳という若さで入居する物件がないということは
    ほぼないからです。

    ユーザーID:6149821962

  • そこで悩んでもね…

    他にいろいろかかるし。

    おまけに30年ローンなんて、払ってる最中にリフォームして、終わるころには
    大規模修繕が必要になるよ。

    だから支払額はどっちでもあまり変わらない…と言われています。

    ユーザーID:3461760769

  • いっそ注文住宅を建てては?住み心地の差は驚くほど大きいです!

    お金の話はずいぶん出ているので、ちょっと違う角度から。

    50坪の敷地に建坪30で2,500万円程度の地域ですよね?

    私なら土地を探して注文住宅を建てます。依頼先はハウスメーカーや建築家よりも工務店が良いでしょう。コストパフォーマンスが良いので。地元の信用のある店を探します。いわゆるローコスト住宅ですが、構造や断熱はもちろんキッチリやります。建材は自然素材を選びます。構造材は樹種としてはヒノキや米松となりますが(構造材の樹種はケチってグレードを落とさないように!)、同樹種内でもグレードはいろいろ。安くて可。防蟻処理もぜひ。内装材なら杉やパインなど安価な樹種で更に節や色ムラがあるグレードの低いものを安く入手してもらいます。節や色ムラは最近キャラクターものとして一部で人気もあったりするのですが、いわゆる銘木や柾目を貴ぶ人が依然多いので、やはり未だに安価です。壁は左官壁にして下地処理までしてもらいます。仕上げ塗りは家族総出でDIYです。大丈夫です。素人のコテ斑は味があります。達成感もありますよ!

    賃貸向けに建てられた住まいと持ち家とでは住み心地がまるで違います。快適さに驚くと思いますよ。

    ユーザーID:1246358221

  • 住むところはある

    住むところはあります。
    UR賃貸なら、保証人なしで住めます。
    選ぶから、選択肢が無くなるのです。

    両親が定年と同時に家を建てました。イチから。
    それで思ったのが
    「年寄りに新築はやっぱりいい」というものです。
    機能的なものはもちろん、
    年寄りがボロに住むと余計にみずほらしいと思ったのです。
    (誤解を与える表現かもしれませんが、分かりやすく書くと)
    潰す時は涙を流すかもしれませんが
    新築になって住みだすと「いやー快適快適」と
    「あの涙は何だったんだ?」とあきれるくらい、
    若返りました(笑)。

    なので、行けるところまで賃貸、
    身体にガタがくる直前に機能的な家をキャッシュで買う(できれば新築)。
    がいいと個人的には思っています。
    それができなければ、
    ま、URがあるしー、
    どうせ物件は今からガンガン余るしー
    と結構楽観的です。
    あとは地震が来ないことを祈るのみです。

    ユーザーID:6672019102

  • そうですね‥

    旅人さんの意見と同じです。
    建物より重要で,自分では思い通りにならないのが,環境です。
    最初は静かで空気も綺麗で日当たりも良い場所でも,開発されると日陰,騒音,汚れた空気でも持ち家では簡単に売れません。
    近所の人が意地悪だったり,妬まれたり,というトラブルがあっても持ち家は転居が大変です。最初は良い隣人でも,時間がたつと妬まれたり,誤解されたりする事があります。
    でも賃貸は,変人から離れるために転居も簡単に出来るし,近所に「なぜ転居するのか」とは言われません。持ち家のように,どう思われるか考えて,近所に理由を説明しなくていいんですよね。
    「仮に子どもが学校でいじめられても,最終手段に転居できれば子どもを守れる」という理由で子どもが学校の間は賃貸というご家庭もあります。いじめっ子のいる学校も近所もチェンジできるなら,いじめられても新天地でやり直せますよね。

    ユーザーID:5591684164

  • あと10年待て

    10年もしない内に、
    不動産の価値は下落しますよー。
    特に消費税導入後。
    消費税upの3%以上に、下落の幅は大きいはず。

    だから、今はローンで買わない方がいい。
    6万で3DKなんて良物件、
    手放さない方がいいと思います。

    ちなみに10年後・20年後の60歳は、
    賃貸でも借りれると思いますよ。
    というか、そんな人にも貸さざるを得なくなる状況だと思う。

    ユーザーID:1340994976

  • 悩みますね

    不動産の専門家でもないし、家を買ったこともないのにレスしていいのかわからないですが、私は賃貸で通したい派です。
    理由は、借金が嫌い(住宅ローンといえども怖い)なのと、やはり地震大国ですから地震と火災が心配です。この先日本で地震がなくなるわけないですし、保険料もかなりかかります。
    あとは、私の実家が持家で、生まれてから結婚まで住んでましたので、持家に対する憧れが全くありません。むしろ、実家に住んでた頃はメンテナンスが大変だなと感じてました。また、引っ越せないのもつらいですよ。うちの両親はかれこれ30年イヤ〜なご近所さんと付き合ってます(笑)
    加えて、いまはみなさんこぞって(消費税アップ前に駆け込みで)お家を建てられてますから、大工さんは足りてるのかな〜と少々疑問に思うこの頃です。建設ラッシュは良いんですが、手抜き工事が増えないかも心配です。

    結局のところ、賃貸・持家、どちらも正解だと思います。みなさん自分の好みで決められるしかないのではと思います。
    主さんがいい決断をできますように。

    ユーザーID:3917778105

  • 10年前も同じような意見がありました

    変動で組むなんてばかげている、これから人口が減るのに住宅の需要なんかない、買った途端半額に下がる・・・

    で実際、私はその逆を全部しましたが、
    買った時の3割増しで売却できました
    10年間、タダで賃貸より数倍グレードの高い物件に住めたことになります

    この10年でほとんどの物件は値上がりしています
    中には倍以上の価格になったところもあります

    ネットで「下がるから買わないほうがいい」という方がたくさんでてきますが、
    実際のところ、プロですら上がるか下がるかなんてわからないんです

    人口の減少をあげていますが、
    それも土地によるでしょう
    むしろ消費税アップによって建材価格が上がる為、
    いままでより高くなっていく可能性だってありますよ?

    結論としては、ネットの話しを100%信じすぎず、自分で正しい情報をたくさん集めましょう。

    ユーザーID:7490193652

  • 私は買いました

    そういう心配が嫌なので買いました。
    今出来ることはしておいた方が良いと思って。
    あとはまぁ、一戸建てを買ってやりたいこともあったからですが。

    今、どちらにお住まいで、おいくつなのか分かりませんが、首都圏であれば安くで団地が売り出されてますよ。
    生活に余裕がなく、40代で老後の住まいが心配なだけなら団地を買えば良いし、それ以前でやりたいことがあるなら新築マンションを買えば良いと思います。

    ユーザーID:6829298636

  • 資金計画次第

    賃貸か購入か?

    もし賃貸需要がある物件なら購入しておいてあとで家賃収入を得るという選択肢があります
    都会の分譲マンションなんかだとそういう観点で選ぶのもありでしょう

    例外はありますが一般的な見方としては、所有している人と借りている人では前者のステータスが高いと言えます
    こういう話を書くとすぐに六本木ヒルズなどを例に出して反論する人がいますが例外はこの際置いておきましょう
    同様に大災害で壊れてしまうからという理由だとあらゆるものは購入するより借りた方が良いという話になってしまいますので除外しましょう
    転勤族が賃貸なのも仕方ないです

    ローン破綻のリスクが高い状態での購入はNGです
    それはそもそも購入能力がないわけですから分相応な賃貸に住まざる負えないのは致し方ないです
    同時に家賃を払いながら購入資金を貯めるくらいならローンを組んで購入した方が得です

    上記を踏まえて購入可能なら資産になるわけですから、した方が良いと思います
    今後の資産価値がどれくらいあるかや賃貸需要があるかなどはその物件によって違うでしょうから良く考えて購入すれば良いと思います

    ユーザーID:0035057630

レス求!トピ一覧