子どもを産みたいと思ったわけ

レス46
お気に入り37

A.I.

子供

率直な疑問です。
小町をご利用の、子どもをお持ちでいらっしゃるお母様方にお聞きいたします。

子どもを産みたい、と思った理由はいったいどのようなものだったでしょう?
子どもを産むことの科学的・生物学的な意味、といった観点でのお答えではなく、一個人としてどのような思いから子どもを持ちたいと思うに至ったか、をお聞かせいただければと思います。

ユーザーID:4631993990

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数46

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 正直、何も考えていなかった

    好きな人ができて、結婚して、子供が出来ました。

    その間、特にこれといって考えたことはないです。

    自然の流れ。ただそれだけ。

    ユーザーID:8706959655

  • 「子どもを持ちたくない」とは思わなかった

    「子どもを産みたい」とわざわざ思ったわけじゃなく、「子どもは必要ない」と思わなかったので自然に任せました。

    ユーザーID:6635339068

  • からだの

    内臓など生きるために全て意味がある という記事かなよんで
    子宮だけ生きてきて活用していない と思い
    劣化しないうちに産もうと
    決断しました

    ユーザーID:2324383978

  • おもいこみ

    子どもは産むもんだと思い込んでいました。

    あとは、妊娠中にお腹の中で子どもが動くとはどういうことなのか、体験してみたいとも思ってました。

    深い意味も意志もありませんでした。

    でも、やっぱり産んでよかったと思います。

    ユーザーID:6872744292

  • ただ

    子供の時から赤ちゃん産み育てるのが普通〜当たり前だと感覚で思ってました。
    いざ大人になるとなかなか妊娠しなくて、その時はただただ我が子の顔が見たい!て本当に待ち望みました。
    出産は当たり前だと思ってたけど“奇跡”なんだと実感しました。

    ユーザーID:3604391190

  • 主人に…

    主人が子供を持つことを望んだからです。
    私はずっと、子供は望めないと言われ続けて来たので、結婚も出産も諦めていました。
    主人はそれでも良いと結婚しました。
    子供が好きだった主人は「授かればそれで良いし、授からなくても良いし…」とは言っていましたが、心の底では望んでいたのではないでしょうか。

    ユーザーID:3239282982

  • 私は、

    羽の生えた可愛い天使が空から降りてきて自分の赤ちゃんになる夢を見たのがきっかけです。

    その子にどうしても会いたかったから。

    ユーザーID:1645884987

  • 興味があった

    二つあります。

    子供のころから、自分から出てくる子供がどんななのかとても興味がありました。もともと子供苦手ですが、自分の子なら絶対に可愛いっていう確信があり、すごく会いたかったんです。

    もう一つは主人がお父さんになるところを見たかった。
    今子供が2人いますが、子供達と接している主人を見る度に「なるほどなるほど、こういうお父さんになったか〜」などと感慨深く観察して楽しんでいます笑

    ユーザーID:3152664791

  • それはですね、

    パートナーの子供が産みたかったからです!
    それと自分の子供に会いたかったからです!
    その外には、妊娠出産の経験に興味があったからってのもあります。

    ユーザーID:4350137470

  • レスします。

    結婚したら子どもを生むのは当たり前だった世代です。何の疑問もなく主人の子どもが欲しいと思って生みました。同世代〜上の世代で結婚していて子どもがいない知人・友人(そもそも数が少ないけど)はできなかったという方ばかりです。

    娘は子ども嫌いだから私に孫を期待しないでねと言っていましたが、結婚3年目に生みました。歳を取ってから生んでおけばよかったかなと後悔したくなかったからだそうです。今はかわいくって仕方ない様子。

    ユーザーID:8615616205

  • 普通に自然に

    もう、子供の頃から、結婚するー子供生んで育てるーと思って
    ましたからねー。
    自然に。

    中高校生の頃、子供には、こんな名前つけたいなーとかも
    考えていましたし。

    なので、理由なんて、ありません。

    子供達は、大学生と中学生になってますが、生まなきゃ良かったとも
    思ったことが無いです。

    ちなみに、子供(よその子供)が好きかと言われたら、特に大好きとも思いません。
    子供に関わる仕事がしたいわけでもないので。

    ユーザーID:7654632409

  • 夫の遺伝子を残したい

    高齢で結婚し、不妊治療してもなかなか授かりませんでした。しかし、何が何でもという必死さは無かったので、治療ものんびりやってました。授からなかったら仕方ないと覚悟してました。
    高齢出産で昨年娘が産まれましたが、予想してた以上にめちゃくちゃかわいいです。
    夫の遺伝子を残したいと思ったのが一番かな。だから子供は自分よりも夫に似て欲しいです。夫と同じ寝相で並んでる姿を見たりすると、産んで良かったなとしみじみ感じます。

    ユーザーID:8126315435

  • マジョリティー

    年代的に結婚して子供を産むのが多数派という時代だったからです。

    私は普通に高校受験して高校に通い、大学に通い、会社に就職してとその当時「それが当たり前」とされた多数派の人生を歩んでなにも不具合がなかったので、社会のマイノリティーになるよりマジョリティーの側の方が自分に向いていると思ったので、そのまま結婚もして子供も産みました。

    その社会で多数派と言うことは、その社会で容認されやすいし、社会のシステムの中で生きるのに一番幸福感の多い生き方だと思ったので。

    ユーザーID:5968360101

  • 急に本能に目覚めた

    夫が子供を欲しいと言いましたし
    私も夫の子供なら産んでも可愛いかなと思ったんです。
    究極の子供嫌いでしたから・・・


    でもおなかの中に子供が出来たとき、しばらくは悩みましたよ・・・
    自分がどうなるのかわからない、自分のキャパのなさに苦しみました。

    が、生まれてみて育ててみれば、なんていうか、野生の本能が目覚めたんです。

    だから、「産みたい」というより、産まなきゃしょうがなかった・・・ってかんじですね。

    今は他所の子でもさらいたいぐらい、子供が好きですけど。
    なぜか。
    子供の未知数にめろめろです。
    産めと言われたら産みたいですね。
    もう一度、あの未完成な生き物に、全面的に頼られたいです。

    ユーザーID:5705006642

  • 自分の人生に華を添える

    本能とか生理学的な理由以外ということで…私の友人が発した言葉を。

    彼女は家柄も良く、経済的にも豊かで頭もいい。
    その上、もっときれいに、もっと知識を深めたい、と自分磨きの努力も惜しまず、誰もが羨む結婚生活を手に入れた。
    あとは子供だけよね。と言った。
    夫婦二人で生活するのもいいけれど、周囲から「子供が授からない」と思われるのが嫌。
    かわいい子供を連れて歩く未来像は自分の人生に欠かせないアイテムなのだと。

    間もなく女の子を出産。
    後継ぎの男の子が必要だと義家族に言われたが第二子も女児。嫁として肩身が狭いのが嫌と言い、第三子は男児が授かった。
    これで義家族からの催促もなくなり、世間的には二女一男を得て順風満帆。
    三人とも名門小へご入学。
    難関を乗り越えて、やってのけた彼女には脱帽です。

    今は子育ても一段落し、さらに磨きをかけてパワーアップしています。

    夢を叶えるための努力は人一倍する人です。
    妊娠は努力で成すものではないですが、自分の人生を完璧に仕上げるためのツールであると考える人もいます。

    叩かれそうだけど、本能以外の理由となるとこういうことかな?と思って。

    ユーザーID:0083054549

  • 命をかけられるものが欲しかった

    普通の家庭に育ち、普通の人生を歩んできました。
    大学で今の夫と出会い、10年くらい付き合って結婚しました。
    ずっと同棲だったので、夫は恋人兼友人兼兄弟兼小姑兼両親、みたいな存在でした。
    でも子供代わりにはならなかったですねぇ。

    夫のためなら死ねる!とか、夫は私が守る!とかそういう気持ちにはなりませんでした。
    子供が出来て初めてその気持ちが分かりましたよ。
    出産も育児も、母親が命を削って行うものなんだなぁと。
    「出産後、ママになった人は入院中に早食いを身につける」と助産師さんが言っていましたが。
    ごはんを噛まずにダッシュで食べてる時に、こりゃ早死にする…!と思います(笑)
    母乳だって血液ですし。自分の血液が誰かのライフラインになるなんて、不思議な気分です。
    ややマゾ気質なのか、辛くて苦しい状態になってみたかったのもありますね。

    根底は知的好奇心なんでしょうねぇ。
    話で聞くだけでは分からないことをやってみたくなる、それが実現して理解できた時の喜びというのは出産育児以外にも当てはまると思います。

    ユーザーID:8409383198

  • キッカケは…

    私はもともと、子供はいらないと思っていました。

    かなり若いうちに結婚したのですが、やりたい事も仕事もあったし、夫と二人の生活は楽しかったし、子供を持ちたいという願望も特になかったので。

    そう思っていたのも多分、私の育った家庭が荒んでいて、夫と結婚はしたものの賛成もされていなかったし、心身ともに疲れていて自分が子供を産み育てるというイメージをその時は抱けなかったのかもしれません。

    でも私の実家の家庭と違い夫の実家の家庭はあったかい場所で、そこには甥っ子がいて、その子の成長する姿を何年か見守りました。
    その姿を…その甥っ子がランドセルをしょって「来年一年生!」と言っている姿を見て…
    「あぁ、子供が育つ姿って、いいな」と思ったんです。
    自分の中になかった感情が、その頃生まれた気がしました。

    子供を産む事は世界の未来を創る事であり、人類にとってとても重要な課題です。でも個人のレベルで考えた時、それだけではなかなかそう思えない人もいると思います。

    それでも…私は今娘を産み育てる事が出来て、とても幸せです。

    ユーザーID:0999045356

  • 可愛げのない女

    私は可愛げのない女でした。子供なんて、うるさくて汚くて大嫌いでした。レストランなど公共の場で子供が走り回ると蹴飛ばしたい衝動にかられたほど嫌いでした。

    そんな私と結婚したいと言う男性が現れ、結婚しました。仕事などを理由に子供を作ることをやんわりと拒絶し続けましたが、夫が長男であること。どうしても跡取りの男の子を産んでほしいことを熱く語られ、義理両親からも強く望まれました。

    しかたなく、妊娠することにしました。

    妊娠中は地獄でした。生んで(男の子でした)1年半は死にそうに辛かったです。全然、可愛くないし、自分の子ですら愛することができませんでした。

    殺さないように生かすことだけに必死でした。

    両方の両親は遠方で頼れず、新しい土地での子育ては孤独で毎日泣いてばかりいました。

    息子が1歳半の時、うっかり熱いみそ汁をこぼして、腕をやけどさせてしまいました。すぐに病院へ行きましたが、看護師さんたちに「悪いお母さんだね。ひどいお母さんだね。」と他の患者さんたちの前で何度も言われました。

    そんな私ですが、子供は私のことが大好きです

    ユーザーID:3086349723

  • 子どもが好きだから

     母という特等席で、世界一かわいい子どもと関われるということが魅力だったから。
     また、夫が子どもが好きで、どうしても欲しいというから。
     私の母に孫を抱かせてあげたかったから。

     2人目については、産んでみたら本当にかわいかったので、もう一人欲しいと思った。また、1人目が男の子だったので、女の子ももてたらなぁと思った。
     子ども同士のかかわりというのを、兄弟というものを、息子に持たせてあげたかった。(自分が、兄がいて本当に助かったと思うことがあったので……)
     あと、変な理由だけど、私と夫の2人で産むのだから、2人以上産まないと、人間が減るなぁと思った……。

     まぁ、一番は子どもと一緒に遊びたかったから……かもしれませんね。
     公園に連れて行って子犬のように駆け回る姿を眺めるのも、景色のいいところに連れて行って「うわぁ」と声をあげる姿を見るのも、電車博物館や動物園などで興奮している姿も、本当にかわいくてしょうがないんですもの。

    ユーザーID:3349906649

  • そう思いました。

    妊娠がわかって、自然と産みたいと思いました。

    ユーザーID:9366745381

  • 漠然と

    なんとなく「せっかく、女性として生まれたんだから、子どもは産みたいな」と、思っていました。

    女性であると「月経」の話などで、改めて認識した頃からでしょうかね。
    近所や親戚に赤ちゃんが生まれ、親しみはしましたが
    実際に赤ちゃんを見てかわいいと思った、からとかではないです。

    それと、小さい頃から犬や猫など動物とのふれあいで、その動物達の出産子育ても見てきました。
    それで感動して、と言う事もありません。

    でも、本当に漠然と「自分も大人になれば子どもを持つのだろう」と、確信的な思いがありました。

    とはいえ、男女の出会いはままならず、30後半まで独身でした。
    辛うじて結婚できた当時も、この年齢だし妊娠は難しいだろう、と思ってました。
    ところが、あっさり妊娠でき出産。我が子にメロメロになりました。
    欲が出て、もう一人生みました。

    一人目までは、説明の仕様もない漠然とした「子ども”を”産みたいな」でした。
    二人目は、ランナーズハイをもう一度味わいたいと言う感じの「子ども”が”産みたい」でした。

    正直な所、覚悟や確固とした理由はありませんでしたね。

    ユーザーID:1347942461

  • 自然な流れ

    大好きな夫と結婚して、二人に似ている子どもがいる生活を送りたかったからです。夫も子どもを望んでいましたし。

    現在育児は大変ですが、子どもが運んでくれた新しい風はいいものですよ。

    ユーザーID:8702592239

  • 2児の母です。

    私は母子家庭に育ち、親に愛されていないと思っていました。
    だから愛してくれる存在がほしかった。
    母親になりたかった。
    愛されたいと思い母になりましたが、今は子を愛することに幸せを感じています。

    ユーザーID:6851388279

  • そこに愛はあるのか?

    夫が「子供いなかったらいつでも離婚できるから」という人なので
    保険のために作りました。
    離婚やら再婚やら面倒なので。

    ユーザーID:3839219846

  • みんなの幸せに

    なると思ったからです。
    結婚して一年たち、三十代後半という自分の年齢も考えて、欲しいというか、そろそろいた方がいいんじゃないかと。
    夫、両親、みんなが喜ぶだろうと思いました。
    マイナスの要素が何も無い、と。

    そしてそんな自分の考えはちょっと不純な気もしてました。
    普通は「赤ちゃんかわいい、赤ちゃん欲しい」と思って作るものだと思ってましたので。


    ですが今は、3ヶ月半の息子が何より私の喜びであり、幸せの源であり、宝です。
    かわいくてかわいくてどうしようもないです(笑)

    ユーザーID:4181649549

  • 新しいこと、未知のことに挑戦したかったから!

    大学入学直後、お互い一目惚れで今の夫と付き合い始めました。

    7年付き合って結婚し、一緒に暮らしたら、
    自然と二人の間にちっちゃいのがいたら面白そうだね〜と考えるようになりました。

    人生には生きる価値があると信じて楽しみ、創造力があり、
    チャンスがあるなら四の五の言わずにとりあえずやってみよう!
    という精神がある人が、心底惚れた相手に出会えたら、
    子供を持ちたくなるのは自然だと思います。

    相手を独り占めしたい、新しいことに挑戦するのが怖い、
    今の社会を良くしようとせず悪い点ばかり見て悲観的に考える、、、
    そういう人は、子供を持とうというモチベーションは低いでしょうね。

    三度の妊娠出産は、自分の体に備わった機能をフル活用した実感に満ち溢れ、
    育児は自分の脳で眠っていた感情がダイナミックに目覚めたような毎日です。

    せっかくの人生ですもの、何でもやってみたらいいですよ。

    ユーザーID:7567554927

  • 絶対楽しい。

    夫に不満がない状態だったので、後は子供がいれば今より絶対楽しいだろうなと思いました。
    それは多分、私に兄弟がいて、両親が仲良くて、楽しい子供時代を過ごしてきたからだと思います。

    正直、妊娠中の体重増加や身動き取れないお腹、つわり、出産の痛み、授乳の痛み。
    もっと楽なら後2回くらい産むのになーって思います。

    今娘は1歳半ですが、毎日笑いが絶えません。

    ユーザーID:4416052587

  • 子供二人の母です

    赤ちゃんが欲しいと思った理由は、可愛いからです

    友達が次々結婚して、赤ちゃんが生まれて、抱っこさせてもらったときの、なんともいえないミルクの匂いと、やわらかくてあたたかい感触が可愛くて、赤ちゃんが欲しいと思いました

    うちの子も今では高校生と中学生ですが、時々
    「子供達が小さかった頃に戻りたいなあ」
    と思います
    赤ちゃんを育てるのは大変だけど、それ以上に愛おしさが上回って、心が幸せになります

    ユーザーID:2380932078

  • 子育てを体験してみたかったから

    自分自身が学校を卒業し、就職してから約10年、やってみたいことの中で一人でできることは、ほぼやり尽くりました。
    あとは子供を産んで育てることだけだ!と思ったけれど、なかなかできず。
    結局イレギュラーな不妊治療も体験し、ようやく出産しました。
    現在0歳の男の子をそだててますが、日々新しい発見があって楽しいです。

    このまま順調に子育てができれば、自分の人生、実りあるものになるかなと思ってます。

    ユーザーID:1604629860

  • 本能としか。。。

    生物学的な云々。。。と言われてしまうかもしれませんが、特に理由はなく、本能としか言いようがありません。
    好きな人と結婚をしてその人との子供を産む。
    自然な流れだと思ったので、産みました。

    もしどうしても意味付けしなければならないとしたら、仕事も遊びも恋愛も旅行も、独りでしたいと思うことの大半はして満足していたので、あとは結婚して子供を産んで育ててみたかっただけ、という感じでしょうかね。。。

    意味を考えるなら、ではなぜ私は生きているのか?という究極の疑問にぶちあたる気がしますしね。

    ユーザーID:4918843515

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧